5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

仏教議論スレッド101

1 :神も仏も名無しさん:2014/05/26(月) 01:53:04.27 ID:5dr0X7sM
仏教に関すること全て扱います
仏教 質問箱スレッドで議論になったら
または、議論に発展すると感じたら
或いは、話題・論点を拡げたい時は
ここに誘導し、質問箱の機能の確保に御協力ください

前スレ

仏教議論スレッド100
ttp://ai.2ch.net/test/read.cgi/psy/1400526297/

Wikipedia ― Category:仏教
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E4%BB%8F%E6%95%99

論文検索
ttp://ci.nii.ac.jp/
ttp://sc.chat-shuffle.net/
ttps://www.jstage.jst.go.jp/AF13S010Init/-char/ja/
ttp://www.inbuds.net/jpn/index.html
ttp://www.totetu.org/index.php?id=523

パーリ三蔵
ttp://www.tipitaka.org/cell/mainlist.html
ttp://www.tipitaka.org/romn/

大正蔵経検索
ttp://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php

804 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 10:07:39.94 ID:X8djnGhG
803のまた、ハッタリ禅かいwしったかがw
ノス的造語始めたw

805 :一切法無我:2014/05/30(金) 10:09:28.47 ID:JqJr5oOJ
>>802
>栗本信一郎だったのか、忘れた、ずいぶん昔読んだからなあ、こういう話w

栗本慎一郎「パンツをはいたサル」

806 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/30(金) 10:34:43.87 ID:xPH8laUn
1/2
>>720
「人間の精神(思念)が量子(素粒子)に影響を及ぼす」ことは、
TV番組であの大槻教授でさえ公言した通りの紛れもない科学的な事実です。
その仮説というものは、人間の精神がどのようにして量子に作用できるのか?
といったそのメカニズムの部分についてですよ。それは当然、科学的にはまだ未解明ですから。

ただいえることは、
物質の領域に影響するということは、つまり、
人間の思念は一定の質量を持つエネルギーであるということに他ならないのです。
物質科学的には、“存在とはエネルギーである”ということを意味する。

はい、私はそのホコタテも見ました!
ただし、ここで勘違いされては困るのは、
「どのようなスプーンでも絶対念力で曲げる」といったのにダメだったから超能力はない、
ということにはならないのだということ。
そんなものはただのゲラーの意気込みにしか過ぎず、事実確認の前ではそんな意気込みの有無などは無価値ですから。
それは単に、人間性と人格的な評価での意味付けにしか過ぎませんから。
要するに、最強を誇る強靭なスプーンに失敗したからといって、
ただそれだけで、それまでのそれ以下のレベルでのスプーン曲げが超能力であった可能性まで消えたわけではないからです。
最強スプーンの登場までは、小細工なしで常人にはできないスプーン曲げに成功していたのであるから、
それだけで十分に超能力の可能性を世に問えるパフォーマンスです。
そして、人間的にも公開の場で堂々の挑戦を果たし、また最終対決の敗北にも潔かった姿勢も評価に値します。
より人格的に信頼性のある人物であることを示した。

807 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/30(金) 10:35:34.37 ID:xPH8laUn
2/2
それと、
オカルト現象を証明する論文(証明している論文)というのは、
実際、あなた方のような意識と姿勢を持つ古き主流派たちによって評価を下げられ葬り去られてきた、
というのが本当は真実ですから。だから、いつまでたっても実社会には反映されない。
要するに主流派たちというのは、そんなとても「信じられない」(受け入れたくない)といった感情的な反応によって
いつも事実(真実)から目を背け続けきたのです。ここに巣食う仏教徒の仮面を被った唯物論者たち同様です。

ゴータマのいった「信仰を捨てよ!」とは、
すでに古くて役に立たなくなった間違った概念の放棄のこと。
けれどこれを行うには勇気がいるのです。それまでの自分の人生観のすべてを捨て去る途轍もない勇気です。

ココにはその勇気のある人はいないのかな?

------------------------------------------------
参考:
キヴィタス日記/【NHKが放送】科学が明らかにし始めてきた超常現象
 http://kivitasu.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-abad.html
[PDF]『超常現象・科学者たちの挑戦 - So-net』
 http://www015.upp.so-net.ne.jp/h-hayashi/Reiko1403.pdf

808 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 10:58:55.69 ID:X8djnGhG
佛教知識を捻じ曲げる宝珠は書き込まないっ!!!

809 :一切法無我:2014/05/30(金) 11:12:03.10 ID:JqJr5oOJ
>>807(宝珠)
>要するに主流派たちというのは、そんなとても「信じられない」(受け入れたくない)といった感情的な反応によって
>いつも事実(真実)から目を背け続けきたのです。

経験論における「経験」という語は、客観的で公的な実験、観察、検証ということを意味する。
したがって、個人的な経験や体験に基づいて物事を判断するという態度が経験論的と言われることがあるが、それは誤解である。
お前のような信じる云々レベルの矮小化された問題ではない⇒>>803

>ゴータマのいった「信仰を捨てよ!」とは、

共有可能な経験主義的検証を放棄して『信仰』する態度を捨てることだ。
⇒相応部35-23・70、カーラーマ経、Sn.908など参照。

神智学はすでに古くて役に立たなくなった間違った概念である。

810 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/30(金) 11:23:31.82 ID:0rdrBpV0
「人間の精神>(思念)が量子(素粒子)に影響を及ぼす」ことは、
TV番組であの>大槻教授でさえ公言した通りの紛れもない科学的な事実です。
その仮説とい>うものは、人間の精神がどのようにして量子に作用できるのか?
といったその>メカニズムの部分についてですよ。それは当然、科学的にはまだ未解明で

wwwwwwww バカが、また調子こいてるwww

「人間の思念が、粒子に影響を及ぼす」・・・・wwwww
ドアホwww

確かに数十年前なら、そのように主張した学者もいたが、現在、そんなこと
言うのは「トンでも学者」だけだ、バカw
観測問題については、現時点では未定w  そもそも、どの時点をもって
「観測の起点」とするかについても定説なしw

オカルトバカは、すぐ量力を持ち出して、「科学がオカルトを肯定したあ〜〜〜」
とか言い出しやがるww

811 :パーピマン ◆hVgvvzQ7pw :2014/05/30(金) 11:26:49.08 ID:0rdrBpV0
>ただいえることは、
>物質の領域に影響するということは、つまり、
>人間の思念は一定の質量を持つエネルギーであるということに他ならないのです。

wwwwwwwwwww

「人間の思念が一定量の質量をもつ」・・・wwwwwwww
そのようなことが、定量観測された事実は、『今までに一度も』
ありませんwwww

812 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 11:47:29.90 ID:tGDHYJ0e
>>801
>実証主義が科学だから、実証的でないことは扱わないのが前提になる。

「実証」とは何か。定義してくれ。私は「不特定多数人のほぼ同一な五感による知覚」
以外にはありえないと思うが。例えば、君の目の前のPCの実在を、どうやって実証
するか。

>人間中心主義は否定する、というか人間中心主義に論拠が無いゆえにその立場をとらない、>ということです。

否定するのも、「生存本能を表す肉体」としての君の行為。科学も、哲学も、宗教も、
すべてそのような肉体の行為。死者には不可能。それが論拠だ。科学でも、観測者問題
が重要だね。

西洋哲学は、思考の基盤が何であるのか全くはっきりしないのが問題である。これでは
思考は百人百様で、無意味である。人間にとって最も普遍的な思考の基盤を思考して
決定しない限り、意思の疎通は不可能である。

813 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 11:48:31.59 ID:0HFoLfVT
頭のおしゃべりを止めると、心が静まり、平安で、至福です。
みなさんにもわかるときがくるでしょう。
つまるところ体験するしかないのです。

814 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/30(金) 11:53:06.02 ID:xPH8laUn
>>809
これまでも、
「仏教的にはアートマン(我)は無記だ」と、
この私はいってるわけですから、
その点では別にあなたとは論争するところは何もないのですけどね(笑)

>>810
> 「人間の思念が一定量の質量をもつ」・・・wwwwwwww
>そのようなことが、定量観測された事実は、『今までに一度も』
>ありませんwwww

はいはい。
現時点レベルの科学力ではまだ計測できませんからね。
科学力からすれば、まずはエーテル・エネルギーからですよ。
これは、もう間もなくです。

815 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/30(金) 11:57:19.41 ID:xPH8laUn
>>808
また、そうやって頑なに自己の殻に閉じ籠るわけですね...。

まっ、人には認めたくない自由というのがある。
人は皆、自分が信じたいものを信じる自由があり、
それは何人にも侵害し難いことです。

816 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/30(金) 11:59:04.86 ID:xthYYlo6
>>736
>科学というのは実証主義です。実証主では検証の積み重ねなわけですが、全称命題について全検証は困難ですよね。

人間が実証とか検証とかできるのは、人間の経験に基づきますが、この経験というのは普遍性ではなく個別性であります。
つまり人ぞれぞれの経験則が違う、というのを前提とせねばならんですね。
まあ、でもこれくらいなら最大公約数的には何とかコンセンサスを得ることは出来るでしょう?
無理に納得したとして。

>従って、反証可能性という観点から、反証主義の立場がとられます。
> 反証主義は可謬主義であり、それが実証主義であり科学なわけです。

反証といっても、反証が全く不可な場合があります。
それは人間が経験できない範疇です。

例えばですが、宇宙が有限か?無限か?という論題があってとする。
これは有限でも無限でも論理体系したとしても双方に矛盾が出てしまう。
つまり人間のアタマでは、経験し得ないことは、論理的にどんなに頑張っても無理なのです。
これはドイツ観念論で実証済みです。

だからこの実証主義ってのが、どうも分からんですね。
西洋哲は、そもそも実証は不可で結論は出てるとおもいますが?
それとも何かdでも哲学が近年流行してきたのですか?
私は古い人間ですから、どうも最近のことはよく分かりませんですね。

817 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 12:07:23.69 ID:4rvH6sRd
隠居と宝珠は真光在家のスケープゴート

818 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 12:12:25.72 ID:798JyiaU
動物は畜生だから飼わないほうがいいと聞いたのですが本当ですか?

819 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/30(金) 12:23:30.49 ID:xthYYlo6
>>815宝珠氏
>人は皆、自分が信じたいものを信じる自由があり、

東日本大震災のときは、多くの方が幽霊を目撃したそうです。
複数の幽霊が海面を歩いておったというのは、よく聞きます。

こういう幽霊目撃体験は、八甲田山でもよくあると聞いてます。
やはり幽霊はおったようですね。

私もこの事案については研究しておるのですが、あれは自己暗示とか
その暗示を増幅する大衆心理とか、これらが複合的に関係しあった結果だとおもいます。
私もこれで結論に至った訳ではなく、これも継続して研究していくつもりですが。
幽霊は、人間の内面が作りだすんじゃないかと?
そう思います。

820 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 12:27:44.66 ID:tGDHYJ0e
>>818
人畜共通感染症というのがあり、ペットを飼うのは本当は大変に危険。

また、本来野生の動物であるペットを飼うのは、ペット愛好者のエゴ。
飼われた動物は本当に幸せなのだろうか。

821 :一切法無我:2014/05/30(金) 12:38:41.30 ID:JqJr5oOJ
>>814(宝珠)
>「仏教的にはアートマン(我)は無記だ」と、この私はいってるわけですから、

一切法外有我論(超越論)がまったくナンセンスだと言っている。

>>812(隠居)
>実証 ⇒>>803>>809
>例えば、君の目の前のPCの実在を、どうやって実証するか。

カント的な物自体の「実在」は検証不能だ。
ゆえに観念論、唯物論ともに一切外の戯論でしかない。

仏法は経験主義的に検証できた仮設&仮説現象のみを如理作意する。⇒>>803

>否定するのも、「生存本能を表す肉体」としての君の行為。

仏法では<人間←(菩提心)自己>をならふ(道元 現成公案 第五段)。
自己とは 「生存本能を表す肉体」論は表相上の現象でしかなく、
『万法に証せら』れてはいない。
隠居には身心脱落がないからである。

>人間にとって最も普遍的な思考の基盤

仏法はそのようなプラトン=ソクラテス流(イデア論)の「本質主義」ではない。
ゆえに『最上の<想いからの解脱>において解脱』(Sn.1072)=筏の喩えの法門(金剛般若経6、中部22、Sn.21)が提示される。

822 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/30(金) 12:44:44.69 ID:xPH8laUn
>>818
ペットとの触れ合いは人間の心を豊かにし、
癒しと気持ちを優しくする効果があります。
病気や障害を持つ患者さんの治癒改善に驚くべき成果が確認されています。
子供の成長にも良い効果があります。

また逆に、
ペットの側にとっても人間との触れ合いは彼ら自身の意識の向上に役立ちます。
つまり、人間との接触は彼らの進化を促進するのです。

ただし、野生動物の飼育は辞めるべきです。
(私、宝珠の個人見解です)

>>819
その机さんの見方は、
それはそれで私は尊重します。

が、『しかし、電磁波測定器が異常な数値を示していた。
レーザー光線なみで8.3Vもある電磁波が観測されたという。』(キヴィタス日記>>807)
とある通り、幽霊は電磁波計測器で検知が可能です。
ゴーストバスターズというのは、単なる空想ではないようですよ。

823 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/30(金) 12:50:37.55 ID:xPH8laUn
>>821
>一切法外有我論(超越論)がまったくナンセンスだと言っている。

また繰り返しになるから辞めますけど、
無記には存在の否定意は含みませんから。
「一切」はすべてのすべてではなくて限定意であることを知って下さいな。
これについては、在家さんのご指摘の通りです。

824 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 12:53:22.91 ID:RmuxmYCV
>>802
> にしてつは、職人の技を習得する人間の精神、思考の作用について、

職人の技を習得する人間の精神や思考が形而下に規定されないってどういう場合?
それを言わないと 何ら具体的事実に欠き、説明できていないということだよw

> にしてつは、人間の精神、思考の作用を全て、形而上、形而下という言語に還元できるという問題がある。

はいダウトwww形而上というものはあると言えない、と言ってる。

825 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 12:54:32.33 ID:1ersY56Q
>>821
>提示される。

何ものも提示され得ない。
如理作意に提示は無い。
畢竟空たる涅槃は一切法に対して「非内非外の如く」であり、
レンマの認識枠を離れた事実、故に何ものも語れず何ものも提示出来はしない。
仏法に於ける畢竟とは「波紋の静まった水面の如き」以外の何ものでもなく、
人にそれを語る時は敢えて波紋を起こして諭す事になる。
故に、一切の提示・言説は是皆戯論と化す。

826 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/30(金) 12:54:55.62 ID:xthYYlo6
>>819
電磁波が異常な数値が出るのは、近辺に鉄の要素が蔓延している場合がある。
鉄は電磁波を狂わせますからね。花崗岩とかは鉄を含みます。
花崗岩の多い場所では、たまたま幽霊が現出するようです。
主に、幽霊スポットなどですね。
実は電磁波は人の脳を錯乱させる要素があって、これが幽霊等の幻覚の正体だったりする。

自己暗示とかの先入観と、この花崗岩とかの鉄がコラボレーションになった場合、
幽霊が出る可能性は多くなる。

827 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/30(金) 13:01:25.29 ID:xthYYlo6
>>822
>とある通り、幽霊は電磁波計測器で検知が可能です。

鉄塔とかの近くには住むには環境が悪い。
電磁波を長年受けると、精神にはよくない。

どういう原因か?鉄塔の近くに住む住人は、男児の出生率が悪いようです。
殆ど女児、って統計もある。
これも何かの影響なんでしょう?

828 :ポンコツにしてつ、お仕置きタイムw:2014/05/30(金) 13:02:34.35 ID:X8djnGhG
824 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 12:53:22.91 ID:RmuxmYCV
>>802
> にしてつは、職人の技を習得する人間の精神、思考の作用について、

職人の技を習得する人間の精神や思考が形而下に規定されないってどういう場合?
それを言わないと 何ら具体的事実に欠き、説明できていないということだよw

> にしてつは、人間の精神、思考の作用を全て、形而上、形而下という言語に還元できるという問題がある。

はいダウトwww形而上というものはあると言えない、と言ってる。




相変わらず、事実に離反し小理屈で逃げ回る。
負けたくない、にしてつ小理屈哲学妄想に反するものは僕ちゃんみとめなああーーーいいい。
というところだなw

829 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/30(金) 13:08:17.01 ID:xPH8laUn
>>826
詳しいですね。電磁波や花崗岩。。。
私も電磁気地震予知学の知識がありますから承知しています。

けれども、事前情報を何も持たない者が幽霊を目撃し、
その姿がその場所での死因事故と合致したりするのです。
会話ができる場合もあるし、その内容は死因事故の内容と合致すると。

要するに、全部が本物の幽霊ではないけれども、
脳内幻覚、等々ではすべてを説明ではないという
本物のケースはある、と。

830 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/30(金) 13:24:17.41 ID:xthYYlo6
>>829
>脳内幻覚、等々ではすべてを説明ではないという

人間が非常に疲れていて、睡魔が襲ってる場合は幽霊を目撃する場合がある。
例えばドライバーが居眠り運転している場合に、路上に立つ幽霊を目撃したりする。

だから幽霊目撃というのは、いろんな要素があって、そして複合的に重なり合った状態のときが出やすい・・・
ということですが、全てこれで解決している訳ではない。

勿論、まだ未知の部分があるのだろうけど、それは人間の能力だ。
人間の能力には、まだ埋もれている部分もありますからね。
そういう埋もれている部分を、稀に開発した人もいるだろう?
これは私の推理だけど・・・

831 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/30(金) 13:27:08.58 ID:xPH8laUn
>>827
高圧送電線からの低周波電磁波で癌や白血病も増えるといわれていますね。
以前、デジタル携帯電話のマイクロ波の危険性も携帯普及ブーム時に騒がれました。

話が逸れましたが、
地縛霊は残存エネルギーなので、
これは計測の感知可能でしょう。
敏感な人は直接に感知する。

832 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/30(金) 13:39:13.57 ID:xPH8laUn
それと、原始仏典には、
ゴータマが幽霊がいるということを当然のごとく認められている経文があるようですよ。
如来の言説を否定するとその者が地獄に堕ちるので、可哀想だから普段は黙ってるとのこと。

『「よろしい。修行者たちよ。ただいまのモッガラーナの言ったことはその通りである。
わが弟子たちの中で、実相を見る眼を備え、実相を知る智慧を持ち、実在の意義をさとって、正しい仏法に通達したものは、
みな、このような衆生(浮遊霊)を見るのである。私もまた、このような衆生を見るのである。
私が普段このようなことを説かないのは、信じないことを恐れるからである。
それはなぜかというと、如来の所説を信じないものは、愚痴の人であり、仏罰によって地獄に落ちてしまうので、
そうするとその者がかわいそうであるから、普段は説かないのである。
修行者たちよ。モッガラーナの見た浮遊霊は、前世において、この王舎城において、
戦争を好楽(こうぎょう、戦争を楽しみ、戦争でお金儲けをすること)し、刀剣にて人を傷つけていた人間である。
すでに、百千歳地獄の中に落ちて、無量の苦しみを受け、地獄の余罪において、今この身となっても続いてこのような苦しみを受けているのである。
修行者たちよ。モッガラーナの見たことは真実にして間違いはない。まさにこれを受持すべきである。」と。
修行者たちは、仏陀の説法を聞き、歓喜し奉行しき。』(『雑阿含/好戦経』)

833 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/30(金) 13:42:01.78 ID:xthYYlo6
>>831
>敏感な人は直接に感知する。

そうしますと、人間のリアリティーとは何か?まで言及せねばならないでしょう?

人が恋したりする。この恋心というのは幻想なのか?それともリアリティーなのか?
幽霊も女も同じですね。

ある意味においては、リアリティーというのは無いとも言える。
人は幻想において、女に恋してしまうのだ。

幽霊もそうなんですよ。
そこにリアリティーがあるか?どうかは本人に委ねるしかない。

実は私も車の運転中に幽霊らしき人を目撃する。
しかしそこにリアリティーを感じるか、どうかですね。
リアリティーを感じるなら、「そこに幽霊がいた」と断言できる。
ようは人の捉え方に依るんじゃないかと?

834 :ポンコツにしてつ、お仕置きタイムw:2014/05/30(金) 13:45:08.06 ID:X8djnGhG
ポンコツ宝珠、嘘の上塗り机は
二人でスレ荒らし同盟共同体だな。
とかく、このスレはこの傾向が強いなw

835 :宝珠@神智学徒 ◆9XuF3XEACk :2014/05/30(金) 13:46:04.80 ID:xPH8laUn
>>833
なるほどね。。。
それは冷静知的でなかなか良い態度だと思います。

では、夜勤で眠ります。
いずれまた。。。

オヤスミなさいませ。

836 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/30(金) 13:48:59.14 ID:xthYYlo6
>>835
なかなか良い対論でした。
では、ゆっくり休んでください。

837 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 13:57:37.22 ID:RmuxmYCV
>>816
> 人間が実証とか検証とかできるのは、人間の経験に基づきますが、この経験というのは普遍性ではなく個別性であります。

そうですね。だから、結局は認識というのは主体による世界の切り取り、主体による意味付けであって普遍的な(形而上的な)真実というようなものはあると言えない、ということになるわけでしょう。

> 反証といっても、反証が全く不可な場合があります。

だから科学的にはそういったことは断定できない。あくまで推論するしかないわけです。

838 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 14:00:37.28 ID:RmuxmYCV
>>828
はぁー、またレッテル貼りか・・・まともに議論する気がないなら議論スレに来なきゃいいのに

839 :ポンコツにしてつ、お仕置きタイムw:2014/05/30(金) 14:05:20.66 ID:X8djnGhG
38 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 14:00:37.28 ID:RmuxmYCV
>>828
はぁー、またレッテル貼りか・・・まともに議論する気がないなら議論スレに来なきゃいいのに



議論できない自分を相手に転嫁ですか?
ポンコツにしてつクンw
僕ちゃん負けたくないバリアーだけですかw
哀れなポンコツ空想大哲学者妄想のにしてつくんw

840 :ポンコツにしてつ、お仕置きタイムw:2014/05/30(金) 14:22:08.51 ID:X8djnGhG
「形而下」の印籠ですべて論破できたと思い込める、黄門さまの印籠のように膝まづくと妄想w
ポンコツにしてつの妄想哲学、
ほぼ議論でなく妄想でしょうなw

841 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 14:28:31.02 ID:RmuxmYCV
>>812
> 「実証」とは何か。

仮説に対する確認作業ですね。
構造的に(物理的制約が無ければ)確認作業が成立しうる、ということが実証的ということ。
前提命題の真偽が論じられる構造を持っていること。

実証的でない、というのは、「公理」や「信仰」といったそれ自体を「真」であると決めつけてある性質。前提命題の真偽を論じられず無条件に真であると決められている構造のもの。

>例えば、君の目の前のPCの実在を、どうやって実証
> するか。

これは、物理的制約を考えなければ構造的には実際に調べてみれば確認できる構造のもの。
そして、物理的制約により確認できないならばあると断定せず、あくまで仮説として「ありそうだ」という推論にとどめるのが科学的。

それに反して確認不可能にも関わらず「あいつの目の前にはPCがある」と前提するのは科学的でない。

STAP細胞が確認されていないなら「あるかもしれない」は科学的
「あるかもしれないけれど確認されてないから、あると前提しない」は科学的
「あるかもしれないから、あると仮定して検証に励む」は科学的

「ありまぁぁす」は非科学的

842 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 14:42:02.12 ID:VckKSu/3
>>841
で、お前はいつになったら涅槃を科学的に解説してくれるんだ?
解ってるんだろ?

843 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/30(金) 14:43:26.48 ID:xthYYlo6
>>937
>そうですね。だから、結局は認識というのは主体による世界の切り取り、主体による意味付けであって普遍的な(形而上的な)真実というようなものはあると言えない、
>ということになるわけでしょう。

ええ、そうなってからニーチェが登場するんじゃないですか?
実証とか検証とかは、そもそも無駄であった。必要性は全くなかった。
それで西洋哲は、一応の結論じみたことで決着つけたんじゃないですか?
これはアンチキリスト教という立場ですけど。
皮肉なことに、ニーチェ以前の哲学は「人間」という視点から乖離していた。
ニーチェによって、改めて哲学の原点に回帰したんじゃないですか?

ギリシャ哲学以降、西洋哲は人間の幸福を追求してきた。
そして今、それは改めて「人間の幸福」という観点を取り戻すことが出来たのだ。

そして人はこう言うだろう
「学問というのは人の幸福を追求するものなのだ」。と
そしてまたこう言うだろう
「知らなんだ、知らなんだけど今知った」。と
そしてその人は、今ニーチェを一生懸命に勉強していることだろう?

844 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 14:44:18.79 ID:VckKSu/3
机、お前はちょっと黙ってろ

845 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 14:51:10.76 ID:RmuxmYCV
>>842
ポンコツ大王とかいう人がこちらの質問にきちんと解答したら。
そもそも彼との議論の中で出てきた話だからね。それ以前の問題がすべて片付いたらやりますよ。順番というものがありますからね。

846 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:03:06.89 ID:X8djnGhG
だから、ぽんこつにしてつの質問と認知は、
「形而下」の印籠ですべて論破できたと思い込める、黄門さまの印籠のように膝まづくと妄想w
ポンコツにしてつの妄想哲学、の繰り返しだろ?


にしてつはそろそろ、自分のポンコツ具合を自覚すべきだと思うぞw
「形而下」の印籠ですべて論破できたと思い込みできるバリアで議論勝利者気分オナニー自己陶酔の繰返しを、

にしてつのに思考回路、
1、にしてつの哲学の問題の指摘
      ↓
2、にしてつが僕ちゃん負けたくない虚栄心の発生
      ↓
3、にしてつの負けたくが無い為の返答のごまかしの書き込み
イ・「形而下」の規定規定されるもの、だけしかないという前提の繰り返し返答。
ロ・「形而下」の規定規定されるもので説明できるという返答が前提とした質問の繰り返しとにしてつの回答に合わぬ回答の拒否。
ハ・にしてつが正しいという前提での議論できないとかいう一方的決めつけ

847 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 15:04:12.59 ID:RmuxmYCV
>>843
> それで西洋哲は、一応の結論じみたことで決着つけたんじゃないですか?

ニーチェで決着がついた、というわけでもなくて、ニーチェあたりを新たなスタート地点にして、と言うべきかと。
構造主義があってポスト構造主義という時代になって、今ようやく科学的方法論から仏教と同じく涅槃に到達しうるところまで来たわけです。

> 皮肉なことに、ニーチェ以前の哲学は「人間」という視点から乖離していた。

それが近代以前の形而上学だったわけで、近代以降形而上学をやめたってことでしょう。
その意味では

> ニーチェによって、改めて哲学の原点に回帰したんじゃないですか?

ニーチェだけかどうかは別として、そう言えると思います。
だから形而上学としての西洋哲学は一旦終わり、ニーチェあたりを新たなスタート地点にして仕切り直して、猛スピードで仏教に追い付いてきた、と前々スレから言ってきたわけです。
駄坊主が形而上妄想にかまけている間にね。

848 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 15:07:23.73 ID:RmuxmYCV
>>846
あなたの決めつけを長文で示されてもレッテル貼り乙、としか・・・
議論に生じたこちらの質問に解答できないならレスしなくていいから議論スレから消えたら?

849 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:09:22.87 ID:tGDHYJ0e
>>841
>これは、物理的制約を考えなければ構造的には実際に調べてみれば確認できる構造のもの。

それではトートロジー。その「確認」とはどうすることかを聞いている。

君は、目の前のPCの実在の確認に、毎回そんな仮説と論理を弄するのかねw。

「五感で知覚できる」の一発で足りるではないか。

そのPCが、今まで誰も見たことの無い物体だったら、どうするのか。

850 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:10:37.72 ID:VckKSu/3
詭弁で逃げるにしてつは卑怯な奴だな

851 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:15:17.50 ID:z+JqDqdh
西村さん

人間はスフィンクスだと言ったのだが、わかってもらえましたか。

超簡単に言えば、STAP細胞は形而上だ。

肉体や自然界、宇宙 それらが全て神秘(謎)である。

人間は形而上でそれらに様々な方法でベクトルを向けてアプローチ、表現してきた。

形而下というのは、人間にとって形而上の事である。

ありのままであるとか、その場その場の今であるとかも

人間は、意味を付着させているのだ。

ゲームをしている人に何故 ゲームをするのだ?

と尋ねたら、期待するような存在論や本質論は返って来ないかもしれないが、

「おもしろいから」とかは返ってくる。

おもしろいとは、ゲームに意味づけがあるのだ。

機械はしないだろうが、全てに意味づけをする、これが人間だ。

形而上。

852 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:17:26.02 ID:Qj9dqrEc
まぁ幽霊が実際いたとして、それがどうしたというのでしょう。
そんな燃えカスのようなもの、どうだっていいじゃないですか。
ファブリーズでもしとけば、消えますよ。
現象は全て形而下です。その上で今度は形而下の中で区分が生じるだけです。
一括りに現象でいいじゃないですか。
問題なのは、偽か偽でないかの判別だけです。
かといって神経質になる必要もないです。ザックリでいいんです。

853 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 15:19:11.42 ID:RmuxmYCV
>>849
> それではトートロジー。

トートロジーではないよ。構造的に検証反証しうる性質のことを実証的という、それは定義だ。
対して、構造的に検証反証しえない性質のものは公理的と言うかどうかしらないが、その区別のための言葉が実証的ってこと。

>その「確認」とはどうすることかを聞いている。

探偵さん雇ってウチ調べて実際に来たらいいじゃん。

> 君は、目の前のPCの実在の確認に、毎回そんな仮説と論理を弄するのかねw。

科学的に論じる必要があればそうすべきだけど日常ではそういったことは留保してるね。その必要が生じてないから便宜的に。

> そのPCが、今まで誰も見たことの無い物体だったら、どうするのか。

PCかどうか確かめたらいいじゃない。

854 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 15:20:22.34 ID:RmuxmYCV
>>850
いつ逃げた?

855 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:21:09.08 ID:VckKSu/3
>>851
てめーは先ずその自己顕示欲丸出しの一行開けを止めろ

856 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:23:20.45 ID:VckKSu/3
>>854
涅槃を科学的に説明してみろと言われて逃げ続けている
順番も減った暮れも無い

857 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/30(金) 15:28:11.65 ID:xthYYlo6
>>847
>だから形而上学としての西洋哲学は一旦終わり、ニーチェあたりを新たなスタート地点にして仕切り直して、
>猛スピードで仏教に追い付いてきた、と前々スレから言ってきたわけです。

そうでしたか、それが事実なら素晴らしいことです。つうか
印哲と西洋哲の接近というのは、石飛道子から論理学という観点で徐々に市場コンセンサスを得ているようです。
勿論、印哲からしたら石飛の論説は突っ込みどころ満載ですよ。
しかし石飛が評価されるのは、論理学とういう立場で、印哲と西洋論理を接近させたことです。

どうしてこういう印と西洋が接近出来たかというと、論理学の急速な発展ですね。
私は現代論理学というのはよく知りません。

どんなジャンルでも、新たな開拓者はキチガイ扱いされるのですよ。
まあ、貴殿は新たなジャンルに先見を見出した訳ですから、どうかその分野に秀でてください。

つうか、今の時代は他人より一歩秀でた何か?のスキルがなければ生きていくには困難です。
私の子供にもそういって育てました。
何か自分の得意とする分野を見つけて、それを一生懸命努力を重ねなさい。と
秀でたスキルがひとつでもあれば、そのひとつで飯が食える。と

858 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 15:30:42.08 ID:RmuxmYCV
>>851
> 人間は形而上でそれらに様々な方法でベクトルを向けてアプローチ、表現してきた。

いや、形而上があると決めつけて、一生懸命形而上を知ろうとしてきたんですよ。
でも形而上というのは結局、形而下の中のものだった。形而下しか無かった。

> 人間は、意味を付着させているのだ。

個別の主体が対象に意味付けをしているだけで、個別の主体という形而下の条件や他の様々な形而下の諸条件に規定されて意味・認識が生じるのだった。
「認識対象に形而上的な(絶対普遍の)本質があって、それを我々が知る」というメカニズムではなくて
「形而下の主体が形而下の条件に規定されて形而下の対象に意味付けという形而下行為をするのが認識」というメカニズムだった。

徹頭徹尾、形而下なわけです。

859 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:34:41.71 ID:Qj9dqrEc
この世に結び付ける鎖のようなものがあると仮定して下さい。
仏道とはこの鎖を断ち切る作業です。
逆に鎖をより強固にする作業もあります。
鎖が強固になればなるほど苦は増します。早い話がノイローゼになります。
また鎖を断ち切ったとしてどうなるものでもなく、心が軽くなるだけです。
例えば、怖れとは鎖です。完全に断ち切るなどできなかもしれません。
ですが、鉄の鎖を紐に変えるぐらいはできるんじゃないでしょうか?
自分は鎖を強めているかどうか自問自答していいと思います。

860 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 15:35:27.50 ID:RmuxmYCV
>>856
いや、あなたには順番は関係ないかもしれないから気の毒だけれども、
それは例のポンコツ大王とのやり取りで生じたものだからそちらの順番を守りたいのよ、私としては。
私と彼との議論を横から拐うようなことを企図されても困惑します。
ポンコツ大王が解答しないことの責任は私に課せられても困るので、彼に早く解答するよう促してみてはいかがでしょうか。

861 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:45:21.47 ID:VckKSu/3
>>860
科学的検証のご発表に相手の順番は関係無い
涅槃を科学的に解説せよ

お前が正しいなら先に書いたもの勝ちなのは当たり前だ

862 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 15:45:30.56 ID:RmuxmYCV
>>857
他人より何か秀でなければ飯も食えないとは世知辛い世の中ですが
私も何とか飯を食えているのは他人より秀でたところがあるからなのでしょうか。
個というものは他との差違で存立するのであって、単に個として生きるには他との差別化が必須なんですよね。

863 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:45:46.45 ID:Qj9dqrEc
涅槃はない、悟りはない、解脱はない。
ここから始めないと意味がありません。
これを知らない者が語ろうとすると一切以外のものを
語ることになる。それはただの人の伝聞です。必ず無理が生じます。
自分と向き合うのが仏道です。
「自分とは何か?」「人間とは何か?」
一切の中で考えて下さい。そこからです。

864 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:47:05.38 ID:VckKSu/3
>>860
相手が答えないからお前は答えを書く必要が無い

これ自体詭弁以外の何ものでもない

865 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:48:43.74 ID:VckKSu/3
>>863
>涅槃はない、悟りはない、解脱はない。

仏教否定乙
それは真光に利する以外に何の得も無い

866 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:51:00.51 ID:z+JqDqdh
>>855
自己顕示欲からではないが。

どうして、自己顕示欲だと思ったのでしょうね、君は。

まっ 自己責任+ボランティア精神ぐらいのまったりどころですが、

一度お聞きしたかった、時々そこにイライラされる方がある(笑)

867 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:51:36.10 ID:X8djnGhG
848 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 15:07:23.73 ID:RmuxmYCV
>>846
あなたの決めつけを長文で示されてもレッテル貼り乙、としか・・・
議論に生じたこちらの質問に解答できないならレスしなくていいから議論スレから消えたら?


を分析するとにしてつは、
にしてつのに思考回路、
1、にしてつの哲学の問題の指摘
      ↓
2、にしてつが僕ちゃん負けたくない虚栄心の発生
      ↓
3、にしてつの負けたくが無い為の返答のごまかしの書き込み
イ・「形而下」の規定規定されるもの、だけしかないという前提の繰り返し返答。
ロ・「形而下」の規定規定されるもので説明できるという返答が前提とした質問の繰り返しとにしてつの回答に合わぬ回答の拒否。
ハ・にしてつが正しいという前提での議論できないとかいう一方的決めつけ


は、ハを選択したという。にしてつは、単純な思考回路の奴だw

868 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:52:01.53 ID:Qj9dqrEc
>>865
言ってることがわからないようですね。
あなたにとっての一切の範囲外ということです。
意味がないと言っているのです。
それはユートピアを語るようなもので
あなたにとっての利は何もありません。

869 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:53:39.43 ID:X8djnGhG
860 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 15:35:27.50 ID:RmuxmYCV
>>856
いや、あなたには順番は関係ないかもしれないから気の毒だけれども、
それは例のポンコツ大王とのやり取りで生じたものだからそちらの順番を守りたいのよ、私としては。
私と彼との議論を横から拐うようなことを企図されても困惑します。
ポンコツ大王が解答しないことの責任は私に課せられても困るので、彼に早く解答するよう促してみてはいかがでしょうか。


これも、867の分析表では、
にしてつはハ、を選択、ま考えずにワンパターンな書き込み作業を繰り返していると言える、にしてつw

870 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 15:54:47.18 ID:RmuxmYCV
>>861
「せよ」だなんてあなたに命令されるいわれもないんだがなあ
順番を守りたいのは私の問題で
主張が正しいなら順番を無視しなければならない理屈は無いよ。

>>864
相手が答えないから私が提示しなくてよい、と言ってるわけじゃないよ。
よいか悪いかではなく、私が順番を通りに事を片付けたい、というだけのこと。
相手が答えなくても私が提示しなくてはならない、ということにも理由は無いでしょう。
心配しなくても彼がまともに解答したらちゃんとやりますよ。

871 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :2014/05/30(金) 15:59:22.37 ID:xthYYlo6
>>862
>単に個として生きるには他との差別化が必須なんですよね。

単純に「生きる」というのは、それなりに自信がないと生きるには困難です。
自信がないと神経症とか心が病む原因になる。
自分に自信を持つことが大事です。自分に自信を持つには何らかのスキルとかバックアップがあった方が良い。

>他人より何か秀でなければ飯も食えないとは世知辛い世の中ですが

ええ、そういう時代になってるのです。ぼやぼやしてたら誰かの餌食になっちゃうよ♪(ちょっと古いですがw)
一億総中流は終焉したのです。
新しい時代は、新しい生き方で生きねばなりません。

精神疾患は、社会と自分との歯車が合わないことが起因している場合が多い。
ビョーキで苦しむよりも、ビョーキにならない方法を考えた方が良いかと思う。

872 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:00:51.28 ID:VckKSu/3
>>866
意趣返しはアホのする行為だ、お前はアホではないんだろう?
それなら目立つ書き方をせんでも筋が通ってれば良くも悪くもちゃんと読んでくれるんだから普通に書け

>>870
解答を逃げてる事に何の変わりもないが?
お前は都合が悪くなると必ず「お前から先ず答えろ」と書く
詭弁論証の達人なのは既にお見通しだw

>>868
即煩悩即涅槃

これは一切内か外か?
非内非外の如しなら一切の内か外か?

873 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:02:11.96 ID:Qj9dqrEc
例えば、西洋哲学を語るのは自由です。
ですが西洋哲学で解脱できた人はおそらく一人もいません。
なんせ頭で考えるだけですから当然の理です。
思考を止めるのも鎖を緩めることになりますから、
やるならそちらの方向です。

874 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 16:02:15.01 ID:RmuxmYCV
ポンコツ大王へ。
レッテル貼りに一々レス返すのはやめた。スレの無駄遣いだからね。
あなたが無意味なレッテル貼りに終始するのをやめ、議論の過程に生じた質問への解答が為されるまで待つことにする。

875 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:04:05.96 ID:VckKSu/3
>>873
それには異論が無い
同意する

>>874
無様な遁走お疲れさんw

876 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:04:10.00 ID:X8djnGhG
>相手が答えないから私が提示しなくてよい、と言ってるわけじゃないよ。
よいか悪いかではなく、私が順番を通りに事を片付けたい、というだけのこと。
相手が答えなくても私が提示しなくてはならない、ということにも理由は無いでしょう。
心配しなくても彼がまともに解答したらちゃんとやりますよ。



また、867の分析表の
ハ、・にしてつが正しいという前提での議論できないとかいう一方的決めつけ

2、にしてつが僕ちゃん負けたくない虚栄心の発生
      ↓
3、にしてつの負けたくが無い為の返答のごまかしの書き込み
の繰り返しで勝った気持ちオナニーを繰り返す、にしてつw


俺はにしてつの精神、思考の異常性の指摘をする事にした、
にしてつはとにかく僕ちゃん偉いんだの勝利宣言したいだけだからなあw

877 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:06:09.19 ID:X8djnGhG
にしてつは、いくら返答しても、
3、にしてつの負けたくが無い為の返答のごまかしの書き込み
イ・「形而下」の規定規定されるもの、だけしかないという前提の繰り返し返答。
ロ・「形而下」の規定規定されるもので説明できるという返答が前提とした質問の繰り返しとにしてつの回答に合わぬ回答の拒否。
ハ・にしてつが正しいという前提での議論できないとかいう一方的決めつけ


の繰り返しの僕ちゃん偉いんだの虚栄心返答しかしないからなあw

878 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:07:32.70 ID:Qj9dqrEc
>>872
煩悩即涅槃は一切外です。
それはあなたにとって意味あるものではありません。
あなたがそれを言うなら、ただの言い訳になるでしょう。

879 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:14:02.87 ID:l0E8KbJy
負けたくないから詰問されると「先にお前から答えろ」なんだよなw
多分龍樹あたりの帰謬論証なんかを気取りたいんだろうが
先に「自分は○○を知っている、科学的に説明できる」って言っちゃったら
帰謬論証にならんし、中観派のそれっぽいのやるつもりなら
先に自分が発言しちゃダメなんだぜ
黙って相手に論説を全部出させて、全部出し終えたら満を持して
いよいよ矛盾を列挙し、帰謬にて論証していくんだぜ

中観派に出すべき主張は無いんだぜ
それは天然自然の実現象に何の主張も無い事とまったく同じ事だからね

早い話が、語りだしたら矛盾が生じる、語り自体が全て戯論
天然自然の実現象に語りも戯論も矛盾も存在しないんだぜ
それが中観派のスタンス

880 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:25:07.58 ID:l0E8KbJy
>>878
煩悩は即ち迷いの事で、涅槃は悟りの境地の事だろ
単語的には「煩悩即菩提・生死即涅槃」なんだが
菩提っつっても悟りの智慧の事で、端的に言えば悟りの事だ

迷いは一切法の内に起こる
悟りは一切法の内外を出る

仏教は出世間に至る方法を究る教えだ
それは要するに涅槃を証すると言う事でもある

881 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:27:32.18 ID:SVPCo9oE
>>855
> てめーは先ずその自己顕示欲丸出しの一行開けを止めろ

お前は自己顕示欲でしか一行開けしないって事だな。


























vipper

882 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 16:27:55.30 ID:RmuxmYCV
>>872
> 解答を逃げてる事に何の変わりもないが?

逃げてないが?ずっとスタンバって待ってるんだけどな。

> お前は都合が悪くなると必ず「お前から先ず答えろ」と書く

ソースは?

883 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:28:41.37 ID:l0E8KbJy
自己顕示欲って言われて怒る奴多いなw

884 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:30:44.56 ID:l0E8KbJy
>>882
いいからそろそろ涅槃に付いて科学的解説を書いてみなよ
科学的ってのが俺も興味有るからw

885 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:31:16.11 ID:X8djnGhG
>早い話が、語りだしたら矛盾が生じる、語り自体が全て戯論
天然自然の実現象に語りも戯論も矛盾も存在しないんだぜ
それが中観派のスタンス


まったくです、同じ方法論で、にしてつに合わせた哲学域で相手したのですが
なにせ
「形而下」の規定規定されるもの、だけしかないという前提の繰り返し返答
のバリアで虚栄心防御しかやりませんw

886 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 16:33:48.57 ID:RmuxmYCV
>>879
>天然自然の実現象に何の主張も無い

うん。理があるだけだね。その理の解説は主張にはならない。

887 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 16:36:35.48 ID:RmuxmYCV
>>884
興味もってくれるのはいいんだけど、もう少し待ってね。ポンコツ大王が答えてくれるまで。
ポンコツ大王が片付いたらやりますよ。

888 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:36:50.10 ID:SVPCo9oE
>>883
言ってるヤツが自己顕示欲で書くからな。虫酸が走るwwwww

単に、眼の悪い人でも読みやすいから書いているに過ぎない。

チンピラみたいな因縁をつけといて言い返したら意趣返しとか、カスの思考回路ってのは量り難いwwwww

889 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:37:07.21 ID:l0E8KbJy
>>886
理も無いんだが?
大丈夫か?
例えば龍樹は色々御託を並べて見せても、これも戯論也って退けてるんだぜ

890 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:40:31.69 ID:Qj9dqrEc
>>880
あなたの主観はそれです。ですが、
煩悩即涅槃を最初に言った人の主観は果たしてそうでしょうか?
そんなことはどうでもよくはないですか?
例えば出世間にどこまで拘りますか?
出家しないとダメですか?
ダメとして、それは何故ですか?

891 :にしてつ虚栄心の永遠ループw:2014/05/30(金) 16:41:20.37 ID:X8djnGhG
真実を求めるよりも虚栄心を重んじる、にしてつのに思考回路、
1、にしてつの哲学の問題の指摘 もしくは、にしてっつの質問の回答
      ↓
2、にしてつが僕ちゃん負けたくない虚栄心の発生
      ↓
3、にしてつの負けたくが無い為の返答のごまかしの書き込み
イ・「形而下」の規定規定されるもの、だけしかないという前提の繰り返し返答。
ロ・「形而下」の規定規定されるもので説明できるという返答が前提とした質問の繰り返しとにしてつの回答に合わぬ回答の拒否。
ハ・にしてつが正しいという前提での議論できないとかいう一方的決めつけ
ホ・レッテル貼りと決めつけて逃亡

892 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:46:48.75 ID:l0E8KbJy
>>890
出家?家から出なきゃダメ?
家を出てどうするって言うのか不明
更に言うなら、何を以って家と言うのか厳密に見て不明
自分の居るその場所は全て自分の居場所なのであり、それは
何処であっても自分の所有である事が無い
そもそも所有して居ないその場所は、どこに移動しても
自分の居場所である事に変わらないので出る事は不可能だろ

煩悩即菩提(煩悩即涅槃)は、煩悩が無ければ菩提(涅槃)に至れない訳で
それは誰が思おうが思うまいが一様に存する事実であろう
血眼になって食い付く事案でもない

893 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:54:36.75 ID:Qj9dqrEc
>>892
違います。例えばの出家で出世間にどこまで拘るか?です。

煩悩、即ち、涅槃ですよ。
まぁ、どうでもいいと考えてるなら、それでいいです。

894 :にしてつ ◆oZtcZx4E.M :2014/05/30(金) 17:00:28.86 ID:RmuxmYCV
>>889
戯論が寂滅するのは結果においてです。そのメカニズムも論証できます。

895 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 17:00:31.75 ID:q+7u0WtG
>>892
>煩悩即菩提(煩悩即涅槃)は、煩悩が無ければ菩提(涅槃)に至れない訳で

それは違う。「菩提に至る」のではなく、煩悩が「そのまま(即)菩提で
あるということ。大変な読み違え。

896 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 17:03:38.91 ID:l0E8KbJy
出家と言う制度が必須だった時代もあるだろうさ
例えば釈迦の時代の大徳その人は、自分がボウっと立ってるだけでも
時間になれば食事が用意され、服も人手で着せられ、時間から時間で
行じを急かされ、夜になれば子作りをせがまれ、個人的自由など一切無かった
飯も食わずに「この世界のはじっこってどうなってるんだろうか?」と言った世迷言すら
考えさせて貰ってる暇もなかった
毎日忙しいのに、その忙しさは自分の本意でもなく、好むと好まざるに因らず
人手によって勝手に進められ勝手に遂行される毎日、それでも生老病死の疑団には誰も答えず
どこにも答えが落ちてない
だから出家が必須だったんでしょうに

>>893
出家=出世間では無いよ、世間とは意思でやりとり可能なこの世界の事
出世間とはその意思によるやり取り可能なこの世界の「疎通すら捨てる」事
出家すれば出世間だと思ってるなら大間違いだし、それじゃ仏道修行要らないじゃんってなるw

897 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 17:11:14.40 ID:l0E8KbJy
>>895
有なれば無に至れる、しかし有がそのまま無である訳ではない
而二不二の法門はそう言う事なんだが?

898 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 17:11:20.88 ID:Qj9dqrEc
>>896
>出世間とはその意思によるやり取り可能なこの世界の「疎通すら捨てる」事
あなたは、これ実践してますか?つまり事実無根の大義名分なわけですよね

煩悩が涅槃。涅槃が煩悩です。
さて、仏教では煩悩をどうしますか?普通は滅ですよね

899 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 17:17:41.07 ID:l0E8KbJy
>>898
煩悩が涅槃?
斬新な見解だねw
涅槃は一切の戯論が滅した目出度き境地だと龍樹尊者は言ってた訳で
一切の認識も感覚も表象も、思い一切が無いのが涅槃なんでしょうに
煩悩は思い一切から起こるものですから、思いを何とかすれば良い話です
身心脱落はその入り口なのは言うまでも無いでしょう
初学はそこに行くまでが既に大変でしょうけどね

900 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 17:23:19.09 ID:Qj9dqrEc
>>899
じゃあ、そこに至るためには涅槃という煩悩は滅却しなければなりません。
それは鎖です。
この意味わかりますか。
私が言いたいのは結局それです。意味がわからんならそれでもいいです。

901 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 17:23:31.20 ID:q+7u0WtG
>>853
>科学的に論じる必要があればそうすべきだけど日常ではそういったことは留保してるね。
>その必要が生じてないから便宜的に。

留保していたら、日常生活は不可能。人間にとって「対象が実在か非実在か」は、生死の
問題だぞ。判断の留保などできない。自分に向って走ってくる車の実在・非実在の判断を
留保したら、一発で跳ねられて終わり。従って、「五感の知覚」による実在判断には、
いかなる留保も思考も要しない。

>PCかどうか確かめたらいいじゃない。

誰に聞いて確かめるのか。誰も知らないのだよw。

人間にとって、「何らかの物が実在するか否か」は、専ら五感の知覚により判断する。
知覚された物が「何であるか」は、専ら共同体における合意による、というべきである。

902 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 17:28:32.50 ID:l0E8KbJy
>>900
滅却自体が煩悩なんだよ、もともと実体の無いものを滅却なんて出来っこないだろ
そして、涅槃には涅槃と言う戯論も存在しない
「自分の言う言葉以外は認めない」って言うのも煩悩に過ぎないよ
彼岸には思い一切が無い、だろ?

903 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 17:30:39.04 ID:IQB2G4cc
スレに書くという行為自体が涅槃にあらず、という事には同意しますw
10回も書いている人間はそもそも涅槃などとは無縁の人間ということですね。
分かります。

479 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)