5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

安倍内閣の教育再生実行会議って大丈夫か?

1 :Nanashi_et_al.:2014/06/03(火) 08:43:54.48
教育再生実行会議 有識者
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/member.html

◎ 鎌田 薫 (早稲田大学総長)
 川合眞紀 (東京大学教授、理化学研究所理事)

 (◎は座長)

早稲田総長や理研理事を集めて、一体何を話し合っていたのか…

2 :Nanashi_et_al.:2014/06/03(火) 09:03:57.50
戦前のような報国精神に満ちた
精神教育を施そうってんだろ

3 :Nanashi_et_al.:2014/06/03(火) 09:34:28.40
<国公立大入試>2次の学力試験廃止 人物評価重視に
 政府の教育再生実行会議(座長、鎌田薫・早稲田大総長)が、国公立大入試の2次試験から「1点刻みで採点する教科型ペーパー試験」を
原則廃止する方向で検討することが分かった。同会議の大学入試改革原案では、1次試験で大学入試センター試験を基にした新テストを創設。
結果を点数グループでランク分けして学力水準の目安とする考えだ。2次試験からペーパー試験を廃し、面接など「人物評価」を重視することで、
各大学に抜本的な入試改革を強く促す狙いがある。実行する大学には補助金などで財政支援する方針だ。
 同会議のメンバーである下村博文文部科学相が、毎日新聞の単独インタビューで明らかにした。
 同会議は「知識偏重」と批判される現在の入試を見直し、センター試験を衣替えした複数回受験可能な新しい大学入学試験と、
高校在学中に基礎学力を測る到達度試験の二つの新テストを創設し、大規模な教育改革を進めようとしている。11日の会合から、本格的な議論に入る。
 下村文科相は「学力一辺倒の一発勝負、1点差勝負の試験を変える時だ」とし、新テスト創設の必要性を強調。
さらに、大学ごとに実施する2次試験について「大学の判断だが(同会議では)2回もペーパーテストをしないで済むよう考えたい」
「暗記・記憶中心の入試を2回も課す必要はない」と述べた。
 私立大も新テストを活用するのであれば、同様の対応を求める方針だ。
 同会議の改革原案では、各大学がアドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)に基づき多面的・総合的に判断する入試を行うよう求めている。
だが、面接や論文、課外活動の評価を重視する新しい2次試験では、従来のペーパー試験に比べ、人手など膨大なコストが発生する。
下村文科相は「改革を進める大学には、補助金などでバックアップしたい」と述べ、国が費用面で支援する考えを示した。【福田隆、三木陽介】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131011-00000014-mai-life

4 :Nanashi_et_al.:2014/06/03(火) 09:44:46.79
下村博文(早稲田卒)

入試改革「教育変える突破口に」
―下村博文文科相に聞く―【聞き手・三木陽介、福田隆】
 
 ●一発勝負やめる
―6年前の初めての外注実態調査の時は、文科省が大学に外注自粛の通知を出したが、今回はどうか。
◆結果的に大学の教育力が低下していくことにならないように、注意喚起していきたい。
 これまでの入試は学力一辺倒の一発勝負、1点差勝負の試験で、学力だけの評価だった。そこを変えたいと思っている。
今、政府の教育再生実行会議で議論してもらっているが、1次試験の学力試験では結果を得点ランク別に示し、東京大であれば、例えば1000点満点の850点以上なら全員OKとする。
2次試験以降は面接や小論文で、リーダーシップや想像力、ボランティア活動力など、ペーパーテストで判断できない能力を判断して、最終的に合否を決めるようにしたい。

―各大学が実施する2次試験では、従来のようなペーパーテストはやめるということか。
◆暗記中心のペーパーテストを2回もしないでも済むように考えたい。賛否両論あると思うが、学力だけの1点差で勝ったことにどんな意味があるのか。
運もツキも相当ある。それが人生における運になるかというと、別の話だ。
大学に合格したこと自体は運が良かったのかもしれないが、その判断基準が社会の中で必要な能力といえるのか。
テクニック的な部分だけではなく、そもそも入試の役割、大学の役目は何なのか、社会で本当に有為な人材づくりにつながっていくのか、
ということの連動性の中で、入試のあり方を考えていくべきだ。

毎日新聞 くらしナビ学ぶ 10月21日(月)朝刊
(私大入試外注問題等の箇所は省略しました。)
http://mainichi.jp/feature/news/20131021ddm013100013000c.html

5 :Nanashi_et_al.:2014/06/03(火) 10:01:16.69
学力試験廃止しても
いい結果は出ないでしょ

6 :Nanashi_et_al.:2014/06/03(火) 10:10:37.22
ゆとり教育をやめて完璧ゆとり教育を導入します

7 :Nanashi_et_al.:2014/06/03(火) 10:27:25.40
小保方はAO入試への偏見をなくした。 この天才をAOで発見した早稲田のスタッフは立派だ

多様な人材を入学させる機会として各大学が採用している「AO入試」だが、
一芸に秀でてはいるものの授業についていく学力のない人物が「もぐりこむ」仕組みだとして批判的な見方もある。
実際に小保方さんのような数少ない「とがった人材」を見抜くのは難しく、常田教授も制度が十分に成果を出しているかについては疑問が残ると慎重だ。
それでも小保方さんの「合格」が創生入試の成果であることには変わりなく、早稲田のネット掲示板では
「この天才をAOで発見した早稲田のスタッフは立派だ」「早稲田のAOは宝探しだ。光り輝く宝石を発見した早稲田、おめでとう」
「受験マシーンが無双する受験方式の弊害役が証明された」と評価する声が上がる。

http://www.j-cast.com/2014/01/30195568.html?p=all

8 :Nanashi_et_al.:2014/06/03(火) 10:29:13.48
学力は全くないが天才的な総理大臣である安倍晋三のような大人物を多く産み出します!

9 :Nanashi_et_al.:2014/06/03(火) 10:33:34.43
某研究員の実験ノート
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/06/88/dbd7e1e6ad2500e44d7e267ce4a6f313.jpg

10 :Nanashi_et_al.:2014/06/03(火) 21:26:03.68
まず、国立高等教育機関の基幹教員のふるい分けから。
学位授与機構の基準では、査読ごっこ付き紀要、査読ごっこ付きプロシー、学会予稿までもが
「論文」になるし、「修士論文」や「博士論文」著書になる。

最近では、社会人博士課程の学生のために教授が論文をゴーストライターする始末w
これじゃぁ、10年後も「六等国家日本」だなw

・・・大学は、移ろいゆくことのない理念、つまり教会のそれと同じような、
国家を超越した、世界に広汎に通用する性格の理念に基づいて
自ら固有の生命をもつのです。
・・自ら研究する人だけが、本質的に教えることが出来るのです。そうでない人は、
固定したものを伝えるに過ぎず、教授法的に並べ立てるに過ぎません。
大学は、単なる学校というものではなく、高等教育機関なのです。
             
                       カール・ヤスパース

11 :Nanashi_et_al.:2014/06/03(火) 22:09:51.64
<STAP細胞問題>日本の若手研究者への影響は? 損なわれた「博士」への信頼性
http://news.mynavi.jp/news/2014/05/21/584/

12 :Nanashi_et_al.:2014/06/03(火) 23:06:58.51
早稲田に限らず、
日本中で博士号の垂れ流しが起こっておる。特に社会人博士課程。
すべては、教員がクズなのが原因。
Dマル合の資格審査を各三流大学の勝手な内規で行わず、
公的組織できちんとやらないとダメ。その際、今は学際的な学問領域が広まっているので、
「分野の適合」とか以前に「研究能力と論文の質」を重点審査項目にするべき。

13 :Nanashi_et_al.:2014/06/04(水) 09:54:30.32
STAP主論文撤回へ 小保方氏同意、研究白紙に
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG0301L_T00C14A6000000/

14 :Nanashi_et_al.:2014/06/05(木) 12:06:20.63
小保方氏、異例の採用 英語面接を日本語で実施
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014060401002234.html

15 :Nanashi_et_al.:2014/06/05(木) 15:17:15.40
小保方氏、異例の採用…高評価英文に「コピペ」
読売新聞 6月5日 14時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140605-00050089-yom-sci

STAP(スタップ)細胞の論文問題で、小保方晴子氏が2012年、
理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)のユニットリーダーに応募した際に提出した「研究計画書」は、
留学先の米ハーバード大から提出された特許書類の英文を多数、複製して作成し、
画像の説明は誤っていた疑いのあることが、同センターの「自己点検検証委員会」の報告書案で明らかになった。

 同センターの選考では、計画書から「小保方氏の英語のレベルは非常に高く、主張が明快で構成力に優れている」と評価していた。

 さらに、締め切り日を過ぎて応募した小保方氏の申請書を受理したうえ、
一部の審査手続きを省略するなど、採用の経過は異例ずくめだったことも分かった。
報告書案は、STAP細胞の研究成果がもたらす利益をセンターが強く意識するあまり、
過去の論文などのチェックも不十分なまま、小保方氏を拙速に採用したと断定している。

16 :Nanashi_et_al.:2014/06/06(金) 14:25:30.57
小保方さんの英語力ってどれくらいなんだろうか?

17 :Nanashi_et_al.:2014/06/06(金) 20:49:48.80
東大も京大も日本の国立大学がグローバリストに牛耳られてしまうようです。
日本も終わりましたね。チーン
http://matome.naver.jp/odai/2140196446909856601

18 :Nanashi_et_al.:2014/06/09(月) 06:03:23.02
小保方さんは英語ペラペラ(三木弁護士談)

19 :Nanashi_et_al.:2014/06/12(木) 01:15:25.86
>>10
「教育再生は大学から」だが、やんねぇだろうな。
小人の思いつきでバカな政策案をときどき披露してるのが産経新聞などに載ってるが、
識者の理にかなった批評でこれらは自然消滅している。
だから、どうなることやら。

20 :Nanashi_et_al.:2014/06/12(木) 12:35:57.78
大学教員の業績は自身が1st著者か学生が1stのもの以外をカウントしては駄目だな。
ダダ乗り共著で教員になってる奴が多過ぎる。
未熟な教員達の職制を技術員や教務補佐員に変える必要がある。

21 :Nanashi_et_al.:2014/06/12(木) 18:26:08.25
STAP細胞 元細胞の由来,論文と矛盾
http://www.nikkei-science.com/?p=42686

22 :Nanashi_et_al.:2014/06/16(月) 12:41:45.06
早稲田が中心になって教育改革やるみたいだけど
小保方みたいな人間がこれから先現れる危険が増すね

23 :Nanashi_et_al.:2014/06/16(月) 18:12:03.27
学術的アウトプットが少ないFラン私立大の教員の給与額が
国立大教員の給与額よりも高い場合、
Fラン大への補助金はカットするべきだな

24 :Nanashi_et_al.:2014/06/17(火) 00:16:18.63
理研の膿出し切って、小保方から税金きちんと耳をそろえて
返還させて理研幹部、下村文部科学大臣は引責辞任しろ。

25 :Nanashi_et_al.:2014/06/17(火) 00:46:28.68
教育再生を望むなら、
総理大臣は無駄飯食らいの学位授与機構に矛盾なくしっかり仕事するよう厳命すればよい。
教育組織によっては、低業績低質基幹教員が周りの教員の授業負担を増やしているケースがある。
税金を食いつぶす腐ったミカン達を取り除くことが大事である。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)