5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

つ聖句の読み方・解釈について@新旧聖書 その2

1 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/09(日) 23:18:38.81 ID:Pni2yml1
聖書の読み方を教えてくれるところはありませんし、教えてくれる人もいません。
だから、ここでそれを共に学んでいきましょう。
ちまたに溢れている宗教団体は、聖書をねじ曲げた独自な教義を、
無知な信者に教え込むだけです。

日本には禅があり、また般若心経というお経がありますが、
これらは、人間の思想とか概念が空であることを教えています。
人間が作り出した思想とか概念とかを超えて、リアルな命というものに
ダイレクトにつながるためにイエスの言葉を学んでいきましょう。

2 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/09(日) 23:20:23.54 ID:Pni2yml1
聖書と聖句についてのご質問をお受けしております。

3 :神も仏も名無しさん:2014/02/09(日) 23:37:44.72 ID:rjOdKxPy
>>2
聖書に書かれてることは100%全て事実なんですよね?
当然、進化論も間違い

4 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/10(月) 03:12:32.90 ID:rbwQztA7
>>3
>聖書に書かれてることは100%全て事実なんですよね?

この人は、別のスレに同じことを投稿していて
もう既に回答済みなので無視します。
このような質問をするというのは聖書を読んでいない何よりの証拠ですから。

六つの翼があり、その翼のまわりも内側も目で満ちている生き物が
実際に存在していると思う人などいるでしょうか?
聖書には例えが書かれていることは、まともに聖書を読んだ人なら
誰でも知っています。

5 :神も仏も名無しさん:2014/02/10(月) 16:46:07.94 ID:rCWkJXiX
つまり聖書はフィクションってこと。

6 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/10(月) 18:55:16.86 ID:sPKwgy9z
>>5
>つまり聖書はフィクションってこと。

なにが「つまり」なんですかね。

7 :神も仏も名無しさん:2014/02/10(月) 23:35:13.90 ID:ooTGk/Z/
これだから、原理主義者はw

8 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/10(月) 23:54:49.58 ID:sPKwgy9z
聖書と聖句についてのご質問をお受けしております。

9 :神も仏も名無しさん:2014/02/11(火) 01:05:09.12 ID:J+Yzikfq
>>4
聖書は主要部分や興味ある部分は読んでるよ。
福音書によってイエスの十字架の上のセリフが違うのも知ってる。

10 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/11(火) 01:35:51.48 ID:+1YAoL+K
>>9
>福音書によってイエスの十字架の上のセリフが違うのも知ってる。

それは、何か聖書以外の本に書いてあったことを読んで
知っているのではないですか?

11 :Sara ◆ofyqzYPzHM :2014/02/11(火) 12:03:51.63 ID:usevsVI9
ダニエルさん、こんにちは。

映画スレに遊びに来てくださってありがとうございます。
私は超教派です。

よかったらまたおいでください。お待ちしています!

新スレは サラと貴方の「午後のロードショー」 です。

_(._.)_

12 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/11(火) 16:22:44.68 ID:/+rkIuK7
>>11
>映画スレに遊びに来てくださってありがとうございます。
>私は超教派です。
>よかったらまたおいでください。お待ちしています!

そのダニエルさんは別の方ですね。(^^)

13 :神も仏も名無しさん:2014/02/11(火) 18:43:13.01 ID:J+Yzikfq
>>10
聖書だよ。イエスが
神よ。神よ。何故、お見捨てになったのですか?
の部分が福音書によって、別の表現になってる。

14 :神も仏も名無しさん:2014/02/11(火) 20:59:20.17 ID:J+HwRkgX
聖書分かってないのダニエルさんじゃないですか。

15 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/11(火) 21:59:27.91 ID:/+rkIuK7
>>14
>聖書分かってないのダニエルさんじゃないですか。

何のことを言っているんですか?

16 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/11(火) 22:01:11.65 ID:/+rkIuK7
聖書と聖句についてのご質問をお受けしております。

聖書を読むことは楽しいことですが、いろいろと
疑問もわいてくると思います。

聖書について感じたことなどを共有しましょう。

17 :神も仏も名無しさん:2014/02/11(火) 23:02:25.16 ID:J+Yzikfq
>>16
イエスは十字架の上で神よ。神よ。何故、お見捨てになったのですか?
と、叫び声を上げますよね?
三位一体の話を考えたら、イエスが神なんですよね?
つまり、あれは自分相手に自作自演してるのですか?

18 :神も仏も名無しさん:2014/02/11(火) 23:26:01.66 ID:rzI8hCS4
このスレは「糞ダニエルの聖書と聖句についてのスレ」となるはずだったんじゃ

19 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/11(火) 23:30:26.54 ID:QuwK2oZ+
>>17
>三位一体の話を考えたら、イエスが神なんですよね?

三位一体というのは、「イエス=神」という考え方ではありませんよ。
できれば、もっと自分自身で調べてから質問してほしいです。

三位一体については、明確に聖書に書いてあることではないので
ここのスレの趣旨には合っていません。
つまり、そうしたことを話し合うスレじゃありません。

20 :神も仏も名無しさん:2014/02/12(水) 07:09:45.52 ID:GGTtFH+r
>>19
イエスは神ではないと思っていいの?
イエスは神とキリスト教信者に聞いたんだが

21 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 10:03:37.36 ID:MjrFHzcZ
>>20
イエスは神の子です。
そして人の子でもあります。

22 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 10:06:30.79 ID:MjrFHzcZ
>>20 さん

三位一体に興味を持つのは悪いことではないと思いますが、
まず聖書をご自身でお読みになってください。

そうすれば、キリスト教の教義ではない
他のことに対して疑問や興味がわいてくるはずです。

あなたが三位一体に対してあれこれ言いたいのは
単にキリスト教に対してあれこれ言いたいだけのことです。

23 :神も仏も名無しさん:2014/02/12(水) 10:18:01.50 ID:ZrLJF9hm
こっちのスレの方がよかったですね。
聖書質問箱の続きですか。
もう一度質問します。

ダニエルさん、
「聖書を信じ、イエスを信じて欲しい」
という気持ちはよく解ります。

でも、聖書というのは、「救済方法が書かれてある本、テキスト」ですし、
イエスは「人々を救済するために来て、救済方法を教えてくれた」はずですよね。

では、あなたは、「どうしたら救済されるのか?」
という具体的な方法を知っているのですか?

それについてのあなたの見解を教えて下さい。

24 :Sara:2014/02/12(水) 10:47:48.48 ID:HrfHNBQe
>>12

そうですか。ではどなたかが、ここのスレのURTを貼ってくださったのでしょうね。
失礼いたしました。(=^・^=)

25 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 11:31:14.78 ID:quSaF9O/
>>23
>では、あなたは、「どうしたら救済されるのか?」
>という具体的な方法を知っているのですか?

>それについてのあなたの見解を教えて下さい。


僕の見解なんてものはありませんし、
それらのことはすべて聖書に書いてあります。

26 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 11:34:39.15 ID:quSaF9O/
>>24 Saraさん
サラと貴方の「午後のロードショー」というスレ覗いてみますね♪

僕も映画は好きです。あまり劇場でロードショーを観ることはないのですが
最近は邦画「陽だまりの彼女」を観ましたね。

ひまが出来たら、古くて長編の映画とか観てみたいです。
「ベン・ハー」とか「ユリシーズ」みたいなやつ。

27 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 11:39:54.05 ID:quSaF9O/
ちょっと脱線しましたね。失礼しました。

聖書と聖句についてのご質問をお受けいたします。

28 :神も仏も名無しさん:2014/02/12(水) 11:57:51.38 ID:ZrLJF9hm
>>25
>それらのことはすべて聖書に書いてあります。

それはそうですけれども、一般の人はそれでは解りません。
聖書というのは「たとえ、比喩、暗喩、象徴を多用して書かれてある」のでしょう。
イエスも「喩え話」で暗示しました。

だから、その「喩え、暗喩、象徴」の真意を解りやすく解説してくれないと普通の人は解らない訳です。

だから、ダニエルさんがその「解説をできるのか?」
ということです。

では、ひとつ質問しましょう。
「(イエスの)再臨と掲挙」ということがよく言われますが、
再臨と掲挙というのは違うのでしょうか?
それはいつ起こるのでしょうか?

これについてはどうお考えですか?

29 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 12:03:31.63 ID:S7nh6zJs
>>28
掲挙ということについての考え方は宗派によって異なります。
つまり、明確に聖書に書かれていないということです。

そんなことより、救いについての質問の方が重要ですので
根底スレに答えを書いておきました。

あの答えだけでも十分なのですが、もっと深く知りたければ
またご質問ください。

30 :神も仏も名無しさん:2014/02/12(水) 15:20:38.86 ID:ZrLJF9hm
>>29
>具体的にこのことについてたとえを用いてイエスが
最後の審判についてリアルに語っている箇所があります。

ここは聖書の中でも、特筆すべき重要な箇所です。
以下の部分を、どうぞお読みください。

★マタイ25章31節〜46節


ここの記述は聖書の中のある記述、ある話を伏線にしていると思いますが、

それがどこなのか教えて下さい。

31 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 16:12:56.41 ID:d3x0VmLH
>>30
>ここの記述は聖書の中のある記述、ある話を伏線にしていると思いますが

あなた、まだわからないのですか?
救われる方法が書いてある箇所を教えてあげたのだから、
それを、今すぐに実行しなさい。

あなたが望んでいるのは、命を得ることですか?
それとも、ご自身の知識をひけらかすことですか?

もし後者であるなら、二度とここに来ないで結構です。

32 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 16:19:42.15 ID:d3x0VmLH
神学であっても、人間が作り出した概念・妄念に過ぎないのです。
こんなものには、一文の価値もないのです。
(一生懸命それを勉強した人には酷だとは思いますが)

永遠の命よりも、自分の虚栄心やつまらないプライドを欲しがる人は
ここのスレにふさわしくありません。

33 :神も仏も名無しさん:2014/02/12(水) 16:57:43.68 ID:ZrLJF9hm
また自分が答えられないことを聞かれると癇癪を起こす。
火病を起こす癖が治っていませんね。

>25:35あなたがたは、わたしが空腹のときに食べさせ、かわいていたときに飲ませ、旅人であったときに宿を貸し、

これをしたのは誰なんですか?
これを実行したことにより義とみなされて艱難から逃れることができた人がいたでしょう。
旧約聖書にその前例、伏線の話があるでしょう。
これが掲挙の伏線になっているんですよ。

イエスは「その時は山に逃げなさい」って言ったでしょう。

この言葉もその話がもとになっています。
これがどこだかが解らなければ、
>★マタイ25章31節〜46節

の話も理解できない、ということです。
ダニエルさんじゃなくても、解る人はいるんじゃないですか?

34 :神も仏も名無しさん:2014/02/12(水) 17:03:27.81 ID:qWV8huUv
やっぱり聖書分かってないのダニエルさんじゃないですか。

35 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 17:11:46.21 ID:0/awGJHQ
聖書と聖句についてのご質問をお受けしております。

36 :神も仏も名無しさん:2014/02/12(水) 17:19:27.79 ID:AKkMAaUs
ダニエルには心底失望した

37 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 17:20:51.33 ID:kkv/Hyku
>>33 >>34 さんへ

私が何を知っていようが、何を知っていまいが、また、
それをここで話そうが、話すまいが、強制されるいわれはないのです。

私は、答えた方が良いことには答えますが、相手にしない方が良いと
判断した場合には答えません。私には答える義務も必要もないのです。

私が望んでいることは、私に関わった人を少なくとも二人は救うことです。
これが私がこのスレを開いている理由です。

38 :神も仏も名無しさん:2014/02/12(水) 17:48:47.16 ID:ZrLJF9hm
聖書というのは単なる道徳の教科書じゃないんですよ。

人の救済方法が書かれてあるテキストなんです。

「真に救済されたいから」聖書を読むんでしょ。

でも、「真に救済されたいのならば、聖書の真意を正しく理解して、その指示に従わなければならない」
のです。

旧約聖書のモーセ五書を「ユダヤ人の古代歴史書」として読んでも救済されませんよ。
あれを史実として読んでいたら、それで終わりです。

ダニエルさんじゃなくてもいいから、>>33 の答えが解る人はいますか?

これを理解できなければ救済されませんよ。

39 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 17:56:35.49 ID:5W3AmbNu
>>38 さん
これは、あなたへ最終の警告です。

★テモテヘの第一の手紙 1:5〜7
わたしのこの命令は、清い心と正しい良心と
偽りのない信仰とから出てくる愛を目標としている。
ある人々はこれらのものからそれて空論に走り、
律法の教師たることを志していながら、
自分の言っていることも主張していることも、わからないでいる。

40 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 20:58:29.10 ID:pQQxQuPz
聖書と聖句についてのご質問をお受けしています。

41 :神も仏も名無しさん:2014/02/12(水) 21:08:56.26 ID:ZrLJF9hm
聖書には、

イエスの再臨の時、掲挙の時は記されていますか?

42 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 22:15:06.66 ID:MVPiLMaq
軽挙などという言葉はそもそも聖書にはありません。
異端の教会ほど軽挙だとか千年王国がいつ来るかとか
話題にする傾向があるようです。
もちろん千年王国などという言葉も聖書にはありません。

聖書以外のことを話題にするのはやめてください。

43 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 22:16:15.25 ID:MVPiLMaq
>>41 さんは、あなたの所属している
頭のおかしな牧師のいる教会で
持論を主張してください。

ここはあなたのような方は歓迎しておりません。

44 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 22:20:28.07 ID:MVPiLMaq
あ、ごめんなさい。
軽挙じゃなくて、掲挙でしたっけ?

まあ、どうでもいいですが。(笑

45 :神も仏も名無しさん:2014/02/12(水) 22:23:27.83 ID:ZrLJF9hm
ダニエルさん、
軽挙じゃなくて掲挙です。
漢字が間違っています。

確かに、聖書には掲挙、ラプチャーという言葉はありません。
でも、いわゆる掲挙という概念に相当する記述はあります。

そういう「預言されている現象、事象」を「掲挙、ラプチャー」という言葉で表現したのです。
そんなことくらい聖書、キリスト教の初心者でも知っているでしょう。

46 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 22:25:57.72 ID:MVPiLMaq
>>45

聖書には「空中で主と会う」と書いてあるだけです。

ここでは、おかしな説を主張するあなたのような人は
大変迷惑な存在なのです。

上にも書きましたが、あなたの所属している異端の教会で
頭のおかしな牧師相手に話しててください。

きっとそこでは歓迎されるだろうと思います。

47 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 22:33:43.30 ID:MVPiLMaq
聖書と聖句についてのご質問をお受けしています。

48 :神も仏も名無しさん:2014/02/12(水) 22:35:04.13 ID:ZrLJF9hm
要するに、ダニエルさんは、

イエスの再臨の予定時も掲挙の予定期間も解らない。
救済方法も解らない。

ま、それは仕方ないとしても、
それらを知ろうともしない、知りたくもない、関心が無い、

ということですね。

つまり、「救済方法を知りたい」と思っている人にとっては、このスレを読んでも無駄だ、
ということですね。

相変わらずですね。
失礼しました。

49 :神も仏も名無しさん:2014/02/12(水) 22:52:19.45 ID:DbM34/h7
ほらやっぱり聖書分かってないのダニエルさんじゃないですか。

50 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 22:58:24.77 ID:MVPiLMaq
>ほらやっぱり聖書分かってないのダニエルさんじゃないですか。

なんだ、君たちは二人でコンビを組んでるのか?
君も >>48 と一緒に、掲挙されて救済方法を教わってきなさい。

そんでもって、もう来なくていいぞ。


あらそう?

51 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 23:01:08.52 ID:MVPiLMaq
再臨の予定とか、掲挙の予定とか、救済方法を知りたい方は
別のスレにどうぞ。

52 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 23:03:06.50 ID:MVPiLMaq
あー、掲挙おばけが消えてすっきりした。(^^)

53 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 23:13:58.30 ID:MVPiLMaq
あ、でも黙示録は超重要な書物です。

でも、黙示録で一番重要なところは
現在の天地が消え去って、新しい天地が現れ、
さらに、新しいエルサレムが神のもとから下ってくることです。

掲挙の予定だとか、救済方法だとか、そうした聖書と
あまり関係のない話に持っていって、興味をあおり
クリスチャンの視点をそらそうとするのは悪霊の働きだと思います。

黙示録は多くの人が勘違いしていますが、大変美しい世界が現れることを
預言している書物です。

54 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/12(水) 23:15:48.36 ID:MVPiLMaq
聖書を読んでいるなら、いくらでも質問したいことがあるはずと思うので
遠慮なく投稿してください。

初歩的な質問、あるいは自分はこう思うのだが、みたいなことでもいいです。

55 :神も仏も名無しさん:2014/02/13(木) 09:48:54.12 ID:AU1a3gXi
二度と来るな、とか、頭がおかしい、とか
とにかく、ダニエルとやらが、排他的で口の悪い輩だというのは分かった。
そんなんじゃ、2人どころか1人も救えやしないって。

56 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/13(木) 10:57:13.51 ID:d7uVLtE4
>>55
排他的で口の悪い輩で結構ですよ。
誰にでもいい顔してたら、結局なにも成し遂げられないですよ。

57 :神も仏も名無しさん:2014/02/13(木) 10:58:50.00 ID:XFI+eFKu
ダニエルは間違ってない
自信もって己の道を突き進んでほしい

58 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/13(木) 10:59:28.52 ID:d7uVLtE4
ここは、本当に価値のある情報のみを流す掲示板にします。

59 :神も仏も名無しさん:2014/02/13(木) 12:26:11.45 ID:/0PLuWXb
>>33
"山へ逃げなさい"の山が何を表すかは、ミカ書で見た気がします

60 :神も仏も名無しさん:2014/02/13(木) 12:31:17.19 ID:/0PLuWXb
ミカ書4:1,2でした
神を崇拝する霊的な高台と言えると思います

61 :神も仏も名無しさん:2014/02/13(木) 12:40:06.76 ID:AU1a3gXi
じゃ、クリスチャンは、排他的で口の悪い奴ってことで。

62 :神も仏も名無しさん:2014/02/13(木) 12:45:48.00 ID:AU1a3gXi
自称、排他的で口の悪い奴が、本当に価値ある情報のみを流す掲示板w

63 :神も仏も名無しさん:2014/02/13(木) 14:47:30.48 ID:/CJWAYjl
>>59
ヒント、

ソドム、ロト

64 :神も仏も名無しさん:2014/02/13(木) 22:46:34.57 ID:9DU1xFss
>>21
あっちのスレではイエスは神って言ってるけど?
あっちのスレ見てるよね?
二度も書き込んでるんだから

65 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/14(金) 11:13:20.29 ID:sWKG4ieL
>>64 さん

あっちのスレとは、キリスト教@質問箱273 のことですよね?
「イエスが神である」とはどういうことなのかを、聖書の聖句を用いて
説明してきました。
また、何かご質問があればお受けいたします。
ありがとうございました。

66 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/14(金) 14:10:15.76 ID:09kFEpO2
「キリスト教@質問箱273」に、イエスが神であるというのはどういうことか
について書いてきましたが、こちらのスレにはもっとわかりやすく書いておきます。

神とは、大きな樽に入ったワインです。
人は、小さなグラスに入った一滴の水です。

これらは別のものです。
しかし、一滴の水を樽の中に入れてしまえば、すべてがワインに変わります。
つまりは、そういうことです。

67 :神も仏も名無しさん:2014/02/14(金) 14:49:07.17 ID:JbwqanYf
あまりキリスト教の敷居をあげないでよ

68 :神も仏も名無しさん:2014/02/14(金) 15:11:05.82 ID:TcxJMCxA
>>66
その例え、よくわかりません

69 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/14(金) 15:17:22.75 ID:/a/Durtv
わからない場合は、そのままで大丈夫です。

70 :神も仏も名無しさん:2014/02/14(金) 15:24:40.23 ID:JbwqanYf
わからなければストレスになるで

71 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/14(金) 15:32:33.25 ID:rL8f72vb
そうですか。

ワインがたっぷり入った樽に、水を一滴入れてみると、もはや
水はどこに行ったかわからなくなり、すべてが一体のワインになります。

まだ、わかりませんか。

72 :神も仏も名無しさん:2014/02/14(金) 15:37:26.59 ID:uuZPI2UZ
分かんない、って言っているんだから、ちゃんと分かるまで説明してあげなよ!

73 :神も仏も名無しさん:2014/02/14(金) 15:40:41.56 ID:JbwqanYf
私はわかるけど

74 :神も仏も名無しさん:2014/02/14(金) 15:43:48.74 ID:uuZPI2UZ
68さんは、分かったのかなあ?

75 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/14(金) 15:48:32.87 ID:sRf2Xhgx
>>72
>ちゃんと分かるまで説明してあげなよ!

そうは言っても、
神が唯一であり、イエスも神であることを説明するのに
これ以外の方法が僕には見つかりません。

76 :神も仏も名無しさん:2014/02/14(金) 15:58:40.87 ID:uuZPI2UZ
そもそも、神をワインなんていう、物(万物)になぞらえるのは、どうなのかな?とおもうけど。
三位一体を説明するときに、水・氷・蒸気っていう説明の仕方をするのは良くない、って
聞いたことがあるけど、それと同じことで。

77 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/14(金) 16:03:50.95 ID:kBDr82LJ
>>76
>そもそも、神をワインなんていう、物(万物)になぞらえるのは、どうなのかな?とおもうけど。

そうですか。
聖書をよく読んでください、としか言い様がありません。

78 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/14(金) 16:14:06.11 ID:5mXZjCGs
イエスが行った奇跡のことから、
なぜ最後の審判が麦の収穫になぞらえているのかとか、
なぜイエスはご自身をパンになぞらえたのかとかを
1から説明するのは、こちらも大変なのです。

ただ、聖書はあらゆることを例えを持って語っていることが
多いことは知っておいてください。

79 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/14(金) 16:18:06.37 ID:5mXZjCGs
聖書と聖句についてのご質問をお受けしております。

80 :68:2014/02/14(金) 16:28:35.27 ID:TcxJMCxA
神=ワイン、人=1滴の水、まではわかりませんがわかります
ただ、大きな樽が何を意味するのかが丸っきり分かりません
その例えだと、ワインより樽の方がスゴ者だと思うのはぼくだけでしょうか
神よりさらにすごい存在が存在するのですか?

81 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/14(金) 16:42:01.78 ID:8tXsJ/nx
>>80
樽に特に意味はありません。
水がめでもいいです。

水がワインに変わる、ということがあり得る、ということを
知ってください。

82 :68:2014/02/14(金) 16:46:10.22 ID:TcxJMCxA
なるほど、人は神になりえるということですか
勉強になりました、精進します

83 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/14(金) 16:48:42.42 ID:8tXsJ/nx
>なるほど、人は神になりえるということですか

★ローマ人への手紙8:14
すべて神の御霊に導かれている者は、すなわち、神の子である。

84 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/14(金) 16:52:00.30 ID:gDzNrKBI
>なるほど、人は神になりえるということですか

1歩間違うと、誤解を招きやすい表現ですよね。
正確には、「神とひとつになる」ということです。

85 :神も仏も名無しさん:2014/02/14(金) 16:55:16.65 ID:TcxJMCxA
神とひとつになるですか
素晴らしい表現ですね
聖書難しいですけど、もっと読み込んでみます

86 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/14(金) 17:01:09.40 ID:u2Sx5XaW
>聖書難しいですけど、もっと読み込んでみます

その言葉、凄く嬉しいです。

87 :神も仏も名無しさん:2014/02/14(金) 17:21:42.55 ID:asrkhFVm
人は神の子だといいますが、

「神が人になった」という考え方はどうなんですか?

88 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/14(金) 17:31:47.02 ID:DUpdBw29
>>87
>「神が人になった」という考え方はどうなんですか?

正直わかりません。
ヨハネ福音書の冒頭にそれらしい記述が見当たりますが、
「神が人となった」ということと、「聖霊によって身篭った」ということは
今の僕にはわかりません。ごめんなさい。

89 :神も仏も名無しさん:2014/02/14(金) 17:44:55.32 ID:asrkhFVm
創世記に、

2:7主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった。

とあるので、人を生かしているのは「神の命の息」ですよね。

「土のちり」とは地球にある元素、物質、と考えられます。
人間の肉体は地球にある元素でできていますからね。

この時に、「神は人の肉体の中に入り込んで人となった」

と考えることは可能でしょうか?

90 :神も仏も名無しさん:2014/02/14(金) 18:30:45.93 ID:hoZFZsEW
>>89
>「神は人の肉体の中に入り込んで人となった」

それ以外の解釈はありえないだろう。「神は御自分にかたどって(すべての)人を
創造された」(創世記1:27)も、その解釈を裏付けている。

うまり、神とは「すべての人間」であり、「イエス一人」だけではない、ということ。

91 :神も仏も名無しさん:2014/02/14(金) 19:50:39.53 ID:CTlDQcy2
>>65
こっちも、あっちのスレにあんたの質問に答えておいたよ。

92 :神も仏も名無しさん:2014/02/15(土) 00:16:14.27 ID:RB+2JeKU
>神とひとつになる

この言葉に共感を覚えるなら、聖書のような古代文書よりも
ドナルド・ウォルシュの本を読んだ方が良いかもだね。

93 :神も仏も名無しさん:2014/02/15(土) 01:43:33.83 ID:QlWAFA9/
>>92
本など読まないで、自分で考えること。

神が吹き込んだ己の「生命」のみが、至上である。

94 :神も仏も名無しさん:2014/02/15(土) 07:19:25.46 ID:RB+2JeKU
いや、読んで、それから熟考するんだよ。

95 :神も仏も名無しさん:2014/02/15(土) 08:10:58.38 ID:hjUaTz2e
>>94
いかなる本でも、要するに「他人の見解」。よほどの批判力(知性)を以って
読まない限り、影響され、「借り物の思想」となってしまう。聖書が、その
典型。

96 :神も仏も名無しさん:2014/02/15(土) 12:27:23.29 ID:RB+2JeKU
その見解こそ、ショウペンハウエルからの借り物。

97 :神も仏も名無しさん:2014/02/15(土) 14:11:19.68 ID:y3tggpax
>>96
小便ハウエルなど読んだこともないw。

私は専ら公園の小動物の観察から学ぶ。

98 :神も仏も名無しさん:2014/02/15(土) 14:36:20.74 ID:RB+2JeKU
それはそれで、堤中納言物語に出てくる、虫愛ずる姫君のようなものだな。

99 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/15(土) 16:39:43.56 ID:K46w+ffq
>>97
>私は専ら公園の小動物の観察から学ぶ。

いいじゃないですか。
この世界の美しいもの、たとえば夕陽とか、
朝の空気とか、美しい女の人とか、小川の水の流れとか、
そんなものと共に永遠のしっぽが、この世界に見え隠れしている気がします。

100 :神も仏も名無しさん:2014/02/16(日) 09:17:39.76 ID:F/4O/aZq
一般啓示というやつだなw

101 :神も仏も名無しさん:2014/02/16(日) 13:40:06.04 ID:LAEMqLTi
夕陽や夜空を綺麗と思いながら眺める人は神を感じることもあるとか
特に宇宙飛行士が宇宙から地球や星を見ると神を肌で感じるとも
もっとも、こういうこと言ってるのはキリスト教信者じゃないが

102 :神も仏も名無しさん:2014/02/16(日) 21:21:43.28 ID:t5YWDiRv
ナザレ村のしがない大工の子で、まともな教育も生活経験もない、30歳そこそこ
の気の狂った若者イエスの「教え」など、いくら聞いても無意味。

ちっぽけな新約聖書からではなく、創造(あるがままのすべての人間と、その
生命を支える大自然)という「一大聖典」から学べ。

103 :神も仏も名無しさん:2014/02/16(日) 21:30:55.08 ID:L93A3m3T
日本史の年表で平安末期に「末法思想の流行」というのがあるけれど、
これは80歳まで生きて布教したゴータマが思わず漏らした言葉を弟子が
書き留めたから、1500年後の日本にこういう現象が起きたのですね。

それに比べて、数年の間だけ布教して、30歳そこそこで刑死したイエスの
言葉は終末の時まで朽ちることはない、と。

これでキリスト教は、永遠に若い宗教となった。

104 :神も仏も名無しさん:2014/02/16(日) 21:49:21.19 ID:t5YWDiRv
>>103
キリスト教は、若いというより、幼稚で狂った宗教。

イエスの罪状は「神の冒涜罪」。神の冒涜者をあがめる冒涜の宗教が
キリスト教。創造主以外の神を崇めてはならないという、十戒の戒め
違背。キリスト教徒は、孫子の代まで、怖ろしい裁きの対象となる。

105 :神も仏も名無しさん:2014/02/16(日) 21:55:04.51 ID:L93A3m3T
>>104
ムハンマドのイスラム教はどうですか?
ムハンマドは実際に軍勢を率いて戦い(しかも劣勢の人数で)、
ゴータマやイエスよりも苦労が多いようですが。

106 :神も仏も名無しさん:2014/02/16(日) 22:17:59.30 ID:L93A3m3T
ちょっと待ってください。
>>104
> キリスト教徒は、孫子の代まで、怖ろしい裁きの対象となる。
『誰が』裁くのですか?

107 :神も仏も名無しさん:2014/02/16(日) 22:21:18.20 ID:t5YWDiRv
>>105
経典にも聖書にも、釈迦やイエスの言葉であると証明された言葉は、唯の
一語もない。従って、釈迦やイエスは、端的には佛教やキリスト教とは無関係。

これに反して、クルアーンは、ムハンマドの直筆である。

108 :神も仏も名無しさん:2014/02/16(日) 22:28:05.37 ID:L93A3m3T
マニ教のマニは自分で書いたそうだけど、ムハンマドは

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%B3
ムハンマド自身は文盲であったため、彼を通じて伝えられた啓示はムハンマドと信徒たちの暗記によって記憶され、口伝えで伝承され、また書記によって記録され伝承された。

109 :神も仏も名無しさん:2014/02/16(日) 22:29:15.14 ID:t5YWDiRv
>>106
>『誰が』裁くのですか?

すべての人間を創造した旧約の創造主。イエスの言う「父なる神」。当たり前
のことだろ。

110 :神も仏も名無しさん:2014/02/16(日) 22:45:56.55 ID:t5YWDiRv
>>108
「ムハンマドの生前にその書記によって記録されたもの」だから、ムハンマドの
真意を伝えていると考えてよいだろう。釈迦やイエスの場合とは全く異なる。

111 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/17(月) 00:05:19.65 ID:wucmi49e
>>109 さん

神は誰も裁くことはありませんよ。

★ヨハネによる福音書 5:22
また、父はだれをも裁かず、裁きは一切子に任せておられる。

112 :神も仏も名無しさん:2014/02/17(月) 15:28:30.99 ID:UQzwL/6b
>>111
「人を裁くな。裁けば自分も同じ理由で裁かれる」などと言いながら、最も
人を裁きまくったのがイエス。「俺だけが裁く権限を神から与えられている」
などと暴言を吐いている、許すべからざる人間。だから彼は、十十字架で裁かれた
のである。

「先の大戦の原因も、キリスト教の裁きの思想である。」(西尾幹二)

113 :神も仏も名無しさん:2014/02/17(月) 17:09:47.79 ID:hcpU07Hd
まだ勘違いしているな。
というか、その構造が解っていない。

イエス(が属している集団)は救済活動しかしない。

この世(の未来)はサタンが支配していて、人間はサタンの奴隷にされている。

それを憐れんでイエスは救済の手を差し伸べてくれている。
救済方法を教えてくれた。
その指示に従った者(義人)しか救済しないのは当たり前のこと。
この指示に従わなかった者(愚者)は相変わらずサタンの奴隷のまま。

まあ、結果的にこれを「裁く」と表現してもいいのかもしれないが、
この構造も解らないで、
「イエスが裁くのはどうの・・・、神が裁くのはどうの・・・」
とほざいている奴らは、ちゃんちゃらおかしいわ。

そのまま永遠にサタンに仕えておけ。

114 :神も仏も名無しさん:2014/02/17(月) 17:36:00.06 ID:/4D/llkZ
>>113
最も多くの人間を、最も残酷な方法で殺して、何が「救済活動」か。

イエスは、「隣人を、『そして全ての人間を』愛せよ」とは、口が裂けても
言えなかった。イエスの唯一の関心は、人が己を信じてくれることであり、
信じてくれない者は、すべて「裁かれるべき人間」だったからである。

創造主が創造した「神の子」である人間をサタン視したイエスこそ、サタンで
あった。だから十字架で裁かれたのである。

聖書でも、イエスは気違い、悪霊憑きと看做されている。

キリスト教とは、イエスの精神病の集団的一大感染という、精神医学的現象
以外の何物でもない。

115 :神も仏も名無しさん:2014/02/17(月) 17:53:10.98 ID:hcpU07Hd
>>114
だから思慮が浅いっつ〜の。
そんな昔の歴史のことなんか問題にしていないの。

この世の終わり以後の地球の覇権を取れるか、取れないか、が問題なんだよ。

未来の地球はサタンが支配しているんだよ。
そのサタンから地球の覇権を奪い取るために聖書を与えて、イエスを派遣したんだよ。

116 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/17(月) 23:01:35.90 ID:rPfGFQDX
聖書と聖句についてのご質問をお受けいたします。

117 :神も仏も名無しさん:2014/02/17(月) 23:14:47.10 ID:rDJF7f3L
ルカ伝16章の「不正な管理人」の譬の解釈は難しいですね。

118 :神も仏も名無しさん:2014/02/17(月) 23:26:23.14 ID:YQ+Kuns6
>>117
あれはそのままが真相だよ。
金持ちからは不正をしてでも金ぶんどって良いってのがイエスの思想の根底にある。

119 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/18(火) 00:30:17.14 ID:pJCrfq9S
>>117

このスレのその1に書いてますよ。
もう一回、説明しましょうか。

120 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/18(火) 00:46:08.36 ID:pJCrfq9S
聖書をお持ちでない方もいらっしゃると思うので、まず聖句を書きます。

★ルカによる福音書16:01〜12

イエスは、弟子たちにも次のように言われた。
「ある金持ちに一人の管理人がいた。この男が主人の財産を無駄使いしていると、告げ口をする者があった。
そこで、主人は彼を呼びつけて言った。『お前について聞いていることがあるが、どうなのか。会計の報告を出しなさい。もう管理を任せておくわけにはいかない。』
管理人は考えた。『どうしようか。主人はわたしから管理の仕事を取り上げようとしている。土を掘る力もないし、物乞いをするのも恥ずかしい。
そうだ。こうしよう。管理の仕事をやめさせられても、自分を家に迎えてくれるような者たちを作ればいいのだ。』

121 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/18(火) 00:48:53.35 ID:pJCrfq9S
そこで、管理人は主人に借りのある者を一人一人呼んで、まず最初の人に、『わたしの主人にいくら借りがあるのか』と言った。
『油百バトス』と言うと、管理人は言った。『これがあなたの証文だ。急いで、腰を掛けて、五十バトスと書き直しなさい。』
また別の人には、『あなたは、いくら借りがあるのか』と言った。『小麦百コロス』と言うと、管理人は言った。
『これがあなたの証文だ。八十コロスと書き直しなさい。』主人は、この不正な管理人の抜け目のないやり方をほめた。
この世の子らは、自分の仲間に対して、光の子らよりも賢くふるまっている。

122 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/18(火) 00:49:54.55 ID:pJCrfq9S
そこで、わたしは言っておくが、不正にまみれた富で友達を作りなさい。
そうしておけば、金がなくなったとき、あなたがたは永遠の住まいに迎え入れてもらえる。
ごく小さな事に忠実な者は、大きな事にも忠実である。ごく小さな事に不忠実な者は、大きな事にも不忠実である。
だから、不正にまみれた富について忠実でなければ、だれがあなたがたに本当に価値あるものを任せるだろうか。
また、他人のものについて忠実でなければ、だれがあなたがたのものを与えてくれるだろうか。

123 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/18(火) 01:01:06.09 ID:pJCrfq9S
まず、この話は、天における話の例えであって、
現実社会でおこった話ではない、ということです。

この話の主人は神でしょう。
管理人は主人の財産を好きに使える立場の人ですが聖職者でしょうか。
その下には、多くの主人に借りのある人がいます。

これがこの話の登場人物です。

124 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/18(火) 01:07:42.45 ID:pJCrfq9S
主人に借りのある人たちは皆、食料を借りています。
つまり、普通の生活で必要なものを主人から借りていたのです。

パチンコや遊興費などの放蕩に使っていたわけではないようです。
管理人は、借りのある人たちの負担を軽くしてやることにしました。

125 :神も仏も名無しさん:2014/02/18(火) 01:07:44.90 ID:M6zaigQr
聖書の矛盾まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2139262830043137101

126 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/18(火) 01:08:46.78 ID:pJCrfq9S
なんか変なのが入り込んできたし、夜も遅いので
この続きは明日にします。

127 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/18(火) 13:21:10.28 ID:M1j+n6ZN
借金とは、神に対して犯した罪のことだと理解してください。
これは「聖書のお決まり」であって、大抵そういうストーリーになっています。

人は誰もが罪人なので、多かれ少なかれ神に対して借りがあります。
借りですから、もちろん、その代価を支払う義務、および返済期限がございます。

128 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/18(火) 13:24:26.74 ID:M1j+n6ZN
これは、とあるユダヤ人から聞いたのですが、
ユダヤ教では、最後の審判は、会社における決算のようなものです。

どれだけ儲けたか、どれだけ損をしたか、そのバランスによってきっちり裁かれるそうです。
死ぬ間際に、大金を福祉施設に寄付したりするユダヤ人の富豪がいるのは
そのためだろうと思われます。

129 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/18(火) 13:26:44.42 ID:M1j+n6ZN
死ぬ間際に、少しでも良いことをしておいて
バランスシートの改善を図るわけです。

ユダヤ人は、何でも数字に換算する、と言われますが
それはユダヤ教の考え方のせいだろうと思います。

130 :神も仏も名無しさん:2014/02/18(火) 13:42:48.95 ID:TrJt0mLC
>>127
>人は誰もが罪人なので

創造主が作った「神の分身」としての人間を「罪人扱い」にするのは何故?
それでは、創造主を罪人扱いにすることになるではないか?

ありもしない「罪概念」を植え付けて脅迫し、「救い」という甘言で入信を勧誘する
のは、極めて悪質な勧誘手段で、創造主に対する冒涜の行為であり、地獄に堕ちるに
値する大罪である。

旧約聖書でいう原罪とは、単に木の実1個を食べたなどという無意味なものではなく、
「人間が自然状態を離れ、神になった積りになり、善悪の観念を作り上げること」である。
神は無意味な命令はなさない。

この意味で、イエスこそ、原罪の典型ではないのか。

一神教は、この神の戒めに反したため、創造主の怒りに触れ、果てしない殺し合いを
続けているのである。

131 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/18(火) 14:04:13.00 ID:zuXx6QBI
さて、ルカ福音書に出てくる主人に借りのある人たちは
生活するうえで、仕方なく罪をおかしてしまった人たちですね。

管理人は、この人たちの返済額を減らしてあげれば、自分は彼らに
感謝され、何かの時には彼らに助けてもらえるだろうと考えました。

財産の管理人は、帳簿の操作が可能な立場なので数字の書き換えくらいは朝飯前です。

132 :神も仏も名無しさん:2014/02/18(火) 20:10:03.71 ID:sVOPhJIU
>>131
金を借りるのは罪なのか?それじゃ、すべての金融機関は、商売上がったりw。

133 :神も仏も名無しさん:2014/02/18(火) 22:55:42.03 ID:UYcuRQ3u
>>131
117ですが、ありがとうございます。
続きを聞かせてもらえれば幸いです。

134 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 10:43:08.54 ID:f2gRC7S5
>>132 さん
>金を借りるのは罪なのか?それじゃ、すべての金融機関は、商売上がったりw。

いや、金を借りることが罪なのではないです。

人は、この世に生まれたということ自体が、
そもそも神から命を預けられている、ということなんです。

通常、人は「自分の命」と思い込んでいますが、命の所有者は自分ではなくて神なんです。
これは、とても大切なポイントなので、憶えておいてください。

135 :神も仏も名無しさん:2014/02/19(水) 10:49:08.94 ID:8VmF1z1a
では、
永遠の命を得るためにはどうしたらいいのですか?

具体的に教えて下さい。

136 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 10:50:02.93 ID:okoaJ4gZ
人は、命を神から預けられています。
これは創世記に書かれているように万物を管理するためであって、
人はこの世の管理人であり、また神の代理人でもあるのです。
神から預かった元手である命(資本金)を使って、神のために利益を得なければなりません。

つまり、自分に預けられた命を元手にして、少しでもこの世に利益をもたらすため
この世を良くしていかなくてはならない義務を負っています。

人は他の動物とは違い、ただ食べて寝ているだけでは、その責任を果たしたことになりません。

137 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 10:59:57.02 ID:okoaJ4gZ
他の動物と人間との違いは、創世記に書かれています。

つまり、他の動物との違いは、
人には神の息(聖霊)が吹き込まれている点です。
なおかつ、神からの命令として万物の管理を言い渡されている点です。

★創世記01:28
神は彼らを祝福して言われた。
「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて治めよ」

138 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 11:06:55.39 ID:huZ82gz5
「生きている意味がわからない」とか
「何のために生きているのかわからない」とか
「生まれた意味がわからない」とか言う人たちがよくいます。

しかし、その答えは聖書の冒頭にある創世記1:28に
明確に記載されています。つまり、これを行うことこそが人の役割です。

139 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 11:09:22.41 ID:huZ82gz5
あー、本来,
117さんの質問に回答している途中だったのですが、
なんだかわけがわからなくなってきました。

少し頭を整理してから、後ほどまた書き始めますね。

140 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 11:45:54.72 ID:PZswWp77
>>135 さん
>永遠の命を得るためにはどうしたらいいのですか?
>具体的に教えて下さい。

以下の部分を、どうぞお読みください。具体的に書かれています。
そして、読んだら、実際に行ってください。ご質問ありがとうございます。

★マタイ25章31節〜46節

141 :神も仏も名無しさん:2014/02/19(水) 12:28:15.64 ID:9wjBVn5b
なぜ神は人を想像したのでしょうか
神が完全ならそれ以上求める事はないように思うのですが

142 :神も仏も名無しさん:2014/02/19(水) 12:45:25.17 ID:ne7ScBjL
>>136
>人は、命を神から預けられています

「預けられた」などとは、どこにも書かれていない。聖霊(生命・神性)は、
すべての責任と共に、人間に「与えられた」のです。創造後にも神を求め、
神に依存する者は、人間としての責任回避の欠陥製品(不良品)に過ぎません。
己のすべての資質と責任を人間に与えた神は、創造後は一切答えない、助けない
のです。創造後も居座る神は、「すべて偽物」だと考えてよい。

なお、人間は、海の魚、さらには猿から進化したものだから、本来的には他の
すべての生物と同じであり、人間が「他の生物を従える」という聖書の規定は、
科学の無知に基づく誤り。現代では、訂正されるべきもの。

143 :神も仏も名無しさん:2014/02/19(水) 13:01:34.41 ID:ne7ScBjL
人間や他の生物は、何故「死すべきもの」となったか。それは、万物には
新陳代謝が必要であり、種属としての生命は、この新陳代謝がなければ維持
できないからです。その意味で、個の「永遠の生命」などあってはならない
もの。イエス個人の完全な誤りです。

生物が生きる意味はただ一つ。それは、神から与えられた限りある生命を、
他者との係わり合いの中で、精一杯「生きる」ことです。他には、いかなる
意味もありません。生きる意味を「考える」ことは、「生きる」ことでは
ありません。それは、既に「死んでいる」こと。

144 :神も仏も名無しさん:2014/02/19(水) 13:20:41.38 ID:/Pn868tG
モーセはなんで神に殺されそうになったの?

聖書のヘンな話まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2139271856005638901

145 :神も仏も名無しさん:2014/02/19(水) 13:22:09.85 ID:nvnLGz6C
そもそも、聖書は何故このような解説が必要になるほどに分かりにくく書かれているの?
誰が読んでもすぐ理解できるように書いておくべきだったのでは?

あ、「その答えは聖書のここに書かれている」という回答だったら、いらないです。

146 :神も仏も名無しさん:2014/02/19(水) 13:30:28.69 ID:ne7ScBjL
>>145
聖書が、科学については無知蒙昧であった、超古代の「ごく一握りの人間」によって
書かれた「書物」に過ぎないからです。現代人の知識と叡智に基づいて、全面的に
改訂、乃至は絶版にされるべき書物。

147 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 14:38:56.40 ID:a/AixhAs
>>145
>あ、「その答えは聖書のここに書かれている」という回答だったら、いらないです。

聖書に書かれていないことや、聖書に根拠のないことをもし主張したなら
巷に溢れるインチキ牧師たちと同類になってしまうことでしょう。

148 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 14:49:54.86 ID:knptAXkB
>>141
>なぜ神は人を想像したのでしょうか
>神が完全ならそれ以上求める事はないように思うのですが

神が完全なら、というのは確かにそうです。
悪魔なんてものが現れなければ、おそらく人を創る必要もなかったんじゃ
ないかなあ、などと思います。

もし神が完全なら、創世記に書かれているようなこと、つまり
「人を創ったことを悔いる」ということもなかったでしょう。

人に自由意志を与えた時点で、神の完全は、ある意味、人だよりの
部分があります。興味深いですね。

149 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 14:53:36.88 ID:66fNWNG4
>>145
>そもそも、聖書は何故このような解説が必要になるほどに分かりにくく書かれているの?
>誰が読んでもすぐ理解できるように書いておくべきだったのでは?

多分ですが、誰が読んでも、ある程度理解できるものと思います。
ただし、1万時間くらいは聖書を読むことに費やす覚悟がいります。

150 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 14:56:46.22 ID:66fNWNG4
聖書の点と点を繋げて答えを導き出せるようになるには、
相当の時間を聖書に捧げなければ、おそらく困難です。

151 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 15:01:49.55 ID:66fNWNG4
ただし、真剣な祈りが、その時間を飛び越えさせてくれる可能性は
おおいにあると思います。

希望をもって、一緒に祈りとともに聖書を読んでいきましょう。

152 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 15:08:09.26 ID:HyzKotyy
さて、ルカ福音書に戻りましょうか。

「主人の財産を無駄使いしていると、告げ口をする者があった。」ということですから、
おそらく、この管理人には敵がいたわけです。

なぜでしょう? おそらく管理人の態度などで、あまり好意を持たれていなかった
という可能性が考えられます。

あるいは、嫉妬という可能性も十分に考えられます。
「俺は借金できゅうきゅうなのに、あいつはズルして、いい思いしてやがる!」
というような感じかもしれません。

153 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 15:12:41.74 ID:HyzKotyy
そこで管理人は、自分の味方になってくれる人をつくることにしたんでしょうね。
密告したやつを探し出して懲らしめるのではなく、自分の仲間をつくることにしたわけです。

誰でも、自分の借金を減らしてもらえたら、ほっとしますし、嬉しいものです。

154 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 15:18:27.20 ID:biwmQgiB
さて、ここで教訓として憶えておいてほしいことがあります。
これだけでも、憶えておいて損はありません。

自分がいわれのない中傷や侮蔑を誰かから受けたなら、
その相手に対して報復するのではなく、自分の味方を増やすのです。

1個の中傷は、10の賞賛によって消すことができます。
このように、味方を増やすということは、非常に重要な戦略です。
聖書から、このことを学んでください。

155 :神も仏も名無しさん:2014/02/19(水) 15:24:38.74 ID:9wjBVn5b
勉強になります。
ありがとうございます。

156 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 15:28:20.48 ID:biwmQgiB
「わたしは言っておくが、不正にまみれた富で友達を作りなさい。
そうしておけば、金がなくなったとき、あなたがたは永遠の住まいに迎え入れてもらえる。 」

ここで永遠の住まいに迎え入れてくれるのは誰でしょうか?
文脈からいって、おそらく友達たちのことだと思うのですが、いかがでしょう。

157 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 15:33:57.64 ID:biwmQgiB
僕は最後の審判というものが、どのようなものであるのかをよく知ってはいませんが、
もし、通常の審判のように、被告に関わった人たちが様々な証言をするのであれば、
良い証言をしてくれる人が沢山いたならば、その人は圧倒的に有利になりますし、
不利な証言をする人が沢山いたならば、その人の立場は窮地に追い込まれるだろうと思います。

158 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 15:48:56.37 ID:RxZRd0O/
さて、最後です。主人は、なぜ、この不正な管理人の抜け目のないやり方をほめたのでしょう。

あらかじめ言います。これは僕の推測です。啓示を受けたわけでも、霊感を受けたわけでもありません。
ですから僕の人間的な解釈により、間違っている可能性があることを言っておきます。

この主人は、本当は借金の取立てとかは、そもそもお好きではないのではないでしょうか?
もちろん、本来であれば借りたものは返すのが道理ですし、それが正しいことです。
しかし、この主人は、貸したものをきっちり返してもらうことよりも、管理人が取立てを緩くしたことを喜んだのです。

159 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 15:52:37.08 ID:RxZRd0O/
聖書と聖句についてのご質問をお受けしております。

160 :神も仏も名無しさん:2014/02/19(水) 17:01:58.09 ID:8VmF1z1a
最後の審判の時に、救済されるかどうか? 
には、

人間同士の間で味方を増やそうが、敵を増やそうか、なんて
そんなことは関係ないんじゃないすか?

「イエスに対して何をしたのか?」が問題になると思いますが。

「行い」によって裁かれるんでしょ。

イエスが家の前に来て、扉を叩いた時に、

家に招き入れて、食事を与えたか?
悪い奴らから守ってあげたか?

によって裁かれるんでしょう。
身を挺して旅人(御使い)を守った○○は、その行為が義とされて艱難から救出されたんじゃないすか?

161 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 17:16:36.20 ID:s/RsOw/e
>>160 さん
>人間同士の間で味方を増やそうが、敵を増やそうか、なんて
>そんなことは関係ないんじゃないすか?

それが、そうじゃないんです。


>「イエスに対して何をしたのか?」が問題になると思いますが。

イエスというのは、人の子のことなんですよ。
せっかくなので、★マタイ25章31節〜46節 を、あなたのために書きましょう。

162 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 17:23:58.33 ID:s/RsOw/e
★マタイによる福音書25:31〜46

人の子が栄光の中にすべての御使(みつかい)たちを従えて来るとき、彼はその栄光の座につくであろう。
そして、すべての国民をその前に集めて、羊飼が羊とやぎとを分けるように、彼らをより分け、羊を右に、やぎを左におくであろう。
そのとき、王は右にいる人々に言うであろう

163 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 17:34:48.15 ID:s/RsOw/e
『わたしの父に祝福された人たちよ、さあ、世の初めからあなたがたのために用意されている御国(みくに)を受けつぎなさい。
あなたがたは、わたしが空腹のときに食べさせ、かわいていたときに飲ませ、旅人であったときに宿を貸し、
裸であったときに着せ、病気のときに見舞い、獄にいたときに尋ねてくれたからである』

164 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 17:38:37.20 ID:s/RsOw/e
そのとき、正しい者たちは答えて言うであろう、
『主よ、いつ、わたしたちは、あなたが空腹であるのを見て食物をめぐみ、かわいているのを見て飲ませましたか。
いつあなたが旅人であるのを見て宿を貸し、裸なのを見て着せましたか。
また、いつあなたが病気をし、獄にいるのを見て、あなたの所に参りましたか』。
すると、王は答えて言うであろう、
『あなたがたによく言っておく。わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである』

165 :神も仏も名無しさん:2014/02/19(水) 17:39:35.47 ID:8VmF1z1a
3:20見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。
3:21勝利を得る者には、わたしと共にわたしの座につかせよう。それはちょうど、わたしが勝利を得てわたしの父と共にその御座についたのと同様である。
3:22耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい』」。

ダニエルさん、
イエスは戸の外、家の外にいて戸を叩いているんだよ。
この「家」が何の喩えだか解る?
地球、地球の喩えなんだよ。

この話の伏線がソドム滅亡の時のロトの話だよ。
二人の御使いはソドムの外からやってきたでしょう。
で、ロトは御使いを家に入れて食事をふるまい、乱暴なソドムの住人から身を挺して守った。
この行為が義とされてロトは救出された。
御使いは「山に逃げなさい」と言ったでしょう。

この町が「ソドムになってしまった」
と判れば、町から脱出するしかないわな。

166 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 17:46:47.09 ID:s/RsOw/e
それから、左にいる人々にも言うであろう、
『のろわれた者どもよ、わたしを離れて、悪魔とその使たちとのために用意されている永遠の火にはいってしまえ。
あなたがたは、わたしが空腹のときに食べさせず、かわいていたときに飲ませず、旅人であったときに宿を貸さず、
裸であったときに着せず、また病気のときや、獄にいたときに、わたしを尋ねてくれなかったからである』

167 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 17:51:14.10 ID:s/RsOw/e
そのとき、彼らもまた答えて言うであろう、『主よ、いつ、あなたが空腹であり、かわいておられ、旅人であり、
裸であり、病気であり、獄におられたのを見て、わたしたちはお世話をしませんでしたか』。
そのとき、彼は答えて言うであろう、『あなたがたによく言っておく。
これらの最も小さい者のひとりにしなかったのは、すなわち、わたしにしなかったのである』。
そして、彼らは永遠の刑罰を受け正しい者は永遠の生命に入るであろう」

168 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 17:57:31.53 ID:s/RsOw/e
聖書と聖句についてのご質問をお受けしております。

169 :神も仏も名無しさん:2014/02/19(水) 19:25:16.36 ID:SqdA0d4j
>>167
>これらの最も小さい者のひとりにしなかったのは、すなわち、わたしにしなかったのである

ここでイエスが言外に言ってるのは、「私が一番大きな者」ということ。呆れ果てた
高慢さである。イエスの辞書には「謙遜」と言う言葉はないのか。

170 :神も仏も名無しさん:2014/02/19(水) 20:15:15.27 ID:SqdA0d4j
ルカの「管理人の話」は、明らかに「不正」を勧めている。何故なら、金は、返すという
約束で借りたものだからだ。約束を守るのは、社会を維持するための最重要な基盤。

イエスの「富者に対する憎悪(実は羨望と嫉妬)」は、半端ではなかった。「山上の説教」を
参照されたし。

この話は、イエスの富者に対する憎悪を表しているのではないだろうか。現代的に言えば、
「資本家は倒せ」である。イエスの思想が、マルクス主義の源泉である所以。

ニーチェは、イエスを、「跳ね上がりの革命家」と批判している。常に、熱心党のヤクザを
連れて歩いていた。

171 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/19(水) 23:23:48.93 ID:0IM4L260
あ、せっかく色々書いておりますので、感想などもらえたら励みになります。
そちらもよろしくお願いいたします🎵

罵声は遠慮しときます。(笑

172 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 01:41:23.35 ID:cYRadFuY
東の地の果ての島々って日本のことですよね?

173 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 09:30:43.89 ID:zyWTOGhW
>>158
>あらかじめ言います。これは僕の推測です。

その推測は、正しいとお考えですか?もしそうならば、正しいと考える聖書的な根拠は、何ですか?
もしそれがなければ、「聖書に書かれていないことを主張する、インチキ牧師と同類」
ということになりますよね。

でも、自分の聖書解釈の正しさを、聖書の別の箇所を根拠に証明しようとするのは、
循環論法だと思いますが。

174 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 09:39:07.46 ID:zyWTOGhW
>>149
>ただし、1万時間くらいは聖書を読むことに費やす覚悟がいります。

現代人は忙しいのです。ひとつの書物を読み込むのに1万時間もかけていられません。
例えば、「神との対話」のような、婉曲や遠回りの解釈なしに、物事をはっきりと書いてある書物の方が
今の人たちには向いています。神様だってきっと、そうするでしょう。

175 :フーラム:2014/02/20(木) 09:47:33.30 ID:ipZ4Hh2u
聖書は真理の参考書だから、真理を理解しなければ聖書は読み解けない
逆に言えば真理を知らずに聖書から真理の要項を抽出出来たならば天才だよ

ついでだからはっきり言っておくけど聖書と言うのは現代的に言うと
律法の判例集とか事例の史実が主要だよ、聖書の矛盾だとか言う見解はとんだお門違いだね

神の証明?証明が欲しいならばまず法を理解して実践してみることです
それこそが証明になるのであり、神は既に言葉を残されました
その言葉は生き通しであり、後の事は人に任せられ見ておられます
その事に誇りを持ちなさい、何故なら神が全てを逐一コントロールするのなら
あなたがたが作るマシンと何も違う所が無く
生命である必要ですら無くなるのですから

176 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 09:57:18.30 ID:K/YdnA+G
聖書は「たとえ、暗喩、隠喩」を多用してある象徴技法を駆使して書かれてあるんだから、
それを解明して読んでいかないと真理は理解できない。

それを理解できないで、ただ何万回読んでも無駄だね。

その象徴技法を解明してくれる人のもとで読まないと駄目だね。

177 :フーラム:2014/02/20(木) 09:57:21.87 ID:ipZ4Hh2u
ごめん書き込むステージ間違えたスルーして下さい

178 :フーラム:2014/02/20(木) 10:20:10.68 ID:ipZ4Hh2u
ふーん・・・レスあったみたいだから一言だけ
読み解くとは、キーワードが普通必要だけど
イエスが私は十戒の完成のために来たと宣言しているのだから
十戒とイエスの残した要項を頼りに考えればひとまず十分だと思うよ

179 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 10:32:21.49 ID:bgyCNvmV
>>178
「律法を完成するために来た」とは、「律法は未完成である」ということ。
律法は、全知全能の創造主が作った法であるはす。これでは「創造主に対する
冒涜」になりますね。

180 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 10:56:03.68 ID:2Hsl4ktx
>>173 さん
>その推測は、正しいとお考えですか?もしそうならば、正しいと考える聖書的な根拠は、何ですか?

正しいかどうかはわかりません。そのようにすでに書いてあると思います。
あなたは何が言いたいのですか?
このように、無駄な議論をふっかけるのはどうしてですか?バカなんですか?

181 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 11:00:10.13 ID:2Hsl4ktx
>>176 さん
>聖書は「たとえ、暗喩、隠喩」を多用してある象徴技法を駆使して書かれてあるんだから、
>それを解明して読んでいかないと真理は理解できない。
>それを理解できないで、ただ何万回読んでも無駄だね。

実際に何万回も読んでいない人が、偉そうにそんなこと断言できるんですか?
しつこく読み、しつこく訊ねることによって、道は開けます。

イエスも次のように言っています。
「求めよ、そうすれば与えられる。」「叩け。そうすれば開けてもらえる。」

182 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 11:07:47.79 ID:KrtU+NGH
全身全霊を込めた投稿をしても、
こんなレスポンスしか来ないとは、本当にがっかりですし残念なことです。
でも、まだまだ続けるよ。 がんばるよ。

183 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 11:11:17.26 ID:KrtU+NGH
聖書と聖句についてのご質問をお受けしております。

184 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 11:22:29.43 ID:K/YdnA+G
>>181

イエスは、
「私は全てをたとえで話す。
たとえで話さなかったものはなかった」

ってどっかで言ったんじゃないすか?

185 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 11:51:48.37 ID:+k656mWE
>>184 さん

聖書に例えが書かれているのはそのとおりです。
それすら分からない人が大勢いるのですから、
あなたの見識は立派なものです。

「解明してくれる人のもとで読まないと駄目だね。」とのことですが
まずご自身で聖書を熱心に読んでみてください。それから結論を出してください。

わからないことがあれば質問に応じます。このスレでは、皆が自分で聖書を読み進めるうえで
読み方のヒントになればよいと思い、いきなり結論を書かずに、少しづつ解説していますから。

186 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 13:33:48.83 ID:bgyCNvmV
イエスが喩を多用したのは、彼が自分が本当は何を言いたいかを、自分でも
判っていなかったから。判っていれば、そのものズバリを言えばよい。喩では、
相手次第で、様々な解釈が生じ、混乱するだけ。

187 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 13:42:40.69 ID:zyWTOGhW
ダニエルって、バカという言葉が好きだよね。何度も書いている。
最高法院に引き渡されて、地獄の火に投げ入れられるの?

188 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 14:13:16.72 ID:+zhSxn7Z
>>187
>最高法院に引き渡されて、地獄の火に投げ入れられるの?

よく聖書を読んでおられますね。感心しました。
ただ、できれば別の質問をしてほしかったです。

言葉使いについては、今後は気をつけます。

189 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 14:22:54.08 ID:y3tWLzYT
>>187 さん

>>173 で、あなたは大変失礼なことを書いたのです。
僕もあなたへの暴言を謝りますが、
あなたも以下の投稿の暴言を取り消してもらえますか?

「自分の聖書解釈の正しさを、聖書の別の箇所を根拠に証明しようとする」

190 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 14:27:25.72 ID:Edp8uKB1
僕は自分の聖書解釈が正しい、とはこれまで一度も書いたことがありません。
ましてや、聖書の聖句を利用して自分の正当化を計るようなことは決してしません。
そのようなことを僕がしたなら、それは神に対しての冒涜になるでしょう。

読んでいる方の参考になればと思い、聖句についてのことを書いているだけです。
何かの誤解があるのか、あるいは悪意を持ってこちらを侮辱しているのか。

でも、他人にそんなことをしても何の得にもならないと思いますよ。

191 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 14:30:56.66 ID:eVKbpeev
聖書と聖句についてのご質問をお受けしています。
聖書に根拠を求めていますが、それは聖書の権威を認識しているからであって
自分の解釈を正当化するためではありません。

わざわざこんなことを書きたくはないですが、>>187のような人がいるので
誤解されないように書いておきます。

192 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 14:42:34.97 ID:Sre3lRiG
僕の解釈については、もちろん正しくない可能性があります。参考になればいいのです。
何度も書いているつもりでしたが、誤解する人がいるようなので書きます。
聖書にどのように書かれているか、ということが全てなのです。

そして、それを解釈する場合には、読む側がどれだけ素直に、脚色せずに聖句を
受け取るか、ということが基本になります。
聖書について、そのような読み方をしていただける人が増えたなら、大変幸いに思います。

193 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 15:03:29.24 ID:Sre3lRiG
僕が言いたいことは、
「聖書を読むうえで、理解を人まかせにするな」ということです。

あなたの通う教会で神父や牧師が解釈を押し付けてきた場合、
それをそのまま受け入れてしまって、自分で聖書を引いて確かめる人が
ほとんどいない、ということを僕は経験的に知っています。
しかし、それでは、せっかく聖書を用いているのに、カルト宗教とあまり変わらなくなってしまいます。

聖書はあなたのために書かれました。聖句はあなたに対して訴えかけています。
それぞれの人に、それぞれに語りかけています。

194 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 15:11:10.70 ID:Sre3lRiG
それならば、どうして自分で聖書を読まなくてよいでしょうか?
それぞれの人によって、訴えかけてくる聖句も異なっています。
それぞれの人生が異なっているのだから、それも当然のことです。
あなたはあなたの人生において、リアルに響く聖句を受け取るべきです。

このようなことを言う教会の牧師は皆無だと思います。(牧師の権威がなくなるので当たり前ですが)
教会に行くなと言っているのではありません。誤解しないでください。
ただし、聖書に立ち返ってください。これが万民司祭ということだと思います。

195 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 15:49:22.81 ID:ytqOGVUg
「聖書を読むうえで、理解を人まかせにするな」
これは本当に素晴らしい言葉だと思います

>>あなたの通う教会で神父や牧師が解釈を押し付けてきた場合、
>>それをそのまま受け入れてしまって、自分で聖書を引いて確かめる人が
>>ほとんどいない、ということを僕は経験的に知っています。
>>しかし、それでは、せっかく聖書を用いているのに、カルト宗教とあまり変わらなくなってしまいます。

全く同感です

196 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 16:08:25.39 ID:GH4gB8GZ
ダニエル

>僕が言いたいことは、
>「聖書を読むうえで、理解を人まかせにするな」ということです。

だったら、ここで聖書について質問してお前の聖書解釈を聞く必要なんか皆無だろうが。

197 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 17:01:09.35 ID:zyWTOGhW
>>192
>誤解する人がいるようなので

違う違う、ダニエルの書き方が誤解を招きやすいだけ。
人が「誤解する」のではない、あなたが「誤解させている」のだ。
あなたには、謙遜の姿勢(それはイエス・キリストの心でもある)が欠けていると思う。

>>196
> お前の聖書解釈を聞く必要なんか皆無だろうが。

激しく同感です。ダニエルは自己矛盾をしているw

198 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 17:08:21.66 ID:zAMfDl43
>>196
>お前の聖書解釈を聞く必要なんか皆無だろうが

聖書解釈に拘って見るよりも、自分が聖書を読む際に、どのような態度で聖書に向かい、
どのような姿勢で読み進めていくのが良いか、ということを学んでほしいと思います。
そのためのサンプルですので、このように読んでいけばいいんですよ、ということを公開しています。

あくまでも自分で聖書を読み解いていくためのサンプル・トレーニングが、ここでの僕の解釈と考えてください。
そういうわけですので、何度か書いていますように「俺の解釈が正しい」とか言っているのではないです。

199 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 17:12:08.69 ID:zAMfDl43
そもそも、ここであなた方が拘っておられる「正しい解釈かどうか」
ということが、僕にはあまり興味がありません。

ひとつの聖句から学ぶことが、人によって違うと思っています。
ですから、学校の勉強でもするみたいに「これが正しい解釈」「これが正解」とか
誰かから教わったことを信じ込むのは良くないことです。

聖書を読むのに、他人の考えを頭に入れる必要はないのです。
できるだけ、そうした概念を排除する読み方をしていただければ幸いです。

200 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 17:19:45.74 ID:GH4gB8GZ
聖書解釈だけでなく、お前の聖書の読み方だって正しい訳じゃないだろ。

お前から聖書を読む姿勢を学ぶ必要性だって皆無だろうが。

>聖書解釈に拘って見るよりも、自分が聖書を読む際に、どのような態度で聖書に向かい、
>どのような姿勢で読み進めていくのが良いか、ということを学んでほしいと思います。

201 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 17:24:43.20 ID:c84DVzQI
>>200
>聖書解釈だけでなく、お前の聖書の読み方だって正しい訳じゃないだろ。

聖書を固定観念や、概念抜きに読んでいく態度が、聖書を読む際の
基本になければなりません。

そうでないと、聖書はただの宗教のテキストになってしまいます。

202 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 17:30:02.79 ID:GH4gB8GZ
>>201

だから、お前から聖書を読む姿勢を学ぶ必要もないだろ。

203 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 17:32:11.18 ID:lrqSEHy+
>>202
>だから、お前から聖書を読む姿勢を学ぶ必要もないだろ。

聖書に無垢に接っする接し方を、実際に見てもらった方が
理解が早い、つまり手っ取り早いと思います。

204 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 17:33:17.97 ID:GH4gB8GZ
お前が無垢だとでも?

205 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 17:34:34.86 ID:GH4gB8GZ
>聖書を読むのに、他人の考えを頭に入れる必要はないのです。

だからダニエルを見て理解する必要もないだろ。何度言わせんだよ。

206 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 17:34:41.53 ID:Is0fFTeI
>>203
聖書の盲信は、聖書の理解ではない。何事も、批判がなければ理解はない。

207 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 17:34:41.71 ID:lrqSEHy+
多くの牧師は神学校で、概念を学んできていますので
そうした頭で、既に聞いたことのある解釈を元にして聖書を読み、
説教をしているのです。

こうしたことに、非常に危機感を持っています。
ですから、石ころみたいな僕が、こんな場所で叫んでいるのです。

208 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 17:38:00.33 ID:GH4gB8GZ
いや、石ころなんてかわいいものではない。

いくつもスレ立てて増殖する蛆虫みたいなものだよ。

209 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 17:38:41.88 ID:lrqSEHy+
スレは2つだけです。

210 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 17:40:16.24 ID:GH4gB8GZ
んじゃ、ダニエルは神学のどこが間違ってると言うんだ?

具体的に示せよ。

211 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 17:41:47.55 ID:lrqSEHy+
>>210
>んじゃ、ダニエルは神学のどこが間違ってると言うんだ?

あなたも理解できないお方ですね。。。
間違いだとか正解だとかの話はしていません。

人間的な概念を捨ててから、聖書に接するべきです。

212 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/20(木) 17:44:36.09 ID:++PbgkOc
どれが正しい、どれが間違っているとかは
暇がたっぷりある人たちが、議論すればいいことです。

ひとりひとりにとって、大切なことは
聖書の聖句を、自分自身に対しての言葉と受け止めることです。

客観的に、とか、神学的に、とかはどうでもいいことです。
なぜ、わからないのですか?

213 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 17:52:31.86 ID:GH4gB8GZ
だから聖書の言葉を自分に対しての言葉として読むのに、お前のアドバイスなんか必要ないじゃん。

214 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 18:43:12.46 ID:zyWTOGhW
ダニエルがここでやっていることは、牧師の講解説教と変わりがない。
つまり、牧師を批判しつつ、同じことをしているだけ。
それで、自分はそれらとは違うんだ、とかなんとか主張する。
人の目の塵を見るよりも、もっと、自分の目にある梁を認めましょう。

215 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 19:00:21.84 ID:K/YdnA+G
イエスの言葉を正しく理解できる人は歴史上に二人しか存在しない。

イエスが自分の後継者、正規の代理人とした二人だ。

イエスは自分が戻ってくるまでの期間、この二人にその権能を預託した。

だから、それ以外の者がごたごた言っても、所詮、目糞鼻糞・・・

216 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 23:18:03.61 ID:4PbNMPfg
>>3
聖書は捏造の歴史ということ
トルコに存在するといわれる比較的原本に忠実な聖書では
アブラハムがイシマエルの命を捧げようする話が書かれている
が、それをユダヤ人がイサクの話として聖書刈りをして書き換えてしまったことが明らかになってる
見かねてマホメットを通して訂正が入れられて本来に戻されたわけだが
聖書が正しく保たれてさえいればマホメットやコーランは必要なかったということであり
イエスが来たのも理由は同じ

217 :神も仏も名無しさん:2014/02/20(木) 23:35:57.23 ID:qrQtY9fS
>>215
その二人って誰?

218 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 00:16:00.53 ID:E8Kug8XV
>>217
それは、こう預言されている二人です。

11:3そしてわたしは、わたしのふたりの証人に、荒布を着て、千二百六十日のあいだ預言することを許そう」。
11:4彼らは、全地の主のみまえに立っている二本のオリブの木、また、二つの燭台である。
11:5もし彼らに害を加えようとする者があれば、彼らの口から火が出て、その敵を滅ぼすであろう。もし彼らに害を加えようとする者があれば、その者はこのように殺されねばならない。
11:6預言をしている期間、彼らは、天を閉じて雨を降らせないようにする力を持っている。さらにまた、水を血に変え、何度でも思うままに、あらゆる災害で地を打つ力を持っている。
11:7そして、彼らがそのあかしを終えると、底知れぬ所からのぼって来る獣が、彼らと戦って打ち勝ち、彼らを殺す。
11:8彼らの死体はソドムや、エジプトにたとえられている大いなる都の大通りにさらされる。彼らの主も、この都で十字架につけられたのである。
11:9いろいろな民族、部族、国語、国民に属する人々が、三日半の間、彼らの死体をながめるが、その死体を墓に納めることは許さない。
11:10地に住む人々は、彼らのことで喜び楽しみ、互に贈り物をしあう。このふたりの預言者は、地に住む者たちを悩ましたからである。
11:11三日半の後、いのちの息が、神から出て彼らの中にはいり、そして、彼らが立ち上がったので、それを見た人々は非常な恐怖に襲われた。
11:12その時、天から大きな声がして、「ここに上ってきなさい」と言うのを、彼らは聞いた。そして、彼らは雲に乗って天に上った。彼らの敵はそれを見た。
11:13この時、大地震が起って、都の十分の一は倒れ、その地震で七千人が死に、生き残った人々は驚き恐れて、天の神に栄光を帰した。

イエス自身がこう預言したんだからね。
聖書を1万回以上も読んでいるダニエルさんならば、この有名な記述がどこにあるのかはすぐに解るでしょう。

219 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 08:56:40.52 ID:7L1mS/w3
>>214
>ダニエルがここでやっていることは、牧師の講解説教と変わりがない。

確かに、あなたにとって、おっしゃるとおりです。
あなたはあなたの本音を語ったわけです。

あなたにとっては、僕のやっていることも牧師のやっていることも
同様に価値のないことです。

220 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 09:06:20.52 ID:GtxBTpic
>>4
>>聖書に書かれてることは100%全て事実なんですよね?
>六つの翼があり、その翼のまわりも内側も目で満ちている生き物が
>実際に存在していると思う人などいるでしょうか?

質問者は恐らく、処女降誕や3日目の復活について問い正したかったのだろうが、
ダニエルはそれを薄々感じつつも、敢えて黙示録あたりの突拍子もない記述を引き合いに出して、
「実際に存在していると思う人はいるのか?」などと答えている。詭弁もいいところだ。お人が悪いw

221 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 09:08:20.81 ID:GtxBTpic
>>219
214には、「価値」なんて言葉は一言も書いてないだろう。話をすり替えるなよw

222 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 09:25:08.75 ID:MAjrAnyi
>214には
>「価値」なんて言葉は一言も書いてないだろう。話をすり替えるなよw

そこまで言うのであれば、どこが牧師の話と同じなのか
きちんと説明してください。

223 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 09:29:33.21 ID:MAjrAnyi
>>220
>質問者は恐らく、処女降誕や3日目の復活について問い正したかったのだろうが、
>ダニエルはそれを薄々感じつつも、敢えて黙示録あたりの突拍子もない記述を引き合いに出して、
>「実際に存在していると思う人はいるのか?」などと答えている。詭弁もいいところだ。お人が悪いw

聖書には例えが書かれています。
そもそも、それを説明するためのスレではないです。

何が詭弁なのですか? そこまで言うからには
きちんと説明してください。
説明できないのであれば、なぜこのような嫌がらせをしているのですか。

224 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 09:32:25.55 ID:MAjrAnyi
聖書に例えが書かれているのは、聖書を読めば誰でも理解できることです。
それを詭弁だとか何だとか文句をつけてくるというのは、おおよそ普通の人間だとは思えません。
そもそも僕は聖書を読んでいない人を、ここで対象にはしていません。

クリスチャンか、あるいは将来クリスチャンになるつもりで
聖書を学んでいる人たちを対象にしています。

つまり、あなたに対してこのスレを書いているのではありません。

225 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 11:16:00.61 ID:V8qRd0zV
>>213
>だから聖書の言葉を自分に対しての言葉として読むのに、お前のアドバイスなんか必要ないじゃん。

先入観や概念を捨ててから、聖書に接するという、
世界のどこにもない聖書の読み方を広めていきたいと思っています。

226 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 11:28:23.26 ID:8FHjIWD9
多くの人が、聖書をわからないと思う理由は
聖書を読むことに、あまり時間を費やさないためです。

効率を考えて、誰かの見解が載っている「聖書入門」的な本を読んで
わかったような、わからないような気になってしまうのですが、実際には
それらの本は、ほとんどが丁寧に作られていません。
おそらく編集者は、あまり聖書を読んでいない人たちだと考えられます。
素人が素人の書く本を参考に読んでも、盲人が盲人に手引きされているのと同じです。
そして、間違った先入観を持ってしまって、そこでその人は終りとなります。
本当に、これは残念なことです。ですから、こうした状況を変えたいのです。

227 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 11:38:22.70 ID:B5Rc8jUO
同意してくださる方を、常に求めています。
聖書や聖句についてのご質問もお受けいたします。

228 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 11:42:42.27 ID:7ql0RUck
>>先入観や概念を捨ててから、聖書に接するという、
>>世界のどこにもない聖書の読み方を広めていきたいと思っています。

大変素晴らしい考え方だと思います
もっと自由で良いと思うんですよね
組織に属すのが嫌で価値観を押し付けられるのも好きじゃない自分は同意します

229 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 12:58:33.59 ID:EXUWIpTn
>>229

ありがとうございます!

230 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 14:02:48.54 ID:UzkIDmJw
>先入観や概念を捨ててから、聖書に接するという、
>世界のどこにもない聖書の読み方を広めていきたいと思っています。

いや、そう思って聖書読んでるやつなんていくらでもいるから。

231 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 14:25:15.60 ID:UzkIDmJw
処女降誕や3日目の復活も例えなのか?ダニエル。

232 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 14:26:09.63 ID:UzkIDmJw
>先入観や概念を捨ててから、聖書に接するという、
>世界のどこにもない聖書の読み方を広めていきたいと思っています。

そうやって生まれたのがエホバ、統一教会、摂理だよw

233 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 15:58:27.60 ID:nqwbYIBp
>>230
>いや、そう思って聖書読んでるやつなんていくらでもいるから。

そうですかぁ。いくらでもいるなら。
そのうちのひとりでいいんで、ここに投稿をさせてみてください。
期待してます。

234 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 16:27:45.66 ID:UzkIDmJw
はい。

投稿したけど?

235 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 16:55:23.83 ID:F9RMaT61
聖書が、一万回も、いや唯の二回も読むに値する本か否かは、「批判的に」読めば、
最初の一回で判る。

236 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 16:55:36.45 ID:Eue8ztUY
>はい。
>投稿したけど?

「はい」じゃないよ。
いくらでもいるうちの、ひとりでいいからそいつに投稿させろと言ってるんだよ。

「自分がそうですがなにか」とか、とぼけるつもりなのか?

237 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 16:59:39.64 ID:Eue8ztUY
>>232
>>先入観や概念を捨ててから、聖書に接するという、
>>世界のどこにもない聖書の読み方を広めていきたいと思っています。

>そうやって生まれたのがエホバ、統一教会、摂理だよw

へえ〜
そうすると、あなたはエホバ、統一教会、摂理のどこに属してるの?

238 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 17:02:24.90 ID:MSs1eRoS
UzkIDmJw 

「はい。投稿したけど」じゃないよ。

お前はエホバなのか、統一教会なのか、摂理なのか、早く答えろよ。
それともお前でないというなら、「投稿したけど」って何のことなんだよ。

239 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 17:06:30.85 ID:kXDrpujG
>>234
UzkIDmJw、逃げるなよ。
きちんと説明しろよ。

240 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 17:16:31.73 ID:UzkIDmJw
10分かそこら経っただけで「逃げるなよ」とかw

俺だってこんなスレにずっと張り付いてる訳じゃねえし、
お前だってレス2時間とかざらじゃねえかよ。

牧師の解釈や神学に縛られず聖書を読むことくらい俺だってやってるての。

んで、お前は1行目と2行目をゴッチャにすんなよ。
俺はそうやって聖書を読んだらエホバやらになると言ってるんじゃなくて、
従来の神学や牧師の解釈に囚われず自分なりの聖書解釈をして、
それを広めていこうとしてるという意味ではエホバも統一も摂理もそうだって話だ。

レスする前にきちんと理解しろ。な。

241 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 17:20:10.14 ID:UzkIDmJw
んでよ、聖書の言葉を自分に対しての言葉として読むのに、お前のアドバイスなんか必要ないだろっつってんの。

分かった?

242 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 17:22:48.71 ID:UzkIDmJw
こんな糞スレ立てて、「世界のどこにもない聖書の読み方を広めていきたい」
なんて言ってるお前は一人カルトそのものじゃねえかw

243 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 17:23:02.14 ID:01CnmeXp
>>240
>従来の神学や牧師の解釈に囚われず自分なりの聖書解釈をして、
>それを広めていこうとしてるという意味ではエホバも統一も摂理もそうだって話だ。

おいおい。「従来の神学や牧師の解釈に囚われず自分なりの聖書解釈」って
お前が作った文章をこちらが書いたみたいに言うなって。

先入観や概念を捨ててから、聖書に接するという、
世界のどこにもない聖書の読み方を広めていきたいと思っています。

ということを書いていたのを、なぜ歪曲する?

244 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 17:26:04.09 ID:TCKnEoBf
>>241
>お前のアドバイスなんか必要ないだろっつってんの。

そりゃそうだ。あなたには必要ない。
あなたのような人を相手にしているつもりもない。
わざわざこんなどうでもいいこと書いて煽るのは、構ってちゃんなのか?


>こんな糞スレ立てて、「世界のどこにもない聖書の読み方を広めていきたい」
>なんて言ってるお前は一人カルトそのものじゃねえかw

そう思うなら、なぜわざわざここに好き好んで粘着している?
典型的な構ってちゃんじゃないか。もうお前が喜ぶからレスしないぞ。
それでもいいか?

245 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 17:28:39.53 ID:TCKnEoBf
聖書と聖句についてのご質問をお受けしております。

246 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 17:31:56.08 ID:UzkIDmJw
>おいおい。「従来の神学や牧師の解釈に囚われず自分なりの聖書解釈」って
>お前が作った文章をこちらが書いたみたいに言うなって。

おいおいおいおいおいおい。
神学だの牧師の解釈だのはお前が言ってたんじゃねえかよ。
忘れたのか?嘘吐き野郎。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

あなたの通う教会で神父や牧師が解釈を押し付けてきた場合、
それをそのまま受け入れてしまって、自分で聖書を引いて確かめる人が
ほとんどいない、ということを僕は経験的に知っています。
しかし、それでは、せっかく聖書を用いているのに、カルト宗教とあまり変わらなくなってしまいます。

神学であっても、人間が作り出した概念・妄念に過ぎないのです。
こんなものには、一文の価値もないのです。

多くの牧師は神学校で、概念を学んできていますので
そうした頭で、既に聞いたことのある解釈を元にして聖書を読み、
説教をしているのです。

こうしたことに、非常に危機感を持っています。
ですから、石ころみたいな僕が、こんな場所で叫んでいるのです。

247 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 17:33:31.00 ID:UzkIDmJw
>UzkIDmJw、逃げるなよ。
>きちんと説明しろよ。



>もうお前が喜ぶからレスしないぞ。


wwwwwwwwwwwwww

人には逃げるなとか言っといて、都合が悪くなったら自分がさっさと逃げてやんの。

屑だね。一人カルトの宣教活動がんばってw

248 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 17:41:57.14 ID:Ud35Kc6Z
>>246
>神学だの牧師の解釈だのはお前が言ってたんじゃねえかよ。

言ってましたが、あなたが引用したのはあなたが作成した文章です。

こちらが書いていた、先入観や概念抜きに聖書を読んでいくことを
広めたい、という文章を、あなたが「先入観や概念抜き」という部分を
削除して、神学などを否定するのはエホバもうんぬんと書いたのです。

僕は、あなたのような日本人らしくない人は嫌いなのです。

249 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 17:45:58.28 ID:xQULsywp
UzkIDmJwさん

先入観なし概念抜きに聖書を読んでいる人はいくらでもいると書いてましたよね。
しかし、僕は様々な教会を見ましたが、そういう人にはひとりも合えなかったのです。

いくらでもいる、というそうした人は
あなたの知り合いに何人いるんですか?

250 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 17:50:07.35 ID:UzkIDmJw
だからその「先入観や概念」ってのが神学だったり教会で聞く牧師の解釈だったりするんだろうがよ。
お前の一連のレスを読んだら当然そう読めるだろ。

>しかし、僕は様々な教会を見ましたが、そういう人にはひとりも合えなかったのです。

教会しか見ないから会えないんじゃね?

>僕は、あなたのような日本人らしくない人は嫌いなのです。

そりゃこっちのセリフだ。アホ。

251 :神も仏も名無しさん:2014/02/21(金) 17:52:27.39 ID:UzkIDmJw
さすがの俺も知り合いにこんな糞スレに書き込んでくれなんてお願いはできねえわw

自分で探せ。いるから。

求めよ。

252 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 21:25:35.83 ID:MCENwoCV
>>235
>聖書が、一万回も、いや唯の二回も読むに値する本か否かは、
>「批判的に」読めば、最初の一回で判る。

批判的に読むのも良いと思いますが、
思い込みなしにお読みになれば、なお良ろしいかと思います。

一万時間と書きましたが、5千時間くらいでもかなり理解は深まるとおもいます。

253 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 21:29:44.88 ID:MCENwoCV
>>235
>聖書が、一万回も、いや唯の二回も読むに値する本か否かは、
>「批判的に」読めば、最初の一回で判る。

聖書は読めば読むほど好きになるし、面白くなってきます。
最初のうちは面白くないかもしれませんし、特に旧約から
読み始めると、かなりしんどいかもしれないです。

そのため、最初のうちは福音書からお読みになられると良いと思います。

254 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 21:55:28.44 ID:MCENwoCV
宗教団体に所属すると、必ずその団体独自の教えや教義がありますから
団体の仲間とうまくやっていくためには、同じ教えを信じざるをえないことも
あります。

特にカルト的な教会である「エホバの証人」や「統一教会」などになると
極端に歪曲した独自の聖書解釈を押し付けられてしまいます。

洗礼を受けるためには、基本的にはどこかの教会に所属することになると思いますが
そこに所属していながら、家ではひとりで静かに聖書を読む時間を持つことが
重要です。

聖書と祈りは、教会だけでなく自宅でひとりでいるときも大切なことです。
イエスもひとりで山に行って祈っておられました。

255 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 21:59:58.10 ID:MCENwoCV
ひとりで聖書を読むことにより、深い考察が可能になります。
間違った教えを強制させるような教会に所属してしまうと
その人の人生は、暗くみじめなものになっていきます。

そうしたことにならないためにも、自分自身で得た、ある程度の聖書の知識と
いうものが、自分を守ってくれることがあると思います。

256 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/21(金) 22:08:06.05 ID:MCENwoCV
先入観や概念無しに聖書を読み進めることは一番安全な方法です。
祈りとともに読んでいくなら、さらに守りがあります。

今日は、エホバの証人や統一教会もそのように読んでいた、とか主張する
変な人がこのスレに来ていましたが、あれらの教会は独自の歪曲した考えを
聖書解釈にもちこんでいることは、ネットで原理講論(統一教会の教義集)や
エホバの証人のパンフレットを読めば、わかります。

人間の思想、人間的な考え、つまり欲のようなものは、いったん棚上げにしてから
聖書を読まないと、聖書はただの宗教のテキストになってしまいます。注意してください。

257 :神も仏も名無しさん:2014/02/22(土) 09:30:21.18 ID:Fc1azWOE
ダニエルって、2〜3年間ひきこもって聖書を読んでいたんだよね。
そのときに、その独自の聖書解釈や教義が生み出されたのでしょう。

そういうのって、キリストの幕屋を創立する前の手島郁郎氏に似ている。
氏も一日中部屋にこもって考える日々があった。
「恋ひ死なむ」という本を読んでみるといい。学び取れることがある。


あ、でも、ダニエルは本を読まないんだっけ?

258 :神も仏も名無しさん:2014/02/22(土) 19:33:02.26 ID:ATWn3vq9
↓この人は一から勉強している。今後に期待
http://seisyo-benkyou.blogspot.jp/

259 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/22(土) 21:59:03.67 ID:ei4OdyZc
>>257 さん
>ダニエルって、2〜3年間ひきこもって聖書を読んでいたんだよね。

はい。

>そのときに、その独自の聖書解釈や教義が生み出されたのでしょう。

聖書に接する際の心構えを、自然に学びました。
でも、僕独自の聖書解釈や教義はないと思いますよ。
ただ聖書に書いてあることを素直に読もうとしているだけですから。

260 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/22(土) 22:00:54.77 ID:ei4OdyZc
>>257 さん
>「恋ひ死なむ」という本を読んでみるといい。学び取れることがある。
>あ、でも、ダニエルは本を読まないんだっけ?

チャンスがあったら読んでみます。

261 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 10:50:39.22 ID:rHLwxLgE
ダニエルさんは、聖書に預言されていること、

イエスが言ったことや、黙示録の記述などの全てが、

必ずこの未来において成就すると考えていますか?

262 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/23(日) 15:56:29.98 ID:YCcUk2Rw
>>261 さん
具体的に、どこの聖句のことでしょうか?
あなたの聞きたいことを明確に伝えてもらえると
答えやすいです。

新天地のことや、新しいエルサレムのことについては
当然成就すると思います。

263 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 16:06:11.62 ID:rHLwxLgE
イエスが御国が到来する、と言った預言や、

黙示録に書かれてある、

イエスがサタンに打ち勝ち、この世にイエスが支配する義の王国、新しいエルサレムが出現する、

という記述ですが、

ダニエルさんは当然成就する、と考えている訳ですね。

では、それは「いつ成就する」とお考えですか?

264 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/23(日) 16:15:48.01 ID:YCcUk2Rw
>>263
>では、それは「いつ成就する」とお考えですか?

ご質問者さんは、おそらく時間がずっとこのまま続くものとお考えだと思いますが、
新しい天地が出来て、新しいエルサレムが神のもとから降ってきたならば
永遠になっているものと思います。

神ははじめであり終わりであるお方なのですが、永遠に入ったならば
神はもっと身近なお方になっているものと思います。

265 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 16:36:39.45 ID:rHLwxLgE
ダニエルさんは、「それは人間には知り得ないことだ」
と考えているのですね。
新しいエルサレムも突然降ってくるんですね?

つまり、「それは、神が決めること、神主導である」と。

となると、「(神にとって)未来は既に決まっている」
ということでしょうか?

確かにこう考える人もいます。
しかし、この思考には決定的な欠陥があるのです。

それは「では、何の為に神は聖書を人間に与えたのか?」
という説明ができないことです。

「未来は決定している。
神が全てを決めて主導している」

というのならば、聖書なんてあってもなくても同じじゃないですか?
わざわざ聖書を人間に与える必要は無いんじゃないですか?
聖書の存在意義自体が説明できないのでは?

266 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/23(日) 17:23:46.80 ID:YCcUk2Rw
>>265 さん

未来が決定しているということはないですよ。
人には自由意志がありますから、自分の未来は自分で決められます。

267 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/23(日) 17:27:15.88 ID:YCcUk2Rw
>「未来は決定している。
>神が全てを決めて主導している」
>というのならば、聖書なんてあってもなくても同じじゃないですか?

人には自由意志がもたされています。聖書がもしなかったなら
人は救いに至る道筋がわからないです。
救われたいと考える人には聖書は非常に重要な書物です。
救われたいと考えていない人には聖書は何の価値もありません。

268 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/23(日) 17:29:55.58 ID:YCcUk2Rw
>>265さんは
聖書に書かれている未来に起こるべきことを
非常に気にしておられるようですが、
それらは参考にはなりますが、あなたの魂の救いにとっては
直接的な関係は、ありません。

興味本位に、聖書の記述に接することは大変危険です。
もっとも大切なことから目がそれて、どうでもいいことに
熱中することになります。そうならないように気をつけることを
おすすめします。

269 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 17:42:45.94 ID:rHLwxLgE
>>264
>新しい天地が出来て、新しいエルサレムが神のもとから降ってきたならば
永遠になっているものと思います。

これって、いわゆる「最後の審判の時、イエス再臨の時」でしょうか?
イエスが再臨した時にイエスは永遠に救済される者(賢者)と永遠に救済されない者(愚者)
とを振り分けて、賢者、義人だけを御国、新しいエルサレムに入れて永遠の命を授ける、
と考えていいのでしょうか?

>未来が決定しているということはないですよ。
> 人には自由意志がありますから、自分の未来は自分で決められます。

だから、その時までにイエスを信じなさい。
その時までにイエスを信じていれば救済されますよ。

ということですか?

270 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 17:56:00.47 ID:rHLwxLgE
>人には自由意志がもたされています。聖書がもしなかったなら
>人は救いに至る道筋がわからないです。
> 救われたいと考える人には聖書は非常に重要な書物です。

つまり、「聖書には救済方法が書かれてある。聖書の真意を理解してその指示に従った人だけが救済される」
ということですね。

>それらは参考にはなりますが、あなたの魂の救いにとっては
>直接的な関係は、ありません。

>興味本位に、聖書の記述に接することは大変危険です。

興味本位になんか聖書を読んでいませんよ。
「真に救済されたい。聖書にはその方法が書かれてあるはずだから聖書の真意を理解したい」
と思って聖書を読んでいる訳です。

これは全世界のクリスチャンも同じだと思います。

271 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/23(日) 18:15:49.11 ID:YCcUk2Rw
>>269
>これって、いわゆる「最後の審判の時、イエス再臨の時」でしょうか?

違います。

>つまり、「聖書には救済方法が書かれてある。聖書の真意を理解してその指示に従った人だけが救済される」
ということですね。

そんな質問をする前に、あなたは聖書を読むべきです。
あなたがほとんど聖書を読んでいないことは、こちらからはよくわかります。

272 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/23(日) 18:17:47.23 ID:YCcUk2Rw
聖書を読んでから、疑問に思う点があったなら質問してください。

あなたのように「救済」だとか、聖書に書かれていない言葉を
頻繁に用いて、ここに投稿する人は大変迷惑に思います。

あなたの行っている異端の教会で、頭のおかしな牧師相手に
そのようなことを語っててください、と以前にも書いたはずです。

273 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/23(日) 18:20:02.57 ID:YCcUk2Rw
聖書と聖句についてのご質問をお受けしております。

聖書をまったく読んでいない人や、
おかしな用語を頻繁に使用するカルト信者の方については
基本的には歓迎していません。

274 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/23(日) 18:31:27.17 ID:YCcUk2Rw
自分で聖書をほとんど読まないうちに、
おかしな聖書の解釈が書いてある本を読み、
その影響を受けて、おかしな用語を用い
ここにわけのわからないことを書きにくるようになりたい人は、
あまりいないと思います。

そのような状態に陥らないためにも、先入観や概念抜きに
聖書に無垢な状態で接することが、非常に大切なことです。

275 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/23(日) 18:34:15.56 ID:YCcUk2Rw
だいぶ、このスレのレベルが下がっていると思います。
大変申し訳なく思っております。

聖書と聖句についてのご質問をお受けしております。

276 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 18:44:04.80 ID:zkFowAIg
以前エホバの人が持ってきた聖書を見せてもらったけど
ヤツラが持ってる聖書って自分らのカルトな教えに添うように所々言い回しを書き換えられてたからな
聖書であって聖書でない偽書もあるから気をつけよう

277 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 18:55:54.74 ID:rHLwxLgE
う〜ん、不思議な人ですねえ。

聖書のメインテーマは「最後の審判の時に救済されること」
だと思うのですが、それを否定されるとは。
何の為に聖書を読んでいるんだか?

まあ、御自分から救済を否定されたので、間近に迫った救済からは外れてしまいましたが、

珍しい症例なのでしょうか?
それとも、この惑星ではこれが普通、多数派なのでしょうか?

これ以上探りを入れても無駄ですね。

278 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/23(日) 21:15:07.79 ID:YCcUk2Rw
>>277
>それとも、この惑星ではこれが普通、多数派なのでしょうか?

どうぞ。あなたの惑星にお帰りください。

279 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 21:24:37.71 ID:MQ3yOSoW
>>267
>救われたいと考える人には聖書は非常に重要な書物です。

>>272
> あなたのように「救済」だとか、聖書に書かれていない言葉を
>頻繁に用いて、ここに投稿する人は大変迷惑に思います。

・・・なんか、おかしくね?
「救われたい」と「救済」とは、そんなに違うのか?

ダニエル、反論カモ〜ンw

280 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 21:30:40.22 ID:MQ3yOSoW
あと、ダニエルの決めセリフ:
>あなたがほとんど聖書を読んでいないことは、こちらからはよくわかります。

これねー、聖書を読んでいるか、いないのかを、自分基準にするのはやめた方がいい。
誰だって、ダニエルみたいに、ヒッキーになって1万時間も読んでいる暇はないんだからw

281 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 21:32:33.86 ID:MQ3yOSoW
決めセリフ、じゃなくて、決めゼリフ、ね。どうでもいいけど、誤変換。

282 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 21:57:29.04 ID:rHLwxLgE
結局、ダニエルは、
ソドムを探りに来た御使いに対して、罵声を浴びせて追い返してしまったソドムの住人と同じで、
滅ぼされるとも解らないで、ソドムに残って艱難に遭うソドムの住人と同じ運命を辿るようですな。

掲挙(ソドムから逃げ出せ、脱出しなさい)という言葉が大嫌いなようなので、
ソドムに残って下さいな。

283 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/23(日) 22:32:59.79 ID:YCcUk2Rw
>>280
>ダニエルみたいに、ヒッキーになって1万時間も読んでいる暇はないんだからw

そうかもしれないですが、正直、まだ全然全然読み足りていないんです。
特に旧約聖書については、もはや、どうしたら良いかわからないでいます。
人生が終わるまでに満足に読み込みたいのですが。

30歳の時点で完璧に聖書をものにしたイエスというのは本当に凄い人物です。

284 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 23:56:35.64 ID:FPlfwTGS
>>283
>30歳の時点で完璧に聖書をものにしたイエスというのは本当に凄い人物です。

イエスは、旧約について沢山の誤解がありますね。それらを指摘してみて下さい。

285 :神も仏も名無しさん:2014/02/24(月) 03:26:50.22 ID:pDpAfXAM
>>276
新世界訳―エホバの証人の聖書
http://biblia.holy.jp/

>>89
http://biblia.holy.jp/21-ec-12-07.html

聖書の寓話表現(たとえ)をどう読むか
http://biblia.holy.jp/40-mt-25-46.html

286 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/26(水) 22:47:37.55 ID:TLGptJy0
>>280 さん
>ダニエルみたいに、ヒッキーになって1万時間も読んでいる暇はないんだからw

ちなみに、1万時間というのは、「1万時間の法則」ということが存在して
なんでも1流になるためにはそれ位の時間が必要だ、ということです。

僕自身も、おそらくですが、まだ7千時間くらいしか聖書を読んでいないので
まだ1流の域には達していないものと思われます。

287 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/26(水) 22:51:36.21 ID:TLGptJy0
イチローがバッティングの練習に1万時間を費やすのは
お金の見返りがあるのだから問題ないでしょう。

でも僕が1万時間聖書に費やしても、お金の見返りはありません。
何か他のことを仕事にして生活しなければならないのです。

でも、まあ何とかなるだろう、神が何とかしてくださるだろう、と
思って生きています。

288 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/26(水) 22:52:31.63 ID:TLGptJy0
聖書と聖句についてのご質問をお受けしております。

289 :神も仏も名無しさん:2014/02/26(水) 23:59:47.84 ID:GEE6EH/5
イエスの言葉、聖書の真の理解者はイエス自身が指定しているんだから、

それ以外の凡人が何万回聖書を読んでも、とても真理には辿り着けないさ。

290 :神も仏も名無しさん:2014/02/27(木) 00:31:44.17 ID:+5J9Zvtz
そもそもダニエルさんは、もう一つのスレの

265
>創世記
 ・万物は1万年以内に創り始められた
      ^^^^^^^
 ・6日間で全てを創り出した
  ^^^^
 1万年より古い発掘は腐るほどあるし、1万光年以上離れた天体観測と
も矛盾するし、人間と猿の特徴を併せ持ったラマピテクス、アウストラロ
ピテクスの骨が発掘されているという事実は進化論が正しいこと示してい
る。
 「創世記」はデタラメなファンタジーであり「聖書」や「神」を信じる
ことなど滑稽でバカげている。

の質問?暴言?に答えてないじゃん。
言われっぱなしじゃん。

反論できないの?
だからスルーしているんでしょ。

でもこれは聖書の「時間に関する規定」の基礎、原則なんだよ。

じゃあ、千年王国の千年もちょうど千年間だと考えているの?
この謎を解く聖句があるでしょ。

291 :神も仏も名無しさん:2014/02/27(木) 00:43:14.66 ID:+5J9Zvtz
夜も遅いし、その聖句だけは教えてあげるね。

>3:8愛する者たちよ。この一事を忘れてはならない。主にあっては、一日は千年のようであり、千年は一日のようである。
 
有名な聖句だもんね。
聖書を何千回も読んでいるのならば、この聖句がどの書にあるのかは解るよね。

292 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/27(木) 09:35:18.79 ID:RlpBXsRE
>>289
>それ以外の凡人が何万回聖書を読んでも、とても真理には辿り着けないさ。

そのように思ってしまう気持ちもわかりますが、とにかくやってみてください。
チャレンジしない人生なんてつまらないですよ。

293 :神も仏も名無しさん:2014/02/27(木) 09:46:15.86 ID:+5J9Zvtz
そもそもダニエルさんは「神の7千年計画」って解るの?

>>290
で書いた人に対して、
「聖書というのは、たとえ、比喩、暗喩、象徴で書かれてあるから、実際の年数とは違うんですよ。
聖書では、全ての時間を7千年間に喩えて書いてあるのです」

って説明できないの?
それとも、この考え方自体を知らないとか?

294 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/02/27(木) 10:18:15.93 ID:YNs7P/Ej
聖書と聖句についてのご質問をお受けしています。

295 :神も仏も名無しさん:2014/03/27(木) 02:50:15.52 ID:Mn7PLvz1
>>294
> 聖書と聖句についてのご質問をお受けしています。

……真夜中の街に、ぽつんと灯りがついている小さな家みたいです。
夜ここにくるとなんか安心します。
   

296 :神も仏も名無しさん:2014/04/09(水) 14:31:00.88 ID:pcXBQIpN
イエスにバプテスマを施したヨハネは、
「らくだの皮衣を着、腰に革の帯をしめ、いなごと野蜜を食べ物」
とする人物でした。
粗末な服装をし、粗末な食事をして荒野を徘徊し、「悔改めよ!」と叫ぶ人でした。

想像するに、洗礼者ヨハネはとても高貴な人物には見えません。
もし、私がその時代に生きていたなら、私は彼を見て、
「彼は荒野で変なことを叫んでいる頭のおかしい人だ」
と思ったことでしょう。

297 :神も仏も名無しさん:2014/04/09(水) 15:44:24.74 ID:cELMDdkb
どう感じるかは自由だ 好きにしろ

298 :296:2014/04/09(水) 15:49:24.33 ID:pcXBQIpN
同じように、もし、主が今まさに私の傍らに立っていたとしても、
私はそれに気づかないかもしれません。
それどころか、
「おい、そこの浮浪者。俺の周りをうろうろしてんじゃねぇよ。
臭いし汚いし迷惑なんだよ。二度とここへ来るな。今度来たら警察呼ぶからな」
と言って彼を去らせようとするでしょう。

299 :296:2014/04/09(水) 23:40:29.63 ID:pcXBQIpN
そしてしばらくした後に、私は洗礼者ヨハネのことを思い出して、
「ああ、偉大な人よ!あなたはどこへ行ってしまわれたのですか。
どうかここへお戻りになってください。私はあなたに罪の許しを請う者です」
と言うでしょう。
私は後悔から来る責め苦を、その報いとして受けなければなりません。

300 :296:2014/04/09(水) 23:52:33.13 ID:pcXBQIpN
主の臨在もまた、そのようなものになるでしょう。
主がいつ来るのかを知ることは、あまり重要なことではありません。
それは盗人が押し入るように、思わぬ時に来るからです(マタイ24:43,44)。
重要なのは、主がいつ来てもいいように、常に用意をしておくことではないでしょうか(マタイ25:13)。

301 :神も仏も名無しさん:2014/04/11(金) 04:04:20.21 ID:pr8JPDHk
旧約の主は厳父のようです。
主はご自分の民に律法をお与えになりました。
ところが、偉大な指導者も、王も、賢者も、その律法を守ることができませんでした。

主はそのとがを厳しく責められます。

【イスラエルの民に対して】
『この悪い世代の人々のうちには、わたしが、あなたがたの先祖たちに与えると誓ったあの良い地を見る者は、
ひとりもないであろう。(申命記1:35)

【ダビデに対して】
あなたがわたしを軽んじてヘテ人ウリヤの妻をとり、自分の妻としたので、
剣はいつまでもあなたの家を離れないであろう』。(サムエルU12:10)

主は達成できそうにないノルマを部下に課し、部下を激しく叱責する上司に似ています。
パワハラで訴えることもできません。主は裁き主だからです。

302 :神も仏も名無しさん:2014/04/11(金) 04:17:12.33 ID:pr8JPDHk
対して、イエスは慈母のようです。
売春婦を許し、病人を癒やし、災いを鎮められたからです。

【売春婦に対して】
……わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない(ヨハネ8:11)

【体がまひした者を癒やす】
しかし、人の子は地上で罪をゆるす権威を持っていることが、あなたがたにわかるために」と彼らに対して言い、
中風の者にむかって、「あなたに命じる。起きよ、床を取り上げて家に帰れ」と言われた。(ルカ5:24)

旧約を読んだ後に新約を読むと、
「いや〜、救われるな〜」という気分になれます。
そこでは私たちの罪は許され、負うべき荷は軽くされているのです(マタイ11:30)。
イエスが私たちの罪を引き受け、身代わりの犠牲となられたからです(マタイ20:28)。

これは責任能力のない子どもの代わりに、その親が責任を取ることと似ています。
こうしてイエスは私たちを罪から救われ、人としての完全な手本を示されました。

303 :神も仏も名無しさん:2014/04/28(月) 23:04:48.37 ID:yMFGr2yY
人は善行を積むことによって永遠の命を得るのではありません。
永遠の命は善行の報酬ではないのです。
というのも、神は世を深く愛してご自分の独り子を与え、だれでも彼に信仰を働かせる者が滅ぼされないで、
永遠の命を持てるようにされたからです。(ヨハネ3:16)

赤子が乳を求めているのにそれを与えない母親がいるでしょうか。
母は子を愛して乳を無償で与えるのであり、
神は人を愛して永遠の命を無償でお与えになるのです。

人は母から生まれるならば母の愛を、
神から生まれるならば神の愛を受けるのです。

304 :神も仏も名無しさん:2014/04/29(火) 01:11:44.12 ID:YWsOo3/0
善行によって救いに至るなどど考えてはなりません。
それはわたしたちがその善行によって誇ることがないようにするためです。

報酬のために善行を行う者が、隣人に愛を示すことは難しいでしょう。
愛は無償だからです。
しかし無償で得たものを無償で与えることはたやすいのです。(マタイ10:8)

305 :神も仏も名無しさん:2014/04/29(火) 07:03:30.20 ID:QaibtvMz
難しい。。。

306 :神も仏も名無しさん:2014/04/29(火) 22:25:49.84 ID:YWsOo3/0
人は愛が無償であることを知りながら、それでもなお愛を示そうとする存在であることを認めること、
これがすなわち信仰の告白です。
行いはそれが形となって現れたものです。

もしその目に割礼があるならば、行いは信仰が着ている服であることがわかるでしょう。
裸を見られることがあってはなりません。
だからわたしたちは服によって、それを注意深く隠すのです。

しかし隠すならば、それは必ず明らかになるでしょう。(ルカ8:17)

307 :神も仏も名無しさん:2014/05/04(日) 20:40:50.50 ID:oLRrkLvB
初めからあり、そこから出るものは霊です。
すなわち、人の内に初めからあり、その口から出ることばは霊です。

霊は存在の本質であり、人の霊はことばとともにあります。
ことばが見えないからといって、それを信じず、否認することがあってはなりません。
自らの霊を滅ぼし、それをゲヘナに投げ込むことがないようにするためです。

ことばを信じて主を呼び求める者に、神はご自分の栄光を現されます。
ことばは父なる神とともにおり、
神はことばにより、すべてのものを創造された方だからです。(ヨハネ1:1)

308 :神も仏も名無しさん:2014/05/06(火) 20:03:57.24 ID:iDHh3+VD
質問します。
主イエス・キリストは言われました。

「昔の人々に『いつわり誓うな、誓ったことは、すべて主に対して果せ』と言われていたことは、
あなたがたの聞いているところである。
しかし、わたしはあなたがたに言う。いっさい誓ってはならない。」(マタイ5:33,34)

しかし、人はいたるところで誓いの言葉を述べています。
教会で結婚式を挙げるとき、夫婦となる男女は神父の前で愛を誓います。
スポーツの開会式や入社式、政治の場や法廷などでも誓いの言葉が述べられています。

大勢の人達の前で誓いの言葉を述べるのは良いことだと、多くの人たちが信じています。
それなのに主が私たちに対して「(神にさえ)誓ってはならない」と言われるのはなぜでしょうか?

309 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/05/06(火) 23:45:30.08 ID:OcXp3AHL
>>308
人の心は無常だ。イエスにたとえ死ぬようなことがあってもついていきますといったペトロは、イエスが
捕らえられたとき、一夜にしてあんな男は知らないと言った。

天地は過ぎ去る。あなた方は天に誓ってはならない。なぜならそこは無常だからである。地に誓っては
ならない。そこは無常だからである。またエルサレムに誓ってもならない。そこもまた無常だからだ。
あなた方の心が無常であるように。あなた方はただ是であるなら是。非であるなら非とだけいえばいい。

結婚式で永遠の愛を誓う人は数多くいれど、別れるカップルはいくらでもいる。人の心とは無常なのだ。
恒常普遍なものではない。なのに誓いを立てるということはすべて偽りである。ただ是なら是。非なら非と
だけいえばいい。そういうこと。

310 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/05/06(火) 23:49:48.34 ID:OcXp3AHL
>>307
あなたいいですね。>>306もあなたでしょ?できればコテハンつけてほしいところです。

311 :神も仏も名無しさん:2014/05/07(水) 20:31:36.03 ID:Nklktm3r
>>309
ありがとうございます。
「無常」という言葉は、日本人にはなじみ深いものですね。

そういえば主は、祈るときは会堂や大通りの角ではなく、
隠れてひそかに祈るように、とも言われました。(マタイ6:5,6)

主はもしかすると、大勢の人たちの前で、見栄を張ることを戒められたのかもしれません。

312 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/05/09(金) 09:28:31.28 ID:3X4ond9t
右の手のすることを左の手に知らせるな。偽善者よ。善行を行うとき、地上の報いを求めて行うな。
地上での報いを受ければ、せっかくできたその財産はそこで使ってしまい、あなたは貧困のままである。
どんなに地上で善い報いを受け、地位や名誉、富を手に入れようとも、それらのものはいずれ朽ち果てるし、
死によって、最後には全て失ってしまう。貴方が求める者なら、善行は隠れたとこれでやりなさい。
そうすれば地上での報いはなくとも、天に富を積むことになり朽ちない永遠の宝をあなたは見出し
手にするだろう。地上の報いを求めずに人知れずあなたが行う善行は、たとえ地上の者が知らなくとも
天の父は見て下さり、報いて下さる。

313 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/05/09(金) 09:57:22.05 ID:3X4ond9t
>>311
真理は一つだ。生まれた場所、時代、話す相手などにより表現の違いはあれど、本物の宗教家の話す
教義の本質は同じもの。あなたのいうマタイの聖句。

>また祈る時には、偽善者たちのようにするな。彼らは人に見せようとして、会堂や大通りのつじに立って
>祈ることを好む。よく言っておくが、彼らはその報いを受けてしまっている。 〜マタイ6.5

とあるように報いを受けてしまっているとあるでしょ。そこはね、カルマの法を言ってるんですよ。ただ地上で
報いを受けることに対しては否定的でしょ。善い行いをすれば、善い果報として得られるがそれらを地上で求めて
得られても、地上での報いはいずれ朽ち果て全て失ってしまうものだから価値がない。そうじゃなく善行を
行うのなら地上での果報を求めず人知れずやりなさい。そうすれば天の父はそれを見て下さり天の父が報いて
下さるという教えを当時の偽善に満ちたファリサイ派だかの、お偉い聖職者を皮肉って話したものなんだ。
ゆえにこう続く。

>あなたは祈る時、自分のへやにはいり、戸を閉じて、隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい。すると、
>隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう。 〜マタイ6.6

この教えは施しを与えるのなら、体の不自由な者など、あなたにお返しのできない人達にしてあげなさいの教えにも
繋がる。つまり、人になにかをしてあげるとき、見返りを求めてやるなということ。見返りを求めて施しをするなら偽善者
であり、その善行の報いは地上で受けてしまうことになる。見返りを求めず、また得られないであろう相手に施しを
与えてやれば、地上での報いはなくとも天に富を積むことになり、天の父が報いてくださる。そこに朽ちない永遠の宝はあり、
あなた方の心(エルサレム)もある。そういうこと。

314 :神も仏も名無しさん:2014/05/09(金) 22:14:13.30 ID:JuCGKUFl
>>313
>真理は一つだ。

同意します。
そして同時に、真理は豊かなもの、多面的なものです。
1つの福音のために、4つの福音書が書かれたからです。

キリスト教は世界で最も信じられている宗教であり、聖書は世界で最も読まれている本です。
そしてクリスチャンは、その信仰において、世界で最も分裂した存在です。(ルカ12:51)

315 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/05/10(土) 10:20:50.50 ID:DTMV7mzo
>>314
>イエスは言われた。わたしは世界に火を投じた。そして、見よ。それがそれを燃えたたすまで、
>わたしはそれを見守っているのだ。まことに、人々はわたしが世界に平和をもたらすために来たのだと考えている。
>しかし、彼らはわたしが地上に不和、火、剣、戦争をもたらすために来たことを認識していない。まことに、
>ある家に5人いれば、3人はふたりに、ふたりは3人に、父は息子に、息子は父に対立するであろう。そして、
>彼らはひとりで立つであろう。〜トマス

イエスは当時のユダヤ人達に新しい教えを広めて分裂させた。福音書はイエスの弟子達が書いた物。その彼らが
このような事を書く。彼らの残したキリスト教が後世分裂するのは折込積み。ゆえに同じ教えから解釈の異なる
複数の福音書が残された。そしてパウロの書簡。それにより信仰義認などというイエスの教えに背く教義のキリスト教も生まれた。
神との新しい契約の新約とは、後の世にこの地上に神の王国を築くということ。その時代に真理は明かされ、キリスト教に
限らず、ばらばらになった真理の教えは一つに統一される。ゆえに対立の後、彼らは一人で立つだろうとなる。

316 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/05/10(土) 10:37:38.68 ID:DTMV7mzo
>パリサイ人とサドカイ人とが近寄ってきて、イエスを試み、天からのしるしを見せてもらいたいと言った。
>イエスは彼らに言われた、「あなたがたは夕方になると、『空がまっかだから、晴だ』と言い、
>また明け方には『空が曇ってまっかだから、きょうは荒れだ』と言う。あなたがたは空の模様を見分けることを
>知りながら、時のしるしを見分けることができないのか。 邪悪で不義な時代は、しるしを求める。
>しかし、ヨナのしるしのほかには、なんのしるしも与えられないであろう」。そして、イエスは彼らをあとに残して
>立ち去られた。 〜マタイ

邪悪で不義である今の時代では真理は明かされない。不義の今の時代で明かされても受け入れる人はほとんど
いないからだ。我々は精神的にまだまだ未熟だ。ゆえにもっと学ばなければならない。真理が明かされる前に次に用意された
戦争により大規模な粛清が行われる。そして人々はエゴイズムのもたらす悲惨な結末を目にし、新しい価値観を
切望し、精神的に成熟するだろう。その時に真理は明かされ、人々はそれを受け入れる。一神教が分裂し争うのは
全て仕組まれたこと。それは我々の救いの為の神の計画でもある。

317 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/05/12(月) 01:00:32.60 ID:1CGqMHc9
>>316
不毛の土地で種を撒いても収穫は少ないのはわかっているが、暇だし酔ってるんで書こう。
そこのヨナの聖句の部分。空の模様ってあんだろ。そのあと時のしるしと続くわけだ。
キリスト教のシンボルに魚があるだろ。空の模様とは、歳差運動による今は魚座の時代のことをさす。
始まりは二千年前頃だからイエスの誕生と重なる。ヨナのしるしとは聖書に親しむ人ならよく御存知だと思うが
ヨナは三日三晩魚の腹にいて三日後に吐き出された物語は三日後に復活したイエスの復活物語の雛形とされている。
つまり不義の今の時代。歳差運動でさす星座の魚座の今の時代の間は、真理は新約聖書に書かれている
イエスが十字架に貼り付けられ三日後に復活して弟子の前に現れぺちゃくちゃくっちゃべる御伽噺しか、しるし
として表されないということなんだ。新約聖書は肝心な真理は全て御伽噺の喩えで隠されている。
世界は7という数字を元に廻っている。ユダヤ暦は日没から一日の始まりだから、最後の晩餐は日没後の金曜日の始まり
に行われ(第六の日)、金曜日の日中に十字架に架けられ、日が暮れた土曜日の安息日(第七の日)に葬られた。
そして日が変わった日曜日に復活した。それは金曜日から数えて三日後であり。前の創造初めから数えて第八の日であり、週の初めの
第一の日でもある。永遠の命はそこにある。意味は、わかる人だけわかればいい。新約聖書のイエスの復活物語は
創造の秘密を喩えた御伽噺である。不義に満ちた今の時代には真理はこのような御伽噺の喩えでしか明かされないという
話なわけだ。天の模様。魚がキーワードの新約聖書のヨナの話は面白いよ。ちゅうかキリスト教は本当に面白い。
真理がパズルのように散りばめられている。そのパズルを解き明かす人は本当に少ない。

318 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/05/12(月) 01:09:49.77 ID:1CGqMHc9
新約聖書は肝心な真理の部分は全て御伽噺の喩えで書かれている。
真理を喩えでしか書かれていない聖書を今のキリスト教徒に与えられた。
なぜ真理を喩えでしか書かれていない聖書をキリスト教徒に与えられたか、聖書に書かれている
イエスの言葉から君らキリスト教徒はよく考えたほうがいい。君らは聞こえる耳がありながら聞こえず、
見える目がありながら見えない。今の時代にキリストが再臨したとして、彼が話す真理の言葉を
最も聞かないのが今のキリスト教徒であるから。特に信仰義認の人達。君らにとって
本物のキリストの言葉は到底受け入れられないだろう。

319 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/05/12(月) 01:28:17.70 ID:1CGqMHc9
ま、祭差運動の指す十二星座に合わせて時代を築くなんてのは、何者かが画を描いてやってるてことだけどね。。

八は復活と神を表す数字。それは創造神を表す数字。空という文字を分解すると、
神を表す数字の八と工。工とは工具や大工などに使われるように、何かを造るのに使われる字。
復活と神を表す八と工とう文字の組み合わせは創造神を表す。ウ冠は住まいを表す。
ゼロに一(創造神)が住まう。それが空という字になる。わかったか?アホ仏教徒。ま、君らはメクラだからせいぜい
滅びの道を歩んでくれたまえ。

320 :神も仏も名無しさん:2014/05/12(月) 01:29:00.13 ID:jbgi22wQ
こうした分裂は、私たち自身の内にもあるのではないでしょうか。
しかし、主が人の内にあるものを、あおり分けられます。(ルカ3:16,17)

今日、聖書の解釈をめぐる分裂はありますが、
それでもなお、多くの人たちが聖書に関心を寄せ、
主から直接、そのことばを聞こうとしています。

私たちは、その思いの中にある、ごくわずかなものを分かち合うことができます。

321 :神も仏も名無しさん:2014/05/12(月) 01:58:58.39 ID:wNSx1X4r
天のしるし ヨベルの年 掲挙 選別 義人救出 最後の審判

322 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/05/12(月) 02:01:53.04 ID:1CGqMHc9
>>320
分裂は僕にもあるでしょうね。僕は悪い存在です。だから今ここにいる。
多く与えられたものは多くを求められる。僕には知恵を与えられたが、認識までは与えられない。
なぜなら今の僕のままでは認識を与えられたら裁きは大きいからです。修行とは自分の心を制すること。
それはとても難しい。あなたは認識を得るために祈っていますか?あなたにとって救いのメソッドとは?
僕はその救いのメソッドを知っている。ゆえに今の僕では救われない絶望を感じている。
ただ、こんな僕でも、光は見せていただいた。あの光はゴールではないが、いよいよ自分の命が終わるとき
また見るような気がする。

323 :神も仏も名無しさん:2014/05/12(月) 19:05:44.49 ID:jbgi22wQ
>あなたは認識を得るために祈っていますか?

否と答えます。
天の父は自制しておられます。

初穂としてとられなかった私のような者でさえ、
裸や義について、また人の子イエスの名については思うところがあるのです。

しかし、黙して示されるもの、それは来るべき影ですが、
これについてはなにも語られないでしょう。
それは聖なるものだからです。

324 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/05/13(火) 11:21:12.42 ID:RQfv4zZW
>>323
神の名をみだりにとなえてはならないの旧約聖書の言葉は我々を無知のまま置く為に書かれた言葉。
人をエデンの園に追い出しそこに再び入らないようにしておかれたケルビムと回る炎の剣とは神の言葉=聖書と、
その乗り物ケルビム=宗教。聖書は肝心なことは全て御伽噺にして喩えられている。人々はこの迷信を信じさせる
ことによって真理の知恵から遠ざけられ永遠の命を得られないようにさせられている。不義の時代では真理は
喩えで隠されている。真理の知恵とは命の木の実。それは言葉によって成される。識別する知恵である言葉は
人を殺したが、言葉による知恵により人は再び一つとなり生かされる。人の子は父の名を明かしに
我々の前に使わされた。その名を信じる人は救われるだろう。我々は自分自身を知れば知られる。だが自分自身を
知らなければ全てにおいて欠けている。その報いは死である。

325 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/05/13(火) 11:24:13.27 ID:RQfv4zZW
父の名は「私」じゃないよ。それはエゴだから。エゴは人を殺す元凶だ。
父の名はエゴだと言ってる人は、よっぽどご自身のエゴを愛していらっしゃるのでしょう。

326 :カラスの唄 ◆S5WLCcUno2 :2014/05/13(火) 12:11:32.43 ID:RQfv4zZW
>>323
>しかし、黙して示されるもの、それは来るべき影ですが、
>これについてはなにも語られないでしょう。
>それは聖なるものだからです。

7は聖なる数字。でもそこ、光がなければ何も無いよ。たしかにそこ、沈黙の世界だけどね。愚かな仏教徒は
意味もわからずそこしか目指していない。復活が無ければそれはただの滅びである。闇は光に打ち勝たず、光は
闇の中で輝く。そして闇は光で隠される。

327 :神も仏も名無しさん:2014/05/13(火) 19:59:25.92 ID:25Fy3oHX
「ある」ものを「ない」と言えば、人はそれを探さず、ついに見出すことがありません。
しかし、「ある」ものが「ない」ならば、人はそれを探すのです。

人は失くしたものを探し求め、それが見つかったときに喜びます。(ルカ15:32)
これが祈りです。

私に時を与えてくれた人に感謝します。
また、私に場を与えてくれた人にはありがとうと言います。
主イエス・キリストの名においてあるものをあるとされる方が、
あなたがたと共におられますように。

328 :神も仏も名無しさん:2014/05/18(日) 09:51:54.40 ID:eEs/gLuF
タニンって何ですかね。

329 :神も仏も名無しさん:2014/06/12(木) 04:54:36.75 ID:u4eV3xLS
ダニエルさん、こちらのスレで質問させていただきました。そのせつはありがとうございました。
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/psy/1400385868/300

ほんとうは、だれでもみられるところには書きたくないし、
ダニエルさんに直接お礼もうしあげたいのですが。でも
できないので、申し訳ありませんが、こちらに書かせていただきます。

わたしは、幼児洗礼ですが、育ったのはキリスト教の家ではありませんでした。
日曜学校も行っていません。
十代の頃、洗礼をうけた教会からお誘いをいただきましたが、
もうその年になると、カトリックの教義・聖書はなかなか受け入れられませんでした。

別の幼児洗礼の人が、「聖書を読んだら強迫神経症になる」といって、
さっさと離れていきました。わたしもそうでしたが、堅信だけは、とおもいました。
そのうち、いろいろなことを知れば知るほど、かえって信じることが難しくなりました。
カテキズムが頭に入らないのは、苦痛で、拒否してしまうのだとおもいます。

330 :神も仏も名無しさん:2014/06/12(木) 04:56:50.03 ID:u4eV3xLS
現実との折り合いのつけかたがわからず、もう精神的には壊れていました。
聖書が恐怖で、キリスト教否定のブログ、本 
特に、リチャード・ドーキンスの「神は妄想である」が癒しでした。
でも無神論は困るので、聖書とその本を一緒においていました。
一般の人が、聖書に深入りするのは、精神を病んでしまうもの、
でなければ、棄教してしまうもの、とおもっていました。

そんなときに、ダニエルさんのスレに行ったとき、
「こんな方がいらっしゃる、すごい 」とおもいました。
ぜひ、おはなしをお聞きしたい。
聖書関連のところはみたくないときでも、ダニエルさんのスレは魅力的でした。

「聖書を読むことは楽しい」 初めて聞いたような気がします。

正直いって、いまは、まだ、カトリックの教義は受け入れられないけれど、
時期がきたら、来るかこないかはわからないけでど、受け入れられるでしょう。

しかし、幼児洗礼をうけていなければ、出会えなかった、ありがたい方がたいへん多いです。
ダニエルさんもそういうなかの おひとりです。 ダニエルさん、ありがとうございました。

331 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/06/14(土) 01:44:09.02 ID:zw5nZu12
>>330 さん
>わたしは、幼児洗礼ですが、育ったのはキリスト教の家ではありませんでした。
>日曜学校も行っていません。

なんだか複雑だったようですね。
僕は「聖書を根底から学ぶスレ」にずっと張り付いていますから
もし気が向いたら、暇でやることないときにでも見に来てください。

更新してないけどブログもあるので、そこからメールも受け付けてます。
http://daniele.hatenablog.com/

332 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 09:03:04.09 ID:Ti0hyfN2
>>331
ダニエルさん、  >>330 です。
「めちゃええことが書かれている」レス めちゃ感激!なレス 
ほんとうにありがとうございました。

個人的なことなので、メールでお返事したいのですが、
今使っているPCは、メールが使えないので(自分のPCではありません)、
こちらに書かせていただきます。

ご心配おかけしてしまったようで、すみません。べつに複雑な事情はないんです。
(親戚のなかでも)片親だけが熱心なカトリック教徒、その子供が小さいうちに親が帰天、
そうすると、日本ではキリスト教ではない家が多いので、
キリスト教にはあまり縁がなくなってしまうのですが、そういうことです。
幼児洗礼だけは早く受けさせてもらっていたので、よかったです。
それで、いま ダニエルさんから、 こんな めちゃステキな レスがもらえました。

333 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 09:05:17.10 ID:Ti0hyfN2
>>331
20年以上前になりますが、洗礼を受けた教会を訪ねたとき、
神父様が喜んでくださって、「いつでも電話してくださいね」とメモに電話番号を書いてわたしてくださいました。
ダニエルさんのブログのリンクを貼ってくださっているのをみて、そのときのことを思い出しました。

その神父様も帰天なさいました。
あとで、入院した信徒さんには病院にホスチアを届けてくださる神父さまだった、と聞きました。
まだまだいっぱい話はあるんですけど、陽気な外国人神父さまでした。
日本のカトリック教会もかわってしまったみたいですね。

ダニエルさんのスレは、みられるときはいつもみています。じつはかくれファンでした。
わたしは、コメントできるほどではありませんが、「いっちょかみ」はするかも…です。

334 :ダニエル ◆o31oshrvYE :2014/06/14(土) 19:46:23.83 ID:Ixfdi38o
>>333
>神父様が喜んでくださって、「いつでも電話してくださいね」とメモに電話番号を書いてわたしてくださいました。
>その神父様も帰天なさいました。
>入院した信徒さんには病院にホスチアを届けてくださる神父さまだった、と聞きました。

いい神父様ですね。
「いつでも電話してくださいね」と言ってくれたけど、
今では、もう死んでしまわれたんですね。

どんなことにも締め切りみたいなものがあるんだなあと
読ませていただいて思いました。

129 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)