5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★★死後の世界はある!?★★★

1 :神も仏も名無しさん:2013/05/03(金) 02:47:15.09 ID:JpLfQMPQ
既存のどの科学でも死後世界を否定することも
肯定することもできない
出来ることは事象を冷静に分析してゆくこと。

結果、多分あると認めたほうがすんなりする事実。

2 :神も仏も名無しさん:2013/05/03(金) 03:01:25.80 ID:JpLfQMPQ
気孔なんかいい例だね。
既存の科学から判定すると、まずありえない。
説明できない。
でも数百万例もの事例がある。
中にはインチキもあるでしょう。
けど、間違いなく既存の科学で説明できない現象も沢山存在する。
既存の科学で否定も肯定もできない事象なのに
何故、否定すんの?

3 :神も仏も名無しさん:2013/05/03(金) 03:11:21.40 ID:anpPl9El
>>1
クソスレ建てんなボケ(笑)

4 :神も仏も名無しさん:2013/05/04(土) 10:25:22.59 ID:OfkRU6nn
「魂は消滅しない」「死後の世界が存在する」 医学的な証明 キタ━━━━(゚◇゚)━━━━!!
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1367470255/

「脳波停止の後」に残る意識:蘇生医療の最前線から
2013.5.2 13:26 (1/3ページ)


 蘇生医療の現場では、「脳波が平坦になったあとでも、数時間は意識が存続する」と見られる現象が
報告されている。蘇生医療の専門家で「死後体験」の研究者でもあるサム・パーニアに、新刊について
語ってもらった。

蘇生医療は、鼓動が止まった心臓を復活させるための医療処置「心肺蘇生法(CPR)」が採用される
ようになった20世紀の中ごろに始まった。当初は、CPRが有効なのは心停止から数分間だったが、医療
技術の進歩により、その時間は30分を超えるまでになった。

 新しい手法とともに、「生と死の狭間」はさらに拡大している。そして蘇生した人々からは時折、従来
考えられてきた事柄を否定する体験が報告されている。脳の活動が停止していたはずなのに、周囲の
物事を見たり聞いたりしたというのだ。

 蘇生した人々の記憶が正確で、なおかつ脳が本当に停止していたのだとすれば、少なくとも現在の
神経学では説明が付かない現象だ。

「現在はっきりとしているのは、人間の意識が消滅するわけではないということだ」とパーニア氏は語る。
「意識は”死”のあとも、数時間は存続する。外側からは見ることができない冬眠的状態であるとしても」

イカソス
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130502/wir13050213270001-n1.htm

5 :重複につき誘導:2013/05/07(火) 22:21:57.87 ID:Ivt7rikz
死後の世界は本物ですよねー!?♪。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1318618391/

6 :神も仏も名無しさん:2013/05/08(水) 02:48:55.11 ID:B83NRGa6
>>4 脳が停止してるのに周囲を認識できるわけがない。
簡単なことなんだがね。
自己認識は脳でなく、別のものによる。
これが一番
最適な答えだろ。そして別のものの存在についてだが
あきらかに既存の科学の範疇を超える何がしかであることは間違いない。
脳が停止しても認識できるとかさ
誰か説明しろよ。
>>3 お前馬鹿なくせに自信ありげやん。合理的に説明してや。
無理だろうけどw

7 :神も仏も名無しさん:2013/05/08(水) 23:45:49.31 ID:Uk3EMe4v
死後の世界とは、俗に言う天国と地獄のことかな?
それなら無い。
天国と地獄はこの世の話。但、来世もまた人に生まれてくるのは稀なこと。

8 :神も仏も名無しさん:2013/05/10(金) 18:29:14.96 ID:Pa+fb/0d
そりゃそうだ
全霊魂が輪廻してるなら何かに宿ってる
次の宿を見つけるまでの猶予期間中の霊のみがお化けで出れるのかな?

でも、もう輪廻したくね、って釈迦みたいにドロン出来ちゃう魂も
いるのだろうかね

9 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:3) :2013/05/17(金) 03:35:43.21 ID:ZziIRkUC
勿論輪廻転生を解脱して死後の世界に永住しましょう。

10 :神も仏も名無しさん:2013/05/17(金) 04:17:56.14 ID:73Q4MUN7
スクワット禅を検索しなさい
そこに全てが書かれている

11 :神も仏も名無しさん:2013/05/21(火) 01:28:52.78 ID:AXYIQ3/o
読まなくても良いようにスクワット禅とやらの結論書いてよ

12 :神も仏も名無しさん:2013/05/21(火) 03:27:51.08 ID:8Aav3zAk
科学とか知らんけど
肯定なんかしてないでしょwできないでしょw
実証できないものは全部否定するのが科学でしょ

13 :神も仏も名無しさん:2013/05/21(火) 05:44:04.24 ID:pZ4ctx95
否定も肯定もしないけど、最近分が悪くない?
心霊とかの番組ないし、霊能者もインチキっぽく見られてる感じ

14 :神も仏も名無しさん:2013/05/21(火) 07:10:23.40 ID:aCUSROXB
開運何たらの広告載せただけで訴えられる出版社w
霊だの死後の世界だの、嘘つきの片棒担ぐようなこと言ってると、
責任問われることもあるぞww

15 :神も仏も名無しさん:2013/05/21(火) 07:14:41.89 ID:aCUSROXB
>>6
脳は停止してないんだよ。脳波は表面近くしか測れない。

16 :神も仏も名無しさん:2013/05/21(火) 08:27:13.89 ID:mLIBl0lf
気孔も気功もごっちゃのバカが何百万いようと嘘っぱちだw

17 :神も仏も名無しさん:2013/05/21(火) 12:13:07.87 ID:YRAyEsG5
数ヶ月前だっけ?何かの番組でやったよなw
日本人の気功師が海外アメフトチームのメンバー相手に
突進してくる選手を触れることなく次々倒してく映像w

18 :神も仏も名無しさん:2013/05/21(火) 21:04:07.72 ID:u5ik/G5Q
氣功は本物だよ。
やっかいなのは目の前で実証できるけど
理論で証明できないってことなんだよな。
こういうのってたとえば目の前の鉛筆を動かすのは見せられるけど
なぜ動くのかって証明できない念力と同じ部類なんだよな。
あくまでも現在は証明できないけど数百年後には解明できてるかもしれんぞ。
死後の世界も同じで今は証明できないだけ。いま証明できないから「ない」なんて
思うのは馬鹿の勝手。

19 :神も仏も名無しさん:2013/05/22(水) 00:05:17.56 ID:87QvPzjn
>>15
脳機能は停止してる

20 :神も仏も名無しさん:2013/05/22(水) 01:30:36.64 ID:ygBP7xdK
>>18
>死後の世界も同じで今は証明できないだけ

そもそも死後の世界は科学で証明できるものじゃないよ
例えば>>4の記事は、脳機能停止時に臨死体験が起きた事が証明されている
臨死体験は、脳機能停止後に、聴覚が機能し、視覚すら機能し、その他の認識能力や記憶能力も機能している
脳が機能していない以上、脳以外の何かがこれら能力を働かせている事になるが、少なくとも人体の働きではない
そうなると、魂が存在し、それが脳の代わりを果たしている、と考えるしかなくなる

これまでなら、人体と霊魂は別にあり、両者が結合していると言えば、非科学的だと一笑に付され、馬鹿にされた
しかし、臨死体験の研究から見える事は、人体と霊魂は別にあり、霊魂が人体と結合する事で、人間が出来ている、という構造
脳や体は霊魂の存在を具現化する為の道具に過ぎない、という解釈が真面目に成立する可能性が出てきたのが現在の状況

科学に出来るのは、霊魂が存在する「可能性がある」というところが限界であり、関の山だろう
より正確には「存在すると仮定しない限り、合理的な説明ができないが、科学で証明するのは不可能である」かな

21 :神も仏も名無しさん:2013/05/22(水) 08:29:26.13 ID:oROb4mGY
>>19
確定診断されてない。

22 :神も仏も名無しさん:2013/05/22(水) 09:30:03.70 ID:1ag+XToj
表面付近の脳波が平坦になっただけでは脳機能の停止とは言えない。
さらにCPRで酸素供給が続けられているから、大半の脳細胞は死なずにいる。

>霊魂が人体と結合する

具体的仕組みを誰も示せない。
霊魂が脳のソフトウェアとする以外に合理的説明は無い。

23 :神も仏も名無しさん:2013/05/22(水) 12:08:36.03 ID:Zmf+FL0N
>>21-22
あんたいつもの人だなw
科学ニュースのスレで論文が読めない事がばれて逃走してたが
いい加減にその辺で出鱈目ばかり書き尽くすのはやめろよ

24 :神も仏も名無しさん:2013/05/22(水) 18:07:29.25 ID:LOrBWFuv
>>18
俺も友人と打ち合わせして、バカの目の前で実証してみせた。バカのやつ、簡単に信じたよw

25 :神も仏も名無しさん:2013/05/22(水) 18:39:54.81 ID:LOrBWFuv
>>23
はて?科学ニュース板なんて、ここしばらく行ったことが無いけどなあ?
高々表面の脳波測ったくらいで、脳機能の停止云々の診断が出来るなんて出鱈目ばかり
書き尽くすのはやめろよなw

26 :神も仏も名無しさん:2013/05/22(水) 19:34:52.93 ID:7IyQGsZf
>>20
18だけどさ、自分ももし証明されるとしても科学じゃあないと思うわ。
数百年後としても別の分野での証明だと思うね。
今現在の分類のしかたで未来永劫全てだなんて、あまりにも身勝手、おごり。
その時は新しい分類の項目が追加されてんだろうね。有名な話で宇宙がビッグバンから始まり
宇宙のちりが星をつくり地球もできやがて生物ができ思考する人間が出来た・・・
つまり思考のもとは塵(物質)からできたことになる。だから思考も物質なんだっちゆう話
逆に言えば石っころにも意識があっておかしくないちゅうやつ。

27 :神も仏も名無しさん:2013/05/22(水) 19:45:38.64 ID:7IyQGsZf
石ころに意識があるのはパワーストーンかな。
誰が思いついたのか石の種類で愛情だの魔よけだの金運があるだの
根拠を証明しろって言っても・・・ない。だろうねw
だけどあったらあったでもおかしくない。氣功とか占いでも水晶はつかわれるし。

28 :神も仏も名無しさん:2013/05/22(水) 21:20:14.20 ID:Qu3eVd0f
>>26
へー、君の思考は物質なんだ。面白いね。

29 :神も仏も名無しさん:2013/05/22(水) 21:59:00.93 ID:Qu3eVd0f
小説も論文も、君にとっちゃ紙とインクか、ディスプレイの材料物質と等価ってことだね。

30 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 01:28:30.52 ID:sti7R2JX
お前らみたいな馬鹿のたわごとより
東大の救急救命部長の医者のほうを信じるわ。
死後の世界はあるってよ。

31 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 03:04:14.15 ID:+QiuaKt7
なにもかも手放して死ぬことになるんだよな
手放してサッパリして死ぬ準備しよ

32 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 03:13:09.25 ID:+X1uyazC
結局この世に生まれ数十年の人生過ごしても
得られるものは何一つない

33 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 03:40:38.42 ID:nteEnqFA
矢作氏のことかw
彼の私的世界観を本にしてみたわけだ。
証明にはならんね。

34 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 04:00:02.73 ID:+QiuaKt7
生きながら半分死んで霊界からこの世に何か引っ張って来ることができた人が
有意義な働きをしたことになるね

35 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 04:17:35.68 ID:sti7R2JX
>>33 あんたの学歴と職業は?
あんたの私的世界観よりは
遥かに信じられるわw
あんたの学歴と職業をまずは提示してくれ
話はそこからだ

36 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 08:21:17.33 ID:0GpQUk0U
>>35
T大学理学部物理学科卒
M大学大学修了 PhD.
素粒子物理学、物理学史、科学基礎論
現職はリアルバレの恐れがあるので秘

37 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 08:29:48.54 ID:0GpQUk0U
2行目以下に修正

M大学GS終了 PhD.

38 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 13:48:53.87 ID:i9twY2cD
地球で生まれた生命の99.999%すでに死んでいる
死後の世界に収容しようとしたら地球が何個あってもたりない
だから死後の世界は1000%無いといえる

39 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 13:54:07.05 ID:e03Xx83d
リサイクルリサイクル。
だから犬猫並みの知性で人間やってるオカルト屋もいっぱいいるんだろうw

40 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 14:20:29.11 ID:/DMb8iSp
>>38
そういったところで>>4の事実が消えるわけじゃないし

41 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 14:43:36.97 ID:wcM7BSNX
>>27
すべての物質は原子から構築されている。
原子は、原子核の周りに電子があり、ひとつの原子になる。
その電子は、原子核の周りを回り、原子一つ一つに微力な周波数を発している。

その周波数が「命」と呼べるものであり、エネルギーの根源になる。

石ころにも周波数は存在している。
その周波数に合う周波数を持った人間がその石を持てば、相乗効果を期待できる。
つまり、人間も原子の集合体であり、それぞれ周波数を持っている。

意識は、この周波数に制限されてしまう。
人が死ぬと、この周波数から解放された意識は、「魂」と呼ばれる存在になり、
物質世界とは異なった世界で生き続けられる。

意識を持った存在には、死後の世界はある。
意識を持たない存在は、死後を認識する術はない。

42 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 14:58:06.29 ID:rHWBqahr
すべての原子核は陽子と中性子から構築されている。
核子の間には中間子が交換し・・・

陽子と中性子は3っのクォークから構成されている。
クォークの間にはグルーオンが交換し・・・

43 :神も仏も名無しさん:2013/05/23(木) 14:59:33.30 ID:rHWBqahr
註 すべての第一世代原子核

44 :神も仏も名無しさん:2013/05/27(月) 00:06:53.16 ID:pILztBKw
>>36 www東大医学部と比べたらカスゴミやんけ。
   世間一般の評価なら
  あんたより医者を信じるわ。

45 :神も仏も名無しさん:2013/05/27(月) 00:15:18.25 ID:pILztBKw
>>36 あんたなりの、その物理学の経歴から学んだすべてをもって
   何故、死後世界を否定できうるのか?
  その根拠を説明してよ。

  一つ言えることは>>4の事実から
  人の生命活動は脳に由来し、脳波が停止すれば、
  全ての生命活動が終了する。。。
  という有力な死後世界否定の重大な根拠が一つ破綻したかもしれない
ということだ。


  

46 :神も仏も名無しさん:2013/05/27(月) 00:20:13.10 ID:pILztBKw
既存の概念では、脳波や心肺停止の状態は人の完全な死であり
その状態での自己認識など100%ありえないと
されてきた。
揺ぎ無い絶対的な常識とされてきたわけだ。
しかし、この常識は>>4により
完全に崩壊した。
これをどう説明するのか?

47 :神も仏も名無しさん:2013/05/27(月) 00:30:06.71 ID:pILztBKw
自分の学んできた事が一つあって
それは現在地球上に存在する全ての学問は
死後世界の存在の有無とは全く関係ないということだ。
正直、死後世界の肯定も否定も
誰も証明しえないという事だけが事実なのだ。
我々に出来得る唯一のこと
それはより多くの事象が無矛盾であるかどうかを
なるべく客観性をもって分析するのみである。
>>4の事実はなるほど、1投である。

48 :神も仏も名無しさん:2013/05/27(月) 01:04:51.11 ID:zfbWGu/Y
>>46
あくまでも魂の存在等を排除して、科学的に証明したいと【願う】人達は
実際には脳波は停止しておらず、脳波計が捕捉できていないだけで、脳は働き続けていて
それで臨死体験を経験しているのだという【絶対にありえない仮説】にしがみついているよね

正直なところ、あれほど滑稽な姿はないよ

これまで散々、霊や魂を肯定する人間達を非科学的だと非難し、科学の力で肯定派の主張を論駁して来たのに
この臨死体験の問題に関しては、立場が全く逆になってる

例えば、臨死体験には、死亡判定された後に周囲で交わされた人々の声を聴いたというものがある
従って脳の機能が働いていたとする説を取るなら、最低でも聴覚が機能していた事になる
しかし聴覚が機能していて、会話を聞いていれば、脳波計に反応が出ない等という事はありえない
しかも会話を聞き、その会話を記憶し、自分で思考までしている
これだけ高度な脳の働きがあって、脳波計が脳の働きを唱えていないというなら、それは脳波計が故障している事になる
馬鹿馬鹿しくて言及する気にもならないが、言うまでもなく、脳波計が故障していた事実などない

結局のところ、『脳波計が捕捉できていないだけで、脳は働き続けている』という説は非科学的であり
この説こそが科学的に否定されたものを、自らの信念に基づき、捻じ曲げて『事実である』と声高に叫んでいるに過ぎない
これは彼らが疑似科学だと非難してきたオカルトの人達のやり方と全く同じだよね

49 :神も仏も名無しさん:2013/05/28(火) 01:38:32.12 ID:QUPepSYT
>>4
こういうのは植物状態から生還した人から聞いた方が信憑性が高い

50 :神も仏も名無しさん:2013/05/31(金) 21:39:42.41 ID:rVWGP9Bz
>>48
あなたよく勉強してるね。非常にバランスのいい分析だ。
セイボムの検証も読んでるみたいだ。
上から読んできたなかで最も優れてる。
ムーディーの最新刊では、臨死状態でない他人にも共通体験があったという検証があった。
「死に瀕した脳が見せる幻覚」という説もこれで成り立たなくなった。
実体験して信じるようになった「脳科学の権威」も最近あらわれた。
まあ信じない奴は「信じたくない」から必死なんだよ。ほっとけばいいさ。
フラットに科学的に考えればあると判断するほうが自然なのにな。

51 :エージェント情報その他:2013/06/03(月) 18:28:02.60 ID:NeNvcoRM
工作員 エージェント 操り人形 カタストロフィ 二重罠 イルミナティ悪魔の13血流 で検索。

52 :神も仏も名無しさん:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:dHbjVa8F
死後の世界は貴方の直ぐ隣に有ります、気が付かないだけです。
科学の世界では有りません、観念の世界です、異次元の世界です。
科学で証明する事は出来ません。

53 :神も仏も名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:mhRxt6KM
観念の世界 そうだね
異次元の世界 そっちは科学の範疇だから言及しない方がいいよ

54 :神も仏も名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:mhRxt6KM
基地外の人をマトモに諭しても無駄
死後妄想は彼らの最後の救いなんだから、生暖かく見守ってあげましょう

55 :神も仏も名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:A4SqTKjV
東京大学医学部教授「人は死なない 肉体は死んでも霊魂は生き続ける!!」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1377521498/

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35120?page=2
・その結果、私は「寿命が来れば肉体は朽ち果てるが、霊魂は生き続ける。その意味で、人は死なない」という考えに至りました。
つまり、人間というのは肉体とエネルギー体、いわゆる「霊魂」に分かれているとしか思えなくなったのです。
このことをふまえて考えれば、不可思議な遺体も理解ができます。本来ならとうに亡くなっていてもおかしくないような遺体と対面した時、
私は「もうこの人は、肉体の中にいなかったのだ」と、理屈抜きに直感で感じることがありました。
それはつまり、死を目前にして霊魂が肉体から離れつつあったということではないでしょうか。
人が住まなくなった家はすぐに傷むと言います。
それと同様に、人の肉体は魂を宿すための「器」であり「入れ物」だから、

魂が抜けかけた体はどんどんボロボロになってしまうのだと理解したのです。

・一体、人の生死とは何なのでしょうか。私はこれまで入院中の患者から臨死体験(本人は臨死体験と認識していない場合もある)を告白されたことが何度かあります。
また、臨死体験をした人の話を詳しく聞いたこともあります。
それを聞いた時、まさに人には霊魂が存在するという私の考えの裏付けになるものだと確信しました。

【動画】" 人は死なない " 東大救命医独自の死生観
http://www.youtube.com/watch?v=VO66Y3ACOFU

56 :神も仏も名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:+TtoGRaa
やれやれ、頭良くても狂っちゃおしまいだわなw

57 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:FHCvFZDf
>人間というのは肉体と、いわゆる「霊魂」に分かれている

何だろ、その「エネルギー体」たら言うのは。

58 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:9cjAtUxY
つか、死後の世界はないと断言する。
ひとは49日を過ぎると、次の生を受ける。

問題は、何の生を受けるかである。

59 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:9cjAtUxY
>>58
故に、正しき回向は重要になってくる。

60 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:iwYU5BE9
7の平方数に誕生後45億年の地球の自転単位時間をかけて、それが得体の知れない意味をもつ?
あの世とこの世の境が物質の大理石の扉で出来てるってくらい笑える話だなあ。

61 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:9cjAtUxY
>>55
その東大教授とやらは詐欺師、
俗にいうあの世なるものに「天国」や「地獄」ない。
なぜ、それが言えるのか、つまり、肉体と霊魂は、二にして一つだからである。
地獄とは、自分の不注意で子供が亡くなってしまったとか、道楽で大借金作り、一家離散してしまった、などと取り返してのつかない苦しみが「地獄」の苦しみといえる。
「天国」は、文字どおり楽しくて仕方がない、有頂天に浮かれている様をいう。
これら、天国と言い地獄というのは、この現実の世の中で自分が感じる精神作用をいうのである。

生命は元々在るもの。それが「縁(法)」によって顕在化したり、滅したりするのである。

人が死ねば、これ迄の「縁」により、また生を受けるであろう。
しかし、人に生まれてくるとも言えない。
また、人に生まれても幸福になるとは言えないのである。
それは誰かが決めるのではなく、それまでの自分の生きざまがきめるのである。
今を、大切に生きる事がどれだけ大事なことか、
人の為に役に立つことが、何れだけたいせつなことか、はかり知れないのである。

62 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:ZfBd2yA/
まだやってんだ! それ程の事ですか? 

63 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:5IVYFtzh
現実についてはルサンチマンしかない人たちの救いなんだよw

64 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:dWtqfgUZ
おーい、永遠の命、生きてるかー?

65 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:XhfojtDq
>>61
詐欺師なら告発すれば良い、先ず告発出来るか出来無いかが重要だ。

66 :金有財 ◆M5il315GSQ :2013/09/17(火) 18:12:22.21 ID:R3+gusDy
>>61
甘い!
オマイのために地獄はちゃんと用意してある。

67 :神も仏も名無しさん:2013/09/18(水) 02:41:00.99 ID:h5oTgJPx
思想信条の自由、表現の自由の範囲だ。詐欺師とは言えない。嘘つきだとしてのな。

68 :神も仏も名無しさん:2013/09/18(水) 02:42:22.47 ID:h5oTgJPx
嘘つきだとしてのな → 嘘つきだとしてもな

69 :金有財 ◆M5il315GSQ :2013/09/21(土) 21:10:06.41 ID:1HHAuki5
霊というのは存在する。
見えない奴には見えない。

わかるやつには分かる。

が、わからない奴は一生わからない。

70 :神も仏も名無しさん:2013/10/07(月) 02:26:36.49 ID:OBhsH6XL
輪廻転生とエネルギー不滅の法則の関係って
どうなんだろ?

71 :神も仏も名無しさん:2013/10/08(火) 02:29:56.49 ID:ZL7ShE8r
自分の死は気づけないし死んだってことを直で認識も確認も出来ないし
つまりは死というのは客観で存在するだけであり
自分だけは絶対に死なないという事でもあるよね・・。
もしかしたら「自分だけ」は病気になっても事故に巻き込まれても
ひたすら奇跡が起き続けて
何百年何億年と生き続けるのかも知れないよ。

72 :神も仏も名無しさん:2013/10/08(火) 05:51:02.60 ID:VuohenDC
でも、時間と空間って不思議なんだよね。
時間に始まりとか終わりってあるんだろうか?
空間も同じ。その空間の終わりがあっても
その先は何?ってことになる。
時間も空間も無限なんだろうか?

73 :神も仏も名無しさん:2013/10/08(火) 13:47:49.55 ID:kgaqs3Gu
死後の世界が有るとか無いとか。
いいかね、よく考えてみれば分かる。天国と言えど、地獄といえども超人的な存在が創ったとかそう言うはなしじゃないんだ。
あくまで、現象面の中で道理に則った世界というはなし。
大事な事はここからだが、幸福を満喫しうる材料はこの世に溢れる程有るとか言うこと。また、深い苦しみを味わう材料も腐る程あるということ。
これらを理解できれば、自ずと天国・地獄がどこに存在するか分かるはず。

74 :神も仏も名無しさん:2013/11/26(火) 17:33:27.27 ID:CWzOT1JF
わからない・・・。

先々週亡くなった友人はどこへ行ったのか・・。

75 :神も仏も名無しさん:2013/11/28(木) 03:16:33.79 ID:FvvjeMzr
テスト

76 :神も仏も名無しさん:2013/11/28(木) 03:21:17.49 ID:FvvjeMzr
寿命きて死んでも
また一から始まる状態から生まれ変わったりするんだろうか?
それなら現世でがんばる意味なんてあるのかなって思ってしまうんだよね
死後の世界が長いのか
また生まれ変わるのかどちらだろう?
生まれ変わるなら魂の修行するのが目的なんだろうか?

77 :神も仏も名無しさん:2013/11/28(木) 20:24:44.02 ID:rMn1jmAx
奇跡体験!アンビリバボー Part.2
http://hayabusa2.2ch.net/test/read.cgi/livecx/1385637294/

78 :神も仏も名無しさん:2013/12/03(火) 16:07:01.87 ID:UaX7n7z+
>>76

前にアメージングストーリーかなんかで
人は死ねば生まれ変われるっていうのが
わかったら、みんな、ちょっと人生に
行き詰まると次々と自殺してしまうっていう
物語があったよ。

前世があろうがなかろうが、記憶がないほうが
いいんだという物語だった。

79 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:3) :2013/12/07(土) 21:58:55.77 ID:A3iMYmYZ
寧ろ逆に死後の世界は存在するだろ
他に別に死後の世界は実在するだろ
当然正反対に死後の世界は有るだろ
仮に幾ら唯物論者が死後の世界を否定した所で何時かは物理学者が死後の世界を発見するだろう
例え全力で無神論者が死後の世界を反対したとしても近い将来に天文学者が死後の世界を確認するだろう
もしも一生懸命に虚無主義者が死後の世界を拒絶しても数年後に科学者が死後の世界を証明するだろう

80 :神も仏も名無しさん:2013/12/12(木) 12:31:36.85 ID:+A20TM50
.
「天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言
ロイター 11/5/18

[ロンドン 16日 ロイター] 「車椅子の物理学者」として知られる英国の物理学者スティーブン・ホーキング博士(69)は、天国とは闇を恐れる人のおとぎ話にすぎないとし、死後の世界があるとの考えを否定した。
16日付の英紙ガーディアンに掲載されたインタビューで述べた。

ホーキング博士は「(人間の)脳について、部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし、
「壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人のおとぎ話だ」と述べた。

81 :神も仏も名無しさん:2013/12/13(金) 11:06:30.44 ID:qBQXxZvb
死後の世界から一歩進めて生まれ変わりと言うのが有るそれはどうなんだろう、
死後の世界が無ければ生まれ変わりはあり得ないと思うが・・・ わからん
某国の某氏は生まれ変わりだと言うし、某氏も生まれ変わりだと公言してるし。
先天的な才能と良く言うがそれってもしかして前世に経験した事なのではないのかな
だんだん分からなくなる、・・・・・・・・・・ひとりごとでした。

82 :神も仏も名無しさん:2013/12/14(土) 22:18:42.08 ID:IfbXv675
生前の世界が無かった(あっても覚えていない)から
死後の世界も無いと思うけど
これも証明できないかな?

83 :神も仏も名無しさん:2013/12/15(日) 05:38:33.49 ID:y0SJNLw2
「生前」というと別の意味があるのだな、亡くなった人の生きていた頃とか。
>>82でいう生前は出生前、誕生前って意味な。

84 :神も仏も名無しさん:2014/01/02(木) 19:49:25.67 ID:dgFs45cF
死後の世界はあるんじゃないの?
俺も臨死体験っぽいのしたことあるし、
霊的な体験してから、何となくだけど信じるようになった。

85 :神も仏も名無しさん:2014/02/05(水) 09:40:38.03 ID:MM1OzeNT
>>84

臨死体験は脳の誤作動
心臓停止後、脳波が
一時活発になるのが
わかっている

86 :神も仏も名無しさん:2014/02/05(水) 22:03:25.59 ID:ZS/bZOjx
わかりやすく言うとな
血管から酸素と栄養来なくなったら
そりゃー酸素を求めて脳細胞必死になるからな
酸欠金魚の金魚みたいにパクパクしてな

87 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 03:41:23.72 ID:TiJf/G5v
>>85
マウスで30秒ね

心停止者の臨死体験の場合、脳は機能停止(低下)してたことが確認されてるよ

88 :神も仏も名無しさん:2014/02/24(月) 01:13:17.44 ID:sKdkdFuI
>>15-22あたりで議論されてる事だけど
脳が完全に機能停止してるか、あるいは機能低下に過ぎないのか
というのは大した問題じゃなくて

脳が部分的に生きてたとしても、その状態を持って臨死体験時の明晰な意識、思考、記憶、知覚が働くことを
従来の医学的知見からは説明できないというのが問題の本質だよね?

つまり、そうした意識の働きは脳に属するものではない、ことを示唆していると

89 :神も仏も名無しさん:2014/02/25(火) 06:45:38.88 ID:J5UsESCz
ただ単に目覚める直前に夢を見ただけじゃない?
そもそも、臨死体験があるという根拠が本人やその周りの人の証言だけでからねぇ...。

90 :神も仏も名無しさん:2014/04/07(月) 02:12:10.88 ID:2FcwbKhu
>>89
http://home.hiroshima-u.ac.jp/tadasi/ronbun-12.pdf

Sam Parnia たちによると、意識を失う直前と、意識を回復した直後の記憶を、臨死中の記
憶と取り違えているのではないかという反論は正しくはない
その理由は、発作や事故を
起こした人は、意識を失う直前と意識を喪失した直後のことを記憶していないからである。
通常は数時間から数日間の記憶の空白がみられるという。心肺停止は脳の機能を完全に停
止させるので、心拍停止直前と心拍停止直後の記憶はないのが通常である。にもかかわら
ず臨死体験者たちは、臨床死中の記憶を保持していたと述べている、。

91 :神も仏も名無しさん:2014/04/07(月) 02:13:33.03 ID:2FcwbKhu
>>89
http://home.hiroshima-u.ac.jp/tadasi/ronbun-12.pdf

Sam Parnia たちによると、意識を失う直前と、意識を回復した直後の記憶を、臨死中の記
憶と取り違えているのではないかという反論は正しくはない。その理由は、発作や事故を
起こした人は、意識を失う直前と意識を喪失した直後のことを記憶していないからである。
通常は数時間から数日間の記憶の空白がみられるという。心肺停止は脳の機能を完全に停
止させるので、心拍停止直前と心拍停止直後の記憶はないのが通常である。にもかかわら
ず臨死体験者たちは、臨床死中の記憶を保持していたと述べている

92 :神も仏も名無しさん:2014/04/07(月) 02:16:53.82 ID:2FcwbKhu
また P.Fenwick は、
脳が混乱状態を経て意識を回復するので、意識が回復するときに臨死体験のような明晰で
秩序だった意識状態を生じるとは考えられないという。

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)