5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

主イエス・キリストは父なる神 2014.2.27

1 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/27(木) 10:33:30.80 ID:aS2awo/l
新しいキリスト教の概要

1.主イエス・キリストは唯一の父なる神御自身であること
2.天界と地獄があること。人は死ぬと霊界(煉獄)を経てどちらかに行くこと。
3.悔改めて十戒に従うことが救われる(再生する)ための絶対必要条件であること
4.信じるだけで救われることはなく、我々は行いで裁かれること
5.聖体拝領(聖餐)は最も聖い礼拝であり、教会の集いの中心であること
6.主は新しい啓示群を通して再臨され、一人一人の戸口を叩いておられること
7.聖母は教会の元后であり、我々の母であること。
8.教会はカトリックでよいこと。教会の分裂を主はお望みでないこと。
9.初代教会(あるいは我が国のキリシタン時代の教会)の精神に立ち帰ること


読むべき本は
・聖書(特に福音書)
・スウェーデンボルグ(霊的知識・キリスト教知識の基礎の基礎)
・トマス・ア・ケンピス『キリストに倣いて』(悔改め、離脱について)
・マリア・ワルトルタ(真の主、真の聖母を教えてくれる新しい福音書)
・ヴァッスーラ(教会の一致について)
・『聖母から司祭へ』(聖母からのメッセージ)
 等々です。

主を神御自身と認めているもの、啓示によるものが該当します。

2 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/27(木) 10:34:23.92 ID:aS2awo/l
聖書だけでキリスト教を理解しようとするのは困難です。
それは地図もガイドも無しに山に登るようなものです。
並列的三位一体論(三神論)、信仰義認説、刑罰代償説、予定説、輪廻転生等々
凡ゆる誤謬が樹海で待ち受けています。 スウェーデンボルグは必須の基礎知識を
教えてくれます。しかし、私たちは聖書とスウェーデンボルグのみでは主や聖母を
十分に理解することは出来ません。主はスウェーデンボルグ以外にもたくさんの
新しい啓示を与えておられます。 それは私たちに必要だからです。

また、いきなり教会へ行くこともお薦めしません。
まず上記の新しい「預言者」「見神者」たちの本で勉強することをお薦めします。
真の教師である主御自身が彼らを通して 直接教えて下さるでしょう。
単なる人智によって書かれた本は無益もしくは有害です。
私たちは天から与えられなければ何も受けることはできないからです
(ヨハネ3・27)。

よく理解したうえで、聖体拝領(聖餐)に与ることを心から願うように
なったなら初めて教会へ行けばよいでしょう。 そうすれば教会を選ぶのに
迷うこともなければ人や組織に躓くこともありません。

3 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/27(木) 10:35:14.30 ID:aS2awo/l
主は私たちに初代教会のキリスト教徒の身につけていた素朴さ、謙遜と忠実の
心を思い出して欲しいと言われます(ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/
1巻P262/‘87・7・3)

聖母も私たちに愛、質素、謙遜と、信仰の上に築かれていた初代教会を心の
中で再び築くようにと懇願されています。(同5巻P207)

それは我が国においてはキリシタン時代の教会こそ初代教会であり、その
精神に立ち帰ることではないかと個人的に考えます。

4 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/27(木) 10:40:18.86 ID:aS2awo/l
前スレ:
主イエス・キリストは父なる神 2014.2.5
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1391592694/l50

前スレがもう容量一杯になりそうです。
今回はうまく立てられました。
主と聖母に感謝致します。
前回立てて下さった方、本当にありがとうございました。

5 :神も仏も名無しさん:2014/02/27(木) 21:24:53.11 ID:P97JJ4sk
ヨハネは超ドMの『マゾヒスト』だから自分のスレが荒らされるのが大好きみたいです。
もっと今まで以上に荒らしてあげましょう!

6 :神も仏も名無しさん:2014/02/27(木) 23:26:57.52 ID:P97JJ4sk
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■終■■■■■終■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■終終■■■■■終■■■■■■■了了了了了了了了了了了了■■■■■
■■■■■■終終■■■■■終終終終終終■■■■■■■■■■■■■了了■■■■■
■■■■■終終■■終■■■終■■■■終■■■■■■■■■■■■了了■■■■■■
■■■■■■終■終終■■終終終■■終終■■■■■■■■■■■了了■■■■■■■
■■■■■■■終終■■終終■終終終終■■■■■■■■■■■了了■■■■■■■■
■■■■■■終終■■■■■■■終終■■■■■■■■■■■了了■■■■■■■■■
■■■■■■終■■■終■■■終終終終■■■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■終終終終終終■■終終■■終終■■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■■■■終■■■終終■■■■終終■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■■終■終■終■■■■終終■■■■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■■終■終■終■■■■■終終■■■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■終終■終■終■■■■■■■■■■■■■■了了■了■■■■■■■■■■
■■■■■終■■終■■■■終終終■■■■■■■■■■了了了■■■■■■■■■■
■■■■■■■■終■■■■■■終終終■■■■■■■■■了了■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

7 :神も仏も名無しさん:2014/02/27(木) 23:27:33.56 ID:P97JJ4sk
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■終■■■■■終■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■終終■■■■■終■■■■■■■了了了了了了了了了了了了■■■■■
■■■■■■終終■■■■■終終終終終終■■■■■■■■■■■■■了了■■■■■
■■■■■終終■■終■■■終■■■■終■■■■■■■■■■■■了了■■■■■■
■■■■■■終■終終■■終終終■■終終■■■■■■■■■■■了了■■■■■■■
■■■■■■■終終■■終終■終終終終■■■■■■■■■■■了了■■■■■■■■
■■■■■■終終■■■■■■■終終■■■■■■■■■■■了了■■■■■■■■■
■■■■■■終■■■終■■■終終終終■■■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■終終終終終終■■終終■■終終■■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■■■■終■■■終終■■■■終終■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■■終■終■終■■■■終終■■■■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■■終■終■終■■■■■終終■■■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■終終■終■終■■■■■■■■■■■■■■了了■了■■■■■■■■■■
■■■■■終■■終■■■■終終終■■■■■■■■■■了了了■■■■■■■■■■
■■■■■■■■終■■■■■■終終終■■■■■■■■■了了■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

8 :神も仏も名無しさん:2014/02/27(木) 23:28:13.61 ID:P97JJ4sk
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■終■■■■■終■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■終終■■■■■終■■■■■■■了了了了了了了了了了了了■■■■■
■■■■■■終終■■■■■終終終終終終■■■■■■■■■■■■■了了■■■■■
■■■■■終終■■終■■■終■■■■終■■■■■■■■■■■■了了■■■■■■
■■■■■■終■終終■■終終終■■終終■■■■■■■■■■■了了■■■■■■■
■■■■■■■終終■■終終■終終終終■■■■■■■■■■■了了■■■■■■■■
■■■■■■終終■■■■■■■終終■■■■■■■■■■■了了■■■■■■■■■
■■■■■■終■■■終■■■終終終終■■■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■終終終終終終■■終終■■終終■■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■■■■終■■■終終■■■■終終■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■■終■終■終■■■■終終■■■■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■■終■終■終■■■■■終終■■■■■■■■■■了■■■■■■■■■■
■■■■■終終■終■終■■■■■■■■■■■■■■了了■了■■■■■■■■■■
■■■■■終■■終■■■■終終終■■■■■■■■■■了了了■■■■■■■■■■
■■■■■■■■終■■■■■■終終終■■■■■■■■■了了■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

9 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 06:40:34.71 ID:bvFadAbe
私のような糞袋には便所の蝿が付きものです。

読者の皆さんにはまことにお気の毒ですが、それでもよろしければお読み下さい。

10 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 07:00:00.84 ID:bvFadAbe
前スレで「地の塩」についてマリア・ワルトルタの途中までご紹介しました。
しかし、どうせならその箇所すべて引用しましょう。

主のお言葉をこのようなところで取り扱わせていただくのはまことに気が引
けますが、主のお言葉はあまりに素晴らしく、すがすがしく、すべてを忘れ
させてくれます。

どうか主がお許しくださいますように。

11 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 08:50:58.01 ID:bvFadAbe
しかし、一言だけ言っておきましょう。

アスカ(ラピスラズリ)氏
卑猥なAAは慎むように。

12 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 09:29:40.40 ID:bvFadAbe
マリア・ワルトルタ/マグダラのマリア/P34〜

ティベリアデ湖で、イエズスはマグダラのマリアに会う

 イエズスは、十二人の使徒とともに二隻の舟に分かれてガリラヤのティベリアデ
の湖を行く。舟は涼しい風に乗って静かな水の上をすべるように走り、後に糸のよ
うな一筋の泡を起こす。二つの舟は、わずか離れて平行して進む。両方から話し交
わしている言葉から察すると、ガリラヤ人たちがユダヤ人の仲間に、湖に面してい
る主な場所、その商業、出発点から到着点までの距離、カファルナウムとティベリ
アデの間の距離などをいろいろ説明している様子である。二隻の舟は漁をしている
のではなくただ人を運んでいる。

13 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 09:31:17.16 ID:bvFadAbe
 イエズスはへさきに腰かけて、自分をとりまいている美しさとそお静けさ、
空と水とのその清い色を楽しんでいるように見える。湖の岸には、緑の中に
ところどころ白い小さい村がちらばっている。イエズスはへさきの、たたん
だ帆にもたれて弟子たちの話に加わらず、サファイアのような水の底をのぞ
いて、そのいかにも清らかな水の中に生きているものに関心を持っているか
に見えるが、しかし何を考えておられるのだろうか。太陽はかなり高く昇っ
て、まだ燃えるような暑さではないが、日ざしは強く、ペトロが、その太陽
を気にしていられるか、とイエズスに聞き、もう一度は他の人と同じように
パンとチーズを召し上がるかと聞く。しかし、イエズスは幕屋もパンも何も
ほしくない。ペトロはそのまま引き返す。

14 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 09:35:22.12 ID:bvFadAbe
(続き)
 紫色の天蓋とやわらかいクッションで豊かに飾られた遊びのための小舟何隻
かが漁師たちの行く手を横切り、辺りかまわず音楽と嬌声と脂粉の香りをまき
散らす。それは美女たちと、ローマとパレスチナの遊び人で満ちあふれている。
しかし、パレスチナ人は少数で、ほとんどがローマ人であるが、中には幾人か
のギリシャ人もまじっている。それは一人の若者の言葉から推測することが
できる。この若者はやせてひょろ高く、ほとんど熟しているオリーブの実の
ような顔色で、着ている赤い短い服の裾に重いギリシャ風の山形のかざりと
金銀のかざり職人の傑作と見える帯をつけている。
「ギリシャは美しい。しかし私のオリンパス、私の祖国にさえもこのような
青空とこのような花はない。女神たちは、ここに来るためにその国を去った。
ユダヤのこの女神たちの上にバラの花びらを降らせよう」
 そして自分の小舟の女たちの上にみごとなバラの花びらをまき、またそれ
を隣りの舟に投げつける。一人のローマ人が答える。
「ギリシャ人め。バラなどいくらまいても、ヴィーナスは私と一緒にいる。
私は、花びらをまくよりもこの美しい口からバラを拾う。その方がもっと甘い」
 そして、クッションにほとんど横になってローマ人のひざに金髪の頭をも
たせかけているマグダラのマリアの笑いに、なかば開いている口に接吻する。
これらの小舟は、重い漁師の舟にほとんど触れんばかりに近づき、漕ぐ人々
の経験不足か風のせいか衝突寸前である。

15 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 11:52:15.57 ID:bvFadAbe
>13
訂正
×美しさとそお静けさ
○美しさとその静けさ

(続き)
「命が惜しいなら気をつけろ!」とかんかんに怒ったペトロが衝突を避けようとし
て力一ぱい櫓を押して舟をよけた。男たちの、ののしり合いと女たちの恐怖の叫び
は舟から舟へひびく。ローマ人たちは、
「ヘブライ人の犬め。道をあけろ!」といって侮辱する。その侮辱に対してペトロ
と他のガリラヤ人たちは怒り、とくにペトロはおんどりのように真っ赤になる。
彼は舟の端に立って、ローマ人もギリシャ人もヘブライ人の男女たちだれにも遠慮
せずに悪口のありったけを投げつけ、特にヘブライ人の女たちに向かって、ペンに
残す光栄を躊躇するような形容詞を贈る。

16 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 11:54:14.36 ID:bvFadAbe
(続き)
 この口げんかがお互いに舟の離れるまで続く。イエズスは姿勢をかえず腰
かけたまま、そこにいないかのように小舟に対しても、それに乗っている人々
にも言葉もなく見向きもしない。ひじにもたれて何事もなかったかのように
遠く岸を眺めつづける彼に向かって、一輪の花が投げられた。なまめかしい
ふくみ笑いとともに投げられたそれは、だれからとも分からないが一人の女
からのことは確かである。しかし、イエズスは何の反応も示さない。その花
は顔に当たって舟底に落ち、烈火のごとくに怒っているペトロの足の方に行
ってしまう。
 小舟が離れようとした時に、マグダラのマリアは端に立って彼女の友だちが指している方、すなわち遠くに見えるイエズスの顔の方へその美しい目を凝らすが、イエズスの顔は、この俗世から何と遠いことか。

17 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 11:58:25.87 ID:bvFadAbe
(続き)
「ねえ、シモン」とケリオットのユダが呼びかける。
「私と同じユダヤ人であるあんたは答えられるだろう。ローマ人が抱いていた、
あの美しいブロンドの女。さっき端に立った彼女は、ベタニアのラザロの妹で
はないか?」
「私は何も知らない」と熱心者のシモンはそっけなく答える。
「私は最近“生きる人々の世界”に戻ったばかりだし、あの女は若い・・・」
「あんたはベタニアのラザロを知らない、というつもりか。彼はあんたの友人
で、先生と一緒に彼の家へ行ったのを私はよく知っている」
「そうだったら?」
「それらならラザロの妹の、その罪の女もあんたは知っているはずではないか。
墓にいる人さえも彼女を知っている。彼女が、あのようにふしだらに生きる
ようになって人のうわさに上ってからでも十年はたっている。四年前からあ
んたが“死者の谷”にいたにしても、そのスキャンダルを知らないはずはない。
全エルサレムは彼女のことをうわさしている。そのために、ラザロはベタニア
にひっこんだ。考えれば彼はそうしてよかった。彼女が出入りしていたシオン
の自分の壮麗な邸に、聖人である人が足を踏み入れるはずはなかろう。田舎
では、まあまあいろんなことがあり得るが、彼女は、もはや自分の家以外ど
こにもいる・・・。今は、たしかマグダラにいるのだろう。だれかの新しい
恋人と一緒に・・・。答えないのか。私の言うことは嘘だと反発できるか」
「反発はしない。ただ話したくない」

18 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 13:48:02.44 ID:bvFadAbe
(続き)
「そんなら、やっぱり彼女なのだな。あんたも彼女だと分かったのだろう」
「私は、彼女をかつて清らかな少女として見たことがあった。さっき久々に目にした
が彼女だと分かったのは、聖女みたいであった、その母の姿に生き写しだったからです。
だが清らかさを失った」
「それなら、あんたの友だちラザロの妹であることを、どうして言いたくなかったのだ」
「われわれの傷、また愛する人々の傷はできるだけ隠すものだ。とくに正しい人だったら」
 ユダは苦笑いをする。
「シモン、あんたの言うとおりだ。あんたは正しい人間だから」とペトロが言葉をはさむ。
「あんたも彼女が分かっただろう、ペトロ。魚を売るために、あんたもマグダラに行くはずだから何回も彼女に出会ったにちがいない」
「まじめな商売のために腰が疲れて痛くなる時には、女に興味を持つひまなどない。
自分の妻、自分の家を愛するだけだ」
「そうか。しかし美しいものはだれでも好きだ。少なくともそれを眺めるために」
「じゃあ、おまえの食卓のための食べ物ではないというつもりか。この湖と職業か
ら私は、いろいろなことを習ったが、その中の一つはこれだ。“甘い水の魚は塩辛
い水のためではない”」

19 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 13:58:20.94 ID:bvFadAbe
(続き)
「と言うと?」
「ただ犬死にしたくないなら、一人はだれでも自分の立場を守るべきだ」
「じゃあ、おまえはマグダラのマリアのために死ぬところだったか」
「いや、私の皮膚は固い。しかし、おまえこそ具合が悪かったろう」
「私? 私は彼女を見ようとさえしなかった」
「うそつきめ! 彼女にもっと近づきたくて私のこの舟に乗り込んだのだと
賭をしてもいい。彼女の近くにいるためには、私のそばにいることさえも耐
え忍んだのだろう。私の言うことに間違いはない。何日もの間私に話しかけ
たことがないのに。彼女のおかげで、おまえの声を聞く光栄が与えられた!」
「ふん。彼女は、私の方にまなざしを送るはずがなかった。絶えず先生を見
つめていたからだ」
「ハッハッハ。彼女を見ていなかったというのに、その目の方向をどうして
知ったのだ」
 ペトロのその言葉にケリオットのユダ、イエズスと熱心者のシモン以外の
皆がどっと笑った。それを聞いているとも見えなかったイエズスは、そのく
だらないおしゃべりをうち切ってペトロに尋ねる。

20 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 14:00:13.35 ID:bvFadAbe
(続き)
「向うに見えるのはティベリアデか」
「そうです先生。今からそこへ舟を近づけます」
「ちょっと待ちなさい。あの静かな入江にはいれるか? おまえたちだけに
少し話したい」
「底を計ってみましょう」
 そして、ペトロは長い棒を下ろして、ゆっくりと岸に近づける。
「できます、先生。もっと岸に近寄りましょうか」
「できるかぎり。そこには、ちょうどよい日陰と静けさがある」
ペトロは岸辺の下まで行く。陸はせいぜい十五メートルしか離れていない。
「今だったら、そこに止められます」
「ではここに止めて。そして、おまえたちはできるだけそばに来て聞きなさい」

21 :神も仏も名無しさん:2014/02/28(金) 19:39:21.94 ID:vS4wvVSg
こちらでしたか

前スレでのレスです
>>553
幸い、と呼ばれる状態の者ですね
わたしもそうなのでしたら嬉しく思います

>>554
>>555
主のご計画どおりになりますように、アーメン

22 :神も仏も名無しさん:2014/02/28(金) 19:57:39.23 ID:vS4wvVSg
塩はお浄めに使われますが、とすると、腐敗しない→清浄、の意味で用いられるのでしょうか

親が子を手塩にかけて育てる、というのもひょっとしたら別の意のこもった言葉かもしれないですね
塩は辛い、ということで、可愛いからといって甘えさせるだけでなく、きちんと厳しくも躾ける、のような

23 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 21:11:51.64 ID:bvFadAbe
>>21
名無し氏
いえ、名無し氏こそすでに以前から「妙好人」の境地に達しておられると拝察いたします。

ロザリオの祈りは今は私は唱えていませんが、毎日唱えていた時期が2度ほどありました。
今でも、外出するときはいつもロザリオをポケットに忍ばせて御守りにしています。
ロザリオをたくさんの人が唱えるほど神の前に謙虚になったら確かに社会は変わるでしょう。

>>22
そうですね。塩の科学的(化学的)性質などについてよく知りませんが、仰る性質も
含めすべて深い霊的な意味や関連性のあることなのだろうと思います。

24 :神も仏も名無しさん:2014/02/28(金) 21:23:07.36 ID:fU92CPf5
神社や寺もそうだけど手塩の語源的にもキリストに関連づけるのは無理やり感はあると思う
超広義的な意味で解釈するのは適応するケースではないだろうし
あと歴史に残る聖人たちの肉体も腐敗したであろうから腐敗しない→清浄は短絡的な視点ですよ

25 :神も仏も名無しさん:2014/02/28(金) 21:37:04.61 ID:fRW/MblP
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

26 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 21:42:51.23 ID:bvFadAbe
>>24
この世の事物、事象すべては霊的なものに相応しているのだそうです。
私たちはあまりにそのことを知りませんが。
名無し氏のご発言はそういう意味でのアプローチです。

例えば今日読んでいた「神の摂理」にこういうことが書いてありました。

神の摂理292

「神は悪い者にも善い者にも陽を登らせ、雨を正しい者にも正しくない者にも降らせられる」
(マタイ5・45)
「太陽はその最高の意義では、神的愛を意味し、雨は神的知恵を意味している。」

これを相応、表象などとスウェーデンボルグは言っています。
塩についても色々な役割、特徴があると思いますが、それらはすべて霊的な
ものと相応しているのだろうということです。具体的にどういう内容かは分からなくとも。

27 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 21:44:36.93 ID:bvFadAbe
>>25
アスカ氏
卑猥なAAは慎んでください。

28 :神も仏も名無しさん:2014/02/28(金) 22:01:08.55 ID:fU92CPf5
霊的なものでもあることとすべては霊的なものであるは違うものです
元がそうであっても必要性があり我々は区別をしているはずですから
適用するケースは元を鑑みるのが塩や神社等の場合は正しいのか?ということでしょうね

29 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 22:05:52.02 ID:bvFadAbe
もし霊的な意味がないなら主は、あなたがたは「地の塩」であるなどと仰らなかった
でしょう。

30 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 22:14:34.14 ID:bvFadAbe
さて、マリア・ワルトルタ/マグダラのマリアの続きです。
>>20の続き)
 イエズスは、今までの席を離れて舟べりから他の舟べりに渡してある板に腰かける。
まん前には、もう一隻の舟があって、彼の舟の人はイエズスをとり囲んでいる。
「皆、聞きなさい。私は、時としておまえたちの話に気を配らず、そのために自分の
弟子を見守っていない怠け者の先生の印象を与えるかもしれない。しかし私の心は
おまえたちを一瞬も離れることはないと知ってもらいたい。まだ病気のいろいろな
徴候だけで病名のはっきりしない病人を世話している医者を見たことがあるか? 
その医者は病人を診察した後、昼も夜も朝も晩も、沈黙の時にも話す時にも彼に気を配る。
なぜなら彼に関することは何もかもわきまえた上で、その隠れた病気をつきとめ、
それに従って適切な治療を施すためである。私は、おまえたちに対して同じような
ことをしている。私は、おまえたちに、非常に敏感な目に見えないほど細いくもの
糸のようなもので結ばれて、それは、おまえたち各々の最も軽い震動を伝える。
おまえたちは、全く自由で監督者の目を逃れていると思っているかもしれないが、
実際はそうではない。おまえたちは幾人かのグループで一つの団体にまとまっている。
私は、それをまとめて行くために角をとり、その多様的順応性を成長させ、できる
だけ完全な一つのものとするために一人ひとりのさまざまな特徴を研究する。私は、
おまえたちが寝ている時さえもおまえたちを研究している。おまえたちは何だろう?
 どういうものになるべきか? おまえたちは地の塩である。塩は肉とか他の食物
とかを腐敗から守る。しかし、塩自身、塩気がなければ塩漬けができるだろうか。
私は、天の味を受けるように、おまえたちをもって、この世を塩漬けしたいのである。
しかし、自分にあるべき味を失うならば、おまえたちは、どうして他人を塩漬けで
きるだろうか。

31 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 22:19:30.12 ID:bvFadAbe
(続き)
 おまえたちにあるべき天の味を失わせるものは何か。“あまりにも人間的であると
言うこと”である。真の海の水はあまり塩辛くて飲めない。それでも海の水のコップ
一杯を甘い水(真水)の樽に注ぐならば、それを飲めるようになる。それはなぜかと
いうと、海の水は薄められてその辛さを失ったからである。人間性は、おまえたちの
天の辛さに混ざる甘い水のようである。そしてまた、海の水の一筋をこの湖の水に入
れるとすれば、のちに塩辛い海の水の一筋を識別することができようか。いいや。
これほどの甘い水の中にとけこんでしまうからである。おまえたちが、自分の人間性
を自分に与えられる使命に入れる時に同じようなことが起る。おまえたちは、人間で
あるのを私はよく知っている。しかし私はだれか? 私はすべての力を持っている者
である。そして私はどうするか? おまえたちを選んだ以上、おまえたちの中に、
この力を注ごうとする。しかし私が注ぐこの力をおまえたちは、あまりに人間的な
感情、肉体的な邪欲の中に散らしてしまうならば何の役に立つだろうか。

32 :神も仏も名無しさん:2014/02/28(金) 22:34:04.97 ID:fRW/MblP
                             .,/  _,/      .、、     ...、ヽ,,-、
                           .,,メ-‐'"       _"',|  .、、._,i.""│._、
                      ._,,,/`,イ―''      ,`",l゙、、,,ジ'"`.```.|゙゛
                    .,,,-,i´,―--―''"      、、,!冖'"`、_、,,,/'゚,,."゙l-‐''
       _,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,--''"`'",/゙            、、.',j/′.、,,∠''"` .'_ヽ.',゙l.._,,、
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ―''''″   `
       `゙^""""''"'"                `   ′  ′

33 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 22:51:20.05 ID:bvFadAbe
アスカ氏
控えなさい。
ここは神の言葉を扱うところです。

34 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 22:52:47.32 ID:bvFadAbe
あなたは靖国神社でそんなことをするのですか。

35 :神も仏も名無しさん:2014/02/28(金) 23:08:21.43 ID:vS4wvVSg
>>23
ありがとうございます。これからも驕らぬよう精進いたします

ロザリオの祈りをわたしも始めてみようかと思います

>>26
ご理解ありがとうございます。おっしゃる通りです。わたしは霊的な事柄に通じるかどうかを探って
いますので、一般的な意味での解釈とは違ってくると思います
一般的に正しいか正しくないかでの視点で論じられても、そもそも話の筋が違うので困ってしまいます
すべては霊的存在である主から来ていますので、すべてに表面的な事柄から内的な事柄まで何重にも
霊的意味があると認識しています

36 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 23:12:05.41 ID:bvFadAbe
やめなさい。
キリストが神であると認めなくとも、キリストが神と関係のある方であることは
ご存知でしょう。
キリストのお言葉を扱うところで不敬を働くものではありません。
神社仏閣であなたはそのようなことをするのですか。

37 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 23:24:11.99 ID:bvFadAbe
>>35
名無し氏

ええ、霊的意義の話はなかなか人には通じませんね。

ロザリオについてご参考まで。

グリニョン・ド・モンフォール/ロザリオの神秘/P60

私の唱えるめでたし、十五連、または五連のロザリオは、悪霊に騙されている者たちと、
神の聖霊に導かれている人たちを見分けることができ、誤ることのない基準です。
崇高な観想によって鷲のように極点まで舞い上がったかのように見えながら、悪霊に
よって惨めにも道を踏み迷った人たちを知っています。彼らがめでたしやロザリオは、
崇高な観想よりも遥かに下位にあると考えて軽蔑しているのを知った時、私にはこの
人たちのどこが間違っているのかが分かりました。めでたしの祈りは、神に救いを
予定されている人々の上に天から降り注ぐ神聖な露です。それは、その人たちがあら
ゆる徳性において成長できるように、驚くべき霊的な能力を彼らに与えてくれるのです。
霊魂という庭がこの祈りによって洗われれば、人間の知性にはいよいよ磨きがかけられ、
心は益々熱意に燃え、霊的な敵を相手とする身の護りは、一層強固となります。

38 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/02/28(金) 23:26:13.93 ID:bvFadAbe
ロザリオの神秘/P97

ロザリオは、女や、単純で無知な者の行なう信心だなどと考えるとしたら、
とんでもないことです。男も勿論のこと、とりわけ男の中でも最も優れた者
たちの持つべき信心です。


ロザリオの神秘/P118

敬愛する読者よ、あなたがこの信心を実践し、周りに広めるのに力を貸すなら、
どんな霊的読書からよりもロザリオからもっと多くを学べるとお約束します。
ロザリオは、人々にイエスとマリアの徳について教え、彼らを心の祈りへ、
また救い主イエス・キリストを模倣するように導くからです。

39 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 00:51:17.18 ID:oz40+tFM
                             .,/  _,/      .、、     ...、ヽ,,-、
                           .,,メ-‐'"       _"',|  .、、._,i.""│._、
                      ._,,,/`,イ―''      ,`",l゙、、,,ジ'"`.```.|゙゛
                    .,,,-,i´,―--―''"      、、,!冖'"`、_、,,,/'゚,,."゙l-‐''
       _,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,--''"`'",/゙            、、.',j/′.、,,∠''"` .'_ヽ.',゙l.._,,、
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ―''''″

40 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 01:02:54.96 ID:f5ywwLMs
何だここのスレは・・・キチガイがいるな
宗教版に陳故の絵をかくなよwww

41 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 07:43:41.15 ID:c0MNAGNs
アスカ氏
おやめなさい。
神社仏閣で露出狂をしているようなものです。
自分でコントロールしなさい。
霊界へ行くと、あなたはそのまま発狂してしまうでしょう。

42 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 07:49:16.48 ID:c0MNAGNs
(愚劣と狂気)

啓示による黙示録解説387

 悪魔の国は自己愛から発した主権[統治]への愛にいて、そこから愚劣な者
となっている者らから成っている。なぜならこの愛は天的な愛に対立し、
その愚劣さは天的な知恵に対立しているからである。しかし悪鬼の国は
自分自身の理知を誇って、そこから主権[支配]を求める愛の中におり、
かくて狂っている者らから成っている、なぜならこの愛は霊的な愛に対立し、
その狂気は霊的な理知に対立しているからである。愚劣と狂気とにより
天的な、霊的な事柄における愚劣と狂気とが意味されている。

43 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 08:09:05.41 ID:c0MNAGNs
(狂気)
神の摂理298(イ)

「人間自身の理知は、その者の意志が悪である時は、誤謬以外には何物も見
ず、それ以外の物は何一つ見ようとは欲しないし、また見ることもできない」。
 これは霊界にしばしば証明された所である。凡ての人間は霊となると―
それは死後彼が物質的な身体を脱ぎ捨てて、霊的な身体を着ける時起こるが―
彼の生命の二つの状態、すなわち外なる状態と内なる状態へ交互に入れられる。
彼は外なる状態にいる時は、丁度合理的な賢明な人間が世で行うように、
合理的に、賢明に語り、行動し、また道徳的な社会的な生活に関わる多くの
事柄を他の者に教えることも出来、もし説教家であったなら、霊的な生活に
関わる教訓も与えることができる。しかし彼がこの外なる状態から引き出さ
れて、その内なる状態へ入れられ、外なるものが眠って、内なるものが目覚
めると、もしその当人が悪であるなら、光景は一変する、彼は合理的なもの
でなくなって、感覚的になり、賢明でなくなって気ちがいになる、なぜなら
彼はそのとき自分の意志の悪とその歓喜から、すなわち自分自身の理解から
考えて、誤謬以外には何物も見ず悪以外には何物も為さず、邪悪は知恵であ
り、狡猾は深慮であると信じ、彼自身の理解に導かれ、彼自身が神であると
想像し、その心のすべては邪悪な術策で満たされる。

44 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 08:10:27.38 ID:c0MNAGNs
(続き)
こうした狂気を私は再三眺めたのである。私はまた霊たちが一時間内に二度
も三度も交互にこれらの状態に入れられるのを見たが、そのとき彼らは自分
の狂気を見、それを承認する気持ちになったものの、合理的な、道徳的な状
態に止まろうとはしないで、自分からすすんでその感覚的な、狂った内なる
状態へ帰ったのである、なぜならそれが彼らの生命の歓喜であったため、彼
らは、それを他よりも愛したからである。邪悪な人間はその外観の下にこう
した性格を持ち、その内なる状態が明らかにされると、このように変形する
ことを誰が信じよう。この経験は人間がその意志の悪から考え、行動する際
の彼自身の理解の性質を示すに充分である。善良な者の実情は異なり、彼ら
はその外なる状態からその内なる状態へ入れられると、さらに賢明に、さら
に道徳的になるのである。

45 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 10:38:16.24 ID:c0MNAGNs
>>31の続き)
 おまえたちは、この世の光であって、そうであるべきである。人間の中の神の光で
ある私は、おまえたちを選んだ。これは私が父のもとに戻ってからおまえたちが、
この世を続けて照らすためである。しかし、おまえたちが、消えた、それとも煙ば
かり出している灯りであるならば、光を与えることができるだろうか。否、消えつ
つある小さい灯が、その煙りでもってするように、おまえたちは人の心にまだ残っ
ている、そのかすかな光さえも暗くするだろう。神を知ろうとして使徒たちを求め、
そして光の代りに煙しか見つからない人々は何とあわれなことか。そこにはつまずき
と死しかない。しかし、ふさわしくない使徒は呪いと罰に値する。おまえたちの使命
は偉大である。しかし同時に偉大な恐るべき任務(つとめ)、責任でもある! 多く
与えられた人は、多く与える務めがあるのをよくよく心得よ。おまえたちには、知識
と賜との最高のものが与えられている。おまえたちは、神のみ言葉である私に教えら
れ、そして“弟子”すなわち、神の子の継続者であるという賜を神から受ける。

46 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 10:40:53.87 ID:c0MNAGNs
(続き)
 私はおまえたちに、自分の選択を絶えず黙想し自分自身を知るように自分の
心の中を探ってもらいたい。そしてもしだれかが、自分はただ一人の信仰者と
してはふさわしいものであるが、しかし自分の中に使徒の真髄を感じないなら
ば、その人は退くべきである。世間はそれを好きな人にとって広く、美しく、
いろどりで心を満たすかのように見える。世間は腹と感覚とにふさわしいすべ
ての花と、すべての実をささげる。それに対して私は一つのことしか与えない。
 “聖徳”を。 これはこの世で最も狭い、貧しい、けわしい、とげだらけ
の虐げられるものである。 天では、その狭さは普遍性に変わり、その貧し
さは富に、そのけわしさはゆるやかな楽な道に変わり、その荒いとげは花咲
く絨毯、その虐げは平和と至福に変わる。しかし、この世では聖であること
は英雄の苦労である。そして私はこれしか約束しない。

47 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 10:43:25.56 ID:c0MNAGNs
(続き)
 おまえたちは、私と一緒に残りたいか。それはできない、と感じるか。
おお、驚きと苦しさで自分を省みるな。私の口から、今後もまた何回もこう
いうふうな質問を聞くだろう。そして、これを聞く度ごとにこの質問をする
私の心が泣いていると考えよ。なぜなら召し出しに対してのおまえたちの鈍
さに傷つけられているからである。その時に自分を調べよ。そして真実に
正直に判断してどちらか決めよ。亡びるものとならないようにはっきりと
決めよう。『先生、友だち、仲間たちよ、私はこの道を歩くのにふさわし
いものではないと分かった。あなたたちに別れの挨拶を送り、私のために
祈ってくれと頼む』と言え。 裏切るよりもこの方がよい。
・・・この方がよい。

48 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 11:23:17.01 ID:c0MNAGNs
(続き)
 互に何を言っているのか? だれを裏切るか、と言うのか? だれを? 私を・・・。
神が私に与えた使命を裏切るということである。そして私を裏切ると自分自身も裏切り、
自分の魂をサタンに与えるのだ。おまえたちはヘブライ人として残りたいのか。
そして私はこれを変えよ、と無理じいはしない。しかし裏切るな。自分自身の魂、
キリスト、神を。私も私に誠実を守った人々には、おまえたちを非難せず、または
誠実に残ったおまえたちに軽蔑を浴びさせようとしない、と誓って言う。少し先に、
おまえたちの一人の兄弟は“大”なる言葉をいった。『われわれの傷、また愛する
人々の傷をできるだけかくしておきたいと努める』そして離れて行く人は、われら
の使徒の団体の中に生まれた傷“壊疽(えそ)”であるが、いつの間にか壊疽は落
ちる。そして、見苦しいしるしを残す。しかし私たちはそれをできるだけかくして
おきたいものである。

49 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 11:26:25.41 ID:c0MNAGNs
(続き)
 いやいや、より良いものであるおまえたち、泣くな。泣くな。私は、おまえ
たちのこれほどの鈍さを見て憎んだり、嫌ったりはしない。おまえたちは、
今捕らえられたばかりで、今すぐおまえたちの完全さを私はあえて期待はしない。
しかも百回も二百回もの時、無駄に同じことをくり返してのち、何年たっても
要求すまい。そればかりか、何年かたったら、おまえたちは弟子になったばかり
の今の熱心もいくらか失う。生きるとはそのようなものであるし、人生もそう
である。最初の奮発の後に飛躍を失ってしまう。しかし―ここにイエズスは
突然立ち上がる―私は勝利を得るであろうと、おまえたちに誓う。自然淘汰
によって選抜され、超自然の調合によって強められ、より良いものとなった
おまえたちは私の英雄となろう。キリストの英雄、天の英雄。皇帝たちの権勢は、
おまえたちの尊い司祭職と比べれば、ちりにすぎない。ガリラヤの貧しい漁師
であるおまえたち、知られざるユダヤ人のおまえたち、今、存在する人間の
中での小さい数にすぎないおまえたちは、この世にある、または未来にある
であろう皇帝、すべての皇帝たちよりもっと知られ、もっと慕われて尊敬され
るであろう。近い未来、そして最も遠い遠い時代、世の終わりまで知られ祝福
されるであろう。

50 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 11:34:01.85 ID:oz40+tFM
         _ _
        /::. ソ .::;;ヽ
       /::.     ..:::;;;ヽ
       /::.      ..::;;;;ヽ
     /::.        ..::::;;;;i
     (::.        ..::;;;丿
      >::...___..::::;;;イ
      !ヾ. ̄⌒__ ̄彡|
        iミ:::ミC= ≡..::: )
      |::::     ″. ´/
      |::::: ヽ    / /;|
      |::: ( '   ( .::;;;|
      |::: | ミ   .ヽ\|
      |::: 丶ヽ  ..:ヽ )
      |:::   .i !   ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|
      |:::   i .ノ   . ::;;;;;|
      |:::  ( ヽ  ..::;;;;;|
      ( \  l. |  ..:;;;;;;|
      |::\∨丿 ″..:;;;;;|
      |::: ( (  ゙ ..:;;;;;|
    .彡.|:::   | ! .....:::;;;;;|ゞ巛ミ
  巛从ミ彡ミ彡从巛彡ミ彡ミ彡》》
 巛巛ミ人ミ彡巛彡从ミ巛ミ人ミ》》》》
巛彡巛彡从ミ》彡彡巛ミ人ミ彡ミ从》》

51 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 11:50:15.96 ID:c0MNAGNs
>>50
アスカ氏
おやめなさい。
日本人の矜持を持ちなさい。
靖国神社を進駐軍から守ったのは外国人神父であったことをご存知でしょう。

52 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 11:55:30.53 ID:c0MNAGNs
私はキリスト教徒ですが、靖国神社へ行けば参拝します。
明治神宮へ行けば参拝します。
それは日本人として当然のことだからです。
神について語っている所で、不敬を働くものではありません。

53 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 12:00:22.10 ID:c0MNAGNs
あなたは狂っている。
ここは霊界と同様拘束するものがないので本心を露にしています。
しかし、それ以上悪くならないよう、この世にいる間、努力しなさい。

54 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 12:36:30.89 ID:oz40+tFM
                 __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !

55 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 12:58:14.52 ID:c0MNAGNs
>>54
アスカ氏

(自己への愛から発した信念は極めて醜悪)

天界の秘義1675[7]

 自己への愛から発した誤謬の信念と世への愛から発した誤謬の信念があり、
自己への愛から発した信念は極めて醜悪であるが、世への愛から発した信念
はそれ程醜悪ではない。自己への愛から発した誤謬の信念は愛の天的なものに
対立しているが、世への愛から発した誤謬の信念は愛の霊的なものに対立して
いる。自己愛から発した信念は凡ゆるものを支配しようとする欲望を伴って
いて、抑制が緩和されるに応じて、示されたことではあるが、宇宙を、実に
エホバ御自身をさえ支配しようとすら欲するほどにも突進して行くのである。
それでこうした種類の信念は他生では容赦されはしない。しかし世への愛か
ら発した信念はそれ程には突進しないで、単に自分の分に満足しないという
狂気に至るに過ぎないのである。それは天界の喜びを空しく装って、他の者
の財産を自分のものにしようと望みはするが、主権を行使しようという気質
はさほど持ってはいない。しかしこれらの信念の間に存在している相違は無
限である。

56 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 13:03:06.97 ID:c0MNAGNs
(自分自身を点検して、自分はいかようなものであるかを知られよ)

天界の秘義1680[2]

 他生における霊たちはすべて以下のように区別されている、すなわち、他の
者に対して悪を欲している者らは奈落のまたは悪魔的な霊であるが、しかし
他の者に善を欲している者たちは善良な、天使的な霊である。人間は自分が
どちらの者の間にいるかを、奈落の者の間にいるか、または天使的な者の間
にいるかを知ることができるのである、すなわち、もしかれが隣人に悪を意
図し、彼について悪のみしか考えず、また実際にそれを行うことができる時、
それを行って、そのことに歓びを感じるならば、彼はその奈落の者の間にい
るのであり、他生ではまた奈落の者となるが、それに反して隣人に善を意図
し、隣人について善以外には何ごとも考えず、また実際にそれを行うことが
できるとき、それを行う人間は天使的な霊たちの間にいるのであり、他生で
はまた天使となるのである。これが両者を区別する特質である。各自このこ
とにより自分自身を点検して、自分はいかようなものであるかを知られよ。

57 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 13:09:08.83 ID:c0MNAGNs
(悪と誤謬とを考える者らはその思考[考え]において狂っており、
それで合理的なものは決して彼らには述べることはできない)

天界の秘義1914[4]

 認識を持っていた最古代教会の父祖たちは外的なまたは自然的な合理的なものから
考えたのである。認識を持たないで、良心をもっていた古代教会の父祖たちは外的な
または自然的な合理的なものから考えたのである。しかし良心を持たない者はすべて、
合理的なものを持っているように見えるけれど、それを持っていないからには、合理
的なものからは些かも考えはしないで、感覚的な、形体的な自然的なものから考える
のである。良心を持たない者は合理的なものから考えることができない理由は、彼ら
は、今し方言ったように、良心を持っていないということである。合理的な人間とは
信仰の善と真理を考える者であり、それに反して考える者では決してない。悪と誤謬
とを考える者らはその思考[考え]において狂っており、それで合理的なものは決して
彼らには述べることはできないのである。

58 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 13:22:34.40 ID:oz40+tFM
                 __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !

59 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 14:24:03.75 ID:c0MNAGNs
悪と誤謬とを考える者らはその思考[考え]において狂っており、それで合理的な
ものは決して彼らには述べることはできないのである。 (>>57)

60 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 14:26:18.57 ID:c0MNAGNs
天界の秘義1680

それが人類に絶えずとりついて、これを悩ませたのである。奈落の者らは
人間各々を破壊する以外には何ごとも欲求してはいないのであり、彼らは
他の者を責め苛む快楽にまさった快楽は何ら認めはしないのである。

61 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 14:28:40.92 ID:c0MNAGNs
天界の秘義1936[5]

たれでも知恵は些かも自分自身から発してはいないと信じるに比例して、
その者は賢明になるということ、知恵が自分自身から発していると信じ、
かくして深慮を自分自身に帰するに比例して、その者は益々発狂するという
こともまた神的な真理である。この事をまた合理的なものは、それ自身から
発していないものは無意味なものであると考えているため、否定してしまう
のである。こうした無数のものが存在している。これらの僅かな例からで
さえも合理的なものは信じてはならないことを認めることができよう、
なぜなら合理的なものは迷妄[妄想]と外観の中にあり、それでそれは迷妄
と外観とを剥ぎとられた真理を斥けてしまい、それがそうしたことを行え
ば行うほど、益々自己愛とそのいくたの欲念に陥り、益々理論に陥り、また
信仰については誤った原理に陥るのである(前の1911番に引用した例
を参照されたい)。

62 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 14:47:38.08 ID:IvvyXwqt
くたばって、氏んじまえ地獄へ落ちろ、キリスト教

63 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 14:49:43.80 ID:IvvyXwqt
お前らの信じてる(ふりの?)キリスト様は、近年で何か奇跡らしい奇跡起こしたのかよ?

日本において最近やったことは東日本大震災くらいだし、ロクな仕事しとらんやろ。

それでいて何がありがたいんだよ(笑)

64 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 14:56:51.99 ID:c0MNAGNs
ルイザ・ピッカレータ/被造界の中の神の王国/1巻P63

あなたは、大部分の人間たちがわたしに対して行う数かぎりない侮辱に気づ
きましたか? 多かれ少なかれ皆不義の道を歩いています。そして彼らのう
ちの非常に多くはそれに気づくこともなく、ますます悪のほうへと傾き、
地獄の混乱の淵へと落ち込んでいくのです。

65 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 14:59:20.76 ID:c0MNAGNs
(永遠の地獄)

ルイザ・ピッカレータ/被造界の中の神の王国/1巻P137

 このようにしてこの秘跡は、私たちの身体が栄光のうちに復活することを
私たちに思い出させるのです。ちょうど主が秘跡の状態を中止されることに
よって、神なる御父のもとに座を占められるように、人間の魂も現在の生活
を終わった時、天の神の懐のもとに永遠の住みかを有するために移り住むで
しょうから。いっぽう私たちの身体はちょうど食されたあとの聖別されたパン
のように、死後ほとんどもうその存在をとどめないほど消耗されてしまいます。
そのあと全能の奇跡によって全世界の復活の時にその霊魂とともに私たちの
身体も生命を得て、もし善人ならば神の永遠の祝福を楽しむために、その反対
の場合には神から離れ、もっとも辛い永遠の責め苦を苦しむのです。

66 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 15:02:16.43 ID:c0MNAGNs
(永遠の拷問)

ルイザ・ピッカレータ/被造界の中の神の王国/1巻P138

 さてこの神聖な光を持たない霊魂たちはいったいどうなることでしょうか?
 もしこの問いに答えなければならないとしましたら、あまりにも長くなるで
しょう。しかしもし主がそれをお望みになるようでしたら、また他の機会に
いたしましょう。ただ前述いたしました、愛の対象について主が私に知らせ
て下さった他のことについて、少しお話しするだけにとどめておきたいと思
います。
 主は今のところただ、輝く光をもった霊魂と一致した身体は永遠に神と一致
するであろうということ、いっぽうこの愛の犠牲の秘跡にあずからなかった
ために光が欠乏し、まっ黒に濃い霧がかかった霊魂といっしょになった身体
は、お恵みの光なしに、もっとも深い暗黒の中に投げ捨てられ、沈められて
しまうであろうということ、また彼らの偉大な贈与者にたいして意識的に実
行された恩知らずのわざに応じて、暗闇の王ルチフェルの奴隷として、もっ
ともひどい苦しい永遠の拷問のもとにおかれるであろうということを私に理
解させて下さいました。

67 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 15:15:28.73 ID:oz40+tFM
                             .,/  _,/      .、、     ...、ヽ,,-、
                           .,,メ-‐'"       _"',|  .、、._,i.""│._、
                      ._,,,/`,イ―''      ,`",l゙、、,,ジ'"`.```.|゙゛
                    .,,,-,i´,―--―''"      、、,!冖'"`、_、,,,/'゚,,."゙l-‐''
       _,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,--''"`'",/゙            、、.',j/′.、,,∠''"` .'_ヽ.',゙l.._,,、
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ

68 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 15:38:25.21 ID:c0MNAGNs
>>67
アスカ氏
おやめなさい。
あなたが地獄へ行くだけです。

69 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 15:41:55.03 ID:c0MNAGNs
(永遠の地獄)

聖母から司祭へ86.6.7

 もし、あなたたちが習慣的に大罪の状態のうちにいるとしたら、その霊魂は
死んでいます。それでこのまま地上を去るとしたら、あなたたちを待ちうけて
いるのは、永遠の地獄の死です。地獄は存在します。そして永遠です。


聖母から司祭へ1989.6.3

 こうして人々の霊魂は、邪悪と罪悪との暗いどれい制度に落とされて、死と
神の審判の時に永遠の火の池である地獄へおとされてしまうのです。

70 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 15:48:07.11 ID:c0MNAGNs
(不信心者は墓に導かれるだろう)

マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋/天使館/P88

 不信心者は墓に導かれるだろう。あたりまえだ。ルシフェルは彼のお気に
入りや弟子たちや奴隷たちにあらゆる援助を惜しまないが、死からの免除を
与えることは出来ない。なぜなら、わたしひとりが生命であり、死に打ち勝
ったのはわたしひとりなのだから。だから不信心者が悪の限りを尽くした時、
わたしは死に命じてその肉を所有させる。それによってその肉は墓の恐怖を
味わう。不信心者にとっては、それこそほんとうの墓となろう。

71 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 17:55:29.16 ID:oz40+tFM
                 __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !

72 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 18:04:59.69 ID:c0MNAGNs
>>71
アスカ(ラピスラズリ)氏
おやめなさい。
どうしてそんなに自分自身に恥ずかしいことをするのですか。
すべての言動は「生命の書」に記録されてあの世に持って行くのです。

73 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 18:07:54.43 ID:c0MNAGNs
(生命の書)

天界の秘義2256[2]

このことはいかようになっているかは、たとえそれを知る人はいく人かいる
にしても、僅かしかいはしないのである。人間が幼少の頃からその生涯の終
わりにさえいたる迄考え、行った善はことごとく残っており、悪もことごと
く残っており、かくてその最小のものさえも完全には死滅しないのである。
その両方のものは彼の生命の書に(すなわち、彼の記憶の各々の上に)また
彼の性質の上に(すなわち、彼の生来の性向と資質に)記されているのであ
る。これらのものから彼は彼自身で生命をまたいわば霊魂を形作っており、
それは死後もそれに相応した性質を持っているのである。しかし善は悪に、
また悪は善に、それらが分離することができないほどに混合はしないのであ
る、なぜならもしその両方のものがかりにも混合でもするなら、その人間は
永遠に死滅するからである。このことについては、主はその摂理を働かせら
れて、人間が他生に入って来ると、もしその者が愛の善と仁慈の善の中に生
きていたならば、そのときは主はその者の悪を分離されて、その者のもとに
ある善いものによりその者を天界へ挙げられるのである。しかしその者が悪
の中に、すなわち、愛と仁慈に反したものの中に生きたならば、そのときは
主はその者から善いものを分離され、かくてその者の悪がその者を地獄につ
れて行くのである、これが死後の各々の者の運命である、しかしそれは分離
であって、決して完全な除去ではない。

74 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 18:08:34.77 ID:oz40+tFM
                 __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !

75 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 18:10:16.13 ID:c0MNAGNs
(生命の書)

天界の秘義2474

 何であれ人間が聞いたり、見たり、また心を動かされるものはすべて、そ
の観念[考え]と目的は、人間には知られぬままに、その者の内的な記憶の中
へ注ぎ込まれてそこに残っており、何一つ死滅はしない、たとえ外的な記憶
内ではそのものは消滅してしまうけれど。それで内的な記憶はそのようなも
のであるため、その上には単一のものもことごとく、いな、人間が一度び考
えもし、語りもし、行いもした最も単一的なものですらも印刻されており、
いな、人間に、その者の幼少期の最初から老年の最後にいたるまでも、たん
に蔭のようなものにも思えたものすらも、その最も微細なものとともに印刻
されているのである。

 こうしたすべてのものの記憶を人間は他生に入るとき己がもとにもってい
て、徐々にそれらのものを完全に思い起こすようになるのである。これがそ
の者の生命の書であり、それが他生で開かれて、それに従って彼は審判かれ
るのである。人間はほとんどそのことを信じることはできないが、しかしそ
れは極めて真である。

76 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 19:42:53.20 ID:oz40+tFM
                        /⌒ヽ⌒ヽ
                               Y
                            八  ヽ
                     (   __//. ヽ,, ,)
                      丶1    八.  !/
                       ζ,    八.  j
                        i    丿 、 j
                        |     八   |
                        | !    i 、 |
                       | i し " i   '|
                      |ノ (   i    i|
                      ( '~ヽ   !  ‖
                        │     i   ‖
                      |      !   ||
                      |    │    |
                      |       |    | |
                     |       |   | |
                     |        !    | |
                    |           | ‖

77 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 20:50:20.45 ID:c0MNAGNs
(続き)
彼には明らかなものではなかったあらゆる目的が、彼が考えたあらゆるものが、
そうしたものから彼が考えもし、行いもしたあらゆるものが、その最小の一点に
いたるまでもその書物のうちに、すなわち、内的な記憶の中に存在しており、主が
良しとされるときはいつでも天使たちの前に白日の中にあるようにも明らかにされ
るのである。このことは幾度もわたしに示されもし、また多くの経験により些の
疑念も残っていないほどにも証明されているのである。

78 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 20:58:09.08 ID:c0MNAGNs
(生命の書)

聖ヴィアンネの精神P54

私共はいつも二人の秘書を持っています。一人は悪魔で、審判の日に、私共
を非難するために、悪行を記録しています。いま一人の秘書は天使で、私共
を弁護するために、善業を記録しています。私共の行為がすべて記されると
き、素晴らしい行為の中にさえ、神様の聖心に適う行為は何と少ないことで
しょう。沢山の自己愛から出る考え、単に人間的な満足、感覚的な快楽、打
算等、これらがごちゃごちゃと混ざっています。これらは外見はよいもので
す。しかし、外観にしかすぎません。虫に食われて、黄色く熟しているよう
に見える果実のようなものです。

79 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/01(土) 21:02:23.33 ID:c0MNAGNs
(生命の書)

黙示録20・11−15

 わたしはまた、大きな白い玉座と、そこに座っておられる方とを見た。
天も地も、その御前から逃げて行き、行方が分からなくなった。わたしは
また、死者たちが、大きな者も小さな者も、玉座の前に立っているのを見た。
幾つかの書物が開かれたが、もう一つの書物も開かれた。それは命の書である。
死者たちは、これらの書物に書かれていることに基づき、彼らの行いに応じて
裁かれた。海は、その中にいた死者を外に出した。死と陰府も、その中に
いた死者を出し、彼らはそれぞれ自分の行いに応じて裁かれた。死も陰府も
火の池に投げ込まれた。この火の池が第二の死である。その名が命の書に
記されていない者は、火の池に投げ込まれた。

80 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 22:50:04.21 ID:kB8DJz6N
この絵を書いている人間は、トイレに落書きする人間と同じで、二つの確信
のもとに書いておる。一つの確信は、絶対に人が見るという確信、二つ目は、
絶対に誰が書いているか分からないという確信である。

81 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 23:18:11.84 ID:+bBk+F2M
小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手
先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の
手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔
の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪
魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る
悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠
る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に
拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書
に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇
書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ
奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離
れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を
離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書
を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖
書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは
聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネ
は聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハ
ネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨ
ハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さな
ヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さ

82 :神も仏も名無しさん:2014/03/01(土) 23:37:25.00 ID:yL/SMjiY
  ヽ/l l ニ|ニ           ,.、-''"..;:;:;:;:;:;:;:... `'ヽ、
  (   ( ̄   ̄)      /....:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.....ヽ、/ ̄ ̄ ̄ ̄\/
    ̄    ̄         i_;;、:_;、;_;、;、;、、ィッ.;:;:;:;:;: /  興  男     ヨ
 ,.、-──-- 、.,_     ,、  |      ,,,,,,  / ;:;:;:;:;:;: |   味   の      ハ
          ``''--イ ,),、,! '''''        \ ;;;;;;;;;_|   が   は      ネ
              ヾー'゙ |ヒニニュ ャニ,ニニ、> 〉;; / _|   あ  だ      君
       ノ l  ハ  l ヾ トイ `!゙l)_j   ' iリ__, `  }ii l f'ト〉   る  か
    _,,.ノ _ノ / ノ ノ ノノ!_丿 |   l   ` " '''   }ii リノ |   の   に  |\__
      ノ ,、ィ'-=z=F [_   .l! .{   、     ィ!ii;}' ノ|   か       |
   -‐''゙_ノ ,ノ  '゙ (ソ   ヽ   {! ゙ー<⌒'     ,ミi;i;}ー'゙ |   ね       |
  、 ィッ>f「  _,,二-   ヽ.  }i、  -===-'  リiii;ツ   |   ?       |
   `〒T〔!|       r ,_ノ _ノ}lli,  -r=‐  ,i;llilili|   > _____/`ヽ、
     ゙、ヽ`!  l   _ _」 // '}llli, ,;i|i;, ,,ii;ilililll'゙リ /  ̄ l l      ,、 ''⌒゙ヽ、
     `ト.、!  lj  (__l、/  |   ゙ト!llllllllllliillllllllヅ_、-゙    /,l l       /
     l ゙ト、     t'゙ |   |  | |、'lトllトllトツ "´    // l l       /
   ,ィ、化ァ ',\       l 〉  |   | | ゙、 //∧    / /  l l     l
(爪((、`ー'′ ', `''t‐--'′〉ト、 |   | |. Vハ彡 ∧  /    |_L、  i | /
 ̄ ̄ ̄`¨`''ー--ニL_   `!、 `! l ̄`''┴--┴'-'゙-─…''"´_,, ィ|  l |/
            h   ヽ ` ', | O``''────…'''"´  O',゙:、  l |/

83 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 10:41:20.50 ID:YTwJCiHy
>>80
ええ。しかしその本性は丸見えです。

天界の秘義7454

霊は各々、まして社会は各々その霊または社会の信仰のスフィアに取り囲まれている。
そのスフィアは認識をもった者たちからときには非常な遠距離からでも認められる。
1048、1053、1316、1504、1519、2401、2489、4464、
5179、6206

人間がこの世で考え、語り、行ったことは何であれ一つとして隠れはしない。
なぜならこうしたものがスフィアを作るのであり、人間がこの世で身体の中に
いる間にもその霊から流れ出ており、そこからその者の性質も知られている。
それで人間が秘かに考え、また秘かに行う事柄は隠れていると信じてはならない。
なぜならルカ伝の主の御言葉のように(12・2−3)それらは真昼の光の中に
現れるもののように天界で明らかに示されるからである。

ルカ12・2−3

覆われているもので現わされないものはなく、隠されているもので知られずに
済むものはない。だから、あなたがたが暗闇で言ったことはみな、明るみで聞
かれ、奥の間で耳にささやいたことは、屋根の上で言い広められる。

84 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 10:43:41.07 ID:YTwJCiHy
>>81-82

ヴァッスーラ/『私の天使ダニエル』P184

(ヴァッスーラ)私の耳は邪悪な者たちの吠える声に聞き飽きました、
       その悪意に満ちた舌で次つぎと嘘を言い立てるのです。

(主)偽りの非難をする者たちはいつか私の前に立たなければならない・・・

85 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 10:47:28.11 ID:YTwJCiHy
ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/7巻P197

 私が偽りをいかに嫌っているか 聞いていよう?

86 :神も仏も名無しさん:2014/03/02(日) 10:57:30.25 ID:/9DlRMO/
ひとつ霊的善行をすれば魂にひとつ白星○がつき、ひとつ霊的悪行をすれば魂にひとつ黒星●がつく、
黒星が白星より上回れば負け、この状態で身罷れば負け越し(地獄行き)
白星が黒星より上回れば勝ち、この状態で身罷れば勝ち越し(天国行き)

いち早く、負け越す前に魂が潔く負けを認め悔い改めると、神様に黒星を帳消しにしてもらえる褒美があります

87 :神も仏も名無しさん:2014/03/02(日) 15:17:44.50 ID:VmAGVsm8
                             .,/  _,/      .、、     ...、ヽ,,-、
                           .,,メ-‐'"       _"',|  .、、._,i.""│._、
                      ._,,,/`,イ―''      ,`",l゙、、,,ジ'"`.```.|゙゛
                    .,,,-,i´,―--―''"      、、,!冖'"`、_、,,,/'゚,,."゙l-‐''
       _,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,--''"`'",/゙            、、.',j/′.、,,∠''"` .'_ヽ.',゙l.._,,、
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ

88 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 15:33:24.07 ID:YTwJCiHy
>>86
名無し氏
なるほど、そうです。

>>87
アスカ(ラピスラズリ)氏
おやめなさい。
恥を重ねるだけです。

89 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 15:36:04.86 ID:YTwJCiHy
(生命の書)

啓示による黙示録解説867

「そのいくたの書物が開かれ、また生命の書物である他の一つの書物も開
かれた」は、彼ら凡ての者の心の内部が明らかにされ、天界から光と熱と
が流入することにより、愛または意志から生まれるいくたの情愛の方面の、
引いては信仰または理解から生まれるいくたの思考の方面の彼らの性質が、
すなわち、善良な者の性質のみでなく、邪悪な者の性質も見られ、また認め
られたことを意味している。『いくたの書物』により書物が意味されてい
ないで、審判される者たちの心の内部が意味され、『そのいくたの書物』
により、悪い者であって、死に審判される者たちの心の内部が意味され、
『生命の書』により、善い者であって、生命へ審判される者たちの心の内
部が意味されている。

90 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 15:37:56.53 ID:YTwJCiHy
(続き)
それが『書物』と呼ばれるのは、各々の人間の心の内部にはその者が考え、
意図し、話し、意志または愛から、引いては理解または信仰から世で行った
凡ての事柄が印刻されており、凡てこれらの事柄は、その一つも欠けないほ
どの正確さをもって、各々の人間の生命に印刻されているためである。凡て
これらの物の性質は、主から発している知恵である霊的な光と、主から発し
ている愛である霊的な熱が天界を経て流れるとき、そのあるがままに現れる
のである。霊的な光は理解と信仰とに属している思考を明らかにし、霊的な
熱は意志と愛とに属している情愛を明らかにし、霊的な光は霊的な熱ととも
になって意図と努力とを明らかにしている。これが事実であることを、合理
的な人間はその者自身の理解の光から認めることが出来るとはわたしは言い
はしないが、しかし彼は理解を明るくする霊的な光が与えられており、意志
を燃やす霊的な熱が与えられていることをすすんで理解しようとしさえする
なら、もしそのことを認めたいと欲するなら、認めることができよう。

91 :神も仏も名無しさん:2014/03/02(日) 15:53:36.91 ID:VmAGVsm8
                             .,/  _,/      .、、     ...、ヽ,,-、
                           .,,メ-‐'"       _"',|  .、、._,i.""│._、
                      ._,,,/`,イ―''      ,`",l゙、、,,ジ'"`.```.|゙゛
                    .,,,-,i´,―--―''"      、、,!冖'"`、_、,,,/'゚,,."゙l-‐''
       _,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,--''"`'",/゙            、、.',j/′.、,,∠''"` .'_ヽ.',゙l.._,,、
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ

92 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 16:49:28.46 ID:YTwJCiHy
>>91
アスカ(ラピスラズリ)氏
おやめなさい。
自分の品性を貶めるだけです。
あなたがそんなことをしても、私からすれば、可哀想な人を見ている
というだけです。

93 :神も仏も名無しさん:2014/03/02(日) 17:09:29.89 ID:7U+vyvCi
  ヽ/l l ニ|ニ           ,.、-''"..;:;:;:;:;:;:;:... `'ヽ、
  (   ( ̄   ̄)      /....:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.....ヽ、/ ̄ ̄ ̄ ̄\/
    ̄    ̄         i_;;、:_;、;_;、;、;、、ィッ.;:;:;:;:;: /  興  男     ヨ
 ,.、-──-- 、.,_     ,、  |      ,,,,,,  / ;:;:;:;:;:;: |   味   の      ハ
          ``''--イ ,),、,! '''''        \ ;;;;;;;;;_|   が   は      ネ
              ヾー'゙ |ヒニニュ ャニ,ニニ、> 〉;; / _|   あ  だ      君
       ノ l  ハ  l ヾ トイ `!゙l)_j   ' iリ__, `  }ii l f'ト〉   る  か
    _,,.ノ _ノ / ノ ノ ノノ!_丿 |   l   ` " '''   }ii リノ |   の   に  |\__
      ノ ,、ィ'-=z=F [_   .l! .{   、     ィ!ii;}' ノ|   か       |
   -‐''゙_ノ ,ノ  '゙ (ソ   ヽ   {! ゙ー<⌒'     ,ミi;i;}ー'゙ |   ね       |
  、 ィッ>f「  _,,二-   ヽ.  }i、  -===-'  リiii;ツ   |   ?       |
   `〒T〔!|       r ,_ノ _ノ}lli,  -r=‐  ,i;llilili|   > _____/`ヽ、
     ゙、ヽ`!  l   _ _」 // '}llli, ,;i|i;, ,,ii;ilililll'゙リ /  ̄ l l      ,、 ''⌒゙ヽ、
     `ト.、!  lj  (__l、/  |   ゙ト!llllllllllliillllllllヅ_、-゙    /,l l       /
     l ゙ト、     t'゙ |   |  | |、'lトllトllトツ "´    // l l       /
   ,ィ、化ァ ',\       l 〉  |   | | ゙、 //∧    / /  l l     l
(爪((、`ー'′ ', `''t‐--'′〉ト、 |   | |. Vハ彡 ∧  /    |_L、  i | /
 ̄ ̄ ̄`¨`''ー--ニL_   `!、 `! l ̄`''┴--┴'-'゙-─…''"´_,, ィ|  l |/
            h   ヽ ` ', | O``''────…'''"´  O',゙:、  l |/

94 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 18:42:20.74 ID:YTwJCiHy
アスカ(ラピスラズリ)氏
あなたのお相手も少々飽きました。先に進めますので悪しからず。
気が向いたときにまたお相手しましょう。

>>49の続き)
 私は、おまえたちをこの崇高な運命に招く、正しい意志を持っているから。そして、
その使命にふさわしく生きられるように、使徒としての、おまえたちの条件の主なる
輪郭をここに知らせよう。
 まず、絶えず警戒してどんなことにも覚悟して、腰には、いつも帯をつけている
ようにせよ。そしておまえたちの灯りは、今すぐでも出発でき、あるいはやってく
る人を迎えられるように火をつけておけ。そして、実際おまえたちは死によって止
められるまで、さまよっている人を探す、疲れを知らない旅人であれ。死がそれを
消すまで、キリストの柵に向かって、さまよっている人々に道を示すためにおまえ
たちの灯りは高く挙げて燃えているものでなければならない。おまえたちをこの奉
仕に選んだ主人に対して忠実であるべきである。死が不意に来ても、聖寵の状態に
ある僕は報いを受ける。『私は若い。あれこれするにはひまがある。もっとたって
から主人のことや、死や霊魂のことを考えればよい』と言うことはできないし、言
うべきではない。老人と同じように若者も、強い人も弱い人と同じように死ぬ。そ
して老人も若者も強い人も弱い人も同じように誘惑の攻撃を受ける。

95 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 18:44:55.35 ID:YTwJCiHy
(続き)
 霊魂はからだの先に死ぬことがある。そして、おまえたちは意識せず、
腐敗した霊魂を運んでいるということがありうる。霊魂の死は肉体に感じ
られない! 花の死と同じように一つの叫びもなく、もがきもしない・・・。
疲れた花びらのようにその炎を垂れて消える。時としてはすぐあとに、時
としてはずっとあとに、身体は自分の中にうじだらけの屍(かばね)を運
んでいるのに気がついて恐怖のために気が狂って、その共存を避けるため
に自害する、ということもある。しかし、逃れることはできない! 自分
のうじだらけの霊魂とともに蛇のうごめく地獄の底に落ちる。

96 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 18:46:02.35 ID:YTwJCiHy
(続き)
 正反対の常連客のどちら側にも媚びる仲立ち人、あるいは理屈っぽい弁護
士のように不道徳であるな。またはあれこれの人に『友だち』といって実は
敵である政治屋のように偽りであるな。二心を持つな。神は、からかえるも
のではなく、まただませるものでもない。人間に対して、神に対してするよ
うにせよ。なぜなら人間に対してする不正、侮辱は、神に対して行ったのと
同じことである。人間に見られたいように神に見られるのを望め。

97 :神も仏も名無しさん:2014/03/02(日) 20:49:54.77 ID:7U+vyvCi
  ヽ/l l ニ|ニ           ,.、-''"..;:;:;:;:;:;:;:... `'ヽ、
  (   ( ̄   ̄)      /....:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.....ヽ、/ ̄ ̄ ̄ ̄\/
    ̄    ̄         i_;;、:_;、;_;、;、;、、ィッ.;:;:;:;:;: /  興  男     ヨ
 ,.、-──-- 、.,_     ,、  |      ,,,,,,  / ;:;:;:;:;:;: |   味   の      ハ
          ``''--イ ,),、,! '''''        \ ;;;;;;;;;_|   が   は      ネ
              ヾー'゙ |ヒニニュ ャニ,ニニ、> 〉;; / _|   あ  だ      君
       ノ l  ハ  l ヾ トイ `!゙l)_j   ' iリ__, `  }ii l f'ト〉   る  か
    _,,.ノ _ノ / ノ ノ ノノ!_丿 |   l   ` " '''   }ii リノ |   の   に  |\__
      ノ ,、ィ'-=z=F [_   .l! .{   、     ィ!ii;}' ノ|   か       |
   -‐''゙_ノ ,ノ  '゙ (ソ   ヽ   {! ゙ー<⌒'     ,ミi;i;}ー'゙ |   ね       |
  、 ィッ>f「  _,,二-   ヽ.  }i、  -===-'  リiii;ツ   |   ?       |
   `〒T〔!|       r ,_ノ _ノ}lli,  -r=‐  ,i;llilili|   > _____/`ヽ、
     ゙、ヽ`!  l   _ _」 // '}llli, ,;i|i;, ,,ii;ilililll'゙リ /  ̄ l l      ,、 ''⌒゙ヽ、
     `ト.、!  lj  (__l、/  |   ゙ト!llllllllllliillllllllヅ_、-゙    /,l l       /
     l ゙ト、     t'゙ |   |  | |、'lトllトllトツ "´    // l l       /
   ,ィ、化ァ ',\       l 〉  |   | | ゙、 //∧    / /  l l     l
(爪((、`ー'′ ', `''t‐--'′〉ト、 |   | |. Vハ彡 ∧  /    |_L、  i | /
 ̄ ̄ ̄`¨`''ー--ニL_   `!、 `! l ̄`''┴--┴'-'゙-─…''"´_,, ィ|  l |/
            h   ヽ ` ', | O``''────…'''"´  O',゙:、  l |/

98 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 21:05:14.18 ID:YTwJCiHy
(続き)
 謙遜であれ。おまえたちの師にはそれがないととがめ得ないだろう。私は、おまえ
たちに模範を与える。私がするようにせよ。謙遜、柔和、忍耐深くあれ。世間を征服
できるのは、これをもってである。暴力あるいは権力をもってではない。自分の悪徳
に対しては強く暴力をふるってそれを根こそぎにせよ。しかし、おまえたちにはこれ
はなかなかできない。私はいう、淫乱にふける人となるよりも邪欲の目をひきぬいて
盲目になる方がましである。真実であれ、私は真理である。気高いことにおいても、
人間的なことにも。私はおまえたちにも二心がないことを望む。偽りを抱えて私、
あるいは兄弟、隣人へとなぜ行くのか。なぜ、偽りをたわむれのようにするか。
何? おまえたちはそれほど自尊心が強いのに、『私はうそつきと言われたくない』
とどうして誇りをもっていえないのか。何よりも神に対してありのままの自分であ
りなさい。皆に見せびらかす長い、さまざまの祈りをもって神をだませると思うのか。
おお、あわれな子らよ! 神は人の心を見る。

99 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 21:07:51.44 ID:YTwJCiHy
(続き)
 良いことを行うには清くあれ。施しをする時でも。一人の税吏は回心する
前にすでにそうしていた。そして、おまえたちにはできないのか。そうだ
マテオ、私とおん父だけが知っていた毎週のその清い寄付のためにおまえを
ほめる。そして、おまえの模範を皆に知らせること。これも一つの清さである。
自分の心の良さをむき出しに衆目の前にさらさずにおきなさい、処女の娘を
裸に・・・群集の目の前にさらしたくないと同じく。
 おまえたちは、神からの召し出しの忠実な配偶者でありなさい。おまえたち
は二人の主人に仕えることはできない。同時に神とサタンと床をともにするこ
とはできない。黄金の飢えと同じように肉体の飢えを避けよ。肉体の飢えと
同じように権力の飢えを避けよ。サタンはもっぱらこれを提供する。おお、
彼の富は何と偽りのものか! 栄光、名誉、出世、権勢、財産、これはおま
えたちの魂という貨幣をもって買える猥褻な取引きである。小さいことで満
足せよ。神は、おまえたちに必要であるものを与える。これで足りる。空の
鳥にこれを保障しているように、おまえたちにもこれを保障する。そして、
おまえたちは空の鳥よりもずっと偉大なものだ。しかし、神は、おまえたち
から信頼と清さとを望む。おまえたちに信頼があったら、神はおまえたちを
幻滅させない。おまえたちに清さがあれば神の毎日の贈り物で足りる。

100 :神も仏も名無しさん:2014/03/02(日) 21:17:17.80 ID:VmAGVsm8
                 __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !

101 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 21:32:58.15 ID:YTwJCiHy
(続き)
 名前としては、神のものでありながら不信仰者であるな。神のような者とみられ
るために黄金と権勢を望んでいる人は、神のものではない。聖であれ! そして永遠
において神に似たものであるように。
 譲歩を知らない頑固者であるな。皆、罪びとであるから自分が他人に対して、して
ほしいように他人に対して同情とゆるしに満ちたものであれ! 裁くな。 おお裁くな!
おまえたちが私と一緒にいるのはまだ長くないが、どんな罪もない私はどれほどたびたび
不正にも裁かれ、存在しない罪のために非難されたことか。悪い裁きは侮辱である。
そして侮辱をもって侮辱に答えようとしない人々こそ本当の聖人である。侮辱された
くなければ、他人を侮辱するな。こうすれば愛徳と聖なる謙遜にそむかない。謙遜と
純潔こそは、ともにサタンの敵である。他人を、人をゆるせ。いつもいつもゆるしな
さい。『私の限りない罪のために、あなたにゆるされますように。おお、父よ。私は
ゆるします』といえ。

102 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/02(日) 21:35:22.03 ID:YTwJCiHy
(続き)
 一瞬一瞬、忍耐、豪気、英雄性をもって自分をよりよいものとせよ。しかし、
よりよいものとなることは苦しくはない、と言える人があるだろうか。いや、
決して。これこそ、すべての苦労に勝る大きい苦労である。しかし報いは天で
ある。そのためにこの苦労に自分をすりへらし、すべてをつくすべきである。
 そして愛せよ。おまえたちの心に、この愛を刻むためにどんな言葉を使った
らよいか。サタンがけしかけるおまえたちあわれな人間に、その愛を理解する
ために説明する適当な言葉がない。それなら私は いおう。『父よ。清めの時
を早めてください。この土地、また、あなたのこの羊の群れは、渇いて病気で
ある。しかし、この群れをうるおし清め得る一つの露がある。おお、私は願う、
その露の泉を開けよ。私を開けよ。私を。父よ、私はあなたの望みを果たす
望みに燃える。それは永遠の愛、また私の望みである。父よ、父よ、父よ!
あなたの子羊を見よ』そして、その羊をささげるものとなりなさい」
 イエズスは実際にインスピレーションの態度をとっている。十字架の形に
両腕を開いてまっすぐに立ち、顔を天の方に向けて後に湖の水色、麻の服に
包まれて祈る大天使のようである。
                                   (以上)

103 :神も仏も名無しさん:2014/03/02(日) 21:52:52.30 ID:Ci0wTa4L
>>102無意味な社会性のない言葉の呪いの中でしか生きられない
小さなヨハネの方が必要性がない生き物です。

104 :神も仏も名無しさん:2014/03/02(日) 21:56:10.83 ID:UonmroIj
必死に書き込んでるけど誰か読んでるの?
俺は読む気にもならねぇけど。
自己満か?

105 :神も仏も名無しさん:2014/03/02(日) 23:13:12.75 ID:7U+vyvCi
                        ', ;l: ll kr'´ ィイィ彳彳彳彳
                         ヾ州ィイイィ彳彳彡彡彡
               _ __      ,′        ``ヾミミミ
            ,. '´;:.:.:.:.::::::::.:.:.``ヽ  ,′       -‐ミミヽ/ミミミミミ
         ,. '´..:.:.:,. -─‐‐- 、;;;:;:.:ヽ〈           ,′ミミミミヽ
         / .:.:.:.:.:.く        ``ヾ「ヽヽヾミニ二二ミヽ `ヾミミミ
       ./ .:.:.:.:::::::::::::〉  ∠二二ニ彡' V/ T TTにニニニニニニニニニ====
       / .:.:.:.:::::::::::::::/     -='ぐ  /   l ||¨´ ̄``       . :;
     / .:.:.:.::::::::::::::::/     '''´ ̄` /   `Y´           . ;..:    
    ,′.:.:.:.:::::::::::::〈          ヽ____ノ',           .;: .;:
    i .:.:.::::::::::::::::::::::',         ,;;;'ハミミミヽヽ        .,.:; .; :.;:.
      ',.:.:.:.:/´ ̄`ヽ;;;',        .;;;'  ``ヾミヽ j!     ,. ′.;: .;:. :
     ',.:.:.:ヽ い( ミj!              )ミミj 、 、 ', ., 、:, 、 .; :.
      ',;;;:;:;:入    _       ..:;.;:.:;..:`Y ミj!  、 、 ', ., 、:, 、
      ';;;:;:.:  `フ´  _ノ    . ;: .;: .; :. ;:. ;:.`Y´  、 、 ', ., 、:, ,. '´
       Lノ´ ̄  , ィ´  .:; .:; . ;:. ;:. ;: .;: .; :. ;:. ;} 、 、 ', ., 、:,,.: '´
      ノノ   ____\ ;.: .;: . :;. :;. :;. :; .;: .;: .;人 _; :; :; ィ´`ヾ
   ,.  '´         ̄ ̄``¨¨ー',:;;,,:,;:,;,. '´ /;;;;;;;;;;;;;;;/   ',

106 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/03(月) 07:11:49.09 ID:jI+fUTGa
主はすべてを一気に啓示されないという理由が分かるような気がします。
それは私たちの状況に応じて啓示されたという意味です。
正確に言い表わせませんが、例えばこのように。

旧約(預言者を通した表象と相応による教え)

福音書(主ご自身による教え)

スウェーデンボルグ(主こそ唯一の神ご自身であること)

マリア・ワルトルタ(福音書より詳しい真実の主、聖母)

ヴァッスーラ(教会の一致、それはすなわち新しいエルサレムの実現)

それはまさに受け入れる私たちの状況によるからです。
また、私たちが冒涜しないようにとの配慮から。

私もここで話していて、皆さんの霊的進捗度合が様々であることを実感します。
一気に最後の方までは行けません。
(もちろん、それは私が自分でそう思っているという範囲のことでしかありませんが)

107 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/03(月) 07:21:29.92 ID:jI+fUTGa
もう少し詳しく書くとこんな風でしょうか。

旧約(預言者を通した表象と相応による教え)

福音書(主ご自身による教え)

スウェーデンボルグ、サンダー・シング(主こそ唯一の神ご自身であること、基礎知識編)

トマス・ア・ケンピス/キリストに倣いて(ここから自己改革の実践編)

マリア・ワルトルタ(福音書より詳しい真実の主、聖母について)

ヴァッスーラ(教会の一致、それはすなわち新しいエルサレムの実現、聖母についても)
聖母から司祭へ(聖母と共に。聖母こそ新しいエルサレムの表象)

108 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/03(月) 07:34:16.77 ID:jI+fUTGa
もちろん人によって主が導かれる道は異なるでしょう。
これはあくまで私の導かれた道筋を一つの具体例としてあげてみただけです。
これがすべてだなどと申し上げるつもりはありません。
人によって千差万別でしょう。
幼いイエスのテレーズ(1873〜1897)など、小学生くらいの時に
すでに『キリストに倣いて』を暗記していたというのですから。
主が神であることなどとっくに理解していたのでしょう。
私は40になるまで何も知りませんでした。

109 :神も仏も名無しさん:2014/03/03(月) 09:01:14.33 ID:aPlxQnD3
                 __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !

110 :神も仏も名無しさん:2014/03/03(月) 11:54:29.47 ID:d82t954l
キリスト教なんて、どうせ教義がシッ茶かメッチャカなので、どうでもよい宗教なのだが・・

 あちこちで矛盾が生じている・・

 例えば1例であるが、キリスト教の聖書には不正確な翻訳によって混乱が生じている・・

 分からない人には、適当に読んで聞かせているから、それはそれで済んでしまうという宗教なのだ・・

 キリスト教聖職者なんてそんな職業なのだ・・

 例えば、パウロに一つの証拠を求めている批判者たちの言葉であるのに、パウロ自信の発言内容とされたりしているのだ・・

 これはもう完全な間違いなのだ・・

 例えば、非難されているのに、讃えたり・・シッ茶かメッチャカ・・

 関係代名詞によって掛かっている所の認識の間違いが原因などがあり・・

 聖書の意味はまったく違った意味となってくるのに・・

 そんなことはよくあることと、まったく意に介さないキリスト教・・

 そして、そうとは知らずに一生懸命に読み、信じてしまう怖さも生じているのに・・

 新共同訳もこの間違いをしている聖書・・・

111 :神も仏も名無しさん:2014/03/03(月) 16:06:11.12 ID:hggz4lcH
最初から疑いや反発の心を持って教義を眺める方に真実は見えてきません
疑心や反発心は神を否定する心です
心が否定を望んでいるので、願い通りになります。否定したい方には否定するに十分な証拠が
集まるのです
信じる方はその逆になります。肯定を望んでいるので肯定するに十分な証拠が集まります
教義が理解できるようになれば善悪の見分けがつくようになり、悪に騙されることも滅多に
なくなるでしょう
また、実際に神の力が働くので悪から守られます
怪しい宗教に加入してしまう方は神を信じず、人を信じています
人は善悪両方を合わせ持っている存在なので、人だけを信じると人の善性ばかりか人の悪性
までも信じて結果、裏切られてしまうことになります
信仰は二者択一です。白か黒か。客観性を持って検証することは許されていません
人が客観性と信じているものは選ばない状態、選べない状態の迷いです

2chではシュレディンガーの猫が有名でしょう
心の世界のように目に見えない極限に小さな未知の世界では客観的証拠が得られません
証拠を得てからその先の行動を決定することはできません
結果がどうあれ信じる結果を望んで行動するよりほかありません
以前、ミニブラックホールを作る実験がありましたが、実験前にはミニブラックホールの生成に
危険が伴うので実験を反対する意見もありました
観測者は知的好奇心が勝ち、楽観的結果のほうを信じたのでしょう
もし、好奇心より恐怖心、宗教的倫理観のほうが強く働いていれば否定的材料がより多く集まり
実験は中止されていたことでしょう
人は自分が信じたいものを選び行動するようになっているのです

112 :神も仏も名無しさん:2014/03/03(月) 16:48:42.21 ID:aPlxQnD3
                             .,/  _,/      .、、     ...、ヽ,,-、
                           .,,メ-‐'"       _"',|  .、、._,i.""│._、
                      ._,,,/`,イ―''      ,`",l゙、、,,ジ'"`.```.|゙゛
                    .,,,-,i´,―--―''"      、、,!冖'"`、_、,,,/'゚,,."゙l-‐''
       _,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,--''"`'",/゙            、、.',j/′.、,,∠''"` .'_ヽ.',゙l.._,,、
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ

113 :神も仏も名無しさん:2014/03/03(月) 18:23:20.38 ID:gnPXaBKy
肯定できる証拠集めが容易なのはそれらは肯定される要素と余地を内包したものなのでしょう
否定する証拠集めが容易ならばそれらは否定される要素と余地を内包したものなのでしょう
神を信仰することも神を否定することも判断の末に選んだのであれば私は両者ともに敬意を表明します

114 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/03(月) 20:08:37.00 ID:jI+fUTGa
>>111
スウェーデンボルグはそのことを「肯定的」「否定的」という言葉で説明しています。

天界の秘義4760

神的な真理について記憶知に諮る際、

肯定的な者・・・いくたの確証させるものを認める

否定的な者・・・自らをさらなる誤謬に投げ込む


天界の秘義4760

さらにこれは人間各々の知的能力に応じている。高い、すなわち、内的な洞察を持っ
ていない者らが記憶知に諮るなら、彼らはその記憶知の中に真理が確認されるのを
認めはしないで、そのためその記憶知により否定的なものの中へ拉し去られてしま
うが、しかし、高い、すなわち、内的な視覚を持っている者たちはいくたの確証す
るものを認めるのであり、たとえ他の方法で認めないにしても、それでも相応によ
り認めるのである。

115 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/03(月) 20:10:54.99 ID:jI+fUTGa
天界の秘義4760[2]

 例えば人間は死後も生きるという真理を考えられよ。このことが真であることに
ついて否定的なものの中にいる者らは記憶知に諮ると、彼らはそれを無数のことを考
えることにより否定して、その否定を確認するのである、


天界の秘義4760[3]

 しかし人間は死後も生きるという真理について肯定的なものの中にいる者たちが
記憶知に諮るときは、かれらはそのことをその記憶知により確認し、しかもそのこと
もまた無数の事柄によりなされるのである、

116 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/03(月) 20:13:46.53 ID:jI+fUTGa
天界の秘義4760[4]

 周知のように学問のある者が単純な者よりも死後の生命を信じないし、全般
的に単純な者よりも神的真理を明らかに見ないことが普通である。そのことの
理由は、彼らは否定的な立場から(他の者以上におびただしく持っているとこ
ろの)記憶知に諮ってそのことにより自分自身の中に、高いまたは内的なもの
から発している洞察を破壊してしまい、それが破壊されると、彼らはもはや
何ごとも天界の光からは認めないで、ただ世の光のみから認めるということ
である、なぜなら記憶知は世の光の中に在って、もしそれが天界の光により
明るくされない[照示されない]なら、それは暗黒を生み出すからである、
たとえその暗黒はその当人自身にはいかほどそれとは異なったものとして見
えるにしても。そうした理由からヨハネ伝の以下の言葉から明白であるように、
単純な者は主を信じたが、ユダヤ民族の中で学問のあった律法学者と、パリ
サイ人は主を信じはしなかったのである―

 群集の多くの者たちはこれらの言葉を聞いたとき言った、これはまことに
予言者である。他の者たちは言った、これはキリスト(メシア)である。
パリサイ人たちは彼らに答えた、支配者たちの中で、またはパリサイ人の中
でたれが彼を信じたか(ヨハネ7・40、41、47、48)。

117 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/03(月) 20:56:28.16 ID:jI+fUTGa
(肯定的・否定的)

天界の秘義1072[2]

 霊たちは仁慈の信仰の中にいるか否かについては互に他から完全に区別されている。
仁慈の信仰の中にいる者たちは信仰の真理については論じないで、その事柄はそうで
あると言い、また可能な限りそれを感覚と記憶の事柄により、理性の分析により確認
はするが、しかしその真理が彼らから認められない、何か明確でないものが彼らの道
に現れるや否や、それをわきにおいて、決してそうしたもののために自分が疑惑に陥
るのを許さないで、自分達が把握出来るものは極めて僅かしかない、それで何かが自
分達がそれを把握しないからといって真ではないと考えることは狂気の沙汰であると
言うのである。これらが仁慈の中にいる者たちである。

118 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/03(月) 20:57:47.98 ID:jI+fUTGa
(続き)
 しかし―その反対に―仁慈の信仰の中にいない者らは単に何かの事柄がそう
であるかないかと論じ、それがいかようになっているかを知ろうとのみ願い、
自分たちがそれがいかようになっているかを知らない限り、それがそうである
ことを信じることは出来ないと言うのである。このことのみからでも彼らは
何ら信仰を持っていないことがすぐさま知られるのであり、彼らは凡ゆる物に
ついて疑うのみでなく、心の中でそれを否定し、その実情のいかようなもの
であるかを、教えられてもなおその不信仰にしがみついて凡ゆる種類の反対
意見を述べはじめ、たとえそれが永遠につづいても決して黙従しようとはしな
いということが彼らの不信仰のしるしとなっている。このようにその頑迷さ
にあくまで固執する者らは過誤に過誤をつみ重ねるのである。

119 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/03(月) 21:09:28.27 ID:jI+fUTGa
(否定的な原理から考える者)

天界の秘義2568[4]

 それで二つの原理が在り、その一つは愚鈍と狂気とに導いて行くが、他は
理知と知恵に導いて行くのである。前の原理は凡ゆる物を否定することであり、
または自分らは自分らが感覚により把握し、または認識することが出来るもの
により確信しない中はそれらを信じることは出来ないと心の中で言うことであり、
これは愚鈍と狂気に導いて行く原理であって、否定的原理と呼ばれねばならない
のである。


天界の秘義2568[5]

 否定的な原理から考える者は合理的なものに諮るに応じ、益々記憶知に諮り、
また哲学的なものに諮るに応じ、益々自分自身を暗黒の中へ投げ込み、真逆様
に突き落として、ついには凡ゆる物を否定してしまうのである。

120 :神も仏も名無しさん:2014/03/03(月) 23:23:57.59 ID:aPlxQnD3
                             .,/  _,/      .、、     ...、ヽ,,-、
                           .,,メ-‐'"       _"',|  .、、._,i.""│._、
                      ._,,,/`,イ―''      ,`",l゙、、,,ジ'"`.```.|゙゛
                    .,,,-,i´,―--―''"      、、,!冖'"`、_、,,,/'゚,,."゙l-‐''
       _,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,--''"`'",/゙            、、.',j/′.、,,∠''"` .'_ヽ.',゙l.._,,、
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ

121 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 07:17:36.94 ID:rMNTe8j+
イザヤ7・18−25
大いなる荒廃

その日が来れば
主は口笛を吹いて
 エジプトの川の果てから蝿を
アッシリアの地から蜂を呼ばれる。
彼らは一斉に飛んで来て
 深い谷間や岩の裂け目に宿り
どの茨にも、どの牧場にも宿る。
その日には、わたしの主は
 大河のかなたでかみそりを雇われる。
アッシリアの王がそれだ。
頭髪も足の毛もひげもそり落とされる。

122 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 07:18:17.01 ID:rMNTe8j+
その日が来れば
人は子牛一頭、羊二匹の命を救いうるのみ。
しかし、それらは乳を豊かに出すようになり
人は凝乳を食べることができる
この地に残った者は皆、凝乳と蜂蜜を食べる。
その日が来れば
ぶどうの木を千株も育てうるところ
銀一千シェケルに値するところもすべて
茨とおどろに覆われる。
茨とおどろがこの地を覆うので
人は弓矢を持ってそこへ行かねばならない。
鍬で耕されていた山々にも
人は茨とおどろを恐れて足を踏み入れず
ただ牛を放ち、羊が踏み歩くにまかせる。

123 :神も仏も名無しさん:2014/03/04(火) 07:21:17.77 ID:ShBu8tOR
反戦デモやりましょう!

124 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 07:27:14.04 ID:rMNTe8j+
イザヤ6・8−13

そのとき、わたしは主の御声を聞いた。
「誰を遣わすべきか。
誰が我々に代わって行くだろうか。」
わたしは言った。
「わたしがここにおります。
わたしを遣わしてください。」
主は言われた。
「行け、この民に言うがよい
よく聞け、しかし理解するな
よく見よ、しかし悟るな、と。
この民に心をかたくなにし
耳を鈍く、目を暗くせよ。
目で見ることなく、耳で聞くことなく
その心で理解することなく
悔改めていやされることのないために。」

125 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 09:10:56.00 ID:rMNTe8j+
>124
訂正
×この民に心をかたくなにし
○この民の心をかたくなにし
わたしは言った。
「主よ、いつまででしょうか。」
「町々が崩れ去って、住む者もなく

(続き)
家々には人影もなく
大地が荒廃して崩れ去るときまで。」
主は人を遠くへ移される。
国の中央にすら見捨てられたところが多くなる。
なお、そこに十分の一が残るが
それも焼き尽くされる。
切り倒されたテレビンの木、樫の木のように。
しかし、それでも切り株が残る。
その切り株とは聖なる種子である。

126 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 09:19:56.31 ID:rMNTe8j+
>125
(続き)の位置を間違えました。

私たちの現在の課題は、次のようです。

1.主イエス・キリストが父なる神であることを認識すること
2.教会の一致をめざすこと
3.聖母を再認識すること

2は1の結果もたらされるでしょう。
主が唯一の神ご自身であることを皆が認めれば、分裂している意味など
なくなるでしょう。
また、2は3の聖母の再認識によっても実現されるでしょう。

127 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 09:53:52.22 ID:rMNTe8j+
これはドン・ボスコが見たという夢が語っていることと同じであろうと思います。

世のひかり社/天の母の警告/企画 デルコル神父 ・文 江藤きみえ /P28

「1862年のいわゆる二本の柱の夢というものがあります。その予言的な夢では、
教会を示す教皇の指令艦と、これに従う他の船(教皇に従う司教たちの船)が大変な
嵐にあい、そのうえ、敵の艦隊に攻撃されていました。この攻撃が政治的なものでなく、
精神的なものであるというしるしに、その武器として使われているのは、主として、
各種の書物と印刷物でした。つまり、この攻撃は、思想上の攻撃であることが示され
ているのです。
 夢では、教皇が討ち死にして、次の教皇が選ばれ、戦いがつづきます。そのうち2本
の柱が見えはじめましたが、一本の柱の上には、無原罪のおんやどりの聖母のご像が
あって、その下に、「キリスト信者の助け」と書かれていました。
 もう一本の柱は、これよりも、ずっと大きく、高くそびえていて、柱の上に大きな
ホスティアがあり、その下に、「信じる者の救い」と書かれています。
 この二本の柱をあおぎ見た教皇は、指令艦をその柱の間に導き入れ、両方の柱から
出ている鎖で、自分の船を安定させました。これに他の司教たちの小さな船もならっ
たのです。すると、たちまち大混乱が起き、それまで教皇の艦隊に戦いをいどんでい
た敵の船がたがいに、ぶっつかり合いはじめました。こうして、敵の船は、沈没し、
そのあとには、大なぎの静けさだけがありました。これは教会をその危機から救うも
のは、ご聖体と聖母信心であるというしるしなのです。」

128 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 10:06:44.03 ID:rMNTe8j+
順番を並べ替えましょう。
1.主イエス・キリストが父なる神であることを認識すること
2.聖母を再認識すること
3.教会の一致の実現

そうです。1と2の結果3が実現するのです。
そして教会の一致あるいは一致した教会こそ、黙示録に謳われている
『新しいエルサレム』なのです。

129 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 11:16:50.16 ID:rMNTe8j+
ドン・ボスコの見た夢に出て来るご聖体、すなわち聖体拝領(聖餐)ですが、
これは主が父なる神ご本人であるという認識と一つのものです。
もし、主が父なる神ご本人であるという認識がないなら、聖体拝領は意味が
ありません。主が子なる神で父なる神と別人であるなら、何の意味があるでしょう。

主が父ご自身だからこそ、聖体拝領は意義があるのです。
それは父なる神である主と一体となるという意味です。
食べるとは一体となることです。
主との連結なのです。

130 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 11:21:19.81 ID:rMNTe8j+
スウェーデンボルグ読者は聖体拝領を殆ど無視しているように思えます。
スウェーデンボルグが次のように言っているにもかかわらず。

新しいエルサレムの教義210

聖餐は、そのことによって教会が天界と連結し、かくて主と連結するために
主により制定された。それでそれは礼拝の最も聖いものである。

131 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 11:29:23.17 ID:F0SAYkgk
真の基督教700

 しかし真の基督教は明け初めている。而して黙示録の新エルサレムによって
象徴され、父なる神、子、聖霊はそれが一人格の中に在るが故に一つとして認
められている新しい教会を、いまや主は設立し給いつつあるのである。それ故、
この教会は洗礼と聖餐なる二つの秘蹟の真の用と益とを受けるために、主は
聖言の霊的な意義を示すことをよしとし給うた。この用と益とは人が理解を
以てまたは霊の眼を以てその中に含まれている聖さを認め、これを主がその
聖言に於て教え給うたように受ける時、受けられるであろう。

132 :神も仏も名無しさん:2014/03/04(火) 12:13:03.71 ID:A49WoWhw
小さなヨハネさんは、ボスニア・ヘルツェゴビナのメジュゴリエの聖母出現を認めていますか?
十数年前に巡礼に行きました。

133 :神も仏も名無しさん:2014/03/04(火) 13:31:57.44 ID:LtoJPJKw
                             .,/  _,/      .、、     ...、ヽ,,-、
                           .,,メ-‐'"       _"',|  .、、._,i.""│._、
                      ._,,,/`,イ―''      ,`",l゙、、,,ジ'"`.```.|゙゛
                    .,,,-,i´,―--―''"      、、,!冖'"`、_、,,,/'゚,,."゙l-‐''
       _,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,--''"`'",/゙            、、.',j/′.、,,∠''"` .'_ヽ.',゙l.._,,、
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ

134 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 14:58:46.17 ID:EmAyOpJN
>>132
ええ、認めています。
本も何冊か読みました。
朝晩メジュゴリエの聖母の御絵にご挨拶しています。

「メジュゴルイエにおける聖母マリアの出現」/ルネ・ローランタン、
 リュデヴィット・ルプツィッチ共著/聖母の騎士社
「メデュゴーリエの丘から祈りと平和のメッセージが!」/フェデリコ・バルバロ著
 /世のひかり社
「メジュゴルイェ ―ザ・メッセージ― 」/ウェーン・ウィーブル著/サンパウロ
「メジュゴリエの証言者たち」/シスター・エマヌエル著/ドン・ボスコ社

135 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 15:02:24.01 ID:EmAyOpJN
私もいつか行けたらと思います。
秋田には数年前行きました。

136 :神も仏も名無しさん:2014/03/04(火) 15:03:46.20 ID:7yeGsXjC
小さなヨハネは悪魔の手先

137 :神も仏も名無しさん:2014/03/04(火) 16:26:21.40 ID:bzwTgUhY
  ヽ/l l ニ|ニ           ,.、-''"..;:;:;:;:;:;:;:... `'ヽ、
  (   ( ̄   ̄)      /....:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.....ヽ、/ ̄ ̄ ̄ ̄\/
    ̄    ̄         i_;;、:_;、;_;、;、;、、ィッ.;:;:;:;:;: /  興  男     ヨ
 ,.、-──-- 、.,_     ,、  |      ,,,,,,  / ;:;:;:;:;:;: |   味   の      ハ
          ``''--イ ,),、,! '''''        \ ;;;;;;;;;_|   が   は      ネ
              ヾー'゙ |ヒニニュ ャニ,ニニ、> 〉;; / _|   あ  だ      君
       ノ l  ハ  l ヾ トイ `!゙l)_j   ' iリ__, `  }ii l f'ト〉   る  か
    _,,.ノ _ノ / ノ ノ ノノ!_丿 |   l   ` " '''   }ii リノ |   の   に  |\__
      ノ ,、ィ'-=z=F [_   .l! .{   、     ィ!ii;}' ノ|   か       |
   -‐''゙_ノ ,ノ  '゙ (ソ   ヽ   {! ゙ー<⌒'     ,ミi;i;}ー'゙ |   ね       |
  、 ィッ>f「  _,,二-   ヽ.  }i、  -===-'  リiii;ツ   |   ?       |
   `〒T〔!|       r ,_ノ _ノ}lli,  -r=‐  ,i;llilili|   > _____/`ヽ、
     ゙、ヽ`!  l   _ _」 // '}llli, ,;i|i;, ,,ii;ilililll'゙リ /  ̄ l l      ,、 ''⌒゙ヽ、
     `ト.、!  lj  (__l、/  |   ゙ト!llllllllllliillllllllヅ_、-゙    /,l l       /
     l ゙ト、     t'゙ |   |  | |、'lトllトllトツ "´    // l l       /
   ,ィ、化ァ ',\       l 〉  |   | | ゙、 //∧    / /  l l     l
(爪((、`ー'′ ', `''t‐--'′〉ト、 |   | |. Vハ彡 ∧  /    |_L、  i | /
 ̄ ̄ ̄`¨`''ー--ニL_   `!、 `! l ̄`''┴--┴'-'゙-─…''"´_,, ィ|  l |/
            h   ヽ ` ', | O``''────…'''"´  O',゙:、  l |/

138 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 20:18:34.29 ID:EmAyOpJN
しかし、巡礼そのものについてはこう言われています。もちろんエルサレムへも
行ってみたいと思いますが、主がそれをかなえてくださるならということです。

トマス・ア・ケンピス/キリストに倣いて/1・23・4

 病気にかかったために自分を改める者が少ないことは、
巡礼して聖人になる者が少ないのと同様である。


マリア・ヴァルトルタ/私に啓示された福音/第5巻上/P49

 成聖の手ほどきをするために巡礼の必要はありません。一つの独房か一つの荒野、
山地の険しい頂きか人里離れた家屋が、同様に使えます。教える者のうちに権限と
成聖があり、教えを受ける者のうちに自らを聖化する意志があれば足ります。
わたしはこれを教え、他のことは教えません。

139 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 20:21:24.84 ID:EmAyOpJN
(わたしの出現の場所に来られないのを悲しんではなりません)

聖母から司祭へ1984.11.14 ザガブリア(ユーゴスラビア)

 これほど悩みの多いこの時代にあって、わたしは、みなさんのひとりびとり
のそばにいます。あなたがたの生活の困難なこの時にわたしもあずかるように。
 わたしは、いつもそばにいます。あなたがたが祈りまた働くときにも、歩み
また休むときにも、喜びまた苦しむときにも、わたしが母として、そこにい
ることの確かな証拠を与えましょう。多くの苦しみのなかで喜びと慰めを与
えるために、わたしは新しい方法で、またもっと不思議な方法をもって出現
するために、わたし自身がこの国を選びました。心の清い人は、わたしを見、
貧しい人、小さな人、単純な人は、わたしの言うことを聞き、けんそんな人や
病人、そして罪人は、わたしをみつけ出します。
 困難や障害物があって、わたしの出現の場所に来られないのを悲しんでは
なりません。
 祈るときには、あなたがたは、つぐないをし、わたしの母としての呼びか
けに耳をすましなさい。わたしの呼びかけとは、改心の愛の道を歩むことで
あって、こうして、あなたがたは、あなたがたの間に現れる天の母を霊的に
迎えることができます。

140 :神も仏も名無しさん:2014/03/04(火) 20:34:21.88 ID:LtoJPJKw
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

141 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 21:07:35.43 ID:EmAyOpJN
2chで宣教するということはこういうことなのでしょう。
茨とおどろの生える荒野で叫ぶということです。
もちろん荒らしがない方がいいですが、主が許されることでなければ何事も起こらない
でしょうから、何が意味があるのだと思われます。私自身のあるいは読者の皆さんの
忍耐を養う修行のためなど・・・。荒らしも神の聖言に接する機会となるかもしれません。
地獄がどういうものかも伝えなくてはいけません。

142 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 21:24:11.80 ID:EmAyOpJN
2chに宗教板があって、そこでキリスト教の話しがされているのなら
放置することはよくないことであろうと思います。今日、『神の摂理』
(スウェーデンボルグ)を読んでいたら、「腐敗」という言葉が出て来ま
した。悪が伝染して腐敗させるという内容です。悪は遺伝悪であり、先祖
代々私たちに伝わって来たものです。主は私たちに「地の塩」となれ、
社会を塩ずけにするためにと言われます。ですから、ここでも主の仰る
ことに従わなければならないと思います。

143 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 21:36:37.55 ID:EmAyOpJN
(腐敗)

神の摂理328(ハ)

「このことは遺伝悪が相次ぐ世代の中に累積することから起っている」。
 遺伝悪はアダムとその妻イヴが知識の木の実を食べたことを通して彼らか
ら来ているのでなく、両親により継続的に受け入れられて、その子孫に伝え
られ、かくてそれは累積し、時代から時代へと益々悪くなっていることが前
に述べられ、また説明された。このように悪が多くの人間の間に増大すると、
それは他の者に感染する、なぜなら悪の凡てには他の者を腐敗させる欲念が
あり、それは或る人間の中では善に対する憤怒に燃えており、そこから悪が
感染するからである。教会の支配者、役員、指導者が悪にとりつかれると、
宗教は歪められるようになり、真理である薬剤も誤謬化により腐敗するよう
になる。これらが教会に善の継続的な腐敗と真理の破壊とをもたらし、遂に
教会は終局に達するのである。 

144 :神も仏も名無しさん:2014/03/04(火) 21:38:39.83 ID:LtoJPJKw
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

145 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/04(火) 21:44:58.34 ID:EmAyOpJN
(おまえたちは地の塩である)

マリア・ワルトルタ/マグダラのマリア/P39(>>30)
 
おまえたちは何だろう? どういうものになるべきか? おまえたちは地の塩である。
塩は肉とか他の食物とかを腐敗から守る。しかし、塩自身、塩気がなければ塩漬けが
できるだろうか。私は、天の味を受けるように、おまえたちをもって、この世を塩漬
けしたいのである。しかし、自分にあるべき味を失うならば、おまえたちは、どうし
て他人を塩漬けできるだろうか。

146 :神も仏も名無しさん:2014/03/05(水) 05:04:31.75 ID:YJrJ//Od
                 __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !

147 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 10:39:12.39 ID:xmJ1KSDP
(現代より、世の行いが悪い時はなかったでしょう)

聖母から司祭へ1977.4.23

 現代より、世の行いが悪い時はなかったでしょう。神を拒否し、その否定の暗闇の中に、
歩みつづけているので、愛することもできず、光の中に歩むことができないのです。
 神の子として、真実に生きている人がどこにいるでしょうか?


マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋/天使館/P32

 霊魂の死と肉体の死。霊の破壊と物事の破壊。サタンのうちでのあなたたちの成長
には目を見張らせるものがある。間もなくあなたたちは聖人の域に達し、サタンは
もうあなたたちに教えることが何ひとつなくなるだろう。そのとき地獄はその息子を
産むだろう。それが反キリストだ。なぜなら時が成就し、その時点で人間たちは、
終末に先立つ恐怖を味わうに見合うだけのことを成しおおせているからだ。

148 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 10:44:39.44 ID:xmJ1KSDP
ここはハルマゲドン(アルメギド)すなわちメギドの丘という意味だと
思いますが、悪と善との一騎打ちの場です。
アンチの荒らしは全地獄からの流入を受け、不肖小ヨハネは全天界からの
流入を受けているのでしょう。
(私ごときものを主はお使いになられるとは・・・)

149 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 10:47:53.00 ID:xmJ1KSDP
しかし、全力を尽くさねばなりません。
私がたとえ糞にもおとるものであろうと、扱う聖言は神のものであり、
それは譬えようもなく尊いものです。
多く与えられた者は多く求められるのです。

150 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 11:19:58.90 ID:xmJ1KSDP
マリア・ワルトルタ/マグダラのマリア/P40

 おまえたちの使命は偉大である。しかし同時に偉大な恐るべき任務(つとめ)、責任
でもある! 多く与えられた人は、多く与える務めがあるのをよくよく心得よ。おま
えたちには、知識と賜との最高のものが与えられている。おまえたちは、神のみ言葉
である私に教えられ、そして“弟子”すなわち、神の子の継続者であるという賜を
神から受ける。 (>>45

151 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 11:22:17.26 ID:xmJ1KSDP
ルカ12・35−48

「腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい。主人が婚宴から帰って来て
戸を叩くとき、すぐに開けようと待っている人のようにしていなさい。主人が
帰って来たとき、目を覚ましているのを見られる僕たちは幸いだ。はっきり言
っておくが、主人は帯を締めて、この僕たちを食事の席に着かせ、そばに来て
給仕してくれる。主人が真夜中に帰っても、夜明けに帰っても、目を覚まして
いるのを見られる僕たちは幸いだ。このことをわきまえていなさい。家の主人
は、泥棒がいつやって来るかを知っていたら、自分の家に押し入らせはしない
だろう。あなたがたも用意していなさい。人の子は思いがけない時に来るから
である。」
 そこでペトロが、「主よ、このたとえはわたしたちのためですか」と言うと、
主は言われた。「主人が召し使いたちの上に立てて、時間どおりに食べ物を分
配させることにした忠実で賢い管理人は、いったいだれであろうか。主人が帰
って来たとき、言われたとおりにしているのを見られる僕は幸いである。確か
に言っておくが、主人は彼に全財産を管理させるにちがいない。しかし、もし
その僕が、主人の帰りは遅れると思い、下男や女中を殴ったり、食べたり飲ん
だり、酔うようなことになるならば、その僕の主人は予想しない日、思いがけ
ない時に帰って来て、彼を厳しく罰し、不忠実な者たちと同じ目に遭わせる。
主人の思いを知りながら何も準備せず、あるいは主人の思いどおりにしなかっ
た僕は、ひどく鞭打たれる。
 しかし、知らずにいて鞭打たれるようなことをした者は、打たれても少しで
済む。すべて多く与えられた者は、多く求められ、多く任された者は、更に
多く要求される。」

152 :神も仏も名無しさん:2014/03/05(水) 11:26:08.91 ID:cGuwOOCR
小さなヨハネはサタンの手先

153 :神も仏も名無しさん:2014/03/05(水) 13:56:07.85 ID:YJrJ//Od
                 __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !

154 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 14:37:34.89 ID:xmJ1KSDP
マリア・ヴァルトルタ/私に啓示された福音/第3巻中/P110

 あなたたちは地の塩であり、世の光です。しかしもしあなたたちの使命が欠如する
なら、味気の無い、役に立たない塩になるでしょう。あなたたちはそれを贈物として
頂戴しながら、それを人間性という気の抜けた汚れた水で塩抜きし、官能の腐敗した
甘味料でそれを甘ったるくし、神の生っ粋の塩に塵芥(ちりあくた)を、傲慢、貪欲、
暴飲暴食、色欲、憤怒、怠惰、嫉妬という塵芥を塩の一粒が、それぞれ七つの悪徳を
七倍するように混ぜ合わせたのだから、神はそれを再びあなたたちに与えることは出
来ないし、最早何ものもあなたたちに再び味をつけることは出来ないでしょう。その
時、あなたたちの塩は方向を失った惨めな塩粒の石、歯の下で耳障りな音を立て、口
中に土の味を残し、料理をまずくし、口から吐き出される石以外の何ものでもなくな
ります。食用外での使用にも適さないとすれば、人間的任務に対しても、七つの悪徳
の中に振りかけられた一つの知識はどんな害を及ばすでしょう。その時、その塩は地
上に振り撒かれ、民の無頓着な足で踏みつけられるしかありません。どれだけの、ど
れだけの民はこのようにして神の人びとを踏みつけることでしょう! なぜならこの
選ばれた人たちは、選ばれた者の、天的な者の味を持つからこそ受け入れられるのに、
最早その実質が無い単なる屑となり、無頓着に踏みつけられることを民に許したのだから。

155 :神も仏も名無しさん:2014/03/05(水) 14:51:09.53 ID:B/9ciFlQ
小さなヨハネはサタンの手先

156 :神も仏も名無しさん:2014/03/05(水) 14:53:46.11 ID:YJrJ//Od
                 __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !

157 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 15:17:57.08 ID:xmJ1KSDP
(地の塩)

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/1巻P349

 ああヴァッスーラ、私の指示に従う多くの人たちがいる、自分を生けにえとして、
謙遜に慎ましく生き、互いに愛し合い、我が仔羊たちを養っている、この人たちは
地の塩、我が霊魂に愛された者、私のアベルたちです 
この人びとは我が傷の香油であり、痛みを和らげてくれる  悲しいことに、中には
カインもいる、私のからだにとって矢となり、危険で、虚栄に満ちていて、眼が見え
なく、悪意に満ち、そして卑しい傾向を持っている、この者たちは頭の棘となっている、
その罪は無数で中心に偽善があり、我が聖なる義はこの者たちに対して燃え上がる
 手を取りなさい、娘よ、そばにいなさい そうしたらそれらの棘を指し示す。あな
たを神聖な力をもって我がからだの一番奥まで連れていき、槍の刃を見分けるように
する  私はカインを容赦しない、ヴァッスーラ、彼らは与えるものが何もない。
 その手は空であって 我が仔羊たちに与えるものが何もない、公の場で自分を見
せびらかすことを好み、丁重に挨拶されることを愛している、この者たちは味を失っ
た塩のようだ、まことに言う、娘よ、この者たちは今日のファリサイ人です!

ああ、神よ、これは恐ろしいことです。

ヴァッスーラ、それゆえに、隠されていたものはすべて明るみに出て 覆われていた
ものの覆いが取り除かれる、これが私の意思なるがゆえ  さあ来なさい、我が現存
を忘れないように。

158 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 15:23:25.04 ID:xmJ1KSDP
(小さいままでいて 地の塩となりなさい)

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/4巻P145 ‘90・4・22

(聖母)恐れずに立ち向かい 私と一緒に戦いなさい: 祈りを通して戦うのです。
 あなた方の祈りはサタンに対する最も強力な武器です。 従順と謙遜は悪魔を
退散させます。 神はご自身の愛という贈物を下さっています。 慈しみの呼び
かけに応えて下さい。 神が語っていらっしゃいます そして時が迫っている
ために 神と私は地上の隅々にまで呼びかけているのです。まこと小さな子ど
もたち、小さく素朴なままでいなさい、小さいままでいて 地の塩となりなさい
あなた方はまことに世の光だからです、 私どもの心に特に愛された霊魂です・・・
そして天の国は子どもたちと非常に小さな者たちのものだからです。 
神の光に心を向けるよう 私はさまざまなくに民に今日出現しています。 
霊魂を回復させたいのです、皆御父のものであると思い出させたいのです 
御父は聖なるお方ですので あなた方も聖い生活を送るようにと。 けれど
気を落さないように 一歩ずつ教えるためにここにいます そして必ず祝福を
与えると約束しましょう、一歩一歩を祝福します。 許してくれるなら、永遠
の光を反射する者とならせたいのです 神と出逢う時には活動する神の力の
曇りない鏡のようになり 神の聖さと善良さの象りとなっていますように。
今日は教会の刷新、主の再臨のために 熱心に祈るようにと皆を招きます:
 第二の聖霊降臨のために。 皆にこの到来を準備させようと イエスと私は
方々のくに民を訪れているのです。

159 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 15:27:36.57 ID:xmJ1KSDP
(地の塩である人びとは、火による試練を受けない)

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/10巻P228

愛に基づく我が教えと 我が掟を守り、地の塩である人びとは、火による試練
を受けない、私を彼らの神とし、私をいのちの主として受諾したがゆえ。
 彼らはすでに試され、もはや私の一部として至高の神と一致し 絶え間なく
我が聖なる光のうちに存在する。 そしてあなたも言ったように、娘よ、ノア
の時代には 我が訪れと共に 天は大雨を降らせた。 そして今地上は 火に
よって炎に包まれ こうして試される。

160 :神も仏も名無しさん:2014/03/05(水) 16:51:11.08 ID:G24gSLqR
-We,Us?
-Yes Lord.

─私たち?
─はい 主よ

-If you wish Me to be your Father,
 I will treat you as My child,

─もし私に父であってほしいなら
  子としてあなたを扱おう

-if you wish Me to be your Bridegroom,
  I will treat you as My Bride,

─もし私に花婿であってほしいなら
  あなたを花嫁として扱おう

 if you rebel against Me,
I will treat you as a Judge;

  もし私に背くなら
審判者としてあなたを扱う

                    TLIG,May 27,1987

「神のうちの真のいのち」1987年5月27日



預言と警告/ヴァッスーラ・ライデン
http://www.youtube.com/watch?v=cjBR3Rqqy5U

161 :神も仏も名無しさん:2014/03/05(水) 17:02:51.81 ID:YJrJ//Od
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

162 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 17:27:30.61 ID:xmJ1KSDP
>>160
ヴァッスーラ読者の方ですか?
ありがとうございます。
残念ながら私はPCが古くて動画は見られませんが。

163 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 17:35:07.87 ID:xmJ1KSDP
「塩」は良い意味で使われていますが、悪い意味もあります。以下は悪い意味
で使われている場合です。

天界の秘義1666

なぜなら誤謬を生み出さない欲念は到底あり得ないからである。欲念の生命は
炭火に、誤謬はそこから発してくる薄暗い光にたとえることができよう。火は
光なしにはあり得ないように、欲念も誤謬なしにあり得ないのである。欲念は
ことごとく醜悪な愛にぞくしている、なぜなら愛されるものは欲求され、かく
て欲念と呼ばれ、欲念そのものの中には問題の愛の連続してものが存在してい
るからである。この愛または欲念を支持し、またはそれに同意するものはこと
ごとく誤謬と呼ばれるのである。ここから『塩海』という言葉が『シデムの谷』
という言葉にここに附加されている理由が明白である。

[3]欲念と誤謬とは人間を剥奪し、または荒廃させるものであり、すなわち、
人間から善の愛の生命と真理の生命をことごとく剥奪するため、剥奪は多くの
記事の中で塩により記されている。

164 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 17:37:07.31 ID:xmJ1KSDP
[4]モーセの書には―

 全地は硫黄と塩である、燃える所である、そこには種はまかれない、芽も
出ない、いかような草もその中には生えないであろう、ソドムとゴモラ、アデ
マとゼボイムがくつがえされた時のようになるであろう(申命記29・23)。

『全地は硫黄と塩、燃える所』は剥奪された善と真理を、『硫黄』は善の剥
奪を、『塩』は真理の剥奪を意味している、なぜなら欲念が善を破壊し、誤謬
が真理を破壊するように、旱魃と塩とは地と地の産物を破壊してしまうからで
ある。『塩』は剥奪された状態を意味したため、破壊された都にそれが再建
されないように、塩をまくことが慣例とされたのである(士師記9・45)。
『塩』はまたその対立した意義に用いられて、肥沃性を与えるもの、いわば
滋養を与えるものを意味したのである。

165 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 17:46:27.79 ID:xmJ1KSDP
>>22
>塩はお浄めに使われますが、とすると、腐敗しない→清浄、の意味で用いられるのでしょうか

名無し氏のこの疑問は上の「『塩』は剥奪された状態を意味したため、破壊された
都にそれが再建されないように、塩をまくことが慣例とされたのである(士師記9・
45)。 」(>>164)が近いように思われます。


>親が子を手塩にかけて育てる、というのもひょっとしたら別の意のこもった言葉かもしれないですね

についてはこちらでしょうか。

「『塩』はまたその対立した意義に用いられて、肥沃性を与えるもの、いわば
滋養を与えるものを意味したのである。 」(>>164)

166 :神も仏も名無しさん:2014/03/05(水) 18:26:05.31 ID:YJrJ//Od
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

167 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 20:56:33.38 ID:xmJ1KSDP
マリア・ヴァルトルタ/「手記」抜粋/P61

‘43年7月23日
イエズスは言われる。
「時が到来するであろうとき、打ち勝つためには、霊魂の光を減少させる必要がある
ルシフェルのとぐろによって、多くの星が薙ぎ倒されるだろう。
 それは起きうるだろう。なぜなら一般信徒だけではなく聖職者たちも、神の光の圏
内にとどまるために必要な、信仰、愛徳、力、純粋さ、現世の誘惑からの離脱などの
毅然さを失ったし、ますます失いつつあるからだ。
 わたしがここで語る星が誰を意味しているか、貴女は理解しているだろうか? 
それはわたしが地の塩として、世の光として定義づけたもの、すなわちわたしの奉仕者
たちだ。
 サタンの鋭い悪意の計画は、これらの星を薙ぎ倒すことによって、大衆にわたしの
光を反射する光であるこの無数の灯火を消すことである。司祭的教会はまだ多くの光
を放ちつづけているが、霊魂たちはますます闇のなかに沈みこもうとしており、わたし
の空から数多くの星が消え去るであろうとき、どんな闇が大衆を押し砕くか容易に
理解できる。

168 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 21:06:34.03 ID:xmJ1KSDP
灯火を消さないよう頑張りましょう。
私の解釈ですが、「地の塩」であれとは、役に立とうとする熱意を持てということ
ではないかと思います。簡単に言えば、要は実践しなさいということです。
スウェーデンボルグは「善を渇望する真理」と言っていましたが(天界の秘義
9207[4])、真理は役に立たなければならないわけで、つまりそれが
善ということでしょうが、それはすなわち、真理を知っているだけでなく
それを実践しなさいということだろうと思います。
スウェーデンボルグを読むと、私たちはたくさんの真理を教わります。
それを自分で知って、自分の再生、改良に役立てるのはもちろんのことですが、
人にも伝えるということを意味しているのではないかと思います。

169 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 21:18:06.93 ID:xmJ1KSDP
ちょうど今日『神の摂理』を読了しました。最後の章に「直接的な慈悲から
発した瞬間的な救いは不可能である」ということが説明されていました。
これについてご紹介したいと思います。

なぜなら、「信仰義認説」が誤りだというのは私たちは直感的に知っています、
あるいは聖書のたくさんの箇所に私たちは行いによって裁かれるということ
が書いてあることを知っているからです。

しかし、ではなぜそうなのかというとその理由は詳しく知らないのです。
スウェーデンボルグは救われるとはただ天国に入れられることではなく、
自らを変えることであって、それは瞬間的になされることはできないのだ
と説きます。言われてみればその通りで、皆さんも納得されることでしょう。

170 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/05(水) 21:21:35.06 ID:xmJ1KSDP
(直接的な慈悲から発した瞬間的な救いは不可能)

神の摂理338

[3]「直接的な慈悲から発した瞬間的な救いは不可能である」。人間を救お
うとする神的摂理の働きはその出生に始まり、その生涯の終わりまでも続き、
以後永遠に続くこと、またこの働きは絶えず純粋な慈悲から手段を用いている
ことも前に示した。それゆえ瞬間的な救いまたは直接的な慈悲のような物はな
いことが推論される。しかし教会または宗教に関わる事柄を決して考えない、
または、それを理解しようと決して試みない多くの者は、自分たちは直接的な
慈悲により救われると信じているため、そしてこれは真理に反し、さらに有害
な信仰であるため、この主題は以下のように適当な順序で考察することが重要
である。

(イ)直接的な慈悲から発した瞬間的な救いを信じる信仰は人間の自然的な
   生活状態に基礎づけられている。
(ロ)この信仰は、自然的な状態とは全然異なった霊的状態の無知から発している。
(ハ)基督教世界のすべての教会の教義は直接的な慈悲から発した瞬間的な
   救いに根本的に反している、が、それにも拘らず、外的な教会員はこの
   教義を擁護している。

171 :神も仏も名無しさん:2014/03/05(水) 23:41:58.97 ID:Q81Ebcf+
  ヽ/l l ニ|ニ           ,.、-''"..;:;:;:;:;:;:;:... `'ヽ、
  (   ( ̄   ̄)      /....:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.....ヽ、/ ̄ ̄ ̄ ̄\/
    ̄    ̄         i_;;、:_;、;_;、;、;、、ィッ.;:;:;:;:;: /  興  男     ヨ
 ,.、-──-- 、.,_     ,、  |      ,,,,,,  / ;:;:;:;:;:;: |   味   の      ハ
          ``''--イ ,),、,! '''''        \ ;;;;;;;;;_|   が   は      ネ
              ヾー'゙ |ヒニニュ ャニ,ニニ、> 〉;; / _|   あ  だ      君
       ノ l  ハ  l ヾ トイ `!゙l)_j   ' iリ__, `  }ii l f'ト〉   る  か
    _,,.ノ _ノ / ノ ノ ノノ!_丿 |   l   ` " '''   }ii リノ |   の   に  |\__
      ノ ,、ィ'-=z=F [_   .l! .{   、     ィ!ii;}' ノ|   か       |
   -‐''゙_ノ ,ノ  '゙ (ソ   ヽ   {! ゙ー<⌒'     ,ミi;i;}ー'゙ |   ね       |
  、 ィッ>f「  _,,二-   ヽ.  }i、  -===-'  リiii;ツ   |   ?       |
   `〒T〔!|       r ,_ノ _ノ}lli,  -r=‐  ,i;llilili|   > _____/`ヽ、
     ゙、ヽ`!  l   _ _」 // '}llli, ,;i|i;, ,,ii;ilililll'゙リ /  ̄ l l      ,、 ''⌒゙ヽ、
     `ト.、!  lj  (__l、/  |   ゙ト!llllllllllliillllllllヅ_、-゙    /,l l       /
     l ゙ト、     t'゙ |   |  | |、'lトllトllトツ "´    // l l       /
   ,ィ、化ァ ',\       l 〉  |   | | ゙、 //∧    / /  l l     l
(爪((、`ー'′ ', `''t‐--'′〉ト、 |   | |. Vハ彡 ∧  /    |_L、  i | /
 ̄ ̄ ̄`¨`''ー--ニL_   `!、 `! l ̄`''┴--┴'-'゙-─…''"´_,, ィ|  l |/
            h   ヽ ` ', | O``''────…'''"´  O',゙:、  l |/

172 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 07:05:07.46 ID:nNdh2iN1
(続き)
(イ)「直接的な慈悲から発した瞬間的な救いを信じる信仰は人間の自然的な生活状態に
基礎づけられている」。 自然的な人間は自分自身の生活状態から以下のように推測する、
すなわち天界の喜びは世の喜びのようなものであり、それは同じように流れ入って、受け
入れられるものである、例えば、それは貧しい人間が金持ちになり、かくて欠乏の悲しい
状態から満ち溢れた幸福な状態へ移る有様に似ており、またはそれは身分などの低い人間
が傑出した者になり、かくて軽視された状態から有名になる有様に似ており、または葬い
の家から婚礼の祝宴に入る者のそれに似ていると。これらの状態は一日の中に相次いで起
ることが出来、これに似た変化が死後の人間の状態の中に可能であると考えられるため、
直接的な慈悲から発した瞬間的な救いに対する信仰は何処から来ているかは明白である。
世ではまた多くの者は性格を異にしつつも同じ会合または親しいサークルをつくって互に
愉快に交わりながら生活できるのである。これは自然的な状態の事実である、なぜなら
一人の人間の外なるものは他の人間の外なるものに、たとえその二人は内的には如何ほど
異なっていようとも、適応することが出来るからである。この自然的な状態から救いは
単に天界の天使の間に入れられることであって、この入れられることは直接的な慈悲
から与えられると推測されている。それ故また天界は善い者にも悪い者にも与えられる
ことができ、そこから世にあるような社交も生まれ、ただその喜びの完全さのみが異な
っていると信じられている。

173 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 07:09:15.42 ID:nNdh2iN1
(ロ)「この信念は自然的な状態とは全然異なった霊的状態の無知から生まれている」。

 霊的な状態または人間の死後の状態については既に多くの箇所に記しておいた。
そして人間は凡てその人間自身の愛であり、彼処では何人も自分と愛を同じくして
いる者以外の者とは共に生活することができず、もし他の者の間に入るならば、
自分の生命を息づくことが出来ないことが示された。これが人間はすべて死後自分
に似た者たちたちまたは愛を同じくしている者たちと交わり、その者たちを恰も
隣人、友達であるかのように認める理由である。さらに驚くべきことは彼は彼ら
に会って、彼らを見ると、彼らを幼時の頃から知っていたかのように思われるの
である。こうしたことが起るのは霊的な血縁と友情によっている。さらに如何
ような共同体の者であっても、自分の家以外のどのような家にも住むことは出来
ない。凡ての者は自分の家を持ち、彼が始めてその共同体に加わると、それが
自分のために供えられているのを知るのである。彼は自分の家の外で他の者と
交わることは出来るが、その家以外の何処にも止まることは出来ない。さらに
何人も、他人の部屋にいるときは、自分の場所以外の場所に坐ることは出来ない。
もしその場所以外の場所に坐るなら、愚鈍になって、口がきけなくなり、しかも
妙なことには、人は凡て、部屋に入ると、自分の場所を知っているのである。
彼らが礼拝所または公の集会に共に集まるときも同じである。

174 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 07:14:05.14 ID:nNdh2iN1
>173 訂正
×者たちたち
○者たち

「妙なことには、人は凡て、部屋に入ると、自分の場所を知っているのである。
彼らが礼拝所または公の集会に共に集まるときも同じである。 」

確かに私も教会へ行くと、いつも同じ席に坐っています。
そこが何となく落ち着くのです。自分にふさわしい所だと。

175 :神も仏も名無しさん:2014/03/06(木) 08:05:50.65 ID:QaSgFsQd
イエスがバプテスマ受けた時に天からきこえた、「この者は我が子である。この者を私は是認した」(マタイ伝3:16.17)って声は誰の声なんだ?
あんたはイエス=神だと言うが、明らかに別の存在があるじゃねえか
そもそも、イエスが自分を神だと言っている場所は聖書のどこにもない

176 :d(・∀・)y一~~イケメン学者:2014/03/06(木) 08:29:15.86 ID:bLqp4SOd
       /\ \
   __/  / ̄/
  /\  _\/ /_\
  /  / ̄ ∧_∧  
  \/__(;・ ∀・) 目あるものは読みなさい。
   /  と  ノ ハァ 神とは永遠の魂のことでありその魂とは不可思議な「良心」のことである
   /  人  Y ハァ つまり神とは良心のことだった。ゆえに良心で起き、良心で活動し、良
   \/し'(_) 心で寝るイエスは弟子たちに自分のことょ「主(神)」と言わせていた。

177 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 10:30:47.21 ID:nNdh2iN1
>>175
ルカ3・21−22
民衆が皆洗礼を受け、イエスも洗礼を受けて祈っておられると、天が開け、聖霊が
鳩のように目に見える姿でイエスの上に降って来た。すると、「あなたはわたしの
愛する子、わたしの心に適う者」という声が、天から聞こえた。

>イエスがバプテスマ受けた時に天からきこえた、「この者は我が子である。この者
>を私は是認した」(マタイ伝3:16.17)って声は誰の声なんだ?

それは主の内なる声(それが適切な表現か分かりませんが)のようです。
確かにあなたの仰るように、この箇所がいつも問題にされます。
私にも正確には分かりません。しかし深い理由があるのだろうと思います。
次のスウェーデンボルグの言葉をご参考までに引用します。

178 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 10:33:19.73 ID:nNdh2iN1
天界の秘義2535

「かれはあなたのために祈るでしょう」(創世記20・7)。これは、それ
がそのようにして啓示されるであろうということを意味していることは、「祈る
こと」の意義から明白である。祈りはそれ自身において観察されるなら、神と
語ることであり、そのとき祈りの事柄を内的に観察することであって、それに
対し心の中へまたは思考へ注がれる流入のようなものが答えられ、それで神に
向かって人間の内部が或る程度開かれるが、しかしそれは人間の状態に従って
おり、また祈りの主題の本質にも従って相違しているのである。もしその人間
が愛と信仰から祈り、ただ天界的な霊的なもののためにのみ祈るなら、そのと
きその祈りの中に希望、慰安、または或る内的な喜びにかかわる啓示のような
ものが生じて、その啓示は祈っている者の情愛の中に明らかに示されるのであ
る。「祈る」ことがその内意では啓示されることを意味しているのはこのこと
から来ている。それは祈ることが主を意味している予言者について言われてい
るここでは尚更のことであって、主の祈りは神的なものとの内なる談話であり、
また同時に啓示である。啓示があったことはルカ伝に明白である―

179 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 10:35:16.89 ID:nNdh2iN1
(続き)
「イエスが洗礼を受けて祈られた時、天が開くようになった」(ルカ3.21)。

同書に―
「かれがペテロとヤコブとヨハネを連れて、祈るために山にのぼられるよう
になった。かれが祈られていると、その御顔のようすが変わり、その衣服は
白く輝くようになった」(ルカ9・28,29)。

ヨハネ伝には―
「かれが祈られて、父よ、あなたの御名を栄化してください[御名に栄えあら
しめたまえ]、と言われたとき、天界から声が聞こえた。わたしは栄化してき
た、さらに栄化しよう[わたしは栄えあらしめたが、さらに栄えあらしめよう]」
(ヨハネ12・27,28)。

ここに主が「祈られたこと」は神的なものと話されたことであり、また同時に
啓示でもあったことが明白である。

180 :神も仏も名無しさん:2014/03/06(木) 10:48:55.79 ID:QaSgFsQd
じゃあ、ヨハネ17:1〜5で、イエスは誰に祈ってる?
「父」である神と「子」であるキリストの存在がはっきりと別個に記されているが

181 :神も仏も名無しさん:2014/03/06(木) 11:21:00.61 ID:PaTgVVF9
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

182 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 11:35:37.39 ID:TdCcRdrd
>>180

天界の秘義1999[2]

主は主の父エホバを崇拝され、エホバに祈られたこと、また主は、エホバは主の中に
おられたけれども、あたかも、主御自身とは相違した方に祈られるかのように祈られ
たことも福音書の聖言から知られている。しかし主がこれらのときその中におられた
状態は主の卑下の状態であり、その性質は第一部に述べられたところである。すなわち、
主はそのとき母から来ている弱い人間的なもののうちにおられたのであるが、しかし
それを脱ぎ棄てて、神的なものを着けられるに応じて、主の栄化の状態と呼ばれてい
る他の状態の中におられたのである。前の状態の中では主はエホバを、エホバは主御
自身の中におられたけれども、御自身とは異なった方として崇められたのである。
なぜならすでに言ったように、主の内なる人はエホバであったからである。しかし
後の状態では、すなわち、その栄化の状態では、自分自身と話されるものとして
エホバと話されたのである。なぜなら主はエホバ御自身であられるからである。

183 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 11:44:07.09 ID:TdCcRdrd
>>180
そもそもあなたは神の存在を信じていますか?

それとも>>176のようにあなたも考えているのですか?

神の存在を信じているなら神が唯一であることはご存知でしょう。
もし神が唯一であることを認めるなら、イザヤ9・5にあるとおり
主は父御自身であることは明らかです。

他にも主が神であられることを自ら言われている箇所はたくさん
あります。そちらは無視するのでしょうか?

184 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 11:47:43.92 ID:TdCcRdrd
出エジプト3・13−14

モーセは神に尋ねた。「わたしは、今、イスラエルの人々のところへ参ります。
彼らに、『あなたたちの先祖の神が、わたしをここに遣わされたのです』と言
えば、彼らは、『その名は一体何か』と問うにちがいありません。彼らに何と
答えるべきでしょうか。」
神はモーセに、「わたしはある。わたしはあるという者だ」と言われ、また、
「イスラエルの人々にこう言うがよい。『わたしはある』という方がわたしを
あなたたちに遣わされたのだと。」

ヨハネ8・24

だから、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、わたしは言った
のである。『わたしはある』ということを信じないならば、あなたたちは自分
の罪のうちに死ぬことになる。

ヨハネ8・28

そこで、イエスは言われた。「あなたたちは、人の子を上げたときに初めて、
『わたしはある』ということ、また、わたしが、自分勝手には何もせず、
ただ、父に教えられたとおりに話していることが分かるだろう。

ヨハネ18・4−8

イエスは御自分の身に起こることを何もかも知っておられ、進み出て、「だれ
を捜しているのか」と言われた。彼らが「ナザレのイエスだ」と答えると、
イエスは「わたしである」と言われた。イエスを裏切ろうとしていたユダも
彼らと一緒にいた。イエスが「わたしである」と言われたとき、彼らは後ず
さりして、地に倒れた。そこで、イエスが「だれを捜しているのか」と重ね
てお尋ねになると、彼らは「ナザレのイエスだ」と言った。すると、イエス
は言われた。「『わたしである』と言ったではないか。わたしを捜している
のなら、この人々は去らせなさい。」

185 :神も仏も名無しさん:2014/03/06(木) 11:52:37.54 ID:QaSgFsQd
>>183
神を唯一の存在だと信じている
信じているからこそ、イエスを神の息子としてではなく神として解釈する教えが理解できない
神は神
イエスはイエス、神の初子だと理解している

186 :神も仏も名無しさん:2014/03/06(木) 11:56:05.63 ID:QaSgFsQd
ちなみにイザヤ9:5は神の力を示しているだけであって、神とイエスが同一である事の証拠として考慮する聖句としては甚だしく不適切だ

187 :神も仏も名無しさん:2014/03/06(木) 12:02:45.10 ID:QaSgFsQd
ついでに言うとヨハネ8:24や28
18:4〜8の、「わたしはある」という訳し方だが、ギリシャ語本文に忠実に訳すなら、「その者」となる
聖書の言葉を都合良く訳し変えて、それでそれを自分の間違った教理にこじつけようとするのはいかがなものか?
俺はちゃんと聖書を読んでるし、聖書のどの言葉も無視するつもりはない

188 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 13:34:07.46 ID:TdCcRdrd
>>187
>聖書の言葉を都合良く訳し変えて、それでそれを自分の間違った教理にこじつけ
>ようとするのはいかがなものか?

私は無学でそんなことは出来ません。共同訳聖書から引用しただけです。
他にもたくさんありますが、主が神でないとあなたはそれら聖書の言葉すべてを
否定出来るのですか?

イザヤ7・14
見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み
その名をインマヌエルと呼ぶ。

ヨハネ1・1、11、14
言は神であった。言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった。
言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。

189 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 13:39:58.30 ID:TdCcRdrd
それから、私はスウェーデンボルグやその他の見神者の文章から述べている
のであって、私が考え出した教理ではありません。

あなたを説得するつもりはありません。
生まれ変わらないと(再生)父を見る(理解する)ことは出来ないそうです。

190 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 13:43:32.25 ID:TdCcRdrd
ヨハネ10・30

 わたしと父とは一つである。


ヨハネ14・7−11

「あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。
今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」
フィリポが「主よ、わたしたちに御父をお示しください。そうすれば満足で
きます」と言うと、イエスは言われた。「フィリポ、こんなに長い間一緒に
いるのに、わたしが分かっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのだ。
なぜ、『わたしたちに御父をお示しください』と言うのか。わたしが父の内
におり、父がわたしの内におられることを、信じないのか。わたしがあなた
がたに言う言葉は、自分から話しているのではない。わたしの内におられる
父が、その業を行っておられるのである。わたしが父の内におり、父がわたし
の内におられると、わたしが言うのを信じなさい。


ヨハネ20・28−29
 
トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は幸いである。」

191 :神も仏も名無しさん:2014/03/06(木) 14:46:38.07 ID:PaTgVVF9
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

192 :神も仏も名無しさん:2014/03/06(木) 14:54:50.25 ID:QaSgFsQd
確かに、このような内容はこんな所でケンカごしに議論するような内容ではないな
俺もあんたを説得するつもりはないし、逆に言えば自分の考えが完全に正しいとも言い切れない
だけど、一つあんたに聞きたいんだが
キリスト教のおいて神は誰か
イエスとは誰かと言った事は、本当に基本的な教えだと思うんだが、なぜこんなにも教えや理解に開きがあるんだ?
あんたのように、神とイエスが同じだという考え
俺のように別だという考え
神とイエスと聖霊も同じだという三位一体の考え
どうして一番大切な所でこんなにも食い違いがあると思う?

193 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 15:25:12.97 ID:YzZM+bI2
>>192
人間が悪くなったからに他なりません。
悪党が正しいことを考えるでしょうか?
悪と誤謬は切り離せないほど一体なのです。
善と真理が一体なように。
暗闇が深くなっているのです。

194 :神も仏も名無しさん:2014/03/06(木) 15:30:50.79 ID:7bGH6DT+
小さなヨハネはサタンの手先

195 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 15:36:33.16 ID:YzZM+bI2
マタイ24・29はそのことを意味しています。

天界の秘義4060

「陽は暗くなり、月はその光を放たないであろう」(マタイ24・29)
は、『陽(太陽)』であるところの主への愛と、『月』であるところの隣人
に対する仁慈を意味している。

『暗くなって、その光を放たないこと』は、それらが現れないで、かくて消え
去ってしまうであろうということを意味している。

「星は天から落ちるであろう」(マタイ同)
は、善と真理のいくたの知識は死滅するであろうということを意味している。

196 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 15:40:24.13 ID:YzZM+bI2
>188
訂正
×共同訳聖書
○新共同訳聖書

197 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 15:46:22.08 ID:YzZM+bI2
人間は自己愛が強くなると神を愛さなくなり、隣人も愛さなくなります。
その時、正しい理解、知恵は滅び、それはエデンの園から追放されることが
意味していることですが、理知、知恵から放擲されるのです。
そして自己理知の誇りを身につけます。
その結果、無神論、自然主義、唯物論が起ります。

198 :神も仏も名無しさん:2014/03/06(木) 16:28:19.70 ID:QaSgFsQd
俺はたまたまこのスレに今日初めて来て、知らなかったが
あんたの崇敬しているスウェーデンボルグとやらのことを初めて知った
少し調べたが、あまりにも聖書の教えと逸脱した酷い教えだ
これ以上あんたと話し合う価値はないし、それこそサタンに用いられている背教的な教えだ
純粋に聖書から議論を交わせると思ったのだが間違いだったようだな
スレの流れをよく知らずに書き込んだ俺が悪かった
失礼する

199 :神も仏も名無しさん:2014/03/06(木) 17:17:13.30 ID:ZxQjkXB5
アンチが一人で多数の自作自演をしているのに、神の多様性(実体はおひとり)が信じられない
とは何とも解せませんが、アンチは神のようになりたがり、神を否定するからこそアンチなのだと
思い出せばこれは当然のことと言えますね

>>165
詳しく教えていただき、スッキリと理解できました、ありがとうございます
現代の塩の霊的な用い方は、昔の古代教会の人々が塩の教えをいただいていた名残り
なのかもしれませんね

200 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 17:33:53.47 ID:YzZM+bI2
>>199
名無し氏
ははは。そうですね。アンチの自作自演でしたか。
仰るとおりです。

いいえ、とんでもありません。なかなか難しいです。
確かに霊的意味はよくは分からないで塩を使っているのですね。
でも何となく理解しているのかもしれません。

201 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 18:38:44.78 ID:YzZM+bI2
さて、(直接的な慈悲から発した瞬間的な救いは不可能)について再開しましょう。

>>173の続き)

それゆえ霊的状態は自然的状態とは全く相違し、それは人間はすべて自分を支配して
いる愛の在る所にいなくてはならない性質を持っていることが明白である。なぜなら
その愛は彼の生命の歓喜であり、凡ての者は自分の生命の歓喜の中にいることを欲す
るからである。さらに人間の霊はそれ以外の所にいることは出来ないのである、なぜ
ならこの歓喜は彼の生命を構成し、実に、それは彼の鼻孔の息であり、心臓の鼓動で
あるから。自然界ではそうでない。この世では人間はその心の中で抱いている歓喜を
顔、言葉、態度に外面的に佯り装うことを幼年時代から教えられている。それゆえ自
然界の人間の状態からその死後の状態については如何ような結論も下すことは出来な
い。なぜなら凡ての人間の死後の状態は霊的なものであって、そのため彼は自然界の
生活により自分自身のために得たところのその愛の歓喜以外の何処にもいることは出
来ないからである。

202 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 18:41:45.84 ID:YzZM+bI2
(続き)
このことから、地獄的な歓喜にいる者は何人も、一般に天界的歓喜と呼ばれて
いる天界の歓喜に入れられることは出来ず、または、それと同じように、悪の
歓喜にいる者は何人も善の歓喜へ入れられることが出来ないことが明白である
に違いない。それは以下の事実からさらに明らかに認めることができよう、
即ち、何人も死後天界に登ることを禁じられてはおらず、その道が示され、
機会が与えられ、入ることを許されているが、しかし天界に入って、その歓喜
の中で息づくと、胸が痛み、心臓が苦しくなり、意識が混濁し、ために彼は
火の傍に置かれた蛇のように、のたうちまわって、天界に面をそむけ、地獄
に面を向け、真逆様になって逃げ去り、その者自身の愛の支配している共同体
に着くまでは止まりはしない。それ故多くの者が想像しているように、何人も
直接的な慈悲から天界に入るのではなく、またそれは単に入ることを許される
事柄でもなく、また瞬間的な救いのようなものもないことが明らかである、
なぜならこれは直接的な慈悲を予想しているから。

203 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 18:43:48.17 ID:YzZM+bI2
(続き)
世に在って直接的な慈悲から発した瞬間的な救いを信じた者がいた。彼らは
霊となったとき、自分の地獄的な歓喜が、すなわち、悪の歓喜が神の全能と
慈悲とにより天界的な歓喜に、または善の歓喜に変えられることを望んだ。
彼らは切にこれを願ったので、許しが天使に与えられ、かくて天使は彼らの
地獄的な歓喜を取り除いた。しかしこれは彼らの生命の愛の歓喜であり、従
って彼らの生命以外のものを吹き込むことも不可能であった、なぜなら凡て
歪められていた彼らの心と身体との全組織を覆すことは不可能であったから。
それゆえ彼らは彼らの生命の愛を注入されることにより再び生気を与えられ
たのである。この後で彼らは、その状態の中では自分たちは身の毛のよだつ
ような恐ろしい感じを持ったと語ったが、それを洩らそうとはしなかったの
である。このことは、地獄の霊を天使に変えるよりは、梟を鳩に、または蛇
を子羊に変える方が易しいと天界に言われている理由を示している。

204 :神も仏も名無しさん:2014/03/06(木) 18:55:51.24 ID:bWFzWzgl
■創価による反社会的活動「ガスライティング、集団ストーカー、集団イジメ」
 下記の犯罪、弾圧行為が敵対政党、宗教、個人に対し行われております。

・被害者の行動に合わせ「物音や騒音を立てる、車やバイク等で通りすぎる、視覚的嫌がらせを行う」
・特定の場所で車が進路を妨害する様に曲がる。幅寄せやフェイントを行う。非常にゆっくり通り過ぎる。何度もすれ違う。
・不注意を装い車やバイク、自転車等で接触事故を起こす。家屋や車へ投石、タイヤの空気を抜く、不法侵入、ゴミの投棄。
・勤務先や外出先で被害者の私生活や会話を仄めかす。すれ違い様に暴言、咳払い、手を頭にのせる、戸を叩く。
・信者が自宅前や特定の場所で待ち伏せ監視。近づくと去って行く。近くに寄ると体操を始める。癖を真似る。
・自宅、知人に嫌がらせ電話。悪口を言っていた、犯罪を犯した等と嘘を流布し人間関係を破壊する。
・恥をかかせるため自治会の幹部を強要する。 断ると非協力的と言いふらし嫌がらせを行う。
・郵便物を盗む。盗聴。器物の位置をずらす。 無線機の違法改造によるテレビ、ラジオ、電話の妨害。
・問い詰めると気のせい、統合失調症、デマと言い出す。他宗教や敵対政党、警察が行っていると思わせる工作を行う。

共通の敵を作り上げ攻撃する事で信者同士の結束強化、洗脳維持、新規信者獲得に利用されています。
上記の様なガスライティング行為に遭う、又は目撃した場合は被害者の会、公的機関までご連絡ください。
告発文の配布も高い効果があります。

動画(一例)
集団ストーカー国会で暴露される
http://www.youtube.com/watch?v=BFWh_jctYgs
息をするように嘘を吐く信者
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8034124
尾行、ストーカーを行う信者を警察に突き出してみた
http://www.youtube.com/watch?v=vpuer6vf7wI
つきまとい
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5356178
民家へ投石
http://www.youtube.com/watch?v=8tDOjHz15TM&feature=PlayList&p=F01214DC69983006&index=0
吸い終わった直後の吸殻を民家へ投入
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=1486778

205 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 20:30:01.12 ID:YzZM+bI2
神の摂理338(ハ)

「基督教世界の諸教会の教義は直接的な慈悲から発した瞬間的な救いに根本的に反し
 ているが、しかし外的な教会員は、それにも拘らず、この教義を擁護している」。

 凡ての教会の教義は、これを内的に観察するならば、人間に如何ように生きねばな
らぬかを教えている。人間は自分自身を点検し、罪を認め、承認し、それを告白し、
悔改め、かくて新しい生活に入らねばならないことをその教義で教えない教会があろ
うか。この勧告と命令なしに何人が聖餐に列席することを許されようか。尋ねられよ、
さすれば納得されるであろう。その教義が十誡の誡命に基礎づけられていない教会が
あろうか。十誡の誡命は生活の教えである。教会を多少なりと真に自分の中に宿して
いる教会員であって、善良な生活を送る者は救われ、邪悪な生活を送る者は罪に定め
られることを直ちに認めない者があろうか。それ故全基督教世界に受け入れられてい
るアタナシウス信条は、主は生きた者と死んだ者とを審くために来られるであろう、
善を行った者は永遠の生命に入り、悪を為した者は永遠の火に入るであろうと述べて
いる。このことは、凡ての教会の教義は、これを内的に観察すると、人間は如何に
生活しなければならぬかを教えていることを示しており、それはそのことを教えて
いる故、以下のことも教えているのである、すなわち、救いは人間の生命にかかり、
人間の生命は一瞬に人間に吹き込まれるものでなくて、人間が悪を罪として避け、
罪とは何かを知り、これを認め、承認し、これを欲しなくなり、それゆえこれから
遠ざかり、神を知ることにかかっている改良の手段について学ぶにつれ、人間の生命
は徐々に形作られ、改良されるのである。

206 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/06(木) 20:33:02.88 ID:YzZM+bI2
(続き)
この凡てにより人間の生命は形作られ、改良されるのである。それらは一瞬に
獲得されることは出来ない。なぜならそれ自身に於いて地獄的なものである遺
伝悪が除かれて、それ自身に於いて天界的なものである善がその代わりに植え
付けられねばならぬからである。この遺伝悪については、人間は理解では梟に、
意志では蛇に譬えることが出来ようが、改良された人間は理解では鳩に、意志
では羊に譬えることができよう。かくて瞬間的な改良とそれに基づく救いは、
梟が鳩に、蛇が羊に瞬間的に変えられることに譬えることが出来よう。人間の
生命を多少なりと知っている者であって、このことは梟と蛇の性質が取り除か
れて、鳩と羊の性質がそれに代らない限り、不可能であることを認めない者が
あろうか。凡て知的な人間はさらに知的になり、凡て賢明な人間はさらに賢明
になることが出来、理知と知恵とは増大することが出来、或る人間にあっては
、幼時から生涯の終わりまでも増し加わり、こうして人間は絶えず完成して
行くこともまた良く知られている。そのことはなぜ霊的な理知と知恵につい
てさらに言われないであろうか。なぜならこれらは自然的な理知と知恵より
は、二つの度も上に昇り、このように昇ると、筆舌に表現出来ない天使的知
恵になるからである。永遠に完全にされつつあるものが、一瞬で完全にされ
ることは不可能であることを理解しようと欲して、理解出来ない者があろうか。

207 :神も仏も名無しさん:2014/03/06(木) 22:15:05.90 ID:DlpRZ20v
スレの主旨を理解しない=アンチ認定はおかしい、討論された?人はアンチじゃないと思う

208 :d(・∀・)y一~~イケメン学者:2014/03/06(木) 22:51:43.24 ID:A70tuoGQ
       /\ \
   __/  / ̄/
  /\  _\/ /_\
  /  / ̄ ∧_∧  
  \/__(;・ ∀・) 目あるものは読みなさい。
   /  と  ノ ハァ 神を「良心」と読み替えることで神の正体、
   /  人  Y ハァ 神の謎は氷解する。
   \/し'(_)

209 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 06:36:15.44 ID:AfPaGmts
スウェーデンボルグは本当に基礎工事です。とても時間がかかります。
建設現場で、うわものも建たないし、穴を掘ったり埋めたり延々と何か
工事をしているようなものです。それは恐らくしっかりした基礎を作らないと
大きなうわものは作れないからでしょう。
それと全く同じです。
ここで何を言っているのか分からないかもしれません。
しかし、これが基礎なのです。
今、引用しているのは、人間は神の慈悲で即天国に挙げられるというのは
不可能なのだということの説明です。
それは信仰義認説が全くナンセンスであるということを理解するための
プロセスなのです。

210 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 06:43:07.03 ID:AfPaGmts
神の摂理339

 生命に基礎づけられた見解を持つ者は一人として直接的な慈悲から発した
瞬間的な救いを考えないで救いの手段を考える ― 主はその手段の中に、
またその手段により神的摂理の法則に従って働かれるのであり、すなわち、
人間はその手段により主により純粋な慈悲から導かれるのである。しかし生命
から救いについて考えない者は、救いは瞬間的に起り、慈悲は直接的なもの
であると考える。例えば、信仰を仁慈から切り離す者もまた ― 仁慈は生命
であるが ― 信仰は瞬間的なものであって、死ぬ前でないなら、死の最後の
時でも得られると考える。そして悔改めのない罪の赦しは罪からの解放ともな
ってそれ故救いを確保させると信じ、そこから聖餐に行く者もまたそのように
考えており、また修道僧の免罪と死者への祈りを信頼し、修道僧らが人間の霊
魂に対し要求している権能のゆえにその与える赦免を信頼する者もそのように
考えている。

211 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 06:50:22.76 ID:AfPaGmts
神の摂理340[4]

「直接的な慈悲から発する瞬間的な救いは教会内の飛びかける火の蛇である」。
飛びかける火の蛇により奈落の火に燃えた悪が意味され、それと同じことが
イザヤ書に言われている飛びかける火の蛇により意味されている、『ペリシテ
よ、お前を打った杖が折れたからといって喜ぶな、蛇の根からバジリスクが
出て、その果は飛びかける火の蛇となるから』(14・29)。直接的な慈悲
から発する瞬間的な救いを信じる信念が起ると、こうした悪が教会を飛び回る、
なぜならそれにより、(イ)宗教が廃棄され、(ロ)無頓着が生まれ、
(ハ)堕地獄は主に帰せられるからである。

212 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 10:46:36.82 ID:AfPaGmts
神の摂理340[4]
(イ)「瞬間的な救いを信じる信念により宗教が廃棄される」。

 宗教の本質的なものと普遍的なものである二つの物、すなわち、神に対する信仰と
悔改めがある。それは二つとも、人間はどのような生活をしようとも、慈悲のみにより
救われると信じる者には無意味である。なぜならそこには『嗚呼、神よ、私を憐みた
まえ』と言う以外に何を為す必要があろうか。他の凡ての宗教的な事柄については彼
らは暗闇におり、実に彼らは暗闇を愛している。神を信じる信仰である教会の最初の
本質的なものについては、彼らは単に『神とは何か、たれが神を見たか』と考えるに
すぎない。もし彼らは神は存在し、一人であられると告げられるなら、その一人で
あることに同意する。しかし三人の神がいると告げられるなら、それに同意するが、
しかしその三人の神は一人の神と呼ばれねばならぬと言う。

213 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 10:48:14.16 ID:AfPaGmts
(続き)
これが彼らの神を信じる信仰の考えである。悔改めという教会の第二の本質的
なものについては彼らは決して考えず、それで罪については考えず、ついには
そうした物があることも知らなくなり、かくて、『基督教徒は律法の軛の下に
いないから、律法により罰せられはしない、ただ、神よ、私を御子のゆえに
憐みたまえと言うのみで、救われるであろう』という保証を喜んで聞き、それ
を熱心に吸収する。これが生活の悔改めについての彼らの考えである。しかし
悔改めを取り去られよ、または、それと同様に、宗教から生活を切り離されよ、
さすれば、『私を憐みたまえ』という単なる言葉以外に何が残るであろうか。
従ってこうした人間はその言葉を死ぬ前でないなら、死ぬ頃にでも口に出す
ことにより救いは瞬間的に与えられると考えざるを得ないのである。それで
聖言は彼らには、いわばほら穴の祭壇から聞こえてくる判然としない曖昧な
宣言または偶像の託宣から聞こえてくる意味不明な応唱でなくて何であろう。
約言すれば、もし悔改めを取り去るなら、すなわち、宗教から生活を切り離
すなら、人間は奈落の火に燃える悪または教会の飛びかける火の蛇でなくて
何であろう。なぜなら悔改めなくしては人間は悪におり、悪は地獄であるから。

214 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 10:50:34.00 ID:AfPaGmts
神の摂理340[4]
(ロ)「純粋な慈悲のみから発する即時の救いを信じる信仰により、生活の
    無頓着が生まれる」。

 生活の無頓着は死後の生命は無いという神の無い人間の信念からか、生活は
救いには何の関係も持たないというその者の信念からか、その何れからか生ま
れる。後の種類の人間は永遠の生命を信じるけれど、依然『私は善い生活を送
ろうが、または悪い生活を送ろうが、救いは純粋な慈悲から発する以上、また
神は何人の死も欲しられないため、その慈悲は万人に及ぶ以上、私は救われる
ことが出来る』と考える。もし受け入れられた信仰の言葉で憐みを祈らねばな
らぬと偶々彼は考えるとしても、これは死の前に為されなかったなら、死ぬ直
前にでも為されることが出来ると考えるであろう。このように無頓着な者は凡
て姦淫、詐欺、不正、暴行、涜神または復讐を全く意に介しないで、そのすべ
てに自分自身を身も魂も捧げる。彼はまた霊的な悪とその欲念の何であるかも
知らない、聖言からそれを多少知るにしても、それは黒檀の上に落ちてはねか
える物のようなものであるか、または溝に落ちて、飲み込まれる物のようなも
のである。

215 :神も仏も名無しさん:2014/03/07(金) 12:01:26.48 ID:/KCcNzLL
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

216 :ヒーロー:2014/03/07(金) 12:06:25.42 ID:lZLjiD/0
>>215
創価とかオウムとかモブ。やっぱキリストがヒーローなんだよな。

217 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 16:06:06.87 ID:AfPaGmts
何人も直接的な慈悲から天界に入らないということは『天界と地獄』にも書かれて
います。こちらも引用しましょう。
信じるだけで救われるとか、地獄の悪魔も最終的に救われるとか考えている人は
全くの間違いだということが分かるでしょう。
私たちは自分の人間性を変えなければ、つまり性格を変えなければ天国へ行く
ことは無理なのです。悔改めによって、また実践することによって自分の
性格を変えなければ、天国へ行くことすら望まないのです。
悔改めない限り、私たちは地獄にいますし、地獄を愛して止まないのです。
主がそれを無理やり変えるということは出来ないのです。

218 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 16:13:42.07 ID:AfPaGmts
<何人も直接的な慈悲から天界に入らない>

(地獄にいる凡ての者でさえも救われることが出来ると考えている者は
 人間について何ごとも知っていない)

天界と地獄521
 天界に入る道について、また人間における天界の生命について教えられて
いない者達は、天界へ迎えられることはただ慈悲のみから与えられそれは信仰
にいて主の執成しを受ける者達に与えられ、かくてそれは単に慈悲から入るこ
とを許されることであり、従っていかような者であっても人間は凡て主の善意
により救われることが出来ると考え、実に地獄にいる凡ての者でさえも救われ
ることが出来ると考えている者もいる。しかしそのように考えている者は人間
について何ごとも知っていない、すなわち、人間は全くその生命と同一のもの
であり、その生命は、その意志と理解とに属した内部のみでなく、その身体に
属した外部の方面でも、その愛と同一のものであり、その生命は、その意志と
理解とに属した内部のみでなく、その身体に属した外部の方面でも、その愛と
同一であり、身体の形は単に外なる形であって、その中に内部はそれ自身を結
果をもって示しているに過ぎず、従って人間全体はその者自身の愛であること
を知らないのである(前の363参照)。彼らはまた、身体は身体自身から生
きているのではなく、その霊から生きており、人間の霊は彼の情愛それ自身で
あって、その霊的な身体は人間の形をとっているその人間の情愛であり、それ
はまた死後その形をもって現れるということも知らない(前の453−460)。
こうした事が知られない限り、人間は救いは慈悲と恩寵と呼ばれる神の善意以
外の何ものでもないと信じるようになるであろう。

219 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 16:17:03.80 ID:AfPaGmts
(神の慈悲は全人類を救おうとする全人類に対する純粋な慈悲)

天界と地獄522

 神の慈悲の何であるかを先ず述べよう。神の慈悲は全人類を救おうとする全
人類に対する純粋な慈悲であり、それは人間各々のもとにも絶えず及んでいて
、何人からも決して後退はしない、それで救われることのできる者は誰でも救
われる。しかも誰一人、主によって聖言の中に啓示されている神的手段によら
なくては救われることはできない。神的手段は神的真理と呼ばれるものであっ
て、それは人間は救われるため%

220 :神も仏も名無しさん:2014/03/07(金) 16:59:24.00 ID:/KCcNzLL
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

221 :神も仏も名無しさん:2014/03/07(金) 18:33:25.01 ID:jfpQ6fPI
救われる必要があるような世界に子供作るとか何なの?
馬鹿なの?

222 :神も仏も名無しさん:2014/03/07(金) 19:28:13.43 ID:qhzETVTf
救われて霊的な生活を送る人が増えれば、その人々を通じて自動的に現世界にも天国が
現われるということになります
自然と全体が良くなり、不安感も払しょくされ悩まずとも当たり前のように結婚し家庭を持ち
安心して子育てができるようになるでしょう
悔い改めや切磋琢磨することを忘れた人間は甘い方へばかりに傾き、少しの厳しさ辛ささえも怖れ、
現実逃避しリスクを回避することのみが目的のような人生を送ることになりかねません

223 :神も仏も名無しさん:2014/03/07(金) 19:47:26.25 ID:jfpQ6fPI
最初から生まなければ全部解決ジャン。
馬鹿か・・・

224 :神も仏も名無しさん:2014/03/07(金) 20:09:36.31 ID:qhzETVTf
消滅的な考え方では不幸も無いかわりに、幸せも生まれて来ようがありませんね

225 :神も仏も名無しさん:2014/03/07(金) 20:40:34.57 ID:cvjATxrG
消滅的な考え方を発生させないためにも
救う必要性があるこの世界はどうなのか?でしょうね
神は世界を作りはしましたがそれをどのようにしていくのかは生きているもの次第だとは思います

226 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 21:18:40.07 ID:AfPaGmts
>>222
>>224
然り。

>>225
神は作りっぱなしではありません。もちろん私たちの自己責任ではありますが、
神は私たちを常に導いておられます。神の意図を学ばねばなりません。

227 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 21:23:41.68 ID:AfPaGmts
神の摂理202

主は人間を一瞬毎に、実に一瞬を最少限に分った瞬間毎にすら、導かれない
限り、人間は改良の道を離れて、死滅することが推論される。人間の心の状
態の変化と変動とは、その現在の状態に従って、その後の状態に或る有機的
な変化と変動とを与えている、それゆえもしその変動が永遠に続くならば、
その変化は如何に甚しくなるであろうか。それはもし僅かでも狙いが外れる
なら、長い距離では目標から非常に外れてしまう弓の矢のようなものである。
もし主が人間の心の状態を絶えず導かれないなら、そのようになるであろう。
主はこれをその神的摂理の法則に従って行われ、人間が自分自身を導いてい
るように見えるのはこの法則に順応しているのである。しかし主は人間が如
何に自分自身を導くかを予見され、絶えず境遇を正されている。許しの法則
はまた神的摂理の法則であり、人間は凡て改良され、再生することができる
のであり、他に如何ような種類の予定もないことは以下に見られるであろう。


神の摂理203

人は各々、幼時時代からその生命の終わりまでも、その最も微細な点につい
ても、主により、導かれ、その最後の住居も先見され、供えられていること
が推論される。

228 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 21:30:12.51 ID:AfPaGmts
>219途中で切れてしまいました。再録

(神の慈悲は全人類を救おうとする全人類に対する純粋な慈悲)

天界と地獄522

 神の慈悲の何であるかを先ず述べよう。神の慈悲は全人類を救おうとする
全人類に対する純粋な慈悲であり、それは人間各々のもとにも絶えず及んで
いて、何人からも決して後退はしない、それで救われることのできる者は誰
でも救われる。しかも誰一人、主によって聖言の中に啓示されている神的手
段によらなくては救われることはできない。神的手段は神的真理と呼ばれる
ものであって、それは人間は救われるためにはいかように生きなくてはなら
ないかを教えている。その真理によって主は人間を天界へ導かれ、またその
真理によって人間の中に天界の生命を植えつけられている、主はこのことを
凡ての者に対して行われるが、しかし天界の生命は誰であれ悪から遠ざから
ない者の中には植えつけられることはできない、なぜなら悪はその生命と対
立しているからである。それで人間は悪から遠ざかるに応じて、主は純粋な
慈悲から彼を神的手段により導かれ、しかもこれは幼少の頃から世における
その生命の終わりまで、その後は永遠に至るまでも続いている。これが意味
されている神の慈悲である。従って主の慈悲は純粋な慈悲であって、直接的
なものではなく、すなわち、凡ての者を、その者がいかような生活を送った
にしても、[単に]善意から救うようなものではないことが明白である。

229 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 22:13:47.73 ID:AfPaGmts
(主御自身は秩序であられるため、主は秩序に反したことは何一つ決して為されはしない)

天界と地獄523

 主御自身は秩序であられるため、主は秩序に反したことは何一つ決して為されは
しない。主から発している神的真理は秩序を作るものであり、神的諸真理は秩序の
法則であって、その法則に従って主は人間を導かれ、そうした理由から直接的な慈悲
から人間を救うことは神的秩序に反しており、神的秩序に反していることは神的なも
の[神]に反している。神的秩序は人間のもとにある天界であって、この秩序を人間
は神的諸真理である秩序の法則に反した生活[生命]により自分自身のもとで歪めて
しまったのである。この秩序の中へ人間は主により純粋な慈悲から秩序の法則により
連れ戻されるのであり、人間は連れ戻されるに応じて、天界を自分自身の中に受け入
れ、天界を自分自身の中に受け入れる者は天界へ入るのである。従ってまた主の神的
慈悲は純粋な慈悲であって、直接的な慈悲でないことが明らかである。

230 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/07(金) 22:16:20.37 ID:AfPaGmts
(もし人間が直接的な慈悲によって救われることが出来るなら、凡ての者は、
 地獄にいる者さえも救われ、実に地獄は存在しないであろう)

天界と地獄524

 もし人間が直接的な慈悲によって救われることが出来るなら、凡ての者は、
地獄にいる者さえも救われ、実に地獄は存在しないであろう、なぜなら主は
慈悲そのもの、善良そのものであられるから。それ故主は凡ての者を救うこと
が出来るのに、彼らを救わないというのは、その神的なものに反している。
主は凡ての者の救いを望まれて、誰一人地獄に堕ちるのを望まれないことは
聖言から知られている。

231 :神も仏も名無しさん:2014/03/07(金) 22:28:56.02 ID:jfpQ6fPI
お前は一体いつまで希望的妄想を書き連ねれば気が済むのだ?

232 :神も仏も名無しさん:2014/03/07(金) 22:34:19.63 ID:/KCcNzLL
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

233 :神も仏も名無しさん:2014/03/07(金) 22:36:01.42 ID:qhzETVTf
残念ながら人間(肉体)は神と正反対の性質を持って産まれてきているので、神無しでは
人間のみがいかに努力しようが絶対に幸せにはなれません
それを人間が納得できないで拗ねたりゴネたり神を脅迫しようが恨みがましく責任を追及しようが、
どうにもなりません
神はご自身から悪(地獄)を切り離され完全な善(天国)となられている存在です
ですから神が愛される被造物である人間にも悪を捨てさせ善だけの存在に育て、善のみの世界で
共に永遠に幸せに暮らすことを望まれているのです
これに同意しない人間は肉体の死後、神のあられる世界と正反対の地獄で暮らすしかありません
そこで神を善を憎み苦しみながら他へ八つ当たりして憂さ晴らしするしか楽しみのない永遠の生活
を送るしかありません

234 :神も仏も名無しさん:2014/03/07(金) 22:44:33.64 ID:jfpQ6fPI
まあ落ち着け。
天国には退屈と説教しかないぞ。

235 :神も仏も名無しさん:2014/03/07(金) 22:47:37.18 ID:jfpQ6fPI
ところで善って何?

236 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 06:35:52.54 ID:k51jVL38
>>233
名無し氏
然り

>>235
(イケメン学者氏?)
善というのは一言で言うと悪の反対ではないかと思います。
神を愛し、隣人を愛すことが善であり、悪とは自己を愛し、世を愛すことです。

237 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 06:39:58.00 ID:k51jVL38
(善)
スウェーデンボルグは「善」についてたくさん述べています。
以下はほんの一例です。興味のあるものがあれば仰っていただければ
引用いたします。

1.善・・仁慈
2.善を欲し、善に感動する
3.真理は善の形
4.善と用とは同じ
5.善は真理の何であるかを認識から教える
6.善は、生命そのものであられる主から発しているため、それ自身の中に生命を持っている
7.善はそれに一致しないものが無とされないかぎり、現れることができない
8.善とは神を愛することであり、隣人を愛すること
9.善は『兄』であり、すなわち、長子であり、従って真理は弟
10.善は善自身に結合したまたは連結した真理を通して活動する
11.善はそれが真理に連結しない中は人間の中に善とはならない
12.善と真理とは人間であるところの主体がなくては述べられることはできない
13.善と真理とが極めてひんぱんに言われている理由
14.善がないところにはまた真理もない
15.善が第一位に在って、主権を得ているときは、それは絶えず諸真理を生み出す
16.善はその真理なしには、悪はその誤謬なしには存在することが出来ない
17.凡ての悪には善に対する憎悪がある

238 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 06:55:31.33 ID:k51jVL38
>>234
天国にはこの世と全く同じ暮らしがあるそうです。仕事もすべて。
理想的な結婚も。
想像を絶する幸福があるようです。
だまされたと思ってスウェーデンボルグの『天界と地獄』をお読みなさい。

もしあなたが学者なら、人に知識を求めるでしょう?
それと同じです。基礎知識なしに霊的なことを語るのは不可能です。

239 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 09:10:20.33 ID:k51jVL38
(基督教世界から他生に入ってくる者たちの大半は、自分たちは
 直接的な 慈悲により救われることが出来るという信念を抱いてくる)

天界と地獄525

 基督教世界から他生に入ってくる者たちの大半は、自分たちは直接的な慈悲により
救われることが出来るという信念を抱いてくる。なぜなら彼らはその慈悲を懇願してい
るから。しかし彼らは、点検されると、天界に入ることは単に入ることを許されること
であり、入れられた者は天界の喜びを得ると信じていて、天界と天界の喜びの何であ
るかを全く知っていないことが明らかになる。それで彼らは天界は主によって何人に
も拒まれてはおらず、あなたらも、良かったら、そこにいてさえもよいのであると言
われる。そのことを望んだ者らはまた入ることを許されたのであるが、しかし彼らは
その最初の入り口に立つと、天使たちの浴している愛である天界の熱が近づいてき、
また神的真理である天界の光が流れ込んできて、不意に非常な心の苦悶に襲われ、自分
自身の中に天界の喜びどころか、奈落の苦悶を覚え、狼狽の挙句には我と我が身を真
逆様に下に投げつけたのである。このようにして彼らは天界は直接的な慈悲からは誰
にも与えられることはできないことを生きた経験により教えられたのである。

240 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 09:14:33.59 ID:k51jVL38
(慈悲のみから天界に入ることは信仰を救の唯一の手段としている者により
 特に信じられている)

天界と地獄526

 私はこのことによって天使たちと時々語って、彼らに以下のように告げたのである。
世で悪に生きている者の大半は天界と永遠の生命とについて他の者と話すときは、天
界に入ることは単に慈悲のみから天界へ入ることであるという考えしか述べないが、
そのことは信仰を救の唯一の手段としている者により特に信じられている。なぜなら
こうした人物は、その宗教の主義から、生命と生命を作っている愛の行為を何ら省み
ず、かくて主が人間の中に天界を植え付けて、人間に天界の喜びを受け入れさせると
ころの他のいかような手段も省みず、このようにして実際的な手段を凡て斥けてしま
うため、必然的に人間は慈悲のみから天界に入ると結論し、父なる神は御子の執成し
のため、慈悲を抱かれるようになると信じている、と。

241 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 09:31:15.41 ID:k51jVL38
(続き)
こうした事に対し天使たちは言った。私たちはそうした教理が人間は信仰のみ
によって救われるという仮定から必然的に生まれてくることは知っており、
そして―その教理は他の凡ゆる教理の頭となっているが、それは真理ではない
ため、その中へは天界から何ら光りが流れ入ってこないため―それが現在の
教会が、主、天界、死後の生命、天界の喜び、愛と仁慈との本質について、
全般的には、善と善の真理との連結について、従って人間の生命について、
それが何処から発しているか、その性質は何であるかについては全く無知で
あることの源泉となっている、が、誰一人その生命を思考からは決して得て
おらず、意志と意志の行為から得ており、思考からは、思考が意志を持って
いる限り生命を得ており、かくて信仰からは、信仰が愛を持っている限り、
生命を得ているのである、と。

242 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 10:17:13.50 ID:k51jVL38
(続き)
アブラハムやイサクや、ヤコブや、ダビデや、使徒たちについて彼らは直接的な慈悲
から天界へ迎えられたのではないかとの質問に対しては、天使達は答えた、彼らの中
一人としてそのように迎えられた者はいない。各々は世におけるその生活に従って迎
えられたのであり、自分たちは彼らが何処にいるかを知っており、また彼らはそこでも
他の者以上に尊重もされていないことを知っている、と。彼らが聖言で名誉をもって
記されている理由は―と彼らは言った―彼らによりその内意では主が意味されている
ということである。すなわち、アブラハム、イサク、ヤコブにより主の神的なものと
神的人間的なものが意味され、ダビデにより主の神的な王者性が、使徒たちにより主
の神的真理が意味されているのである。天使たちは附言した、私たちは聖言が人間か
ら読まれるときその人たちのことは全く認めない、なぜならその名前は天界には入ら
ないためである、私たちはその人たちの代りに、今言ったように主を認めるのである、
それで天界に在る聖言の中には(前の259参照)、その聖言は世にある聖言の内意
であるため、彼らの名は何処にも記されていないのである、と。

243 :神も仏も名無しさん:2014/03/08(土) 11:41:24.36 ID:fESKTUSH
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

244 :神も仏も名無しさん:2014/03/08(土) 12:16:53.39 ID:40OuITa0
作った後に積極的に関与しない以上は作っただけと「も」見られるよ
作ったときの意図などはこの場合関係ないから、その後の話です
作りっぱなしでない証拠を全人類に前提無くわかるように提示できるのであれば別ですが・・・

245 :神も仏も名無しさん:2014/03/08(土) 12:59:47.94 ID:eLalgxrb
事実判断より価値判断を上位に置いてしまう時点でアウトなんです。
普通気付くだろ。

246 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 15:34:21.02 ID:bq2rxlTe
>>244
証拠を求めるのは直観力、認識力がないということです。
「存続」とは絶えざる「創造」です。そのこと一つとっても作りっぱなしでないという
ことが分かるでしょう。

247 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 15:37:26.74 ID:bq2rxlTe
>>245
普通の人には分からないのです。

248 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 15:43:51.38 ID:bq2rxlTe
自分は頭がいいなどと思っている人ほど認識能力に欠けるのです。

(深慮を自分自身に帰するに比例して、その者は益々発狂する)

天界の秘義1936[5]

 たれでも知恵は些かも自分自身から発してはいないと信じるに比例して、
その者は賢明になるということ、知恵が自分自身から発していると信じ、か
くして深慮を自分自身に帰するに比例して、その者は益々発狂するというこ
ともまた神的な真理である。この事をまた合理的なものは、それ自身から発
していないものは無意味なものであると考えているため、否定してしまうの
である。こうした無数のものが存在している。これらの僅かな例からでさえ
も合理的なものは信じてはならないことを認めることができよう、なぜなら
合理的なものは迷妄[妄想]と外観の中にあり、それでそれは迷妄と外観とを
剥ぎとられた真理を斥けてしまい、それがそうしたことを行えば行うほど、
益々自己愛とそのいくたの欲念に陥り、益々理論に陥り、また信仰について
は誤った原理に陥るのである(前の1911番に引用した例を参照されたい)。

249 :神も仏も名無しさん:2014/03/08(土) 17:08:56.91 ID:40OuITa0
証拠を提示する、できることは多方面に対して有効だし”教団”としてならば重要です
可能ならばやっておくべきことですし可能ならばやってるはずです
証拠を求める請求することに対しての答えが
ややアンチテーゼの域を超えない個人的すぎるものと感じました

存続できるシステムを最初に創造したと認識するほうが正しいし圧倒的に多数派でしょう
それを含めて作りっぱなしと”も”見られると書いたのです
世界の理すべてを作った後、特になにもしていないと”も”見られてしまうわけです

250 :神も仏も名無しさん:2014/03/08(土) 17:11:18.01 ID:LZIbX7Zw
人間の利害や運命を中心に世界が創造されているとか、なんと都合の良い妄想であることか。
情けない。

251 :神も仏も名無しさん:2014/03/08(土) 17:22:28.50 ID:LZIbX7Zw
道徳主義的誤謬の温床だと言わざるを得ない。

252 :神も仏も名無しさん:2014/03/08(土) 17:32:42.32 ID:fESKTUSH
                             .,/  _,/      .、、     ...、ヽ,,-、
                           .,,メ-‐'"       _"',|  .、、._,i.""│._、
                      ._,,,/`,イ―''      ,`",l゙、、,,ジ'"`.```.|゙゛
                    .,,,-,i´,―--―''"      、、,!冖'"`、_、,,,/'゚,,."゙l-‐''
       _,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,--''"`'",/゙            、、.',j/′.、,,∠''"` .'_ヽ.',゙l.._,,、
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ―''''″   `
       `゙^""""''"'"                `   ′  ′

253 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 18:26:39.01 ID:bq2rxlTe
>>249
証拠などというものはないのです。人によって見方が違うのですから。
騙し絵のように、同じものを見ているのに、ある者は老婆だと言い、ある者は
少女だと言います。直感で認識出来るかどうかということなのです。

(如何ような真理もそれが証明されない限り人間に認められることは出来ないと
 多くの者に信じられているが、しかしこれは真でない)

神の摂理317[3]

「人間が思い込んで、確認した物は凡て彼の中にその自己性の一部として存続する」。
 如何ような真理もそれが証明されない限り人間に認められることは出来ないと多く
の者に信じられているが、しかしこれは真でない。王国または共和国の社会的なまた
経済的な事柄においては、有用で善い物は多くの教令と法令とを知ることなしには認
められることは出来ず、また司法上の事柄における有益なまたは善いものも、その法律
が知られない限り認められることは出来ず、自然の研究においても、例えば、物理、
化学、解剖学、機械学等においても、人間がその科学を教えられない限り、それは
認められることはできない。しかし純粋に合理的な、道徳的な、霊的な事柄におい
ては、人間が単に健全な教育により多少合理的に、道徳的に、霊的になってさえお
れば、真理はそれ自身の特有な光の中に現れるのである。

254 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 18:28:24.52 ID:bq2rxlTe
(続き)
その理由は人間は凡てその霊の方面では―彼はその霊で考えるのであるがー
霊界にいて、そこに住む者たちの間におり、従って彼は彼の内なる理解を明る
くし、いわば指導するところの霊的な光の中にいるということである。なぜなら
霊的な光は、その本質では、主の神的な知恵の神的真理であるから。これが人間
が分析的に考え、司法上の事柄で公平で正しいものについて結論を引き出し、
道徳的生活の尊いもの、霊的生活の善いものを認め、また多くの真理を理解する
ことが出来る理由であって、真理は誤謬を確認しない限り不明瞭にはならない
のである。人間は、各人に生来具わっている知識以外の知識が何らなくとも、
他人の性質をその顔の中に認め、その情愛をその声の調子から認めると同じ
ように、これらの物を認めるのである。如何なる動物でも霊界から発する流入
により自分自身の自然的な必要な物を知っているのに、なぜ人間はそのような
流入によって、霊的で道徳的な己が生命の内的な事実を多少なりと認めない
であろうか。鳥はその巣を作り、卵を生み、雛をかえし、その食物を見分け
る方法を知っている、我々が本能に帰している他の驚くべき事柄は言わずも
がなである。

255 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 18:31:23.43 ID:bq2rxlTe
(真理そのものは心の中におのずから輝き出る)

天界の秘義4741

「かれらはヨセフからその肌着をはぎとった」。これはかれらが真理のいくた
の外に現れたもの[外観]を消散させ、消滅させたことを意味していることは
以下から明白である、すなわち、『はぎとること』の意義は、それがここでは
『ヨセフ』である神的な真理について述べられているときは、消散させ、また
消滅させることであり、『肌着』の意義は、それが色々な色のものであったた
め、真理のいくたの外に現れたもの[外観]である(4677番)。真理のい
くたの外に現れたもの[外観]を消散させ、消滅させることは、真理そのものが
斥けられた後に起こるのである、なぜなら真理そのものは心の中におのずから
輝き出るのであり、それがいかほど消滅されようとも、依然として現れるので
あり、とくに善の中にいる者たちの中に現れるからである。これはまた己が中
に真理を消滅させてしまった者たちにより明らかに見られるのであり、それで
またかれらはこれらの外に現れたもの[外観]を消散させ、消滅させようと努
めるのである。

256 :神も仏も名無しさん:2014/03/08(土) 19:29:19.85 ID:fESKTUSH
                             .,/  _,/      .、、     ...、ヽ,,-、
                           .,,メ-‐'"       _"',|  .、、._,i.""│._、
                      ._,,,/`,イ―''      ,`",l゙、、,,ジ'"`.```.|゙゛
                    .,,,-,i´,―--―''"      、、,!冖'"`、_、,,,/'゚,,."゙l-‐''
       _,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,--''"`'",/゙            、、.',j/′.、,,∠''"` .'_ヽ.',゙l.._,,、
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ―''''″

257 :神も仏も名無しさん:2014/03/08(土) 20:48:40.36 ID:ZuaGTVKL
「ただ一つのことだけ知っています。私は盲人であったが、今は見えるということです」。
イエスの到来が人々の間に分裂を引起します。
何でも知っているがただ一つのことだけ知らないパリサイ人のような人と、
何も知らないがただ一つのことだけ知っている盲人のような人と。万事を知りつつ心満たされぬ人と、一事を知って心満たされた人と。
わが身に起った恵みの事実、揺ぐことのないこの一事を知ることが信仰であり、喜びへの勇気の源です。

258 :神も仏も名無しさん:2014/03/08(土) 21:27:45.59 ID:40OuITa0
一般的に認知されている証拠など無い≠宗教的見地による証拠などというものは無いでしょう
同じ意味合いでもう一度書きますが直感的”にも”見ることができるかどうかですね

259 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/08(土) 22:02:04.55 ID:bq2rxlTe
>>257
然り。

サンダー・シング/聖なる導きインド永遠の書/P353

数か国回ってわかったことは、キリストを受け入れている人々は、どんな困難やもめ事
があろうと幸せに生きているということ、またキリストから離れている人は、どれほど
富や物を所有していても、心の平和がないということです。真のクリスチャンは掘っ
立て小屋に住もうと宮殿に住もうと幸せですが、名ばかりのクリスチャンは、たとえ
宮殿に住もうとも、どん底の暮らしをしている真のクリスチャンの平和と幸せさえ
もてません。

260 :神も仏も名無しさん:2014/03/08(土) 23:08:54.70 ID:eLalgxrb
>>237
全部論点先取りだな。
まあ、善の名の下に悪を為す下地みたいなもん。
どう考えても真実があってのち善の吟味でしょうjk

261 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 06:13:24.02 ID:v5iZLXVA
>>258
>>249
>存続できるシステムを最初に創造したと認識するほうが正しいし圧倒的に多数派でしょう
>それを含めて作りっぱなしと”も”見られると書いたのです
>世界の理すべてを作った後、特になにもしていないと”も”見られてしまうわけです

>>248の通りです。そういう風に見る方が誤りというだけのことです。
正しく見ることの出来る人は極少数でしょう。
それを正す方法について私は知りません。

>>260
地獄の霊は善を悪として、真理を誤謬として認識し、逆に悪を善として、誤謬を
真理として認識しているそうです。
私たちは霊の方面では現に霊界におり、地獄の一つの社会か、天界の一つの社会かに
属しているそうです。
ですから同じ事物に関し、全く相反する受け取り方をするのです。

262 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 06:15:52.51 ID:v5iZLXVA
マタイ7・13−14

 狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、
そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も
細いことか。それを見いだす者は少ない。


ルカ13・24

 狭い戸口から入るように努めなさい。言っておくが、入ろうとしても
入れない人が多いのだ。

263 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 06:21:07.55 ID:v5iZLXVA
天界の秘義3477

 諸天界には表象物が絶えず存在しており、実に知恵の最も深いアルカナを含
んでいるようなものが在ることはすでに言ったところである。聖言の文字の意義
から人間に明らかになっている物は対照的には小さいプールの水を大海の水に
比較するならものの数にもならぬほど僅かなものであるようにも僅かなもので
ある。諸天界の表象物の性質は見られた物から前に時々述べた事柄から認める
ことが出来ようし、また同じく以下の記事からも認めることが出来よう。わたし
自身見たのであるが、或る霊たちの前に聖言に記されているような広い道と狭い
道とが表象されたが、広い道は地獄に通じ、狭い道は天界に通じていた。広い
道には木とか花とかそういったものが植えられていて、それは外の形では美し
く歓ばしいものであったが、しかし色々な種類の蛇と毒蛇が姿を見せないでそこ
に隠れていたのである。狭い道は木や花にさほど飾られているようには見えな
いで、もの悲しく、暗いように見えた、が、それでもその中には極めて美しく
身を飾った天使の幼児が、歓喜に満ちた楽園と花園の中にいたのであるが、
しかしその霊たちにはそれは見えなかった。そのとき彼らは何れの道を行き
たいかと尋ねられた。彼らは言った、広い道です、と。すると不意に彼らの
眼は開かれて、彼らはその広い道に毒蛇を、しかし狭い道には天使を見た、
すると再び彼らは何れの道を行きたいかと尋ねられた、その問いに彼らは口
をつぐんでいた、そしてその目が開かれている間は、彼らは自分たちは狭い
道を歩みたいと言ったが、その目が閉じられている間は、広い道を歩みたい
と言ったのである。

264 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 07:51:23.75 ID:biWbhm8b
___
    /     \      _________
   /   / \ \   /
  |    (゚) (゚)   | < クソスレにうんこしていきますね
  |     )●(  |   \_________
  \     ▽   ノ
    \__∪ /
  /     ̄ ̄ \
  | |        | |
  | |        | |
|⌒\|        |/⌒|
|   |    |    |   |
| \ (       ) / |
|  |\___人____/|   |
|  |   ヾ;;;;|    |   |
        ,lノl|
      人i ブバチュウ!!
     ノ:;;,ヒ=-;、
    (~´;;;;;;;゙'‐;;;)
  ,i`(;;;゙'―---‐'ヾ
  ヽ;;';ー--―-、'';;;;;゙)

265 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 08:12:30.53 ID:KDsdhh3Y
>>248が正しいとの証明も大多数の人間が同意できることの前提での根拠も提示はできないし
理解させる仕方もわからないとなるのならば
客観的にそれは言及元の正しさに誤りのあるケースだと思いますよ?

”理に即した絶対的”な正しさは信仰の有無など関係なく人類は受け入れるものです
見方によって違うなどのレベルではありません
名無し氏も書いていますがどれだけ否定しようが受け入れるものです
”宗教的な見方”による正しさならば疑問に思う人も多いでしょう
理と相反するのであれば尚更です

宗教的にはそう解釈してますとそれで終わらせずに
無理に理に対抗しようとすれば歪みがでてきます

266 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 10:21:50.81 ID:v5iZLXVA
>>265
ではあなたは主の次のお言葉にどう反論するのですか?

マタイ7・13−14

 狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、
そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も
細いことか。それを見いだす者は少ない。


ルカ13・24

 狭い戸口から入るように努めなさい。言っておくが、入ろうとしても
入れない人が多いのだ。

267 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 10:32:16.75 ID:v5iZLXVA
>>242
からの続き

(悔改めは死後は不可能)

天界と地獄527

 天界の生活に反した生活を世で送った者らに天界の生活を植えつけることは不可能
であることを私は多くの経験から証することが出来る。自分たちは死後神の真理を天
使たちから聞いたら、たやすくそれを受け入れ、それを信じ、異なった生き方をし、
かくして天界へ入れられることが出来るであろうと信じた者がいた。しかしこのこと
は非常に多くの者に試みられはしたが、それでもそれはそうした信念を抱いていた者
に限られていたのであり、その者らにそれが許されたのは、悔改めは死後は不可能で
あることを彼らに知らせるためであったのである。そのことを試みられた者の中には
、真理を理解し、それを受け入れるように見えた者もいたが、しかし彼らはその愛の
生命に帰るや否や、それを斥けて、それに反したことを言いさえもしたのである。
ある者はすぐにそれを斥けて、聞こうとはしなかった。ある者は、世から得た自分の
愛の生命が自分から取り去られて、天使の生命が、または天界の生命がそれに代って
注ぎ入れられるように願った。そのことも許しにより為された、が、彼らの愛の生命
が取り去られると、彼らは死んだ者のようになって臥し、もはや知覚を持たなくなった。

268 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 10:33:52.51 ID:v5iZLXVA
(続き)
こうした、また他の種類の経験から単純な善良な者たちは以下のことを教えら
れたのである、すなわち、霊は各々頭からくびすまでその愛と同一のものであり、
従ってその生命と同一のものであるため、いかなる生命であれ、その生命は死後
も決して変化することは出来ない、悪い生命は善い生命に、または奈落の生命
は天使の生命に決して変質することは出来ず、この生命をその反対のものに変
質することはその霊を破壊することである、と。奈落の霊を天界の天使に変え
るよりは、夜のふくろうを鳩に変え、みみずくを楽園の鳥に変える方がやさし
い、と天使たちははっきりと言っている。人間は死後もその生命が世であった
その状態にとどまることは前にそのことを取扱った章に見ることができよう
ことが出来よう(470−484)。これらの事から今や誰一人直接的な慈悲
から天界に迎えられることはできないことを認めることができよう。

269 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 12:37:11.83 ID:biWbhm8b
___
    /     \      _________
   /   / \ \   /
  |    (゚) (゚)   | < クソスレにうんこしていきますね
  |     )●(  |   \_________
  \     ▽   ノ
    \__∪ /
  /     ̄ ̄ \
  | |        | |
  | |        | |
|⌒\|        |/⌒|
|   |    |    |   |
| \ (       ) / |
|  |\___人____/|   |
|  |   ヾ;;;;|    |   |
        ,lノl|
      人i ブバチュウ!!
     ノ:;;,ヒ=-;、
    (~´;;;;;;;゙'‐;;;)
  ,i`(;;;゙'―---‐'ヾ
  ヽ;;';ー--―-、'';;;;;゙)

270 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 14:57:13.59 ID:3QI74rBd
絶対的多数の意見が必ずしも正しいとは言い切れないことは人類の歴史が証明しています

理自体は善悪合わせ持つ人間の手に掛かれば欲や感情に左右され内股膏薬となり、あっちに
引っ付いたりこっちに引っ付いたりで正しい基準を持ちません
正しいのは神おひとりだけです
愛によって理を編み出され、理に力を持たせ働かせられている神が理そのものであられます
人類が少しでも正しくあるには神の理を受け入れられる徳のある人にリーダーシップを任せる
ほかありません
徳のある人を見分けるのもまた徳のある人々に限られますから民主主義はそれを扱う人次第
生きる場合も死ぬ場合もあります

神と切り離して理を語ろうとするところにすでに悪魔の気配が感じられます

271 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 15:20:40.32 ID:KDsdhh3Y
反論などする必要が無いでしょう
それらはそれで実のある言葉ですが理を否定できるものではありません
理に抗おうとする、抗うことを奨励する≠理を否定する ですから

世の理は見方によって変わってくるなどでは無いのです
(穿った見方をも見方とすることもできるでしょうが理そのものの否定は不可能です)
人それぞれの解釈に左右はされずに当たり前、当然のように受け入れているものです

272 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 15:22:23.94 ID:GbjPoTmu
いやいや、事実の上位に価値観を置くそのお花畑理論こそ悪魔に都合の良いのだ。
馬鹿はおとなしくしてろ。
馬鹿がはりきると災いが起こるのが関の山。

273 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 15:24:45.97 ID:GbjPoTmu
ほんとに馬鹿は恐ろしい・・基地外に神・・

274 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 15:36:20.82 ID:KDsdhh3Y
理は世界を創造したときにできた四次元世界でのシステム全般のことですよ?
考え方などではないですし、人によるなどのレベルではですからありません
国家や宗教や人によるなどは超越してるとですから最初から申し上げております
理を前提とし、そのうえで己の道を進んでいくのでしょう
当たり前なことすぎて前提として頭から外れるのは無理もありませんが・・・

すべての前提にまず理があります、理を捻じ曲げる存在などおりません神であってもです
これはスレ主氏か名無し氏の言葉だったはずです

275 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 15:36:48.25 ID:v5iZLXVA
>>270
然り。

>>271

(それ自身においては否定である懐疑的な否定に留まっていて、自分は科学的な
ものにより説得されないかぎりは、信じはしないと言う者は決して信じはしない)

新エルサレムの教義51

それ自身においては否定である懐疑的な否定に留まっていて、自分は科学的なもの
により説得されないかぎりは、信じはしないと言う者は決して信じはしない
(2094、2832番)、

このように振舞う者は教会と天界に属した物については狂ってしまう(128―130番)、

彼らは悪の誤謬に陥る(232、233、6047番)、

学者の多くは霊的な事柄では単純な者よりも狂っている、なぜなら彼らは否定し、
その否定を確認する科学的なもの(知識)を豊かにもっているから(4760番)。

霊的な生命については何ごとも理解できなかった一人の学者の例(8629番)。

科学的なものから信仰の諸真理に反抗して論じる者らは感覚の迷妄[妄想]から
論じるため、その論理は鋭く、その妄想に他の者は捕らえられて、説得もされる、
なぜならそれを払いのけることは容易ではないから(5700番)。

276 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 15:44:00.01 ID:v5iZLXVA
(感覚的な人間は、その見て触れはしないものは無であると考えて、
 それを把握はしないのである)

天界の秘義5094[3]

 例えば、合理的な自然的な人は、人間は人間自身から生きているのではなくて、
主から天界を通して注がれる生命の流入により生きていることを把握するが、
感覚的な人間はそれを把握することは出来ないのである、なぜならかれは自分
は生命が自分自身の中に存在することを明白に感じ、認めもしていると言い、
また感覚の証明に反したことを語ることは無意味であると言うからである。
また他の一例として、すなわち、合理的な自然的な人間は天界と地獄が存在
していることを把握するに反し、感覚的な人間はその目で見る世界よりもさらに
純粋な世界の存在することを把握しないため、そのことを否定してしまうの
である。合理的な自然的な人は目には見えない霊と天使との存在することを
把握するが、感覚的な人間は、その見て触れはしないものは無であると考え
て、それを把握はしないのである。

277 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 15:49:23.35 ID:v5iZLXVA
(霊的な理解力)

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/3巻P35
‘88・9・25

わが神よ、メッセージをL・・・に少し見せましたら、読むのが気恥ずかしいと
言いました。それは、被造物である私にたいするあなたの愛と、神であるあなたに
抱く私の愛のために! ショッキングだと言うのです。主よ?

私です、私は神、我がメッセージを恥ずべきものと言う誰であっても、私を裁いて
おり それによって 自らをも裁いてしまう  神聖なるものに関心のない人は 
その頭で霊を理解する能力がなく 霊を理解するために 知恵の中に深く入って
いく能力もない。 心を開いて 聖霊にお入りいただき 自らの霊との出逢いを
許さなければならない、その時は彼の霊を聖霊は養い 知恵が照らして 聖霊に
ついて、その働き、また聖霊がどう感じておられるかを 分からせて下さるであろう、
私は神、私を愛するようにと、限りない愛によって あなた方を創造した 愛の源。

主に讃美!

278 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 15:51:28.45 ID:KDsdhh3Y
引用されている文は科学的なものを活用し暮らしている日本では
俗に言う”おまえが言うな”になるのではないでしょうか?
車や自転車をお持ちなのでしょう?パソコンも古い機種でも使っておられるようですし
前にも書きましたが文明利器を利用している時点で科学と人智を信じている、信用している証左になるのですよ?

279 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 15:54:19.12 ID:v5iZLXVA
「神聖なるものに関心のない人はその頭で霊を理解する能力がなく
 霊を理解するために 知恵の中に深く入っていく能力もない・・・ 」

280 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 15:57:42.29 ID:GbjPoTmu
お前の書き込みは自分を自己暗示にかけるための長文にしか見えん。
自分の暗示を確かなものにするために他のものにもその暗示をかけようとする。
これは罪の部類に入る。

281 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 16:28:22.43 ID:biWbhm8b
___
    /     \      _________
   /   / \ \   /
  |    (゚) (゚)   | < ヨハネのクソスレにうんこしていきますね
  |     )●(  |   \_________
  \     ▽   ノ
    \__∪ /
  /     ̄ ̄ \
  | |        | |
  | |        | |
|⌒\|        |/⌒|
|   |    |    |   |
| \ (       ) / |
|  |\___人____/|   |
|  |   ヾ;;;;|    |   |
        ,lノl|
      人i ブバチュウ!!
     ノ:;;,ヒ=-;、
    (~´;;;;;;;゙'‐;;;)
  ,i`(;;;゙'―---‐'ヾ
  ヽ;;';ー--―-、'';;;;;゙)

282 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 21:09:53.04 ID:v5iZLXVA
>>278
>>280
両者共に意味不明です。
霊的な物事を理解出来ないのでしょう。
梟は昼の光には盲目となるように。

283 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 21:35:49.96 ID:KDsdhh3Y
>>280などは否定などできないはずです、それらの文章も人智の産物であるパソコンを用いて
また人智の産物であるネットワークを用いて発信しているはずです
貴方は引用先よりもかなりというか非常に人智と科学をあてにして生活をしているはずです
科学技術を信用し使いながらも、引用が>>275でありあまつさえ反論、返答として使うことの滑稽さはおわかりでしょうか?

霊的な物事”でも”理解するは理の前提の上でなりたつことができる判断の一つでしかありません
土台は霊的は見方では無いのです、前提を理解した上で追及していくジャンルなのでは?

284 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 22:13:43.05 ID:v5iZLXVA
>>283
あなたの仰ることはさっぱり分かりません。
霊的なものと自然的なものとは「度」あるいは次元、レベルが違うのです。
あなたはそれを混同しているのではないでしょうか?

そもそもあなたは神をどういうものと認識しているのですか?
車やパソコンと同じレベルで考えているのですか?

285 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 22:16:40.32 ID:v5iZLXVA
静思社版では「度」と訳されています。英語では何と言う言葉か知りません。
もちろん原書はラテン語なのでしょうが。

286 :安本丹 ◆Wr73YDxToQ :2014/03/09(日) 22:27:47.39 ID:56GhLlyS
英語だとgradeかもしれませんね〜

287 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 22:38:55.79 ID:v5iZLXVA
>>286
安本丹氏
ああ、なるほど。
ありがとうございます。

288 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 22:49:32.34 ID:v5iZLXVA
(度)

天界の秘義3405

 高度のものであるものは低い度の中に在るものよりも、豊かさにおいても、完全さ
においても、無限に勝っているのである、なぜなら高い度の中にいる者たちにより明確
に認められているところの数万の、否、巨万の物も低い度の中にいる者たちには単に
一つのものとしてのみ現れるに過ぎないからである、なぜなら低い物は高い物の合成
体以外の何ものでもないからであって、このことは人間の記憶から推論することがで
きよう、すなわちその記憶の中の内的なものは、更に高い度の中に在るため、低い度
の中に在る外的な記憶に無限に卓越しているのである(2473、2474番)。
このことから私たちは天使の知恵は人間のそれに比較して如何に大いなるものである
かを認めることができるのであり、第三の天界の天使たちは人間よりも四度上にいる
のである、この知恵については、それは把握できないものであり、いな、表現を絶し
たものであるとしか言うことはできないのである。

289 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/09(日) 22:51:39.70 ID:v5iZLXVA
(度)

天界の秘義10181[4]

 これらの度を認識しない者は諸天界の間の相違を、また人間の内的な能力と
外的な能力との間の相違を到底知ることはできないし、かくてまた霊魂と身体
との間の相違も知ることはできない。彼は聖言の内意の何であるかを、またそ
の内意と外意との相違を些かも把握することはできないし、霊界と自然界との
相違さえも把握することはできはしない。彼は相応したものと表象するものと
の何であるかを、それらが何処から発生しているかを理解することさえできな
いし、流入の何であるかもほとんど理解することはできない。感覚的な人間は
これらの相違を把握しないのである、なぜなら彼らはこれらの度に従った増大
または減少を連続したものとして認め、かくてこれらの度を長さと幅の度に似
たものとして認めており、それで彼らは外に立って、理知からは遥かに遠ざか
っているのである。

290 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 22:53:01.88 ID:biWbhm8b
___
    /     \      _________
   /   / \ \   /
  |    (゚) (゚)   | < クソスレにうんこしていきますね
  |     )●(  |   \_________
  \     ▽   ノ
    \__∪ /
  /     ̄ ̄ \
  | |        | |
  | |        | |
|⌒\|        |/⌒|
|   |    |    |   |
| \ (       ) / |
|  |\___人____/|   |
|  |   ヾ;;;;|    |   |
        ,lノl|
      人i ブバチュウ!!
     ノ:;;,ヒ=-;、
    (~´;;;;;;;゙'‐;;;)
  ,i`(;;;゙'―---‐'ヾ
  ヽ;;';ー--―-、'';;;;;゙)

291 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 23:30:12.41 ID:KDsdhh3Y
私もなかなか貴方の言っている文章はわかりません・・・
混同について返答をもし求めるのであれば詳しく根拠を添えて述べましょう
私は混同という言葉はこの場合は使いません共存を使います
霊的なことも自然的なことも両者理のシステムから認知することが可能となったのですから
ですから前から”も”を多様してきたはずです

292 :神も仏も名無しさん:2014/03/09(日) 23:43:08.68 ID:KDsdhh3Y
私の神の認識は中々難しいですがあえて書くならば「在る」です
基本的に神と私の文章で在った場合はキリスト教徒への配慮で使ったケースが多いです

293 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 00:50:36.79 ID:ZWZ+QzTB
>>284においての返答はここ二間の書き込みで箇所がバラバラですが総じて書いてあります
さっぱりわからず質問をされるぐらいならばもう数度くらい読み返して熟考されるできでしょう
つなぎ合わせれば神、パソコン、車の私の認識も察せることができます
それでも分からないのであれば自分なりの根拠をそえて分からない所を詳しく説明しましたら
毎日はスレは見ませんが書き込めるときにでも返答を書くかもしれません
後毎回書いてますが私への返答、反応は無しでもかまいません

では失礼

294 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/10(月) 06:16:14.75 ID:xqo+3koo
>>291
ええ、分かっておられないでしょう。

>>292
それは単なる自然主義あるいは無神論です。それを神と呼んでいるだけです。

>>293
残念ながら哲学的なものには興味ないのです。

295 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/10(月) 06:22:55.10 ID:xqo+3koo
哲学は霊的な物事には歯が立たないのです。なぜなら「度」が違うからです。
哲学が感覚的な事物を前提に組み立てられているのなら、霊的な物事は
考えることすら出来ないでしょう。
「蛇」はその感覚を意味していますが、地を這うからです。
蛇は天上を仰ぎ見て、天上の物事を思い巡らすことは出来ないのです。

296 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/10(月) 06:25:57.53 ID:xqo+3koo
哲学は知識の木の蛇です。哲学で賢くなれるという誘惑に騙されて
人間は知恵を失ったのです。エデンの園は知恵を意味します。
失楽園とはそのことです。

297 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 07:39:04.37 ID:ZWZ+QzTB
度が違うからといって自然的な解釈を格下におくのは間違いです
霊的な解釈も重要だでは?
物事は霊的な側面性をもつ自然的は解釈にそったケースが多いのですから
教団としてはそのような姿勢で頒布してないはずですが?

あとそう書き込みながらも貴方は科学技術の恩恵は受けるのですね
霊的な考えとの相反した不義はどうされるのか?
度が違うから別にいいのだ!なのですか?

貴方は霊的な物事を上とし私は双方同じ”重要な価値”(度や次元は関係ない)として見てます
貴方の場合は無神論と言うのでしょう、それは貴方の判断で決めていいことです

では失礼

298 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 08:47:47.98 ID:pt/xYRFP
言語明瞭意味不明、ですね
あなたのご意見はあいかわらず”いちゃもんつけ”の領域から脱していないですよ

299 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/10(月) 11:20:34.67 ID:xqo+3koo
>>298
同感です。

300 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/10(月) 11:23:30.71 ID:xqo+3koo
>>297
食べ物が神から与えられたのと同様、科学も科学技術も神からの賜物です。
その恩恵を受けてどうして悪いのでしょう。

301 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 13:55:48.16 ID:iyZGkknZ
                             .,/  _,/      .、、     ...、ヽ,,-、
                           .,,メ-‐'"       _"',|  .、、._,i.""│._、
                      ._,,,/`,イ―''      ,`",l゙、、,,ジ'"`.```.|゙゛
                    .,,,-,i´,―--―''"      、、,!冖'"`、_、,,,/'゚,,."゙l-‐''
       _,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,--''"`'",/゙            、、.',j/′.、,,∠''"` .'_ヽ.',゙l.._,,、
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ―''''″   `
       `゙^""""''"'"                `   ′  ′

302 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 16:05:36.70 ID:ZWZ+QzTB
科学と科学技術が神から”のみ”の賜物である根拠は?
成り立つ事象を利用したのだからなのであれば理のほうですし

303 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 17:13:20.47 ID:ZWZ+QzTB
貴方がやってたワトソンとホームズのやりとりは興味深いのでそれでの回答を希望してみます
配慮などはされないでしょうが文中で大いに私を否定してくれて結構ですので

どのような認識で神からのみの賜物だとになるのか
(”のみ”になります貴方の主張の場合、私は何度も何度も”も”としていますが否定されてらっしゃるようなので)

もういちど書きますが私のレスへの返答はしなくても結構です

304 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/10(月) 18:06:31.80 ID:xqo+3koo
>>302
科学と科学技術が神からのみと申し上げたつもりはありません。
食物も人間が耕したり、漁労したりして働いて得るように、科学や科学技術の発見、
利用にも神は同様に人間の働きを要求されます。
それは私たちに役割を持たせるという神のご配慮であって、私たち人間のためなのです。

>>303
ワトソンとホームズは、今のところお休みです。
また気が向いたらするかもしれませんけれど。

305 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/10(月) 18:12:11.64 ID:xqo+3koo
いずれにせよ、感覚的な人は霊的な物事を理解しないでしょう。
来世があるかどうかも感覚的な人は根拠がないとして否定するでしょう。
神を信ずる人は来世を信じるでしょう。

306 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 18:22:21.15 ID:ZWZ+QzTB
うん、ですからそちらの価値”も”大事ですよね?と何度も書いてます
貴方は十分自然的なものへの恩恵をうけているということです

307 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 18:24:42.28 ID:BO2j99jJ
オッカムの剃刀を研ぎ澄ましていけば神など居場所を無くすだろう。

308 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 18:37:31.94 ID:pt/xYRFP
神を理解しようと思ったらまず受け入れなければなりません
すんなりと素直になれないのなら意思の力を働かせるのです
疑いの気持ちが湧き上がってきたらその都度、自分の意思で払しょくします
反発や疑いの心があってはいくら森羅万象を観察し、研究しても信じるに値する証拠は見つかりません
言わば信じない方が簡単なのです
信じることは難しい。誰にでもできることではないとされるはずです
意思の力が必要ですから

309 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 18:46:32.66 ID:BO2j99jJ
個人的なものに留めるべきでしょう。
食べ物を無駄にしないように方便として神を仮定するのは、子供相手なら許されますが、
その方便上の神を信仰するように触れまわるのは人間の恣意的な目論見が含まれ積極的な悪と呼ぶべきもの。

310 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 18:50:09.55 ID:BO2j99jJ
そもそも食料の生産能力に比例して人口が増えるわけです。
結果論なのであって神のおかげなどではありません。

311 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 19:07:53.27 ID:ZWZ+QzTB
役割をもたせた神の配慮ならば科学を学んだものも神の配慮のはず
ですから引用先の>>275を用いてそれを反論として使うことの立ち居地には疑問がありますね
先人達の知恵を活用する利用する利用させてもらっている上で>>275はなかなか私ならば
言えません、用いて引用などできませんね

>>310
基本的には同意します
食べ物という存在をこの世に発生させたことは神が関わっている可能性があります
理により食べ物という存在をこの世に発生されることが可能にもなったのです

上記は関与はしている可能性について書きましたがこれは関与であっておかげではありませんしね

312 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 19:15:34.75 ID:BO2j99jJ
この世を発生させたというのなら
当然悪をも神起源だと言わざるを得ません。
神への賛美の意味はほとんど自然信仰と変わりありません。
何の正義もありません。

313 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 19:33:54.95 ID:pt/xYRFP
神を信じない!と言われればそれまでです。そうですか、としか言いようがありません
アンチの方との話し合いは最初から決裂しています
それでもわざわざこのスレッドにやって来ては邪魔をしたり神を汚すなら、聞きたくなくてもお説教
されてしまうことになります
アンチの方は典型的な霊的悪を表していますから神を学ぶ方にとっては良い参考になるのです

314 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 19:39:32.51 ID:ZWZ+QzTB
四次元世界を構成する理により、神が作ることが出来る可能性をもったですね
理による事象により神をも(人によっては)霊的な認識によってみることができるようになったと私は考えてます
理の法則にしたがって世におきる事象に基本的には正義などありません、ただ”起きる”だけです
それらを価値づけるのは宗教や法律や道徳といったものでしょうね

私もアンチなのだと思います、こちらとしても信者様の対応で参考になるのですよ
前にも書きましたが人生において何を選んでも自分で決めたのならばそれに敬意を表明します
ほかのアンチの人はわかりませんが私は良い関係だと思いますよ?

315 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 19:51:14.80 ID:BO2j99jJ
根拠が、希望的観測を信じたいと言う願望ではね。
「信じたい」がいつの間にか「真実である」にすりかえられる。
神学などそのマッチポンプに磨きをかけるだけ。

316 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 19:54:49.80 ID:BO2j99jJ
絶対者信仰と言うのは、信じない人を悪魔呼ばわりして、非信者との差別化し
己の信仰を強くするという「装置」でもありますね。

人間が作った仕掛けなんですよ。

317 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/10(月) 20:51:18.05 ID:xqo+3koo
>>308
>>313
然り。

あとの方のご意見は私にはさっぱ理解不能です。
私にとって、神の存在とその働きはすでに自明であり、疑う余地はありません。
従ってそれに反する意見はすべて迷妄[妄想]でしかないのです。

318 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 20:58:29.96 ID:ZWZ+QzTB
自身にとって疑う余地もないほどの自明であるその根拠を提示できないのであれば
反する意見を書き込まれることは当たり前です
”私にとってはそうなのだ”は外に向けての根拠ではありません
そして貴方は掲示板を通じて外へ向けても発信をしてるということです

319 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 21:09:22.85 ID:BO2j99jJ
聖書が神の力によって書かされたのであれば、俺の反駁すら神の力によって書かされたものでしょう。

ですから神という主語はオッカムの剃刀で割愛して構わないものなんですよ。

320 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 21:34:16.71 ID:BO2j99jJ
信じ得るべきものは神にあらず。
無視するしかないものこそ真の神なり。

321 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 21:38:07.76 ID:BO2j99jJ
↑これ自分でもかなり鋭いと思うわ。
ま、信者には全くチンプンカンプンだろうけどな。

322 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 21:40:11.93 ID:BO2j99jJ
エックハルトも似たようなことを言っていたはずだ。

323 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/10(月) 22:54:19.85 ID:tR9mx1uy
>>317

>あとの方のご意見は私にはさっぱ理解不能です。
私にとって、神の存在とその働きはすでに自明であり、疑う余地はありません。
従ってそれに反する意見はすべて迷妄[妄想]でしかないのです。

貴方は、『神の存在』も、『その働き』も、
極めて、全般的な事しか知らないのに、よくも、『自明』だと言えますね。

ならば何故、よく知りもしないのに、『自明』だと言えるのか。・・・です。

それは、『全天界を降って、不肖小ヨハネに・・・』と、
自ら思えているからです。

何故そう思えているのかと言えば、
貴方は僅かな知識から、御自分を、そのような者であると思いたくなったから、であり、
そう、思いたくなった処に、貴方の『意志』が、あるのです。

そこを、あなた方は反省されません。

主は私に、生き物の病を癒す力を、少し与えました。
主が、貴方に与えないのは、何故でしょうか。

324 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/10(月) 23:11:06.69 ID:tR9mx1uy
そうそう・・・

ヨハネさんやその友が、『感覚的な者』を、主に習って、真に愛するなら、
『感覚的な者』と、『霊的な者』と言って、
安易に双方を切り離すような言葉使いを、控えませんか?

主がそう言われたから、は、NGです。
主は言いますが、あなた方は、主ではないからです。

325 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/10(月) 23:15:08.25 ID:tR9mx1uy
もう一つ言えば・・・

あなた方は御自分らを、『霊的な者』と、思っておられるようですが、
違います。

326 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 23:15:10.51 ID:BO2j99jJ
主はあなた方の影ですよ。
「主」を多用する人は結局「私」の人なんです。

だってどこを探しても主など居ないのですから。

327 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/10(月) 23:20:25.68 ID:tR9mx1uy
>>326 名無しさん。
これは、私あてですか?

328 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 23:22:03.24 ID:BO2j99jJ
「主」を多用する人全般へ向けてですよ

329 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 23:28:06.64 ID:Mth1lYad
アバ、呪われた教会教義であなたに誓いだしてしまった
哀れな子羊に叱りを授けて下さい

三位一体派の寡婦たちへ恐るべき
歯ぎしりの結末を与えて下さい

過分な重荷を自負しておきながら、原爆を見過ごし、
進化論も相対論もipsも見過ごしました
彼らを癒やす罰を与えて下さい、
偽証中毒の科学教徒を火で清めて下さいます

330 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 23:35:15.65 ID:BO2j99jJ
残念ですが主には判断力というものがありません。
従ってしかるべき正義など下されることは未来永劫ありません。

331 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/10(月) 23:36:45.80 ID:tR9mx1uy
>> 326 328 名無しさん。

主を探しても、どこにもいない。。。
と云う、貴方の主張を否定はしません。

しかし、『私は見つけた』、と云う、主張をも、退けなくてもいいでしょう。

『主を多用する人は、結局、「私」の人なんです』と、
思うに到った理由を、もし良かったら、教えて下さいませんか。

332 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/10(月) 23:40:45.94 ID:tR9mx1uy
>>330 名無しさん。
主など居ない、と、言いながら、
主には判断力がないとは、矛盾していますね。

333 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 23:41:09.58 ID:BO2j99jJ
主に人格があろうはずがありませんので、
結局「私」を投影するしかないのですよ?

334 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/10(月) 23:43:45.85 ID:tR9mx1uy
>>330 名無しさん。
もう一つ、聞いてもいいですか?

貴方の思う、『下される然るべき正義』とは、何ですか?

335 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/10(月) 23:46:26.76 ID:tR9mx1uy
>>333 名無しさん。

『主』とは、イエスキリストですよね。

主に人格がないとは、どういうことですか。

336 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/10(月) 23:48:13.61 ID:tR9mx1uy
>>333 名無しさん、

『人格』とは、何ですか?

337 :神も仏も名無しさん:2014/03/10(月) 23:49:34.46 ID:BO2j99jJ
「文法上」主語を立てただけですよ。
あなたがたが思っているような正義ですよ。

338 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/10(月) 23:49:46.38 ID:tR9mx1uy
ヨハネさん・・・
この場を借りて、すみません。

339 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/10(月) 23:56:53.50 ID:tR9mx1uy
>>337 名無しさん。
ええ、主語は、主=イエスですよね。

あなたは、私の質問に答えていません。
イエスは居ない、と言いながら、イエスには人格がない、と、
あなたは言いました。

初めから居ない者には、人格もないでしょう。

貴方は、イエスの存在は、認めておられるのですか?

340 :神も仏も名無しさん:2014/03/11(火) 00:00:38.38 ID:BO2j99jJ
イエスはただの人間ですよ?
なぜ主なのですか?

341 :神も仏も名無しさん:2014/03/11(火) 00:02:45.09 ID:ijPfycqd
なにごっこなんですか?

342 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/11(火) 00:07:34.17 ID:k5/r1HAE
>>340 名無しさん。

あなたの言う通り、イエスはただの人間かもしれません。

あなたは、ただの、一人の人間に、『人格』がない、と、言われましたね。
つまりあなたは、イエスの人格の一片も、知ってはいないと、
自ら暴露されたのでしょう。

つまり、イエスを知らないと云う事でしょう。

343 :神も仏も名無しさん:2014/03/11(火) 00:25:57.68 ID:ijPfycqd
主は神だろ、普通。
何を言っておるのだ?

344 :神も仏も名無しさん:2014/03/11(火) 02:10:51.34 ID:5Q8vtRSK
                 __,,,,、 .,、
            /'゙´,_/'″  . `\
          : ./   i./ ,,..、    ヽ
         . /    /. l, ,!     `,
           .|  .,..‐.、│          .|
           (´゛ ,/ llヽ            |
            ヽ -./ ., lliヽ       .|
             /'",i" ゙;、 l'ii,''く     .ヽ
         / ...│  ゙l,  l゙゙t, ''ii_    :.!
        : /.._ /    ヽ \\.`゙~''''''"./
        .|-゙ノ/   : ゝ .、 ` .`''←┬゛
          l゙ /.r   ゛ .゙ヒ, .ヽ,   ゙̄|
       . | ./ l      ”'、 .゙ゝ........ん
       l  /     ヽ .`' `、、  .,i゛
       .l|  !    ''''v,    ゙''ー .l、
       |l゙ .il、  .l  .ヽ  .¬---イ
      .ll゙, ./    !            ,!
      .!!...!!   ,,゙''''ー       .|
      l.",!    .リ         |
      l":|    .〜'''      ,. │
      l; :!    .|'"    ...ノ,゙./ │
      l: l「    !    . ゙゙̄ /  !
      .| .|    !     ,i│  |
      :! .l.    }    ,i'./    |
      :! .|    :|    . /     .|
      :! |    ;!   "      .|
      :! !    │        │
      :!:|               ,! i ,!
      :! ,    .l,      / .l゙ !

345 :神も仏も名無しさん:2014/03/11(火) 02:20:37.90 ID:mTHf8VIr
人格のない人間などいるのか?

346 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/11(火) 10:26:42.21 ID:c5BQR9lv
>>323
アリス氏

>貴方は、『神の存在』も、『その働き』も、
>極めて、全般的な事しか知らないのに、よくも、『自明』だと言えますね。
>ならば何故、よく知りもしないのに、『自明』だと言えるのか。・・・です。

そうですか。
あなたはどうなのですか?

>何故そう思えているのかと言えば、
>貴方は僅かな知識から、御自分を、そのような者であると思いたくなったから、であり、
>そう、思いたくなった処に、貴方の『意志』が、あるのです。
>そこを、あなた方は反省されません。

そうですか。
これも同様にあなたはどうなのですか?

347 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/11(火) 11:18:23.66 ID:c5BQR9lv
>>323
>主は私に、生き物の病を癒す力を、少し与えました。
>主が、貴方に与えないのは、何故でしょうか。



348 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/11(火) 11:24:01.36 ID:c5BQR9lv
>>324
>ヨハネさんやその友が、『感覚的な者』を、主に習って、真に愛するなら、
>『感覚的な者』と、『霊的な者』と言って、
>安易に双方を切り離すような言葉使いを、控えませんか?
>主がそう言われたから、は、NGです。
>主は言いますが、あなた方は、主ではないからです。


洗者ヨハネは蝮の子らよと言っているではないですか。(マタイ3・7)

349 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/11(火) 11:27:20.77 ID:c5BQR9lv
>>325
>あなた方は御自分らを、『霊的な者』と、思っておられるようですが、
>違います。

そうですか。

350 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/11(火) 14:31:06.87 ID:XG0380m3
>>312
>この世を発生させたというのなら
>当然悪をも神起源だと言わざるを得ません。
>神への賛美の意味はほとんど自然信仰と変わりありません。
>何の正義もありません。


あなたはあなたを生み育ててくれた親をうらみますか?
悪も誤謬も生を受けた人間が生み出すものです。
救われないとしてもそれは自己責任です。

マタイ5・45
父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。

351 :神も仏も名無しさん:2014/03/11(火) 16:56:24.57 ID:GwCoH+VO
>ポルトガル人が日本人を奴隷として売買

>ポルトガル人は、それまでアフリカなどで奴隷貿易を営んできましたが、
>15世紀にアジアに進出すると東洋貿易を独占し中国人を奴隷として買い込み、
>各地に売り飛ばす奴隷貿易を始めました。
>日本においては1543年にポルトガル人が初めて種子島に漂着し鉄砲をもたらしましたが、
>その数年後から早くも日本人を安く仕入れ、奴隷として海外へ売り飛ばす奴隷貿易が始まりました。
>その結果十六世紀の後半には、ポルトガル本国やアメリカ、メキシコ、南米アルゼンチンにまでも
>日本人奴隷は売られるようになり、天正10年(1582年)に ローマに派遣された有名な
>天正遣欧(てんしょうけんおう)少年使節団の一行も、世界各地で多数の日本人が
>奴隷の境遇に置かれている事実を目撃して、驚愕しましたが、
>その会話が記録に残されています。
>「我々の旅行の先々で、売られて奴隷の境遇に落ちた日本人を身近で見たときには、
>こんな安い値で小家畜か駄獣(牛や馬)の様に(同胞の日本人を)
>手放す我が民族への激しい怒りに燃え立たざるを得なかった。」
>「全くだ。実際、我が民族中のあれほど多数の男女やら童男・童女が、
>世界中のあれほど様々な地域へ、あんなに安い値で掠って行かれ売りさばかれ、
>みじめな賤業に就くのを見て、憐 憫の情を催さない者があろうか。」
>1607年に南米 ペルーの リマ でおこなわれた人口調査によれば、当時の人口二万五千四百五十四人のうち、
>日本人の奴隷として男九名と女十一名がいたことが分かっています。
>天正15年(1587年)6月18日、豊臣秀吉は宣教師追放令を発布しましたが、
>その理由は ポルトガル人が キリスト教の布教を熱心におこない神の恵み、慈悲を説きながら、
>その一方で南蛮貿易において多数の日本人を安く仕入れ、
>奴隷として船に連行し、海外に売り飛ばす事実を知ったからでした。
>http://sound.jp/sodaigomi/dorei/japan/nihon.htm

352 :神も仏も名無しさん:2014/03/11(火) 17:02:12.30 ID:tTf8oIhC
いわゆる、”霊能力”がなければ有徳でないとする考えもひとつの誤謬ですのでご注意ください
日々、神、主と聖母への祈りを中心の、唯心的で善人的な生活を営まれている方はご安心なさってください
目には見えなくとも、耳には聞こえなくとも、主はちゃんと働かれてわたしたちをお守りくださっているので大丈夫です
知らずのうちに(周囲の方にも及んで)お祓いが成されていますので、主に感謝と賛美を捧げられてください

353 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/11(火) 18:05:06.40 ID:XG0380m3
>>352
名無し氏
その通りだと思います。
スウェーデンボルグ読者の中には何か霊的体験をしたという方がたくさんいます。
私は全くそういう経験はありません。しかし、そういう体験をうらやましいと思った
こともありません。なぜなら、死ねば必ず霊となって、霊的体験をするのですから。
もしこの世でそれが必要なら主は私に体験させてくださるでしょう。無いということは
必要がないからだと思います。
主にお会いしたいと思えば、主はきっとそこにおられるでしょうし、もしもっと
具体的にということなら、マリア・ワルトルタの福音を読めばそこに主は生き生きと
描かれており、その中に現存されています。

354 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/11(火) 18:09:51.02 ID:XG0380m3
また、再生は最大の奇跡であると、スウェーデンボルグはどこかで
言っていたように思います。(残念ながら出典を憶えていません)
その再生の一端に与ることが出来るだけで私たちは感謝に耐えないこと
なのです。

355 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/11(火) 18:15:18.38 ID:XG0380m3
(最大の奇蹟)

サンダー・シング/聖なる導きインド永遠の書/P227

 最大の奇蹟は人の中の「新生」である。この奇蹟を体験した者には他のこと
すべてが可能になる。極寒の地においては水の橋は当たり前の現象である。
下の水は自由に流れていても河の表面は凍っているので、人は難なく河の上
を渡ることができるのだ。だが、灼熱の気候の中で絶えず熱気で汗をかいて
いるような人々に水の橋のことを語ろうものなら、すぐに「自然界の法則に
反するのであり得ない」という答が返ってこよう。新生を体験し、祈りによ
って霊的生命を保つ者と、この世的生活を生きて物質的なことにしか価値を
みない者との差も同じほど大きい。

356 :カスガ ◆ZafkielDro :2014/03/11(火) 19:12:15.45 ID:FdoTOd/M
>>1
1.主イエス・キリストは唯一の父なる神御自身であること

ではお尋ねしよう
創世記にある「われわれに似せて人をつくろう」とあるが、
われわれとは一体誰なのか

6.主は新しい啓示群を通して再臨され、
 一人一人の戸口を叩いておられること

そのとき、人の子の徴が天に現れる。
そして、そのとき、地上のすべての民族は悲しみ、
人の子が大いなる力と栄光を帯びて天の雲に乗ってくるのを見る。

どちらが本当の再臨なのか

357 :カスガ ◆ZafkielDro :2014/03/11(火) 19:18:44.49 ID:FdoTOd/M
7.聖母は教会の元后であり、我々の母であること。

聖母とはイエスの肉の母マリアのことなのか

358 :地震の前兆:2014/03/11(火) 19:24:23.08 ID:DkpJZwt5
地震の前兆

ネズミの大群があらわれる。
ニワトリが木の上にのぼる。
獣が狂ったように吠える。

うさぎが耳をたててあばれる。
カエルの群れがあらわれる。
ミミズの大群があらわれる。

川や池や井戸のの水位が下がる。
大量の魚が、飛び跳ねる。
見たことのない魚が、岸に大量におしよせる。
深海魚(奇妙な形の魚)が、現れる。

東京、四国、南九州の方は地震に気をつけてください。

359 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/11(火) 20:24:32.52 ID:XG0380m3
>>356
カスガ氏

創世記の「創世」とは人間の「再生」のことです。人間には二人の天使と悪霊が
ついていて、その天使たちは人間が悪に陥らないよう助けています。その天使たちが
我々はと言っているのだそうです(天界の秘義50)。

>人の子が大いなる力と栄光を帯びて天の雲に乗ってくるのを見る

教会が終局に達するとき、聖言は主がその中におられる「内意」の方面で啓示される
という意味だそうです。雲とは聖言の文字上の意義のことです(天界の秘義4060)。
スウェーデンボルグに啓示された聖言の内意がすなわちそれです。そのことを主の
再臨と言っているのです。
しかしながら、主はスウェーデンボルグ以外(以降)にも、例えばマリア・ワルトルタ
やヴァッスーラなどに新しい啓示を為されておられ、私はそれら新しい啓示群も
主の再臨と考えています。

360 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/11(火) 20:32:12.83 ID:XG0380m3
>>357
>聖母とはイエスの肉の母マリアのことなのか

その通りです。主は十字架上から使徒ヨハネに聖母のことをあなたの母である
と言われました。母は教会のことも意味しています。ヨハネは私たちの代表
であり、愛の業、愛の実践を意味しています。教会は愛の実践のあるところ
にあるという意味でもありますが、主は私たちを聖母に託されたのです。
聖母はまさに新しい教会を意味し、私たちの霊的な母です。

361 :カスガ ◆ZafkielDro :2014/03/11(火) 21:06:36.93 ID:FdoTOd/M
>>359
返答感謝する
お礼に、新たな啓示をお伝えしよう
「われわれ」とは、御父と御母のことである
御父と御母は夫婦である
男と女は、御父と御母の似姿である
イエスの肉の母親は、マリアである
肉の親も、洗礼により、御父の子供として認められるのである
よって、マリアは御父の子供である
イエスは「天におられる父母よ」と祈らなかったのはなぜか
イエスの親は、天におられる父と、地上にいた母マリアだからである
聖母(霊的な母)は、マリアが生まれる前から天におられた

362 ::2014/03/11(火) 21:10:33.89 ID:P1WeCK/G
そちらの信条と正統プロテスタントの信条との区別を説明できますか?

363 :神も仏も名無しさん:2014/03/12(水) 00:13:52.34 ID:saF1X+NN
主の人間性はマリアから来ているのか、それともそれ以外からか?

364 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 06:35:23.43 ID:eIeN2jvT
>>361
うーん、そうですか。

>>362
そのご質問は私に対してですか?

>>363
神なる主は本来唯一の真の人間です。私たち所謂人間は神なる真の人間のレプリカ
です。ただし、肉という意味では主はそれを聖母から受けられました。

365 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 07:13:37.25 ID:eIeN2jvT
(神は唯一の完全な人間)

天界の秘義49

26節。「神は言われた、わたしたちは人間をわたしたちの像[映像]に、
わたしたちの姿に似せて作り、かれらに海の魚、天の鳥、獣、凡ての地、
地を這う凡ての物を治めさせよう、と」。

主は最古代教会ではその教会の人々と面と面を会わせて語られたが、その際、
主は人間として現れたもうたのである。このことに就いては多くの事を語る
ことが出来るが、今はその時ではない。そうした理由からかれらは主御自身
と主に属したものを除いては誰も『人間』と呼ばず、また彼ら自身さえも
『人間』と呼ばないで、ただ彼らが主から得ていると認めたところの―愛の
凡ての善と信仰の凡ての真理といった―かれら自身の中に在るもののみを
『人間』と呼んだのである。そうしたものをかれらはそれが主のものである
ため、『人間[人]のもの』と呼んだのである。

366 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 07:15:41.70 ID:eIeN2jvT
天界の秘義49[2]

 かくて予言者の書の中には、『人間』と『人の子』により、その最高の意義
では主が意味され、内なる意義では、智恵と理知が意味され、かくて再生した
者各々が意味されているのである。例えば―

 わたしは地を見たが、見よ、うつろで空しかった、天を見たが、光はなか
った。わたしは見た、見よ、人はおらず、天の鳥は凡て飛び去っていた
(4・23、25)

 イザヤ書には『人[人間]』により、その内なる意義では再生した人物が
意味され、その最高の意義では主御自身がただ一人の人間として意味されて
いる―

 イスラエルの聖者、それを形作られた方、エホバがこのように言われた、
わたしは地を作り、その上に人間を創造った。わたしはまことにわたしの
手をもって諸天をのべひろげ、その凡ての軍勢に命じた(45・11,12)。

367 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 07:18:25.71 ID:eIeN2jvT
天界の秘義49 [3]

 それ故主は人間として予言者に現れたもうたのである、例えばエゼキエル書
には―

 碧玉のように見える広がりの上に、王座のようなものがあり、また王座の
ようなものの上に人のような方がおられた(1・26)。

 そしてかれはダニエルにより眺められた時、『人の子』として、すなわち、
それと同一の、人間として呼ばれたもうたのである―

  わたしは見た、見よ、人の子のような方が天の霊とともに来られ、日の
老いた者のもとへ来られた、かれらはかれをその前に導くと、かれに主権と
栄光とと王国とが与えられ、民族、国民、言語のことごとくはかれに仕えた、
その主権は永遠の主権であって、過ぎ去りはしない、またその王国は破壊
されないものである(7・13,14)

368 :神も仏も名無しさん:2014/03/12(水) 08:11:59.30 ID:JA+9HTuE
>>361
[カタカムナ] ひふみ神示 [最後の一厘]
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1384249726/l50

このスレッドのスレ主のカスガさんですね?

ひふみ神示については良く知りませんが、真に神の啓示でしたら、おひとりの神からの御言葉
ですから神が何を言わんとされているのかが他の啓示群と共通しているはずです
スウェーデンボルグは、人間側から天を推測したものではなく、神、霊界側からの視点で聖書等を
詳しく解説し人間本位、人間視点の誤謬を解いたものです
できるだけあなたの解釈を交えず一度重ね、すり合わせてごらんになってはいかがでしょうか
興味深い再発見があるかもしれません
わたしはキリスト教カトリックが人類の宗教の象徴的存在、中心であると思っております
この終わりの時代に入り、啓示群は聖書を中央としてすべて集約されるのではないか、互いの啓示が
互いの啓示を裏打ちし合い、より確かなものに、集大成となってゆくのではないかと思っております

369 :カスガ ◆ZafkielDro :2014/03/12(水) 09:25:54.48 ID:OJh4wvMJ
>>360
教会でその愛の実践ができていれば問題はない
ただ黙示録には大淫婦という表現があるように、
教会が地上の忌わしい者たちの母になっていないか、
心配している

>>362
プロテスタントでは、創世記の「われわれ」を、
どのように解釈しておるのかね

>>363
霊から生まれたものは霊である
肉から生まれたものは肉である
イエスの親は、天におられる父と、地に居たマリアである
よって、主の人間性は、天と地から来たのである
主は、霊と肉の性質をお持ちである

370 :カスガ ◆ZafkielDro :2014/03/12(水) 09:36:10.26 ID:OJh4wvMJ
>>364
まさに、うーん、であろう
御父と御母のことは、
ひふみ神示をもとにお伝えしておる

>>368
いますり合わせを行っておる
主の再臨については、スウェーデンボルグも、
まだ時節ではなかったようだ
ひふみ神示は時節到来を告げておる

371 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 09:37:49.80 ID:eIeN2jvT
カスガ氏
名無し氏

私もスウェーデンボルグを読み始めた頃、他のものに興味を持って、天理教や
黒住教などの本を読みました。共通するものがあると感じました。

確かにそれらは主が来られる前に、主の道をまっすぐにする洗者ヨハネの役割を果
たしているのではないかと思います。
ある意味でキリスト教圏におけるスウェーデンボルグのように。

そして、現在、主御自身がそのあとに新しい啓示群を通して来られたのだと思います。

372 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 10:02:56.78 ID:eIeN2jvT
>>370
カスガ氏
神からの啓示とは結局、神とは何か、神とはどういう方か、神はどういう目的
で人間を造られたか、人間はどう生きたらいいのか、等を表わすものです。
宗教の本質は二つあって、一つは神を承認することであり、もう一つは善く
生きること、すなわち、悪を罪として避けることだそうです。
つまり、理論と実践です。真理と善とも言えます。

神を承認するためにはまず神を知らねばなりません。
スウェーデンボルグはその唯一の神とは主イエス・キリストその方であったことを
主御自身から啓示されて公にした預言者です。

373 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 10:15:42.04 ID:eIeN2jvT
ご指摘のように、自己愛、支配欲の権化と化した教会でしたが、それは
霊界において最後の審判が主により為され、その影響はなくなり、私たちは
霊的自由を回復していただいたそうです。

現在のカトリックは昔とは違い、無力化しています。
しかし、これからその上に新しい教会が建てられるでしょう。
外面的に異なる教会が成立するという意味ではありません。
内面的に新しく生まれ変わるのです。

プロテスタントも無くなってカトリックに統一されるのではなく、
やはり生まれ変わって、たくさんの教会同士が協調するようになるでしょう。

374 :神も仏も名無しさん:2014/03/12(水) 11:33:14.64 ID:KBZO7DNh
先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の
手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔
の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪
魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る
悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠
る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に拠る悪魔の手先小さなヨハネは聖書を離れ奇書に

375 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 11:39:34.40 ID:67AoaSaZ
大淫婦はバビロンでもありますが、バビロンとは宗教の名において支配しようと
する者たちを意味します。昔はそれはカトリックであったでしょうが、今では
無力となり、むしろ無神論や共産主義が取って代ったように思います。
それらは神を公然と否定します。
今はもう神に対する信仰は殆ど消滅してしまいました。
だからこそ、主は新しい啓示群によって世に来られているのです。
これまで知られていなかった主を神と認める教会が新たに起こされるでしょう。
それが来るべき「新しいエルサレム」です。
それは内面的な教会を意味しており、教会自体は外形的には従来と同じですが、
私たちの意識が生まれ変わるのです。

376 :神も仏も名無しさん:2014/03/12(水) 11:45:34.68 ID:fPyxL58g
これマジ?被災地の復興を妨害していたのは在日某国人だった?
http://www.youtube.com/watch?v=SI_Y3PHRzk4&list=PLBfWrb1dMbDBnLxiCG5up1Mq8R7dhZ6sD&index=2 /

377 :神も仏も名無しさん:2014/03/12(水) 12:18:52.04 ID:mUIz4ILi
>>375フリーメイソンは、カトリック教会を利用した世界統一宗教を樹立しようとしています。
教皇座に反キリストが座る日は近いです。
エキュメニカル運動はフリーメイソンによるものです。
エキュメニカル運動に反対しましょう

378 :神も仏も名無しさん:2014/03/12(水) 12:37:06.21 ID:JA+9HTuE
>>371
ええ。その通りだと思います
共通するものは表面的には違っていても芯がピタリと重なり合って一体に見えます

379 :神も仏も名無しさん:2014/03/12(水) 13:41:21.56 ID:JA+9HTuE
>>370
そうですか
時節ではなかった、ということに関しては小さなヨハネさんもスウェーデンボルグが聖母に
ついての記述に詳しくなかった、秘匿の意図があったのではないかとの見解を示されていました
つまり、後の世の啓示本に詳しくあるので、とのことでした
たしかに先進諸国の昨今に於いては個人主義が進み、女性が力を持ち、離婚が増え、フェミニズム
の別姓運動があり等して従来の夫婦の一体感覚は当の夫婦間にせよ、世間が夫婦を見る目にせよ
どんどん薄れてきていますので、本来、夫とは妻とは夫婦とはどのようなものかの再認識が必要な時
代となっています
このようなことから時代の変化(人の心や認識の変化)に合わせて神が新しい啓示を次々と人類に
お与えになっても何の不思議もありません

380 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 13:54:57.92 ID:E9nbPcfW
>>368
>>378
名なし氏
>この終わりの時代に入り、啓示群は聖書を中央としてすべて集約されるのではないか、互いの啓示が
>互いの啓示を裏打ちし合い、より確かなものに、集大成となってゆくのではないかと思っております

同感です。

(ご参考)

天界の秘義4197[7]

 真理はことごとく二人または三人の証人の言葉の上に立って、一人の者の言葉に立っ
てはならないという表象的な教会に与えられている命令は一つの真理は善を確認しな
いが、多くの真理がそれを確認するという神の律法に基礎づけられているのである。
なぜなら他の真理との関連性をもっていない一つの真理は確認を与えはしないが、
幾多のものが共になると、一つのものから他のものが認められることができるため、
確認を与えることができるからである。一つのものはいかような形も生み出しはし
ないし、かくていかような性質も見出しはしないが、連続して関連づけられている
幾多のもののみがそれを生み出すのである。なぜなら一つの調子ではいかような旋
律も生まれないし、ましてやハーモニーは生まれはしないように、一つの真理でも
また生まれはしないからである。

381 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 13:57:50.02 ID:E9nbPcfW
天界の秘義3786

「家畜がともに集められる時ではありません」
これは教会の、また教義的なもののいくたの善と真理とが未だ一つに集めら
れることができなかったことを意味している。

天界の秘義3786[2]

このことは教会が再び設立されつつあるときには、全般的に教会にも言われ
るのである、すなわち善と真理との教義的なものは一つに集められねばなら
ないのである、なぜならそれらのものの上に教会は建てられるからである。
さらに教義的なものは互いに関連し、また互いに相互的な関係を持っており、
それでそれらのものが先ず一つに集められない限り、欠陥があり、欠けてい
るものは人間の合理的なものにより補われねばならないのである。そしてこ
の人間の合理的なものは、霊的な神的な事柄においては、その合理的なもの
の結論がそれ自身から発している時は、いかに盲目であり、またいかに誤っ
たものであるかは前に充分に示したところである。こうした理由から、善と
真理との教義的なものをすべて含んでいる聖言が教会に与えられているので
ある。この点では、再生しつつある人間の場合では、全般的な教会の場合も
個別的な教会の場合も同一である、なぜならこのような人間は個別的な教会
であるからである。教会に属している善と真理との教義的な事柄は、人間が
再生する以前にその人間の中に先ず共に存在しなければならないことは前に
示したところである。それでこのことが『見なさい、日はまだ大分あります、
家畜が共に集められる時ではありません』によりその内意に示されているとこ
ろである。

382 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 14:00:43.60 ID:E9nbPcfW
天界の秘義679

 それ故『自分自身のもとに集めること』が諸真理を意味していることは明ら
かである、なぜなら『集めること』はいくたの物が集められている記憶の中
の幾多の物について述べられているからである。そしてこの表現はさらに諸
善と諸真理は人間が再生する以前に人間の中に集められなくてはならないこ
とを意味しているのである、なぜなら主は諸善と諸真理とを手段としてそれ
らを通して働きたもうのであり、その諸善と諸真理とが共に集められなくて
は、すでに述べたように人間は決して再生することができないからである。
それでこのことから『それをあなたと彼らの食物としなくてはならない』が
諸善と諸真理を意味していることが生まれて来る。


デボラ/生ける神よりあかされた英知/世のひかり社/2巻上P124

 カリスマを受けた人々の一致によって、人類が長い間待ち受けた善い果実を
与えることになるでしょう。アヴェ、マリア!

383 :神も仏も名無しさん:2014/03/12(水) 14:01:42.92 ID:y4yFsS+h
小ヨハネは幕屋なのか?

384 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 15:11:39.48 ID:E9nbPcfW
>>383
いいえ、カトリックです。

385 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 15:15:57.56 ID:E9nbPcfW
(みことばを引用し 類似するものをあげなさい)

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/7巻P136

 ―ああ! 我がメッセージの類似が書かれはじめたなら どんなに嬉しいか!
 今日与えているみことばを尊び 私に仕えるであろう者は祝福されている。
 私が彼を手助けしよう その行為をすべて考慮していると(・・・)に伝え
なさい。

「我が息子よ、ほかの務めをたくさん 引き受けないように。 (そうです)
ふえていくばかりで あなたは時間の不足に苦しもう! できるだけ急ぎなさい、
だが:<主よ、何を必要とされていますか?>と尋ねるなら 決してたどりつ
かない。 教えよう:<私のメッセージは 救う、そして時は短い、あなたの
始めたことを 私は祝福した。 この世代に理解のパンと知恵の飲みものを与
えなさい。 我がメッセージは栄養を与え 渇きを癒す。 この世代は食物が
ないために どんどん死に絶えている。あなたの労苦の実は 多くの人を救お
う。 急いで今 私のメッセージを食べなさい。(そうです!)

我が聖心の富をそこから引き出し、次にこれらの富に光を当てなさい。 
教会の健康が回復するよう あなたには健全さを与えた。 我が司祭たちと
信者の心を照らすに必要な光を メッセージから引き出しなさい。 その中に
一致という宝を与えた、我がメッセージに照らされて 一致を推し進めなさい。
みことばを引用し 類似するものをあげなさい。 この作品の麗しさに 国
ぐには群れをなして啓発されよう。

386 :神も仏も名無しさん:2014/03/12(水) 15:54:12.46 ID:Yu9aHdGm
ヴァッスーラ・ライデンはギリシャ正教会の信徒です。ヴァッスーラの啓示は、
御茶ノ水にあるハリストス正教会の総本山ニコライ堂に行ったとき、ハリストス正教会の神父様の話によると、ヴァッスーラの啓示を正教会でも認めていないそうです。

387 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 21:30:51.41 ID:E9nbPcfW
>>379
>たしかに先進諸国の昨今に於いては個人主義が進み、女性が力を持ち、離婚が増え、フェミニズム
>の別姓運動があり等して従来の夫婦の一体感覚は当の夫婦間にせよ、世間が夫婦を見る目にせよ
>どんどん薄れてきていますので、本来、夫とは妻とは夫婦とはどのようなものかの再認識が必要な時
>代となっています
>このようなことから時代の変化(人の心や認識の変化)に合わせて神が新しい啓示を次々と人類に
>お与えになっても何の不思議もありません

まことに然り。

本当に私たちは愛のない時代を生きています。新しい啓示の中には耳の痛い言葉が
たくさんあります。

388 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 21:34:41.16 ID:E9nbPcfW
マリア・ワルトルタ/聖母マリアの詩上P186

 マリアが言われる。
「多くのことを語りません。私のことばは、すでに教訓だからです。けれども、
妻たちに注意を促したいことが一つあります。あまりにも多くの婚姻の絆が、
いつの間にか不和、分裂に至ることです。この多くは、夫に対しての思いやり、
同情、慰めなどとなる愛を知らない妻たちの責任です。
男には、女にのしかかっている物理的な苦労はあまりありませんが、多くの
精神的な苦労に圧倒されることがあります。仕事のこと、さまざまの決断、
世間、または家族に対する責任・・・。おお、どれほどのことが男にのしか
かっているか!彼も慰めを、どれほど必要とするか!それなのに、疲れ切っ
て幻滅を感じている。あるいは、落胆して心労に打ちのめされている夫に向
かって、妻はむだな、時として正しくない愚痴や、不平の重荷を加えるのです。
以上のことすべては、女が自己中心のエゴイストで、愛していないからです。
愛するとは、感情、または利益に自己満足を探すことではありません。愛する
とは、感情と利益を超えて、愛する相手に満足を与え、希望と平和に生きる
ために必要な助けを与えることなのです。」

389 :神も仏も名無しさん:2014/03/12(水) 21:41:34.11 ID:JA+9HTuE
>>380
>>381
>>382
>>385
ありがとうございます
ますます確信が深まってくるようです
神、主はまことに素晴らしいお方です
なんと緻密に、なんと壮大にご計画を仕組まれておられるのでしょう…!

サイトでひふみ神示を読んでみました。今のところ上つ巻と下つ巻だけですが
昔々少し読んだときにはさっぱり分からずちんぷんかんぷんでしたのに
今になっては、所々に散りばめられた隠喩がだいたい分かるので驚いてしまいました
おもにスウェーデンボルグの知識が下敷きとなっているおかげかと思います
(もちろん主が分からせてくださっているのですが)

390 :神も仏も名無しさん:2014/03/12(水) 21:46:10.60 ID:saF1X+NN
>>363
>肉という意味では主はそれを聖母から受けられました

十字架を経て3日後に天へ帰られた後もそうか?

391 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 21:53:32.17 ID:E9nbPcfW
マリア・ワルトルタ/聖母マリアの詩 下/P185

「きょうは“姦通をするな”について話します。この姦通者とはだれである
か、自分の周りに探ってはならない。お互いに愛を持ちなさい。他人があな
たの顔に淫乱を読んだとしたらどうしますか。それなら隣りの人の困惑して
いる目、赤面して目を伏せるその顔を読もうとしてはならない。
 それから・・・特におまえたち男に言うが、おまえたちの中で、かつて灰
とくずのパンを一度もかじっていない人がいますか。淫蕩とは淫売婦の腕を
一時間枕にすることだけを指すのではなく、妻との絆を汚して、単なる性の
快楽を求めるもの、避妊もそうです。婚姻は出産を意味し、性交は受胎を意
味します。これがなければ行為は不道徳なものとなり、床は淫行の場となり
ます。結婚が出産によって聖別されなければ、淫乱で汚されるだけです。大
地は種子を拒まず、迎えて木にします。種子は蒔かれて後は土から逃げるこ
とがなく、やがて根を出して成長し、土くれと種子との絆によって植物が誕
生するのです。男は種子で、女は大地、穂は子供です。穂を作るのを拒むな
らば、性は罪に変わり、夫婦の寝室で営まれる淫行にすぎず“一体となって
子供を増やせ”という神の掟に背くことになります。

392 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 22:19:02.19 ID:E9nbPcfW
>>389
名無し氏

ええ、本当に一つ一つがつながっているのだという気がします。
神は無駄なことは一つとして為さらないのだそうです。

ひふみ神事は名前だけは以前から聞いていますが、名無し氏の仰っていることは
本当だろうと思います。


詩篇92・6,7

主よ、御業はいかに大きく
御はからいはいかに深いことでしょう。
愚かな者はそれを知ることなく
無知な者はそれを悟ろうとしません。


マリア・ワルトルタ/イエズス―たそがれの日々/P194

 私は無駄なことをする習慣がない。


マリア・ワルトルタ/イエズス―たそがれの日々/P242

神の御業には、よい目的なしに行われたものは一つもない。この真理を黙想せよ。

393 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/12(水) 22:37:25.30 ID:E9nbPcfW
>>390
そういうことだと思います。しかし、主は母から受けた人間性を栄光化(栄化)された
(神的なものとした)ということです。


天界の秘義9315[3]

主が人間として生まれることをよしとされた理由は、主は人類を救うために、人間的
なものを現実に着けられて、それを神的なものとするためであった。それゆえ主は
人間の形をとられたエホバ御自身であられ、または父であられることを知られたい、
このことをまた主御自身ヨハネ伝に教えておられるのである―

わたしと父とは一つである(10・30)。

 イエスは言われた、これから後は、あなたらは父を知り、また見ている、わたしを
見た者は父を見たのである。わたしは父の中におり、父はわたしの中におられると
いうわたしの信じなさい(14・7、9,11)。

 わたしのものであるものはことごとくあなたのものであり、あなたのものはこと
ごとくわたしのものであります(17・10)。

394 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 06:25:49.57 ID:9/HtOz5u
>393
訂正
×わたしの信じなさい
○わたしを信じなさい

395 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 07:07:21.54 ID:9/HtOz5u
>>386

ルカ4・24−26

そして、言われた。「はっきり言っておく。預言者は、自分の故郷では歓迎されないものだ。」

396 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 07:11:42.88 ID:9/HtOz5u
ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/10巻P192

 だが、まことに言っておく、私を進んで受け入れた者は誰であろうと、私が
話している今も、祝福されている、あまりに不思議な仕方で、知識と知恵を
私より受けているゆえ、それはまるで聖書を全部読んでしまったかのよう!
その人自身 恵みを通して得られる聖なる霊感を自らのうちに携え 声高に
話す書物となる。 こうして、我が娘よ、その人は聖書を読むとき、その字
づらだけではなく、むしろ、ヴァッスーラ、あなたも経験したように、霊的
な目で 内容の深い意味が見えてくる 

そこで、預言的任務を持ち、声高に話す書物のような我が使者たちには 反対
しないように、私がこの者たちを遣わした。 聖書に含まれる以上のものは
啓示しないが、あなた方にとっては 道案内。 私のうちなる真のいのちを
生きるよう 新しい生き方を手引きする  人生をよりよくし 希望と慰めを与えて。私は誰であっ
ても 悲惨な存在からカテドラルへと変えられる。

裁いてはならない そうするなら私が訪れて 我が言葉を実現しよう。 聖書
は、あなたの神なる、私の肖り、だから見くびってはならない そして私を
知るに遠く及ばないあなたが 聖書を知っているとは言わないように。私の
ヴィジョンが見えるように掟を守り、そこに述べたことを果しなさい。 
我が言葉を行う霊魂は 私を知るようになろう。 そのとき、そしてそのとき
初めて、あなたは決まりによってではなく 私に与って神となる。

397 :カスガ ◆ZafkielDro :2014/03/13(木) 08:25:16.48 ID:e3mjHJcX
>>372
>神とは何か
創造主である
>神とはどういう方か
親、真、信、心である
>神はどういう目的で人間を造られたか
信じる心と、愛する心を育むためである
>人間はどう生きたらいいのか
親の教えを守り、みたまを磨く

398 :カスガ ◆ZafkielDro :2014/03/13(木) 08:35:53.82 ID:e3mjHJcX
>>373
>霊界において最後の審判が主により為され、

それが本当ならば、地においても行われるであろう
主は「御国が来るように祈れ」と教えておるが、
まだ地上に御国が来ていないのは明らかである
主の再臨についても、霊的な意味もあるだろうが、
地においても行われなければ、聖書の預言は成就しない

399 :カスガ ◆ZafkielDro :2014/03/13(木) 08:45:55.79 ID:e3mjHJcX
>>379
新しい啓示の一部を紹介いたす

愛は養わねばならん。
夫婦は命がけで、お互いに築き合わねばならんぞ。
夫婦愛はあるのではない。築き上げねばならんぞ。
生み出すのぢゃ。つくり出すのぢゃ。
そこに尊さあるぞ。喜びあるぞ。

家の治まらんのは女が出るからぞ。
夫立てると果報は女にくるぞ。

妻に任せ切った夫、夫に任せ切った妻の姿となれよ。
信仰の真の道ひらけるぞ。一皮むけるぞ。
岩戸開けるぞ。富士晴れるぞ。

400 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 10:52:39.55 ID:9/HtOz5u
>>398
カスガ氏

神の国は私たち一人一人の心の中に来るのです。そしてすでにそれは始っています。
それは再生のことです。

ルカ17・20−21

ファリサイ派の人々が、神の国はいつ来るのかと尋ねたので、イエスは答えて言われた。
「神の国は、見える形では来ない。『ここにある』『あそこにある』と言えるもので
もない。実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。」

401 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 10:56:17.48 ID:9/HtOz5u
静思社/スウェーデンボルグ/聖書78

 さらに、主が人間のもとに現存されて、人間に連結されるのは、聖言による
のである。なぜなら主は聖言であられ、その中でその人間といわば話されるから
である。主はまた、聖言も同じく神的真理そのものであるように、神的真理そ
のものであられる。このことから、人間が聖言を理解するのに従って、主はその
人間のもとに現存されると同時に、その人間と連結されることが明白である。
なぜならその人間は理解に従って真理とそこから派生する信仰とを得、また
愛とそこから派生する生命とを得るからである。主は実に人間のもとに聖言を
読むことを通して現存されてはいるが、しかし聖言から真理を理解することを
通して、またその理解に従って人間と連結されるのであり、そして主が人間と
連結されるに比例して、教会はその人間の中に存在するのである。
教会は人間の中に在るのであって、人間の外にある教会は己が中に教会をもっ
た幾多の人間のもとにある教会である。このことが神の国は何時来ましょうか
とたずねたパリサイ人に答えられた主の御言葉の意味である―

神の国はあなたたちの中にある(ルカ17・21)

ここでは「神の国」は主を意味し、主から教会を意味している。

402 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 10:59:34.12 ID:9/HtOz5u
天界と地獄33

 このことから、内部の状態が天界を作っており、天界は各人の中に在って、
その外にはないことが明らかとなるであろう。それは主が以下のように言わ
れて、教えられているところの同じである。「神の[王]国は目に見えるよ
うには来ない。また人は、見よ、ここを、または、見よ、そこをとも言わな
いであろう。見よ、神の国あなたたちの中にある」

403 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 11:36:53.44 ID:9/HtOz5u
天界の秘義8918[4]

 世の人間のすべては空間の観念から(物を)考えるが、そのように空間の観念から
考える者は地獄は人間からはるかに離れており、天界もまたそのように離れていると
しか考えていない。しかし実情はそうではない。地獄と天界は人間の近くに在り、
実に、人間の中に在り、地獄は悪い人間の中に、天界は善い人間の中に存在している
のである。さらに凡ゆる者は世にいる間にすでにその中にいたところのその地獄の中
へ、またはその天界の中へ入って行くのである。しかし状態はそのとき変化するので
ある、すなわち、世では見えなかった地獄が見えるものとなり、世では見えなかった
天界が見えるものとなり、凡ゆる幸福に満ちた天界が、凡ゆる不幸に満ちた地獄が見
えるものとなるのである。天界はわたしたちの中に在ることを主はルカ伝で教えられ
ている―

 神の国はあなたたちの中に在る(17・21)。

404 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 11:40:59.11 ID:9/HtOz5u
ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/10巻P137
‘06・10・31

間もなく 私は地上を訪れる。 時代よ、あなた方のほとんどが忘れ去った
者、統治者が 言っておく、私は地上で自分の地位に就く、と。

あまりに多くの人が こう尋ねる、「どのように主は 来られるのだろうか?
」私は こう答える、「時の初め 人間が地上に置かれて以来、常に悪の勝利
は短かったことを知らないのか? 我が勝利に呑まれてしまうがゆえ 悪の
勝利は今や ほとんど終わりかけている。 アーロンの杖を私がへびに変え 
ファラオのへびを呑み込んだように、我が勝利も同じく 悪人の勝利を呑みこ
んでしまう この勝利によってあなた方皆が 我が聖なる名を誉め称えるように!

それからは 我が民の間にとどまる・・・・そしてあなた方は神なる、私と
旅をし、連れだって歩もう。 かつては手が届かないと思った者と あなた
は歩み・・・かつては心から閉め出した者と話し(*)、至高の神なる私と
会話する、こうして至高の神なる私が あなたの心に現存し、善い助言者と
して、人生の小道を指し示していく。 我が天使たちの間を 私と共に霊魂
が歩めるように 節制、賢明さと義、剛毅、そのほか霊魂に必要なあらゆる
ものを与えよう。 そのとき地上の我が王国は 復興する(*1)。

405 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 11:42:44.85 ID:9/HtOz5u
(続き)
そう、この世に生きている間も 神を見るのは可能である。 地上に留まって
いながら 私を観想するのは可能である、そう! 地上にいながらあなたの神
であり全てなる、私の深淵に分け入り 所有することはできる。これはあなた
にとって 新しいいのち(*2)のはじまりとなろう、伝聞や言葉や本を通し
て私を知るだけでなく 聖霊の与える恵みによって 真理のうちに そして
回心を通して私を知るようになるゆえ。 私を凝視することが 不滅性を与
えるゆえ それ自体がいのち・・・こうした仕方で 私は地上を訪れる、我が
子たちよ。

今や 我が神秘を理解したであろう?」 ic

* 同時に「対話し」、という言葉も聞こえました。
* 1「主の祈り」の中の、「み国が来ますように、み旨が天に行わ
      れる通り地にも行われますように」とは、キリストが、「そのとき
      地上の我が王国は 復興する」と宣言された文を説明するものです。
* 2「旅路」とも聞こえました・・・

406 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 13:26:25.32 ID:4wnzavRz
>>399
真理であると思います。

407 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 13:31:29.57 ID:4wnzavRz
>>391の続き

マリア・ワルトルタ/聖母マリアの詩 下/P186

 自分から避妊している女たちよ。社会では法律上の妻であっても、神の目にはそう
ではない。夫だけのものであっても、淫売婦と同じです。往々にして母性よりも快楽
のみ追い求めているからで、その快楽とは麻薬のようで、足ることを知らず、家庭の
外にもその満足を求め、結局は自分自身と快楽を分かち合う仲間とに嘔吐をもよおし、
自分自身を軽蔑するだけです。
 “淫行をするな”と言われているが、肉体の多くの行為は淫行にすぎません。レビ
の書が、次のことばで弾劾する悪夢のような交際に、私は触れたくもない。
“おまえは、女と寝るようにして男と寝てはならぬ。それは忌まわしい限りだ。おまえ
は動物と寝床の交わりをしてはならぬ。これをすれば、おまえは身を汚したものと
なる。また女も動物を引き寄せて、それと交わってはならぬ。それは忌まわしい行為
である”(訳注レビ記18・22−23)

408 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 13:34:37.15 ID:4wnzavRz
>407

やはり主は同性愛についてはっきりと嫌悪されておられました。

409 :神も仏も名無しさん:2014/03/13(木) 14:16:13.99 ID:69ML3sB0
>>392
ありがとうございます
主はわたしの喜びです
このような幸せがあるとは昔のわたしには思いもよりませんでした

410 :神も仏も名無しさん:2014/03/13(木) 14:25:17.53 ID:69ML3sB0
>>399
ありがとうございます
本当にその通りですね
夫婦のかたちには美しい理由があります
残念なことに結婚した途端、お互いの尊敬や努力を忘れてしまうカップルが多いように思います

411 :神も仏も名無しさん:2014/03/13(木) 17:09:15.88 ID:LDV+jQ+4
小さなヨハネさんは、本当にカトリックなの!?
スウェーデンボルグはカトリック教会では異端とされているのに、異端の文書を張り付けるあなたは、カトリックでもキリスト教ありません。スウェーデンボルグ自身もフリーメイソンの会員だったのはご存知ですか!?

412 :神も仏も名無しさん:2014/03/13(木) 18:18:42.29 ID:sCcZKfG8
>>411
過去スレに書いてある返答をまた書くのでしょうが
教会側の意向はそれでもいいのか?確認を取ったのか?その根拠は?というもの
書くべきだとは思うね

教会という団体および建築物は
自分の中ではそうなのだに合わせることができないこともあるのだから

413 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 19:57:45.98 ID:4wnzavRz
>>411
スウェーデンボルグがフリーメーソンのわけがありません。
スウェーデンボルグは主イエス・キリストは父なる神であると言っているので
あって、フリーメーソンがそんなことを言っているというのを聞いたことがあり
ません。

>>411
>>412

あなたがたと何の関係があるのですか?

414 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/13(木) 20:32:15.08 ID:4wnzavRz
ルカ9・49−50

そこで、ヨハネが言った。「先生、お名前を使って悪霊を追い出している者を見ま
したが、わたしたちと一緒にあなたに従わないので、やめさせようとしました。」
イエスは言われた。「やめさせてはならない。あなたがたに逆らわない者は、あなた
がたの味方なのである。」

415 :神も仏も名無しさん:2014/03/13(木) 20:59:28.09 ID:fgWxT9uI
>>411
スウェーデンボルグはその著作においてマリアの無原罪と共同贖罪を真っ向から否定しており
カトリックからすれば異端なのはその通りだが、フリーメーソンとは何ら関係ない

フリーメーソンが自分のイメージを高めようと勝手にボルグのブランドを利用してるだけ

416 :神も仏も名無しさん:2014/03/13(木) 21:28:51.73 ID:sCcZKfG8
スウェーデンボルグを重視しつつもそれを異端とするカトリック教会を訪れ利用活用することに対し
カトリック教会側への正しい配慮を備えた根拠を提示することも新しいキリスト教の範疇なのではなかろうか

417 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 00:23:24.51 ID:lNsS6bqX
キリスト教に、ふるいも新しいもあるのかね。

418 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 01:36:26.82 ID:F9wY4bPf
ギリシャ数学は災いだ
地も空も海も食べ物も汚して回った
小学生でも創世記やイエス記録の奥義を得ることができた
善悪の知識は災いだ 信じない者は惨めだ
散々文字を積み重ねてどこ行くかと思えば
温いか寒いかの下らない暗室ときた

あの人がキリスト、この人がキリスト
明けの明星待ちに隠れて乱交する女ども
もううんざりだよ
反キリストくんも呆れるよ

419 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 06:55:15.48 ID:XgX3sc3S
>>416

マルコ10・13〜16

「イエスに触れていただくために、人々が子供たちを連れて来た。弟子たちはこの
人々を叱った。しかし、イエスはこれを見て憤り、弟子たちに言われた。『子供たち
をわたしのところに来させなさい、妨げてはならない。神の国はこのような者たちの
ものである。はっきり言っておく。子供のように神の国を受け入れる人でなければ、
決してそこに入ることはできない。』そして、子供たちを抱き上げ、手を置いて祝福
された。」


主の弟子たちでさえ来る者を妨げたら叱られたのに、部外者のあなたが
何を言うことがあるのですか?

420 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 07:09:17.21 ID:XgX3sc3S
マタイ28・18−20

イエスは近寄って言われた。「わたしは天と地の一切の権能を授かっている。
だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼ら
に父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことを
すべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがた
と共にいる。」

421 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 07:13:02.13 ID:XgX3sc3S
マタイ7・21−23

「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけでは
ない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。かの日には、大
勢の者がわたしに、『主よ、主よ、わたしたちは御名によって預言し、御名
によって悪霊を追い出し、御名によって奇跡をいろいろ行ったではありませ
んか』と言うであろう。そのとき、わたしはきっぱりとこう言おう。『あな
たたちのことは全然知らない。不法を働く者ども、わたしから離れ去れ。』」


マタイ8・11,12

「言っておくが、いつか、東や西から大勢の人が来て、天の国でアブラハム、
イサク、ヤコブと共に宴会の席に着く。だが、御国の子らは、外の暗闇に追
い出される。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう」


マタイ20・13−16

主人はその一人に答えた。『友よ、あなたに不当なことはしていない。あな
たはわたしと一デナリオンの約束をしたではないか。自分の分を受け取って
帰りなさい。わたしはこの最後の者にも、あなたと同じように支払ってやり
たいのだ。自分のものを自分のしたいようにしては、いけないか。それとも、
わたしの気前のよさをねたむのか。』このように、後にいる者が先になり、
先にいる者が後になる。

422 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 07:47:07.23 ID:DUKd/4Fc
うーん・・教会側の意向は考えなくともよい、自身の心で正しいことをしているから良いのだと?

過去スレにおいて自分が間違っている可能性があるから
コテハンを名乗り言葉の整合性をつけ気づいたことが
あれば書いてほしいと書き込んだのは貴方のはずですが?
その際に霊的は見解のみとは書かれなかったから全方向においての
ステロタイプな正しさと照合して気が付いたら書き込むようにしてます
何度も何度も書いてますが霊的な見解での”のみ”の反論なのが当たり前にはできない場所です
宗教版だからといって前提として霊的な見解のみで語ることはコンセンサスは得られません

当然、主と新しいキリスト教がバックにあるのですから
すべて正しい見解ができるだろうと思ってのことです
名無し氏も書いてますがお互いに利する良い関係だと思いますよ?
貴方方を尊重し敬意を払って少しでも疑問に思えば書き込むようにしてます
もし不愉快だと思うのならばそれは貴方の私の部分の問題でしょう

423 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 10:26:57.93 ID:XgX3sc3S
>>422
私が対象としているのは本当に真理を求めている人です。
スウェーデンボルグは「真理に対する情愛」と言っていますが、それを持って
いる人を対象にお話ししているのです。
霊的な話に興味のない方のコンセンサスなど求めていません。
また、興味がある人であったとしても、説得するつもりはありません。

掲示板だからどうこうという話は私にとってどうでもよいことなのです。
あなたにとって問題であっても。
あなたが何か書いても別に不愉快でも何でもありません。
あなたと関係のない話をしているのです。

424 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 10:31:37.50 ID:ZuqpulVS
何を理屈をこねようがアンチはアンチです
否定することに正当性を持たせる必要などどこにあるというのですか
否定をすることで己の意見に正当性を持たせたいだけでしょう
神と違って悪魔は空っぽなので自分で自分を証明することができません

425 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 10:39:27.37 ID:XgX3sc3S
>>424
名無し氏

>神と違って悪魔は空っぽなので自分で自分を証明することができません

本当にそうですね。
果物の外皮が汚れているだの、形が悪いから売り物にならないなどと言われている
ようで、中味の議論などは出来ないのです。理解の範囲を超えているのでしょう。

426 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 10:46:35.77 ID:XgX3sc3S
プレゼンのコンサルタントのようなものです。
掲示板ではこうした方がいいですとか。
本人は中味に興味など全く関係なく。
親切かもしれませんが、こちらはそんなことは全く気にしていないのです。

427 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 11:23:24.09 ID:XgX3sc3S
でも、まあ、しかし、せっかく新しい教会の整合性についてのご指摘なのですから
これが回答になるか分かりませんが、若干関係すると思われるものを抜粋しましょう。

それは「教会の一致」についてです。カトリックがそれを受け入れるかどうかは全く別の
話です。興味のある方は今後教会はどうなって行くのかについて考えるうえで参考
にしていただければありがたく。

かなり分量があります。最初にスウェーデンボルグから紹介し、その後、他の人の
ものをご紹介しましょう。

428 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 11:24:03.37 ID:DUKd/4Fc
私への感想はまぁそうだろうなという感じですね、こちらとしては否定的な意見のほうがありがたいので
遠慮なく私へは書き込まれてください
それらも含めて見る事が出来、こちらはそれで利にもなるのですよ

教会への配慮に対しては答えない答えられないということでしょうか?
自分の”中身”が大事というわけですねそして中身が大事ということが外部の本意ではない
行動やふるまいになったとしても興味が無いと・・・たしかに新しいですね

429 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 11:47:33.20 ID:XgX3sc3S
>>428
部外者のあなたが一体何の利になるのですか?
別にどうでもいいのですが。

教会への配慮という点ですが、これは各人の心の中の問題であって、私が
教会へ行って秩序を乱しているということはないのです。
もし秩序を乱すならそれはまた問題となるでしょう。

あるいは、もし掲示板で私が意見を表明することが問題であるというなら
そのときはそのときで、あなたとは全く関係のないことです。

私はどうなろうと何とも思いません。
天動説と地動説のようなものです。これは信念の問題なのです。

430 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 11:47:37.20 ID:DUKd/4Fc
うーんどうでしょうね?この後抜粋が貼られるのでしょうが
カトリックがそれを受け入れるかどうか?は
その施設を利用させてもらっている側が主張するものでしょうか?

おそらく貼り付けられるであろう抜粋も含めてそれでも今のカトリックの立ち居地なのでは
何度も書いてますがそれは”配慮”では無いです
カトリックの信者の指針を自分の中身で変えた言わば自己都合であるにも関わらず
それをカトリックが受け入れるかどうか?などとはおこがましい気がしなくは無いですね

それからコンサルタントと評してくれたことはすこし嬉しい気がします
名無し氏も書いてましたが支配的であるとか
これらのように書かれたのはそれなりに力があったようですね
これが貴方方の言う悪魔的なのでしょう

431 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 11:54:00.70 ID:XgX3sc3S
>>430
一つ申し添えておきますが、カトリックといってもあくまでも主のもので
あって、主の意向に反して教会があるのではありません。
もし、主の意向に反して抹殺されるならその時はその時です。
主でさえ神殿のファリサイ派に殺されたのですから。
光栄至極です。

432 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 11:57:57.71 ID:XgX3sc3S
>>430
悪魔に力があるわけではありません。
しかし、主がそれを許されるのは何かそれを善用されようという目的
があるからです。
多少なりと話のきっかけにはなります。
あなたにもそれなりの意義があるのでしょう。

433 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 12:00:39.76 ID:DUKd/4Fc
自然的な事柄をもって秩序を乱していない、配慮もしているというのは
貴方が自然的にも重さを置いている証左なのでしょう
貴方は霊的な事柄を重視されていますが時折反論が自然的なものにもなりますね
人である以上はまぁ当たり前なのですが・・・

何度もやり取りをしてもそんな返しということは本当に考えてなかったようですね
私も貴方方も人ですから仕方ありませんか

なるほど主の意向でもあるカトリックから異端認定されるものを貴方の場合は重視もされていると
難儀なものですね

434 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 12:11:46.82 ID:XgX3sc3S
>>433
自然的なことを配慮するのはあたりまえではないですか。
あなたの言う施設を利用していながら云々ですが、ささやかながら月定献金も
その他の献金もしています。当然のことです。
また、神父様にも敬意を抱いています。
それは尊い仕事です。

私がたとえカトリックから異端だの破門だの言われても、皆さんにはやはり
カトリックに行きなさいと言います。
主は受け入れてくださるでしょうし、主は教会の分裂など望んでおられは
しないからです。

主が殺されるのはご存知でもエルサレムの神殿に登られたように。

435 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 12:30:10.77 ID:eZNlsH2r
>>434小さなヨハネは、スウェーデンボルクなどの異端を広めるカトリック教会内の『背教者』なのだ!

436 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 12:31:27.40 ID:XgX3sc3S
あなたのロジックが地上的で間違っているのは、現在あるカトリックがすべて常に正し
いという前提に立っているからです。
教会の終わりに教会がどうなるか。
預言者ダニエルの言った憎むべき破壊者が、聖なる場所に立つのを見たら(マタイ24・15)
とあるように、教会は誤謬に陥るのです。

437 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 12:33:01.71 ID:XgX3sc3S
>>435
あなたに言われる筋合いはありません。

438 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 12:34:10.60 ID:DUKd/4Fc
ふむ、去年”自覚”はあるのか?という問いをしたことがありましたが
それにすこし準拠していただいたようでなによりです
コンサルタント?のお蔭ですかね、トレースしていただいたのか元々なのかはわかりませんが

当たり前ではありますがその当たり前に最終的に反論が帰結してしまうのは
今までの研鑽はなんだったので?と思わなくもないですが・・・

自然的な事柄によって”も”教会つまりは主の意向は存続できているわけです
何度か書きましたが自然的なこと”も”大事なのはお分かりいただけましたね?
人によっては場合により霊的はことが勝るとも自然的な事柄も無視できないくらい
我々とは密接に関わるし関わっていくものですから
自然的なことに配慮するのは当たり前という発言はスレが続く限りは記憶しましょう

分かりきっていましたが貴方の場合は難儀な立ち位置ですね
それが貴方の決めたものなのでしょう、それには敬意をはらいます
それをもって毎日は書き込みませんが今後も思う所があれば書き込みますのでどんどん否定してください

439 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 12:43:52.04 ID:XgX3sc3S
>>438
あなたが何を言いたいのか分かりません。
私が自然的なことを配慮するのはあなたに言われてしているのではありません。
この世に居る限り当たり前のことだからです。

私の言いたいのは霊的なことなのです。
あなたの興味とは関係のないことです。

440 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 12:46:47.58 ID:XgX3sc3S
あなたがご自分の影響と自画自賛するのはご自由です。

私は話の題材にちょうどいいと思ったらしているだけです。

441 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 12:50:09.62 ID:XgX3sc3S
それから、あなたから見た教会は存続しているように見えるでしょうが、
教会はすでに形骸化して霊的には死んでいます。
あるいは眠っています。

442 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 15:33:05.61 ID:SYPQjG9c
>>425
>>426
>>427
>>429
>>431
>>432
>>434
>>436
>>437
>>439
>>440
>>441
然り、然り。

悪魔は自己顕示しこちらの話を覆しさえすれば、満足なのです
こちらの話の内容を屁理屈で相殺し
覆して主役をさらっては鼻を高くしています
それらはなんと虚しい行為か…
まるで暗い暗い真っ暗な闇を見ているかのようです

443 :地震:2014/03/14(金) 15:41:30.08 ID:CEdBvCY4
地震対策

九州の玄海原子力発電所を、今すぐ、停止してください。
日本の原子力発電所は、今すぐ、すべて停止してください。

「東京、四国、九州、の方は、巨大地震にきをつけてください」

日本中の火山の活動が、活発化しています。
巨大地震に、常に備えてください。

まだ巨大地震は、おさまる気配がありません。
「最悪の事態を想定して、最悪の事態に備えてください!!」
「自分だけは、安全だと、決して思ってはいけません」

444 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 15:42:00.46 ID:4sPAX5xI
>>438
>自然的な事柄によって”も”教会つまりは主の意向は存続できているわけです

さらにもう一つ。
霊的には「教会」とは再生した個人のことです。
神の国、天国、それは個人の心の中にあります。
それを心の中に持っている人が最小単位の「教会」です。

一般的な教会とは本来そういう再生した個人が複数集まっているところです。
もしそうでないなら、単なる外形上の教会、名ばかりの教会であって、それは
教会とは呼ばれていても本当に「教会」ではないのです。
すなわちそれは主の意向ではありません。

あなたにその区別は理解出来ないかと思いますが、そういうことなのです。

445 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 15:51:46.99 ID:4sPAX5xI
>>442
ああ、名無し氏
あなたの言葉を聞くとほっとします。
ありがとうございます。心から感謝しています。

446 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 16:17:51.47 ID:4sPAX5xI
さて、それでは教会の一致について抜粋しましょう。
興味のある方はごらんください。
大量にあります。

真の基督教784

 新しい教会が地上に建設されるに先立って新しい天界が作られねばならぬことは
神的秩序に順応している。何故なら内なる教会と外なる教会とがあり、内なる教会
は天界の教会と一をなし、従って天界と一を成し、而してこの世の教職者達によっ
て知られている如く、内なるものは外なるものの前に作られ、その後外なるものが
内なるものによって作られねばならないからである。

人間における教会の内なるものを形成するこの新しい天界が増大するに応じて、新
しいエルサレム即ち新しい教会がその天界から降って来るのであり、それ故これは
一瞬に生ずることは出来ない。前の教会の諸々の虚偽が先ず取り除かれなくてはな
らない。何故なら新しい真理は古い虚偽が根こそぎにされない中は入ることは出来
ないからである。而してこれは先ず教職者の間に生じ、彼らを通して平信徒の間に
生じなくてはならない。何故なら主は以下のように語り給うたからである、「誰も
新しきぶどう酒をふるき革袋に入れず、もし然せばその袋はりさけ、ぶどう酒ほと
ばしり出でん。新しきぶどう酒は新しき革袋に入れ、かくて二つながら保つなり」
(マタイ9・17。マルコ2・22.ルカ5・37,38)。

447 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 16:27:46.64 ID:4sPAX5xI
(続き)
これらの事柄は主の御言葉によって明白であるように、教会の終わりを意味する世
の終わりまでは生ずることは出来ない。イエスは語り給うた「天国は良き種畑にま
く人の如し。人々の限れる間に、仇来りて、麦のなかに毒麦を播きて去りぬ。苗は
え出でて実りたるとき、毒麦もあらわる。僕ども来りて家主に言う、我らが往きて
毒麦を抜き集むるを欲するかと。主人言う、いな恐らくは毒麦を抜き集めんとて、
麦をも共に抜かん。両ながら収穫まで育つに任せよ。収穫のとき我かの者に、先ず
毒麦をあつめて、焚くためにこれを束ね、麦はあつめて倉に入れよと言わん。収穫
は世の終わりなり。されば毒麦の集められて火に焚かるる如く、世の終わりにも斯
くあるべし」(マタイ13・24−30、39、40)。

本章の第1項に見られ得るように、ここの麦は新しい教会の真理と善を意味し、毒
麦は前の教会の諸々の虚偽と悪を意味し、世の終わりは教会の終わりを意味する。

448 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 16:36:17.62 ID:SYPQjG9c
>>445
いいえ、わたしにできることはほんの小さなことです
こちらこそありがとうございます
主に感謝いたします

449 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 16:39:55.57 ID:ifn5llEl
歩く教会は存じております、ですから”も”をつけたのです
建築物、団体として”も”教会は重要だとキリスト教団は認識しているだろうということです
”も”と私の文章に在る場合は大体別の視点のことも書かないが留意していることが多いです

そして名無し氏、屁理屈であるという根拠を書き込まれていただければ幸いです
明確な客観性と正当性をもって屁理屈であることを明示していただければ
今後の私の発言に留意しますので

450 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 16:43:52.22 ID:SYPQjG9c
>>443
昨夜、大きな地震がありましたね
日本人の心が大きく揺らいでいるのです。それが自然へ反映しています
そしてそれは同時に神からの警告です
日本の何かがまた崩壊し地に堕ちるでしょう

人々の恐怖を煽るだけではいけません
日々の暮らしを保たせるエネルギーの安定的な確保も大切です
天変地異を見たら、世間や世界の暗いニュースを知れば、警告と共に
主に時が来るのを遅らせていただき、試練を少しでも軽減してもらえるよう人々にお祈りを
捧げるよう促してください
>>160
預言と警告/ヴァッスーラ・ライデン
http://www.youtube.com/watch?v=cjBR3Rqqy5U

こちらの動画で知ったお祈りです
毎日のお祈りに加えてください

『心優しい御父よ この時代をあなたの激しい怒りで打たないでください
彼らが完全に滅びてしまわないように 苦しみが悲嘆にくれるあなたの群れを罰しないでください
水が干上がり自然が枯れてしまうことのないように すべてがあなたの激怒に圧倒され跡形も無く消え去ってしまうでしょう
あなたの息の熱で地上は燃え上がりただの荒れ地と化してしまうでしょう!
地平線から一つの星が見えてきます
その夜は破壊され灰が冬の雪のように降りあなたの民を幽霊のように覆うでしょう
私たちを憐れんでください 神よ私たちを厳しく評価しないでください
あなたのうちに喜んだ者の心と彼らのうちにあなたが喜ばれたことを思い出してください
あなたに忠実な者を思い出し私たちの上に御手を振り下ろさないでください
むしろあなたの憐れみのうちに私たちを引き上げ全ての心のうちにあなたの戒めを置いてください
アーメン』

451 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 17:02:17.90 ID:4sPAX5xI
>>448
名無し氏

マリア・ワルトルタの福音に熱心者のシモンが出て来ます。
もう読んでから10数年たっていますので記憶ですが、彼はラザロの友人で
ラザロ同様立派な家柄の出身ですが、癩病をわずらい家を出てひどい暮らしを
していたのですが、主に癩病を癒され、弟子となります。
そのシーンも感動的です。昼、人中に出ると石をなげられますので、夜、溝の中を
這って人目を忍んで主のもとに命がけで来るのです。

人生の苦労を味わい、いぶし銀のような風格のあるすぐれた人です。

彼は主の信頼が厚く、主が捕まる前、彼にはベタニアのラザロの家に止まり、
使徒たちが逃げてしまったら、彼らを集めるようにと特別の使命を託されます。
ですから、彼は主を裏切って逃げたのではないのです。

彼は以前から若いヨハネと気が合います。
私はよい歳をした者ですが、精神年齢は幼く、頼りなく、あなたのするどい洞察力
と勇気にいつも助けられます。

私がもしヨハネなら、あなたはその熱心者のシモンを思わせます。
本当にありがとうございます。

452 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 17:45:09.25 ID:huDGHcWb
ヴァッスーラ・ライデンの教会の一致は、大艱難時代の諸宗教の連合の事で、大艱難時代のカトリック教会の雛型なのだ。

453 :神も仏も名無しさん:2014/03/14(金) 20:34:41.78 ID:PLII4Oq4
>>451
熱心者のシモンがわたしのところに天使として来られているとしたら、わたしはとても嬉しく心強い思いです
熱心者シモンを味方に得て、勇み、しかし驕らずにまいりたいと思います、ありがとうございます

事を成就させる仕事をする折には複数に必ずそれぞれの立場と役割が生じます
まことに拙いことではありますが、わたしにはわたしに相応しいのではないかと思われるお手伝いを、ご迷惑も顧みずに
勝手に出しゃばらせていただいておりますので、どうかお心苦しくなされませんようお願い申し上げます
従来通り、お心のままにレスを(流すことも含め)お使いになってください

454 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 21:15:35.29 ID:E3xzwLYw
>>453
名無し氏
類は類を呼ぶのが霊界の法則であろうと思います。あなたには熱心者シモンが
主によってきっと遣わされていることでしょう。
事を為すのは本当に大変です。しかしそれぞれの役割を与えていただいて
おり、まことに有難いことです。
私もとても一人でやりとおすことなど出来ません。
名無し氏が理解を示してくださったり、応援してくださったり、本当に心強い
支えとなっていただいています。あなたに感謝すると同時にこれも主のお計らい
と深く感謝しています。

ところで、以前からお聞きしようと思っていたのですが、名無し氏も主
イエス・キリストが父なる神ご本人と認識されていらっしゃると思いますが、
それはいつ何で知られたのですか?
今村光一氏の3冊の本でしたか? それとも聖書から独自にそう理解された
のですか?
私はまさにスウェーデンボルグでそのことを教わり、非常に驚きました。
キリストが神その方であるとは思ってもいなかったからです。
そして初めてキリスト教に合点がいきました。

455 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 21:36:10.70 ID:E3xzwLYw
私は魂を主に救っていただきました。また新しい啓示群から身に余るほどの知識を
与えられました。ですから、これらを皆さんに是非ご紹介したいと思っています。
そして一人でも関心を抱いてくださり、ご自分で主を求めていただければこれに
過ぎる幸せはありません。後は主がすべて導かれるでしょう。もちろんここに
来られること自体最初からすべて主のお導きでしょうが。

456 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/14(金) 22:00:28.47 ID:E3xzwLYw
主は無知で無学な者を使われます。なぜならその業が主のものであることが
歴然と分かるためです。
私は40になるまで神のことなど全く考えもしない人間でした。
悔改めて主を知り、その後何年かして洗礼を受けました。
聖書に詳しいわけでもなく、教会史について知っているわけでもありません。
外国語も出来ません。自分の言葉で語るのも不得手で、抜粋ばかりしている
有様です。
私は自分で考えるより、聖書や新しい啓示群の中に主のお言葉を捜すのを好む
のです。

457 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 07:10:54.82 ID:PtzyhO87
私のしていることが主の業というのは言い過ぎです。
しかし、引用しているのはまぎれもなく主のお言葉であると思っています。

ルカ16章に不正な管理人の話があります。不可解で有名な箇所です。
管理人が仮に不正な悪党であっても、その管理している物は真理であるという
意味だと思います。その真理に導かれて天国へ至れという意味です。
もっと具体的に言えば、ファリサイ派の管理している聖言(みことば)は管理人の
正邪にかかわらず、真理であるということです。

私は未熟者で間違いをしょっちゅう犯しています。過去の自分など悔いること
ばかりで本当に恥ずかしい限りす。今も現に毎日反省しています。
しかし、私が主の聖言の不正な管理人であっても、主の聖言(みことば)の輝きは
失せません。皆さんがここに引用された主の聖言から尽きぬ真理を汲み取って
下されば幸いです。

458 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 07:28:00.08 ID:PtzyhO87
>>450
まことにその通りだと思います。
私は祈りは、そういう訓練がされていないためか、苦手なので、地震について引用をします。
私にとってこれが行いを通した「祈り」です。

マタイ24・3−14

イエスがオリーブ山で座っておられると、弟子たちがやって来て、ひそかに言った。
「おっしゃってください。そのことはいつ起こるのですか。また、あなたが来られて
世の終わるときには、どんな徴があるのですか。」 イエスはお答えになった。「人
に惑わされないように気をつけなさい。 わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたし
がメシアだ』と言って、多くの人を惑わすだろう。 戦争の騒ぎや戦争のうわさを聞
くだろうが、慌てないように気をつけなさい。そういうことは起こるに決まってい
るが、まだ世の終わりではない。 民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に
飢饉や地震が起こる。 しかし、これらはすべて産みの苦しみの始まりである。 その
とき、あなたがたは苦しみを受け、殺される。また、わたしの名のために、あなたが
たはあらゆる民に憎まれる。 そのとき、多くの人がつまずき、互いに裏切り、憎み
合うようになる。 偽預言者も大勢現れ、多くの人を惑わす。
 不法がはびこるので、多くの人の愛が冷える。 しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救わ
れる。 そして、御国のこの福音はあらゆる民への証しとして、全世界に宣べ伝えら
れる。それから、終わりが来る。」

459 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 07:32:32.26 ID:PtzyhO87
>457
訂正
×恥ずかしい限りす。
○恥ずかしい限りです。

黙示録16・17−18

第七の天使が、その鉢の中身を空中に注ぐと、神殿の玉座から大声が聞こえ、
「事は成就した」と言った。そして、稲妻、さまざまな音、雷が起こり、
また、大きな地震が起きた。それは、人間が地上に現れて以来、いまだかつて
なかったほどの大地震であった。あの大きな都が三つに引き裂かれ、諸国の
民の方々の町が倒れた。神は大バビロンを思い出して、御自分の激しい怒りの
ぶどう酒の杯をこれにお与えになった。すべての島は逃げ去り、山々も消え
うせた。一タラントンの重さほどの大粒の雹が、天から人々の上に降った。
人々は雹の害を受けたので、神を冒涜した。その被害があまりにも甚だしか
ったからである。


最後の審判とバビロンの滅亡3注

 地震は教会の状態の変化である(天界の秘義3355)。


最後の審判とバビロンの滅亡61

 滅亡は巡視の後に行われた。なぜなら巡視は常に先行するからである。その
人間が如何なるものであるかを点検する行為、さらに善い者を悪い者から分離
することが巡視であり、そのとき善い者は移されて、悪い者は後に残されるの
である。このことが為されると、大きな地震が起って、そのため彼らは最後の
審判の切迫したことを認め、凡ての者はふるえた。

460 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 09:55:16.58 ID:NMmPe/gG
地震は時の終わりの教会の状態の変化であるとスウェーデンボルグは言っているの
だと思います。それは霊界におけることのようですが、この世に影響はあるだろう
と思います。教会の一致について説明する前に、その前の段階の説明として
ちょうどよい機会です。

天界の秘義3353

『飢饉と疫病と、地震が色々な所に起るであろう』はもはや善と真理とは承認されなく
なり、かくて教会の状態は変化し、そのことが『地震』であることを意味している。


天界の秘義3354

これらの事柄から主のこれらの言葉により意味されていることが明らかである、すな
わち、教会が歪められた最初の状態が意味されていて、それは人々が善いものと真の
ものとをもはや知らなくなり始め、そのことについて互いに論争し、そこから誤謬が
起る時生まれるようになるのである。これが最初の状態であるため、『終わりはまだ
こない』と言われており、また『これらの事柄は悲しみの始まりである』と言われ、
この状態が「色々な所の地震」と呼ばれ、それはその内意では一部分の、または最初
の教会の状態の変化を意味している。この凡てが弟子たちに言われたことは、それは
教会に属している凡ての者に言われていることを意味している、なぜなら十二人の
弟子たちは凡てそのような者を表象したからである(2089、2129、2130番)、
それで『たれもあなたたちを迷わさないように注意しなさい』と言われているのである。

461 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 10:00:01.22 ID:NMmPe/gG
天界の秘義3355

 内意では『地震』は教会の状態における変化を意味していることは以下から明白
である、すなわち『地』の意義は教会であり(566、662、1066、1067、
1262、1733、1850、2117、2118、2928番)、『震えること』
または動くことの意義は状態の変化であり、ここでは、教会の事柄にかかわる、すな
わち、善と真理との方面の変化である。そのこともまた聖言の他の記事から明白であ
る、例えばイザヤ書には―

 怖ろしい者の声から逃れる者は坑に陥り、坑の中から出て来る者は罠にかけられるよ
うになるであろう、瀑布は高い辺りから開かれ、地の基は揺るがされた、地はこぼたれ、
またこぼたれ、地は動かされ、また動かされ、地はよいどれのようによろめき、また
よろめき、小屋のように彼方此方に揺れる、そのとがはその上に重くかかり、かくて
それは倒れて、再び起き上がりはしないであろう。かの日エホバは高い辺りに高い所
の軍勢に、土地の上で諸王に報いられるであろう(24・18−21)。

462 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 10:04:07.61 ID:NMmPe/gG
(続き)
この記事では『地』は教会であることは明白である、なぜならとり扱われているものは、
教会であって、その基礎が、もはや善と真理とが知られなくなると、『揺るがされる』
と言われ、教会自身は『くだかれ、動かされ、あちらこちらとよろめき、揺れる』と
言われるからである。『土地の諸王』は真理であり、ここでは報復される[報いられる]
誤謬である。(『王』は真理であり、その対立した意義では、誤謬であることについ
ては、前の1672、2015番を参照、『土地』は『地』のように教会を意味して
いるが、しかしそこには相違があることは、566、1068番を参照)。

463 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 10:55:22.95 ID:zVw2hK5M
[2]さらに―

 わたしは人を純金よりもまれにし、人をオフルの金よりもまれにしよう、それゆえ
わたしは天を揺るがし、地は揺るがされてその所を離れるであろう、万軍のエホバの
憤りのうちに、その怒りの憤りの日の中に(13・12、13)。

 これは審判の日を語っており、この記事でもまた『地』は明らかに教会を意味して
いて、その状態が変ると、それは『揺るがされてその所から離れる』と言われている。
(『所』が状態であることは前の1273−1275、1377、2625、2837番
に見ることが出来よう)。さらに―

 これが地を揺るがせ、世を荒野のようになし、その都を破壊するその人間であるか
(14・16、17)。

 これはルシファのことを語っており、『地』は教会を意味しており、これを彼は、
人間がその教会の凡てのものを自分自身に帰するとき、『揺るがせる』と言われてい
る。(『王国』は教会の真理であることは前の1672、2547番に見ることが
できよう)。

464 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 10:57:17.04 ID:zVw2hK5M
[3]エゼキエル書には―

 ゴグがイスラエルの地に来るかの日、わたしの憤りはわたしの怒りの中に
起るようになるであろう、わたしは熱意と憤怒の火のうちに語ろう、まこと
にかの日イスラエルの土地は大いなる地震が起るであろう、と(エゼキエル
38・18−20)。

 『ゴグ』は内なる礼拝から分離して、かくて偶像的なものとなった外なる
礼拝を意味し(1151番)、『地』と『イスラエルの土地』は霊的教会を
意味し、『地震』はその状態の変化を意味している。ヨエル書には―

 地はかれの前に震えた、諸天は震えた、陽と月は暗くなった、星はその輝き
を失った(2・10)。

 ここにもまた主題は最後の審判の日であり、『地が震えること』は教会の
変化した状態を意味し、『陽と月』は愛の善とその真理とを意味し(1529、
1530、2441、2495番)、それらは善と真理とがもはや承認され
なくなると、『暗くなる』と言われている、『星』は善と真理とにかかわる
知識を意味している(2495、2849番)。ダビデの書には―

 かれは怒られたため、地は揺るがされ、震え、山々の基は震え、揺るがされた
(詩篇18・7)。

 『地が揺るがされ、震えること』は歪められるようになった教会の状態を
意味している。

465 :神も仏も名無しさん:2014/03/15(土) 16:20:23.27 ID:ZC8XSXnY
>>454
はい、ありがとうございます。どうぞ心安くお付き合いください

わたしは知識の得方が雑学的でして、しかしそれは所詮浅学ですので色んなものを
興味の趣くままに食い散らかしているというような、無駄知識が頭に詰め込まれている状態です
いつそれを知ったかと訊ねられてはたと考え込んでしまいました

時期的なものはわたし自身にもよくわかりません、いつの間にか、自然に、です
特段、意識に立ち上らせることもなく以前から当たり前になっていたように思います
ですから小さなヨハネさんがおっしゃっていることは、そのほとんどすべてがわたしの思っている
ことの代弁をしてくださっているようで、然り然りでレスを読んでいれば、わたしが言うことも特に
無くなってしまう、あ、これではいけない、わたしも何か書かなくては、とそのような感じです

アンチの方は当たり前のことを分かっていて反発されているのだろうと思い込んでいたところが、
こちらで読ませていただくスウェーデンボルグによって、実は分かっていない(腑に落ちていない)
可能性が高いのではないか??と遅まきながら気付くような次第です

わたしは何の取り柄もないつまらない人間ですが、何が幸いしたかを考えて特筆するとしたら
”バカみたいに素直になれた”ということぐらいでしょうか
反面、バカみたいに頑固でもあり、自分の両極端な性格に苦悩して足掻いた経験があります
まず素直になることがいちばん良いのではないかと思います
それに神を求める熱意とが一緒になって行動に表わすことができれば完全だと思います

466 :神も仏も名無しさん:2014/03/15(土) 16:46:23.12 ID:ZC8XSXnY
>>458
人は真剣に何か作業に取り組んでいる時、ほとんど余計なことは考えたり思ったりしていない
祈りの状態にあると思います
没頭している時は時間の立つのも忘れ、本能である寝食さえも忘れ非常に霊的な状態になって
いるともいえます
没頭するのが好きな人がいます。実はわたしも好きでしてこれが意外や結構楽しいのです
そこへ神とのふれあいも加わるともっともっと楽しくなるのです
小さなヨハネさんの引用文を本から起こす、一文字一文字タイピングされるという作業は写経
になっていると思います
ご自分に合われた祈りをされるのが最もよろしいことだと思います

467 :神も仏も名無しさん:2014/03/15(土) 17:03:29.91 ID:l05jBFty
小さなヨハネさん、プロテスタントの福音派の教会は大艱難とイエスの空中再臨の時期は近いと教えているみたいですが、小さなヨハネさんはこの教えを支持しますか?

468 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/15(土) 20:54:20.37 ID:SMQAg9c0
>>451 ヨハネさん、名無しさん。

>私がもしヨハネなら、あなたはその熱心者のシモンを思わせます。
本当にありがとうございます。

これこそが、あなた方の思い上がりです。

御自分のことを、時には、『糞袋』と言い、時には、この様に言われる。
全く、真逆ですね。

時に応じて、真逆の事を言う自分を、あなた方は、反省されませんね。
そのようなあなた方を主は、喜ばれるでしょうか、・・・
悲しまれるでしょうか・・・

ボルグでさえ、自分の事を、『虫以下だ』と、言ったのに・・・

まだわかりませんか?

貴方がたが拒否する、『アンチ』と呼ぶ人らが、何故、貴方がたに歯向かうのか・・・

彼等は、多くは知ってはいませんが、その心が、『貴方がたには聞き従わない』と、
つまり、『虫が好かん』と、言っているのです。

彼らの多くは、その本音では、『ただ、真実を知りたい』と、思っており、
何故なら、『愛』を、『愛されることを』、求めているからです。

そして、これらの事は、聖書に、その内意に、記されています。

469 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 22:01:14.89 ID:iCvwQC0a
>>465-466
名無し氏
ご回答ありがとうございます。
あなたが主をそのように自然に理解されたということをお聞きして、本当にすごい
ことだと思いました。私には全く出来ませんでした。スウェーデンボルグに教わるまで。

「心の清い人々は幸いである、その人たちは神を見る」(マタイ5・8)と言うお言葉が
本当なのだと実感しました。
あなたのその素直というのは純真無垢、従順ということです。これは自己愛の正反対
の究極で、主が私たちに最も望まれておられることだと思います。
少しでも無垢が無ければ天界へは入れないとスウェーデンボルグは言っていたかと思います。
あなたは頑固なまでに無垢なのだと思います。実に祝福された霊魂です。

アンチが何も分かっていないことを知らなかったとは本当に天使のような方です。
私はアンチとのお付き合いは長く、彼らが何も理解しておらず、理解しようとも
しない、むしろ憎んでいるということを知っています。私の方もすれてしまいました。
まあもともとなのですが。

祈りについて非常によくご理解いただいていることにもまた驚きます。
全くその通りです。
私は言葉で祈るのはとても苦手です。色々主や聖母に個人的なお願いや反省は
申し上げるのですが。何か簡単なことでもいいので少しでも形になることの方が
楽です。私にとってそれは抜粋です。仰るとおり、私もこれは写経のようだと思って
いました。でも自分のためだけでなく、皆さんにご提供するのに、今はパソコンに
インプットしておけばいくらでもコピーできるというのは素晴らしいことです。
コンサルタント氏(評論家氏?)の言われるように、私も文明の利器に感謝しな
ければなりません。

470 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 22:07:08.37 ID:iCvwQC0a
>>467
その教えについて具体的によく知りません。
どんなことを言っているのでしょうか。もう少し詳しく教えていただけませんか?
そうすれば私の申し上げていることとの違いが私にも分かるでしょう。

471 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 22:13:04.04 ID:iCvwQC0a
>>468
うーん、アリス氏・・・
あなたは人の批判はするけれど、ご自分はどうなのですか?
それについてあなたの率直なご見解をお聞かせください。

あなたに求められているのは実践だと思います。
あなたがあなたの主張することを実践してみせることです。

472 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 22:17:11.36 ID:iCvwQC0a
アリス氏

それと、スウェーデンボルグが自分のことを『虫以下だ』と言ったそうですが、
どこにあるのか教えていただけませんか?

前にもお聞きしましたが、憶えていたら教えてください。

473 :神も仏も名無しさん:2014/03/15(土) 22:32:23.90 ID:2I6y81oQ
先日書き込みした某コンサルタント?(私的にはこの呼称は好きではないです)です

そのスレた?人達をも対象に布教宣教されてるのがキリスト教ではあるのです
基本的には一般大衆に向けては賛意を得られなかろうとも見捨てたり悪魔と言ったりは教会はしないでしょう
個人としては中々はっちゃけた人が多いようですがそれもなかなか読んでていいものだと思っています
アリス氏の主張は主張で正しさを伴っているのだと思います
対外的ではありますがそちらのほうがどちらかといえば私的にも好みです
内のみで帰結しない、対外的でもある主張のために批判を伴ってしまうのでは無いでしょうか?

しかし団体でもなかなか日本では難しいようですから個人で長年見てきたのならば諦観にもなるのでしょう

474 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 22:40:07.90 ID:iCvwQC0a
>>473
評論家氏
無理なものは無理なのです。
それは自己責任です。
あなたがアリス氏にシンパシーを感ずるなら、評論家同士、批評家同士
類は類を呼ぶのでしょう。

475 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 22:43:43.96 ID:iCvwQC0a
反対ばかりする野党というものがあります。
中味は何もないのです。
代替案を出すなり、自分で実践するなり、責任をもって実行したらいいのです。

476 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 22:53:43.57 ID:iCvwQC0a
評論家氏
アリス氏

別にこのスレで発言されることに反対はしません。ここは公の場ですから。

しかし、何か本当に主張したいことがあるなら、以前名無し氏も仰って
いましたが、ご自分のスレッドを建てて主張してみせてください。
拝見致します。

477 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/15(土) 22:58:15.45 ID:SMQAg9c0
>>474
私が今まで述べてきた事が、聖書と一致していないのら、
そこを指摘して、彼の、そして、私の批判をして下さい。

聖書の内意を知らない者が、彼を、そのように批判する事は、
貴方の愛する『主の愛』に、反しているでしょうが!!

批判して拒否するのは、私だけにして下さい。

478 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/15(土) 23:03:56.28 ID:SMQAg9c0
>>476
この文章自体が、矛盾していますよね。

貴方の建てた、『主イエスキリストは父なる神』の、
貴方の見解に対して、散々物申しているだけです。

479 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 23:07:06.01 ID:iCvwQC0a
>>477
ええ、一致していません。

>彼等は、多くは知ってはいませんが、その心が、『貴方がたには聞き従わない』と、
>つまり、『虫が好かん』と、言っているのです。
>彼らの多くは、その本音では、『ただ、真実を知りたい』と、思っており、
>何故なら、『愛』を、『愛されることを』、求めているからです。

ヨハネ3・19−21

光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、
もう裁きになっている。悪を行う者は皆、光を憎み、その行いが明るみに出される
のを恐れて、光の方に来ないからである。しかし、真理を行う者は光の方に来る。
その行いが神に導かれてなされたということが、明らかになるために。

480 :神も仏も名無しさん:2014/03/15(土) 23:08:16.01 ID:2I6y81oQ
アリス氏の主張は個人の思惑をある程度捨てたまっさらな教会と聖書を思わせるのです
宗教というジャンルにおいては無理だ自己責任だ悪魔は地に落ちろよりは
だれをも見捨てない主の愛を信じているアリス氏の論調のほうが私は好みですよ

481 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 23:09:47.88 ID:iCvwQC0a
マリア・ワルトルタ/イエズス―たそがれの日々/P58

 しかし彼らは私を憎んでいます。私はこの世にとって一つの“危険”だから
です。世間の偽り、欲望、暴力に対する危険そのものだからです。私は光で
世間を照らすが、世間は光を愛しません。光は世間の俗悪さを、はっきり見せ
つけるから、世間は私を愛さない・・・私を愛することはできません。私が
人間の心に打ち勝つために、つまり、人間を迷わせる闇の王に打ち勝つために
来たと知っているからです。世間は私が医者であり、薬であることを認めよう
とせず、治療を拒んで狂ったように私を殺したいのです。
世間は私が主であるということに納得しない。私の言うことが世間の常識に
背いているからです。そのために世間は、罪悪である自分の本性をあばこうと
する私の声を、神の声を、押しつぶそうとしています。私と世間との間には、
淵があります。それは私の責任ではありません。私はこの世に光と道を、真理
と命を与えるために来たのに、世間は私を迎えようとしない。私の光は、その
世間にとって闇に変わる。それは私を望まない人々の罰になるからです。

482 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/15(土) 23:14:03.00 ID:SMQAg9c0
>>474
貴方はいつもそうやって、自分に組しない者を退け、
『知ろう、解ろう、近づこう』とはされません。

隣人愛のない者に、主への愛が在るはずがなく、
この事は、ボルグも記しており、聖書の主の言葉にも在ります。

483 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 23:16:54.21 ID:iCvwQC0a
ヨハネ8・42−47

「神があなたたちの父であれば、あなたたちはわたしを愛するはずである。
 なぜなら、わたしは神のもとから来て、ここにいるからだ。 わたしは自分
勝手に来たのではなく、神がわたしをお遣わしになったのである。 私の言っ
ていることが、なぜ分からないのか。 それは、わたしの言葉を聞くことが
できないからだ。 あなたたちは、悪魔である父から出た者であって、その
父の欲望を満たしたいと思っている。 悪魔は最初から人殺しであって、真理
をよりどころとしていない。 彼の内には真理がないからだ。 悪魔が偽り
を言うときは、その本性から言っている。 自分が偽り者であり、その父だ
からである。 しかし、わたしが真理を語るから、あなたたちはわたしを信じ
ない。 あなたたちのうち、いったいだれが、わたしに罪があると責めること
ができるのか。 わたしは真理を語っているのに、なぜわたしを信じないのか。
 神に属する者は神の言葉を聞く。 あなたたちが聞かないのは神に属して
いないからである。」

484 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/15(土) 23:20:05.72 ID:SMQAg9c0
>>479
>ええ、一致していません。

どこが、どのように一致していませんか。

485 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 23:25:23.68 ID:iCvwQC0a
>>484

>>479の通りです。
あなたも含め、アンチは光を求めてはいません。
求めているのは支配への愛であり、服従です。

486 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/15(土) 23:25:31.19 ID:SMQAg9c0
>>479
私は『愛』について述べましたが、
あなたの返答は、『真』についてですね。

あなたこそ、愛と真を、混同されている事を、自ら証したのでしょう。

487 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/15(土) 23:30:20.49 ID:SMQAg9c0
>>485
答えになっていませんね。
もっと詳しく、具体的に、私の言ってきた事が、聖書とどう一致していないのか、
指摘して下さい。

488 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 23:30:23.04 ID:iCvwQC0a
>>486
いいえ。
あなたの求めているのは自己愛であり、支配への愛であり、自分に対する服従です。
自己愛は誤謬と不可分離、一体であり、それは同時に真理を否定するのです。

489 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 23:32:23.17 ID:iCvwQC0a
>>487

>>479の通りです。
分からなければ結構です。

490 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/15(土) 23:34:16.25 ID:SMQAg9c0
>>488
ええ、ですから、私のこれまでの主張が、『自己愛であり、支配愛』であると言われる根拠を、
聖書と照らして、私に示してください。

私の何が、どう、間違っているのかを、聖書と照らして、指摘して下さい。

491 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/15(土) 23:40:12.46 ID:SMQAg9c0
>>489
>分からなければ結構です。

とは、何です?!!!!!

貴方は、『わかって欲しい』とは、願っておられないのですか?

それを、『傲慢』と、言うのではないですか?

492 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/15(土) 23:43:33.26 ID:SMQAg9c0
>>480 名無しさん。

ここで、私を擁護するような発言は、どうぞ、控えて下さい。

貴方まで、悪く思われる事は、願っていません。

493 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/15(土) 23:48:27.15 ID:iCvwQC0a
>>491

マタイ10・14−15

あなたがたを迎え入れもせず、あなたがたの言葉に耳を傾けようともしない者が
いたら、その家や町を出て行くとき、足の埃を払い落としなさい。はっきり言って
おく。裁きの日には、この町よりもソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む。

494 :神も仏も名無しさん:2014/03/15(土) 23:57:53.47 ID:NngRVt8c
何ノ足シニモナラヌ事ヲ考エテモ、
何モヨキコトモナイ。
ソレヨリモ、正常ナ生活ニモドレ・・・・
神信心モホドホドニ医者ニユケ

495 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/15(土) 23:57:58.49 ID:SMQAg9c0
>>466>>469
貴方がたに足りないのは、・・・

>人は真剣に何か作業に取り組んでいる時、ほとんど余計なことは考えたり思ったりしていない
祈りの状態にあると思います

この状態の時、『他人が善になるように』・・・と、思えていない、貴方がたです。

496 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/16(日) 00:08:04.24 ID:rYLbBidO
>>493
このような引用をされること事態が、あなたの心を映していますよね。

つまり、あなたの言葉に耳を傾けないもの・・・と、言いたいのでしょう。

でも、聖書に在るでしょう。
『私の羊は私の声を知っている』と・・・

また、ヤコブの井戸で、イエスと出逢ったサマリアの女が、みなに知らせ、
みなはこう言った。『貴女に聞いたからではなく、私達が知ったからだ』と・・・

497 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/16(日) 00:10:29.32 ID:rYLbBidO
>>488
そう思う根拠を、教えて下さい。

498 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/16(日) 00:23:10.20 ID:rYLbBidO
>>472
ボルグが自分のことを、『虫以下だ』と、記した箇所は覚えていません。
『ボルグさんでさえ虫以下なんて・・・だったら私は何だろう』と、強烈に思ったので、
覚えているのです。

貴方は私よりも、ボルグの本に精通しておられるのに、覚えていないなんて、と、驚きでした。

貴方は、主の成された救いの業である、『審判』も、覚えておられなかったので、納得してしまいました。
救いの業は、主の愛の業です。
つまり、あなたは、主の愛を、知らないのです。

499 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/16(日) 00:33:42.30 ID:rYLbBidO
>>480 名無しさん
>だれをも見捨てない主の愛を信じているアリス氏の論調のほうが私は好みですよ

本当は、めちゃめちゃ嬉しかったです。
勇気と、元気を、もらったです。 頑張るです。
ありがとうございます。

500 :神も仏も名無しさん:2014/03/16(日) 00:42:15.90 ID:NZxnXy5B
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
  宗教は常にありえない物語を説いている。
  考えてもみてくれ。見えもしない奴が空に住み、そいつが毎日毎分の全
 てをお見通しで、さらにその見えない奴が、10個のしてはいけないことを
 並べている。
  そしてしてはいけないことをしたときには特別な場所へ追いやられ、そ
 こには永遠に続く火や煙や拷問や激痛が用意されている。
  そこでこの世の終りまで焼かれ、叫び、苦しみ続けるのである。だが、
 そいつには愛があり、そして愛があり、さらに愛があり、金を必要として
 いる                               ^^^^^^^^^^
                             ジョージ・カーリン
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

501 :アリス ◆saZByGv7M6 :2014/03/16(日) 00:53:31.17 ID:rYLbBidO
>>485

>あなたも含め、アンチは光を求めてはいません。
求めているのは支配への愛であり、服従です。

貴方はバカですか?
ここの書き込みを見ても、あなたが『アンチ』と呼ぶ方々の多くは、
『真の愛』を求めておられませんか?

それなのに、あなたはいつまでも、愛ではなく、己が思う光を与えようとし、
愛を与えられない自分を反省せず、他人を批判して、一体何年経ちますか?

『愛されたいんだ』と、聞こえませんか?
素直になれないだけなんです。
怖れているのです。失いそうで。

どうして、もっとよく、わかろうとしない自分を反省しないのです。

502 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 06:15:28.04 ID:Xy05Uoxo
>>501
あなたがそれほど自信がおありなら、ご自分でスレッドを建ててあなたの言う『真の愛』を
『愛されたいんだ』と願っているアンチの皆さんに与えてみせてください。
ここで私のような『バカ』を相手にいつまでも批判していても仕方ないではないですか?

503 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 06:42:34.27 ID:Xy05Uoxo
アリス氏
まあ、このスレッドも私のものという訳ではないので、ここでやっていただいて
一向に構いません。ただ、私への非難ではなく、あなたの実践を見せて欲しいと
申し上げたいだけです。私への非難は別に何とも思いませんが、聞き飽きました。

504 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 06:49:42.16 ID:Xy05Uoxo
さあ、そろそろ朝のミサに出かけましょう・・・

505 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 09:56:17.20 ID:Xy05Uoxo
まだ朝は寒かったです。それではまた地震の続きです。
(地震)
>>464の続き

[4]ヨハネの書には―

 わたしは見つめた、彼が第六の封印を開いたとき、見よ、大いなる地震が起った、
陽は髪の袋のように暗くなり月はことごとく血のようになり、天の星は地に落ちた
(黙示録6・12、13)。

 ここには『地震、陽、月、星』は前のヨエル書に似た意義を持っている。さらに―

 その時間に大きな地震が起り、都の十分の一の部分は倒れ、その地震により七千名
の人間が殺された(黙示録11・13)。

 これらの凡ての記事から『地震』は教会の状態の変化以外の何ものでもなく、
『地』はその内意では教会以外の何ものでもないことが明白であり、『地』は教会
であるため、前の天と地とに代わってそれにつづいて起る『新しい天と新しい地』
により内なる教会とまた外なる教会以外には何ものも意味されていないことが明白
である(1733、1850、2117、2118番)。

506 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 09:57:45.61 ID:Xy05Uoxo
(地震)
天界の秘義3356

 『震えること』または『動くこと』は状態の変化を意味している理由は、
それが空間と時間の中に起るが、他生では空間と時間とは何ら考えられない
で、それに代わって状態が存在しているということである。他生では凡ゆる
物は空間の中に現れるように現れて、互いに他のものに恰も時間の中でつづ
いているようにつづいているということは実際真ではあるが、しかし空間と
時間はそれ自身では状態の変化である、なぜなら空間と時間とはその源泉か
ら発しているからである。これは凡ゆる霊に、実に邪悪な者らにすら完全に
知られていて、彼らは他の者たちに招致された状態の変化により、その者た
ちを、実際はそこにはいないのではあるが、そこにいるように現れさせるの
である。人間はそのことを以下の事実から知ることができよう、すなわち、
人間はいくたの情愛とそこから派生してくる楽しさの状態の中にいるに応じ
て、またいくたの思考の中にいて、その結果、身体から離れている状態の中
にいるに応じて、彼は時間の中にはいないのである、なぜならその時は多く
の時間も彼にはほとんど1時間にも思われないからであり、そしてこのこと
は彼の内なる人または霊は状態を持っていて、それに、その外なる人におけ
る空間と時間とが相応しているためである。それで『動くこと』は空間と時
間における継続的な進行であるため、その内意では状態の変化である。

507 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 13:00:57.33 ID:Xy05Uoxo
地震についての引用はここまでです。スウェーデンボルグは地震は教会の状態の変化
と言っており、それは霊界のことと言っていたと思います。実際それは霊界に
最後の審判が行われたときあったと書かれていたかと思います。

では、この世の地震についてはどうなのかというと、それについての明言はなかった
ように思います。しかしながら、世における戦争はすべて何かを表象していると
ありました(神の摂理251)。ですから、世における地震も霊的な何か、つまり
何らかの状態の変化を表象しているのではないかと思われます。

それが何か分かりません。名無し氏の仰るように、何かが堕ちるのかもしれません。
日本における大震災、フィリピンの台風など世界の異常気象、世界各地での内乱の
勃発、それらはすべて私たち人間が神に背いていることを教えているに違いありません。
私たちが神に立ち返ることが求められているのでしょう。

508 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 13:08:32.87 ID:Xy05Uoxo
参考までに戦争について引用します。以前にも引用したことがあります。

(世に戦争のある理由)

スウェーデンボルグ/神の摂理251(ハ)

「自分自身と自然とを拝する者は、極めて多くの人間の殺りくとその者たち
の財産の掠奪とを伴う戦争が許されていることを考えると、神的摂理に対す
る不信仰を確認する」。

 神的摂理は戦争を生じさせない、なぜなら戦争は基督教的仁慈に正反対の
殺害、掠奪、暴行、残酷、その他恐るべき悪を伴うから。しかし依然それは
避けることはできない、なぜなら人間の生命の愛は、(アダムとその妻によ
り意味されるところの―241参照)最古代の人々の時代から歪められて、
他の者を支配し、遂には凡ての者を支配し、世の富を所有し、遂には凡ての
富を所有しようと欲するほどになったからである。この二つの愛は拘束する
ことはできない、なぜなら人間は各々神的摂理により理性に従って自由に行
動することを許され(71−99)、こうした許しなしには主は人間を悪か
ら導き出し、かくして彼を改良し、救われることはできないからである、な
ぜなら悪は激発することを許されないかぎり、人間はそれを知らず、引いて
は承認することができず、かくてそれに抵抗するように導かれることはでき
ないから。

509 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 13:10:38.58 ID:Xy05Uoxo
(続き)
これが悪は摂理により抑えられることができない理由である、なぜなら、そ
れが抑えられるならば、閉じ込められて、がんまたはえそのように拡まり、
人間の生命的なものを凡ておかすらである。何人も自分が地獄にいることを
知って、救われることを欲しない限り、主によりそこから引き出されること
は出来ない、そしてそれは許しなしには為されることは出来ず、その許しの
理由が神的摂理の法則である。これが大なり小なり戦争の起る理由であり、
後者は領主とその隣りの者との間に、前者は王国の君主とその隣りの者との
間に起って、小さな戦争と大きな戦争との間の唯一の相違は後者は国家の法
律により拘束され、前者は国際法により拘束されていて、何れの場合にもそ
の法律を踏み越えようとする欲望が在るが、小さな争闘者の方ではそれを為
すことができないが、大きな方は少なくとも或る程度はそれを為すことがで
きるということのみである。何故なら殺害、掠奪、暴行、残酷を必然的に伴
う王侯の大きな戦いがその初期にもその進行中にも主により止められないで、
何れか一方の争闘者の力が弱められて、遂にその%

510 :神も仏も名無しさん:2014/03/16(日) 13:38:02.58 ID:ody5sJTU
私がキリストだから、イエスの教えでなく
私の教えを見なさい

511 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 14:13:29.36 ID:Xy05Uoxo
>>510
マタイ24・23−28
そのとき、『見よ、ここにメシアがいる』『いや、ここだ』と言う者がいても、
信じてはならない。偽メシアや偽預言者が現れて、大きなしるしや不思議な業を
行い、できれば、選ばれた人たちをも惑わそうとするからである。あなたがたに
は前もって言っておく。だから、人が『見よ、メシアは荒れ野にいる』と言っても、
行ってはならない。また、『見よ、奥の部屋にいる』と言っても、信じてはならない。
稲妻が東から西へひらめき渡るように、人の子も来るからである。死体のある所には
はげ鷹が集まるものだ。

512 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 14:14:51.09 ID:Xy05Uoxo
>509
訂正
×遂にその・
○遂にその者が死滅の危険に陥る時にのみ止められることについては他に多くの
 理由が神的知恵の宝庫に貯えられている。

(続き)
 これらの理由の中私に示されたものがあるが、その中には以下のようなものがある、
すなわち、戦争は凡て、たんに世の事にのみ関係しているものですら、天界では教
会の状態を表象していて、相応であるということである。これは聖言に記されてい
る凡ての戦争に言われ、また現今の凡ての戦争に言われる。聖言に記されている戦
争はイスラエルの子孫がアモリ人、アンモン人、モアブ人、ペリシテ人、シリア人、
エジプト人、カルデア人、アッシリア人のような種々の民族と交えた戦争である。
教会を表象したイスラエルの子孫が、その守ることを命じられた教令と法令とを犯
し、それらの民族により意味される悪に陥ったとき(なぜならイスラエルの子孫が
戦いを交えた各民族は或る特殊の悪を意味したから、)彼らはその民族により罰せ
られたのである。例えば、彼らは教会の聖い物を忌まわしい偶像崇拝により冒涜し
たとき、アッシリア人とカルデア人により罰せられたのである。なぜならアッシリア
とカルデアとは聖物冒涜を意味したからである。

513 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 14:17:58.07 ID:Xy05Uoxo
(続き)
 彼らのペリシテ人との戦争の意味は「新エルサレムの信仰の教義」に見ることが
できよう(50−54)。同様の事が現今の戦争によりその戦争が何処で行われよ
うとも表象されている、なぜなら自然界の凡ての出来事は霊界の霊的な事柄に相応
し、霊的な事柄は凡て教会に関係しているからである。この世では何人も基督教世
界の如何なる国がモアブ人とアンモン人に、どれがシリア人とペリシテ人に、どれ
がカルデア人とアッシリア人、その他イスラエルの子孫が戦った民族に相応してい
るかを知らないが、にも拘らずこのように相応している民族がいるのである。

514 :神も仏も名無しさん:2014/03/16(日) 16:33:43.63 ID:cl29dYlr
小さなヨハネさんは、カトリック教会にミサで聖体を受けるだけで、教会の信徒と交流を持っているような感じではないみたいですね!
教会で信徒同士と交流を持っている人は、スウェーデンボルクなどの異端を信奉するはずはありません

515 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 18:07:22.50 ID:Xy05Uoxo
>>514
ええ、私は教会へ行くのはミサに与るためです。
それは私と主との極めて個人的な関係です。
しかし、皆それでよいのです。カトリックは大体そんな感じです。

委員などをされている方は違うでしょうが。
もちろん交流を否定するわけではありません。
それは個人の好みによります。
用がある以外殆ど誰とも話さない私ですが、今日、何年ぶりかの人にお会いしました。

516 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 18:14:08.05 ID:Xy05Uoxo
(続き)
しかし自然界では、地上の教会の性格とその教会が陥って、そのために戦争に
より罰せられる悪とは全く認められることは出来ない。なぜならこの世では
外なる物以外には何ものも認められず、外なる物は教会を構成しないからで
ある。しかし霊界では教会そのものを構成する内なる状態は明らかにされて
おり、そこでは凡ての人間はその色々な状態に従って結合されている。霊界
のこれらの状態の闘争は戦争に相応し、戦争は何れの側でも相応の法則に従
って主の神的摂理により統制されている。この世の戦争は主の神的摂理によ
り支配されていることを霊的な人間は承認するが、しかし自然的な人間は認
めない、彼はただ勝利のための感謝祭が定められるとき、ひざまづいて神に
勝利を謝し、戦いに出る前に簡単な祈りを捧げるかもしれないが、その常の
心の状態にかえると、その勝利を指揮官の手腕に、または戦いの進行中不意
に起って戦局を決定した暗示または事件に帰するかする。

517 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 18:18:30.53 ID:Xy05Uoxo
(続き)
人間が運と呼ぶ神的摂理は些末な物の極めて微細な部分にすら働いていること
は前に見ることができよう(212)、もし諸君が神的摂理がこれらの事柄を
統制していることを承認されるなら、それは戦争の出来事も統制していること
を必ず認めるにちがいない。戦争中の成功、僥倖も普通戦争の運と呼ばれている、
しかしこれは神的摂理であり、それは特にその指揮官の計画と準備の中に、
たとえ彼はそのときまたそれ以後に凡てを自分自身の巧妙さに帰するにしても、
働いているのであ%E

518 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 18:22:12.11 ID:Xy05Uoxo
>517
訂正
×働いているのであ・E
○働いているのであるが、彼はもし欲するなら、それを凡て自分の巧妙さに帰して
 も宜しいのである。なぜなら彼は神的摂理を信じる、信じない、また神を信じる、
 信じない完全な自由を持っているから。しかし彼は彼の計画と準備の如何ような部
 分も彼自身の中から発しないで、凡ては天界か地獄かその何れからか来ており、すな
 わち許しにより地獄から来ているか、摂理により天界から送られているかしてい
 ることを知らなくてはならない。(以上)

519 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 20:56:18.71 ID:Xy05Uoxo
では、教会の一致、刷新についてに戻りましょう。
>>447の続き
(教会の一致)
スウェーデンボルグ/天界の秘義2913

もし凡てのものが仁慈を持っているなら、たとえ教義的なものと礼拝とについては
異なっているにしても、教会は一つのものとなるであろう。(1285,1316、
1798、1799、1834、1844、2385)


天界の秘義3324[10]

世界にあまねく存在している主の教会は凡ゆる所で真理の方面では相違しているが、
しかし仁慈を通して一つのものとなっている(3267番)。たとえ教会員は祭儀
のまた教義の事柄については相違しているにしても、もし凡ての者が仁慈を持って
いるならば、教会は一つのものである(809、1285、1316、1798、
1799、1834、1844番)。もし凡ての者が信仰ではなく、仁慈を教会の
本質的なものであるものとして考えるなら、多くのものから一つの教会がうまれる
であろう(2982番)。

520 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 20:59:48.23 ID:Xy05Uoxo
(教義的なものの方面では色々と異なったものでないわけにはいかない)

天界の秘義3451[2]

 しかし地上の主の王国、すなわち、主の教会については、それはその教義的な事柄
を聖言の文字の意義から得ているからには、それはこれらの教義的なものの方面では
色々と異なったものでないわけにはいかないのであり、すなわち、或る団体は一つの
事柄を、それが聖言にそのように言われているため、信仰の真理であると告白し、
他の団体は他の事柄を、それがまたそのように言われているため、真理として告白し
ており、そうしたことがくり返されているといったことが現実となっているのである。
従って主の教会は聖言の文字の意義からその教義的な物を得ているため、それは凡ゆる
所で相違しており、しかもそのことはいくたの団体のみでなく、時としては一つの団体
の中の個人各々についてさえも言われるのである。にも拘らず信仰の教義的な事柄に
おける相違は、善を欲し、善を為すことについては一致が在りさえするなら、教会が
一つのものとなる妨げとはならないのである。

521 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 21:02:50.48 ID:Xy05Uoxo
天界の秘義3451[4]

教義的なものであるものが教会を作るのではなく、仁慈がそれを作る
(809、916、1798、1799、1834、1844)。

教義的な事柄は人間がそれに従って生きない限り無意味である(1575番)。

教会は真理の方面では異なってはあるが、しかし仁慈を通して一つのものと
なっている(3267)。

善に属している天的な事柄の方面では主と人間との間には類似性[対応]が
存在しているが、しかし真理に属している霊的な事柄の方面ではそれは存在
しない(1831、1%8

522 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/16(日) 21:35:35.60 ID:Xy05Uoxo
>521
訂正
×しない(1831、1%8
○しない(1831、1832番)。

(続き)
ただ一つの教義が、すなわち、主に対する愛と隣人に対する仁慈の教義が在るに
すぎない(3445番)。

たとえ礼拝と教義的な事柄の方面では相違していても、もし凡てのものが仁慈を持
っているなら、教会は一つのものとなるであろう(809、1285、1316、
1798、1799、1834、1844、2982番)。

もし凡てのものが仁慈を持っているなら、教会は諸天界における主の王国のような
ものになるであろう(2385番)。

天界には善と真理との無数の多様なものが存在しているが、しかしそれにも拘らず
それらのものは調和により、身体の各器官と部分のように一つのものとなっている
(684、690、3241番)。

523 :カスガ ◆ZafkielDro :2014/03/16(日) 21:35:40.37 ID:f1x0mdgI
>>511
なぜ「人の子」という表現になっているのか
文字通り「人の子」だからである
再臨する主はいま人間として生きておられる
主は盗人のように来る
その意味は、ある日突然、忠実で敬虔なキリスト者を、
地上から取り去られるからである
つまり神隠しである
寝ぼけているキリスト者は、そこでようやく目を覚ます
「地上のすべての民族は悲しみ、
人の子が大いなる力と栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見る」
改心の猶予期間が終わる瞬間である

524 :神も仏も名無しさん:2014/03/16(日) 23:16:27.97 ID:cl29dYlr
>>523 あなたの言葉を聞くと、私も教会に行かないといけないなと感じました。いま、旅館で働いていて日曜日に教会にほとんど行ってない状態だし、神様を信じてはいるものの、お祈りはたまにしかしていない状態で、日曜日に教会に行けるような職業に変えたいです。

525 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/17(月) 06:56:26.61 ID:HjQmfjYa
何が地に堕ちるのか考えていました。
嘘が明らかにされるのではないでしょうか。
あまり、事実に詳しくないので無責任ですが、あくまで私の個人的感想として。

例えば最近の
1.ホテル、レストランでのメニュー虚偽表示
2.鉄道会社の虚偽報告
3.偽作曲家
4.偽科学論文
5.アンネの日記事件

1は利益を図るための嘘、
2は人命にかかわる危険な嘘。

3、4は聞くも恥ずかしい嘘です。
チェックする人間も、持ち上げたマスコミも責任を問われるでしょう。

5は本を破る行為はもちろん悪ですが、アンネの日記が以前から小説(?)だという
説があることは知っていました。私はアンネの日記を読んだことがないので何とも
分かりませんが、これをきっかけに、日記が嘘か本当か見直されることになるでしょう。
民族の迫害が悪であることは事実ですが、もし嘘をついてまでキャンペーンをするなら、
それも悪だと思います。

主は嘘を嫌われます。

526 :神も仏も名無しさん:2014/03/17(月) 07:16:21.17 ID:voJMtMXg
>>525ホロコースト記念館の大塚信館長は「ヨーロッパではかつてアンネの日記はアンネ・フランク自身でなく、別人が書いたという論争があったが、その後、オランダの研究機関が行った筆跡鑑定などから彼女自身が書いたと結論づけられている。

527 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/17(月) 07:25:20.30 ID:HjQmfjYa
嘘は蔓延しています。
もっと重たいものとして

1.いじめに対する学校側の対応

これなど、いじめは子供がしたことでも犯罪です。
また監督者である学校側は道義的責任はもちろん、法的責任が問われます。
嘘をついて責任を逃れるなら非常に悪質な犯罪です。

国対国の政治的なものも関わる

2.我が国の自虐史観

従軍慰安婦や南京大虐殺の話が捏造だという話があります。
私も個人的な希望も含め、それらに捏造が含まれているのではないかと思っています。
どの程度嘘なのか分かりません。
良識ある専門家の検証に委ねます。

528 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/17(月) 07:29:16.94 ID:HjQmfjYa
>>526
それだけでは信じられません。

529 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/17(月) 09:26:55.15 ID:HjQmfjYa
世の中には嘘が溢れています。
宗教にも。
無神論、自然主義。
キリスト教における三神論。
信仰義認説。
私の本分は宗教であり、キリスト教です。
世間の嘘の本源は神の否定から来ているのだと思います。
悪を悪とも、罪を罪とも思わないのです。

非力な人間ですが、私はこれらの嘘と戦わねばなりません。

530 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/17(月) 09:41:02.31 ID:HjQmfjYa
皆さんに霊的知識を伝えることは私の義務です。
皆さんも基礎知識を学んでください。
そもそも知識がなくては何が正しいか考えることも出来ないからです。
スウェーデンボルグは基礎知識中の基礎知識です。
義務教育のようなものです。
学校へ行って、読み書きそろばんを習うようなものです。
問題はそれからの実践ですが、その前に知ることが必要なのです。

531 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/17(月) 09:45:04.30 ID:HjQmfjYa
(教会の一致、刷新)

黙示録講解104

仁慈が教会を構成するのであり、809、916、1798、1799、
1844、1894、番、教会の内なるものは仁慈であり、4766、
5826番、

もし凡ての者が、たとえ信仰の教義と礼拝の祭儀[儀式]との方面では相違
してはいても、仁慈から顧慮されるなら、一つの教会が存在して、現今の
ように、多くの教会は存在はしないのである、1286、1316、1798、
1799、1834、1844、2385、2982、3267、3451番、

主を拝することは仁慈の生命の中に在り、8254、8256番、
礼拝の性質は仁慈の性質に順応しているのである、2190番

532 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/17(月) 10:02:46.48 ID:HjQmfjYa
天界の秘義2385
 
主に対する愛と隣人に対する仁慈とはその上に律法のすべてがかかっている
ものであり、またあらゆる予言者から語られているものであり、それでそれ
らはあらゆる教義と礼拝との本質的なものであるという真理が受け入れられ
ている場合は非常に異なるのである。なぜならその場合心はその真理が原理
として受け入れられないときは不明確な誤った原理の中に隠されてしまうと
ころの聖言の無数のものにより明るくされるからである。否、そうした場合
には異端は消滅してしまって、一つの教会が多くのものから起こってくるの
である。
たとえその一つの教会から流れ出ている、またはそれへ導かれている教義的な祭儀的な事柄がいかに甚だしく相違しているにしても。

533 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/17(月) 10:18:14.99 ID:HjQmfjYa
天界の秘義2385[5]

そうしたものが古代教会であって、それは多くの王国に拡がっていたのである。すな
わちアッシリア、メソポタミア、シリア、エチオピア、アラビア、リビア、エジプト、
ツロとシドンにも達したぺリシテ、ヨルダンの両岸のカナンの地にも拡がっていたの
である。これらの国の間では教義的なものと祭儀的なものとは相違してはいたが、し
かし彼らには仁慈は本質的なものであったため、依然教会は一つのものであった。その
とき地上には主の王国が天界におけるように存在したのである。なぜならそうしたも
のが天界であるからである(684,690)。もしそれが現今もそのようなもので
あるなら、すべては主により一人の人間として支配されるであろう。

なぜならそれらは一つの身体のいくたの肢体と器官のようなものとなるからである。
なぜなら身体の肢体と器官とは同じ形はしておらずまた同じ働きも持ってはいない
ものの、それでもすべてのものは一つの心臓に関連をもっていて、その心臓にすべて
のものが、また各々のものが、あらゆる所で相違しているそのいくたの形をもちつつ
も依存しているからである。そのときは各々の者は、いかような教義の中に、いかよう
外的な礼拝の中にいようとも、これはわたしの兄弟である、わたしは彼が主を拝して
いて、善良な人間であることを認めると言うであろう。

534 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/17(月) 12:03:45.75 ID:HjQmfjYa
ミミズは腐葉土を食べ、糞は植物の肥やしとなり、穴は通気性を良くしています。
ミミズ自体は「糞袋」のようなものですが、植物の成長にはとても役に立っています。
植物の葉は真理に相応します。
私自身はミミズ同様、糞袋に過ぎません。しかしたくさんの霊的知識を食べており、
吐き出す引用は私の考えに汚されているかもしれませんが、主からの啓示であり
真理であることに変わりはないと思っています。
ですから、皆さんがこれをきっかけに自ら勉強され、霊的に成長してくだされば幸いです。

535 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/17(月) 12:15:44.52 ID:HjQmfjYa
またミミズは魚の大好物です。
魚は自然的な人を意味しています。

(すなどる)
天界の秘義10582
教会の外なる事柄を教えること。

黙示録講解513ハ
「『あなたらは人間を漁る者とならなくてはならない』と言われたことは、
かれらは教会へ集めなくてはならないことを意味し、『かれらがあみを投げ
こんで、その中に非常におびただしい魚が入っており、そのため舟は沈み
そうになった』は、教会がかれらを通して改良されることを意味したのである、
なぜならここの『魚』は改良が遂行される手段となる真理と善とにかかわる
知識を意味し、同じく改良されなくてはならないおびただしい人を意味する
からである。」


ところでミミズはモグラの大好物でもあります。モグラ(土竜)は目が見え
ず、暗黒に住んでいます。太陽を知りません。
モグラは恐らく神を知らないアンチの荒らしに相応しているのでしょう。
私はアンチの餌として好まれるのでしょう。

536 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/17(月) 12:29:14.07 ID:HjQmfjYa
天界の秘義2982

「カナンの地の」。これは、その教会は主の王国の中で一つのものであること
を意味していることは、「カナンの地」の表象が主の王国であることから明白
である(1413、1437、1585、1607番を参照)。主の諸教会に
おける実情は以下のごとくである、すなわち、古代には多くの教会が同時に
存在して、今日のように教義的な事柄についてはその諸教会の間に区別があ
ったが、しかしそれでもそれらはそれらが主に対する愛と隣人に対する仁慈
とを第一義的な、本質的なものそのものとして承認し、それ故教義的な事柄
の目的はいかように考えなくてはならないかをそれらに教えることではなく
て、いかように生きなくてはならないかを教えることであったという事実か
ら一つのものとなっていたのである。そして各々のものと凡てのもののもと
で[一切の教会のもとで]主に対する愛と隣人に対する仁慈が―すなわち、
生命の善が―本質的なものとなっていると、そのときは諸教会は、それらが
いか程多くあるにしても、一つの教会を構成するのであり、そのときは凡て
のものは主の王国の中で一つのものとなるのである。こうしたものがまた天
界である、そこには無数の社会が在って、凡ては明確に区別はされているが、
それでも凡てのものの中には主に対する愛と隣人に対する仁慈が存在してい
るため、それらは一つの天界を形成しているのである。

537 :神も仏も名無しさん:2014/03/17(月) 12:31:34.67 ID:NHxeP4W0
>>469
主と人間とは一対一の密な関係ですからきっとその人その人に最も合った個別指導をなさ
れるのだと思います
人間世界の教育は一律同じで、なかなか痒いところに手が届かない大雑把さですがその点、
主の何もかもわかってしてくださるきめ細かいご配慮は大変素晴らしく嬉しい限りです
>>465の…
>まず素直になることがいちばん良いのではないかと思います
>それに神を求める熱意とが一緒になって行動に表わすことができれば完全だと思います
三点セットが結果的に揃うことになればよろしいのではないかと思われます

小さなヨハネさんが繰り返し力説なさっているので気付くことができました
わたしも三歩進んで二歩さがる調子で前進後退しながら学ばせていただいています
ご謙遜でおっしゃられているのは十分承知しておりますが、小さなヨハネさんはちゃんとご自分
の欠点に気付かれて、反省できるお方ですのであまりお気になさらずとも大丈夫だと思います
行く道の通過点にすぎないと思いますので、わたしたちは先を急ぐことといたしましょう

わたしはアンチの方がおっしゃるような神信仰が文明の利器を否定することに繋がる意味が
どうもよく理解できません
主がくださった良いものは感謝して正しい使い方をすれば何も問題ないように思います

538 :神も仏も名無しさん:2014/03/17(月) 12:53:32.39 ID:NHxeP4W0
>>469
祈りについてですが、ヴァッスーラが主から直接授かったということで公開されているあの祈り
>>160は、とても良いものだと思います
この短い文の中にも主がわたしたちに教えようとしてくださっていることが凝縮されていると思います
もし写される必要がおありの時は、できましたら祈りの文だけは一文字ずつ思いを込められながら
写経されるほうがよろしいのではないかと思います
されどお祈り、でありまして、定型文は非常に便利なのであります
何をどう言って祈ればいいのか悩まなくて済みますし、意味の良く分かる平文になっています
ので、言葉に合わせて思いだけが乗せやすいのであります

539 :神も仏も名無しさん:2014/03/17(月) 13:49:49.75 ID:NHxeP4W0
祈りについての続きです

祈る時の行い(行動・形)ですが、内なる人と外なる人が裏表なく善で一致した行動はすべて善行に
なっていると思います
祈りに合わせて例えば、ロザリオを繰る行為ですとか、ロザリオがなければ指をひとつずつ折って
ゆくですとか、手を胸の前で合わせる・組む、頭を下げる、声に出さないでも口を動かす、居住いを
正す(正座や姿勢を良くする)、等々、他にもあると思いますが何かしらの相応しい行動を伴うことで、
それは表わされます
日本式の食事の時の「いただきます」「ごちそうさまでした」を言う時、手を合わせて頭を下げる時
これも心に神を思い感謝の気持ちを持てばちゃんとお祈りになっています
いただくとは頂(いただき)で頂点(神)を表していますし、戴くの文字も上に乗せる意から神へ
の捧げものを表しているのだと思います
頂きは授かりであって有り難く受けはするものの、すべては神のものですから頂いたら捧げる
ということだと思います
自分のものにしてしまわないことで神の祝福が受けられます
行為が良い結果となるように神に捧げてすべての差配をお任せするということです

540 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/18(火) 09:42:36.53 ID:GqW23RjZ
>>537
名無し氏
>主と人間とは一対一の密な関係ですからきっとその人その人に最も合った個別指導をなさ
>れるのだと思います

本当にそうですね。名無し氏はスウェーデンボルグに頼らずとも主が神ご自身であることを
理解され、私はスウェーデンボルグによってはじめて理解しました。
そして、そのことによって私は自分の体験を証しする機会をいただいたように思います。
まことにありがたいことです。

>素直、熱意、行動

全くその通りだと思います。どれが欠けても不完全です。

>わたしたちは先を急ぐことといたしましょう

そうですね。時の終わりはすでに来ています。私たちはふつつかな僕ですが、
与えられた仕事を懸命に果たさなければなりません。

>主がくださった良いものは感謝して正しい使い方をすれば何も問題ないように思います

全く同感です。
あるシスターが電話で神父様を励ました話を思い出しました。主が彼女に電話を使い
なさいと教えられたのです(ブリージ・マッケナ/「祈り 恵みの泉」P60)

541 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/18(火) 09:48:32.67 ID:GqW23RjZ
おや、今度は書き込み出来ました。
昨日から今朝まで書けなかったので、次スレを立てました。
これでこのスレッドがいつ一杯になっても安心です。
主と聖母に感謝。

次スレ:
主イエス・キリストは父なる神 2013.3.18
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/psy/1395093721/l50

542 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/18(火) 10:21:02.55 ID:GqW23RjZ
>>538
> >>160は、とても良いものだと思います
>この短い文の中にも主がわたしたちに教えようとしてくださっていることが凝縮されていると思います

本当ですね。

>もし写される必要がおありの時は、できましたら祈りの文だけは一文字ずつ思いを込められながら
>写経されるほうがよろしいのではないかと思います

仰るとおりです。


>されどお祈り、でありまして、定型文は非常に便利なのであります

確かに。主の祈りやロザリオの祈りなどもそうですね。

543 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/18(火) 10:47:03.14 ID:GqW23RjZ
>>539
>居住いを正す(正座や姿勢を良くする)、等々、他にもあると思いますが何かしら
>の相応しい行動を伴うことで、それは表わされます

私は何か人に役に立つことを行うという意味の行動を念頭に申し上げていたのですが、
仰ることはその通りだと思います。確かに私が最近していないことです。
主もよく一人退いて祈られ、ゲッセマニではひざまずいて祈られています(ルカ22・41)。
(神ご自身であるのに! 何と神は謙遜な方であることか。)
聖母もマリア・ワルトルタの福音の中で床に身を投げるようにして祈っていた場面が
あったかと思います。
ヴァッスーラは主のお言葉を筆記する際、ひざまずいてするようです。
(ジャック・ネランク/あなたは預言を無視しますか/P48)

544 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/18(火) 10:51:31.67 ID:GqW23RjZ
>日本式の食事の時の「いただきます」「ごちそうさまでした」を言う時、
>手を合わせて頭を下げる時
>これも心に神を思い感謝の気持ちを持てばちゃんとお祈りになっています

本当ですね。昔の洋画で食事の際父親が神に祈りを捧げるシーンがありましが、
日本でもしていたのですね。
我が家ではいただきますの一言ですが・・・。

>頂きは授かりであって有り難く受けはするものの、すべては神のものですから
>頂いたら捧げるということだと思います

なるほど。感謝を捧げるという意味もあるかもしれませんね。
そういう信仰心の深い家庭が出来たら素晴らしいことです。

>行為が良い結果となるように神に捧げてすべての差配をお任せするということです

なるほど、仰るとおりです。

545 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/18(火) 15:22:29.54 ID:GqW23RjZ
(教会の一致)
天界の秘義3241[3]

 霊的な教会に属している者たちは、天的な教会に属している者とは異なって、
善い真である事柄を何ら認識しないで、その学んだものを真理として認めているため、
そのため彼らはその事柄については、何かの事柄が真であるか否かと絶えず論じて
おり、各々の者はその者自身の教会のものであるその教義に止まって、それを真の
ものと呼んでいるのである。これがかくも多い相違の源泉となっている。さらに極
めて多くの者は外観と迷妄[妄想]から善い真の事柄についてその結論を下してお
り、互にその仕方は異なっているが、たれ一人いかような認識からもそれを下して
はいないのである。彼らは認識の何であるかを知ってさえもおらず、その理解はこ
のように信仰のいくたの善と真理については明確ではないため、信仰の凡ゆる事柄
の中で最も本質的なものについても、すなわち、主の神的なものと人間的なものと
発出する聖いものとについても見解の相違が生まれてくるのは驚くにはあたらない
のである。

546 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/18(火) 15:26:08.41 ID:GqW23RjZ
(続き)
天的な者たちはこれらのものは三つのものではなくて、一つのものであること
を認めているが、しかし霊的な者たちは、それらのものは一つのものであると
考えようとは欲しはするものの三つのものの観念の中に宿っているのである。
それで最も本質的なものであるものについても見解の相違が在るからには、
教義的な事柄の変化と相違とは無数であるに相違ないことは明白である。この
ことから凡ての者は、ここに名を記されている者たちにより意味されている
ところのいくたの派生したものが何処から発しているかを知ることが出来よう。
しかし教義的な事柄には極めて多くの変化と相違とが(すなわち、極めて多く
の派生したものが)存在していることを認めるにしても、それでも、凡ての
ものが仁慈を教会の本質的なものとして承認するとき、またはそれと同一の
ことではあるが、生命[生活]を教義の目的として認めるときすなわち、彼ら
が教会の人間がいかように生活しているかを尋ねて、その見解はいかような
ものであるかをさほど問題にしないときは、それらのものは共になって、一つ
の教会を形作っているのである、なぜなら他生では人は各々その者の生命の善
に応じて分を主から受けて、生命の善から分離した教義の真理に応じてそれを
受けはしないからである。

547 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/18(火) 15:29:20.59 ID:GqW23RjZ
天界の秘義4448

 霊的な教会であった古代教会の場合はそれとは異なっていたのである。
なぜならこの教会は最古代教会とは異なって、主に対する愛の中にはいないで、
隣人に対する仁慈の中にいて、信仰の真理によらなくては仁慈に達すること
はできなかったのであり、この真理を最古代の人のようには認識しないで、
それで彼らはそのとき真理についてはそれがそうであるか否かと詮索しはじめ
たのである。


天界の秘義4837[3]

 それはまた教会が一つのものではなくて、いくつものものになっており、
しかもそのいくつものものが信仰の諸真理に従って、またはいくたの教義的な
ものに従って互に他から明確に区別されているようなイメージを提示するの
であるが、しかし教会は善がその中で本質的なものとなり、それが諸真理に
より加減されて、いわば変化するときは一つのものなのである。(中略)
そのことはただ善の中にのみ、すなわち、主に対する愛の中に、また隣人に
対する愛の中にのみ在り得るのである。なぜなら愛は凡ての者を連結するの
であり、各々の者が善と真理に対する愛を持つとき、彼らは主から発している
共通の生命を持ち、かくて主を持ち、主からは凡ての者を連結されるからである。

548 :神も仏も名無しさん:2014/03/18(火) 18:47:45.71 ID:JZeIF2J3
>>542
>確かに。主の祈りやロザリオの祈りなどもそうですね。
はい。ふだんの親しいお祈りと違う、皆のためですとか、無理かもしれないけれど是非とも聞いて
いただきたく思うお願いであるとかの、少しあらたまってするお祈りの場合は定型文が便利です

>>543
>私は何か人に役に立つことを行うという意味の行動を念頭に申し上げていたのですが、
差し出がましくなってしまい申し訳ありませんでした。どうかお許しください
表に出る形は自分(意識)と魂(意思)とがひとつになったしるしですので、ご自分にいちばん
しっくりくる形をご自由に決められて良いと思います

>>544
あまり祈りを堅苦しく考えてしまうと主から遠ざかってしまいます
ふつうに人と親しくしている対話と同じなのです
日本式の食事のお祈りは心に神を思い気持ちを捧げさえすれば超簡単で超短時間に済むの
であります
ふだんしていることに少しプラスするだけですから、これならいつでも誰にでも抵抗なくお祈り
できると思います
お祈りの習慣のない方でも、食事のお祈りだけで無理なく一日に6回もできてしまいます
(いただきますとごちそうさまで2回、これを朝昼晩で合計6回)
皆さんもどうか主を身近に感じられてください

549 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/18(火) 20:11:01.48 ID:GqW23RjZ
>>548
名無し氏

>少しあらたまってするお祈りの場合は定型文が便利です
なるほど。

>差し出がましくなってしまい申し訳ありませんでした。どうかお許しください
>表に出る形は自分(意識)と魂(意思)とがひとつになったしるしですので

とんでもありません。卑下した心にこそ主からの流入があるという大切なことを
思い出させていただきました。ありがとうございます。私に不足している点です。

>あまり祈りを堅苦しく考えてしまうと主から遠ざかってしまいます
>ふつうに人と親しくしている対話と同じなのです

まことに然り。

>お祈りの習慣のない方でも、食事のお祈りだけで無理なく一日に6回もできてしまいます

本当ですね。

氏が普段から祈りを大切にされていることが感じられました。
とても勉強になります。

550 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/18(火) 20:18:46.61 ID:GqW23RjZ
(卑下)について少し引用します。ご参考まで。

天界の秘義1999

「アブラハムは平伏した」。
これは崇拝を意味していることは説明なしに明白である。平伏することは最古代
教会の、引いては古代教会の崇拝の儀式であったが、それは顔は内部を意味し、
彼らの卑下の状態は平伏することにより表象されたという理由からであり、
ここから表象的なユダヤ教会ではそれは慣習的な儀式となったのである。真の
礼拝は、または心の卑下は、そこから自然に流れ出てくる動作として、主の
前に面を下にして地に平伏することを伴っている。なぜなら心の卑下の中には
自己を汚れたもの以外の何ものでもないものとして承認することが含まれる
と同時にそうしたものに対する主の無限の慈悲を承認することが含まれており、
心がこの二つのことを承認する状態におかれると、心そのものは自らを地獄の
方へ卑下してうなだれ、身体を平伏させ、またそれが主によって持ち上げら
れるまでは、それ自らを持ち上げもしないからである。このことはあらゆる
卑下の中に起り、主の慈悲により持ち上げられることを認識するのである。
こうしたものが最古代教会の人間の卑下であったが、しかし心情の卑下から
生まれていない崇拝の場合は非常に異なっている。

551 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/18(火) 20:24:20.90 ID:GqW23RjZ
天界の秘義2327

「彼は身をかがめて、顔を地につけた」(創世記19・1)。これは卑下を意味して
いることは、その意義を明らかにしなくとも認めることが出来よう。前の時代に、
とくに表象的な教会の中では、彼らが顔を地につけるほどにも身をかがめた理由は、
顔は人間の内部を意味したためであり(358、1999番)、彼らが顔を地につけ
た理由は、地の塵は汚れた、罪に定められたものを意味したということであり(278番)、
従って彼らはそのようにして、自分は自分自身では汚れて罪に定められたものである
ことを表象したのである。その同じ理由から彼らは平伏して、顔を地面に押しつけ、
塵と灰の中にころげまわりさえもし、また頭に塵と灰とをふりかけさえもしたので
ある(このことは哀歌2・10、エゼキエル27・30、ミカ1・10、ヨシュア
7・6、黙示録18・19、その他から認めることができよう。)

552 :神も仏も名無しさん:2014/03/18(火) 20:34:47.09 ID:1xg9J5f0
小さなヨハネさんはカトリック信者なんですかね
中身は異端のようですが

553 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/18(火) 20:50:01.37 ID:GqW23RjZ
[2]このすべてにより彼らは真の卑下の状態を表象したのであるが、それは彼らが
自分は自分自身では汚れた、罪に定められたものであることを承認しない限り、かくて
自分は自分自身では、そのもとには神的な聖いもの以外のものは何一つ存在していな
い主を見上げることは出来ないものであることを承認しない限り、たれにもあり得ない
のであり、そうした理由から人間は自己を承認するに比例して、真の卑下の中におり、
礼拝を捧げているときは、崇拝の中にもいるのである。なぜならあらゆる礼拝の中に
は卑下がなくてはならないのであり、もしそれがそこから分離しているなら、崇拝は
何一つなく、かくて礼拝も何一つないからである。

[3]卑下の状態は礼拝の本質的な状態そのものであることは、心が卑下するに比例して、
自己愛とそこから生まれるあらゆる悪は止んでしまい、それが止むに比例して、善と
真理とが、すなわち、仁慈と信仰とが主から流れ入ってくるという事実から生まれている、
なぜならそれらのものを受容する上に妨げとなるものは主として自己愛であり、自己愛
には自己に比較して他の者を軽蔑する思いがあり、もし自己が名誉をもって扱われな
いなら、憎悪と復しゅうとがあり、また無慈悲と残酷とがあり、かくてあるゆるものの
中でも最悪の悪があって、これらの悪の中へ善と真理とは決して導き入れられること
は出来ないからである、なぜならそれらは対立したものであるからである。

554 :神も仏も名無しさん:2014/03/18(火) 21:07:07.52 ID:1xg9J5f0
なるほど、それが答えですか
やはり小さなヨハネさんは神秘主義にどっぷりと浸かってますね

555 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/18(火) 21:09:07.96 ID:GqW23RjZ
天界の秘義4347[2]

 卑下と服従とについては、人間が礼拝をささげて、神の前に立っている時、
なぜこのことがなくてはならないかを僅かの者しか知っていないのであり、
従って彼らはそのことが遂行するものを知らないのである。内的な事柄を知ら
ない者は、栄誉欲にとりつかれた人間のように、神的なものも[神]も人間の
卑下と服従とを望んでおり、従って神はそこから栄誉を望んでおり、人間が
神に帰する栄誉に心を動かすのであるとしか信じることは出来ないのである。
しかし実情は全く異なっている。神は栄誉を些かも求められはしないのである、
なぜなら神は人間からいかような栄誉を得られようか。しかし神は御自身のため
ではなく、人間のために卑下と服従とを求められるのである、なぜなら人間は
自らを卑下するとき、彼は彼の中に在る悪と誤謬とに対し嫌悪を感じ(2327、
2423、3994番)、かくてそれを遠ざけるのであり、そしてそれらが遠ざ
けられると、神的なもの[神]は善と真理とをもって流れ入ることが出来るから
である。たれでもそのことを自分自身の中に知ることができよう。心の高ぶっ
ている者は自己を愛して、自分自身を他の者の上に置くのみではなく、神を
些かもかえりみないし、従って善の流入を[流入してくる善を]斥け、そこから
善が真理と連結することを斥けるのである。このことが人間が神の前に自らを
卑下することに対する純粋な理由である。


天界の秘義4347[3]

 それゆえ人間は自分自身を卑下して服従させないかぎり、善は諸真理と連結され
ることはできないし、かくて人間は再生することができないことが明らかである。

556 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 00:57:16.33 ID:HO0eF1YN
小さなヨハネさんは、カトリック教会内の『背教者』です。
皆さん、警戒しましょう

557 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 05:13:42.07 ID:eVG8i5r9
それではまた「教会の一致」について引用します。

天界の秘義6269[2]

 しかし再生の途上にいない者らは、信仰は第一位にある、すなわち、それは教会の
本質的なものであると絶対的に言うのであり、それは彼らがその事によりその欲する
ままに生きることが出来て、しかも自分たちには救われる希望があると言うことが出来
るためである。ここからまた現今では仁慈はその性質がほとんど何人にも知られてい
ないほどにも消失してしまい、従って信仰もまた消失してしまっているのである。
なぜなら前のものは愛のものなしにはあり得ないからである。もし仁慈が第一位に
立って、信仰が第二位に立つなら、教会の相は異なるであろう、なぜならそのときは
信仰の真理に従って生きる者、すなわち、仁慈の生活を送る者以外の者は基督教徒と
は呼ばれないであろうし、また彼らはそのとき仁慈の何であるかを知るからである。
そのときはまた彼らは信仰の諸真理にかかわる見解に応じて彼らの間に区別をもうけ
て多くの教会を作ることもなく、以下のように言うからである。すなわち、ただ一つ
の教会があって、その中に生命の善にいる者が、教会が存在している地域にいる者の
みでなく、教会の外側にいる者もいるのである、と。このようにしてその教会は主の
王国に属している事柄を明らかに示されるのである。なぜなら仁慈は明るくはするが、
仁慈のない信仰は決して明るくはしないからであり、また分離した信仰により持ち込
まれた過誤は明らかに認められもするからである。

558 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 05:18:07.54 ID:eVG8i5r9
天界の秘義6269[3]

 ここからもし仁慈の善が第一位に立ち、すなわち、本質的なものとなり、
信仰の真理が第二位に立ち、すなわち、仁慈の善の形式的なものとなるなら、
教会はいかに異なった姿を持つかは明白である。そのときはその教会の姿は
古代教会のそれのようになるであろう、(なぜなら)古代教会は教会を仁慈
から成立させて、教会の教義的なものは、仁慈の教義的なもの以外には何一つ
持たず、そこから彼らは主から知恵を得たからである。その教会の性質はモーセ
の書に以下の言葉で記されているのである―

 エホバは彼を導きまわり、彼に教え、彼をその目の瞳のようにも守られた。
鷲がその巣をゆり動かし、そのひなの上を飛びまわり、その翼を拡げるように、
かれは彼をとり、その翼に負われた。エホバのみが彼を導かれ、彼のもとには
異教の神もなかった。かれは彼を地の高い所を駆けさせ、畠の作物で養われ、
岩から蜜を吸わせ、油を岩のすい石から吸わせられた。家畜のバター、羊の乳、
小羊の脂、バシャンの子の雄羊の脂、小麦の腎の脂(で養われた)。あなたは
ぶどうの血から純粋なぶどう酒をのむ(申命記32・10−14)。

 それでその教会に属した者たちは天界にいて、そこに幸福と栄誉そのものの
中にいるのである。

559 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 05:23:15.69 ID:eVG8i5r9
天界の秘義6272

「彼はその手を互い違いに伸ばした」。これは、かくて、秩序に従わないで、
を意味していることは、『手を互い違いに伸ばすこと』の意義から明白であり、
それは、秩序に従わないで、である。なぜならそのことにより彼は弟を長子と
し、逆に長子を弟とし、従って信仰の真理を先在的なもの、高いものとし、
仁慈の善を後在的なもの、低いものとするからである。なぜなら『生得権』が
先在性と卓越性とを決定するからである(3325番を参照)。このことが
いかに多くの悪を教会に導き入れるかは明白である。なぜならそのことにより
教会の人々は善とは何であるかを知らないし、かくて真理とは何であるかも
知らないような不明な状態に陥るからである。なぜなら善とは焔のようなもの
であり、真理はその焔から発する光のようなものであるからである。すなわち、
もし焔を取り去るなら、光もまた消滅するのであり、もし何らかの光が現れる
にしても、それは焔から発していない、人を迷わせる光のようなものである。

560 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 07:15:48.61 ID:+rTzdu3q
キリストは何のために再臨されるのでしょうか。
 キリストが再臨される第一の目的は、世界の悪に終止符を打つためです。
 終末の時代になると、世界は自己の持つ多くの矛盾のゆえに、様々な面で"末期症状"を呈するようになります。悪は栄え、人類はかつてない苦難と痛みの時を迎えるでしょう。キリストはその人類の悪に終止符を打つために、再臨されるのです。
 キリストの再臨の第二の目的は、地上にご自身の「千年王国」を樹立するためです。
 真の楽園は、人類の間に、エデンの園以来存在していません。そこで、この世が過ぎ去って新天新地が創造される以前に、キリストは、エデンの園の至福の状態を世界的規模で回復した地上の王国を、千年にわたって築かれるのです。

561 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 07:47:06.24 ID:eVG8i5r9
>>560
そしてすでに主は新しい啓示群を通じて再臨されています。

562 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 07:49:42.21 ID:eVG8i5r9
>>559続き
そこから諸教会は互に他と抗争して、真理について論争し、一つの集会は何か
の事柄が真であると主張すると、他の集会はそれは誤っていると主張するので
ある。そして悪いことは、一度彼らが教会の集まりで信仰を第一位におくと、
次に信仰を仁慈から分離して、仁慈を比較的無価値なものとし、かくて生活を
無視し始めるが、人間は生来こうしたことに陥る傾向を持っているのである。
ここから教会は死滅してしまうのである。なぜなら人間のもとに教会を作る
ものは生活[生命]であって、生活のない教義ではなく、かくて卓越した信仰
であるところの信頼でもないからである。なぜなら純粋な信頼は仁慈の中に
いる者たちのものにのみ在り得るのであって、仁慈から信頼の生命が発して
いるからである。(さらに仁慈の善は事実上長子であり、すなわち、第一位
に立っていて、信仰の真理はそのようなものとして見えるにすぎないことは
前に見ることが出来よう、3324、3539、3548、3556、3563、
3570、3576、3603、3701、4243、4244、4247、
4337、4925、4926、4928、4930、4977番)。

563 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 07:51:47.31 ID:eVG8i5r9
天界の秘義343

 『羊を牧う者』は仁慈の善を行う者であることは何人にも明白であるに相違
ない。なぜならこれは旧新約聖書の聖言の親しい象徴であるからである。導い
て、教える者は『羊飼い』と呼ばれ、導かれ、教えられる者は『羊』と呼ば
れている。仁慈の善へ導かないし、またそのことを教えない者は真の羊飼いで
はないし、善に導かれないし、また善いことを学びもしない者は羊の一匹で
はない。(中略)

イザヤ書には―
アラビヤの羊の群はことごとくあなたのもとに集められ、ネバイオテの雄羊は
あなたに仕えるでしょう(60・7)。

羊の群を仁慈の善へ導く者は『羊の群を集める者』であるが、これを仁慈の善
に導かない者は『羊の群を追い散らす』のである。なぜなら凡て共に集まり、
一つになることは仁慈から生まれ、追い散らして一つにならないことは仁慈
の欠如から発するからである。

564 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 09:49:44.29 ID:eVG8i5r9
>>552
私はただの一キリスト教徒です。この世の教派としてはカトリックに所属しています。
一般にカトリックというと、近現代のものを想定しますが、私はもっと以前の初代教会、
あるいは我国におけるキリシタン時代のキリスト教に親しみを感じています。
スウェーデンボルグはスウェーデンの国教であるルター派に生まれ、終生そこに
所属しましたが、彼は自分は初代教会に結ばれていると述べています。
サンダー・シングは聖公会に属しましたが、ただのクリスチャンであると言っています。
ヴァッスーラはギリシャ正教徒ですが、むしろカトリックの一部の人に受け入れられ
ています。彼女は我国の仏教からも講演依頼を受けています。
現在クリスチャンの皆さんも教派に拘らず、単なるキリスト教徒と思う時代が来る
でしょう。そしてこれからクリスチャンになる人はカトリックでよいでしょう。
なぜならキリスト教会が分裂する必要などないし、分裂自体悪なのです。

565 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 10:23:10.08 ID:eVG8i5r9
主は私たちが一つになることを望んでおられるのは福音から明らかです。

マタイ12・25

どんな国でも内輪で争えば、荒れ果ててしまい、どんな町でも家でも、内輪で争えば
成り立って行かない。


マタイ12・30

 わたしに味方しない者はわたしに敵対し、わたしと一緒に集めない者は散らしている。


ヨハネ17・11
 
 聖なる父よ、わたしに与えてくださった御名によって彼らを守ってください。
わたしたちのように、彼らも一つとなるためです。


ヨハネ17・21

 父よ、あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように、
すべての人を一つにしてください。

566 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 10:31:53.45 ID:eVG8i5r9
>>563に引用したとおり、「凡て共に集まり、一つになることは仁慈から生まれ、
追い散らして一つにならないことは仁慈の欠如から発する」のです。

主が分裂を望まれていないのに、どうしてキリストの弟子である私たちが分裂しようと
するのでしょう。

これこそ言っていることとやっていることが違うのです。
世間の人がキリスト教を信用しない一因はここにあるように思います。
誰しも人を見るときは、その人の行いで見ているのです。

567 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 10:44:44.77 ID:FhiAYs4Z
世間の人から見れば現カトリックに所属しておきながらも異端ともされる初代教会を
信奉することは十分自身も分裂してると見ます
初代なのだから分裂はしていない分裂したのは教会だと言うのは
所属しておきながらは基本言い分としては世間は認めません
その行いでそのようにも見られているのです

568 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 11:13:17.27 ID:eVG8i5r9
>>567
部外者のあなたに何の関係があるのですか。

私はカトリックが正しいと言っているのではありません。
カトリックに止まることが正しいと言っているのです。
この世の教会は人間がしていることです。間違いはあるでしょう。
無謬説という言葉を聞いたことがありますが、そんなことは在り得ません。
主も次のように言っておられるではないですか。

マタイ24・15,16
「予言者ダニエルの言った憎むべき破壊者が、聖なる場所に立つのを見たら
――読者は悟れ――、そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい。」


主が教会の分裂を望まれないのに、分裂すること自体おかしいのです。
主の次のお言葉にどう弁明するのでしょう。

ヨハネ14・23、24
「わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を
愛され、父とわたしとはその人のところに行き、一緒に住む。
わたしを愛さない者は、わたしの言葉を守らない。」

569 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 11:15:59.25 ID:eVG8i5r9
>>567
評論家氏
「異端ともされる初代教会」とはどういう意味ですか?

570 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 11:20:36.35 ID:FhiAYs4Z
世間は関係は無いのですか?
私は”世間の人はそう見ます”と申し上げているだけです
それに対しどう思おうともそれは貴方の勝手ですが

しかしながら関係ないのであれば”誰しも”などとは使わないことです

571 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 11:27:51.86 ID:eVG8i5r9
>>570
あなたがそう見るだけであって、世間はキリスト教が分裂していることこそ
おかしいと思うでしょう。

572 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 11:46:14.88 ID:FhiAYs4Z
”こそ”とまでは行きませんね、
いろいろあって教派が判れた宗教などは我々が生まれる以前から多数あるわけですから
疑問に思いつつも、”そういうものだ”という認識のほうが多数派でしょうね、特に日本ならば
それほど疑問には思わない人のほうが一般的であり世間でしょう

>>571という見識に至ったのは貴方が日本においての少数派である宗教家だからでしょう
世間は残念ながら貴方の後押しにはならないことが多いかと思われますよ?

573 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 11:46:44.93 ID:eVG8i5r9
スウェーデンボルグ/神学論文集P100

ベイエル博士に宛てたイマヌエル スエデンボルグの第六番目の手紙から
「飼い葉桶」は、らばと馬とが聖言を理解することを意味しているため、聖言から
与えられる教えを意味しており(「啓示による黙示録解説」、297番を参照)、
「飼い葉桶」はそれらの食物を含んでおります、宿屋に部屋が無かったことはエル
サレムには教える所が無かったことを意味しており、それで、来るべき教会を意味
している羊飼いたちに、「このことがあなたらに与えられるしるしとなりましょう、
あなたらは飼い葉桶に寝かされている赤児を見つけるでしょう」(ルカ伝2・12)
と言われています。ヨハネの洗礼は、神御自身がユダヤ人の間に降臨されるとき、
ユダヤ人たちが存続するようにと諸天界を備えたのです。ヨハネは主と主の降臨と
について言われた旧約聖書の凡ゆる予言を意味したのであり、同じくエリアも、
予言者たちの首頭であったため、そのことを意味したのです。

574 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 11:50:27.34 ID:eVG8i5r9
>>572
いいえ、日本人は賢いので、分裂が悪であることくらい直感的に分かるでしょう。

ところで「異端ともされる初代教会」とはどういう意味ですか?

575 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 11:52:21.63 ID:eVG8i5r9
(今から後は基督教会と呼ばれなくてはならない)

スウェーデンボルグ/主新しい教会へ招きたもう/大要(10)(P16)

 今から後は人々は福音派、改革派と呼ばれてはならない、ましてやルーテル派、
カルビン派とも呼ばれてはならない。基督教会と呼ばれなくてはならない。

576 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 12:16:08.24 ID:FhiAYs4Z
悪であることとまぁいいかと思考の外に置くおくことが同居できるくらいには
日本人にとっては宗教の分裂は許容できるレベルということです

私は部外者なのでしょう?
私は流すつもりでいたのですが・・・
貴方の場合は部外者の見識を書いても反応が知れてるので
この場合は労力に見合わないのですよ・・
こちらの利にならないのでスルーする予定です

それでも答えて欲しいのであれば
私の過去の質問とこれからの質問すべてに誠実に向き合い
誠実に真っ向から返答されることをまずは要求します
貴方には前科があるので
(質問に対し質問で返し、答えてもらったにも関わらず質問には答えない、あまつさえさらに質問する)
まずは誠意をみせてほしいですね
私の場合はこれについては厳しいですよ、ですから基本は感想しか書きません

577 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 13:58:36.70 ID:eVG8i5r9
>>576
「異端ともされる初代教会」とはどういう意味ですか?

578 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 14:02:12.04 ID:eVG8i5r9
カトリックが自分の出自である初代教会を異端として否定するという話は
聞いたことがないのですが。

579 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 14:06:35.02 ID:eVG8i5r9
>>576
>この場合は労力に見合わないのですよ・・
>こちらの利にならないのでスルーする予定です

何の利なのですか?

580 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 15:06:08.88 ID:FhiAYs4Z
貴方は質問だけなのですよ、こちらもですから感想しか書かないのです

581 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 15:23:34.67 ID:9dJ4YJr3
>>580
では「異端ともされる初代教会」とはあなたの感想なのですか?
あなたが初代教会を異端と思うのですか、
それとも根拠のない出鱈目ですか?

582 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 15:26:49.98 ID:9dJ4YJr3
>>576
>貴方には前科があるので
>(質問に対し質問で返し、答えてもらったにも関わらず質問には答えない、あまつさえさらに質問する)
>まずは誠意をみせてほしいですね

あなたの質問ですか?
もう一度質問してください。
お答えしましょう。

583 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 15:31:49.74 ID:9dJ4YJr3
答えられないものは答えられないと言い、
答えたくないものは答えたくないと言います。
ただ、答えたにもかかわらず、答えになっていないと言われた場合は
ケースによります。

584 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 15:47:49.50 ID:FhiAYs4Z
なかなかにすごい反応ですがやはり自分本位が見え隠れしてしまっていますよ?
それではやはり感想を書くのみです

私なりの根拠はありますが、感想というか所感だと言われればそれを否定はできませんね
神学や宗教の歴史には興味がないのでしたっけ?

585 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 15:53:06.86 ID:9dJ4YJr3
>>584
>私なりの根拠はありますが、感想というか所感だと言われればそれを否定はできませんね

あなたなりの根拠を示してください。


>神学や宗教の歴史には興味がないのでしたっけ?

特にはありませんが、場合によります。
この場合については興味があります。
あなたが何を根拠にカトリックが初代教会を否定したというのか。

586 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 16:50:09.33 ID:FhiAYs4Z
そこまで興味があるのでしたらば調べられては?怠けないことです

部外者だから関係ないといい、場合によっては興味を示し強く返答を要求する
最後まで自分本位でしたか・・・残念です
質問に答えてくれない方の立場はいかがですか?

またレスを読み場合によっては感想を書くことに戻りましょうかね

587 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 17:00:24.28 ID:S6wQkJ2H
>>550
>>551
>>553
>>555
ありがとうございます。卑下について良くわかりました

自分を小さくすることには、卑下以外にもうひとつ別のものがございます
それは主を偉大な方と認め、賛美すること、褒め称えることです
これは小さな子が大好きな自分の親を見上げている構図です
背の低い子供が、背が高く大きく立派な大人を仰ぎ見ている形です
前者の卑下には自戒の意、弁え慎みの意がこもっていますが、こちらの自分を小さくする方法
には大いなる歓びがあります

588 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 17:03:59.38 ID:S6wQkJ2H
アンチの方はやはり否定だけがしたいようですね
中身が無いので核心に触れる話ができていません
悪魔に許されている仕事は破壊のみです

589 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 17:34:34.26 ID:FhiAYs4Z
私も名無し氏の感想だけを書くということを一部見習ってみようかと思いまして
貴方はスレ主氏以上に質問には答えませんからね、でも貴方はそれで良いかとも思います
職業柄?心を病んでしまわれるのでしょうし
このスレで悪魔と書かれるくらいは受け入れようとも思います

590 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 20:15:25.28 ID:sOoJV50L
信仰は教会と聖書と聖母で十分じゃないですか。

小さなヨハネさんの神を求める気持ちは素晴らしい。
哲学と神秘主義は信仰と切り離して考えてみてはどうですかね。

小さなヨハネ、とても素敵なネーミングだと思います。

591 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 21:36:37.54 ID:VM2pU1jE
>>586
批評家氏

そうですか。

>そこまで興味があるのでしたらば調べられては?怠けないことです
>部外者だから関係ないといい、場合によっては興味を示し強く返答を要求する
>最後まで自分本位でしたか・・・残念です

あなたはアリス氏ですね?
態度といい、口ぶりといい、そっくりそのままです。

>またレスを読み場合によっては感想を書くことに戻りましょうかね

それはあなたのご自由ですが、こちらとしてはノー・サンキューです。

592 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 21:43:48.97 ID:VM2pU1jE
>>587
名無し氏

いいえ、とんでもありません。

それは主に対する子供のような信頼なのでしょうね。
確かにそれは大いなる喜びです。

>>588

恐らくアリス氏と同一人物のように思われます。

593 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 22:00:46.84 ID:FhiAYs4Z
ふむ、アンチの書き込みで鍛えられるのでありがたい的な書き込みがあったので
そちらも迎合されている・・・よってWIN-WINだと思っていたのですが本心では違いましたか?
撤回される書き込みをやめてほしいと言ってくれれば
絶対に書き込みはしないとまでは言えませんが配慮はしましょう

あと証明はできないですが私はアリス氏ではありません
貴方方とは討論されておりますがアリス氏のキリスト教への既知と信仰は私には無いものぐらい
過去に書き込まれた内容を鑑みればわかることでしょうに

しかし態度が同じと受け取られるのは興味深いですね
例えば>>590氏の書き込みなどはスレ主氏を認めつつも実はアリス氏よりの発言だったりするんですよね
それはおわかりでしょう?
博愛を捨てた自己責任を強調したキリスト教には知識の在る無しに関わらず共通した拒否感があるのかもしれません

594 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 22:10:46.06 ID:VM2pU1jE
>>590
>信仰は教会と聖書と聖母で十分じゃないですか。

ええ、十分な方はそれでよろしいかと思います。

>哲学と神秘主義は信仰と切り離して考えてみてはどうですかね。

スウェーデンボルグのことを指して仰っているのなら、それは違います。
スウェーデンボルグは所謂哲学でも神秘主義でもありません。

>>1-2に書きましたように、信仰へのアプローチの手段としてスウェーデンボルグ
やその他新しい啓示群は不可欠なのです。

どこかのジャングルにテーブルマウンテンという秘境があるそうですが、
その頂上に至る階段、あるいは登山道のようなものです。

いえ、それ無しで自力で登れる人には不要でしょう。
登る道は他にもあるでしょう。
私はたくさんの人が登れる方法を探した結果、私の体験から申し
上げているだけす。

>小さなヨハネ、とても素敵なネーミングだと思います。

主がマリア・ワルトルタを呼んだときの愛称を拝借したものです。
実は私の洗礼名もヨハネと言います。

595 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 22:29:38.53 ID:VM2pU1jE
>>593
批評家氏

>あと証明はできないですが私はアリス氏ではありません

そうですか。それは失礼しました。

あなたの書き込まれるのは主が許されるから起ることなので、主におまかせします。

>博愛を捨てた自己責任を強調したキリスト教

それはあなたの認識不足です。
博愛の意味は様々なのです。
地獄の悪魔をより深い地獄へ堕ちようとすることからより浅い地獄に
引き戻そうとする神の努力も博愛の一形態です。
また、死刑を執行することも社会への愛、本人への愛でもあります。
神は無理強いされません。人は自由のもとに自ら悔改めなければ
再生することは出来ないからです。もちろん神は目に見えないように
導かれます。しかし、救われたいと願うかどうか、自分を改良する
努力をするかしないかは本人に任されているのです。
なぜなら強制するならロボトミーとなってしまうからです。

596 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 22:37:39.03 ID:S6wQkJ2H
>>592
ええ。書き込めば書き込むほど、多くを演じれば多くを演じるほどボロがでます
宝石のなんとかという方ともそっくりです

597 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 23:02:18.46 ID:VM2pU1jE
>>596
名無し氏

ええ、そうですね。まあ、本当のところは確かに分かりません。
しかし、別人であろうと、同一人物であろうと、アンチは地獄の影響を
受けているからアンチなのでしょう。ですから、よく似ています。

例えば、
1.自己愛、自己理知の誇り
2.質問に対し、誠実に答えようとしない
3.事実誤認
4.勝手な憶測
5.根拠が薄弱
6.自ら訴えるものは持たない。
7.批判しか出来ない。
等々。

私たちはここで地獄の勢力と戦っているのでしょう。

598 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 23:05:49.97 ID:VM2pU1jE
もう一つ、

8.執拗である

599 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 23:13:41.07 ID:FhiAYs4Z
なるほど主が許されることなのにノーサンキューと貴方は書き込んだと
主が許されることにも貴方は拒否感を感じることもあるということですか?

貴方の本心はどちらなので?
それできめたことによって発生する不愉快な事案も受け止めることを覚悟してください
私は貴方達が望むのであれば書き込みの頻度を著しく下げてもいいのですよ?
それでも私の今後の書き込みを希望されますか?

600 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 23:25:32.43 ID:VM2pU1jE
>>599
>主が許されることにも貴方は拒否感を感じることもあるということですか?

ルカ22・42
父よ、御心なら、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの
願いではなく、御心のままに行ってください。

>私は貴方達が望むのであれば書き込みの頻度を著しく下げてもいいのですよ?
>それでも私の今後の書き込みを希望されますか?

お好きなように。

601 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 23:34:22.46 ID:FhiAYs4Z
私心はどうあれスレをお好きな方に使って良いのとゴーサインがでたようなので
またレスを読み場合によっては感想を書くことにでは戻れるということですね
匿名掲示板を宣教の場に選ぶと難儀するものですね

602 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/19(水) 23:37:50.00 ID:VM2pU1jE
>>601
>匿名掲示板を宣教の場に選ぶと難儀するものですね

どういたしまして。
埃を払う程度のものです。
それでは。

603 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 06:34:40.86 ID:SyRqD/mj
キリスト教に対する誤解はたくさんあります。
博愛である、神は誰でも救ってくださる、地獄の悪魔も最終的には救われる、
信ずるだけで救われる、等々・・・。

そもそも主が唯一の神御自身であることすら知らないのです。
キリストがどなたか現代のクリスチャンも宗教学者も一般人も知らないのです。

キリストは神ご本人です。神その方です。
かれ以外に神はいないのです。
天の父とはキリスト御自身のことです。

仏教の阿弥陀如来とはキリストのことです。
彼以外に救い主はいないのです。

604 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 06:45:14.82 ID:SyRqD/mj
神が唯一であることくらい人間は皆知っています。
神が御二人いるでしょうか?
在り得ません。

神とは万物の創造主です。
神と言われる方が仮に二人いたとします。
すると、どちらかは創造主であり、どちらかは被造物です。
ですから、神が二人ということは在り得ないのです。

そのくらい言われなくても人は皆知っています。

救える方も神お一人です。
阿弥陀如来で救われるなら、それは取りも直さず
阿弥陀如来は唯一の神だからです。

キリストで救われるならキリストは唯一の神だからです。

それは同一の神なのです。
仏教徒もキリスト教徒も知らないのです。

二人の神とは二人とも偽物である場合、一人は神で一人は被造物である場合、
二人とも神である場合、です。
そして二人とも神とは、同一の神を二人の神と思っていたに過ぎないのです。

605 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 06:54:25.09 ID:SyRqD/mj
三位一体も同様です。
三人の神などある筈はないのです。
そんなことくらい誰でも知っています。
三人の神があるなら、それは同一の神を三人と誤解しているに過ぎません。

キリストは父御自身であり、目に見えるインマヌエルであり、今も
聖霊として来られているのです。それは皆キリスト御自身のことです。

父とはキリストであり、聖霊とはキリストなのです。

606 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 08:45:15.43 ID:SyRqD/mj
三位一体論が暗黙の三神論であるなら、誰もそんなうさんくさい話は信用しません。
日本人がキリスト教を信じないのは日本人が賢い証拠です。

神は唯一と昔から決まっています。
そんなことは誰だって知っています。
会社に社長は一人です。警察署に署長は一人です。
警察署に署長が三人いたら、泥棒に笑われるでしょう。
天皇陛下もお一人です。
人間の世界でさえそうなのです。
まして万物の創造主であられる神はお一人なのです。

三神論をもったいをつけて説明するなど笑われるだけです。

607 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 08:51:52.30 ID:SyRqD/mj
本当のキリスト教とは主イエス・キリストを唯一の神と信ずる宗教です。
キリストを父なる神とは別人格、すなわち別人と思っているのは
キリスト教ではないのです。
名ばかりのキリスト教です。
名ばかりのキリスト教を見て、これがキリスト教かと思っているのです。

608 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 09:05:55.82 ID:SyRqD/mj
宗教の要諦とは唯一の神を認め、悪を神の掟に背く罪として避けること、
この二点に尽きます。
しかし、唯一の神が誰か分からないならそもそも宗教は成り立ちません。
あるとしても、それは宗教を自称する名ばかりの宗教なのです。

現代のキリスト教は神が誰か知らないのです。
キリストが神御自身であることを知らないのです。
キリスト以外に父なる神などいないのです。

ですから、キリストを神でないと思っているなら、いない神を信じている
訳で、それはないものをあると思っているだけで、実態としては
神を信じていることにはならないのです。

609 :神も仏も名無しさん:2014/03/20(木) 12:02:56.68 ID:wnUWNl8o
あなたが2ちゃんねるをやめられないのも
地獄の悪魔のせいなのですか?

610 :神も仏も名無しさん:2014/03/20(木) 12:39:29.41 ID:V9GKo4gG
>>597
>>598
然り、然り

>>603
>>604
>>605
>>606
>>607
>>608
然り、然り
明文化されることで目覚める方があるでしょう
矢を射るためには的が必要です

611 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 14:40:46.62 ID:SyRqD/mj
>>610
名無し氏

>明文化されることで目覚める方があるでしょう
>矢を射るためには的が必要です

本当ですね。
時々はっきり言ってやらないと、いつまでも分からない人は分からないでしょう。
分かる人はきっと分かると思います。

612 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 14:44:30.14 ID:SyRqD/mj
日本人は十分賢明な民族だと思います。
日本でキリスト教が拡がらないのは、今のキリスト教が本物ではないからです。
本物のキリスト教が知られれば、きっとキリスト教徒となる人は増えるでしょう。

613 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 14:48:54.49 ID:SyRqD/mj
その時はもう宗派間の論争などなくなるでしょう。


>>609
そうと言えばそうです。
なぜなら、悪魔と戦うためにここにいるからです。

614 :神も仏も名無しさん:2014/03/20(木) 15:22:55.50 ID:wnUWNl8o
それは大変ですね 頑張って下さい

615 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 17:50:50.17 ID:SyRqD/mj
>>614
ええ、頑張ります。

616 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 17:54:12.19 ID:SyRqD/mj
あなたは預言を無視しますか/P169

ヴァッスーラ:イエスはメッセージの中で、教皇をご自分の教会の代理人と
お呼びになっています。私はカトリックのサークルに呼びかけをする時は、
主のメッセージをそのまま伝えます。イエスはカトリック信者に、教皇に
盲目的に従いなさいとおっしゃっています。なぜ教皇に従わなければなら
ないかというと、不服従は神からのものではなく、サタンから出たものだ
からです。ギリシャ正教徒の私が、このようなことを申し上げるものです
から、びっくりなさり、なぜカトリックに改宗していないのかと尋ねにく
る方もいらっしゃいます。この方々は教皇の回勅がギリシャ正教徒に対して、
カトリック教徒になれなどとはまったく求めていないことに耳を傾けもし
ないし、それを読んだこともないのですね。教皇は東方正教の諸教会を姉妹
の教会と呼んでおられます。「来て私たちと一緒になりましょう。体は一つ
の肺だけでは呼吸できません。二つの肺が必要なのですから」。

ネランク:それはヨハネ・パウロ2世が好んで用いる表現ですね。

617 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 17:56:08.61 ID:SyRqD/mj
ヴァッスーラ:ですから私は「教皇のおっしゃることに従いなさい」と申し
上げています。私はといえば、教皇と、教会一致運動を信奉する東方正教会
の総主教バルトロマイ1世がおっしゃったことに従います。イエスも、教皇
と同じ言い方をなさっています。「一つの体に属する二本の手は、祈りの時
のように、結ばれなければならない」。体は、二本の手で仕事をします。一方
の手をないがしろにして、片手だけで働くことはできません。

ネランク:ということは、キリスト教会が統合されても、東方正教会、イギリス
国教会、ルター派教会というカトリックに最も近い教会が、ローマに従属する
ような統合ではない。各教会は、個々の組織と典礼を保持しながらも、ローマ
に結ばれることになるのですね。

618 :神も仏も名無しさん:2014/03/20(木) 18:09:17.57 ID:eCXIsaWs
>>617カトリックだけではなく、ヴァッスーラが所属するギリシャ正教会(東方正教会)でもヴァッスーラのメッセージは公認されていないです。

619 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 18:39:50.07 ID:SyRqD/mj
(続き)
ヴァッスーラ:私はローマ・カトリック教会の姉妹である、東方正教会の代りにお答
えすることはできます。それ以外の教会は、神聖な秘跡を執行していないからです。
イエスはメッセージの中で、聖体拝領の秘跡は、教会の生命の礎だという事実に立ち
もどっておられます。イエスは、教会が精彩を欠いているのは、多くの教会が永続的
なミサ聖祭の典礼を廃止したからだとおっしゃっています。イエスは、まず「心の一致
です」とおっしゃいます。それは一致のための外部での運動というより、むしろ内面
の動きです。イエスがおっしゃりたいのは「回心において、あなたがたは一致するだ
ろう。回心においてあなたがたは一つとなって栄えるだろう」ということです。それ
は機構の変化よりも、心の内面の本質的な変化です。キリスト教徒が自らの行いを
悔い改めもせず、イエスを愛することもしないかぎり、全教会の一致は不可能です。

620 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 21:08:08.87 ID:SyRqD/mj
(続き)
最近ルンドベルク牧師からストックホルムに招かれ、聖カタリナ教会を訪れました。
この方の言葉がとても印象に残っています。「私たちは聖母マリアの位置を過小評価
し過ぎたという、重大な過ちを冒しました。聖母ははかり知れないほど大きな役を
果たしてこられたことに、私たちは今気が付いたところです」と。ルンドベルク牧師
の教会に入ると、私が講演する場所の前には、聖母マリアの像が置かれていました。
教会にはルター派とカトリックの信者が大勢いらしていました。私は神からのメッ
セージを伝えました。証言を終えると、牧師はとても感動してくださり、皆さんの
前で贈り物をしてくださいました。それは幼子イエスを抱く聖母マリアの像でした。
本当に感動いたしました。そして、聖母マリアの聖像の問題にはきわめて厳格な態度
をとってきたルター派の人たちが、なぜこれほど変化したのか質問してみました。
集会にいらした信者の一人が、変化は信者の中から生まれたものだと答えてくださ
いました。強い欠乏感があり、一致を望んでいるのです。皆さんが『神のうちの真
のいのち』のメッセージを通して希望を見いだしているのです。

621 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 21:11:41.03 ID:SyRqD/mj
(続き)
ネランク:スイスでは、プロテスタントの信者もあなたの集会に参加していますか?

ヴァッスーラ:もちろんです。聖体拝領の中にイエスが現存されていることを
信じて、カトリックやギリシャ正教の教会で聖体拝領をするプロテスタントの
信者もいます。カトリック司祭に告解しているプロテスタントの信者もいますよ。

ネランク:私も、何人かの司祭から同じような話を聞きました。そうなりますと、
こんな疑問も当然わきます。さまざまな宗派の信者たちが、それほどまでに教
会の一致を渇望し、かつて存在した対立を一切忘れているとしたら、最後の
障害はいったいどこにあるのでしょうか?

ヴァッスーラ:一般信徒は、教会の統一に障害があるとはまったく感じては
いません。イエスは私に三本の鉄棒の幻視を見せてくださいました。一致する
ためには、三本の棒の頭がたわまなければなりません。イエスは確かに頭の
話をなさいました。鉄棒の頭たちは、たわむことを学ばなければなりません。

622 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 21:14:03.88 ID:SyRqD/mj
(続き)
ネランク:その点でヴァッスーラさんのお話は、とても明白ですね。けれども、
あなたが神から受けた幻視やメッセージによれば、東方正教会とプロテスタント
教会は、カトリックという共通の一本の幹に戻るという印象を受けます。あなた
が思い描いていらっしゃるのは、そうした状況ですか?

ヴァッスーラ:二本の棒が、あとの一本に屈服するという意味ではありません。
むしろ三本が同じ方向へたわむということです。たわむというのは、謙虚な心で、
愛のうちに一致するという意味です。神は私に、キリスト教徒の一致のために
働いている人々は、柔軟性に欠け、鉄の棒のように固いとおっしゃっています。

623 :神も仏も名無しさん:2014/03/20(木) 21:20:23.83 ID:hhkmTldb
誰かの執成など一切無しで、キリストに直接近づくべきですか

それともマリアとか使徒とか聖人とかよく知りませんけど、
誰かの執成と共に間接にキリストに近づくべきですか

624 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 22:05:55.90 ID:SyRqD/mj
>>623
よく分かりませんが、私の場合は主と聖母にお願いごとなどをします。
家族のことについては聖母にお願いすることが多いような気がします。

625 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/20(木) 22:15:08.09 ID:SyRqD/mj
何でもご相談したいことがあれば、主と聖母、どちらでもご相談しやすいと思う方に
ご相談されたら良いと思います。
私の場合は使徒や聖人にご相談したりお願いしたりすることはありません。

626 :神も仏も名無しさん:2014/03/20(木) 23:56:40.74 ID:hhkmTldb
>よく分かりませんが、私の場合は主と聖母にお願いごとなどをします。
>どちらでもご相談しやすいと思う方にご相談されたら良いと思います。

あなたは一見キリスト教に詳しいように見えるが、よく分からないということは
それほど詳しくないということですか? 思います・・ですか? それはどういうことです? 
明確には決まってないのですか? キリストとマリア両方が崇拝対象ということですか?

要するにキリスト教はキリストだけでなく、マリアも神とする二神教ですか?

627 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/21(金) 07:37:43.25 ID:GZK2OhUI
>>626
なんだ、やっぱり・・・

>>623の質問が何か妙な質問だなと思いながら、親切のつもりでお答えしたら
いきなり噛み付きですか。

あなたのその態度や口調はアリス氏とそっくりです。

別に感謝して欲しいなどと思いませんが、どんな回答でも一応回答してもらったら
文句をつけるより先に、まずありがとうくらい言った方があなたのために良いでしょう。

628 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/21(金) 08:10:58.93 ID:GZK2OhUI
>あなたは一見キリスト教に詳しいように見えるが、よく分からないということは
>それほど詳しくないということですか? 思います・・ですか?
>それはどういうことです? 明確には決まってないのですか? 

質問内容についての解答より、私が詳しいかどうかが気になりますか。
私は詳しくないと言えば詳しくないでしょう。どう決まっているかなど、
質問内容について知りたければ、カトリックスレで聞かれたらいいでしょう。
従来のキリスト教の決まりについて知りたいのなら。


>キリストとマリア両方が崇拝対象ということですか?

私自身の考えでよければ回答します。
「崇拝」という言葉は神に対して用いる言葉でしょうから、両方が「崇拝対象」
ではありません。キリストが唯一の神であり、聖母は被造物でしかありません。

しかし、聖母は被造物ではありますが、神であるキリストが十字架上から
ヨハネに「見なさい。あなたの母です」と言われたように(ヨハネ19・27)、
私たちの霊的母として神から特別の役割を与えられていると考えます。

>要するにキリスト教はキリストだけでなく、マリアも神とする二神教ですか?

ですから、聖母は神ではなく、キリスト教はニ神教でもありません。
キリストは唯一の神であることについては先に述べたとおりです。

629 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/21(金) 09:38:21.95 ID:GZK2OhUI
>>623
>誰かの執成など一切無しで、キリストに直接近づくべきですか
>それともマリアとか使徒とか聖人とかよく知りませんけど、
>誰かの執成と共に間接にキリストに近づくべきですか

これは極めて個人的でデリケートな問題だと思います。
なぜならそれは一つの方法にす「べき」と言うより、個人によって主に近づく
方法は違うと思うからです。

あなたはどうしたらいいと思うのですか。

スウェーデンボルグは聖人崇拝(「崇拝」の意味については今、特に拘らずに
使用しますが)や異教徒の偶像崇拝について述べていますが、善い意味においては
それは彼らのために主は許されている、あるいは無理に枉げようとはなさらない
ということを言っています。

ですから、これはとても個人的なことであって、こうすべきということでは
ないように思います。人によって主と接する方法は色々あるでしょう。

630 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/21(金) 09:53:36.37 ID:GZK2OhUI
(教会内で或る者たちが聖者を神として拝していることは許しから発している)

霊界日記4775

彼らはこうした事柄を互に話し合い、以下のことを怪しんだのである。すなわち、
教会が在る地域の中では学者の僅かな者しか主を神としては承認しようとはしてい
ないが、そのことは単に主が人間であられたという理由にすぎないのであり、人間的
なものを神的なものとするものは何であるかを、彼らは全く把握していないからで
ある、と。しかしわたしはまた或る者たちが以下のように言っているのを聞いたの
である、すなわち、教会内で或る者たちが聖者を神として拝していることは許しから
発しており、そのことは目に見える神の考えが死滅しないことを目的としており、
彼らはかくして、神的なものが人間の形をとっており、すなわち、主から発出して
いる神的なものが凡ゆる形において人間であるという何らかの考えを、自然から、
保有するためである、と。

631 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/21(金) 10:12:54.96 ID:GZK2OhUI
(主はたれかの中にその者の幼少期から植えつけられている礼拝を不意には
(まして一瞬には)破壊しようとは決して望まれはしない)

天界の秘義1992[4]

主が『シャッダイ』の名により彼らの前に初めて表象されることを望まれた
理由は、主はたれかの中にその者の幼少期から植えつけられている礼拝を不意
には(まして一瞬には)破壊しようとは決して望まれはしないということで
ある。なぜならこれは根元をひきちぎって、そのことによってそれまでに深く
植えつけられている崇拝と礼拝の聖い状態を破壊してしまうことであり、主は
それを決して破壊されないで、たわめられるからである。幼少の頃から植えつ
けられている礼拝の聖い状態は暴力には堪えることは出来ないで、ただ優しく
親切にたわめられることにのみ堪えることが出来る性質を持っているのである。
身体の生命の中では偶像を拝しはしたものの、相互愛に生きていた異教徒の
場合も同じである。彼らの礼拝の聖い状態は幼少の頃から植えつけられている
ため、他生ではそれは一瞬に取り去られるのではなく、継続的に取り去られる
のである、なぜなら相互愛に生きている者たちの中には信仰の諸々の善と真理
とは容易に植えつけられることが出来て、彼は後に喜びをもってこれを受け
るからである、なぜなら仁慈[相互愛]こそその土壌そのものであるからである。
そしてアブラハムとイサクとヤコブの場合もまたそうであったのであり、主は
彼らに『神シャッダイ』の名を保持することを許されて、ご自分が神シャッダイ
であると言われさえもしたのであるが、これはその名の意義から来ていたのである。

632 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/21(金) 10:16:53.57 ID:GZK2OhUI
(偶像崇拝者の無垢)

天界の秘義2598

 私がミカについて、ダンの息子たちがいかようにして彼の彫像を、テラピム
とレビ人を取り去ったことについて、士師記の第17章と第18章とを読んだとき、
異邦人の中から来ている一人の霊がそこにいたが、彼は身体の生命の中では彫像
を拝していたのである。彼はミカに為されたことや、またミカがダンの息子たち
により奪い去られた彫像のために如何程の悲哀に陥ったかを注意深く聞いている
うちに、彼もまた悲しみにうちひしがれて内なる悲哀のあまり何を考えてよい
かわからなくなるほどにも心を動かされたのである。私は彼の悲哀を認めると
同時にその情愛の各々の中に無垢を認めもしたのである。基督教徒の霊たちも
またその場にいて、それを認めたが、彫像を拝していた者がかくも強い慈悲と
無垢の情愛のために心を動かされることに驚いたのである。その後で善良な霊
たちが彼に話しかけて、彫像を拝してはなりません、あなたは人間であるから、
このことは理解出来るでしょう。あなたは彫像を超えて全天地の創造者で、
支配者であれる神のことを考えなくてはなりません。その神は主であります、
と言った。こうしたことが言われると、私は彼の内的な崇拝の情緒を認める
ことを許され、それが私に伝えられたが、それは基督教徒におけるものよりは
遥かに聖いものであったのである。このことから(ルカ伝13・29,30
における主の御言葉に従って)。異教徒はそれほどに感動を覚えない現今の
基督教徒よりは容易に天界に入ることが出来ることが認められることが出来
たのである。

633 :神も仏も名無しさん:2014/03/21(金) 12:00:25.48 ID:qR8qQV8d
小さなヨハネさんに質問ですが、イエス・キリストやイエスの弟子の大多数はなぜ結婚もせずに独身だったのですか?
聖書の言葉にあるように『産めよ、増えよ、地に満ちよ』の言葉を実践して、異性と結婚して家庭を持つべきではないのですか?

634 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/21(金) 20:51:59.85 ID:GL2sDAhS
>>633
『産めよ、増えよ、地に満ちよ』は内意では、人間の再生の際、その人の中に真理
と善が増し加わることを意味しているのでしょうが、自然的な意味では確かに子々
孫々栄えることを意味していることは確かでしょう。

主は神その方ですから、独身です。
教会が、それはたくさんの人間から成りますが、花嫁です。

弟子たちが独身を守ったのは、全身全霊を献げて人々の救霊に尽くすため
だったのでしょう。

635 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/21(金) 20:57:45.16 ID:GL2sDAhS
(そしておまえたちの灯りは、今すぐでも出発でき、
 あるいはやってくる人を迎えられるように火をつけておけ)

マリア・ワルトルタ/マグダラのマリア/P42

キリストの英雄、天の英雄。皇帝たちの権勢は、おまえたちの尊い司祭職と
比べれば、ちりにすぎない。ガリラヤの貧しい漁師であるおまえたち、知ら
れざるユダヤ人のおまえたち、今、存在する人間の中での小さい数にすぎな
いおまえたちは、この世にある、または未来にあるであろう皇帝、すべての
皇帝たちよりもっと知られ、もっと慕われて尊敬されるであろう。近い未来、
そして最も遠い遠い時代、世の終わりまで知られ祝福されるだろう。
 私は、おまえたちをこの崇高な運命に招く、正しい意志を持っているから。
そして、その使命にふさわしく生きられるように、使徒としての、おまえたち
の条件の主なる輪郭をここに知らせよう。
 まず、絶えず警戒してどんなことにも覚悟して、腰には、いつも帯をつけて
いるようにせよ。そしておまえたちの灯りは、今すぐでも出発でき、あるいは
やってくる人を迎えられるように火をつけておけ。そして、実際おまえたちは
死によって止められるまで、さまよっている人を探す、疲れを知らない旅人で
あれ。死がそれを消すまで、キリストの柵に向かって、さまよっている人々に
道を示すためにおまえたちの灯りは高く挙げて燃えているものでなければなら
ない。おまえたちをこの奉仕に選んだ主人に対して忠実であるべきである。

636 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/21(金) 21:08:34.46 ID:GL2sDAhS
(わが子に縛られるようなことがあっては困ります)

マリア・ワルトルタ/聖母マリアの詩 下/P252

「それにしても、この子をだれに渡すつもりですか」とペトロがイエズスの
袖を引っ張る。
「この子もラザロに渡すのですか」
「いいえ、シモン。子供がいなくて、善い人が他にもいます」
「私もいるではありませんか・・・・」こう言うペトロの頬は期待のあまり
紅潮している。
「シモン、以前にも話したではないか。おまえは、私が遺産として残すすべて
の子供たちの“父”となるべき者ですから、わが子に縛られるようなことが
あっては困ります。おまえはあまりにも必要とされているので、どんな愛情も
私から切り離せはしません。私はおまえを嫉妬深い花婿のように激しく愛して
いるので、完全に私のものであってほしい」
「主よ、分かりました・・・・あなたの、おことばのままに・・・」

637 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 06:04:47.94 ID:aEbg7/r5
アンネ・フランクの『アンネの日記』はフィクションであるのと同様に、マリア・ワルトルタの著書もフィクションであり小説で、バチカンも公認していません!

638 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 10:17:50.31 ID:SVDjHmHz
>>637
マリア・ワルトルタを本物と理解できる人は祝福されています。

639 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 10:18:20.74 ID:0SxNbyUS
ここのスレ主に確認しておきたい
1854年にピオ9世が発布した大勅書により、マリアの無原罪は正式なカトリックの教義となった。
スレ主はカトリック教会に通っているようだから当然この教義を承認してるということですな?

640 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 10:24:57.04 ID:SVDjHmHz
>>639
あなたはカトリック教徒ですか?

641 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 10:30:22.77 ID:SVDjHmHz
(教会の一致)

あなたは預言を無視しますか/P183

ヴァッスーラ:
私たちの分裂は罪です。分裂は神からのものではなく、「ディアボロ」からのものです。
この言葉はギリシャ語では、分裂をもたらすものを意味していて、訳せば悪魔のことです。
まず教会の一致の問題ですが、これについてのイエスの最大の願いは―それは一致の
ための鍵でもあるのですけど―謙虚さと愛とによって、復活祭の日付けが統一される
ことです。1989年の10月26日にイエスは私をお呼びになり、頭の付いた三本の
棒を描くようにおっしゃいました。そこで私はイエスに言われたとおりに、三本の鉄の
棒と頭を描きました。イエスは私に、三本の鉄の棒はローマ・カトリック教会、東方正教会、
プロテスタント教会を象徴しているとおっしゃってから、これらの教会がたわみ一本
になることを望んでおられるともおっしゃいました。

「でもこの三本の棒はまだ頑なだから、自分たちだけでたわむことはできない」。
「だから私は、私の火をたずさえて三本の鉄の棒のもとへ赴かねばなるまい。炎の力
で棒たちは柔らかになりたわみ、溶解して、堅固な一本の棒になるだろう。そして
私の栄光は地上全体を満たすだろう」。

642 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 10:33:27.47 ID:SVDjHmHz
ヴァッスーラ/天使のたより2号/P2

何故私たちは罪の中にあるのでしょうか? そもそもキリスト教が各派に分裂、
分離していること自体が罪なのです。


ヴァッスーラ/天使のたより2号/P3

 現在の教会間の分裂は、直接私たちに起因せず私たちの祖先にその原因がある訳
ですが、それでも私たちは有罪です。何故なら、その分裂をそのままにしていることは、
私たちがその分裂状態を温存、維持していることにつながるからです。


ヴァッスーラ/天使のたより2号/P4

 私たちキリスト教徒が分裂しているかぎり、休むことなく非キリスト教化の道を
たどるか、いつも過ちに陥っているかのどちらかなのです。

643 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 10:50:57.47 ID:0SxNbyUS
>>640
私はカトリックではないがあなたはカトリックのようだから尋ねてるんですけどね
何かをコピペしてくれと言ってるのではなく、無原罪の御宿りを教義として承認しているのかどうか
ということを聞いているのです

644 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 11:16:58.34 ID:SVDjHmHz
>>643
カトリックでないなら何ですか?
カトリックでないあなたにそれが何の関係があるのですか?

645 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 11:25:26.10 ID:SVDjHmHz
>何かをコピペしてくれと言ってるのではなく

今私は「教会の一致」について引用をしているのです。
スウェーデンボルグを終わって、ヴァッスーラの引用をしているところです。

邪魔をしないでという意味ではありません。
ご質問はご自由にどうぞ。
でも、私も質問します。

646 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 11:27:57.98 ID:SVDjHmHz
ヴァッスーラ/天使館/天使のたより4号/P12

 悔い改めが、魂を暗闇から光へと導く入り口です。したがって、今日に至っ
てもまだ私たちが分裂し、ばらばらである現状を考えますと、私たちが光の中
を歩んでいるとは言えません。私たちは皆、神の子供ですから、神の前で皆平等
なのです。


ヴァッスーラ/天使館/天使のたより4号/P13

それぞれの教会は、自ら進んでエゴと頑なさに死ぬべきであり、そして感情に
流されないこのような死を通して、キリストの現存が教会の中に生命を持つ
ようになるでしょう。それぞれの教会は絶えまない悔い改めを通らなければ
ならず、それによって過去と現在の失敗をぬぐい去るキリストの人類への神聖
な愛に結びつくことができるでしょう。この謙った行いによって、一致が実現
されるでしょう。聖書はこうおっしゃっています。「主のみ前にへりくだり
なさい。そうすれば、主があなたがたを高めてくださいます。」(ヤコブ4・10)

647 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 12:10:34.08 ID:0SxNbyUS
>>644
私には関係ないとしてもあなたには関係あるでしょ
いきなり最初に新しい教会の概要とかどーんと載せて、ここで宣教めいたことをしてるくせに、
なんで当事者のあなたのキリスト教の教義についての基本的なスタンスを尋ねちゃいかんのですか?
それを示さないでどうやって宣教するんです? それともここはカトリック以外書き込み禁止ですか?

返答を拒否するということは実はひょっとして無原罪を否定してるということかな?
しかもカトリック教会に通っていながら、バチカンが禁書としているワルトルタの本を啓示扱いしている
これではそりゃカトリックの人達からすれば喧嘩売ってるように見えてもしょうがない

まあワルトルタやらヴァッスーラやらが無原罪を否定しているとは思えないから、
それらを啓示扱いしてるしてる以上、当然あなたも答えはyesですよね?

648 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 12:44:05.92 ID:ICf8QPv0
このスレでの宣教は元々同意できる考えをもった羊のみを対象としてるらしいですよ?

649 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 13:05:59.49 ID:0SxNbyUS
>>648
へー、冷やかしはお断りってことですか
でも当事者がどんな考えを持っているのかが分からないと、
同意するべきかどうかさえも決められないですけどね

なんでああやって返事をはぐらかすのか理解に苦しむ
せめて、ここで啓示として紹介しているコピペについては
特に注釈でもしないかぎりいうまでもなく無条件で私も同意していますと
なんで言えないんでしょうね

もっとも啓示として奉っておきながら、じつはその啓示されている教義に
自分は反対ですなんて言えるはずもないが

650 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 13:56:11.40 ID:ICf8QPv0
私も同意です、普通の反応だとも思いますよ

651 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 14:02:06.15 ID:SVDjHmHz
>>647
アリス氏そっくり氏

>それを示さないでどうやって宣教するんです? 

どう宣教しようと私の勝手です。
あなたに心配していただく必要はありません。

>それともここはカトリック以外書き込み禁止ですか?

いいえ。荒らしはノーサンキューというだけです。

>>649
>でも当事者がどんな考えを持っているのかが分からないと、
>同意するべきかどうかさえも決められないですけどね

あなたに同意して欲しいなどと思っていません。


聖母の無原罪についてはこれまでにも書きました。
またいずれ書くでしょう。

652 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 14:11:00.23 ID:SVDjHmHz
>>647
>>649

それで、聖母の無原罪があなたにとってどう関係があるのですか。
あなたにとって聖母が無原罪かどうか何が問題なのですか?

653 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 14:14:26.14 ID:SVDjHmHz
(教会の一致)

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/1・P141

主:そうです、私の体は教会です。ヴァッスーラ、私は 教会を一つにしたい、
すべての司祭たちを一つにまとめたい、軍隊のように、救いの軍隊です。私の羊は
散らされている。すべての司祭たちは一致すべきです。

ヴァッスーラ:わが神よ、私は個人的にはギリシャ正教の洗礼を受けています。
主はどのことを言っておられるのでしょう? カトリックですか、プロテスタント
ですか、それとも諸派でしょうか? それともほかの宗教のことでしょうか? 
敢えてこうお尋ねするのは、それらが存在するからです。

主:ああ ヴァッスーラ、ヴァッスーラ、私は一つです! 私 神は唯一です、
我が子たちは 皆私の手によって造られた、どうして私のすべての子どもたちは
散らされているのか? 私は一致を望む。

654 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 14:47:40.45 ID:4yplUVdm
http://www.hoarun.web.fc2.com/vas.html

655 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 14:48:26.85 ID:4yplUVdm
http://hoarun.web.fc2.com/vas.html

656 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 14:50:06.77 ID:aEbg7/r5
ヴァッスーラ・ライデンの啓示はカトリック教会でもギリシャ正教会でも認められていません!

657 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 15:34:32.52 ID:NEtKOc/i
>>656
ヴァッスーラが本物であることを理解できる人は祝福されています。

658 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 15:37:10.86 ID:NEtKOc/i
ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/2巻P80

主:ヴァッスーラ、教会を一致させる時が来た、再び一つとなりなさい 
愛する者たちよ、このいにしえの廃墟を建て直しに来なさい、私自身の手で
建てられた基礎を建て直しなさい、我が母を尊ぶように、みことばである私
が 誰にもまして尊んでいるように。そうならば 塵と灰であるあなたが母
を 天の元后として認め、尊ぶのを私が望まないだろうか? 被造物が我が
母の重要性について殆ど知らないのを見て 今日私は深く悲しんでいる、
ルーテルの名のもとに 全く孤立してしまった人びとは、ペテロのもとに戻
りなさい、

ヴァッスーラ:主よ! 彼らにはショックでしょう!

659 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 15:38:39.95 ID:NEtKOc/i
(続き)
主:ヴァッスーラ 我が母を敬うように彼らのひざを屈ませる、主である私
が語っている、屈ませる! 屈んだ時、彼らの上に光を注ぎ 甦らせる、幹
を強め、あなた方は灌漑された庭にように、水を湛えて決して涸れることの
ない泉となり、私は基礎を造り直す、来なさい 愛する者よ、私の言葉を刻
むことができるよう今のように柔軟で素直となって、さあ 私の聖なる現存
を決して忘れないように。

ヴァッスーラ:はい 主よ。
  
ヴァッスーラ:わが神よ、プロテスタントの人たちにはショックでしょう!
(私はまだそのことを思っていました。)

主:ヴァッスーラ 私は彼らが変わるように何年も待っていた、もうこの願い
を自由に書き下ろさせてもらいたい。」

660 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 17:15:09.24 ID:aEbg7/r5
>>659精神科に行った方がいいと思います、小さなヨハネ君は!

661 :金有財 ◆HOBfTo8Y1977 :2014/03/22(土) 17:16:05.32 ID:rTKEtKWB
神から啓示があったなんていうのを
信じるのはバカだけ。

662 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 18:08:28.33 ID:aEbg7/r5
小さなヨハネは、オウム教やエホバなどのカルト宗教に騙されやすいタイプですアホちゃんです

663 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 18:21:13.67 ID:NEtKOc/i
ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/4巻Pviii

ヴァッスーラ:そうですね、マリア様からの強い一致の呼びかけがあります。その
メッセージをお読みする前に、一般的な「一致」の解釈には同意できないと申し上げ
たいのです。ギリシャ正教では時々、兄弟のローマ・カトリックが、ギリシャ正教に
なるなら一致が実現すると言います。そしてカトリックでは時々、皆がローマ・カト
リックになるのを期待しています。これが人間の考え方です。天国ではこうした考え
方ではありません。天国では一致を、一人ひとりの心のうちに築くものと見ています。
私は今でもギリシャ正教です。ギリシャ正教徒のままです。ギリシャ正教を実践して
いますが、カトリックの兄弟のもとに行っても壁をつくりません。この方がたの教会
に行きます。イエスはどこへでも私をお遣わしになるのです。ギリシャ正教のもとだ
けでなく。心のうちに、心をもって一致すべきです。
 今は廃墟となっている教会の上に、イエスが建てると仰っている教会について、
それは、いわば分派のように、全く新しい教会を造るのではなく、「初代教会に似せ
て、唯一であり 一致し、愛と謙遜という基礎の上に築く」と言っておられます。
 ― 互いを受け入れ、イエスに向かって一緒に、祈りを捧げるのです。

664 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 18:23:29.99 ID:NEtKOc/i
(続き)
 ではマリア様が話しかけられておられる箇所を読みます:
「反逆は兄弟の間で一致を妨げます。心の不誠実は神の杯をさらに満たしてい
くことになります。彼らは我が子のからだをねじ曲げ、分裂させ、手足を切り
落し、麻痺させてしまいました。思い出させましょう あなた方は皆 主を
通して、唯一の霊のうちに、御父のみもとにいたる自分の道があるのです、
ですのに我が子の名のもとに 別れたままでいます。一致と平和をあなた方
は口にしますが、それを実践する人びとに対しては罠を仕掛けます。神は欺
かれません、あなた方の理屈に納得もされていません。
 神の国は口にのぼる言葉だけにとどまりません。神の国は 心のうちにある
愛、平和、一致と信仰、それは心の中で一つに一致している主の教会なのです。
一致の鍵は愛と謙遜です。イエスはあなた方の分裂をお勧めになったことは
なく、ご自分の教会の分裂は イエスのお望みではありませんでした。心と
声をもって一致し 我が子の初代教会を心の中に再び築いて下さるようにお
願いします。我が子の初代教会と申しているのは、その教会が愛、素朴、謙遜
と、信仰に基いていたからです。改めて新しい組織を造り上げるのではなく、
心の中の組織を造り直すようにと申しています。心の中にある古い煉瓦、不一致、
不寛容、不実、赦しの拒み、愛の欠如という煉瓦を壊して、我が子の教会を
和解によって造り直すのです。非常に大きな霊の貧しさと 溢れるほど豊か
な寛容が 要求されます、そして屈まなければならないと理解するまでは、
一致できないでしょう。」(ノート54、‘91・9・23)

665 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 18:25:09.66 ID:NEtKOc/i
ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/4巻Pxvi

 一つの祭壇でパンを分かち合う日が来る そして誰も我が子たちが私のもとに
やって来るのを止めないであろう。誰も:「あなたはギリシャ正教徒か?」と
は尋ねない。あなた方を分かつために築いたこの要塞を 私はもう非としている。
 あなた方は皆私のうちで兄弟です。こう信じるように教え 勧めなさい。
 ― 私の聖なる名のもとに自分たちを分け隔て、からだと霊において分かれ
たままでいる者たちには、サルディスの教会(黙示録3)に言ったと同じこと
を言う:世間の目に生きていると評価されても、創り主の目にはそうでない。
残されたほんのわずかないのちを生き返らせなさい:それは急速に死にかけ
ている 死骸のあるとこにはどこでも、はげ鷹が群がるものだ。一致しなさい!
 集まりなさい! ともに私の名を呼び求めるように! ともに私のからだ
と血を献げなさい! 道を迫害しないように!  一致し 私を讃えることが
できるように自らへりくだり かがみなさい。あなた方は聖霊について語るが
 聖霊のうちに行ってはいない。 道について話すが それを第一に遮る者と
なっている! ― ほとんど私を知らない者よ・・・。

666 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 18:44:15.97 ID:0SxNbyUS
スレ主さんよ、あなたは誰かがキリストは神ですか、それともただの人ですかと尋ねたら
それで、キリストが神であるかどうかがあなたにとってどう関係があるのですか
と答える気か?

それと同じでマリアは無原罪ですか、それとも我々と同じただの人ですか
すくなくともあなたはどのように信じているのか、と尋ねられて
なぜ明確にyesかnoで答えずに逃げ回るのか?

もしも明確にマリアは無原罪ではありませんと明確に否定しないのなら
あなたはそもそもカトリックだしワルトルタやヴァッスーラを啓示としているのだから
あなたも無原罪の教義を信じていると定義しますよ

もっとも、今面白いものを拝見しとるけどねw
ふーん、痛悔キリスト教第22話、その1聖母の無原罪か

ふむふむ、なんか凄いことが書いてあるぞ
「主は母から遺伝悪を取得されたことは主が試練を受けられたという事実から明白である。」
「母から密着している人間的なものは自然に密着している虚弱なものであったのであり、それは悪であるため、地獄に相応していたのである。」

ほうほう、スウェーデンボルグの本にはこんなことが書かれてあるのか
遺伝悪って要するに一般的なキリスト教の原罪のことだろ
つまりスウェーデンボルグはマリアの無原罪を極めて明確に否定しているではないか!

おたく、ワルトルタやヴァッスーラだけでなく、スウェーデンボルグも啓示だとしてたよな
ある本はマリアは無原罪だとしており、別の本は無原罪ではないする

これはどう考えても一方が真理ならば一方は誤謬だろ?
なんでこれら両方が啓示であり、正しい真理であり得るんだ??

いわばこれは、「キリストは神です」(A)、「キリストは悪魔です」(B)
というAB両方とも真理であるとして混合するようなものだ
それがあんたの言う新しい教会かね、何でもありだな(笑)

667 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 20:43:51.54 ID:NAvCifvy
アンチの方ですね
ただのいちゃもんつけです

668 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 21:55:47.81 ID:0SxNbyUS
>>667
マリア・ワルトルタ/復活/P110
あなたたちの、肉となるみ言葉を迎える心が、どのようなものであるべきかには、生きる模範がある。
原罪なくして私を担った私の母マリアである。

マリア・ワルトルタ「手記」抜粋/天使館/P201
神の母になることを予定されていたマリアの誕生における稀有の出来事といえば、処女の、
原罪の汚れから守護された霊魂の、男と女から生まれた万人の霊魂の中で唯一、
無原罪であったその霊魂の、未来の使命の観点から神が与えた特異な特権による注賦だけであった。

マリア・ワルトルタ「手記」抜粋/天使館/P121
目を塞いではならない。マリアは、神の意志によって、罪の汚れなしに生まれ、
この保護は、的確にわたしの到来を準備するために望まれたものだった。
もし彼女に原罪があれば、霊魂の生命、恩寵は彼女のなかで殺されていただろう。


「主のもとには母から来ている遺伝悪があったと言われることは驚きをあたえるかもしれないが
しかしそのことがここに極めて明らかに述べられているため、主が内意に取り扱われているため、
それがそのようであったことは疑うことができないのである」
「主は母から遺伝悪を取得されたことは主が試練を受けられたという事実から明白である。」天界の秘義1573
「母から密着している人間的なものは自然に密着している虚弱なものであったのであり、
それは悪であるため、地獄に相応していたのである。」アタナシウス信条についてP75


一体全体、上のワルトルタと下のスウェーデンボルグがどうやって真理として併立できるんだ?
こんなの誰が見たっておかしくないですか? もしワルトルタが正しいならば、スウェーデンボルグは誤謬、異端です
ということにならないですか、そして逆も又しかりでしょう

どっちかを啓示として承認し、一方のどっちかは間違った例として掲示してるのなら分かるけど
なんでこれが両方とも啓示でまかり通るの? 絶対おかしいでしょ、アンチとかそういう問題じゃないでしょう
こんなんだからキリスト教はバカにされるんですよ、まあこういう指摘をすることがアンチとされるのなら別に構わんけどね

669 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 22:13:44.92 ID:NAvCifvy
人は霊と肉体でひとつなのですから、別々に見ると、原罪があるともないとも言えます
分裂したものの見方をすると分裂した考え=信じられない、となります
霊と肉どちらの側から見て語っているか、どちらにウエイトが置かれているか、によって
説明も変わります
メカニズム的に正しいのはスウェーデンボルグの解説と思います
しかし、聞く人の中で両者の言い分が統合されていたら、どちらも同じことを言っているのが
わかります

670 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 22:28:16.24 ID:NAvCifvy
>>669自己レス
どちらも正しいということです
どちらもひとつも間違ったことを言っていないのです

671 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 22:29:10.01 ID:pAbhiLMo
創価学会 池田大作の資産はみんなに分配される
池田の遺言だろう
創価には隠し資産が約10兆円あるらしい
これがみんなに分配される

800万世帯×1世帯で50万円の仏壇買ったとしても4兆円だ
もっと隠していてもおかしくない
それが国民みんなに分配される

672 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 22:47:47.87 ID:VAfv6B8O
>>667
>>669
>>670
名無し氏
ありがとうございます。

全く仰るとおりです。
あなたの透徹した理解力、認識能力に深く敬意を表します。
実に素晴らしい・・・。
何も加えることはありません。

673 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 22:57:39.12 ID:VAfv6B8O
アンチの皆さん

聖母の無原罪については名無し氏のおっしゃるとおり、メカニズム的
(実に的確な表現です)には、スウェーデンボルグの言う通りだろうと
思います。

そして、それはやはり彼が他のところで説明している「外観の法則」
が聖母の「無原罪」にも適用されているのだろうというのが私の意見です。

つまり、聖母は遺伝悪を受け継いでいるが、あたかも「無原罪」であるかの
ように悪が静止している、そしてそれは主の特別のご配慮によってなされて
いる、ということです。

674 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 23:15:46.71 ID:VAfv6B8O
名無し氏

私はいまだかつてスウェーデンボルグ読者の中にもあなたほどの透徹した
洞察力、理解力、認識能力をお持ちの方を見たことがありません。

マタイ8・10

イエスはこれを聞いて感心し、従っていた人々に言われた「はっきり言って
おく。イスラエルの中でさえ、わたしはこれほどの信仰を見たことがない。」

675 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/22(土) 23:32:17.64 ID:VAfv6B8O
名無し氏

これはあなたのこれまでの真理と善を求める熱意と修練の賜物だと思います。
実に、主の恵みと祝福があなたの上に溢れています。

676 :神も仏も名無しさん:2014/03/23(日) 01:40:46.38 ID:PRnLeGTb
マリア・ワルトルタの著書は小説です、カトリック教会は公認していません

http://hoarun.web.fc2.com/keiji.html

677 :神も仏も名無しさん:2014/03/23(日) 01:43:22.47 ID:PRnLeGTb
マリア・ワルトルタの著作は"幻視によって得られた情報による"キリストや聖母の御生涯の記述としています。
しかし彼女の著作は認可を受けておらず、読む事、他者に推薦する事も許されていません。
その内容が信心深き公教会信徒らに有害である事を認められたマリア・ワルトルタの一連の創作は、慎重なる調査の後にカトリック教会によって公式に否認されました。
1959年12月16日に教理省は「神と人なるキリストの詩」と名づけられた4巻の作品を禁書目録に登録する様に命じました。
この書が禁書目録に据えられた際、これは「キリストの御生涯を悪しく小説化した」と評されました。

678 :Sarah:2014/03/23(日) 02:53:43.74 ID:sj5p6MSi
>>633
ふーん。
落ち着きなさいね。笑

答えに窮するといつもソレ。笑
いつまでもいつまでも過去の書き込みを牛のように反芻して、趣旨は無視して
下劣な言葉に変換するとは、よほどお好きなんですねえ。笑
いやはや、ありがとうございます。

あの頃はメロドラマを見て物思いにふけていたっけ、ヨハンネス。

679 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 10:44:08.86 ID:/VStQWkz
>>676-677
あなたはカトリック教徒、ないしはクリスチャンですか?
クリスチャンでないのにそんなことを仰るのですか?
もしあなたがアンチ・キリスト教なら、キリスト教における権威を持ち出すこと
自体おかしいではないですか。そもそもキリスト教を認めないのですから。
あなたと何の関係があるのですか。「訴えの利益」というものがありません。

まあ、それは置いておいて、もしカトリック、あるいはその他クリスチャンの人
からそう言われたとしたら私は次のように申し上げます。

ご自分で判断しなさいと。

なぜなら主は次のように仰っているからです。

ルカ12・57

「あなたがたは、何が正しいかを、どうして自分で判断しないのか。」


私たちには主の御声を聞き分ける力を与えられているのです。


ヨハネ10・26−28

「わたしは言ったが、あなたたちは信じない。わたしが父の名によって行う業が、わたし
について証しをしている。しかし、あなたたちは信じない。わたしの羊ではないから
である。わたしの羊はわたしの声を聞き分ける。わたしは彼らを知っており、彼らは
わたしに従う。わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決して滅びず、だれも彼ら
をわたしの手から奪うことはできない。」

680 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 10:48:28.89 ID:/VStQWkz
>>678
Sarah氏

ありがとうございます。

681 :神も仏も名無しさん:2014/03/23(日) 11:05:34.05 ID:AbWSQRS0
>>673
然り、然り
人間にとってはマリア・ワルトルタのように、人間視点から見上げるかたちの聖母像解釈が
もっとも良く、福音になると思います
しかし、肉体を持つ人間には完全には理解しがたい、霊的な神聖にある種冷たさを感じ、信
仰深い方でも一抹の寂しさを覚えられる向きもあるかと思います
そのような方にはスウェーデンボルグの有原罪説は、聖母のような清らかな方でさえ母親たる
苦しみを味わわれたことが想像され、わたしたちと同じ立場の人間の近しみを感じることができ
ることでしょう
しかし同時に、聖母はいたずらに苦悩される事なく主に立ち返られたので、主は喜ばれ聖母に
我が御子を捧げる勇気を与え、苦悩を取り去られたのだと理解でき、心温め、心強くされることと思います

682 :神も仏も名無しさん:2014/03/23(日) 11:09:37.73 ID:AbWSQRS0
>>672
>>674
>>675
有り難きお言葉頂戴いたしました
神、主おひとりだけがいつも正しく、栄光は主に帰します

683 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 11:09:39.56 ID:/VStQWkz
聖母の無原罪についてご説明するのはやぶさかではありません。しかし、
物事には順番があります。聖母について考えるのはとても高度なことだと
思います。ですから、私たちは知識を積み重ねて行かねばなりません。
いきなり聖母に行き着くことは出来ないのです。
それは他の使徒たちが逃げ出してしまった時、最後までついて行った
ヨハネにやっと聖母が与えられたことが物語っています。

そもそも主が父なる神であることを理解することが最重要の先決課題です。
それすら出来ていないのにどうして「閉ざされた園、封じられた泉」(雅歌4・12)
であろう聖母を理解出来るでしょうか。

684 :神も仏も名無しさん:2014/03/23(日) 11:45:40.20 ID:AbWSQRS0
>>683
その通りと思います
聖母についての数々の謎は、神、主を信じ抜いた褒賞に理解が得られると思います

685 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 11:49:37.11 ID:/VStQWkz
>>681-682
名無し氏
本当にありがとうございます。
あなたの善意と理解にいつも勇気付けられます。


実際マリア・ワルトルタを読むと、聖母の母としての胸の張り裂けそうな悲しみと
苦しみが伝わってまいります。

それは主イエス・キリストについても言えます。
主は父御本人であられたのに、赤子として生まれ、普通に育つ道をとられ、その過程
で通常の人間が味わう遺伝悪からの誘惑もすべて経験され、それを一つ一つ完全に
克服されました。そのことはユダからの意地悪い質問に答えられています。
ですから、私たちは神である主に対し、あなたは神だから人間の苦しみなど
分からないのだとは決して言えないのです。
(しかも一部の人間をのぞいて、誰が磔など経験したでしょう! もちろん主の
本当の痛みは将来にわたる人類全体からの裏切りですが)

主は神であると同時に、人間以上に人間の感情を持ち、養父ヨセフの死を深く悲しみ、
また母のもとを離れて公生活に入る際の別離の悲しまれる場面など、本当に胸を打たれます。

686 :神も仏も名無しさん:2014/03/23(日) 11:52:58.85 ID:Zk+LeMN2
三位一体を否定しているヨハネは、なぜカトリック教会に行くの!?

687 :神も仏も名無しさん:2014/03/23(日) 12:11:47.59 ID:Zk+LeMN2
小さなヨハネさんは、三位一体を否定しているみたいですけど、ミサのとき「父と子と聖霊」の名によってアーメンと唱えるんですか?
プライベートで祈りを捧げるときも「父と子と聖霊」の名によってアーメンと唱えますか?
ロザリオの祈りも始まりと終わりも「父と子と聖霊」の名によってアーメンと唱えるでしょう!

688 :神も仏も名無しさん:2014/03/23(日) 12:16:40.64 ID:Zk+LeMN2
>>679 小さなヨハネさん。私も定期的にカトリック教会に通っている信徒ですけど、勝手に部外者扱いしないでください。

689 :正しいカトリックの教えを学びましょう:2014/03/23(日) 14:09:53.51 ID:PRnLeGTb
正しいカトリック情報は小野田神父様のブログ≪Credidimus Caritati≫か、
http://blog.goo.ne.jp/thomasonoda

≪マニラのeそよ風≫か、
http://www.immaculata.jp/

≪聖ピオ十世会日本のHP≫をご覧ください。
http://fsspxjapan.fc2web.com/menu.html

http://fsspxjapan.fc2web.com/pro_fsspx/index.html

聖ピオ十世会とは?
http://fsspxjapan.fc2web.com/pro_fsspx/fsspx.html

聖ピオ十世会の執行するカトリック教会の7つの秘跡はすべて有効です。

まれに見られる悪意ある讒言に振り回されないように!

聖ピオ十世会、アメリカ管区のサイト
http://www.sspx.org/

本家、フランスのサイト
http://www.dici.org/

★☆★  ★☆★  ★☆★  ★☆★  ★☆★  ★☆★  ★☆★  ★☆★

690 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 14:20:56.74 ID:/VStQWkz
>>688
それは失礼しました。
では>>679の後半部分をあなたに申し上げます。

>>686
三位一体を否定しているのではありません。解釈が違うと言っているだけです。
私がカトリックへ行くのは教会の分裂は悪であり、主の御心とは思わないからです。

>>687
私は三位一体を否定しているのではありません。並列的三位一体論、即ち、
実質的な三神論を否定しているのです。私は三位一体を重層的三位一体論として
理解しています。ですから、「父と子と聖霊」の御名によってと言うことは
私の信条と全く矛盾しないのです。

あなたは三位一体論をどう理解、解釈しているのですか?

691 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 14:30:16.77 ID:/VStQWkz
ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/4巻Pxvi

一つの祭壇でパンを分かち合う日が来る そして誰も我が子たちが私のもとにやって
来るのを止めないであろう。誰も:「あなたはギリシャ正教徒か?」とは尋ねない。
あなた方を分かつために築いたこの要塞を 私はもう非としている。 あなた方は皆
私のうちで兄弟です。こう信じるように教え 勧めなさい。 ― 私の聖なる名のも
とに自分たちを分け隔て、からだと霊において分かれたままでいる者たちには、サル
ディスの教会(黙示録3)に言ったと同じことを言う:世間の目に生きていると評価
されても、創り主の目にはそうでない。残されたほんのわずかないのちを生き返らせ
なさい:それは急速に死にかけている 死骸のあるとこにはどこでも、はげ鷹が群が
るものだ。一致しなさい! 集まりなさい! ともに私の名を呼び求めるように!
ともに私のからだと血を献げなさい! 道を迫害しないように!  一致し 私を
讃えることができるように自らへりくだり かがみなさい。あなた方は聖霊について
語るが 聖霊のうちに行ってはいない。 道について話すが それを第一に遮る者と
なっている! ― ほとんど私を知らない者よ・・・。

692 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 14:32:34.45 ID:/VStQWkz
(続き)
私の名を呼びながら、聖櫃と祭壇の間で我が子たちを殺害しているではないか。
 私は厳粛に言う、このすべては裁きの日にあなたの前に持ち出される 私に
顔を向けて まことに言えようか:「私は兄弟と和解した」と? あなたは
まことに言えようか:「あなたの聖なる御名のもとに私は兄弟たちの間で自分
を分け隔てしなかった」と。 私の前で弁明する時、あなたの面前で言おう:
「離れなさい、あなたは兄弟を同等に扱ってはいなかった。私のからだを日々
殺害した。 あなたの勝利はどこか? 私が造り上げている時、あなたは打ち
壊していた。 私が再び集めようとしていた時、あなたは散らしていた。 
私が一致させようとしていた時 あなたは分裂させていた! しかし、今日
でさえも、ありのままの姿で 私のもとに来るなら、癒すことができる。変容
させることができる そして あなたが我が誉れとなろう。 私の日に、身重
の女と、乳飲み子を持った女たち(ルカ21・23)のように罪を孕み 仲間
うちで罪に練達した者同士がいるのを見られたなら災いである。 しかしこの
人たちの間から 弟子を誘い つき従わせようと 紛(まが)い物の真理を
口にする者たちが出ると言われている(使徒行録20・30)。あなたを救う
ために 私は叫び声を上げ 耳が不自由でもあなたに聞こえるようにしている 
そしてこうあなたを非難するのは、あなたにたいする大きな愛からである。
しかしまことに言う: いつの日か私のばらばらになったからだのすべての
部分を 一体となるように集めることであろう。」(ノート55、『私の天使
ダニエル』166−167ページ)

693 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 15:53:39.45 ID:/VStQWkz
(私、主は、いかなる教会の分裂も望まない)

ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/U巻P163、\巻]]F

 私、主は、いかなる教会の分裂も望まない。あなた方は、私のために、一致し
私の名のもとに私を愛し、従い、証しするように。私が愛するように互いに愛し
合い、一致し、一人の牧者のもとに一つの群れとなるのです。あなた方皆が知っ
ているように 私はペトロを選んだ、権威を与えて。皆も知っているように 
天の御くにの鍵をペトロに渡した。ペトロには私の仔羊と羊の面倒を見て、
養うように頼んだ。この権威は私が与えたもの。私の望みをあなた方に変えて
もらいたくはなかった(88.3.19前掲UP163).

694 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 15:57:06.97 ID:/VStQWkz
ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/5巻P106
‘91・4・13

 主よ、教会の分裂ですが、それもカトリックと東方教会だけの話しですが、
本当に恥ずかしいことです! 私たちキリスト教徒が分裂しつづけているな
んて、どうしてあり得るでしょう、それも一時的でなくいつまでも続き、根
が深く、あまりにも理不尽な争いがもとで! 一人ひとりが相手の敵になっ
てしまい、その一部ではいまだ怒りと憎しみをかかえ、心の中で言い争って
いては、筋の通った話しができるでしょうか? 兄弟と和解したと言って主
に顔を向け、曇りない良心で、あなたの祭壇に献げ物をするなんて本当にで
きるでしょうか? いいえ、生きている限り、聖なるみ名のもとにそんなこ
とはできません、和解しないまま、晴れた良心でみもとを訪れるなんて。 
それでも、あなたの最大の願いが、愛するキリストよ、一致だと、皆知って
います。 でもやっぱり、分け隔てているものにしっかりと しがみつき:
「本当の信仰と真理を持つのはこちらだから、かがみたくない」とは正直に
言えないようです。もし一致するなら、あなたの花嫁はもっとずっと美しい
のが、私たちには分からないと見えて? 教会はずっとたくましくなるでし
ょうに? ずっと成長し? 実もずっと増えて? 今は、よどんでしまった
かのようです。毎日目の前に、霊魂たちが二流の哲学、そう、ニューエージ
やエホバの証人といった秘教のセクトを追って、次々と花嫁をやめて行くの
を見ていて、教会が成長し、霊魂たちを得ていると正直に言えるでしょうか?
 しかもこの霊魂たちもあなたを探しているように感じます、そこで あなた
が見い出せますよう、どうぞお助け下さい。

695 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 15:59:10.56 ID:/VStQWkz
(続き)
 ああ、私の鳩よ、教えていたのは無駄でなかった! ・・・ 一致するには
 彼らの心が要るのを 皆まだ理解していない。 心の中で 私の教会が一つ
となるように造り直すには 彼らの心が要る。 一致は心でするのです。
 見よ、私は よその民に証しするように あなたを送り出した、しかし
多くの人は 英知がなぜよそ者にあなたを送ったか理解しないで、よそ者に
屈服したと信じている、私 主が 彼らの心に あなたの心を一致させたの
を悟っていない、あなたはまさに 二重の十字架を負っている 我が子よ、
自分たちの仲間となるようにと たえず挑発する何人かのよそ者からも 
追いやられて。 今のままでいることによってどう一致し 一致とはどんな
様子かを 私は両方に教えている。 一致とは 我が聖なる名のもとに 
自分たちを分け隔てしないこと、一致とは 聖体拝領を分かち合い 聖体の
うちに 私のまことの現存を信じること  一致とは、我が子よ、互いに自分
たちの富を与え合うこと。

696 :神も仏も名無しさん:2014/03/23(日) 17:01:08.53 ID:pbnCobWZ
創価学会 池田大作の資産はみんなに分配される
池田の遺言だろう
創価には隠し資産が約10兆円あるらしい
これがみんなに分配される

800万世帯×1世帯で50万円の仏壇買ったとしても4兆円だ
もっと隠していてもおかしくない
それがみんなに分配される

697 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 17:12:11.52 ID:/VStQWkz
(続く)
主よ、「私たちが裁くとき、あなたの慈しみを思い、裁かれるとき、憐れみに依り
頼む」(知恵の書12・22)ことを、お教え下さい。

ああ、我が子よ、あなたの種族は まだ滅ぶことはない、しかし覚えておくように、
私が前にいて、御母が傍らにおられ、あなたを励ましている、そして足もとには守護
の天使がいて あなたを護っている。 聞くように、兄弟たちの中でも 先頭に立
つ者は尊ばれよう、そこで私のペトロを尊びなさい。 至高者からの一言です 

698 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 17:15:04.50 ID:/VStQWkz
ヴァッスーラ/神のうちの真のいのち/\巻]]G

将来の一致について話されたもう一つのメッセージの中では、もっとはっき
りと書かれています:

 ペトロの手には私の羊を護る鉄の錫を置く、そして「どうして道案内など
必要か?」をまだ知らず 自問する人たちに対しては このように言う:羊
飼いを持たない羊の群れを見たり聞いたりしたことがあるか? 私は天の羊
飼い そして戻るまで仔羊たちを護るようにペトロを選び、その責任を与え
た、ではなぜこのように議論するか、空しい論争を? 我が言葉を未だ知ら
ないすべての人たちは、それについて聖書で読むように、私の弟子ヨハネの
福音書の中に見出そう。こうして教会を一致させ 一つの群れとなるように
腕の中に包み込む、今日はこのように散らされ あまりに多くの共同体、分
裂したセクトを造りだしている。私のからだはあなた方に引裂かれてしまっ
たが、こうあってはならない! 皆を一致させる(88.5.16、前掲U
P222)。

699 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 17:18:50.66 ID:/VStQWkz
主は教会の分裂など望んでおられないのです。
ですから、これから教会を選ぼうとするなら、カトリックへお行きなさい
と私は申し上げます。
主が一致を望んでおられるのに、どうして分裂した教会へ行くことが
できるでしょう。

700 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 17:46:23.54 ID:/VStQWkz
教会とは厳密な意味では、再生した個人のことを言います。
一人でもそれは教会です。地上における神の国、天国です。
それは私たちの心の中に存在するのです。

ルカ17・20−21
ファリサイ派の人々が、神の国はいつ来るのかと尋ねたので、イエスは答えて言わ
れた。「神の国は、見える形では来ない。『ここにある』『あそこにある』と言え
るものでもない。実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。」

静思社/スウェーデンボルグ/聖書78

 さらに、主が人間のもとに現存されて、人間に連結されるのは、聖言によるのである。
なぜなら主は聖言であられ、その中でその人間といわば話されるからである。主はまた、
聖言も同じく神的真理そのものであるように、神的真理そのものであられる。このこと
から、人間が聖言を理解するのに従って、主はその人間のもとに現存されると同時に、
その人間と連結されることが明白である。なぜならその人間は理解に従って真理と
そこから派生する信仰とを得、また愛とそこから派生する生命とを得るからである。
主は実に人間のもとに聖言を読むことを通して現存されてはいるが、しかし聖言から
真理を理解することを通して、またその理解に従って人間と連結されるのであり、
そして主が人間と連結されるに比例して、教会はその人間の中に存在するのである。
教会は人間の中に在るのであって、人間の外にある教会は己が中に教会をもった幾多
の人間のもとにある教会である。このことが神の国は何時来ましょうかとたずねた
パリサイ人に答えられた主の御言葉の意味である―
神の国はあなたたちの中にある(ルカ17・21)
ここでは「神の国」は主を意味し、主から教会を意味している。

701 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 18:08:41.10 ID:/VStQWkz
(個人は最小の教会)

黙示録講解20

教会は天界のように、人間の中にあって人間の外にはなく、従って、善から諸真理
の中にいる人間が教会である。


天界の秘義6113

 人間は善と真理の中にいるときその人間は教会であり、こうした人間の集まった
ものが全般的な教会を作るからである。


デボラ/生ける神よりあかされた英知/5巻P107

ああ、小さな子供たち、教会は、再びその光輝を取り戻さなければなりません。
あなたがたの使命はこのことにかかわっています。なぜなら地上のあらゆる場所に
おいて、あなたがた自身が教会だからです。キリストの神秘的肢体において、
あなたがた各自が、鼓動する教会の心臓なのです。

702 :神も仏も名無しさん:2014/03/23(日) 19:54:49.99 ID:tobJLwRo


703 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 21:01:40.04 ID:/VStQWkz
本来の教会とは、再生した個人個人の集まりです。教会とはそうでなければなりません。
礼拝には内なるものと外なるものがあるそうです。
主を心から礼拝することが内なる礼拝であり、儀式的なものが外なる礼拝であろうと
思います。どちらも必要なのです。内なる礼拝のない外なる礼拝は無意味ですし、
外なる礼拝の伴わない内なる礼拝も非力なのです。
それは甘い果汁のない果物に価値がないように、果皮や果肉のない果実も果汁を
保つことは出来ないことと同じです。

教会は再生した個人の存在がなければ外形のみの教会であり、同時に外なる教会も
なければ個人の再生に資することなく、また再生した個人を守ることは出来ないのです。

704 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 21:39:37.19 ID:/VStQWkz
(内なるもののみでなく外なるものも存在しない限り、教会は在り得ない)

天界の秘義1083

『セム』により内なる教会が、『ヤペテ』により内なる教会に相応した外なる教会が
意味されていることは前に述べたところである。教会が存在しているところには必然
的に内なるものと外なるものとが存在しなくてはならない、なぜなら教会である人間
は内なるものであり、また外なるものであるからである。

人間が教会となる以前、すなわち、かれが再生する以前は、人間は外なるものの中に
いるが、再生しつつある時は(すでに述べられ、また示されたように)外なるものから、
否、外なるものにより、内なるものへ導かれるのであり、その後、かれが再生すると、
内なる人の凡てのものは外なるものの中に終結するのである。このように、古代教会
がそうであったように、また現今基督教会がそうであるように、必然的に教会各々は
内なるものであり、また外なるものでなくてはならないのである。

705 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/23(日) 21:43:47.11 ID:/VStQWkz
続き)
[2]古代教会の内なるものは仁慈の凡ゆるものであり、仁慈から生まれた
信仰の凡ゆるものであり―卑下そのものであり、仁慈から主を崇拝すること
そのものであり、隣人に対する善い情愛そのものであり、また他のそういっ
たものであった。古代教会の外なるものは生けにえ、灌祭、その他多くの物
であって、その凡ては表象により主に関わりを持ち、主を目標としていたの
である。ここから外なるものの中に内なるものがあり、それらは一つの教会
を作ったのである。

基督教会の内なるものは古代教会の内なるものに正確に類似しているが、
しかし他の外なるものがそれに代わって続いておこったのである。すなわち、
生けにえとそれに類したものに代わって、礼典が起ったのであるが、そこからも
同じように主が目標とされているのであって、かくて、再び内なるものと外な
るものとは一つのものとなっているのである。

706 :神も仏も名無しさん:2014/03/23(日) 22:09:35.03 ID:Zk+LeMN2
>>689小さなヨハネさんは、聖ピオ十世会のミサに参加してみてはどうですか?

707 :神も仏も名無しさん:2014/03/23(日) 22:31:55.23 ID:Zk+LeMN2
Pope John Paul II and Mother Teresa didn't support Medjugorje. Those are just fabrications.

708 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/24(月) 06:52:35.58 ID:KH10hqdx
>>684
名無し氏
>聖母についての数々の謎は、神、主を信じ抜いた褒賞に理解が得られると思います

然り。

マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋/天使館/P8

 マリアの胎に勝る最大の成聖の完璧さがあるのは、神の懐のみである。彼女は、
三一の神の次に、聖人たちの中の聖女である。
 もしわたしが、死すべき存在であるあなたたちに、マリアその人の美を見ることを
好意的に認めるなら、あなたたちは恍惚のうちに聖化されるだろう。わたしの母が
何者であるかをあなたたちに語るために比較に耐えるものは宇宙にはない。あなた
たちは聖なる者でありなさい。そうすれば彼女を見るだろう。

 そして神を見ることが至福者たちの喜びであるなら、マリアを見ることは全天国の
喜びである。なぜなら彼女において天使たちの合唱と聖人の群集のみが喜びに浸るの
ではなく、父と子と聖霊が彼女を、その愛の三位一体のこの上無き作品として凝視
するのであるから。

709 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/24(月) 07:02:58.18 ID:KH10hqdx
私は最終的に聖母を伝えなければならないのですが、また、それが私がここに
来ている最終的な目的ですが、私のような卑しい霊魂には聖母について語る
ことは非常に恐れ多く、ためらいと困難を覚えます。
また、現実的に、茨の生い茂る荒れ地にいきなり穀物の種を播くことも
難しいのです。

マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋/天使館/P87

 人類はすべて罪人である。被造物のなかではただ一人だけが、罪の苦い味
とは言わないまでも、罪の苦い匂いを味わわなかった。あなたたちのあいだ
に肉となり、あなたたちの肉を贖うためにわたしが後にした天国への望郷の
念をわたしに抱かせなかった女人マリア、わたしのいとも優しき母であった。
というのもマリアのうちにわたしは、天にある永遠の純白と光り輝く愛を見
出していたからだ。父は彼女のうちに住み、彼女を被造物のなかの完全な存
在としていつくしみ、聖霊は彼女をその火で貫いて、処女を母にし、彼女の
周りに天使の群れは集まり、一被造物のなかの三位一体を礼拝した。

 マリアの胎内! マリアの心臓! いいや。神にもっとも心を奪われた頭
脳といえども、純粋と愛のこの二つの完全さの奥底に降りることは出来ず、
頂点にまで登ることは出来ない。わたしはわたしの親しい人々の中でも最も
親しい人々のためにマリアの胎内と心臓とを照らす。ただしあなたたちは、
完全な学問のあるところに至った時はじめて、マリアを理解するだろう。

710 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/24(月) 07:07:42.29 ID:KH10hqdx
>>706
>小さなヨハネさんは、聖ピオ十世会のミサに参加してみてはどうですか?

どうしてですか?

>>707
私はそんなことは信じません。

711 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/24(月) 08:32:41.68 ID:KH10hqdx
私はその聖ピオ十世会というものがどういうものか知りませんが、近くの普通の
教会のミサで十分です。ミサに与るのは極めて個人的なことであり、それは主と
個人との問題です。どこの会のミサかはあまり関係ないのです。

私は聖母から司祭への本やヴァッスーラの本を信じていますが、だからと言って
それらの集まりに行きたいとも思いません。
(ヴァッスーラの講演は聞いたことはありますが)
なぜか分かりませんが、そういう興味はないのです。

特殊なものではなく、普通の人が普通にミサに通うようなそういう時が
来ることを願っています。

712 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/24(月) 08:42:42.67 ID:KH10hqdx
私は特殊なものに拘ることは分裂につながると思っているのかもしれません。
私はスウェーデンボルグを信じていますが、スウェーデンボルグ派の教会
や集会へ行きたいとは思いません。それもやはり分裂の一つだという気が
しています。スウェーデンボルグ派はスウェーデンボルグの本の出版に
多大な貢献をしていただいた訳ですが、それと分裂して良いかはまた別の
問題だと思います。ちなみにイギリスには非分離主義の国教会牧師がおられた
そうです。
私たちは主が望まれるかどうかを第一に考えなければなりません。

713 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/24(月) 08:47:31.16 ID:KH10hqdx
>712
訂正
×スウェーデンボルグ派の教会や集会へ
○スウェーデンボルグ派の教会や集会の礼拝へ

714 :神も仏も名無しさん:2014/03/24(月) 13:31:35.78 ID:fYTOKV3E
>>710なぜ、教皇ヨハネ・パウロ二世とマザー・テレサは、メジュゴリエを巡礼されなかったのですか?
ヨハネ・パウロ二世は、1990代から2000年代の初めまで頻繁にボスニア・ヘルツェゴビナやその周辺諸国を何回も訪れているのに、メジュゴリエを訪れていません。
マザー・テレサも同様です。

715 :神も仏も名無しさん:2014/03/24(月) 13:45:07.63 ID:fYTOKV3E
ファティマで聖母の出現を受けたシスタールチアも生前、メジュゴリエに対して否定的で、、あれは、ファティマの聖母と別物だと語っていました。

716 :神も仏も名無しさん:2014/03/24(月) 13:55:20.20 ID:fYTOKV3E
>>711聖ピオ十世会は保守派のカトリックの修道会です。同性愛や同性愛結婚に現代のカトリック教会以上に強く反対しています
小さなヨハネさんにピッタリのカトリックのグループです。

717 :神も仏も名無しさん:2014/03/24(月) 16:17:49.48 ID:OrViV2Id
悪魔は情報をかく乱させることが得意です
内面からも、外面からも操作して訳が分からなくさせます
人間に「考えるよう」に仕向け検証しようのない混乱した情報で疑惑を持たせます
疑いは悪の分野です
わたしたちは『信』に生き、主と聖母をひたすら信じましょう
聖母が勝利され、明るい未来に皆で喜びを分かち合う姿を確信し、祈願しましょう

718 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/24(月) 21:18:33.11 ID:KH10hqdx
>>714-715
そんなことは知りません。
そしてそれがどうだというのですか?
また、あなた自身はどう考えるのですか?

>>そうですか。しかし、申し上げたように、私はただのクリスチャンであり、
この世の外形的教会に関しては、普通のカトリックで十分です。
大切なことは主と個人との極めて個人的な関係だからです。

>>717
名無し氏
本当に仰るとおりです。
悪魔は手を変え品を変え、私たちを分裂させることにいそしみます。

719 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/24(月) 21:23:31.80 ID:KH10hqdx
>718
訂正
× >>そうですか。
>>716 そうですか。

720 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/24(月) 21:45:04.42 ID:KH10hqdx
聖母から司祭へ/1980.10.27

 私は、一致の道です。
 洗礼をうけて、わたしのおん子と同じいのちを頂き、こうして、一つの
“からだ”となったすべての人々が、愛しあい、和合し、尊敬と心ゆくまで
の交わりの一致に連れもどすのは、母であるわたしの役目です。あるものは、
キリスト者の一致がもっと容易になるだろうと勘ちがいして、あなたがたの
天の母を排斥しました。ところが、その結果は、一致へのもっと重大な新しい
障害が生じたのです。こうして、不一致はカトリック教会の内部に侵入しました。

 完全な真理によらないでは、キリスト者の真の一致は不可能です。この真理
が完全に保たれているのは、カトリック教会においてだけです。それで、
カトリック教会は、この真理を保存し、守り、何ものも恐れないで、すべての
人に告げ知らせなければなりません。
 イエズスに建てられた唯一の教会に、私の大勢の子らをつれ戻そうとして、
ひき寄せるのは、真理の光です。完全な愛徳なしには、キリスト者の真の再
一致はあり得ません。あなたたちの天の母以上に、だれが、あなたがたを、
お互いに愛しあい、理解しあい、同情しあい、知りあい、尊敬しあうように
助けることができるでしょうか?

721 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2014/03/24(月) 21:48:05.03 ID:KH10hqdx
(続き)
 神のみ旨だけを行うようになるため、内的な回心と清めの努力をしないかぎり、
キリスト者の真の再一致は不可能です。
 ところで、あなたがたにとって、神のみ旨とは何でしょう?
それは、“すべての人が一つになること”です。
 このむずかしい人世の旅路をたどるにあたって、私の子らを、だれがわたし
以上に助けられましょう?
私は、あなたがたにとって、一致の道です。わたしは、全教会に受け入れられ
たとき、はじめて母として、私のすべての子らを同じ家族の団欒に集めること
ができるでしょう。
 それで、私の汚れなき心が世界に勝利をうるその同じときに、すべての
キリスト者はカトリックの教会にふたたび一致するでしょう。こうして、
再一致した教会は、新たな聖霊降臨の輝きを受けて全世界のすべての民族を
新しくする力を帯びるのです。
 そして世界は、御父が送ってくださった方を信じ、その愛の聖霊を受けて、
全面的に新しくなるでしょう。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)