5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【上座】アルボムッレ・スマナサーラ専用スレ【仏教】

1 :神も仏も名無しさん:2013/02/26(火) 18:07:35.09 ID:HASNa0NZ
ラーマクリシュナと同列に扱われたくない
いくら上座仏教と長老の説法のクォリティを比較するにもヒンドゥイズムと一緒のスレにいるなら
始めに批判ありき
になるのは当然のことだ

このスレでは上座仏教のなかであまりにも信者が多いアルボムッレ・スマナサーラ長老の説法及び著書などを
上座仏教の経典や他組と照らし合わせた上で考察するスレです

もちろん瞑想や書籍などの情報交換も歓迎します。
ただし、瞑想は「慈悲の瞑想」がサマタ瞑想、「ヴィパッサナー瞑想」がマハーシ流観法と最近のものです。
この点については「まず、精神や頭脳を明晰にする目的が主である」というようになんとでもとらえて、
「マハーシ流観法は戦後になって作られたから長老の瞑想法は『お釈迦様の瞑想法ではない』」など
ごねたりせず、まずは「やってみること」「広まること」が主流になっています。

また、スリランカネタや長老の口の悪さのネタはお控えください。
長老はスリランカから離れて何年経っているか考えて発言してください。

2 :神も仏も名無しさん:2013/02/26(火) 19:01:22.02 ID:HASNa0NZ
サッラスッタ(箭経) -スッタニパータ引用
574:アニミッタン アナンニャータン マッチャーナミダ ジーヴィタン
   カスィラン チャ パリッタン チャ、 タン チャ ドゥッケーナ サンニュタン。
   (徴もなし。予告もなし。この世の人の命というものは、
    惨めなもの。儚いもの。その上、苦しみに陥っている。)
575:ナ ヒ ソー ウパッカモー アッティ、 イェーナ ジャーター ナ ミッヤレー、
   ジャラン ピ パトゥワー マラナン、 エーワン ダンマー ヒ パーニノー。
   (生まれたものが死なずに済む、その手立ては何もなし。
    「老いて老いて、死に至る」。生きるものにはこのきまり。)
576:パラーナミワ パッカーナン パートー パタナトー バヤン
   エーワン ジャーターナ マッチャーナン ニッチャン マナラトー バヤン
   (たわわに実った果実なら、夜明けとともに落ちるやも。
   生まれた人も同じこと。死の恐れ、常にあり。)
577:ヤター ピ クンバカーラッサ カター マッティカ バージャナー
   サッベー ベーダパリヤンター エーワン マッチャーナ ジーヴィタン
   (陶工の作る土の器が、最後は必ず壊れる。
   人の命もそんなもの。)
578:ダハラー チャ マハンター チャ イェー バーラー イェー チャ パンディター
   サッベー マッチュ ワサン ヤンティ、 サッベー マッチュ パラーヤナー
   (子供であれ大人であれ、愚者であれ賢者であれ、みんな死の力に征服されている。
   死はみなの行き着くところ。)

3 :神も仏も名無しさん:2013/02/26(火) 19:02:13.75 ID:HASNa0NZ
つづき
579:テーサン マッチュパレーターナン ガッチャタン パラローカトー
   ナ ピター ターヤテー プッタン ニャーティー ワー パナ ニャータケー。
   (死があの世にさらって行くのに、
   父でも息子を救えない。親族でも親族を救えない。)
580:ペッカタン イェーワ ニャーティーナン パッサ ラーラパタン プトゥ
   エーカメーコー ワ マッチャーナン ゴー ワッジョー ヴィヤ ニッヤティ
   (泣きわめく親族の目の前で、さらわれていくのを見よ。
   人は孤独で死に至る。屠場に牽かれる牛のように。)
581:エーワン アッバーハトー ローコー マッチュナー チャ ジャラーヤ チャ、
   タスマー ディーラー ナ ソーチャンティ ヴィディトゥワー ローカパリヤーヤン。
   (老いと死が常にこの世を攻撃する。
   世のこの理を知る賢者には悲しみなし。)
582:ヤッサ マッガン ナ ジャーナスィ アーガタッサ ガタッサ ワー、
   ウポー アンテー アサンパッサン ニラッタン パリデーワスィ。
   (どこから来た者か、またどこへ逝ったか、それをあなたは知らない。
   両辺も見えないその人のために、あなたは無意味に嘆く。)
583:パリデーワヤマーノー チェー カンチダッタン ウダッバヘー
   サンムールホー ヒンサマッターナン カイラー チェーナン ヴィチャッカノー。
   (泣き叫ぶことで得する何かがあるならば、
   それは頭の混乱、そして自己いじめ。
   智慧ある人ならこのように知る。)
584:ナ ヒ ルンネーナ ソーケーナ サンティン パッポーティ チェータソー、
   ビヤッスッパッジャテー ドゥッカン サリーラン チェパハンニャティ。
   (こころのやすらぎは泣き崩れること、
   嘆き悲しむことでは得られない。
   苦しみだけは増すばかり。身体はますます損なわれる。)

4 :神も仏も名無しさん:2013/02/26(火) 19:03:16.81 ID:HASNa0NZ
つづき
585:キソー ヴィワンノー バワティ ヒンサマッターナマッタナー:
   ナ テーナ ペーター パーレンティ ニラッター パリデーワナー。
   (身はやつれ、顔色は悪くなる。自分で自分を傷つける。
   死者の供養にもならない悲しむことは、無駄なだけ。)
586:ソーカマッパジャハン ジャントゥ ビッヨー ドゥッカン ニガッチャティ、
   アヌットゥナントー カーラカタン ソーカッサ ワサマンワグー。
   (悲しみを断ち切らない者が、なおさら苦悩に陥る。
   亡き人を嘆く人は、悲しみに呑み込まれる。)
587:アンニェー ピ パッサ ガミネー ヤター カンムーパゲー ナレー、
   マッチュノー ワサマーガンマ パンダンテー ヴィダ パーニネー。
   (摂理によって死んでいく他の人々も見るがよい。
   死期が近づくと、生命は震えるもの。)
588:イェーナ イェーナ ヒ マンニャンティ タトー タン ホーティ アンニャター、
   エーターディソー ヴィナーバーヴォー、パッサ ローカッサ パリヤーヤン:
   (どのように思い願っても、起こることはその逆です。
   (死なないようにと思っても、必ず死は訪れる。)
   無常というのはそういうこと。世間の有様を観てごらん。)

5 :神も仏も名無しさん:2013/02/27(水) 09:05:02.27 ID:Mjmq5pxB
つづき
589:アピ チェー ワッササタン ジーヴェー ビッヨー ワー マーナヴォー、
   ニャーティサンガー ヴィナー ホーティ、ジャハーティ イダ ジーヴィタン。
   (もし百年、あるいはもっと長く人が生きるとしても、
   親族が死別する。ついに自分も命を捨てる。)
590:タスマー アラハトー ストゥワー ヴィネッヤ パリデーヴィタン
   ペータン カーラカタン ディスワー ナ ソー ラッバー マヤー イティ。
   (それゆえ、覚者に学び、悲嘆を克服しよう。
    逝った死者をみて、「この人、もはや得られない」と〔知ろう〕。)
591:ヤター サラナマーディッタン ワーリナー パリニッバイェー、
   エーワン ピ ディーロー サッパンニョー パンディトー クサロー ナロー
   キッパムッパティタン ソーカン ワートー トゥーラン ワ ダンサイェー
   (家についた火を水で消し去るように、
   智慧に満ちた賢者、巧みな人は、わき起こった悲しみを、
   風が綿花を吹き払うように、即座に消す。)
592:パリデーワン パジャッパン チャ ドーマナッサン チャ アッタノー:
   アッタノー スカメーサーノー アッバヘー サッラマッタノー。
   (自分の憂い、未練、悲しみを引き抜くこと。
   自分の幸福を求める者は、
   刺さった〔悲しみの〕箭を引き抜くのである。)
593:アッブールハ サッロー アスィトー サンティン パップッヤ チェータソー、
   サッバソーカン アティッカントー アソーコー ホーティ ニッブトー ティ。
   (箭を引き抜き、涼やかになり、こころのやすらぎを得る。
   一切の悲しみを乗り越えて、悩みなき寂静に達する。)

6 :神も仏も名無しさん:2013/02/27(水) 09:16:23.80 ID:Mjmq5pxB
> 186 名前: 神も仏も名無しさん [sage] 投稿日: 2012/01/28(土) 01:26:21.28 ID:mGRMD46P
>
> 釈迦は末法を預言していたといいます。
> しかし、仏教が本当に普遍的な真理であって素晴らしいものなら、なぜ仏教は衰退するのでしょう。
> なぜその普遍的な真理への道を歩む人が減っていくのでしょう。
>
> それは、宗教というのは情念によって選択されるものだからです。
> 真理などどうでもよいのです。
> 宗教というのはあくまで「人間を幸福に導くもの」にすぎない。
> 人は結局、自分にとって心地よい宗教を選択するだけ。
> 仏教は正しいと思うけど嫌いだから信仰しない、という態度を責めることは誰にもできません。
>
> やはり仏教は俗人を幸福にするものではないのです。
> 当たり前です。
> 俗世間で幸福とされているものを一切否定しますから。
> なぜ世界で最も広く信仰される宗教が仏教でないのかは、つまりそういうことです。

7 :神も仏も名無しさん:2013/03/02(土) 21:43:13.60 ID:pzNSiZoE
カルト信者隔離スレ記念あげ

8 :神も仏も名無しさん:2013/03/02(土) 23:23:50.52 ID:mF5DJdiY
4、5年前ならにぎわっただろうに

9 :神も仏も名無しさん:2013/03/03(日) 12:43:34.89 ID:5Mnrb/Zm
4、5年経った今でもそれなりに出版があるわけですから
ラーマクリシュナ信者もスレを独自に立てて読者(信者)を隔離してくださいよ
ラーマクリシュナと一緒くたにされて話がしづらかったから、独自に立てたんですから

10 :神も仏も名無しさん:2013/03/03(日) 12:48:48.24 ID:5Mnrb/Zm
> 349 名前: 神も仏も名無しさん [sage] 投稿日: 2013/02/25(月) 22:18:23.79 ID:v6bb9Z2O
>
> 日本に出回るカルト解説本はあまりにもキリスト教系統やオウムみたいな
> 極端な例に片寄りすぎていて日本テーラワーダ仏教協会のような
> 伝統宗に擬態した新手のカルトに対応してないような気がする。
>
こういう言い方されたら、あたかも「国で取り締まってくれ」というイメージしか残らない
しかも、同一スレでラーマクリシュナ系ヒンズー教にはそういう書き込みはなかった
あれはカルトじゃないみたいな主張を他を貶めることで成立させるなんて卑怯極まりない
長老は書籍であれこれ書いているけど、読者は普通に上座仏教と長老の話をしたいだけだ
他の宗派の連中は関わらないで欲しい

11 :神も仏も名無しさん:2013/03/03(日) 23:24:24.63 ID:HiPqFEYp
スマナサーラカルトあげ

12 :神も仏も名無しさん:2013/03/04(月) 03:24:27.52 ID:96XEl0MT
名前が言いにくい

13 :神も仏も名無しさん:2013/03/04(月) 04:50:59.88 ID:IE0hgtWJ
日本テーラワーダ仏教協会(アンチスレとしてスタート)
1 http://www.unkar.org/read/life9.2ch.net/psy/1191308792
2 http://www.unkar.org/read/life9.2ch.net/psy/1201706528
A・スマナサーラ☆日本テーラワーダ仏教協会3(スマナサーラ信者が占拠)
3 http://www.unkar.org/read/life9.2ch.net/psy/1213847636
4 http://www.unkar.org/read/life9.2ch.net/psy/1215613430
4 http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1218727984(←スレ番号間違い)
6 http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1224160784
7 http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1226756042
8 http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1227959654
9 http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1228825857
10 http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1230462759
11 http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1232125288
【テーラワーダ仏教】ブッダの教えと冥想の実践1(スマ教専用スレ消滅)
http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1233305128
2 http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1236216089
3 http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1240833857
4 http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1246462603
5 http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1252766603/(←スマ教と無関係)
5.1 http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1252905094(←スマ信者用)
6 http://mimizun.com/log/2ch/psy/1263304731/

14 :神も仏も名無しさん:2013/03/04(月) 04:56:38.82 ID:IE0hgtWJ
A・スマナサーラ☆ヴィパッサナー瞑想法
1 http://yomi.mobi/read.cgi/life8/life8_psy_1158832531
2 http://mimizun.com/log/2ch/psy/1176102524/
3 http://mimizun.com/log/2ch/psy/1182040382/
4 http://www.unkar.org/read/life9.2ch.net/psy/1191982263
5 http://www.unkar.org/read/life9.2ch.net/psy/1204444249
6 http://www.unkar.org/read/life9.2ch.net/psy/1208054950
7 http://mimizun.com/log/2ch/psy/1210840903/
(以降、スマナサーラの冠を自分達で消し専用スレ消滅)
マハシゴエンカパオ☆ヴィパッサナー瞑想法Part.8
8 http://mimizun.com/log/2ch/psy/1214305518/
9 http://mimizun.com/log/2ch/psy/1243392693/
ラーマクリシュナvsアルボムッレスマナサーラ
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1289708760/
佐藤哲朗の傲慢さについて
http://unkar.org/r/psy/1246571381
仏教界の勝ち組・佐藤哲朗先生について語ろう!
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1318228341/
A・スマナサーラ長老の言葉の汚さについて
1 http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1232801435
2 http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/psy/1244886336
3 http://mimizun.com/log/2ch/psy/1252353236/
■実況中継!日本テーラワーダ仏教協会の変質
http://www.geocities.jp/jfcps873/kanren2/terawada.html

15 :神も仏も名無しさん:2013/03/04(月) 14:07:23.38 ID:Y+BTq7bP
反上座仏教のたまり場
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/4145/1244521112/

16 :神も仏も名無しさん:2013/03/04(月) 14:08:41.09 ID:Y+BTq7bP
書きかけなのに「プププ」さんを信仰しているカルトホームページ
ttp://www.geocities.jp/sonomama_da/theravada.net.html

17 :神も仏も名無しさん:2013/03/09(土) 03:45:47.19 ID:OO2EkQH3
>>15-16
日本テーラワーダ仏教協会をカルトとして批判してるホームページだね。
仏教や上座部を敵視しているわけではない普通の仏教シンパのたまり場だね。

18 :神も仏も名無しさん:2013/03/10(日) 12:26:04.97 ID:KwqTKMeW
>8 :神も仏も名無しさん:2013/03/02(土) 23:23:50.52 ID:mF5DJdiY
>4、5年前ならにぎわっただろうに
今ではだいぶメッキが剥がれてきたしね。
普通に上座部国に行って現地の状況を確認してきた日本人も増え、
日本人の上座部僧もぼちぼち出てきた。
カースト差別で悪名高いシャム派から地位を任命されている僧に、
無理に関わらなくても上座部仏教は学べるようになった。
良い時代になりましたよ。

19 :神も仏も名無しさん:2013/03/11(月) 22:46:50.92 ID:E3tbSNpY
スマナサーラ長老は餓鬼道の醜さを自ら体現してくれる偉大なグルだ。
長老のドグマからすれば仏陀を利用する長老は悪趣行きだが気にしていない。
これぞ、菩薩道。仏法を貶める大罪より衆生救済を選んだのだ。
功績的には選民主義者を囲っただけに過ぎないが悪い見本は人の役に立つ。

20 :神も仏も名無しさん:2013/03/13(水) 20:48:37.57 ID:aFXdfM3g
おい、良い方法がある
発達障害を治す瞑想方法及び仏教勉強法を10人のスリランカ僧に教授して広めろ
そしたら確実に日本が立ち直って、スリランカも感謝される
そうすれば長老の悪評も再評価される

21 :神も仏も名無しさん:2013/03/16(土) 12:02:24.57 ID:yclAdBrS
>1
>また、スリランカネタや長老の口の悪さのネタはお控えください。
>長老はスリランカから離れて何年経っているか考えて発言してください。
しかし、日本に来てだいぶ経ってからでも、
シャム派から地位をもらっているからねえ。
「日本大サンガ主任長老」だっけ?
悪い出身母体とは、とっとと縁を切ればよいのに。

22 :神も仏も名無しさん:2013/03/16(土) 22:16:39.64 ID:QvwH1hA0
長老は翻訳と解説とお釈迦様の言葉(パーリ語直接転記)で影響力を持っている
スリランカの仏教(シャム派)と長老の結びつきが悪いのならそういう主旨の書籍を書いて実際に出版してみれば分かることだ
ネットだけで噂話をし、あたかもそれが大多数の意見であり、見解であると思わせるのも
お釈迦様の言葉を知りたい学びたいと思っている人達を迷わすことになる

日本人で法句経の翻訳をしても、パーリ語を横に載せることもせず、
解説も困難にして敷居を高くしているのはさまざまな書籍で分かることだ

中村元氏も分かりやすく書いたつもりだろうけど、仏教用語もなければパーリ語原文もない
それで日本人のすべての仏教徒がお釈迦様の言葉を安心して読むかと言えばそうではないと思え

23 :神も仏も名無しさん:2013/03/17(日) 23:10:22.11 ID:qPZxlBaO
スマナサーラの印象操作よりよほど良心的だと思うがな。
大体、奴はそれで食ってる金儲けだろう。
大多数の意見に見せている?お前にはそう見えるだけだろう。
本を出版?お前がスマナサーラ批判者にサンガ出版でも紹介するのか?
俺には奴が釈迦を利用し貶めているようにしか見えないがな。

24 :神も仏も名無しさん:2013/03/18(月) 15:42:08.23 ID:J0wGNPyV
説法するのに書籍にしてはいけないということはなかろうて
それよりアンチスマが出版社はどこでもでもいいから「長老とシャム派の黒い噂」を書籍化して
実際に人に広めてみる努力をしてみたらどうだろうか

長老がお釈迦様の教えのどの辺を利用して貶めているのかというポイントもきちんと書籍化して販売してこそ
同じ土壌に立ったと評価できる
ネットだけでぐちぐち言っているようでは仏教徒に不快感しかあたえない信用してもらえない

長老が書籍化している最大の理由は「単純にお釈迦様の教え(パーリ語原典)を広めたい」と思われ
それ以上の野心を持っていたら今の読者がもっと疑問に思うような表現もすることだろう
それが今現在ないということはお釈迦様の教えを単純に広めたいだけだろ

それでいいはずなのにわざわざ「噂」を立てている
世の中には日本にいながらパーリ語経典を読む機会に恵まれない人はたくさんいるのだ
それができる土壌をつくったというのは長老の実績だと思うんだけどどうかな?

25 :神も仏も名無しさん:2013/03/18(月) 17:44:43.34 ID:p/xgL4XY
>24
「噂」×
「事実」○

長老の出身、シャム派がカースト差別の歴史を持つ派だというのは事実。
彼は日本に来て、そのような非仏教的な団体と縁を切る機会があった…
…にも関わらず、そんな派から地位をもらったのは事実。
佐藤哲朗さんの「大アジア思想活劇」とか読まないのかな?
書籍化もされているから是非読むと良いよ。

>それができる土壌をつくったというのは長老の実績だと思うんだけどどうかな?
いや、それは無い。
スマさん以前から来て、地道に活動してきた人たちの業績を無視してる?
スマさんのせいでそういった人たちまで偏見の目で見られるんだけれども。

26 :神も仏も名無しさん:2013/03/18(月) 18:05:36.74 ID:J0wGNPyV
>>25
> 佐藤哲朗さんの「大アジア思想活劇」とか読まないのかな?
それを原本にしても良いから直接長老に対して「書籍で」指摘しないと長老は見向きもしないと思われ

> >それができる土壌をつくったというのは長老の実績だと思うんだけどどうかな?
> いや、それは無い。
> スマさん以前から来て、地道に活動してきた人たちの業績を無視してる?
では、それも書籍をリストアップしてこのスレでも上座仏教スレでも貼ったらいい
てか是非お願いします

出版年月が古くて絶版になっているようなのは「ないもの」として受け止めている
条件として
・パーリ語原文が日本語訳の横に記載してあるもの
・パーリ語原文の側に日本語音読みが記載してあるもの
・日本語訳とは別に「どのような時にそのお経を読むか」など解説がなされているもの
・価格がハードカバーで3000円〜4000円程度のもの
・一つの経典(箭経ならそれ一つ)で一冊
どれか一つでも欠けていたら「ないもの」としてこのスレの住人は見るだろう

27 :神も仏も名無しさん:2013/03/18(月) 20:11:53.55 ID:J0wGNPyV
>>25
> 佐藤哲朗さんの「大アジア思想活劇」とか読まないのかな?
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4901679953/
値段的におhル
これを読んだだけで主要な「お釈迦様の言葉(パーリ語原典・日本語訳・日本語読み)」
に直に触れることができるならいざしらず
仏教の概要しかつかめないのなら嫌がる人が増えるだろう
また、巨大すぎるという評価もあるのでなおの他、仏教ど素人を遠ざける遠因になるだろう

長老の書籍はテーマ毎に経典を引用し、ハードカバーにしたり、新書にしたり、文庫にしたりしている
さらに「比較的売れている書籍」についてはハードカバーから文庫化したりしている
それでいて「パーリ語原典」「パーリ語日本語読み」「パーリ語日本語訳」「解説」を表記しているのがほとんどである
さらに値段もハードカバーであっても手ごろで求めやすい
言わば多売薄利で購入を促しているところがある
その点から金銭目的だけで口述筆記させたりしていることは考えられない

さて、長老以外でここまで注意を払って書籍化している比丘は存在しているだろうか?
この世知辛い日本、なかなか説法にもいけない人達にも精力的に書籍を書き続けていることに
評価こそすれ偏見のまなざしでみるだろうか?

>>25さんへの宿題がまた一つ増えました> ID:p/xgL4XY
他所のスレにも何か書き込んでいるみたいだけど

28 :神も仏も名無しさん:2013/03/18(月) 21:44:56.31 ID:p/xgL4XY
>長老は見向きもしないと思われ
商売上、都合の悪いことは知らない振りするしかないでしょ?
「占星術漬けの国から来た、差別宗派の僧侶です」とか言うわけないじゃない。
そこらへん知ってて、スマ長老の補佐をしている佐藤哲朗さんも変だと思うけれどね。

※カマトトぶる人もいるので、念のため書いとくと、
佐藤哲朗さんってのは「大アジア思想活劇」の著者で、
日本テーラワーダ仏教協会の事務局長のことね。
主な仕事はスマ長老のヨイショ。

さて、J0wGNPyVさんは、何か話をずらそうとしているみたいだけれども、
>長老の出身、シャム派がカースト差別の歴史を持つ派だというのは事実。
>彼は日本に来て、そのような非仏教的な団体と縁を切る機会があった…
>…にも関わらず、そんな派から地位をもらったのは事実。
これ「噂」ではなく「事実」だよね。
不妄語戒を尊重するなら否定はできないよね。

29 :神も仏も名無しさん:2013/03/27(水) 20:04:50.74 ID:ZkAxBJrk
今度はどんな本だろう…
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4769610939/

30 :神も仏も名無しさん:2013/04/05(金) 19:07:52.52 ID:0Wp0YF/w
何か、一ヶ月くらい前にしりあがり寿さんとの対談本がサンガでない別の出版社で発売されようとして取りやめになったね
アレと内容が同じかな?
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4905425409/

31 :神も仏も名無しさん:2013/04/10(水) 00:46:39.07 ID:nAraa2YN
>>25 >スマさん以前から来て、地道に活動してきた人たちの業績を無視してる?

来てというなら平和パゴダの先生方くらいだと思うけどなぁ

32 :神も仏も名無しさん:2013/04/10(水) 13:21:47.71 ID:I1+7ROWq
余程のマニアでもない限り上座仏教のお坊さんの話が広まらなかったってことは
やっぱり業績がなきに等しい
じゃないか?

その点ではスマ長老は腐心したけどテレビにも出て尽力したと思うよ
その後の「お釈迦様の言葉の確からしさ」はともかくとしてね
だから普通に批判こそすれカルト呼ばわりだけは許せんのよ

33 :神も仏も名無しさん:2013/04/15(月) 09:51:49.95 ID:BPka1wSs
南伝仏教上座部の特に瞑想の部分の理解からみて
北伝の大乗部の色々な経文やその他の事が、良く理解できるよ

実際に自分が変化するのがわかるから

34 :神も仏も名無しさん:2013/04/27(土) 12:57:31.57 ID:sumNvfvk
有田秀穂は金の亡者だが、このひとは若干ちがう。

35 :神も仏も名無しさん:2013/04/27(土) 13:04:50.72 ID:sumNvfvk
こいつは、有田との対談で言っている。
仏教は矛盾が多いとな。
本来、出家信者は、葉っぱ一枚すら口にしてはならんらしいな。
葉っぱにも命はあったのだから。

36 :神も仏も名無しさん:2013/04/27(土) 13:11:07.42 ID:sumNvfvk
まあ小乗仏教は特殊だよな

37 :スマナサーラ:2013/05/05(日) 09:02:33.40 ID:/0eSIU9P
今後3か月以内にあなたの身に○○が訪れますように

38 :神も仏も名無しさん:2013/06/06(木) 17:52:45.49 ID:C2Kxq0M3
あれから一ヶ月は経ったけど冴えないな
やっぱり長老の書籍が全部悪と思っている人がいないんじゃないか?
それならそれでいいよ、カルト呼ばわりしなければ
このスレはこのスレの趣旨通り、長老のサービス精神を評価するから
長老の言葉で一人でも多くの人が何かに気づくことが出来たらそれでいいんじゃないか?

39 :神も仏も名無しさん:2013/06/06(木) 18:05:19.66 ID:rqSRtRb4
>>35
著書を読んだ感想ですが、命を繋ぐために必要な欲は否定してないよ。
日本社会であれだけ流暢な日本語で活動されてるわけだから(youtubeニコニコで見たけど)
現代を生きる人に向けて説かれているのでしょう。

40 :神も仏も名無しさん:2013/06/06(木) 19:18:02.44 ID:C2Kxq0M3
私もそう思います
長老の教え方は現代を生きている人のためだと思います
だから資本主義も全否定しないし、蓄財して、自分の糧を買うこともしているのでしょう
長老のイエスマンは嫌ですが、だからといって無理矢理長老の教え全てをカルト扱いするのはもっと嫌です

ただ、長老が示すマハシ式瞑想に他の僧侶達と個人差があるのが困った所で、
向き不向きを見極めるのは努力している自分だ、という結論になるのが困りものです
それではやる前から挫折する人も出てくるとも限りません

せっかく長老はいろんな角度から書籍でもって仏教の教えをアピールしているのに、
瞑想法で確実なものを得られないというのは困りものです
長老は「世界一安全な瞑想法」と豪語しているのですから、一人でも多くの人が救われた気持ちを持って元気になって欲しいです

私もその一人です

41 :神も仏も名無しさん:2013/06/06(木) 20:17:31.67 ID:FR2h5FKR
人には向き不向きがあるからね
スマ長老は瞑想より教学向きだと
みています

42 :神も仏も名無しさん:2013/06/06(木) 21:57:59.37 ID:C2Kxq0M3
そういえば、過去にアンチがいろいろ言っていた時私は
「長老は学僧なんだからそういうことにしておけ」と書き込んだ記憶があります

アチャンチャー老師みたいな徹底した修行僧ではなく、スリランカの大学で仏教の勉強をして
ある程度それらしい瞑想法(マハシ流)を修行してから来日して今日に至っていると思っています

それで、日本語をある程度学んで、信者達に口述筆記させて書籍を出しているという活動が私が一番信頼を置いている理由です
多分その時に長老の言語能力において、長老自身が納得のいくラベリングを精舎で教えたのかも知れません
そうじゃないと「ミャンマーの瞑想」という書籍と長老流のラベリングがことごとく違うのが説明できません

それで今もいろんな比丘と比較されて批判されていることはあると思います

43 :神も仏も名無しさん:2013/06/06(木) 22:02:52.14 ID:OW+4G2D/
サンガ・ジャパンにナラデポー師がラべリングについての考察を載せてるけど、
見ようによっては、スマ長老の瞑想法批判ともとれるわけで、
よく載せてるなぁと思ったよ。

44 :神も仏も名無しさん:2013/06/06(木) 22:40:38.91 ID:C2Kxq0M3
>>43
小池龍之介も確か、著書で歩く時にラベリングらしきものをつけて集中すると気が楽になるみたいなことを
書いていなかったでしょうか
「ミャンマーの瞑想」のラベリングはナラデボー師はどのように考察しているのでしょうか
多分ラベリングの考察でもひとくくりにはできないかと思われます

サンガジャパンのVol.11にあるようです

言語化が脳性疲労をおこしたり、言語による影響がそのまま心身に出やすいとか書かれているようです
(Amazonレビュー参照)
じゃあどうしたらいいの?というところには触れているのか分かりません
ラベリングを外してヴィパッサナーといっても言葉はないと困るのでは?
ラベリングがなかったら観察しているのかしていないのか分からなくなるかも?
今、該当書籍が売っているかどうか分からないけど、買って読めということか?

長文失礼しました

45 :神も仏も名無しさん:2013/06/06(木) 23:04:34.24 ID:C2Kxq0M3
>>43
かくいうナラテボー師は何年間何冊出版してどのくらいの人を魅了し、書籍で説法したのか?
Amazonで調べた所、サンガジャパン以外は3冊です
けど、季刊誌寄稿でも致命的な長老批判を理性的にできるのはかなり出来ていると思います
ああいう側面での批判なら腑に落ちます カルト呼ばわりより余程マシです
「ヴィパッサナー瞑想のラベリングに脳疲労の可能性がある」
その指摘だけで充分長老の今後につながる良いアドバイスにもなります つまり建設的意見です

ただ、経典とかの引用があるのか無いのかは目下のところ不明です 体験談が主のようです
そういうのがナラテボー師の今後の課題だと思います
ちなみに長老は来日してから何年もそれをしてきました

46 :神も仏も名無しさん:2013/06/07(金) 08:38:57.27 ID:p5kikowG
>44
感じるとかが一番近いと思っています。
今そこに感じるとでも言うか
イメージとなると妄想と勘違いするし

サティの目的は、心をサティで埋めてしまうことでは無いかと
考えています。

47 :神も仏も名無しさん:2013/06/07(金) 09:57:16.11 ID:afrGqRAd
>>46
「考えるな、感じるんだ」って奴か?なんか違う気もするけど
感覚の状態を観察して心を精いっぱいの状態にしておくと
悩みなどの感情を発生させることがなくなる(少なくなる?)
そうしているうちに「思考にフタをすることができる」「観察するための集中力を得られる」
「観察した結果、成果物が生まれる」

そこから先は「お釈迦様の言葉」つまり「経典」を調べないと進まないかもしれないけど

48 :神も仏も名無しさん:2013/06/07(金) 21:06:12.61 ID:nsKKgyEK
味わうとでもいうかです。
satiでみたしてくると思考が減り
静かな心が確認できませんか?

49 :神も仏も名無しさん:2013/06/20(木) 11:21:41.70 ID:JU8YgekS
サングラスをかけてプライベートジェットで移動、タイの僧侶に批判 AFPBB News2013年06月19日10時47分
http://news.livedoor.com/article/detail/7779908/

50 :神も仏も名無しさん:2013/06/20(木) 23:52:05.77 ID:CTh+ZKHn
>>49
僧侶であることも、社会的なブランドの一つなんだろうね。

51 :神も仏も名無しさん:2013/06/21(金) 11:51:50.19 ID:xpidUEWT
長老、よかったですね、日本在住で、おかげでユニクロブランドで済みますから
ルイヴィトンのように「即ブルジョワ」的な目で見られませんよ
それに、今回の事件に対する法話ができるじゃありませんか
あなたはスリランカ僧で、向こうはタイ僧ですし
「僧侶が僧侶をただす」とか「在家が僧侶をただす」ということで僧侶の態度はあらたまるのでしょうか…

52 :神も仏も名無しさん:2013/06/21(金) 11:56:50.51 ID:xpidUEWT
サングラスをかけたからと言って、即間違いでも無いと思う
森の中、寺の中で瞑想修行してきた僧侶にとって、強烈な日差しはキツいのかも知れないから
服装もひょっとしたら、他人には場違いだったのかもしれないけど、自分らなりに違和感のないよう努力したつもりだったのでしょう
僧侶として目立ちたくなかったという気持ちがあるのかもしれない(2600年前とは価値観がちがう、僧侶は乞食扱いされなくなった)
プライベートジェットも「そこへ他人との接触なしにできるだけ早く行く必要があった」という状況を仮定すると
僧侶に対する非難はその時の状況によるね

でも、今回の記事みたいに僧侶の腐敗があるのならただすよう批判をするにはどうしたらいいだろうね
在家はどうやって僧侶の問題に意見したらいいのでしょうか?

お釈迦様がどのようにして在家が僧侶の腐敗に対してただすよう指示をしたかが争点になるね
末法思想とかは関係無く(あれは日本のものだから)

53 :神も仏も名無しさん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:r2gpMCl4
こりゃなんですか?

54 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:FXl/GuFC
上座仏教のなかであまりにも信者が多いアルボムッレ・スマナサーラ長老の説法及び著書などを
上座仏教の経典や他組と照らし合わせた上で考察するスレです

55 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:Rc04O1kG
【国際】タイのぜいたく僧侶、僧籍剥奪 性的虐待の疑いで捜査

自家用ジェット機に乗る様子が動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開され、
ぜいたく過ぎると波紋を広げたタイ人僧侶ネンカム氏について、同氏が寺院を
構える東北部シーサケット県の宗教当局は13日、ネンカム氏の僧籍を
剥奪することを決めた。地元メディアが14日、報じた。

報道によると、タイでは僧侶が異性との性的関係を持つことを禁じられているが、
ネンカム氏が関係を持った「明らかな証拠」が見つかったためだという。
ネンカム氏には子供がいるとの情報もある。

一方、法務省の特別捜査局は、ネンカム氏が15歳以下の児童への性的虐待の
疑いがあるとして本格的な捜査を始めた。

2013/07/14 16:09 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013071401001334.html

56 :sage:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:fDR4ov4O
スマナサーラがブレイクしたのが1995年8月放送NHK教育テレビ「心の時代」
簡潔明瞭に人間の実態を解説した
すべて「無常論」を基盤として仏教を説いている

57 :神も仏も名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:+wHpI1xi
スリランカ仏教シャム派日本大サンガ主任長老・日本テーラワーダ仏教協会長老
アルボムッレ・スマナサーラに対する既出の批判や知識の一部を箇条書きにした。

●スマナサーラ長老はスリランカ仏教に長い伝統があるように主張しているがこれは嘘である
●近代スリランカ仏教はサンガが途絶えていたものを1753年にタイから再輸入した事に復興の始まりがある
●その後、スリランカは1796年からイギリスの植民地となり以降、仏教は風前の灯となる
●植民地下に神智学協会会員であり大戦中の日本の躍進に鼓舞されたシンハラ人の
ダルマパーラ(1864〜1933受戒1933年)は自分達をアーリア人種だと信じるシンハラ人の
民族的自意識と仏教復興運動を結び付けナショナリズムを煽るために奔走した
●この為スリランカは仏教が特定の人種、ナショナリズムと結び付くという特異性を持つに到る
●オカルト団体である神智学協会の庇護の下、ようやく復興できたのがスリランカ仏教であり
同協会のブラヴァッキーとオルコットの活躍なくしてスリランカ仏教のスリランカ現地における隆盛はない
●イギリス植民地から独立し仏教が本格的に復興したのは第二次世界大戦以降であり
スリランカ仏教は度重なる壊滅を経て第二次世界大戦、復興された新宗教である
●これを伝統宗教というなら日本の新宗教の多くが伝統宗教からの派生なので伝統宗教になる
●日本テーラワーダ仏教協会は本体の土着性、新興性を隠した上で作られた新宗教である
●スリランカ仏教が度重なる壊滅を、経たことに触れずに伝統を騙り他宗教を揶揄し学問と
しての仏教や文献学まで否定し自派の優位を装うスマナサーラ長老のやり口は異常である
●スマナサーラ長老はヴィパッサナーをお釈迦さまの瞑想法と主張しているがこれは嘘である
●スマナサーラ長老が広めているヴィパッサナー瞑想法はマハーシ(1904〜1982)により
1942年に発表され第二次世界大戦後、普及した新興の創作瞑想法である
●マハーシがネタ元として挙げる大念住経等の経典とこの瞑想法は乖離していることで知られる
●長老は新興の瞑想にありもしない伝統と結果が伴わない効能を吹聴し商売している
●本人や取り巻きがその効果を否定しているが、一向に省みる気配はない
●長老の指導を受け離反した著名人達は過去の長老との深交に触れず黙秘する傾向にある

58 :神も仏も名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:+wHpI1xi
●スマナサーラ長老は一神教の異教徒虐殺を批判することが多いがこれには情報隠蔽がある
●最初に悪いものを見せておけば後から見せるマシなものが相対的によく見える(対比効果)
●スリランカの仏教徒は現代に勃発したスリランカ内戦(1983〜2009)において
ヒンドゥー教徒大虐殺を行っている
●スリランカ国民の多数派の仏教徒は自らをアーリア人種であると信じるシンハラ人が大きな割合を
占め、一方で国民の少数派のヒンドゥー教徒はトラヴィダ系のタミル人が大きな割合を占める
●イギリスは植民地時代にタミル人を重用しシンハラ人を統治させる分割統治を行う
●独立後、シンハラ人はシンハラ人を優遇する法案を通しタミル人を排除しようとした
●これが対立の始まりでスリランカ内戦は民族紛争だとも宗教戦争だとも言われる由縁である
●1972年セイロンからスリランカ共和国に国名変更し新憲法により仏教最優先の地位が与えられた
●セイロン島において仏教とヒンドゥー教との争いは歴史上、何度も起こっている
●スマナサーラ長老のヒンドゥー教、他宗教蔑視は母国における仏教徒による異教徒迫害と無縁ではない
●スマナサーラ長老はヒンドゥー教のカースト差別を批判してみたり日本の江戸時代の身分制度に
触れてみたりして仏教の平等思想を称揚するが情報隠蔽した上での印象操作である
●スリランカには、いまだにカースト制度がある
●スマナサーラ長老のスリランカ仏教シャム派はカーストによる出家差別を行っている
●スマナサーラ長老は出身派閥の暗部に触れず称号まで貰い、異教の差別や戦争ばかり弾劾する
●スマナサーラ長老のスリランカ仏教シャム派から名誉称号を貰った人物には桐山靖雄がいる
●長老は著書でスリランカ人を毛嫌いし日本人を馬鹿にするような発言を繰り返している
●スリランカ仏教寺院ではヒンドゥー教のデーヴァを祀り、重要儀礼で占星術を執り行う
●長老はこういった事実に触れず自らも呪術を弄ぶくせ異教の呪術に対し批判をしている
●歴史上スリランカで上座部が残っていた時期があるのは彼らが王権に取り入ったためである
●長老は過去のスリランカにおける大乗隆盛に触れずに「大乗は論破して追い出した」ことにしている

59 :神も仏も名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:+wHpI1xi
●スマナサーラ長老は一神教の異教徒虐殺を批判することが多いがこれには情報隠蔽がある
●スリランカの仏教徒は現代に勃発したスリランカ内戦(1983〜2009)において
ヒンドゥー教徒大虐殺を行っている
●スリランカ国民の多数派の仏教徒は自らをアーリア人種であると信じるシンハラ人が大きな割合を
占め、一方で国民の少数派のヒンドゥー教徒はトラヴィダ系のタミル人が大きな割合を占める
●イギリスは植民地時代にタミル人を重用しシンハラ人を統治させる分割統治を行う
●独立後、シンハラ人はシンハラ人を優遇する法案を通しタミル人を排除しようとした
●これが対立の始まりでスリランカ内戦は民族紛争だとも宗教戦争だとも言われる由縁である
●1972年セイロンからスリランカ共和国に国名変更し新憲法により仏教最優先の地位が与えられた
●セイロン島において仏教とヒンドゥー教との争いは歴史上、何度も起こっている
●スマナサーラ長老のヒンドゥー教、他宗教蔑視は母国における仏教徒による異教徒迫害と無縁ではない
●スマナサーラ長老はヒンドゥー教のカースト差別を批判してみたり日本の江戸時代の身分制度に
触れてみたりして仏教の平等思想を称揚するが情報隠蔽した上での印象操作である
●スリランカには、いまだにカースト制度がある
●スマナサーラ長老のスリランカ仏教シャム派はカーストによる出家差別を行っている
●スマナサーラ長老は出身派閥の暗部に触れず称号まで貰い、異教の差別や戦争ばかり弾劾する
●スマナサーラ長老のスリランカ仏教シャム派から名誉称号を貰った人物には桐山靖雄がいる
●長老は著書でスリランカ人を毛嫌いし日本人を馬鹿にするような発言を繰り返している
●スリランカ仏教寺院ではヒンドゥー教のデーヴァを祀り、重要儀礼で占星術を執り行う
●長老はこういった事実に触れず自らも呪術を弄ぶくせ異教の呪術に対し批判をしている
●歴史上スリランカで上座部が残っていた時期があるのは彼らが王権に取り入ったためである
●長老は過去のスリランカにおける大乗隆盛に触れずに「大乗は論破して追い出した」ことにしている

60 :神も仏も名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:7PdvzG31
>>57-59
じゃあ書籍化して広めてみなさいよ
長老と同じ土俵に上がってからものを言ってもらおう

61 :神も仏も名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:7PdvzG31
そもそもプラユキ師も天野和公さんもティク・ナット・ハン師もポー・オー・パユットー師もウ・コーサッラ師も
長老に対して致命的な異議を唱えたりしていないじゃないですか?
彼らが単純にサンガの和を乱したくないから何も言わないと思っているんですか?
止めましょうよ そういうの いくら他宗教にキツくあたったり、発言が悪かったりしても
それよりその「口の悪さ・批判的」なのを「(仏教的に)何かあるな」と思って勉強した方が有意義じゃないですか?

>>57-59のやっていることは広義の五逆罪における破和合僧・・教団を破壊すること…じゃないですか?
日本全国に広まっているテーラワーダ仏教全体をバラバラにしかねませんよ?

62 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:Ltal2B7Z
●長老は仏教は科学と謳う割に科学的知識と方法論に無知で文献学まで否定している
●科学と謳う割に重要部分で再現性や反証可能性を保証しない長老のやり方は筋が通っていない
●仏教は科学だと言い張る長老に対してはその主張に対して科学的方法論に則った証拠を
要求できるが信者は喜んで妄想に従い、長老は教義の根本を疑われると怒るだけである
●こういった証拠によって裏付けられない事実の主張を事実もどきという
●長老の教えは非科学で教えの根本は事実もどきであるが布施をすれば功徳になる
仏法僧に貢げば業が良くなる等と吹聴しコストゼロの極めて合理的な集金には成功している
●他人の誇大妄想的信仰をせせら笑いながら無謬で全知の一切智者釈迦を説く長老は二枚舌である
●長老は罪業の区分をサンガと僧侶中心の官僚機構優位に定め他の職業を差別している
●俗世間に衣食住を依存し、社会に寄生し自らへの寄付は功徳になると謳う長老は愚かである
●サンガを重要視させながら消費、テレビや音楽の視聴等の破戒を行う長老は言行不一致である
●「怒ってはいけない」と言いながら長老本人は常に怒っていて言行不一致である
●そもそも長老には自らの言行不一致が人に悪印象を与えるという概念がないようである
●信者によれば長老の怒りは「怒っているようにみえるだけ」らしい
●長老信者の主張によれば長老による外部に対する、批判は構わないが長老が批判されない
●この様に日本テーラワーダ仏教協会は否定的情報の封殺に非常に熱心な組織である
●長老たちがよそを糾弾する場合、必ず自分達に全く同じような問題がある
●スマナサーラ長老による他宗教の問題点の指摘は長老の正しさを全く保証しない
●長老信者は長老のおかしさを指摘されると「大した問題ではない、異教よりまし」等と適当に逃げる
●スマナサーラ長老シンパは、長老批判を異教徒による妬みと解釈する傾向にある
●不都合な事実に触れたとき認識をねじ曲げるこのような態度を認知的不協和の発生という
●認知的不協和とは社会心理学用語で、カルト信者によく見られる反応である
●長老と旧知の仲の長老の『怒らないこと』などの著書を出版するサンガ社長は物惜しみによる
怒りに我を忘れタクシー運転手相手に傷害事件を起こし代金を踏み倒し強盗で逮捕されている

63 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:Ltal2B7Z
●スマナサーラ長老は多くの著作で知られるが、本人は漢字がほとんどわかっていない
●スマナサーラ著となっている書籍の多くが口述筆記か録音の書き起こしであると推測される
●スマナサーラ長老の説法は著書と違い不明瞭で聞き取りにくく支離滅裂であることが多い
●ブッダの実践心理学など専門書の出版が遅れるのは支離滅裂な語りを纏めるのに
難渋するからだと推測され同書の執筆は「長老が嫌いな浄土真宗」の住職藤本晃である
●スマナサーラ長老は漢字が余り読めないことを公言しているが自称道元研究者である
●長老は日本語を読むとき漢字と平仮名を分けて別々に読んで文章を綜合するので時間がかかる
●長老が古文で綴られた道元の正法眼蔵をどうやって読んだかは謎に包まれている
●スマナサーラ長老は「アートマンがないからこそ輪廻する、心のエネルギー保存則」など
という意味不明の理論で長年の仏教の無霊魂論に対する批判に対し思考停止している
●Wikipediaの日本テーラワーダ仏教協会、アルボムッレ・スマナサーラ、スリランカ仏教など
日本テーラワーダ仏教協会関連の記述はajita氏、naagita氏により支配されている
●ajita氏、naagita氏両名は、佐藤哲朗氏のコテハンと出家名と同じであることが知られている
●長老は宮崎哲弥や苫米地英人といった思想的敵対者を出版社のセッティングで無自覚に
取り込んでいるが、苫米地との対談を出版するか否かを決める裁量権も持たないようである
●これを決めるのは元一時出家者の日本テーラワーダ仏教協会事務局長佐藤哲朗のようである
●日本テーラワーダ仏教協会シンパは佐藤哲朗を筆頭にブッダダーサなどテーラワーダ系著名人の業績まで
否定する傾向にあり他人の梯子外しには必死だが自分達は安直な信仰・結論に居座る
●この佐藤哲朗という男は入信前はスリランカ仏教の問題点を早くから指摘していた人物である
●長老は輪廻と業思想に対する質疑には嫌悪感を露にし根拠を提示出来ずスッタニパータの
アートマン思想と自らの無霊魂論、仏典無謬説にも整合性を保てず詭弁に終始している
●輪廻と業思想が批判されるのはスリランカ仏教の如く差別と結び付き長老のような
詐欺師の金儲けの道具になるからである
●長老のように外部にばかり辛辣で同じ問題を持つ自分に甘い教祖として文鮮明が挙げられる

64 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:Ltal2B7Z
●スマナサーラ長老の布教戦略の特徴は誇大広告と異教を叩くことにより
見せかける比較優位の演出と自派の大問題にあえて触れない隠蔽体質にある
●スマナサーラ長老は自律訓練法程度の歴史しかない自派の瞑想法で仏陀が悟ったと主張し商売する
●スマナサーラ長老は瞑想で前世を思い出せると主張するが第三者から見れば
長老が嫌うキリスト教信者の語る「神の実在の確信」と大差がない妄想である
●スマナサーラ長老は<業>で決まる<輪廻>が存在し仏教を実践することで
<悟り>を得て、苦である輪廻から<解脱>できると説いているが<>内の現象が
存在する証明を客観的に行ったことはないし詰まる所、証拠がない師の信仰でしかない
●仏教が宗教である以上、証明不可能な概念を信じるのは自由であるが長老は
仏教が科学であると称し他の宗教は妄想とせせら笑い、差別化を図っている
●瞑想で前世を思い出したと考えることと前世の存在の有無は別問題である
●悟りという脳内現象が存在するのとそれに対する説明体系が妥当か否かは別問題である
●スマナサーラ長老は心が物質を作り、現代が物質的に豊かなのは業が
良いためである、などと疑似科学の典型のような主張を行っている
●長老が説く因果法則、業とは徹底して比丘やサンガという官僚機構優位に作られている
●長老の主張では生物、酒類、兵器の売買に関わる商いは恐るべき悪業を積むことになる
●長老は三宝誹謗や聖者を傷付ける事は地獄行きであり、サンガや僧侶への
寄付、寄進は最高の功徳であると説いている
●輪廻と業思想を利用し大衆から搾取し安逸を貪っているのは長老のような自称比丘に他ならない
●スマナサーラ長老は餓鬼が二、三匹まわりにいるなどと主張しているが
これは統合失調症等の精神疾患の可能性を示唆するものである
●スマナサーラ長老は心を鍛えたら空を飛べる、古代文献にそんな記述が
あるのがその証拠などという麻原を彷彿とさせるトンデモ与太話を平気で語る
●スマナサーラ長老は異教徒が同じようなことを語れば徹底的に攻撃する

65 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:Q+d2MKwP
>そもそもプラユキ師も天野和公さんもティク・ナット・ハン師もポー・オー・パユットー師もウ・コーサッラ師も
>長老に対して致命的な異議を唱えたりしていないじゃないですか?
ティク・ナット・ハンやポー・オー・パユットーはそもそもスマ長老のことを良く知らないんじゃないかな?

>彼らが単純にサンガの和を乱したくないから何も言わないと思っているんですか?
顔見知りの人はもちろんそうなんでしょ。狭いギョーカイだから摩擦をさけるんだろうね。
個人的には嫌いな処世術だけれども。

66 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:Q+d2MKwP
>止めましょうよ そういうの いくら他宗教にキツくあたったり、発言が悪かったりしても
>それよりその「口の悪さ・批判的」なのを「(仏教的に)何かあるな」と思って勉強した方が有意義じゃないですか?
昔はそのように善意に解釈しようとしたことはある。
今は「(仏教的に)何かあるな」と思わせて自分の主張を通すための(たちの悪い)話術なのだと思っている。
勉強するのは有意義。確かに。スマナサーラを避けて、直接上座部諸国に学びに行くのも一つの方法。

67 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:Q+d2MKwP
>広義の五逆罪における破和合僧・・教団を破壊すること…
ならない。事実の指摘で壊れる教団なら、所詮はその程度。

>日本全国に広まっているテーラワーダ仏教全体をバラバラにしかねませんよ?
スマナサーラ教は壊れるだろうね。そもそも母体のシャム派がまともじゃないし、それは仕方がない。
他のテーラワーダ仏教は(それが、まともなものであれば)大丈夫なんじゃないかな?

68 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:Q+d2MKwP
【テーラワーダ仏教】ブッダの教えと冥想の実践9 のスレにおいて
>※ここはテーラワーダ仏教全般について語るスレであって、
>日本テーラワーダ仏教協会やそこの所属比丘についてだらだら語る場ではありません。
とか書かれちゃうんだから、スマナサーラ長老とそのシンパが他の上座部界隈から、
煙たがられているのは間違いないと思う。

69 :神も仏も名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:aySo6OMa
●スマナサーラ長老はイスラム教徒がほとんどいない日本でイスラム批判を行う愚か者である
●日本テーラワーダ仏教協会は書籍の中国語訳などに熱心な教団で、他宗教批判でシェアを
拡大しているが仏教圏以外の異教徒の耳にきちんと届くよう批判の外国語訳をしようとはしない
●上記のように長老は日本における宗教的マイノリティの信仰の否定にも余念がない
●スマナサーラ長老は因果法則は普遍的であるかのような主張をしているが師の語る因果法則は原始的で
場合分けが出来ていない妄想であり特定の集団を利する為に作られている周到な作為の産物である
●長老の考える科学とはカーゴカルトサイエンスのような疑似科学に過ぎない
●スマナサーラ長老は「仏教は宗教ではない」という妄想を、ごり押ししているが
日本テーラワーダ仏教協会の宗教法人格の取得に熱心であったことで知られる
●長老は仏教は科学だと言うが、科学的には仏陀は側頭葉てんかん等脳機能障害の可能性が高い
●仏教は科学だと言い張る長老は悟りに対する脳科学的見解は都合に応じて却下する
●そもそも宗教ではない団体が宗教法人格を取得するのは脱税目的の詐欺である
●日本テーラワーダ仏教協会の集金手法の一端は『実況中継!日本テーラワーダ仏教協会の変質』という
ネットに転がっている、2ch過去スレの中の協会内部文書に詳しくそこには長老に対する疑惑の
ひとつ、破戒行為『蓄財』の根拠とされる寺院建設時の長老による出資が記されている
●日本テーラワーダ仏教協会は長老の著書を無料で配布したりしているが
これは布施狙いの、「返報性の法則」の利用に過ぎない
●「返報性の法則」とは受けた恩は返さずにいられないという人間心理を
利用したマインドコントロールのテクニックである
●この手法はクリシュナ意識国際協会が有名にし、多くのカルトで利用されている
●初期仏教や絶え間なき法統といった「権威」を騙るのはマインドコントロールの手法である
●業、輪廻、地獄といった「恐怖」を持ち出すのはマインドコントロールの手法である
●恐怖を植え付けて権威をちらつかせ恣意的救済を提示するのがカルトの常套手段である
●スマナサーラ長老は自らがカルトの常套手段を用いながら他のカルトを批判する

70 :神も仏も名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:aySo6OMa
●スマナサーラ長老のヒンドゥー教批判は過度の一般化と偏見に満ち溢れており、
なんら妥当性のない代物ものである
●一例を挙げればクンダリニーヨガをヒンドゥー教一般の体系のように語り偏見の眼差しで揶揄する
のはミスリード以外の何物でもない
●長老はヨガのアーサナを身体を柔らかくしてどうすると理屈すらなく馬鹿にしている
●長老は日本は金儲けばかりの国だがスリランカにはアーユルヴェーダという素晴らしい文化が
あると主張しているが日本でも以前からアーユルヴェーダが定着しつつあり、そのインド由来の
アーユルヴェーダ理論は長老が否定するバラモンのサーンキヤ哲学に基づいている
●スマナサーラ長老は大乗経典創作を批判しているが原始仏典とされるものは
仏陀没後、数百年経て得体の知れない人達の口伝を文字化したものに過ぎない
●長老が評価する指導者にはクリシュナムルティが挙げられるが彼の思想に
対する解釈はご都合主義的で、彼本人への理解は誇大妄想に満ちている
●長老はクリシュナムルティを「少なくとも預流果」だと憶測し仏教的真理の
体現者の例として仏教の素晴らしさを引き立てる道具に仕立て上げてしまう
●「真理に到る方法はなく、方法そのものが真理から遠ざける」と主張した
クリシュナムルティに「方法論がない」と批判する長老は根本的にどうかしている
●長老が道元など立場の違う者を評価する時は自派の優位性を騙る道具及び瞑想のネタ元としてである
●長老が真理に到る方法論として提示するのがマハーシが近年創作した瞑想に
新宗教に過ぎないスリランカ仏教を加え長老の神秘主義的妄想とありふれた
自己啓発をごった煮にしたようなニューエイジ風の意識の進化論に過ぎない
●長老やスリランカ仏教徒を見ればその方法論とやらの対効果は極めて怪しく有害ですらある
●長老はチベット死者の書を間違った法則があると批判しているが長老の
著書とされる『死後はどうなるの』は単なるトンデモ本である
●長老は人生は無意味だという主張をする割には輪廻からの解脱という意味にすがる

71 :神も仏も名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:aySo6OMa
●長老は故・ラジニーシを非常に汚い言葉で中傷しているが自分の問題の投影であり器で
言えば釈迦を盾に安全圏から石を投げるような姑息な手法が特徴の長老は世界的な活動を
行い生涯を通じ命を狙われ続け米政府から国外退去命令まで受けた彼の足元にも及ばない
●長老はラジニーシや麻原など自分と似たようなグル体質の人物を探して来ては批判する
●長老は地下鉄サリン事件を批判してもスリランカ仏教徒の異教徒虐殺に触れない
●長老はバガヴァッド・ギーターを戦争肯定していると批判するがスリランカ仏教徒の異教徒虐殺に触れない
●長老はラーマクリシュナをバカにしているがその揶揄は初歩的な無知と偏見に基づいている
●長老のラーマクリシュナやインド哲学に対する無知はネットで専門家から論難されている
●こういった長老による他者に対する一知半解の知識に基づいた誹謗中傷を
信者が真に受けて同じように撒き散らす姿はネットで頻繁に見られる光景である
●長老は法話でムハンマド風刺映画に反するテロを批判しているがスリランカ
ではキリスト教会に対し仏教僧侶がテロを行うのは日常茶飯事の光景である
●スリランカの比丘は大挙してイスラムのモスクに押し寄せ破壊活動に興じる
●スリランカの比丘はスリランカ政府軍に祝福を与える
●長老はこういったスリランカの実態に触れず自らも敵愾心を煽りながら排他的宗教を批判する
●原始仏典には修行を怠るなとしつこく書いてあるのに長老一味は排他的なアジに夢中である
●スリランカでは土着の神と仏陀が習合したサマン神がポピュラーである
●スリランカでも、天部がポピュラーであり仏教徒は現世利益を祈願する
●長老の騙るような長老基準で合理的な仏教は自称仏教原理主義者の長老の脳内にしか存在しない
●スマナサーラ長老は「日本は遅れている」と主張しているがスリランカは
宗教紛争が熾烈で仏教徒がヒンドゥー教徒を虐殺する国家であり経済的には
貧困率が高く政治的には露骨な仏教徒優遇措置を採用する状態にある
●排他的、選民主義的という意味において長老はスリランカ仏教の最も正統な嫡子である
●長老は場当たり的で矛盾だらけの詭弁と風説流布を対機説法と考えているようである

72 :神も仏も名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:g6FeaCiI
>>65-68
ごたくはいいから>>69-71までの「事実の指摘」とやらを書籍化してからにしましょうよ
そうじゃないと長老と同じ立場にたって話をしていないのですから
ネットという安全圏から書き殴っているだけじゃ「事実かどうかも不適格」になりますよ?
ネットストーカーとかガスライティングじゃあるまいし

73 :神も仏も名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:LYNAfp5q
>「事実の指摘」とやらを書籍化してからにしましょうよ
書籍化されようがされまいが、事実は事実、間違いは間違い。

>安全圏から書き殴っているだけじゃ「事実かどうかも不適格」になりますよ?
安全圏だろうが危険域だろうが、事実は事実、間違いは間違い。

74 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:SR3c1ifo
●佐藤哲朗は文化相対主義を批判しているが宗教という領域においてその
主張に妥当性はなく排他的新宗教の恣意的価値基準を重視する理由は更にない
●無宗教者から見れば神に対する信仰も悟りに対する信仰も大差がない妄想である
●宗教は立場が異なれば妄想に過ぎず『仏教は心の科学』なる空虚な嘘を流布
するのも科学は客観的で、宗教は個人的信仰であるという社会通念がある事を
知った上での物言いに過ぎず、よそを独善的尺度で裁くことは争いに通じる
●上座部仏教の僧侶は227種の戒律があり、特に重要な項目として十戒があり
その中で不促金持戒によりお金に触れない事を規定しているが長老は自ら
買い物に行くことを法話や著書で漏らしている
●更に重要な戒律である八戒の不歌舞観聴戒では音楽や芸能を観たり聴いたり
しないことを規定しているが長老はテレビや映画や音楽を視聴していることを
法話や著書で話してしまい下手な言い訳に終始する体たらくである
●長老はそもそも不妄語戒も守っていないしハ正道すら実行する気がないようである
●仏教の教えと戒律を守らないのは長老を筆頭に世界の比丘も同じであるが
長老は異教徒の些細な歪みや矛盾すら許容できず鬼の首を取ったように攻撃を
行い、サンガに貢げば功徳になると仏法を蔑ろにする自分への服従を促す
●日本テーラワーダ仏教協会信者は「そんな悪事、宗教はみんなやっている」と
「仏教は宗教ではない」という様なダブルスタンダードを都合に応じて使い分ける
●信者の二重思考の核には心地よい妄想と、結果に対して無責任で済む心の進化なる
現実逃避の階梯を与えてくれる長老に対する信仰を守ること以外なんら一貫性がない
●スマナサーラ長老は信者が少なかった頃はもう少し表面的には謹み深かったことで知られる
●こういったグルと狂信者拠り合って異様な信仰に陥る様をグルイズムと呼ぶ
●日本テーラワーダ仏教協会はネットを商用しているが長老はネットを肥溜めと呼び批判封殺している
●「自分は良くて他人はダメ」これが日本テーラワーダ仏教協会の真理である

75 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:SR3c1ifo
●長老は「批判は気にする必要はないのです」などと説いているが宗教法人は
公益法人であり、社会的責任が存在するし師は「悪人が他人を批判する」等と
主張し批判から逃避する教えを説き、自身は罵詈雑言を吐きたい放題である
●長老はヒンドゥー教は仏教の教えを盗んでいると主張しているが母国の
仏教徒はバラモン教由来の神々を祀るのみならず長老本人がバラモンの
儀式から来た聖糸儀礼を執り行いパリッタなる呪文を唱える
●スリランカでは占星術に従い祭りの日取りを決めるエサラペラヘラ祭に
おいてシャム派の比丘が祭祀を執り行い呪術儀礼の中心的な役割を果たす
●スリランカの史書・島史によればスリランカには仏陀が直接、来たことになっている
●スリランカ土着の神と仏陀が習合したのがエサラペラヘラ祭で祀られるサマン神である
●長老はこういった事実に触れずに異教徒の呪術、占い、神を迷信だと攻撃し祭りまで罵る
●長老は非常に短い歴史しかないシャム派の『権威』には驚くほど従順であり
他宗教なら長老が徹底的に揶揄するであろう奇抜な出で立ちで来日した現地の
法王一団に時限爆弾でも抱えたかのような緊張の面持ちで平身低頭し付き従う
●長老は『仏教』をひとくくりされることを非常に嫌い大乗非仏説に基付き
大乗仏教との差別化を計っているが多様性を誇るヒンドゥー教を自分が
批判する際には具体的な学派名や派閥を挙げて批判することは稀である
●長老の主張する所によれば輪廻を生きる神々に比べて解脱した仏陀の方が
格段に偉く神からすれば臭い人間である仏陀のそばへ功徳を積む為にわざわざ
やって来ては対話に勤しんだらしい
●長老はこういった信仰告白を得意気に行う割に一神教の絶対神のみならず観音信仰など
他人の信仰を嘲笑し、自分は「知らないことは何ひとつない全知」という意味での
一切智者釈迦を信じ、「釈迦はブラックホールまで知っていた」「震災が起きたが釈迦を
祝い多大な功徳を積み死者に廻功する」云々と主張するほど極端な盲信に陥っている

76 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:SR3c1ifo
●長老は仏教でしか苦である輪廻から解脱出来ないという信仰を説いている
●一方で長老は自分達正統な仏教の比丘・サンガに逆らうと何劫もの間、地獄に落ちると脅迫している
●長老は著書や法話で地獄の恐ろしさを陰湿且つ執拗に説き続けている
●長老は都合に応じてユートピアのようなありもしないサンガの姿を描写する
●長老は仏陀は全智で間違えないと人々を洗脳しているが、その無謬の仏陀の
教えを奉じる上座部仏教の多くは権力と癒着し大衆から搾取し腐敗している
●ヴィパッサナーで知られるゴエンカも自らを弥勒菩薩と称し個人崇拝的なセクトを作っていた事で知られる
●長老は時として自分を持ち上げる為だけに、現行のテーラワーダ仏教徒すら貶める
●長老は事実上、自分の教えに服従するのが、最善であると人々を唆している
●長老は自分の信者から預流果が現れていると何の証拠も提示できないことすら仄めかす
●長老は恐怖と自己の偉大さを刷り込み、心の進化や社会的成功、解脱など欲を植え付け信者を操る
●長老自信は信者からの「長老は悟っているのか?」という質問に対して
「何ですかこのワイドショーは?!」等とはぐらかし答えようとしない
●自らの悟りの境地について偽証する事は大妄語戒に反しサンガ追放であるとされる
●修行が深まり悟りに近づくと現れる六神通があるとされるが長老は信者の
前世診断などの要求に窮した為か自分に神通力がない事を告白している
●長老に神通力があると信じる信者も一部に存在するが科学的仏教を標榜する
長老に関しては、まず神通力の存在自体を証明すべきである
●長老は「長老が在ると主張し商売道具にしている」悟りに近付いてすらいないようである
●長老は輪廻思想及び業思想は仏教起源でありウパニシャッドが盗んだと主張している
●世界には輪廻思想と業思想に由来する様々な差別と問題がある
●アンベードカルの反カースト運動に執拗に反対したのが輪廻説に固執した上座部の比丘である
●長老は仏教のもたらした功罪の功に触れても罪に触れることは非常に稀であり例え
触れても比丘個人や環境の所産であると主張し仏教の教義に懐疑的になることはない

77 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:wT+oeewl
>>73
なんだその「嘘でも10回言えば本当になる」みたいな言い方は?

78 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:+3gNA18G
それほどテラワーダ系の信者が増えているのか
信者が何人くらい日本にいるのかな?

79 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:wT+oeewl
>>78
長老がたくさん書籍を出しているおかげでテーラワーダ仏教の信者が増えていると思い込んでいる人が多いと思われ
単純に面白いから書籍を買って読んでいる人もいるかもしれないのに…
1つの街に1つ精舎が建つくらいの勢いでもないかぎり「増えている」実感が沸かない
お寺や神社や教会だって1つの街に1つ以上あるから

80 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:+3gNA18G
若い人が目につく、日本に於いて既存仏教が
本来のあるべき姿を失っているから
宗教としての受け皿が無くなっている。
この事はオウム事件を見ていて、余計その観を
強く思っている。上座の研究をしてみて
なるほど、増えている意味がよくわかる

81 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:wT+oeewl
>>80
そうすると、「あるカルト*その実態と対策」ホームページにあるアフェリの書籍
「誤解された仏教:秋月 龍 著」でしょうか?
今ちょこっと目を通してみたのですが、長老が喋っていたことと似たり寄ったりなこと話していて
そんなに酷いカルチャーショックは起きていません

…最後まで読んだら大どんでん返しがあるのでしょうが…

スマナサーラ長老が「駄目(カルト)」なら何を代わりにしたら「お釈迦様の教え」に近づけるのか?
この問いが結構難物だったりします

82 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:6MhKPnb4
>なんだその「嘘でも10回言えば本当になる」みたいな言い方は?
それは72さんに言ったら?
書籍化してもしなくても嘘は嘘だし、事実は事実。
1回でも10回でも1000回でも同じこと。
スマ長老が同工異曲の本を何冊出そうが、事実は捻じ曲げられない。

83 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:6MhKPnb4
>…最後まで読んだら大どんでん返しがあるのでしょうが…
秋月龍aのその本、最後まで読んでも特にどうということは書いていないよ。
僧籍にありながら我流の断見仏教を語っているだけ。
彼は道元と違って「三世の因果」を信じない。

84 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:EbDxl74t
●長老は気に入らないものにすぐにレッテルを貼り糾弾する
●長老信者は長老を危険視する人物にレッテル(大乗、創価etc.)を貼り攻撃する習性がある
●スマナサーラ・マハーシ式の瞑想が批判されるのはそれが贋作だからという理由だけでなく
内面的には粗雑な言語機能で感情を抑圧し、外面的にはレッテル貼りで自己と
外部を徹底的に分離し素朴二元論めいた世界観を構築してしまう弊害にもある
●サンガか娑婆か仏教か外道かといった二値的論理と排他的な思考から抜け出せない長老の如く
●長老はヴィパッサナーに疑念を呈されると「偉そうに文句を言う」などと思考停止に陥る
●スリランカでは国民の多数派で仏教徒であるシンハラ人と、国民の少数派で
ヒンドゥー教徒が多くの割合を占めるタミル人との争いが熾烈を極める
●長老が大サンガ主任長老を務めるスリランカ仏教シャム派は農民カーストで
あるゴイガマに出家を限定しているためアマラプラ派などの分派を招いた
●シャム派とはスリランカで滅んでいたサンガをシャム(現在のタイ)から僧を
招いて1753年に復興させた事に由来する名称である
●その後、植民地支配を受けた為スリランカ仏教が本格的に出来上がったのは
第二次世界大戦以降であり、それに対し長老が標榜する初期仏教という言葉は
仏陀の生存時から150年程の教えを指すものであるので端的な詐称である
●長老は文献学を否定しておきながら『初期仏教』という文献学用語で箔付けしている
●長老は現地で最大派閥であるシャム派に十三歳から自分の意志で入信したと主張している
●長老の狂信や差別意識は母国で洗脳されたことに大きな要因があるとも言われている
●長老が批判されるのは母体が危険宗教だという理由からではなく自分自身や
出身母体と同じ問題を持つ他者を攻撃し根本的な自己批判を行わない為である
●カルト宗教に洗脳された人間は長老のように自分の強迫観念や妄想を人に共有させようとする
●長老の教えは近年、虚構性を暴かれているが信者は嘘を知りながらいまだに
妄想にしがみ付き狂信を人に感染させようとネット等で様々な活動を行っている

85 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:EbDxl74t
●長老はカルトを批判することが多いが自分自身がカルトの手法を踏襲していると言われる
●カルト創設の第一歩は
<1・独自の、社会的真実を作る>ことである
●社会的真実を作るのに便利な方法が独自の言語と専門用語を作ることである
●長老のパーリ仏教用語使用と妄想に基づいた排他的選民思想流布は内集団と外集団を分かつ
のに効果的であり自称初期仏教長老は社会的真実を作るにはメッセージを繰り返すことが重要で
「嘘も繰り返せば真実になる」ということをしっかり認識しているようである
●カルトを作るには
<2・グランファルーンを作る>ことが有効である
●「所属していることに誇りを感じるが意味のない人間同士の連帯」をグランファルーンという
●グランファルーンを作る為には信者からなる内集団と救済されていない他者からなる外集団が必要である
●例:お釈迦様の伝統を継ぐ科学的で唯一解脱可能な初期仏教のサンガvsその他ダメダメな諸宗教
●グランファルーン法のもうひとつの側面は外集団に憎しみを植え付けることである
●長老が「釈迦の教えから逸脱した大乗仏教」といった敵意の植え付けを頻繁に行うが如く
●カルトは信者のコミットメントを次第に強めることにより、服従を確実なものにすることができる
●例:法話は入場無料でいいですよ→ボランティアを募集します→良ければお気持ちだけで構いません
善男善女による布施を任意でお願いします→お布施の額は記帳して下さいね(奉加帳方式)→
お布施が一定額を越えると会報に名前を載せます→福田たる比丘が集うサンガを作る為に土地や
寺院建設費を寄進することは最高の功徳になりますよお願いします(会報や著書折り込みで金無心)
●このように最初の低い要求から徐々に大きな要求を受け入れさせるコミットメント強化の
方法をフット・イン・ザ・ドアテクニックというが最初のコミットメントから心理的な損切りを行うのは
容易なことではないと言われる
●不協和を正当化するためにさらに多くのことを進んでするようになる
<3・不協和の低減を用いてコミットメントを引き出す>のである

86 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:EbDxl74t
●「お釈迦様直伝の瞑想法を受け継ぐ」初期仏教の長老という様な虚飾の権威を持ち出したりして
<4・教祖の信頼性と魅力を確立する>のも、重要である
●嘘は小さな無数の事実に大きな嘘を織り混ぜると効果的である
●例:我々の教えはパーリ仏典に依拠する(小さな事実)→我々の教えはお釈迦さま直伝(大きな嘘)
●アビダルマのような煩瑣な重箱の隅つつきの理論で思考を型にはめキリスト教や大乗といった
仮想敵相手に護教ごっこさせることは信者のコミットメントを更に強め反論に対する免疫を与える
●恣意的に定めた救済基準で
<5・未救済者を救済するために信者を送り出す>のである
●文化相対主義を否定する一方、自分達の撒き散らす害悪には無自覚で「大乗は概ねカルト」
「キリストは精神不安定なオッサン」と他者を断罪し破邪顕正ごっこに夢中な佐藤哲朗が好例である
●結果を見ればスリランカ仏教ほど現代社会で実際に悪影響を及ぼしている仏教は珍しいにも
関わらずよそを批判して現実逃避できるのもタコツボ型の護教学を学ぶことで得られる果報である
●ネットは肥溜め、批判は気にするな、サンガを誹謗する者は地獄行きと
<6・信者達を好ましくない意見から遠ざける>ことも重要である
●ニルヴァーナ、苦である輪廻からの解脱、布施をして功徳を積めば業と来世がよくなる等
<7・信者の視野を幻に集中させる>ことは教団への奉仕に、強力な動機付けを与える
●以上7つが『プロパガンダ』(誠信書房)、第七章「カルトの教祖になる方法」の
要点であり見事にその手本となっているのが長老である
●『完全教祖マニュアル』(ちくま新書)を読んで
「支離滅裂なことを喋っても、後から知識人が勝手に理屈を付けてくれますよと。
それを読んで、私は聖書を思い出したんです」と法話で自分を一切、省みず放言する長老
●その長老自身は仏陀を利用し、嘘で塗り固めたカルト教祖、差別主義者のひとりに過ぎない

87 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:xAM5POH4
スマナサーラ長老が駄目なら何を代わりにしたら「お釈迦様の教え」に近づけるのか?

どなたか、ご意見を。(仏陀自身だけというのはなしで。)

88 :神も仏も名無しさん:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:VkTQXKcO
自灯明(じとうみょう)、法灯明(ほうとうみょう)

自らを灯明とし、
法を灯明とせよと教え諭されています。

「自ら」とは 法という灯火によって照らされた自己自身のことであり、「法」とは自らを照らす法のこと

89 :神も仏も名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:WJOHe9LV
良き教師は、私たちの心の中にも教師が存在していることを教えてくれる

自分の外側の教師に寄り添うのではなく

自分の中の教師に救いを求めることができると教えてくれます。

なぜなら、外の教師は本当の教師でないかもしれないから

真の教師は、いつでも心の内の教師に気がつくことを教えてくれます。

内なる教師に出会えたなら、決して失望することはありませんよ

永遠に

90 :神も仏も名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:T/90JxWv
そんなこといっていたらお釈迦さまの教えいらないじゃないか?
それが仏教になるか?
お釈迦さまの教えさえあればいいのであって、特定のお坊さんの教えである必要はないかもしれないけど
お坊さんがお釈迦様の教えを説法など特定の時期に引用して紹介するんじゃ無いのか?
仏典・経典の数があまりにも多いから
それで成り立っているんじゃないの?
(だから経典などの値段が高いんだけどな)

91 :神も仏も名無しさん:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:EL3KADum
スマナサーラ長老の教えは、参考になる部分が沢山ありますね
全部を信じる必要は無いですし、私も全てを鵜呑みにはしませんが
参考になると思う考え方は取り入れています

また、仏教は「人を見て法を説く」から、スマナサーラ長老の説には矛盾する点が幾つも見つけられます
しかし、「矛盾だらけだ」と毛嫌いしないで、「これは、どういう人間を相手に言っているのだろう?」と冷静に推測してみると良いです

92 :神も仏も名無しさん:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:APHmFk6k
仏教は「対機説法」故にお坊さんが人をみて経典・仏典の引用をしないと効果がないみたいです
だから常日頃高い経典・仏典に目を通して「こういう人はこういう説法」という方法でやらないと
仏教らしくないようですね
これが長老が嫌われる遠因にもなるのですが…

・人を見ずに日本人一般をイメージして書籍をやたらと出版する手法
・ときには脳科学と仏教を結びつけるカルトすれすれの話(人間の一般化の酷い例)を書籍化する
・長老に満足いかない人達が「長老の出自はカルト宗派」という結論のもとにあら探しを始める、その人達に反論する暇もない

などなど

93 :神も仏も名無しさん:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:pNW8WwFX
あと、少なくとももうちょっと丁寧に文章を書いてほしいね。
どれも殴り書きの印象。
口述筆記なのかな?

94 :神も仏も名無しさん:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:APHmFk6k
長老の話し方が乱暴に感じるのは長老曰く「読む側にインパクトを与えるため」とかどこかの本に書かれていたような…
しかし、身口意の三業に寄って長老ご自身に跳ね返ってくることを考えるととても真似できない
輪廻が無ければ来世ではなく現世で苦しむはずなのに…>長老の理論より

95 :神も仏も名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:JqFeFpGa
語り口が乱暴なのはいいが、書き方が乱雑で推敲を経ていないのは問題。
思いついたことを次々書いているので「論旨」というものがない。
論旨がない本は、本としては無意味。
本にするなら、もっとしっかり構想をねってちゃんと書いてほしい。
そうでなければ、すべてネットでただで読めるようにすべき。

96 :神も仏も名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:OZIk3Uy2
>>95
説法が構想練れているようなガチガチの文章だったら誰も飛びつかないでしょ
仏教書じゃないんだから気楽に行こう

97 :神も仏も名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:+gjfVFBi
タイのテーラワーダの人はサンガで発行しても、
著作料放棄の文面があったけど、長老の著作権料はどうなってるの?
日本で裕福な暮らししてそうなんだけど。カリカリしながらさw

長老は尊敬できるような人間性を持ってないけど、
アビダンマの紹介とか本当に面白い。
要は崇拝しないでうまく利用すればいい。
スッタニパータの続きもよろしくお願いしたい。

98 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:Lu+p47ZK
そう、信者もかしこまらないで仏教を貶める長老を批判したらいいよ。
長老が嘘つきでカルトなのは確定的だし今更、議論の余地もないし。

ざっくばらんにいこう。

昔から長老批判なくしては伸びないスマナサーラスレ。
死んでいたスレが長老批判が起きて苦しい言い訳で伸びたでしょ。

99 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:Lu+p47ZK
人間であるスマナサーラ長老は弱いため、厳しく極限的にいう必要がある。
長老の間違いを指摘して怒る人がいても「ほら当たったぞ」という感じで直さなくていい。
信者が論理的に知識的に長老批判の本質を批判出来ないことを知った上でやらないといけない。
これはスマナサーラ長老の教えでもある。Wikipediaのスマナサーラ長老の項目に書いてある。

100 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:d9gyxOz2
預流果とか一来果とかは、人間的には大したことない人がほとんどなんだから、そんなに長老を叩く必要も無いだろう

長老の言ってることは真実をついてる部分も結構あると思う
疑問に思う所はとりあえず置いといて、参考になる部分は参考にするのが得だと思う

101 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:7jFso8Jj
>>100
> 預流果とか一来果とかは、人間的には大したことない人がほとんどなんだから、
本当ですか?出会って会話したことあるのですか?
興味津々です どんな人柄なのか知りたいです 特に預流果

102 :100:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:d9gyxOz2
>>101
直接会ったことは無いですが、何回か個人的にメールしたことはあります
その人は医者ですし、人柄の良さ等はなかなかだと思います
しかし、それはその人が預流果になる前から医者で頭が良かっただけです
その人はある悪癖が直らなかったけど、預流果になったら止まったそうです

「因縁因果」の法則を悟ったのが預流果ですから、至らないことや知らないことも沢山ある訳です
決して超人ではありません
表面的には普通の人間とそんなに変わりません
嘘をつかないとか、悪事を犯さないとか、そういう点では信頼できますが、それ以外は普通の人間とさほど変わらないです

103 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:7jFso8Jj
>>102
ありがとうございます
…ということは、「口が悪い」とか噂されている長老は下手すると預流果にも達していない可能性があるのか…
ゴータミー精舎にいるボランティアの人々が早く気づけばいいですね
預流果とか一来果では普通の人間と変わりが無いと
どっぷりの信者の中には神秘体験をしたいと思っている人もいるようですが、そういう幻想を早く捨てて欲しいと思います

それとは別に日本の人々が早く「お釈迦様の教え」を守れるようになるといいと思いました

長老の周りで神秘体験とか期待する奴がいるからカルト呼ばわりされるんだ
長老自身も問題あり(蓄財とか)だけどシャム派の因縁についてはどーとも言えない
タイの坊さんでもミャンマーの坊さんでも危なっかしいのがいたのは朝日新聞で知ったから

もうそろそろ「長老の次」を期待したい所 そうしたらカルトだのどーだのチクチク嫌味言う人も減るだろうしね

104 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:d9gyxOz2
預流果が人間的にそんなに大したことないと知っている方が因縁因果を悟りやすくなると思います

預流果を手が届かないほど高い所にいる人だと思ってしまうと、自分の現状に照らして「自分はまだまだ先だ」と勘違いしてしまうからです
預流果の実像を知れば、「自分も間もなく悟れそうだ」と希望も湧きます

長老の著書は仏教として考えて疑問な部品は結構ありますが
「所詮は預流果か一来果」と思っていれば、「長老はそう考えているのか」と、あまり気にしないで済みます

105 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:kKtASYQq
>>87
代わりはいくらでもいるだろ。
プラユキ・ナラテボー
山下良道
鈴木一生
など・・・

106 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:d9gyxOz2
>>103
レスが入れ違いになりました
長老は多分、預流果だと思います
でも人間としての欠点も直っていませんし、仏教の全てが解っている訳でもありません
それでも参考に出来る部品は参考にするのが賢明だと思います

107 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:4gW9eusi
スマナサーラが悟っているかどうかは全くわからないけど、葬式に来た坊主よりよっぽど為になる話をするぞ

108 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wCHXzFr2
スマナサーラ長老が預流果だとか知り合いに預流果がいるとか信仰告白はもういいよ。
日本テーラワーダ仏教協会の信者が昔から抱いている定番の信仰・広告、預流果の大安売り。
自分の信じる宗教団体には深い境地の人がいるって信仰はどこの団体でも話すよ。

ネット上には神からのご託宣を授ける人や、神界から来たすごい境地の人だらけ。
2chには絶対神もいるし、預流果のブラウンさんも説法に来る。協会員は認めないがな。

葬式坊主は正直、どうかと思うが、スマナサーラ長老は単に有害だよ。
長老のようなオカルト為になる話なんてものは大抵の怪しい宗教家はしているよ。
本当は商売人佐藤哲朗がいごり押しで反論できないほど初歩的修行も進んでいない。

http://m.togetter.com/li/48004

109 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wEmKu4lb
>>108
> スマナサーラ長老が預流果だとか知り合いに預流果がいるとか信仰告白はもういいよ。

↑信仰告白なんかしてないよ
聞かれたから答えただけだ

> 日本テーラワーダ仏教協会の信者が昔から抱いている定番の信仰・広告、預流果の大安売り。

↑自分は信者ではないし、協会とは場所的に割と近いが行く気も無い

> 自分の信じる宗教団体には深い境地の人がいるって信仰はどこの団体でも話すよ。

↑長老がそんなに深いとは思わない、むしろ浅いと思う
繰り返すが自分は長老やあの団体の信者ではないし内実も知らない

> 長老のようなオカルト為になる話

↑ここの意味が分からないのだが
自分は、長老が著書でオカルト色を排除してるように見えるのが好きじゃない
もし本気でオカルト色を遠ざけているなら、仏教をあまり解っていない人だと判断している
長老をあまり非難しないからといって、すぐ信者扱い会員扱いする思考は良くないな

110 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:Gd80J+3d
>>108
> ネット上には神からのご託宣を授ける人や、神界から来たすごい境地の人だらけ。
> 2chには絶対神もいるし、預流果のブラウンさんも説法に来る。協会員は認めないがな。
ネット発「神」は信用するの止めようよぉ

111 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wEmKu4lb
続き
知人の預流果(自称)も長老の著書は読んでいるが、距離的に遠いから協会を訪れたことは無いと思う
行く必要も無いしね
また、その預流果は「後継を導くために何回も人間に生まれる大乗の精神が理解できて来た」と言っているから、その点は長老とは正反対の考えだ
自分が上座仏教を好きになれなかったのは、上座仏教は極端に言えば「自分だけ解脱すれば良い、後進を教えるつもりは無い」という精神だからだ
如何に人間界が嫌だからって、この精神では小乗と蔑まれても仕方ない

112 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:Hx9e34cQ
なぜ、自分が解脱出来ないのに他人の事を思い煩うのだろうか?

113 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wEmKu4lb
>>112
> なぜ、自分が解脱出来ないのに他人の事を思い煩うのだろうか?

↑これは上座仏教や、スマナサーラ長老と同じ考え方で言ってるの?

これに反論するなら、自分だけが預流果やアハラトになって解脱しても、他の人達はどうでも良いということだろ?
利他の精神が無いじゃないか

114 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wEmKu4lb
>>108
>預流果の大安売り

↑では貴方が考える預流果像はどういうの?
凄く頭が良くて絶対に怒らない聖人君子で、いささかの性欲も湧かなくて世間的な欲は一切なくなったような人物?
預流果の大半は、それは無いと最近分かった

ちなみに自分は預流果にはなっていないが、性欲はほぼ百%無くなった
これは長老の教えともテーラワーダ協会とも全然関係なく、別の方法で性欲が消えた

別の方法というのは、ここで宣伝する気は無い
普通の仕事が勤まらない馬鹿達や、時間が自由にならない主婦などが、いい加減な勉強と知識で、生活費や小遣いを稼ごうとして参入して来ている新しい業界だから、詐欺師に当たったらお金と時間を無駄にするだけの結果になるからだ
現にネットでは、そういう馬鹿の詐欺師達が、素人の獲物を狙って宣伝してるからな

115 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wEmKu4lb
>>114の補足
自分の性欲が無くなったのは副産物ねw
性欲を消すためにやった訳じゃないんだけど、そうなった
ほとんどの詐欺師達は、あれで性欲が消えるとは想像もしてないと思う
不勉強で未熟で不真面目だからだ

自分は性欲が無くなったら、原始仏教や上座仏教の思想に抵抗が無くなった

性欲ギンギンなのに上座仏教の修行をしようとしてる人達は、本当に偉いと思うよ
よく我慢できるね

116 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:Hx9e34cQ
>>113
いや、利他は解脱してからしてからやればいいと言ってるだけ
その点は、釈尊も同じだろ 

釈尊自身が修行者には、
>犀の角のようにただ独り歩め
と言ってる 

それに、利他は、菩薩や阿弥陀仏の話 人間で言えば自分を菩薩だと自覚してる人以外関係ない
仮に自覚出来ていたとして現在生きている修行者の中でまともに四弘誓願を守ってる人が何人居ることやら

117 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wEmKu4lb
>>116
>利他は解脱してからしてからやればいいと言ってるだけ
> その点は、釈尊も同じだろ 

↑仏教は勉強したり止めたりを繰り返したから、その点は忘れてしまった

> それに、利他は、菩薩や阿弥陀仏の話 人間で言えば自分を菩薩だと自覚してる人以外関係ない

↑そうかな?
自分は元々、大乗経典を読んで仏教に入ったから、大乗の精神を今も否定できない
大乗にも間違いはあるけどね
行き過ぎた自己犠牲が最たるものだろう

また上座仏教を勉強する気になったのは、凄く厄介だった性欲が消えたのと
その知人の預流果が、「大乗の精神も理解できて来た」と言ったからだ
その預流果が大乗の精神に賛成しなかったら、自分は上座仏教をやはり小乗に過ぎないと考えただろう
もっとも時々は仏教理解の参考にするけどね

と言いつつ自分は一応、神道の信徒なのだがw
この頃は欲望肯定の神道があまり理解できなくなったから、今は頭が混乱しないように、神棚に手を合わせるのも神社参拝も中断している

118 : ◆WhiteFox92 :2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wEmKu4lb
長いレスが規制されてるから>>117の続き
神道、特に古神道は、上座仏教も原始仏教も大乗仏教も日本仏教も、全て否定している
神道は仏教を「邪教」だと言っている

どっちが正しいのか未だに分からないが、自分はとりあえず今は上座仏教を勉強することにしている

このスレに日本テーラワーダ協会の宣伝しに来た訳ではないのを了解願いたい
一応トリを付ける

119 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:Hx9e34cQ
>>117
私も、大乗の精神を否定するつもりはないよ
寧ろ素晴らしい「思想」だと思う。

だけど、大乗の思想→ココで言う菩薩的な利他行は、例え自分が解脱出来たとしても凡夫が成仏するまで留まるというもの
仏教とは、苦しみの世からの解脱が始まりだったはずで、一刻も早く解脱したいというのが自然な考えのはずだ。
大乗の精神は素晴らしいがそれが上座部(小乗)を馬鹿にする理由と成るのはおかしい

112は、貴方が上で言った意味で上座部をバカにしてるor大乗の精神を押し付けてる様に思えたから書き込んだ

神道については、宗教が違うからなんとも言えん。

120 : ◆WhiteFox92 :2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wEmKu4lb
>>119
> 私も、大乗の精神を否定するつもりはないよ> 寧ろ素晴らしい「思想」だと思う。

↑それは良いね

>例え自分が解脱出来たとしても凡夫が成仏するまで留まるというもの

↑大乗はこの点も行き過ぎだと思う
死後はブッダもアラハトも同じ悟りなら、全員をブッダにする必要も無い

この矛盾を解決しているのが法華経だから、上座仏教を勉強しながら、疑問が出たら法華経を読むのが良いと思った
しかし自分は、法華経は何か好きになれない

> 仏教とは、苦しみの世からの解脱が始まりだったはずで、一刻も早く解脱したいというのが自然な考えのはずだ。> 大乗の精神は素晴らしいがそれが上座部(小乗)を馬鹿にする理由と成るのはおかしい


それはどうかな?
貴方が預流果か、まだ違うのか分からないが
貴方は悟りを得たらこの人間界に戻って、上座仏教徒として後進を教えるつもりは無いの?

121 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:Hx9e34cQ
>>120
>貴方は悟りを得たらこの人間界に戻って、上座仏教徒として後進を教えるつもりは無いの?
私が仮に今生で解脱出来たとしたら、今の肉体が滅びるまでは、求められた助けには応じるつもりです
戻るつもりがあるかという問題で言えば申し訳ないですが特定宗教の発展には関心がないので 
それに釈尊でさえ、再び人間界に戻る気持ちはないようですから

122 : ◆WhiteFox92 :2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wEmKu4lb
>>121
では貴方にとっては仏教そのものも「特定宗教」なのですね?
別に良いのですが、貴方は「特定宗教」と認識してる訳ですね?

貴方にお聞きしたいのですが、貴方がアラハトになって死んだ後、他の人達のために何かするつもりはありますか?
スマナサーラ長老は「預流果が死んだら、もう人間界には戻らないだろう」とサイトに書いてました
自分は「これは冷たいな」と思います
預流果は、最高七回は人間界に生まれることが可能だから、四苦八苦してる人達を教えるべきではないか?と考えます
それを最初から「預流果になって死んだら天界で修行してアラハトになって、人間界には二度と行かない」とは、どういう神経かな?と疑問に思います
まあ、アラハトがどういう存在であるか自分には想像もつかないから、あまりあれこれ言えませんが

釈尊が戻らない理由は知りません
それも不満の1つだから大乗仏教が出来たのでしょう

123 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:Hx9e34cQ
>>122
涅槃経で釈尊は、
>私は、正理と法の領域のみを歩んで来た
>これ以外には〈みちの人〉になるものも存在しない
と語っている。この前後の話を引いて中村元博士は、
>歴史的人物としてのゴータマは、その臨終に置いてでさえも
>佛教というものを説かなかった。かれがの説いたのはいかなる
>思想家・宗教家でも歩みべき真実の道である。ところが後世の
>経典作者は右の詩(上記の前後の詩)を接続して、佛教という
>特殊な教えをつくつてしまったのである。 『ゴータマ・ブッダ』より

ダライラマ14世も、何処での発言か探せなかったが、
仏の教えは永遠だが仏教は永遠では無いという主旨の発言をしている。

「特定宗教」とは、そういう意味で使った。

>貴方にお聞きしたいのですが、貴方がアラハトになって死んだ後、他の人達のために何かするつもりはありますか?
大乗は、大乗なりの理屈があると思うが、私は利他の本質は、他人を救う事には無いと考えているので、あまり関心がない。

124 : ◆WhiteFox92 :2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wEmKu4lb
>>123
ゴータマシッダールタが「仏教」というものを説かなかったのは知っています

> ダライラマ14世も、何処での発言か探せなかったが、> 仏の教えは永遠だが仏教は永遠では無いという主旨の発言をしている。


私はダライ・ラマは評価していません
カルトのあごん宗(変換できない)の招待に軽々と応じてしまった
ダライ・ラマが来たからあごん宗教は正当だと私は思ってしまった
ダライ・ラマはカルトの招待にも応じるのだと後で知りました

> 大乗は、大乗なりの理屈があると思うが、私は利他の本質は、他人を救う事には無いと考えているので、あまり関心がない。

↑やはり上座仏教は、そういう考えの人が多そうですね
自利利他の精神が解っていない人が多そうです
だから日本テーラワーダ協会に私は心酔しないのです

125 : ◆WhiteFox92 :2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wEmKu4lb
仏教を考える時、南伝仏教と北伝仏教の違いは何か?とつくづく思います

まあ日本仏教は、仏教ですら無いとしてw
日本仏教が神道を取り入れるのは勝手だが
神道が仏教に習合されるのは許しがたい
神道はあくまでも神道であり、仏教などと合一すべきではない
と思うかつての個人的感情は置いといてw

上座仏教にも日本仏教にも、神道には無い緻密な理論があるとは思います
仏教はその成り立ち上、論争を得意としますからw
神道が易々と仏教にやられてしまったはずです

スマナサーラ長老は、原始仏教の参考になる説を沢山書いていると思いますが

長老を非難する人達は何が気に入らないのですか?

私も長老に異を唱えたいことは多くあります
「老いるのは自然の摂理で仕方ない」
確かにそうです
しかし、老いるのを遅らせる方法もある訳です
それを長老は知っていながら面倒だから書かないのか?
それとも、まさか知らないのか?
どっちなのか興味はあります

126 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:Hx9e34cQ
>>124
> そういうすばらしい心をもった人の行いを“菩薩行”とも言って褒めたたえます。 
>菩薩行の心は自分がどんなに犠牲になってもすべての衆生を救いたいというものです。 
>しかし仏教的見地からするとこれは偉いことでもなんでもなく、むしろ過褒かほうとも言うべきことで、
>なぜならばこの菩薩行の心も言ってみれば自分のための修行をしているにすぎないのです。
>自分が決心をして自分の心の修行のためにやっていることなのですから、仏教のよから見ればそれもおなじような自分のためと言うほかにありません。 
>菩薩行も方法は人のためといいながら、目的は自分の修行のための方便なのです。 A・スマナサーラ長老

私の考えは長老と同じではないが近い。長老だけではアレなので水野弘元博士からも引用すると

>大乗仏教ではすべての人は仏性を具えているから菩提心を起こして菩薩となることができる。
>菩薩として誓願と自覚をもって六波羅蜜などの修行を積みさえするならば、誰でも仏陀になることができるとした。
>今生に仏となれないでも、未来永劫の間にはかならず成仏することができる。この自覚と決意と努力があるならば、
>絶対に仏になれないというような卑屈な思いをいだくことはなく、大自信をもって菩薩として修行に邁進することができる。
>『仏教要語の基礎知識』より

上記の通り、菩薩は、修行をする上で自覚と決意と努力の為の方便と言うと言い過ぎだが、一種の動機づけ。
というのも「スッタニパータ」で釈尊が
> 他人が解脱させてくれるのではない。
とはっきり言っている。自覚して自分から修行しなければ仏教では解脱はできない。

よって、(大乗よりの人には異論があるかもしれないが)
「すべての人は仏性を具えているから〜菩薩として〜修行を積みさえするならば〜未来永劫の間にはかならず成仏することができる」
という思想は、理にかなっていると思うし、「世俗的」な倫理道徳という意味ですばらしい。と思う。

127 : ◆WhiteFox92 :2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wEmKu4lb
>>126
> >菩薩行の心は自分がどんなに犠牲になってもすべての衆生を救いたいというものです。 

↑これは最悪ですね
このために、私はどれだけ自己犠牲をして来たことか
まあ、大した自己犠牲ではないですが、それでも相手への怒りが収まらないほど、相手を甘やかしました
大乗の行き過ぎた思想が私を偏らせたのだと思われます
大乗のせいではないかもしれませんけど
(心理学的に考えて生育歴に問題があるのかも)

私は聖者ではないから、我慢して自分を犠牲にした分、後から猛烈に腹を立てて相手を糾弾したりしましたw

今の私から見ると、大乗仏教も上座仏教も、どちらも偏り過ぎている気がします

128 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:Hx9e34cQ
>>127
利他行とは見返りを求めないので、自分を犠牲にした結果、相手に裏切られても怒りなどわきません。
詳しい事情は、知りませんが、
>我慢して自分を犠牲にした分、後から猛烈に腹を立てて相手を糾弾したりしました
これを文字通り理解するなら、腹がたった時点で利他ではなくエゴです。

>今の私から見ると、大乗仏教も上座仏教も、どちらも偏り過ぎている気がします
「宗教」とは、本来ドグマを持っていますから偏るのは当然です。仏の教えという意味の仏教にはドグマはありません。
ダルマそのものですから。

129 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:luDpXsIL
>>128
>仏の教えという意味の仏教にはドグマはありません。
>ダルマそのものですから。

長老もこの主張をよくするけど、俺はこの点は疑問視してる。
ダルマ、仏の教えとはいえ、釈迦への信頼信仰がなければ信じることはできない。
凡人には知ること経験することができないことを言ってんだし。

同じような主張はどの宗教でも言ってるんだよ。
これは、天の理だとか定説だとか。
それこそ原始仏教からかなりパクったサイエントロジーもそう。
彼らも宗教じゃない、応用宗教哲学だとか言ってる。

まあ、俺は釈迦を信頼してて今は上座仏教の本よく読むけどね。

130 : ◆WhiteFox92 :2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:wEmKu4lb
>>128
> >我慢して自分を犠牲にした分、後から猛烈に腹を立てて相手を糾弾したりしました
> これを文字通り理解するなら、腹がたった時点で利他ではなくエゴです。

↑分かってます
☆大乗の利他の精神を実行しなきゃならない←強迫観念
☆良いことをしなきゃならない←生育歴から来る強迫観念

この2つの馬鹿な自己犠牲が、私自身を苦しめたのです
これは利他というより、私の愚かさから出た「お人好し」です

まあ私を利用したその馬鹿には、それなりの報いを教えてやってますがw

これは仏教精神ではなく、神道の精神かもしれません
神道は結構キツいですから
しかし、単なる凡夫の私の怒りかもしれません

> 「宗教」とは、本来ドグマを持っていますから偏るのは当然です。仏の教えという意味の仏教にはドグマはありません。> ダルマそのものですから。

↑なるほど

131 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:Hx9e34cQ
>>129
同じ世界でも観察や記述の仕方は、当然人それぞれ違ってくる。
よく言われる「真理は一つ」と言うのは、「世界は一つ」を言い換えてるだけ。それ自体に意味は無い。
ありのままの世界を記号で表すなんて、地球儀を地図に表すのと同じで絶対にどこか歪みが生じる。

そう考えれば、時場合に応じて自分にあったモノを取捨選択していけばいい。

132 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:6cLPnuza
「教祖は嘘つきでおかしな人かもしれないが、いいことも言うし宗教的境地は高い」
って典型的な信者脳だね。エルカンターレや尊師を信じる人間と変わらない。
まぁ本質的にかわりはないんだが伝統宗教を装われると真実らしく聞こえるよな。

屁理屈は上座部教説で権威付けられているが、余りひどい人が聖者にされちゃ上座部も迷惑でしょ。
この宗教団体の特徴はオウムのごとく高い境地に達したと思い込む方逹がどんどん発生すること。
長老が私の指導力すごいでしゅ信者の境地すごいでしゅと欲の釣り針垂らしたから悪いんだが。

この宗教には長老のおかしさを、どれだけ指摘されようが
「仏陀の実践心理学には悟る直前まで暴言を吐いていた僧侶がいたと書いてある」
と擁護する信者もいるが長老の謳い文句、心の進化と矛盾する考えも余裕で容認できるのよ。
この宗教のビリーバーは凄いのよ。現実にどんな人間かなんてどうでもいいのよ。
普通のビジネスなら考えられない杜撰さだが、そこは宗教商売。なんとかなっちゃうわけ。

無敵ですわ。無敵。

この新興宗教に引っ掛かる人間はいつも同じようなタイプが多い。

もしかしたら

新興宗教スリランカ仏教シャム派の名誉大僧正、阿含宗桐山靖雄と
新興宗教スリランカ仏教シャム派の大サンガ主任長老のスマナサーラ
なら客の質も似てるのかもな。

133 : ◆WhiteFox92 :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:EQC1yYZU
>>132
> この宗教には長老のおかしさを、どれだけ指摘されようが

↑たとえばスマナサーラ長老のどういう点がおかしいのですかね?
私も、長老は仏教が解ってないんだろうと思う点が色々ありますが
たとえば貴方は、どういう点をおかしいと思うか教えて下さいませんか?

別に喧嘩は売ってません
私は長老の信者でも日本テーラワーダ協会の信者でもなく、さらに言うなら仏教の信者かどうかも微妙なので、是非おかしな点を挙げて下さい

長老と日本テーラワーダ協会がダメだとはっきりしたら、また神道に戻るとか他にも色々道はありますから、ショックは受けません

蛇足ですが国学者の平田篤胤は、釈迦を「釈魔」と呼んでいます
仏教を「仏魔」と呼んでいます
仏教が邪教である理由の1つは、禁酒を強要しているからです
私は、もし上座仏教を信仰しても酒は飲みます

134 : ◆WhiteFox92 :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:EQC1yYZU
私が長老に疑問を抱いている1つは、パーリ語経典の読経です
失礼を承知で言うと、読経の声が綺麗ではないですね
まあ日本仏教でも、綺麗な声で読経するお坊さんを寡聞にして知りません

何故、美しい声で読経しないのか不思議です
神道では、神職はできる限り良く響く美声で祝詞を奏上するようにします
信徒も、響く美声を心がけます
発声がなっていない神職もいるから、神社庁は、発声練習を義務づけようと考えているとか

テーラワーダ協会に行ったことないから知りませんが、美しい声での読経を心がけている信者はいますか?

135 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:SVeDvXjr
長老は、マントラとか呪文に否定的だからね
お経なんて、内容は物語なんだし リズムがいいほうがいいのは確かだけど
きれいな声で読む必要はないと思ってるのでは?

お酒を禁止してるのは、修行の妨げになるから
現代だって仕事中に酒飲むのは普通禁止
修行者にとって24時間365日ずっと仕事中みたいなもんだから

136 : ◆WhiteFox92 :2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:DBbiulKf
>>135
> お経なんて、内容は物語なんだし

↑日常パーリ語経典は物語じゃないよね?

> きれいな声で読む必要はないと思ってるのでは?

↑この点が、あまり言霊を理解してない人に思える
まあ長老が預流果かその上だとしても、所詮は預流果はそのレベルだと解釈しているから、「ああ、その程度の理解なんですね」ということで、特に文句は無いです
もっと朗々と響く美声で読経して欲しいですが

> 修行者にとって24時間365日ずっと仕事中みたいなもんだから

↑なるほど
神道の立場から言えば、お酒は落ち込んだ気持ちも明るくする物で、度を越さなければ百薬の長ですが
とりあえず今、禁酒に関して文句言うつもりは無いです
個人的には、不飲酒戒を守る気は無いですが

137 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:LUYSwuwh
長老はパリッタを唱えるしお題目である慈悲の瞑想を唱えては不平不満、
誹謗中傷を繰り返しているよ。でも、それはきっと深い意味があるんだよ。

ヴィパッサナーだって、ほとんど魔術のような凄まじい効能を訴えるけど
効果が怪しい、出来ないと言われると「根性が足りない」「文句を言うな」
でお仕舞い。心がきれいになったような気がしたらいいしどんなに人格的に
問題があるように見えても境地が高いのがわからない凡夫が悪いんだよ。
だいたい、文句を言ってプラシーボ効果を壊してはいけないよ。

ああ見えて預流果かもしれないし、長老のすごさがわからないのが悪いし、
正法を誹謗してはいけないんだよ。

近所の仏教好きのすげえ性格の悪い気功師のオバサンも誹謗中傷を繰り返し
医師法にも違反してるが預流果かもしれない。瞑想してるし。

138 : ◆WhiteFox92 :2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:DBbiulKf
どこからが誹謗中傷か境界線が難しいですね
長老の口の悪さというのは、講演も聞いてないから分からないです

仏教の五逆罪である「親殺し」に関して長老は意見を言ってますか?
私の親が認知症で、そのうち確実に意識を無くして、ご飯が食べられなくなります
私の兄弟は、そしたら胃に穴を開ける胃ろうをして生かすつもりです
意識の長い生ける屍のような親を、そうまでして生かすべきなのか?
胃ろうをしなければ遠からずして死にます
しかし私は胃ろうに反対です
意識の無い老人が生きていて幸せなのか?
そんな朦朧とした状態でもいつか死にますが、来世は生まれつきの知的障害になってしまうかもしれません

子供が胃ろうを拒否するのは、親殺しをするのと同じでしょうか?

139 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:1mFdfKKn
>意識の無い老人が生きていて幸せなのか?
>意識の長い生ける屍のような親を、そうまでして生かすべきなのか?

端から見て意識が無かったり、幸せそうじゃ無かったら殺したほうがいいってこと?

140 : ◆WhiteFox92 :2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:DBbiulKf
>>139
> 端から見て意識が無かったり、幸せそうじゃ無かったら殺したほうがいいってこと?

↑胃ろうを断ることは、やっぱり殺すことと同じなのかな?
本人が「意識の無い場合は延命治療をせずにそのまま死なせて欲しい」とは言ってなかった
胃ろう等という物の存在を知らないうちにボケたから

私自身は、意識が無くなったら延命治療はしないで欲しいと子供に言っていますが、それは子供に親殺しの罪を犯させることになるのでしょうか?

141 :神も仏も名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:9tBLfm0+
私見ですが協会で言えば佐藤哲朗さんは一来果であると推定されます。
信者の方々の四割は預流果で三割が一来果、一割が不還果で長老は多分、阿羅漢です。
長老に大乗のを批判されながらも法話にやって来る葬式坊主の皆さんも多分、預流果です。

私は日本にはジーヴァンムクタや阿羅漢や神人、天仙が多いことに以前から注目して参りました。
コンビニの店員さんも、この人は預流果ではないか?!と思うことが非常に多いですね。
独覚が多いのも日本の特徴であります。見ればわかります。
今この瞬間も新しい独覚が誕生し続けております。恐るべきことです。

ひどいお客さまでも、預流果や悟る直前の方が多いのには参ってしまいます。
どんなに理不尽なことを言われても、゙この人は預流果だ!!゚と耐えます。
だって預流果なんですから。

142 : ◆WhiteFox92 :2013/09/01(日) 11:27:27.90 ID:QQKRlMNq
>>141
>長老は多分、阿羅漢です。

↑凄いですね
でも長老がアラハトということはなさそうな

> 独覚が多いのも日本の特徴であります。見ればわかります

↑貴方自身は預流果か、それ以上ですか?

> ひどいお客さまでも、預流果

↑預流果なら、あまり酷い言動は取らないのではないですか?
預流果が何故そんな理不尽なことを言うのでしょうか?

143 :神も仏も名無しさん:2013/09/01(日) 15:25:08.62 ID:Q6GNbCGY
阿羅漢だったらなんで他人から見て「暴言・他宗教の誹謗中傷」にきこえる発言をするのか?
そりゃ興味津々な人達は「きっと何かあるにちがいない」って好意的に思うかもしれないけど、
実際にネットで「長老はカルト」みたいなホームページありますし、
その手の矛盾も粉砕されて質問すら出てこないと思うのですが…(出てきても解答付き)

葬式仏教のお坊さんが預流果というのは考えられますが…
それなりに修行して、それなりに学んで、それなりに死んだ人の親族を安心させてきたという実績から予想できます
それにきちんとやっていれば仏教に対する畏敬の念もあるでしょうから仏道を求める気持ちがないとは言い切れないでしょう

長老=阿羅漢って相当上座仏教のランクを過小評価しているような…
そのことによって悟りに過剰な期待感を与えないように操作している可能性も否定できません

144 :神も仏も名無しさん:2013/09/03(火) 01:26:44.75 ID:9rnTewd1
一言一言の真理の重みというのが預流果や神の化身になってくると違います。

知り合いの神の化身はあるとき我々に化身であることを明かしてくれました。
あることで、お礼を申し上げたときに「これからは神と呼びなさい」と仰ったのです。
我々は神にも階層があるという噂を耳に挟んでおりましたので不躾ながらも
「どこの神界からおいでになった、神様でしょうか?」
と尋ねました。女神は一度、言葉に詰まりましたが失笑したような表情で一言
「うるさい!!」
とだけ吐き捨てるように仰いました。
私はこのとき、この瞬間この方が伝説の兎の夏王朝における一柱の女神であることを覚ったのです。
そう。『禹瑠祭(うるさい)』。
禹王朝における、瑠璃の磐座の依代にまします御祭神だったのであります。
言われてみれば化身の歩き方ひとつとっても禹歩に則ったものだったような気がします。
私の脳裏には大陸にラピスラズリが我々の想像より遥か古代に伝来したビジョンが浮かびました。
私は古代における私の過去生を思い出しました。私は古代中国の蚊でした。

女神の直霊は光輝き、その幸魂は圧倒される私を優しく包みました。
以降、女神に対する私の全ての言葉を宇気比だと考えるようになったことは言うに及びません。
お釈迦さまは神々や悪魔と直接、対話なさいましたが功徳のおかげで私は神の化身と
お知り合いになれたということであります。巻向遺跡周辺においての奇跡譚であります。

145 :神も仏も名無しさん:2013/09/03(火) 01:28:55.02 ID:9rnTewd1
ある預流果の上司に、仕事を学んでいたときのことです。
次はどうしたらいいか尋ねたところ睨みをきかせて一言こう仰いました。
「いいから黙ってやれよ!!」
私は狼狽えましたがその瞬間悟りました。真理は言葉で言い表せないことを。
そのあと二人でお客さまのお宅に向かいました。師はお客さま全般が苦手です。
最低限の必要なことすら話さずにお客さまは大変、ご立腹のご様子でした。
しかし、朴吶な師の佇まいの中に私は真理を汲み取ったのです。
怒りの愚かさ、沈黙の精神の深淵さ、万物に対する慈悲を。
思えば上司が田舎の佐賀の牛の話をするだけでも、その説法は完全なる真理の言霊でした。
営業所に帰ったあとは、所長にこっぴどく怒られました。
その間、預流果の上司は狙撃兵のような眼差しで一点を見つめておりました。
所長はその面持ちを見て怖じ気づいたように口をつぐみ喫煙所に消えました。
この所長が一来果であることを知ったのはこのずっと後のことでした。
しかし、それはまた別の話になります。

信仰の御徳はまことに尊いものであります。
寸暇を惜しみ瞑想に邁進し功徳を積む布施を用意するため一生懸命、働く所存であります。
支那と幡ヶ谷とランカー島の方角に向けて日々、敬礼し奉ります。

146 : ◆WhiteFox92 :2013/09/03(火) 09:12:26.99 ID:U+G6idlv
ふざけたレスを書かれるとがっかりだな

147 :神も仏も名無しさん:2013/09/04(水) 16:16:21.83 ID:Vc33k6MN
◆WhiteFox92もふざけちゃいけない。
いきなりコテを付けてカマトトぶって出現して混ぜっ返してるだけだろ。

神道信者?神社参拝して神棚があればそりゃ神道信者になるわな。
長老批判をぜひ?漁れば幾らでも出てくるだろうに。わざとらしい。

預流果だなんだとか取って付けたようなふざけた話は全く信じちゃいないぜ。

148 : ◆WhiteFox92 :2013/09/04(水) 18:43:57.31 ID:EJ0Ir8Gt
>>147
ふざけてないよ

> いきなりコテを付けて
↑テーラワーダ協会の信者と間違えられたくないので、一貫させるためにコテ付けた

>カマトトぶって出現して混ぜっ返してるだけだろ
↑その気なし

>神社参拝して神棚があればそりゃ神道信者になるわな
↑自室に神棚はあるが、この頃は祝詞奏上も神社参拝も中断していると書いた
神道の信仰を辞めた訳ではないが、今は積極的な信仰はしていない

> 長老批判をぜひ?漁れば幾らでも出てくるだろうに
↑批判したい人はどうぞと言うだけ

> 預流果だなんだとか取って付けたようなふざけた話は全く信じちゃいないぜ。
↑つまり預流果はほんの少ししか存在してない、または1人もいないと思ってるの?
それなら、そう考える理由は何かな?

149 : ◆WhiteFox92 :2013/09/04(水) 18:52:16.90 ID:EJ0Ir8Gt
>>147はテーラワーダ協会の信者?それとも批判者?
私は信者ではないが批判者でもない

長老はアラハトではないと思うが、預流果以上ではあると思う
本やサイトを読んで個人的にそう思うだけで、何か証拠がある訳ではない
率直に言って、長老の説法で預流果になれるなら、なりたいと思っている

長老がどんな暴言を吐いてるのかは、会ったことが無いから分からない
他宗教批判は暴言ではないと認識している

150 :神も仏も名無しさん:2013/09/04(水) 19:33:02.91 ID:Vc33k6MN
もういいよ。ふざけた設定を引きずらなくても。
混ぜっ返しに来ているようにしか見えませんから。
大体、テーラワーダ協会なんて組織は日本のどこにあるんだ。

151 : ◆WhiteFox92 :2013/09/04(水) 20:15:55.70 ID:EJ0Ir8Gt
>>150
ふざけた設定に見えるのか
そこまで疑り深いのは何故だろう?
テーラワーダ協会って名称じゃなかったのか、それは失礼

因果応報のことを考えたら、長老に関して真面目に書いてる人達もいるこのスレで、ふざけたレスは出来ないし、したくない
悪因を作りたくないので

数年前はこの板で、大乗側として上座を批判してたものだが
今は上座の方が正しいだろうと考えている
その頃、預流果を自称する人が現れて、その人のレス内容がかなり参考になった
本物の預流果か、なりすましか知らないが、それでも得る物があったので感謝してる
あの格調の高さからするとおそらく本物だと思う
もし偽物でも、気品があって良かった
また是非来て欲しいものだ

152 :神も仏も名無しさん:2013/09/04(水) 21:18:03.52 ID:Vc33k6MN
>>151
勝手に神道の代弁を始めたり、阿含宗がカルトでどうとか、数年前は大乗側で
上座部批判していたとかダライ・ラマがどうとか、設定に見えるね。
で今は長老信者!?設定でなければ、さ迷える精神世界の子羊じゃないか。

数年前から生息しているなら、やっぱりカマトトぶってたみたいね。
混ぜっ返し、ふざけてるって指摘は、あながち憶測でもないでしょ。

因果が気になるならこんなとこでやらない方がいいでしょ。
貴方の連投や書き込み内容を見ていると2ちゃんよりブログ向きだと思うよ。

数年前で自称預流果?brownさんしか思い付かない。

様々な信仰遍歴や自分語り、現時点で信じることの告白はブログかTwitterでやろうよ。
そこに、興味と違和感を感じるのは間違いないから。

153 : ◆WhiteFox92 :2013/09/04(水) 21:57:23.37 ID:EJ0Ir8Gt
>>152
貴方は何かカリカリした性格みたいだね

数年間、この宗教板から離れてて、つい最近また来たから何も知らないよ
自分語りとか信仰告白とか、そう聞こえるなら仕方ないけど、このスレではそれがそんなに駄目な事なの?
まあ貴方とか他のカリカリした人達と論争する気は無いから、じゃあ消えます

大乗対上座の論争は古代インドさながらな感じで面白かったな
神社仏閣板の神道対仏教の論争も、知識の豊富な人が多くて白熱してたなw
ついでに自分語りすると、自分は純粋神道側で、仏教排斥側だったw

154 :神も仏も名無しさん:2013/09/04(水) 21:57:23.81 ID:ZwdPHUD8
長老さん日本語ペラペラにおどろいた

http://www.youtube.com/watch?v=L6ghzoueVfk&feature=player_embedded

155 :神も仏も名無しさん:2013/09/04(水) 23:50:11.24 ID:Vc33k6MN
>>153
まぁまぁ。
コテを付けて設定豊富な人は人格をネット用に作っていると思うんです。
コテを外したり去り際に急に草をはやしたりして口調やキャラが変わったりするからです。
その仮面を怪しいと思うのは仕方ないでしょう。

◆WhiteFox92さんは議論より結論があってそこに流れを誘導しようとしているように見えた。
今回のお別れの言葉同様、ノイズ耐性の欠如を感じましたね。
カリカリしていて古代インドの基準に届かなくて申し訳ありません。

あなたの信仰遍歴にはそこに真実があるなら興味と違和感を覚える。是非ブログを。

156 : ◆WhiteFox92 :2013/09/05(木) 00:43:57.40 ID:wBt30U0Z
>>155
意外と好意的なレスをいただき少し驚きました
私が何年も前から書いているブログです

アメブロ「スピ系の考察」リンクは貼れません

上座仏教に関しても、書いています
上座仏教を修行したくても、結局しなかったのは性欲のためでした

私の性欲が簡単に無くなった方法は、ここに書かれています
ただ、前も言いましたが詐欺師や未熟な人が大勢いるから注意が必要です

このブログで、預流果の方と知り合いました
コメント欄にその方のコメントが幾つかあります
大乗仏教と上座仏教の間で葛藤していた私に、上座の良さを教えてくれたのはその方です
その方はスマナサーラ長老にも触れています
今後、このスレを見てもコテは付けないことにします

157 :神も仏も名無しさん:2013/09/05(木) 04:23:34.63 ID:SyD1GyMA
>>156
上座部より神智学勉強したらどうですか
なんか合いそう。

158 :神も仏も名無しさん:2013/09/05(木) 05:58:08.04 ID:P0xhts7O
>>156
わざわざ、貼っていただきありがとうございます。
少しずつ拝読させて頂きたいと思います。

159 :神も仏も名無しさん:2013/09/05(木) 14:43:23.49 ID:TdR48uvC
>>156
性欲の無くし方教えてください。
自己責任で使用しますので、お願いします。
私に慈悲を。。。

160 :神も仏も名無しさん:2013/09/05(木) 17:55:40.82 ID:wBt30U0Z
>>159
> 性欲の無くし方教えてください。

↑今の自分の性と違う性の前世を幾つも見たら、だいたい性欲が無くなります
異性の気持ちや考え方が分かるようになるし、自分自身がその「異性」ですから、惹かれなくなるのです
そうなるまでには何ヶ月もかかるでしょうが

> 自己責任で使用しますので、お願いします。
↑スカイプや電話でやる人は99%が不勉強で未熟ですから、絶対に避けた方が安全です
また、顔写真を公開してない人も不勉強で不真面目です
責任を取らないし、知人達にバレたくないから、顔と身元を隠している訳です
受けるなら、顔写真を公開していて対面でする人に限りますが、そういう人の中にも詐欺師に近い人もいます
良い人を見つければ非常に高い確率で成功します

161 :神も仏も名無しさん:2013/09/05(木) 18:19:11.65 ID:j8MSc2VX
>>160
ありがとうございます。

162 :神も仏も名無しさん:2013/09/05(木) 19:57:59.17 ID:wBt30U0Z
>>161
どういたしまして
今、少し詳しく記事にしました
参考になれば幸いです

163 :神も仏も名無しさん:2013/09/05(木) 23:16:00.35 ID:MQcYOjaY
私個人的には、前世療法的なものと上座部仏教には相容れるものを感じません。 (ただあなたは真摯に探求なさっておられるし、これは批判ではありませんよ)

性欲を消したいのは何故でしょうか
からだのことはからだに任せておけばよいように思います

これは煩悩の肯定ではありません

たとえば、あなたの車が5000キロ毎にオイル交換が必要だとして、それに逆らっても仕方ないですよね、車はそういうものだし

性欲をなくすメソッド、というのは、結果的には有身見が切れている状態ですが、
根底に、身体 = 自分 という痴があるような気がします

164 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 00:02:57.04 ID:b7kbzYbk
>>163
ここは長老のスレですから、あまり書くのはスレ違いになりますね

性欲を消したいのは苦しいからです
ブログではさらりと書いただけですが、男としての性欲は未だ少し残っています 前世療法を初めて受けてから一年半以上経って突然、男の性欲が強く湧き上がりました
(現実の女性に対してのものではなかったです)
男の身体が無いのに男の性欲が湧くのは、解消しようもないので非常に苦しかったです
仕方ないからイメージの中で何とかしました
そんなキツい状態が1ヶ月ほど続きました
身体が無くても、こうなります
今も、少しは湧きます
これで身体があれば、さらにコントロールが難しいでしょう
だから完全に消したいのです
これは私の美意識でもあります
長老のスレですから、ここまでにさせていただきます

165 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 00:29:04.03 ID:NCrQxnNz
いや、わたしも健康的な男子なのでわかりますよ

解脱を目指す身には性欲は無駄でした
苦しかったですし、女性と違い、射精にはエネルギーの漏洩がありますし

あまり多くは語りませんが、
いまは性欲が起きても巻き込まれることがないのです

窓の外で小鳥が求愛でチュンチュン鳴いていたら美しくて、
人間が相手を求めてもがいてたら、よくない、、っていうのは勝手な判断だと思いません?

同一化しないこと、それがヴィパッサナーの目的でもあります
そべてのフィーリングはわたしの中で等価だし、流れていく風景のひとつです

あなたがもし苦しんでいるとしたら、どうか、癒されますように

おやすみなさい

166 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 07:07:59.95 ID:ZG2H1mmq
神智学とスリランカ仏教は親和的だよ。
神智学の影響下に成立したのがスリランカ仏教だから。

スマナサーラ教では性欲は頭を狂わすと教えているでしょ。
食欲を満たさないと死ぬが性欲を満たさなくても死なないとか。
そういう極端な考え方が性犯罪を生むんだよ。

167 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 17:39:19.19 ID:OFGp4/wz
>>165
なんかアドバイタあたりから流れてきたっぽいな。
2ちゃんのその手の悟った系のレスは
一度も信用できた試しはない。
悟ったりよるかになったものは2ちゃんに
来ないって悟ったよw

168 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 18:34:50.95 ID:kWTw9bFz
来ることはあるよ
でも書き込みはしないよ

169 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 22:54:58.99 ID:rErs4p8Z
>>167
テーラワーダのスレとか酷すぎるな。
全部が全部戯論。
固定付けて熱弁とかスゲー自我を強化してるくせに、
ブッダの到達した境地はそうじゃないとか真理は一つだとか語ってんだもん。
2ちゃんに書き込みたいという欲を満たしてるうちは
そこらへんの一般人にも劣るよ。俺もかw

170 :神も仏も名無しさん:2013/09/14(土) 16:41:46.61 ID:2hFIE/k6
性欲が煩悩で、放置していれば悪業を作りやすいのも確か
因果応報を知らなければ、簡単に不倫をするし
(知ってても、浮気が止められなかったり)
釈尊は、夫婦間でもなるべく性行為を控えるようにと説いている
比丘である長老が性欲を否定するのは当然だよ

171 :神も仏も名無しさん:2013/09/14(土) 20:23:23.32 ID:hvLX+pVx
ブッダの実践心理学―アビダンマ講義シリーズ〈第8巻〉瞑想と悟りの分析2(ヴィパッサナー瞑想編)
予約開始!
これで終わるか実践心理学シリーズ
それとも「瞑想と悟りの分析」を延々と続けるか!
どのような商業展開をするかによって評価は大きく変わってくる分水嶺だ!

172 :神も仏も名無しさん:2013/09/16(月) 14:49:48.56 ID:44cRR4pN
長老って英語もペラペラらしいけどどうやって覚えたんだろう

173 :神も仏も名無しさん:2013/09/17(火) 22:23:05.31 ID:12aa1kJU
>>172
「辞書を引くな」とかブッダの実践心理学に語学の学び方書いてあるけど、、、
俺は役に立たなかった。
アビダンマは解脱目的以外に役立てたくなるが、
うまく行かないんだよなあ。

174 :神も仏も名無しさん:2013/09/17(火) 23:52:34.88 ID:LzeKxOdq
それ何巻ですか?7巻まで持ってます

175 :神も仏も名無しさん:2013/09/18(水) 00:36:06.61 ID:m4PZ7Sqc
1,2,3のどこか。
今検索する時間はない。
でも、そんな大したこと書いてないよ。
長老がフランス語学ぶエピソードのとこ。

176 :神も仏も名無しさん:2013/09/18(水) 17:31:39.70 ID:qdJhcdhF
良い糞ジジイだよね。あたしはどちらかというと好きだわ。

177 :神も仏も名無しさん:2013/09/26(木) 14:30:09.08 ID:EqprjB46
みんなすごい難しい話してるのね
このあいだ初めて瞑想実践会行ったけど面白かった
という俺のレベルじゃスレに入っていけない感じ
当たり前か

178 :神も仏も名無しさん:2013/09/26(木) 14:31:39.58 ID:EqprjB46
ログ掘ってたらアンチスレも出てきたけど
批判も擁護も仏教過ぎて内容が全く理解できん
ただ
 
8 : 神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2009/06/17(水) 02:20:07 ID:6IWJONeT [1/1回]
またお前か・・・うざい・・
9 : 神も仏も名無しさん[] 投稿日:2009/06/17(水) 06:26:23 ID:GGtJ9ZLj [1/1回]
うざみ...
うざみ...


これ吹いた

179 :名無しさん:2013/10/09(水) 22:59:43.08 ID:9g14Z3eE
この人は道元に匹敵するよな。
当時の主流派から外れるが、じきに主流となる。
原始仏教いいじゃん。

180 :神も仏も名無しさん:2013/10/10(木) 09:12:16.36 ID:teYshQes
あとは、瞑想法が病人でも適応できるかで教えの拡散率が変わる
精神を病んだ人でも「この方法で瞑想すれば健康になれる」という臨床試験をクリアできれば
医療に匹敵する健康法になる
薬漬け、危ない検査方法と医療が最近マユツバになってきているからな>特にガン検査

181 :神も仏も名無しさん:2013/10/11(金) 09:19:53.51 ID:vt2LZRw7
ゴエンカ式が頭の病にも効果がありそうだとは言えるけど
ttp://taigoshinbum.blog79.fc2.com/blog-entry-760.html

> サタヤー・ナーラーヤン・ゴーエンカー博士は、ミャンマー生まれのインド人である。
>1927年、商人の家に生まれた。事業を営み、若い時からお金持ちで評判高い成功者となった。
>31歳のときに、偏頭痛になり、様々な国の専門医の診察を受けたものの、病状は改善せず、
>最後に、10日間のカリキュラムのウィッパサナーの修行を初めてミャンマー人のウィッパサナーの師であるウバーキン師と試み、
>片頭痛からくる頭痛の症状を完治させた。

偏頭痛が頻繁に起これば心も病むだろうし…

182 :神も仏も名無しさん:2013/10/14(月) 10:21:56.98 ID:prnWcjD/
>この人は道元に匹敵するよな。
しない。

>当時の主流派から外れるが、じきに主流となる。
現在のスリランカ主流(カースト差別で悪名高い)シャム派の坊主。

>原始仏教いいじゃん。
さんざん既出だが彼の教えは原始仏教ではない。

183 :神も仏も名無しさん:2013/10/18(金) 18:49:51.52 ID:aHnUudcS
(株)サンガからアーチャン・チャーの本がまた出版されるな
ご無沙汰してた
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4905425603/

184 :神も仏も名無しさん:2013/10/23(水) 16:35:36.67 ID:rWww9rEP
「アップデートする仏教」面白いな。
藤田一照と山下良道の対談。

185 :名無しさん:2013/10/28(月) 23:25:08.73 ID:A2r0CkkD
この人は神秘主義的な思想を排除して、あくまでも論理的に仏教を説明するのがすごいね。

ただし論理的に説明するので筋は通るけど、それを検証する手段がないことが多いのが、残念なところ。

般若の否定も、論理的にはあってるけど、検証しようがない。AはB、BはC、ではAはCかというと、AはCでもありDでもあることがある。
スコープを少し拡げるだけでこうなのだから、思想的なことを論理的に批判すると言うのは無限ループに陥ると言うことで、仏教的には正しくないね。

186 :名無しさん:2013/10/28(月) 23:46:49.65 ID:A2r0CkkD
釈迦「人を批判すると、自分が批判される。なのでするな。」
弟子「ではあなたはなぜ批判されるのか?」
釈迦「悟る前に批判していたから、その結果だ」

みたいな話があるけど、これを他宗教批判しまくりのスマナサーラはどう考えるんだろう。

俺的にはスマナサーラは等身大の頑固親父さん。
とても頭の回転が早く、とても優しく一方で厳しいおっちゃん。って感じ。
人間味溢れる。

それもあって釈迦が如何に仏様であることがスマナサーラ見てもよくわかる。
歴史に名を残してるだけあって常人ではないよなぁ。

ちなみに道元も人間味溢れてて、スマナサーラといい勝負に思える。

187 :神も仏も名無しさん:2013/10/29(火) 02:14:28.75 ID:uJFtPjD1
>>186
その仏陀の言葉の出典どこですか?
人間関係で不条理な目に遭いまくるのでちょっと読んでみたいです。

過去生で人に対して不条理なことしてたなら受け入れるけど、
過去生分かるほどの神通力もなく。。。

188 :名無しさん:2013/10/30(水) 00:07:43.42 ID:sYgkIkdg
スッタニパータだと思うけど、わかってらまた教える

ちなみに過去生というのは前世とかのこと?
ブッダが言ってるのは、そういうことじゃなく、生きてる間に人を批判したことがあったから、今批判されてる、という今生の縁起に関わるものだよ。

もしそうであるなら失礼ながら、あなたで言えば恐らく、人間関係でひどい目にあっているという、あなたの作り出した妄想が、
あなたを苦しめてるし、批判されてるというのは裏返すと批判している奴がいるという他者批判だから、リアルタイム進行形な話であって、まずは慈悲の瞑想で、
穏やかな気持ちを取り返した方がよいと思う。

189 :神も仏も名無しさん:2013/11/02(土) 01:52:08.02 ID:EQ1Atvq3
>>188
レスありがとうございます。スッタニパータは
蛇の章だけ、スマナサーラ氏の本で読んだんですけど、
そのような記載はなかったですね。別の章ですね。

反論するわけじゃないですが、
小学校中学校でいじめで自殺する人もいるじゃないですか。
そういう人が現世でそれほどの悪を犯したとは思えないんですよね。
そうするとその因果は前世に求める他ない。
私が感じる不条理もそれに似てて現世でそんな悪いことしてないよって
感じですね。妄想とは思えないですね。
明確な悪意を感じましたし、明確に相手方の名前と私を貶める行為も
上げることもできます。私はそのよう悪意ある行為をしたこともないです。
この世の中、私以上に不条理な目にあってる人も多いと思います。
となるとやはり前世を持ち出す必要が。。。

190 :名無しさん:2013/11/04(月) 12:22:19.42 ID:BxCsAw77
いじめは理屈の上では、死に逃げるのではなくて、公的な機関に助けを求めるんだろうな。
小学校中学年くらいになったら逃げ方というのを周知してしかるべきでしょう。
こんなシステム化された社会だから、システム外の道についても、案内は必要だ。

どこに閾値を置くかがポイントだけど、逃げることも必要なことは必ずある。
スマナサーラや禅で言えば、自分から苦行をしても意味なんかないよ、ということ。

大人の場合、逃げられない、その理由となっている執着を、客観的に考えてみた方がよさそう。
家族の維持とか誇りを守るとか。最もらしいけど、それは執着なわけで。

191 :神も仏も名無しさん:2013/11/05(火) 13:42:42.01 ID:aVq7TWqk
今世で作ったカルマは来世に現れる
今世での運、不運は前世のカルマによる働きであるとスマナサーラ先生が書いてる
今世で作ったカルマが今世に現れることはないということ

192 :神も仏も名無しさん:2013/11/05(火) 18:42:40.00 ID:630EZibS
>>191
え?もし来世がなかったら今世の報いは今世で受け、
もし来世があれば今世の報いは来世で受けるかも?っておっしゃっていませんでしたっけ?
だから来世があるとかないとか考えるより今を生きていきましょう、日々是好日ってな感じでって>長老

193 :神も仏も名無しさん:2013/11/05(火) 20:20:00.02 ID:8z3AMkcd
>>192
来世がないのなら、人を殺しても何してもいいわけです
来世がないのはアラハンだけなのです

194 :神も仏も名無しさん:2013/11/05(火) 21:37:43.55 ID:ynC/OEBs
>>193
仏教やってても結局
ばれないならいいじゃん
という考え方は変わらないってことだね
怒られるぞ痛い目みるぞっていうのがないと
何も変わらないよっと

195 :神も仏も名無しさん:2013/11/05(火) 23:35:46.52 ID:wyVJxATb
>>194
ばれないってどういう意味?

196 :名無しさん:2013/11/06(水) 07:58:29.35 ID:SH/w+n+v
日蓮宗とか天台宗とかの話しになってるわいw

197 :神も仏も名無しさん:2013/11/06(水) 23:42:14.99 ID:tzgR7xNk
地獄を信じる人って多いんだなって思った。

仏教からすると一切皆苦なんだから、地獄なんかないのでは?

今生が苦しみであり、悟りを開くために精進すれば、涅槃に辿り着くということでは?

前世とか来世とかの「妄想」に囚われてるのは、それを証明することはできないと、お釈迦様も批判されたことではないか。

苦しみはやはりあなたの中から生まれるのだから、外部に原因を求めるなど不毛なことをやめ、涅槃に至る道を捜すべきである。

198 :神も仏も名はある:2013/11/07(木) 11:10:43.25 ID:SvD2GPng
一切皆苦と言うのは仏教の教えではないんだな。
仏教では「一切行苦」と言うんだ。
もう少し分かりやすく普通に言えば「諸行は苦なり」だ。
原語は”Sabbe sa&amp;#7749;kh&amp;#257;r&amp;#257; dukkh&amp;#257;.”だから、少しは調べてみたら。

一切皆苦なら涅槃も苦になってしまう。
分かるかな。分かんないだろうな、>>197では。

199 :神も仏も名はある:2013/11/07(木) 11:13:59.96 ID:SvD2GPng
失敗の巻
Sabbe sankhara dukkha.
忙しいからここまでだ。

200 :神も仏も名無しさん:2013/11/07(木) 13:58:27.84 ID:uTfbXPUR
悪いことをすると地獄に堕ちると思うから
みんな犯罪に走らないんだよ
刑務所に行くのが怖くて犯罪に走らないんじゃない

凶悪犯罪者は死後の世界を信じてない

201 :神も仏も名無しさん:2013/11/07(木) 20:22:28.83 ID:DWZ4osNR
>>198
お前がそういうならそうなんだろう
お前ん中ではな

202 :神も仏も名無しさん:2013/11/07(木) 22:59:41.77 ID:DWZ4osNR
現代人には小乗仏教の方が感覚的に合うから、スマナサーラは売れるんだろうな。

天国、地獄とか言い出す、妄想家に囚われると宗教が、「THE宗教」になってしまう。
小乗仏教は理性を必要とするから、地獄とかの妄想に囚われる必要がなく、THE宗教に陥らない。

道元も天台宗などのTHE宗教に疑問を持ち、怪しさを取り除き、仏道としたところにその最大の功績があるように、スマナサーラの功績もそこにある。

一方で仏教の怪しさを完全に取り除き、誰にでも分かるようにコモディティ化した面もあるわけで、元来からTHE宗教的仏教を信奉していた人(インディーズバンド好きと同じカテゴリー)から見ると、鼻つまみものなんだろうな、と思わざるを得ない。

203 :神も仏も名無しさん:2013/11/07(木) 23:03:51.28 ID:DWZ4osNR
ちなみにバッチサイズを小さくできる小乗仏教の方が効率がいいよな。
乗り物が大きいとみんなで遭難する。
小さい乗り物の方が変化に強い。

204 :神も仏も名無しさん:2013/11/08(金) 01:34:20.46 ID:DxqqHL3w
上座部は理論がしっかりしていて
覚りを開くための具体的な訓練方法があるから役に立つ
大乗は何の役にも立たない

205 :神も仏も名無しさん:2013/11/08(金) 06:13:25.63 ID:3OX6JnvC
とにかくヴパッサナー瞑想が仏教なんで
大乗仏教は仏教でもなんでもないガラクタ

206 :神も仏も名無しさん:2013/11/08(金) 21:28:40.22 ID:1GEm0aEh
>>202
でもあんたみたいなシッタカアホーを養成しちゃったりもするわけで

207 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 00:17:49.69 ID:qkfHNqBt
一方で大乗が役に立たないとは思わない。
それを多様性の一部として受け入れるのは、諸行無常の理の一つでもある。

生きとし生けるものの幸せを願う。
206みたいな子供みたいな批判はしない。
むしろ206に慈しみの心を持つ。

206が幸せでありますように。
206に悟りの光があらわれますように。

こうすれば、みな幸せだ。

208 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 01:32:42.03 ID:KYXxO4Yv
>>207
んにゃ。
あんたの「慈しみの心」とは関係なく
あたしは泣いたり笑ったり怒ったり楽しんだりする。
幸せだったり不幸だったりする。
あんたがいてもいなくても。
あんたが本心で言っててもきれい事で言ってても。
つーか、言うだけなら詐欺師だって良いこと言うから。
「慈しみの心を持つ」と言うことと
慈しみの心を持つことは別だから、
本当はどうなのかはこんなところに何を書くかとは別のことだ。
幸せは文字の上にあるわけじゃない。

209 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 07:59:37.88 ID:QfD1i5q+
>>208
あなたのためじゃなくて私のために瞑想をやるんですよ
仏教は自力本願ですから

210 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 09:42:48.79 ID:qkfHNqBt
>>209
207だけど同意する。
208は他人に執着してるんだと思うわ。

211 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 18:46:36.10 ID:KYXxO4Yv
>>209
ああ、自分のために瞑想やるんなら勝手にどうぞ。

自分のためにみなが幸せになればいいというなら勝手に思ってて下さいな。
ガキにも慈しみの心を持つ自分を思うと幸せになれるならどーぞどーぞ。
あんた(ら)の幸せのダシになってあげるわよー、どうでもいいから。
生きとし生けるもの全てがあんた(ら)の瞑想のためにつかわれてあげてるでしょー文句も言わずに。


あんたらフツーに社会生活おくれてる?

212 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 19:09:29.93 ID:0R0sUttY
>>211
仏教は自分が覚りを開くための訓練なので
他人を幸せにする方法ではありません
自分の幸せは自力で勝ち取るしか仕方ないのです

213 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 20:08:29.99 ID:KYXxO4Yv
>>212
だから勝手にやればーって言ってるでしょーが。

生きとし生けるものの幸せを〜とか
206に慈しみの心を〜とか
こーすればみな幸せ〜とか
言ってるのは>>207

207の慈しみの心なんかあたし(206)にはカンケーねーよって
こっちは言ってんだよ最初っから。
こっちはこっちで勝手にやりますんでどうぞお気遣いなく。
まあ、あんたがあたしをオカズにしたいってんなら
あたしにはカンケーないからあんた勝手にしたらって言ってんの。

まったくうぜーな。
お花畑どもが。

214 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 20:40:53.69 ID:y0kD8Pjj
>>213
一緒にやれなんて誰も命令してませんので
あなたが死のうと生きようとコチラには関係ありませんので

215 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 22:01:20.34 ID:TenC8dEi
スマナサーラ曰く、素直さがない人間だけは手の施しようがない。

上のオカマ荒らしはスルーした方がいいと思う。

216 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 22:10:59.42 ID:TenC8dEi
しかし小乗仏教の観点で「他人」というのはどういう存在なんだろうな。
上のオカマとか、どう解釈すればいいんだろう。

スマナサーラの書籍では、人生はテストの連続で、友達から妻から夫から上司から後輩から先生から親から、常にテストされてると書いてある。
すべてのテストを受ける必要はないが、必要なテストは死ぬまでクリアし続けることになると。

上のオカマも我々をテストしてるんだと思う。
ただこれはあえて受ける必要のあるテストではないということは誰にでも分かる。

ちなみに社会生活送れてる?とか心配いただいたが、これは上のオカマが社会生活に執着してることだけは分かるな。

217 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 22:21:38.08 ID:KYXxO4Yv
>>214
だろ?
慈しみの心って言やあ美しげだけど、そんなもんだろ?
みんな幸せったって「コチラ」の話だろ?
つーか「自分」のことなんだから、そういえばいいんだよ初めっから。

>>215
スマなあ。
スマちょっとよさげだなと思ったけど、こーゆーのにモテてるってことは
そーゆーことなのかなーやっぱなあ。



ああ、あんたらスマに会ったことあんの?

218 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 22:25:19.94 ID:KYXxO4Yv
>>216
>ちなみに社会生活送れてる?とか心配いただいたが、これは上のオカマが社会生活に執着してることだけは分かるな。

あー・・・やっぱ送れてないんだ。
「コチラ」じゃないと挨拶もできねーとかまともに返事もしねーとか、
そーゆーのが「慈しみの心」とか言ってんだろ?ウケルーw

219 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 22:39:31.89 ID:KYXxO4Yv
>>216
>しかし小乗仏教の観点で「他人」というのはどういう存在なんだろうな。

お?そこそこ。いいじゃん、それ。そーゆー話よ。
ってあんた、しょーじょーの人なんじゃねーの?
今更そこを考えるのかい?どんだけオナニーに耽ってんだよ。

受ける必要のあるテストか否か、かあ。
不便な奴らだなつくづく。

220 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 22:44:15.12 ID:KYXxO4Yv
そういや「多様性」だか言ってたなあwww

言葉ってのは、困ったもんだ
アホには自分が知ってることと知らないことの区別もつかない

221 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 22:57:23.75 ID:TenC8dEi
私を嫌いな人が幸せでありますように。
私の嫌いな人が幸せでありますように。

222 :神も仏も名無しさん:2013/11/09(土) 23:03:22.96 ID:KYXxO4Yv
>>221
「と思える自分が幸せでありますように」

223 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 01:33:16.06 ID:lTxyrEbe
慈悲の瞑想は集中力をつけるためと
怒りの気持ちを消すための方法であって
念力で他人を幸せにする方法ではありませんので
自分の幸せは自力で達成してください

224 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 09:23:05.00 ID:hZ5ghCq3
>>223
まだ言ってやがる
「勝手にやりますんでどうぞお気遣いなく」
「あんたがマスかくのはそりゃああんたの勝手なんで」

まあ、あれだろ?
「自分が幸せでありますように」とかホントのこと言っちゃうと
幸せ気分が吹き飛んじまうから、そこは見ないことにしとくってやつだろ?
そんで「慈悲の瞑想とは」なんつって、メソッドとしてこういうものなんで
自分のせいじゃありませーんってんだろ?
ホントに、気がちーせーから正しさばっか気にしてんだよなあ。

225 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 10:01:37.19 ID:Z7m7jo5o
閑話休題。

地獄とか前世の罪とかの妄想概念は捨てた方がいい。

スマナサーラ曰く、精神だけは正常を保つべし。
統合失調症的な妄想をする人が、仏教をTHE宗教にするんだろうな。

226 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 10:39:19.43 ID:hZ5ghCq3
ttp://www.geocities.jp/shoshu_newmon/

ええことゆうとるでぇ

他sageは一緒か

227 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 11:48:38.70 ID:M3Db/3Mj
>>224
慈悲の瞑想は集中力を養うためと
怒りの気持ちを消すための方法です
幸せ気分に浸るためにやるのではありません
他人を幸せにする方法でもありません

228 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 11:59:23.05 ID:hZ5ghCq3
>>227
んでその瞑想は自分のためにやるんだろ?
集中力を高めて怒りの気持ちを消して
苦しくなくなりたい、と。

いいんじゃねえの?
オカズになってやるよカンケーねーから。

ま、あれだな。
今マスかいてますよーって人目に触れるようにやるから
うぜえなアホがって冷ややかな視線もとんで来るってだけのことよ。
世間を知らねーガキどもにはわかんねーかもしんねーけどな。

229 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 12:06:17.87 ID:hZ5ghCq3
わたし(206)の幸せとは、なんであるか。
述べよ。

230 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 15:38:28.13 ID:Z7m7jo5o
自分のための瞑想をすることが、何か問題があるのかな?

231 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 15:56:45.02 ID:gRXvORg+
>>229
豚に生まれ変わることかな

232 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 16:38:52.76 ID:hZ5ghCq3
問題?あんたらの勝手だわなと、こんだけ言っても
まだ問題があると思ってんのか?
問題あるかどうかなんか、こっちが聞きてーわ。

私を嫌いな人が幸せでありますように。
私の嫌いな人が幸せでありますように。
そう思える自分が幸せでありますように。

と書くことに何か問題でも?
自分のための瞑想ならそれでいいじゃねえか。
正確で正直なところだろーが。

で、あたしがあんたらを嫌いだとして
じゃああたしの幸せとは何なんだって聞いてるんだがな?
わけもわかんねえで、「幸せ」だの「慈悲」だの
漠然と良さげな言葉でスカスカのアタマ一杯にしてれば
怒らなくて済むから楽ってことなら
幸せ気分に浸るために他を利用してるだけだろーが。
マスかくのにオカズがいるのは、まあそんなもんだからどーってことねえよ。
「今クソガキのおめーをオカズに集中してマスかくオレは立派に修行中」?
いやいや、アホが悪趣味なマスかいてるだけだろ。

それでだ、あたしの幸せってのは?

233 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 16:41:32.54 ID:hZ5ghCq3
>>231
ほお。

おまえはブタに生まれ変われ
おまえはブタに生まれ変われ
おまえはブタに生まれ変われ
おまえはブタに生まれ変われ
おまえはブタに生まれ変われ
おまえはブタに生まれ変われ
おまえはブタに生まれ変われ
おまえはブタに生まれ変われ

という思いに集中することがおまえのためになるんだな?

とめはせんよ。

234 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 18:00:15.67 ID:Z7m7jo5o
この人面白すぎるんだけどw

235 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 18:04:38.65 ID:Z7m7jo5o
一つ質問
あなたはここで色々と書き込んでるけど、いったい何がしたいの?
読み手に何を求めてる?

236 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 18:23:33.72 ID:Z7m7jo5o
しかし、言葉が最高にゲスヤロウ過ぎるので不快感があるが、上記オカマはなかなか大切なことを言ってるな。

幸せは価値観で違うんだから、人の幸せを祈ってもその人にとっては幸せじゃない。
単なる押し付けではないか。ということかな。

キリスト教では汝の敵を愛せというが、それに近いんじゃないのかな?
観念までで解釈しておけば?

237 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 20:06:46.28 ID:Z7m7jo5o
あと、下品だがオナニーとしての瞑想というのも間違いはないな。
座禅も祈りもトレーニングも勉強も言ってしまえばオナニー。

結局自分のためにするものはある意味すべてオナニーだからな。
一方でいいオナニーと悪いオナニーもあるな。

それとどれだけ理解してオナニーするかについては、座禅と同じで、瞑想というオナニーそのものが解脱への第一歩なのではないだろうか。

238 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 20:36:04.17 ID:hZ5ghCq3
>>235
そんなことをあたしに聞くことに何の意味があんの?

239 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 20:41:49.09 ID:hZ5ghCq3
>>237
オナニーさいこー!!ってか。

ま、好き好きだわな。
読み手に何を求めてるか なーんて馬鹿な質問するだけのことはある

240 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 20:54:31.32 ID:hZ5ghCq3
なんでこいつらは

「オレが幸せでありますように」
「オレが幸せでありますように」
「オレが幸せでありますように」
「オレが幸せでありますように」
「オレが幸せでありますように」
「オレが幸せでありますように」
「オレが幸せでありますように」
「オレが幸せでありますように」
「オレが幸せでありますように」
「オレが幸せでありますように」
「オレが幸せでありますように」
「オレが幸せでありますように」

って集中して考えないんだろうな

馬鹿馬鹿しい

241 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 21:02:25.82 ID:FWub9Y1M
>>240
この疑問ってスマ長老のどっかの本で回答があったような気がする…

242 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 21:18:05.35 ID:hZ5ghCq3
あー模範解答丸写しですねー

おめーの人生はそーゆーもんだわ  っと

243 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 21:24:07.39 ID:Z7m7jo5o
>>241
現代人の瞑想法を読む限り、人間関係がよくなるから、ということみたい。

244 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 21:25:02.91 ID:hZ5ghCq3
てか、こいつらは本気で
誰かに自分の人生丸投げで任せて
「悩まなくて済んでるから悟ってるんだと思う」
とかなんとかやるんだろうな。

「仏教は自力本願です!」
なんかさっぱり意味わかんねーけど
丸投げしたのは自分だから自分の力だとでもいうのかねー?

245 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 21:25:24.64 ID:Z7m7jo5o
>>240
これは滝に打たれる修行と同じみたいだな。

他人を幸せにする波動が溢れない。

246 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 21:32:40.95 ID:hZ5ghCq3
>>245
日本語読めねえのか?
どこに他人を幸せにするって書いてあんだよ?
おめえは他人を幸せにできたためしがあんのかよ?

247 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 21:44:10.52 ID:Z7m7jo5o
>>246
さあ、どうだろうなあ。

スマナサーラ曰く、家族に怒ってる人がいると、一家が暗くなる。
サマタ瞑想で、暗い気分を払拭することで、周りも幸せになる。
ということだ。

お前みたいなやつが、ここの皆の幸せを願ってくれたら、それは楽しい気分になるね。(笑)

248 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 21:51:44.72 ID:Z7m7jo5o
>>244
ブッダ曰く、私が死んだあとに私を崇めるようなことをしてはならない。
自分で考えて生きよ。
ということだ。

ブッダの四聖諦とか八正道とか、ヒントを色々と残してくれてるから、学びつつ、よい生き方を目指す。
俺で言えば怒らない人間になることを志向してるのみ。

249 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 21:58:28.80 ID:hZ5ghCq3
>>247
おめえは「怒っている人」をつくり出した。
それを他人に解消させようとした。

そういうヤツの幸せはどんなものか想像がつかんわ。

250 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 22:19:55.36 ID:xpmHlUmR
神社仏閣板に脳死についてのスレ立ちました
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1384088084/l50

251 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 22:22:31.85 ID:hZ5ghCq3
ああ、ちがうな。
「怒らない自分」をやってみてその効果のほどを確かめてんだな。

それはいい案だ。

252 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 22:37:15.95 ID:hZ5ghCq3
ところで。

他人を幸せにできたかどうかわからないのに
他人を幸せにする波動がなぜわかる?
自分のための瞑想に他人が必要なのはなぜだ?
自分で幸せになるしかないなら他人の幸せを願うのはなぜだ?

253 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 23:06:40.55 ID:hZ5ghCq3
>お前みたいなやつが、ここの皆の幸せを願ってくれたら、それは楽しい気分になるね。(笑)

自分のために願ってやる
おまえらが幸せであるように


これでみんな幸せか?

254 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 23:21:00.48 ID:Z7m7jo5o
>>252
スマナサーラ曰く、サマタ瞑想で他人が幸せになるはずと思い込むのはエゴ、ということだ。

上の人が何度も言ってる通り他人が幸せになるかは、分かりようがない。
これもスマナサーラ曰く、外部環境を変えるのは不可能、変えられるのは自分だけ。ということだ。

なのでお前の執着するそのしつこい質問は、ここのスレッドでは噛み合わなくて話にならんのよ。

見たところお前の場合、親から愛されなかったから愛が分からないとか、そういう類いのスレッドに行った方が、議論が盛り上がりそうだぞ。

255 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 23:29:08.86 ID:Z7m7jo5o
>>252
あえて一般論で返すならば、人は一人じゃ生きられない、ということではないでしょうか。
自分が幸せになるために、他人の幸せを願うことは、何も矛盾しない上に、正の相関関係があるだろう。

また、親が子の幸せを願う、願わないで考えてみれば分かるんではないでしょうか。
子の幸せを願わない親の持つ空気とか想像してみろよ、それが波動だ。

自己本意になる理由は、親であれ子に執着するなというのが、小乗仏教の理念だからだ。
子の幸せを願いつつ、子に執着しない、それでいて自律的に双方幸せとなるという、日本ではなかなか理解してもらえないようなことをするのが小乗仏教なんだよ。

256 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 23:31:21.02 ID:Z7m7jo5o
>>253
少し笑えた。なので、少し幸せになったよ。
ありがとさん。

257 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 23:50:15.65 ID:hZ5ghCq3
>>254
確かに話がかみ合わんな

>>208
足りんか?
>>208
まだ足りんか?
>>208
まだ足りんか?
そりゃおめえのアタマだわ。

「自分が幸せでありますように」
という思いに集中しても
「他人を幸せにする波動が溢れない」
と言ったのはおめえだ。
だから聞くのよ。
他人を幸せにする波動がなぜわかる?
その波動は必要なものか?
なぜ何のために?
自分が自分の思うようになりてえから修行するんなら
思うような自分になることに集中すりゃあいいだろ?
なぜそうしないんだ?

258 :神も仏も名無しさん:2013/11/11(月) 00:00:50.58 ID:t3zJ+E/X
>>257
人にばっかり頼ってないで
自分のことは自分でやってください

259 :神も仏も名無しさん:2013/11/11(月) 00:03:13.35 ID:Gy8XaEvL
この人いっぱい本を出してるし
嫌いでない
いい事書いてるし
ただそれだけ

260 :神も仏も名無しさん:2013/11/11(月) 00:05:21.16 ID:1ABYK6ZB
>>257
何度も上で答えてる通りだよ。
エゴを満足するだけでは人は幸せになれんのさ。
分からんだろうけど、分からなくてもいいと思うよ。
お前も子供ができれば分かるよ。

波動は空気とも置き換えていいぞ。
足りないのは頭とか酷いことを文章にするお前にはよく分かるまいがな。

もはやこれ以上話しても何も有益な話は出ないので私は失礼するぞ。

でわな。

261 :神も仏も名無しさん:2013/11/11(月) 00:06:55.85 ID:lz330Lps
>>255
なるほど、一般論だ。

おめえは、何で他人の幸せを願うんだ?
矛盾ってのはなんだ?矛盾しないってのはなんだ?
親が子の幸せを願うってのはどういうことだ?

「あなたの健康と幸せを祈らせて下さい」
と、街中で赤の他人に言われて幸せになったと本気で言うヤツは、きもい。

262 :神も仏も名無しさん:2013/11/11(月) 00:24:32.79 ID:lz330Lps
>>260
>エゴを満足するだけでは人は幸せになれんのさ。
>分からんだろうけど、分からなくてもいいと思うよ。
>お前も子供ができれば分かるよ。

おまえは「わからんヤツ」をつくり出した。
ではおまえが「わかっている」のは何か?
「『自分さえよければいい』じゃあ結局幸せにはなれない」
あたりまえのことだ。
なぜあたりまえか。
生きて社会に暮らしていればあたりまえだからさ。
「あなたの幸せを願う」という言葉と
あなたの幸せを願うことは別だ。
こんなあたりまえのことがおまえにはわからんのかも知れんな。
まあ仕方ねえよ、わからんもんはわからんさ。

>>258
おめえはな、人にばっか頼ってねえで
てめえのことはてめえでやれ。
わかりもしねえことをがたがた騒ぐな。

263 :神も仏も名無しさん:2013/11/11(月) 16:28:47.02 ID:5qRYqfS2
>>262
とりあえず、お前は豚に生まれ変われ
トンカツになるのはそれからだ

264 :神も仏も名無しさん:2013/11/11(月) 19:51:05.51 ID:TsPHJo+o
スマナサーラは地頭がめっちゃいいんだろうな。

265 :神も仏も名無しさん:2013/11/13(水) 08:01:20.09 ID:JqwdW/+v
ゴータミ精舎の事務所のオバはん連中まだいるの?
ウザイよな

266 :神も仏も名無しさん:2013/11/14(木) 01:18:32.72 ID:5nN9IEMl
スマナサーラの欠点は理性によりすぎてることだと思う。

例えば共感は理性だけで伝わるだろうか。
般若心経に救われる人間は何人もいるが、空の理論にフォーカスし否定することで、般若心経を間違いとするのは仏道として正しいのか。

理性の限界がスマナサーラの限界になってしまわないかが気になるところだ。

267 :神も仏も名無しさん:2013/11/15(金) 00:10:48.09 ID:b995zLkf
今ちょっとキリスト教がヤバイことになっている
長老が言っていたことがちょっと当たっていたようだ「聖書を読みすぎると頭がおかしくなる」
しかし、これが絶対の真実とも思いにくいしキリスト教信者が納得するとは思えない
…それでもキリスト教信者が長老に反論なり批判するなりするための著書を書いた覚えがないのも事実で不思議なことである
「汝の敵をも愛せよ」とか「七の七倍まで許しなさい」とかのキリストの言葉を信じ切っているのだろうか?

268 :神も仏も名無しさん:2013/11/15(金) 18:39:56.05 ID:jRDxHZmG
キリスト教だろうが仏教だろうが
基本的な社会常識持ってなかったら
むしろダメになる

269 :神も仏も名無しさん:2013/11/15(金) 19:14:40.25 ID:b995zLkf
キリスト教信者で有名なのが曾野綾子著「人間にとって成熟とは何か」かな?
あとは渡辺和子「置かれた場所で咲きなさい」か?どちらも女性で、男性は誰も見当たらない
しかも経験談がほとんどで聖句が書かれていないけど

キリスト教独特の表現なら少しありそうな気がする
そして誰も自分の言葉で救いを書くことができない
聖書にべったりだからなのか?そうなると本当に長老の言うとおり「聖書を読みすぎると頭がおかしくなる」
ってのが証明されてしまうんだけど…
せめて「私はこういう行動・体験をしたけど、これは聖書の言葉でこのように書かれていたことと似ていて不思議だ」
くらいは書けないのかと
「神の奇跡だ」とか余計なことは書かなくていいから

270 :神も仏も名無しさん:2013/11/15(金) 21:49:29.27 ID:xPDGoquU
今の若い人は、内村鑑三や遠藤周作は読まないのかな?

271 :神も仏も名無しさん:2013/11/15(金) 23:00:54.96 ID:b995zLkf
>>270
現代の生きている人でってことで
長老だって現在生きているでしょ?

もっとも遠藤周作の「沈黙」は深みのある表現でキリスト教信者の棄教(踏み絵)を表現しておりましたが…

272 :神も仏も名無しさん:2013/11/16(土) 21:23:31.33 ID:T5G5Uf4U
30分くらい前に地震が起きたけど、長老は今日本?それともスリランカへ教えに行っている?
日本に居続けるか、スリランカへ逃げるかどちらを選ぶか考えた方が良いね>長老

273 :神も仏も名無しさん:2013/11/17(日) 16:58:30.01 ID:uWJWFV/D
>>270-271
マーチンスコセッシが
沈黙サイレンスの映画を製作してるはずなのに
一向に完成したという話を聞かん。早く観たい。
読書は仏教系で手一杯だ。

274 :神も仏も名無しさん:2013/11/19(火) 02:57:28.37 ID:a+lPKBVK
長老は立派な方だと思うのだけど、事務局長の佐藤哲朗って人がツイッターで醜いツイートばかりしているので、協会のイメージを悪くしている。

275 :神も仏も名無しさん:2013/11/19(火) 23:35:56.66 ID:a4xkwX77
慈悲の瞑想はめっちゃ効くなぁ。

生きてると怒ることが山ほどあるけど、怒りもパブロフの犬的に条件反射化してしまうよね。
相手のちょっとした行動が昔わたしを傷つけたあの人の行動を想い起こさせるとか。

道端で道を譲らない人とかにムキになってしまって、不愉快になるとか馬鹿馬鹿しい。
精神に深く打ち込まれたトンジンチな条件反射を反転させるのが、すなわち『慈悲の瞑想』の本質である。そう思う。

276 :神も仏も名無しさん:2013/11/20(水) 09:45:06.23 ID:ROpJy0zB
>>275
すべての人があなたのような気持ちを味わえば、世界中の人々が救われると思って長老は「慈悲の瞑想」を広めています
また、「綺麗なことを思えばこころが綺麗になる」ともお考えかもしれません

昔、小学校かどこかで「言葉遣い」について注意されたでしょ?あれと同じです
小学校から学生時分までずっと「掃除の時間」はあったでしょ?あれと同じです

何事も綺麗にする習慣をつけておけばこころも綺麗になるという根拠で長老は広めているのです

277 :神も仏も名無しさん:2013/11/20(水) 22:02:05.55 ID:aqdJ2hdF
>>276が幸せになりますように。

278 :神も仏も名無しさん:2013/11/21(木) 00:16:35.24 ID:Se7STXIc
付き合ってる人が浮気したとしたら、上座仏教としてはどう解釈すればいいの?

浮気相手が幸せであるように願うの?
これは難易度高い上に、単なる虐げられ人に陥らないか?

279 :神も仏も名無しさん:2013/11/21(木) 04:11:11.69 ID:aCVz0pII
>>278
そもそも恋人をつくったらダメだからね、仏教は

280 :神も仏も名無しさん:2013/11/21(木) 07:51:19.37 ID:Se7STXIc
>>279
在家にも?

281 :神も仏も名無しさん:2013/11/21(木) 09:18:07.31 ID:iTsLNlUz
>>280
できれば在家でも
恋人や家庭を持つと
修行はほぼ不可能

282 :神も仏も名無しさん:2013/11/21(木) 09:55:39.77 ID:nftmHoHB
つ「成功する生き方『シガーラ教戒経』の実践」角川文庫

その書籍を読めば分かるけど、在家でも生きる道をお釈迦様は語られておいでです
(もちろんスマナサーラ長老が説法しているのだからバイアスはあります)

たとえ在家で修行していても社会生活と両立して逸脱しないようにすればそれでいいじゃないでしょうか
「恋人や家族を持つと修行は不可能」とお釈迦様も長老も断言したわけではありませんから

むしろ「慈悲の瞑想」をしてこころ穏やかにし、他人との交わりを円滑にしたり、
「ヴィパッサナー瞑想」を日常の生活の部分でできるようになると、瞑想できて気持ちが楽になりますよ
という方針を長老は語られております、それもたくさんの書籍で出版されています

283 :神も仏も名無しさん:2013/11/21(木) 19:19:41.12 ID:OePOiqmZ
諸行無常の法則に照らし、ありのままを見ると、浮気しようがしまいが、相手に対する対応がすべてか。

人に騙されるというのは、どう解釈するのがいいんだろう。
騙されてもあるがままでいて、怒らなければ、ニルバーナに辿り着けるのか?

苦しい。

284 :神も仏も名無しさん:2013/11/21(木) 19:20:43.50 ID:OePOiqmZ
相手に対する対応というのは、浮気者が私にどう接するか?ということ。

285 :神も仏も名無しさん:2013/11/21(木) 19:58:01.93 ID:OePOiqmZ
自分以外は変えられないというのが真実であるならば、騙してくる人をどのように対処すればよいのか?
関わらない?
関わらざるおえない場合は?

誰か教えてくれ。

286 :神も仏も名無しさん:2013/11/21(木) 21:05:16.15 ID:WDd6spl9
騙されることはいいことなのかね
騙されることは悪いことなのかね

287 :神も仏も名無しさん:2013/11/21(木) 21:18:05.21 ID:BUVhNXt6
はぁ〜〜〜

風呂入って寝りゃあいいのよ。

悩むのが趣味なら余計なお世話だわね(^_^)

288 :神も仏も名無しさん:2013/11/21(木) 23:59:44.19 ID:lu7d0oUV
仏教のいう幸福と一般の幸福は全然違うからね
強盗に襲われたら無抵抗で殺されろ、テロリストは放置しろと
スマ先生は書いてた
仏教が普及すると国は滅亡する、チベットみたいに

289 :神も仏も名無しさん:2013/11/22(金) 02:14:07.30 ID:UburEhnt
自分で転んで頭を打っても怒ったりしないのに他人がぶつかって頭を打つと怒るでしょう
実質は同じだけの痛みなのに
誰かにぶつかられて頭を打っても自分で転んだのだと思って腹を立てないようにすれば解決とする
そんな風に考えれば
彼が他の女と寝ていようと自分に何の被害も無い
みたいに考えられるんじゃね
それが幸福につながるかわからんけど

290 :神も仏も名無しさん:2013/11/22(金) 13:06:17.13 ID:gifXB8cl
>>288
確かにお釈迦さまの王国は出家した人以外は皆滅ぼされましたね
お釈迦さまご自身も「自分の苦しみをなくしたい」というのが根本的な望みであって
キリスト教みたいに「他人との交わり」などを重要視したようには見えません
比丘集団なら戒律を守った上で集団の安定を図る、そんな感じです
それが5000人ぽっちだと世界で言えばほんの一握りですよ

291 :神も仏も名無しさん:2013/11/22(金) 13:29:03.21 ID:9NOtdIRi
お釈迦様の弟子で素っ裸にされて
セックスすることを強要されたりした人がいます
今のチベットと同じです
敵が責めてきたら無抵抗で殺されろというのが仏教ですので
仏教は国を滅ぼします

292 :神も仏も名無しさん:2013/12/02(月) 23:06:44.01 ID:XLoBryGO
長老は立派な方だと思うのだけど、事務局長の佐藤哲朗って人がツイッターで醜いツイートばかりしているので、協会のイメージを悪くしている。

293 :神も仏も名無しさん:2013/12/08(日) 18:12:14.02 ID:jHu/iZYz
すまんが…
ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/131208/plc13120810580004-n1.htm
> 法務省入国管理局によると、今年1月1日現在で不法滞在者は約6万2千人。
>うち退去を命じられた不法残留者は計3030人で、フィリピン375人、中国331人、
>スリランカ245人の順に多い。

 ス リ ラ ン カ 245人

日本はいろんな国から密入国されていますが、まさか第三位だったとは…
それで長老はあれだけの出版やって…寒気がする(もちろん長老ご自身は正規の入国だと思いますが)
もっともMSN産経のネガキャンとも取れるけど…

国境と宗派とお釈迦さまの教えは分離して考えたいだけに、また一つ懸念材料が見つかってしまった
ウィッキーさんみたいな真面目な人もいるんだろうけど思いは複雑だ

294 :神も仏も名無しさん:2014/01/11(土) 00:24:39.32 ID:11L5IXtq
ヒステリーな妻と結婚生活を送っていくのが辛いです。
毎日怒られて、自我が真っ赤に腫れてしまいました。
こういうのって仏教的にはどう解決すればよいのでしょう?在家で。

295 :神も仏も名無しさん:2014/01/11(土) 00:26:37.43 ID:11L5IXtq
瞑想しても、怒られると自我が苦しみます。

これは瞑想が足りないのでしょうか。

自我が泣いていても、自我は自我と切り離すことができればいいのでしょうか。

296 :神も仏も名無しさん:2014/01/17(金) 20:58:44.31 ID:tAoqhtXD
本格的に座って瞑想とかしないけど、
人と話している時に激したら「あ、怒っているな」とか希に思うことある
ひょっとして「自我があるという錯覚を与えられている」のでは?と思うことがある
「今怒っている時に『なんで俺のような人物を怒らせる?』という気持ちが発生する」気がする
これからも気をつけて観察しよう

あとは、痛みとか動揺している気持ちとかいろいろ観察できたらいいですね

297 :神も仏も名無しさん:2014/01/17(金) 23:14:32.32 ID:V3w+RchY
>>295
まず、長老のサンガから出してる新書とか立ち読みしてみるといいと思う。
あなたの状況にあった法話があるかもしれない。

ところで、原始仏教は現実的な状況をどうこうしようってもんじゃないから、
仏教的な解決って難しいと思うな。長老は一般向けに色々言ってるけど。
自分の場合は、原始仏教を勉強するにつれて全般的に落ち着いてきたって感じ。
捨てたものも多い。仏教はそういうものだから。

現実的な解決を図る場合、
長老の新書でパワーアップユアライフ?とかいうタイトルのがあって、
ブッダが息子さんに行動指針を与えた話が興味深かった。
奥さんとあなた自身の両方のためになる行動を取ればいいという
お話です。まず、二人でカウンセリングに行くってのもいいかもしれない。
普通の解答ですみません。

あと、原始部教は自我、自我言わないと思う。
結局全部無我に帰するから、自我と本来の自分(真我)って構図はない。

298 :神も仏も名無しさん:2014/02/03(月) 10:46:11.50 ID:j1TVA5AU
実際にテーラワーダーのイベントいってみて、この人の話聞く機会あったんだけどさ
HPや著書での印象とまったく実物が違ってて、びっくりした
なんか他団体や政治の悪口を聞かされるし、怒らないこととか言ってるのに自分は突然怒り出すし
瞑想指導でもそんな調子で、集中してるのかどうか電波で分かるとか言い出してさ
正直、あわないと思った

299 :神も仏も名無しさん:2014/02/03(月) 19:49:55.48 ID:rmXi7uB7
>>298
瞑想中で吹き込んでいるかのように見える「その手の話」は
ラベリングで全部「音」としてやり過ごすのが必要不可欠だったりして…
「そういう話(音)も聞きたい」という「欲」も出てきちゃっているのかもしれない

過去の瞑想指導会(初心者)で実はみんなそれができなかったから今になってヘンな風に広まっちゃったとか…

300 :神も仏も名無しさん:2014/02/06(木) 22:43:26.65 ID:p5J21QbH
>>297
現実世界に役に立たないということは、テーラワーダは在家の人には単なる趣味ということになるな。

301 :神も仏も名無しさん:2014/02/06(木) 22:47:51.14 ID:p5J21QbH
>>298
海外の仏教だから、色々と文化的に肌にあわないことは多いんだろうね。
ここは素直に小池龍之介の教えを学んだ方が素直に受け入れられるかも知れん。

俺もそんな電波の話聞いたり、怒ってるのみたら、書籍で言ってることはなんなんだと思ってしまうよ。
説得力0だよね。

ソースがないので298がネガキャンしてる糞野郎の可能性もあるけどね。

302 :神も仏も名無しさん:2014/02/15(土) 12:12:15.45 ID:8hIaTC64
最近面白かった本

・「アップデートする仏教」山下良道、藤田一照著
・「脳と瞑想」プラユキ・ナラテボー、篠浦伸禎著

スマナサーラ長老の本はいい加減飽きた
それに波長がイマイチ好きになれない

303 :神も仏も名無しさん:2014/02/16(日) 09:59:19.24 ID:mgCPrzzY
>>302
最近長老以外の比丘が発言しだしたのは悪い傾向ではないね>プラユキさんの対談本

304 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 22:20:42.41 ID:K6PcZvZ8
今年の1月に講演会@日暮里サニーホールに行ったんだけど 
長老さんはずいぶん口が悪い人だなぁという印象・・・ 
終わってからロビーで少しだけ挨拶したけど 
こちらを見もしなかった。
ああ、こういう人なのかーと思った。

305 :神も仏も名無しさん:2014/02/23(日) 23:15:35.32 ID:fWATxJ9b
鈴木大拙
http://www.youtube.com/watch?v=3AKxPpfQs54

306 :神も仏も名無しさん:2014/02/24(月) 08:45:24.88 ID:sD2YcOHC
>長老は仏教は科学だと言うが、科学的には仏陀は側頭葉てんかん等脳機能障害の可能性が高い

だいたいの批判は面白く、的を得てるが、これはお釈迦様に失礼。「科学的には」ということをもっと厳密
に使うべき。この場合、ブッダは「側頭葉てんかん等脳機能障害の可能性」があると主張する者もいるぐらいに留めるべき。
まあ、ブッダやキリストを精神的な病気持ち扱いする人は間違ってると思いますが。。。

307 :神も仏も名無しさん:2014/02/24(月) 17:03:58.78 ID:bYDLLNv2
海馬というのは、不安とか怒りを生ずる場所なので
瞑想をしていることは、これを訓練していると見ている。
海馬のそばに扁桃体という物があるけど、この扁桃体は
不安とか怒りとかを増強させる作用がある。
これをコントロールすることで、怒りとか不安から逃れられるようになる

怒りも不安も根源的には同じ物だと言うことが、ここからも読み取れる

308 :神も仏も名無しさん:2014/02/24(月) 20:51:01.05 ID:4Vr0tDF7
>>307
タイやミャンマーやスリランカといったサンガ僧が多い国ではどのような食生活を送っているのでしょうか
栄養によっては海馬や扁桃体のコントロールをもっとよくしているのではと思います
そうじゃなきゃ在家の人達までついていけるとは思えない

ちなみにWikipediaで海馬を調べて見た所ストレスにさらされたり、鬱病の患者は萎縮していることが記載されている

309 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 16:10:45.31 ID:cb+KGrHi
>>302
YOU、「そうなんだけれども先生」の法話音声継続して
きいたことある?
波長からするとナルな「そうなんだけれども...」のほうがry

310 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 18:38:33.68 ID:8CGgQoqx
「自殺者は腰ぬけ」byスマ。
この発言でわかります。彼が悟った人か、そうでないか。

311 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 18:58:37.51 ID:8CGgQoqx
>>252
それは「エゴ」を滅するためでしょう。「私」ではなく「人」のため。
「エゴ」の滅却なしに悟れないと、もろもろの悟った人が共通して述べられています。

312 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 19:59:06.61 ID:8CGgQoqx
>>294
奥さんに怒られている時は「怒っているな」と観察し、収まるまで待つ。
収まったら、「いま落ち着いているな」と観察する。
求めてるときは「求めてきてるな」と観察する。
すばらしいじゃないですか。

313 :神も仏も名無しさん:2014/03/26(水) 20:42:23.98 ID:1btEHOSD
それだけだと足りない。
怒りだけでなく恐れ、自己防衛、悲しみ、自己嫌悪その他
言語化できないあまたの空気全てをマインドフルに観察する。

314 :神も仏も名無しさん:2014/03/28(金) 08:38:15.11 ID:O9s0vKjs
このカルトの笑えるとこは自己観察者の主観でどれだけ怒っていようが
慈悲や義憤だと、決めつけしょうもない自我の正当化に必死なとこだね。
スマナサーラなんて自分がいかに正しい動機を持っているか訴える事
に必死なんだもんな。善意、正義を売りにする連中ほど怪しいもんはない。

315 :神も仏も名無しさん:2014/04/30(水) 18:02:50.16 ID:fWVMbfvJ
まだこの出稼ぎスリランカ人僧侶スマナサーラは、仏教は科学だ
なんて言ってるんだな。

仏教は宗教ではない ~お釈迦様が教えた完成された科学~
http://www.amazon.co.jp/dp/B00J9EN42O/

再現性を保証せず立証責任を、全く負わないのに科学だとよ。
そういうのを一般に疑似科学やオカルトって言うんだよ。

大体、テーラワーダは種々販売戒で経済活動禁止だろ。
この粗製濫造した類本の山は一体、なんなんだ。

316 :神も仏も名無しさん:2014/05/01(木) 11:58:51.27 ID:Y47xmRnO
>>315
いいこと言っているな
…けど彼のおかげで他の大乗のお坊さん(小池龍之介・升野俊明など)も動いたし
スマナサーラ長老の影響が薄いサンガ僧(プラユキ・ナラテボー、ティク・ナット・ハンなど)の行動も見られるし
仏教学者や仏典翻訳者も動き出した(中村元博士や水野弘元博士の再評価、片山一良の書籍再出版)
挙げ句の果てにアメリカで伝わっている仏教からエッセンス(マインドフルネス)が抽出され、
日本に気軽に輸入されるようになった(ラリー・ローゼンバーグ、J・カバットジン)

アメリカで瞑想の科学的な実証がなされるようになり始めたから「仏教は科学」とも主張し始めた
(プラユキ・ナラテボー&篠浦伸禎「脳と瞑想」にて、瞑想中の生きた人間の脳をMRIで測定する話も出てきている)

つまり、「脳」を研究するのに「仏典の論理」「仏教の瞑想法」は都合が良い
そうすると、仏教って科学?と主張する僧が出てきてもおかしくない
今のところ証明できないから疑似科学やオカルトと言われてもしかたないけど、
物の見方を変えれば行き詰まった人間社会や科学技術に一石を投じることができるという話にもなる

さらに、書籍の山については「自分が本当は方々で直接説法したいけど、いろんな事情でそこまで行けない人が多いだろうから
説法した話(口述筆記)を書いた本を売って全国的に広めます、その代わり印税をお布施代わりにしてね」
ってことじゃないかと思う
はっきりいってポー・オー・パユットー大僧正みたいに「印税放棄」できるほど資本主義国で生き残るのは容易じゃないからね

317 :神も仏も名無しさん:2014/05/01(木) 12:45:49.29 ID:HDFsXh2a
>>316
なんでも、グルの都合のいいように解釈しすぎ。典型的なカルト脳。
佐村河内のおかげで、クラシック音楽に注目が集まったみたいな無理な評価。

仏教やヨガを科学的に解釈しようとする試みなんてヒッピーの時代からある。
都合のいい仏教教義に見合う検証結果だけ取り込んできたのが、一部仏教徒。
阿含宗やオウムも必死で仏教を科学的に解釈しようとしてきましたね。

スマナサーラは科学を騙り布施をすれば功徳になって、仏法に背けば地獄行き
などと脅し、排他的なアジで信者を獲得してきたからオカルトマフィアなどと
称されてきたわけだがそんないい加減な野蛮人の営みとまともな学者の業績や
科学の世界を決して比肩すべきではない。

318 :神も仏も名無しさん:2014/05/01(木) 19:31:45.98 ID:Y47xmRnO
>>317
> オカルトマフィアなどと
> 称されてきた
誰が言っていたん?ソースキボンヌ

319 :神も仏も名無しさん:2014/05/01(木) 21:28:17.50 ID:BbdmU6KI
仏教学者は度し難し。

320 :神も仏も名無しさん:2014/05/02(金) 02:35:26.98 ID:0VmxNOMs
>>316

まあ、スマナサーラ長老の貢献は、日本にプチ瞑想ブームをよんだことかな。
たしかにある程度センセーショナルだったし、出版業界が「ヴィパッサナー」関連
が売れると判断したというのはあると思う。おれ自身もそういう経過で知れたから
感謝はしてる。

ただ、やっぱり、それは元からアメリカやフランスで定着してたマインドフルネスの
潮流を、日本に引き込む風穴を開けたって意味での貢献で、ご本人については、もう
役割を終えたというか・・・宣伝マンとしてはよかったと。

瞑想の科学、仏教的認知の科学とかいう視点が重要なのは同意。
マインドフルネスや、チベット仏教の瞑想中のfMRIによる科学的測定については、かなり進んでるよ。

それに比べて、日本で仏教と脳科学というと、「ご家庭健康法学者」有田秀穂とスマナサーラ長老とかの
対談(涙)

日本で活躍してる仏教関連の寄稿者っていうと、誠実なのは井上ウィマラくらいで、
ほかは小粒な雑文家、って感じ。
これならほんと、スマナサーラに感謝しつつ、海外のマインドフルネス関連の本読んだほうがいいよ。

321 :神も仏も名無しさん:2014/05/02(金) 02:48:34.84 ID:0VmxNOMs
アメリカだとまあオリエンタリズムへの興味もあったんだろうけど、
チベット仏教、禅、上座部の師が同時期にサンガやリトリートをはじめて、
それにアメリカ人ってのがまた特有の実行力と生真面目さを発揮して、
それを精神医学のほうに生かせないかとか、科学的に分析できないかとか
やり始めたんだよな。それも40年以上も前から。

だから、それぞれ反発じゃなくて、統合や共通点や相違点の分析のほうに向かっている。


一方日本は、さいっきんヴィパッサナーって言葉が定着して、
それに一役かったスマナサーラさんの影響があってだろうけど、「ジョーザブ最強!
ヴィパッサナ最高!ヒンドゥだめ、あれサマタだろ」みたいな(涙)

で、サンガジャパンとか執筆陣が、田口ランディとか佐々井秀峰、永井均、
内田樹とか、僧侶代表がプラユキ、ネルケ、南直裁、スマナさん(涙)

322 :神も仏も名無しさん:2014/05/02(金) 04:58:01.70 ID:GXjqizju
スマナサーラ長老の超能力について分かっていることを
話しませんか?

読心術というか、頭のなかで言葉で考えていることを
法話で取り上げていただいた事がある人が
テーラワーダ協会にはいます。

最初は偶然だろう、と思いますが何度もそういうことがあると
スマナサーラ長老は心が読めると確信しました。

323 :神も仏も名無しさん:2014/05/02(金) 08:11:22.08 ID:GXjqizju
そういった超能力で興味を持たせないといけないくらい
ブッダの教えはつまらないと言ったも同じです。

324 :神も仏も名無しさん:2014/05/02(金) 09:18:55.21 ID:yNORfczi
しかし、長老自身はブッダそのものよりサーリープッタを目指していると言っていたな
智慧第一の弟子な
つまりその意味は「超能力より智慧が必要」なんだけど

325 :神も仏も名無しさん:2014/05/02(金) 13:59:28.37 ID:bH7M0NDz
まぁスマナサーラさんのおかげで日本に怪しい宗教が増えただけだわな。
平和的な上座部仏教のイメージが長老やスリランカのおかげで変わったし。

瞑想ブームなんて言っても前からあるのに、新しい選択肢が加わっただけ。
超能力には失笑。いろんなカルト教祖が信者に超能力を目撃されているよ。

326 :神も仏も名無しさん:2014/05/02(金) 17:04:00.87 ID:yNORfczi
いや、スマ長老のおかげで、今まで日本に潜んでいた怪しい宗教が見えるようになってきた
ってだけなんじゃないの?

327 :神も仏も名無しさん:2014/05/02(金) 18:13:20.62 ID:bH7M0NDz
ビリーバーからすれば、そのように見えるのは当然だよ。
日蓮系カルトなんて、延々と破邪顕正やってるしカルトはそういうもんだ。
スマナサーラ長老もスリランカの習わしに従って延々と対立を煽っている。

328 :神も仏も名無しさん:2014/05/02(金) 20:40:37.29 ID:MNhLGvqm
おまえらさ、日本の仏教は勉強せーへんのかいな

329 :神も仏も名無しさん:2014/05/02(金) 22:19:32.88 ID:9H+XWe2Z
勉強した結果、こっちに来た。

330 :神も仏も名無しさん:2014/05/03(土) 19:37:46.60 ID:Wuv72wUq
日本の仏教なんて
それぞれ宗派の開祖を崇拝してるようなニセモノですよ

というようなことをスマが言ってる

331 :神も仏も名無しさん:2014/05/03(土) 23:07:07.52 ID:VWjc1BY8
仏教がよりどころとするのは法だからな。

332 :神も仏も名無しさん:2014/05/04(日) 08:20:34.65 ID:/MOTEDjG
とりあえず釈迦という人物がすごいから釈迦が最高だとさ
釈迦ではない人物を崇めてるのは仏教とは違うんではないかとスマが言いたいみたい

333 :神も仏も名無しさん:2014/05/04(日) 08:29:38.93 ID:1VDp/bi8
>>329
『信心銘』をどう思いますか?

334 :神も仏も名無しさん:2014/05/04(日) 14:55:15.00 ID:YAxL9zho
お釈迦様のお話はエレガントで理知的だけど、ユーモラスで聞く人々を引き込んでいたそうだよ。
神通力を使ったのは、バラモンの元で共に修行したかつての仲間の前と、
ウルヴェーラ・カッサパ氏の祭火堂にいたナーガと戦った時だけだったような。
ナカッサパ氏の前でその後も使ったかどうかは分からないけど、カッサパ氏が帰依した後は
お釈迦様は神通力を説法のために使っていないはず。
私が読んだ伝記にはそう書かれていた。

335 :神も仏も名無しさん:2014/05/06(火) 06:27:34.22 ID:vF0eQPgm
神通力で人を驚かせてインパクトを与えるなんて、
たいした指導者ではないね。本人が法話でそういっているから笑えるよ。
神通力で信者をバカにしているスマナサーラなのに。

336 :神も仏も名無しさん:2014/05/06(火) 06:51:00.01 ID:vF0eQPgm
業務連絡 テーラワーダ協会のかたでここ読んでる方いませんか?

電波を受信しちゃった(本当に妄想)信者が荒らし並に迷惑なのはわかるけど
運営の仕事が多岐にわたるのもお察しするけど、
私が妄想に苦しんでいた時期に藁をもすがる気持ちで書き込みした投稿は
掲載していただけなかった。

協会掲示板は、削除してしまわなくて良い書き込みまで消して
柔軟さを失ってしまっていないかなと。

337 :神も仏も名無しさん:2014/05/06(火) 07:55:18.79 ID:yym4A9A4
お釈迦様自身は神通力を説法に使うことは、初期の2回以降否定なスタンスを取るようになったはず。
カッサパ氏が帰依してからは説法で神通力を使ってませんよ。
弟子にも説法に神通力を使うことはさせなかった。

338 :神も仏も名無しさん:2014/05/06(火) 09:07:49.29 ID:yF7LCJVD
スマナサーラさんの超能力は確かにある。
でも、超能力ではなくて相手が分かるまで丁寧に
根気良く説明してあげるやさしさを期待しています。
日本語が第三言語で、手間がかかるのは申し訳ないですが。

339 :神も仏も名無しさん:2014/05/06(火) 10:37:20.73 ID:vF0eQPgm
あそこはスマナサーラ瞑想教だから。

340 :神も仏も名無しさん:2014/05/15(木) 12:45:25.61 ID:WrtsCvls
慧解脱の預流果には、感情のコントロールの出来ないダメな人もいることが分かった

341 :神も仏も名無しさん:2014/05/15(木) 17:48:53.63 ID:owNcxQEi
ラジニーシも麻原も信者から見れば神通力があったらしいね。
他心通なんて大体偶然か、ホットリーディングの問題に過ぎないがな。

三沢知廉の囚人狂時代に、精神疾患のある囚人に超能力があったと
書いてあったが教祖ってのは脳が特異な状態になっているのかもな。

新興宗教の十八番、病気治しに神通力にはせいぜい眉に唾するこった。

342 :神も仏も名無しさん:2014/05/16(金) 07:09:00.35 ID:z9RaZU7+
瞑想始めて、2週間。
慈悲の瞑想の効果が全く分からない。これ、どんな風に効くのかな?

ヴィパッサナーはマイナス思考が減って来たので、効果がで始めた気がする。

343 :神も仏も名無しさん:2014/05/16(金) 08:00:56.96 ID:W84YNPse
一部メディアの記事によると
麻原ショウコウは何か特殊な能力があったみたいだよ。
しかし、それを認めてしまうと麻原と教団の犯罪・詐欺・嘘など全部肯定してしまうことにもつながってしまうから
一般のメディアは否定かスルーしかない。

344 :神も仏も名無しさん:2014/05/16(金) 08:43:56.47 ID:Lkongj5m
>>342
慈悲の瞑想でマイナス思考が減ったんじゃなくて? ヴィパッサナーで減るかどうかは不明
慈悲の瞑想は慈悲の心を養う、心が明るくなるとは長老も言っていましたけど

ちなみに慈悲の瞑想はサマタ瞑想なのでヴィパッサナー瞑想をはじめる前に行うとやりやすくなるそうな(準備体操)
丁度お釈迦様の時代に第四禅定に入ってからヴィパッサナーを行うのが良いとされていたように
ただ、今はヴィパッサナーだけ行っていても少なくとも第一禅定状態に入れているから良いとも方々で言われている

345 :神も仏も名無しさん:2014/05/16(金) 10:08:30.65 ID:z9RaZU7+
>>344
普段、マイナス思考が生まれた時にサティが入り妄想が止まったので、ヴィパッサナーの効果だと思ってます。

実はこれにも慈悲の瞑想の効果もあったのかな? 慈悲の瞑想の効果がよく分からないのです。

346 :神も仏も名無しさん:2014/05/20(火) 06:50:05.28 ID:069h7NUz
音楽をききながら座っていたら、姿勢が固くなってたのが改善した。
スマナサーラさんは身体に努力と意思力で集中するように教えるんだよね。
初心者講習では。あれだとイライラしてダメヽ(´o`;

347 :神も仏も名無しさん:2014/05/20(火) 08:11:08.81 ID:069h7NUz
協会に行くと、ズケズケしゃべるキツイ性格の人が威張っているのは
あの指導法のせいじゃないのかな。

348 :神も仏も名無しさん:2014/05/20(火) 08:26:39.33 ID:ZksKOTO1
心配事があると、慈悲の瞑想が辛くなる。何故だろう?

349 :神も仏も名無しさん:2014/05/20(火) 09:59:41.18 ID:fp46lGB9
煩悩が残ってるからだよ(白目)

350 :神も仏も名無しさん:2014/05/20(火) 10:13:50.28 ID:fp46lGB9
仏教は人間の通常の生理や欲求に反して
「漂白化」を進める、ある意味最も危険な宗教

人間の原動力は執着・煩悩なのに、それを
断てって言うんだからね
抵抗感を感じるのは当然のことで、君の中の
本能が悲鳴を挙げてるんだよ
まあインド系宗教はどれも同じくらい
逝っちゃってるけど

他の地域の宗教が執着・煩悩の経路変更と
しての「染色化」だとしたら、仏教は
執着・煩悩そのものを攻撃する「漂白化」

世俗的利益を少しでも求める気があるなら
真面目に手を出さないのが吉
俺みたいにちょっとかじる程度に留めて
おいた方がいいよ

351 :神も仏も名無しさん:2014/05/20(火) 10:39:36.92 ID:ZksKOTO1
>>350
たったあれだけのコメントで、全て解ったのですね。

自分の悩みでは問題無かった慈悲の瞑想ですが、娘の悩みを気にした途端、辛くなりました。350を読むまで分かりませんでした。

仰る通り無理をし過ぎたのかも知れません。自分の我執だけに囚われており、最も強い家族への執着を失念していました。

家族への執着は捨てれませんよね。瞑想もほどほどにして、力を抜いてみます。
ありがとうございました。

352 :神も仏も名無しさん:2014/05/20(火) 13:20:44.20 ID:seAQlcxg
>>350
洞察が全然足りない。もっと深まると、執着や煩悩が、
人間の(というかもっと非個人的なもの)働きを妨げているのがよくわかる。

あと、仏教は、執着や煩悩を攻撃するのではなく、他のあらゆるものとおなじ、
沸いては消える雲のような自然現象としてみるだけ。自分とは本質的に同一ではないものとして。

攻撃する必要はないし、攻撃はそれ自体執着。全然わかってないな。

353 :神も仏も名無しさん:2014/05/20(火) 18:12:43.52 ID:fp46lGB9
>>352
あなたその自分の書き込み見てみなさい
執着と怒りと偏狭に満ちてますよ
煩悩まみれです

ことほどさように仏教と世俗社会は
折り合いが悪いわけです

世俗社会を捨てた沙門の宗教なんだから
当たり前の話だけどね

354 :神も仏も名無しさん:2014/05/20(火) 21:18:54.42 ID:BFbUvKWl
最近出た新書「日本の未来」は日本人にとってものすごく自虐的に見えるのですが…
「今までのままでよかった」とか言い出す始末ですし(「戦後レジュームからの脱却」に意図的に噛み付いていると思われ)
どうせ先がないのですから毒舌はやめて後進の指導をしつつ瞑想修行に長老ご自身が励むのが一番ベストかと思われますが
いかがなモノでしょうか?>ALL

…宗教家(お坊さんなど含む)はサヨク思想と言い切ってしまえばそこまでなのでしょうが…
あの本はどうも引っかかる
普通に仏教の話をせいと

355 :神も仏も名無しさん:2014/05/20(火) 21:29:28.97 ID:fp46lGB9
左翼というか、仏教もキリスト教も元々
「反動思想」だからね

「もうおいら世俗の競争や諍いに疲れた、
世俗捨てて彼岸目指します」っていう
世捨て人の思想
だから同じように世俗の生活に疲れた人の
癒しとなるが、のめり込むと社会的には
役立たずの人間になる諸刃の剣

356 :神も仏も名無しさん:2014/05/20(火) 23:26:22.41 ID:seAQlcxg
>>353
あなたにはそう見えたのかな。だとしたら、見えたあなたの問題でしょう。
足りないものを足りないといわれ、自己防衛した自分の煩悩を良く見なさい。

指摘されたことには反論がないところを見ると、図星が胸に刺さったようだけど、
その刺さった痛みに自覚的になるのが瞑想です。気をつけなさい。

357 :神も仏も名無しさん:2014/05/20(火) 23:40:51.62 ID:fp46lGB9
ほらね、煩悩丸出しでしょ
こんな俗物が仏教の深みをしたり顔で
語っちゃう滑稽さよ

ことほどさように世俗と仏教の両立は
困難なわけです

358 :神も仏も名無しさん:2014/05/21(水) 07:41:14.48 ID:He87aaTG
だめだなぁ。

359 :神も仏も名無しさん:2014/05/21(水) 08:20:05.73 ID:xIQVvgR2
ここは、まだいい方だよ。

360 :神も仏も名無しさん:2014/05/21(水) 09:11:53.35 ID:hVotxkWj
マインドフルネスのほうが儲かるのかな

361 :神も仏も名無しさん:2014/05/21(水) 14:07:36.98 ID:mpcABQo2
協会の人たち、慈悲の瞑想がうまくいかなくて怒りが止まらない時どうしていますか。
瞑想がすすんで怒りが出なくなった方でも、過去どうやって乗り越えたかなど教えて下さい。

362 :神も仏も名無しさん:2014/05/21(水) 16:27:01.29 ID:v7/kLp9S
怒っていると気づく 
怒っている自分を、気づいている自分が観ている
まった怒ってらと気づく

同時に身体を観てみる
必ずどこかに力が入っていることに気づく
あっここに力が入っていると気づく

ただ観る、怒りを否定も肯定もせず、ただひたすら静かに観る
観るとそれが落ちると思う

そして、怒っている自分を観ている自分の目
それは優しい
あたかも怒っている小さなだだっ子を優しく観ている母のまなざし
慈しみ、優しさと、その呻きを観る哀れみと

363 :神も仏も名無しさん:2014/05/21(水) 20:32:27.47 ID:/3Yqtz4u
ネルケ無方とスマと選ぶならどっち

364 :神も仏も名無しさん:2014/05/21(水) 20:54:44.04 ID:nhWXLlPI
もう仏教じゃなくてただの観察療法だな

365 :神も仏も名無しさん:2014/05/22(木) 16:17:47.40 ID:BZiJWmjF
グナラタナ長老は、幼子を見守るように観察すると書いていたね。
プラユキさんはどうだったかな。プラユキさんは、言葉でラベリングしない方法の
ヴィパッサナーを教えているよ。

366 :神も仏も名無しさん:2014/05/22(木) 16:36:53.46 ID:qLbmApo8
ラベリングしないヴィパッサナーってどうやるんだろう。気付くポイントが抽象化し過ぎて名色が不明瞭になるように思う。

ラベリングしない代わりに気付くポイントを最初に学習するのだろうか?

マハシ式をかじった程度なので、ここのところ、よく分かりません。

367 :神も仏も名無しさん:2014/05/22(木) 17:12:38.63 ID:WHqS7F9l
認識する 言語化せずに認識する、気づくだけ

感じるという表現、注意してとでも言うか、言語化しない

だから歩くのでも右足、左足から、言語化しないと足の裏ミリ単位で認識が
走るのを気づく事ができますから

もう言語化すると追いつきません。
かかと、かかとから少し前、の前、の前........無理だと思います。

そうすると、全ての動作自体が、認識出来るようになってきます。

ただ今に居る事に気がついている

どんどん分解能が上がってくることがわかります。

だから全ての動作が、丁寧になってくる、作法とか茶道という物の
意味はそこにあるのだと思っています。

ちょっとした動作でも、気をつけて動作してみればおわかりになると思います。

368 :神も仏も名無しさん:2014/05/22(木) 17:36:36.25 ID:qLbmApo8
>>367
丁寧な解説ありがとうございます。
少しやって、分かりました。

全ての動作が、丁寧になってくる、を実感しました。

ありがとうございました。

369 :神も仏も名無しさん:2014/05/23(金) 10:02:52.48 ID:UwKyH1Ya
お釈迦様の大パリニッパーナ経(大涅槃経)の
7,商業都市 ヴェーサーリーから
岩波文庫P53から
修行僧たちよ。ここで修行僧は、出て行くときにも、戻るときにも
よく気をつけて、前を見るときも後を見るときもよく気をつけていて
(中略)
このように念じて、よく気をつけておれ。
おまえ達に説く私たちの教えである

気をつけるというのは、サティの事です。
念じてとは、サティを行うことです。

最後の言葉として、もろもろの事象は過ぎ去るものである。怠ること無く修行を完成なさい
と書いてあるのですが

パーリー語では少し意味が異なっています。

ぼんやりと、放心することなしに
気をつけて
一切の為すべき事を実現せよ

とあります。この気をつけては、原語からsati になっていることから

いかにこれが重大な意味を持っているか、

経典が訳がわからなくなってきているのは
この点にあるように、自分では思っています。

370 :神も仏も名無しさん:2014/05/23(金) 11:20:23.31 ID:x22VoTbZ
レベル高過ぎです。

371 :神も仏も名無しさん:2014/05/23(金) 19:54:20.18 ID:50OMUWid
つまりズーーーと気づき続けていなさい
これが一番大切と言っているだけでしょ

372 :神も仏も名無しさん:2014/05/23(金) 20:47:04.00 ID:x22VoTbZ
じゃあ そうゆふうに書いといてくれ。

373 :神も仏も名無しさん:2014/05/23(金) 21:05:29.55 ID:x22VoTbZ
368ですが、日常生活の歩行中の気付きをラベリング無しに変更しました。

足の裏、膝、モモの送り、腕の振りまで気付く事が出き、そに軽さに驚きました。
>>371のコメントはこのことですよね。

ただ、妄想の割り込みはラベリング有りの時より多く感じますが、そのうち慣れると思います。

他の気付きもラベリング無しに変えて行こうと思います。

374 :神も仏も名無しさん:2014/05/26(月) 17:28:34.74 ID:5UBawVDE
>>322
スマ師は自著で「私は人の心が読める」と書いています。
説法会でもそのように言ったことがあります。
私は完全に読まれました。過去のことまで。

同じように武術家でも人の心を読んでしまうレベルの方はいます。
人生の中でそのような武術家2人と会いました。
もちろんスマ師のときと同じように読まれました。

世間の人は、信じないでしょう。

375 :神も仏も名無しさん:2014/05/26(月) 18:42:14.66 ID:xpJtxCDh
自我がないから鏡みたいに他人の精神状態が映るんだろうと想像している
そういうエピソードは禅にもよくある。

師と弟子が並んで歩いてると、師が「おまえいま女のことを考えてたろう」という。
「え、どうしてわかったんですか」
「ふだんそんなことはないのに、私の頭に女の顔が浮かんだ。隣にいるお前が思い浮かべたからだ」
みたいな。

376 :神も仏も名無しさん:2014/05/26(月) 20:38:15.51 ID:0YDxb09m
>>374-375
それなら是非私の所に長老をお連れしてください
そして私の言葉にならない苦しみと解決策を長老に解き明かせてください
私は脳波に異常があるため瞑想はできません
したがって今生、徳を積み良い来世に行けるのが望み薄なのです

どうかお願いします長老を連れてきてください お願いします

377 :神も仏も名無しさん:2014/05/26(月) 22:47:10.54 ID:2ILOLXoy
374-375だって直接の知り合いじゃないだろうから、つれてくるのは難しいのでは?

自分でメール出して頼んでみたら?そのほうが早いし確実だと思うよ。
第三者に頼むよりは

378 :神も仏も名無しさん:2014/05/27(火) 01:03:19.19 ID:l6Nd59ru
>>376
>それなら是非私の所に長老をお連れしてください

スマ師は公の人であり、有名人であり、個人では無理です。
非常識なことをいってるという自覚がありますか?

>そして私の言葉にならない苦しみと解決策を長老に解き明かせてください
>私は脳波に異常があるため瞑想はできません

あなたのいう瞑想がどのようなものなのかわかりませんが、
慈悲の瞑想といってはいますが、本来は読経や読誦と呼ぶべきものです。
歩く瞑想は、本来は観法と呼ぶべきものです。
スマ師も瞑想という言葉が便利だからといってはいます。
座法での瞑想も瞑想といえば瞑想だし、観法といえば観法です。
何がいいたいかというと、瞑想といってもいろいろですし、
瞑想といってはいるが、あなたのいう瞑想というものとは別かも
しれないということです。

また、医師のなかにも瞑想に明るい医師や理解のある医師、
治療に取り入れている医師もいます。そのような医師に相談するという方法もあります。

379 :神も仏も名無しさん:2014/05/27(火) 05:01:55.55 ID:l6Nd59ru
>>376
釣りだろうけどな

380 :神も仏も名無しさん:2014/05/28(水) 04:13:45.22 ID:6VkBvLP2
>>374
長老が病んでいるのだろうと思います。
長老に超能力があってもあの人は自我の塊にしか見えません。
実際、超能力なんてものは進歩ではなく生命力の衰弱・退行過程に過ぎません。
長老を見ても体がヨボヨボで、性格は過敏で人格は破綻しています。

(『カルトか宗教か』竹下節子著 文藝春秋 P138〜140)
「単細胞のアメーバのような単純な生命体と、人間のような複雑な生命体と、
人間のような複雑な生命体では、エントロピーの小ささの度合いが全く違う
のは当然だろう。また同じ人間でも、赤ん坊は、情報量の差異性が少ないこと
によって、より環境に近い存在だと言える。同じように、古代人より文明人の
方が多くの情報を摂取する。大人や文明人という
のは、生命体の成熟の状態だと考えてもいい。

もちろん、大人はやがて年をとり、積み重ねた情報をわすれていったりして、
最後はふたたび無に帰るし、文明も同じような経過をたどる。
この、生命体としての凝縮力が弱い時、すなわち、こどもの時とか、古代人
だとか、あるいは文明人の大人でも、半覚醒状態や薬物中毒状態で個体意識の
枠が弱まってしまった時、あるいは重病の状態、臨死状態などでは、外界との
「差異」性は弱まる。普通の状態では見えないものが見えたり聞こえないもの
が聞こえたり、自分の意識を他人の意識の中や体の中に投影したりという
「超能力」が現れるのはこんな時だ。しかし、これは実は「超能力」では
なくて、生命体としての力が緩んで境界が曖昧になったから生まれた
アクシデントに過ぎない。よく、臨死体験から回復した後で予知能力を得たと
いうような例があるが、それは能力を得たというより、臨死体験からあやうく
なった生命体の危機からうまく回復していないことにほかならない。

381 :神も仏も名無しさん:2014/05/28(水) 04:15:12.87 ID:6VkBvLP2
(引用続き)

もちろん、生まれながらに、生命体の凝縮にほころびがある人もいるし、
後天的な事故や病によってほころびが出る人もいる。そういう人は、超音波や
電磁波を感知してしまったりするので、日常生活に支障をきたす。自動ドアの
前で体が反応する人、赤信号で反応する人、テレビや電子機器の音や波動に
感応する人などは、現代の都市で生活困難だ。それらは、「超能力」なのでは
なくて、生命体の衰弱の一つの表現といえるだろう。
(中略)

またある種の「神秘体験」には、やはりこうした衰弱の中で、生命体の根幹
である情報の差異性をなくして、より大きな外界と一体化させるという
やり方がある。これが極端になると、生命体を放棄して死んでしまえば情報の
差も材質の差もなくなるのだから、宇宙と一体化できるわけだ。カルト宗教で
集団自殺に至るものすらでてくるのは、こういう論理からだ。」

(引用以上)

スマナサーラ長老や麻原といったカルト教祖達が超能力を目撃されながらも
人格的に問題が多いのは社会生活を営む上での能力が退行しているからです。
他心通なんてものは外部との、境界が綻びた危険な状態に他なりません。
彼らの退行を「自我がないから」云々と、進化だと履き違える追随者達が
危険な個人崇拝のセクトを産み出すのです。

実際、超能力に見える能力がある人はいますが長老同様大抵、何らかの問題を
抱えていますし、治療の過程で特殊な能力は消え失せたりします。

382 :神も仏も名無しさん:2014/05/28(水) 13:50:27.25 ID:tInM2AuL
スマナサーラが個人の宗教団体を作ったの
ならともかく、伝統宗教に属して個人的な
欲望に制限がかけられている境遇の彼を
そこまで脅威に感じてるのは少々滑稽だね

383 :神も仏も名無しさん:2014/05/28(水) 19:16:38.51 ID:QaD8gZLt
>>382
>スマナサーラが個人の宗教団体を作ったのならともかく、
>伝統宗教に属して

スリランカ仏教シャム派は植民地化にダルマパーラや神智学協会が
アンチキリストを掲げて復興した、新興宗教です。伝統宗教ではありません。

アナガーリカ・ダルマパーラ
http://ja.yourpedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A9
ヘンリー・スティール・オルコット
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88
>オルコットは、スリランカ人より、「独立闘争における英雄の一人であり、
>現在の宗教、国家と文化再生の開拓者である」と見なされている。
>より熱心な崇拝者からは、オルコットは、紀元前3世紀のアショーカ王の
>生まれ変わりとも、釈尊その人の生まれ変わりとも考えられている。

スリランカの仏教
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%81%AE%E4%BB%8F%E6%95%99
>19世紀のイギリス植民地下では、シンハラ人を主体とするナショナリズムの
>興隆[6]に伴って仏教が復興され、シンハラ仏教ナショナリズムが生み出され、
>後のタミル人との対立へと展開する要因となった。その中心となった人物は
>アナガーリカ・ダルマパーラ[7]であった。

>個人的な欲望に制限がかけられている境遇の彼を

以前から指摘されているように戒律を、一切無視する
スマナサーラ長老が欲望に制限がかけられているようには
全く思えません。

384 :神も仏も名無しさん:2014/05/28(水) 19:19:06.10 ID:QaD8gZLt
>そこまで脅威に感じてるのは少々滑稽だね

どの書き込みに脅威を感じて、そのような印象操作をするのかわかりませんが
テーラワーダとりわけスリランカ仏教は、僧侶を現人神のように奉る個人崇拝の
強烈な宗教です。人にどれだけ笑われようが、十分に警戒して良いと思います。
教義として僧侶への服従が功徳であり、反抗は悪業なのですから。無批判に
取り入れる事はいずれ、何らかの形で災いをもたらすことでしょう。

スリランカと仏教
http://members2.jcom.home.ne.jp/kelt/srilanka5.html
>輪廻転生のカルマ(業)を改善する事によって来世での幸福に期待します。
>そう云う訳ですからスリランカでは僧侶はとても大切にされ、
>一種の特権階級のようでもあります。

彼の地で宗教紛争を煽っているのも、スリランカ仏教の坊さんです。
Sri Lanka: Who's behind anti-Muslim violence? (II)
https://www.youtube.com/watch?v=Cu6NKOmtX-E

そしてスマナサーラ長老は母体の問題や新興性を隠蔽し、コピーの経典を奉りながら
「自分の教え=釈尊がじきじき説かれた本物の教え」などと主張し他の宗教を貶めて
個人崇拝に持ち込もうと必死です。

>これから、一時間半くらい、お釈迦様の教えがどういうものかとお話をいたします。
>なかなか釈尊がじきじき説かれた本物の教えに出会うことは難しいんです。
>人間というのは、インチキとかコピーの方が本物より好きですからね。
>世の中に冥想、宗教、いろいろありますが、 10:02:33
>コピーばかりです。キリスト教も誰かがああいった、こういったというコピーばかりで、
>じきじきの教えはない。修行も誰かが考えて、どうしようこうしようといったもの。
>今日はブッダの教えに、コピーではなく実際に触れることできます。頑張ってください。 10:02:48
http://d.hatena.ne.jp/ajita/20091109/p1

385 :神も仏も名無しさん:2014/05/29(木) 01:46:11.76 ID:kCqXnKVl
あのさ、君の言ってること全部日本の
伝統仏教教団にブーメランとして跳ね返って
くるわけだけど、そのこと自覚してるのかね?

スマナサーラの一挙手一投足を把握している
わけではないが、少なくとも彼はテーラ
ワーダ、パーリ仏典、部派仏教の枠に
基づいて振舞っている

日本の仏教はどうだ?
戒律もない、経典も本来偽経である大乗経典を
いくつかピックアップして、宗祖の論を
くっつけて盲信するだけ

どっちがヤバイかね?
世界中の人はどう答えるだろうね?

386 :神も仏も名無しさん:2014/05/29(木) 02:23:59.63 ID:YXyFZVBQ
禅も念仏も鈴木大拙のおかげで評価されてるよ。
密教はチベット仏教の影響で評価されてるかな。
ヴィパッサナーはゴエンカのほうが広めた功績は大きいでしょ。

と世界中の人は答えるかも。

387 :神も仏も名無しさん:2014/05/29(木) 02:35:54.98 ID:YXyFZVBQ
あと、その「世界中」ではマインドフルネスがヴィパッサナーと
同義的に使われてるが、それ広めたのはティクナットハンだね。
禅宗の。法華経の本とか書いてる。

鈴木もティクナットハンもダライラマも、聖書やキリスト教に言及したり本書いたりしてる。
ゴエンカも、ヴィパッサナーをやるのにどの宗教を信じていてもかまわない、と言っている。

ゴエンカはともかく、それなりに歴史のある宗派が他宗教に対して敬意や関心を示して
いる。やはり宗教というのは、ある程度の共通性があったりするんだよね。
それを認めないのは不自然。

388 :神も仏も名無しさん:2014/05/29(木) 02:37:06.52 ID:kCqXnKVl
結局スマ叩きしたい奴ってネトウヨ的な
支離滅裂なアホだから見てて萎えるんだよなぁ

説得力ある公正な批判なら全然いいと思う
んだけどね

サムスンと韓流が世界で人気で嫉妬したから
叩きます的なバカウヨ丸出し

389 :神も仏も名無しさん:2014/05/29(木) 02:53:42.42 ID:kCqXnKVl
ゴエンカはいい、ティクナットはいい、
禅もいい、念仏もいい、だけどスマだけは
駄目

アメリカはいい、フランスもいい、ドイツもいい、
中国もいい、だけど韓国だけは駄目

典型的なネトウヨ的心性丸出し

390 :神も仏も名無しさん:2014/05/29(木) 07:52:18.47 ID:YXyFZVBQ
ちょっと待てよ。俺がいつスマナサーラ叩いたんだ?
禅だとかもちだして、叩いてんの自分じゃね−のかよ。
「世界中でどうみられてるのか」とかいってよ。

どっちがヤバイか、とかお前が言ったからそれを受けてのレスだよ。
お前も上の人のレスに対しての暴言なんだろうけど、
俺は純粋にお前が振った質問への意見したんだよ。俺はお前と違って
ヤバイだのなんだの言ってないぞ。

んでかっとなって、自分の質問の返答には反論もしようともせず、
関係ないネトウヨとか持ち出して、相手貶めてるって、最低だと思わないのか?

スマは認める、大乗は認めない、叩きたいだけの心性ってそれはお前だろ。
ちがうか?ちがうなら違うと言ってみろよ。

391 :神も仏も名無しさん:2014/05/29(木) 07:57:27.80 ID:YXyFZVBQ
大体俺は韓国もサムスンにもうらみはないぞ。

何が心性だよ。
関係ないこと持ち出してバカだのアホだの叩きたい心性は自分じゃねーかよ。
親にどういう育てられかたしたんだ?まさか子供はいないよな

「風向きが悪くなったら、自分が振った質問の返事は無視して、
相手にレッテル貼りまくってバカアホ言って逃げ切れ」という
教育がまかり通ってんのか、お前の家ではよ。

392 :神も仏も名無しさん:2014/05/29(木) 08:00:31.81 ID:YXyFZVBQ
品が悪くなったがお前みたいな奴にはちょうどいいや。
少なくとも暴言吐き始めたのはお前だからな。

一生「ネトウヨ、バカアホ」呟いてろ。お前みたいな奴はよ。ケッ。

393 :神も仏も名無しさん:2014/05/29(木) 16:52:37.21 ID:kCqXnKVl
図星突かれて発狂ワロタw

394 :神も仏も名無しさん:2014/05/29(木) 16:54:05.88 ID:kCqXnKVl
スマみたいな小物叩いてもしょうがない
だろうに
哀れなネトウヨくんだな

395 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 08:34:47.11 ID:dmazFqYd
>スマみたいな小物叩いてもしょうがない
う〜ん、スマナサーラさんが小物だというのには同意するけれども
(ティク・ナット・ハンあたりの著作と読み比べをすれば歴然)
「叩いてもしょうがない」というのはどうかな?
何か大物であるかのような偽装をしてさんざん宣伝されているから、
カウンターがあっても良いんじゃない?
シャム派が原始仏教だと勘違いする人もいるかもしれないしね。

カーストによる出家差別をする宗派から地位をもらっている時点で、
「その程度の人物」であって傑物ではないよね。
破戒の公言(俗人じゃないなら映画なんか見るなよ)も減点対象。
神通力をほのめかす言動もみっともない。
口の悪い人から「マーラ(魔)でも憑いているんじゃないの?」
とか言われかねない言動だと思う。

396 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 08:46:27.25 ID:cd13P8Xe
お釈迦様ならスマ長老を何と言うか…
彼の口の悪さをどうやって治療するか…
スマ長老に隠された「業」とは?

397 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 10:46:47.72 ID:4gEt5qlP
悟ら―参戦期待♪
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/study/12104/1376452574/l50
悟りに至った方たちとの対話


すれ主、ウェルカム、食いついてくれるタイプです。
スレ主論破参戦者希望。

398 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 17:37:28.35 ID:YnMi3YfX
>>395
正直ね、日本は宗教団体自体の問題もあるけど
ビジネスモデルとして人集め金集めに走らざるをえない状況にあると思うから
個人的に怒りを感じると同時に同情も感じる。
日本は最近はどうか知らんが世界的に見て小粒な金持ちしかいないし
布施の習慣もないから、金や財が集まらない。
半ば見世物商売しながら、貧乏人からかき集めるようなビジネスモデルになっている。
戦後教育のたまものなのか知らんがスピリチュアルなものに対しての拒絶反応も多いし
それがうまく機能している面もあるけど、免疫がない分一気にはまってオカルト的な極端に走る人も多い。
スマナサーラに直にあったことがないから分からんが
日本の既成仏教が確実に腐敗している中にあって、彼らがゆくゆく日本の宗教を適切な状態に保ってくれることに
自分は少し期待している。

399 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 17:50:04.88 ID:iVoDfZo1
宗教はビジネスモデルじゃないんだよ。
現代教育と資本主義社会に毒された馬鹿だね。
布施をさせることが信者の幸せになるから
無理にでも出させた方がいいの。

「布施」の意味をよく調べてみ。

400 :神も仏も名無しさん:2014/06/01(日) 17:55:54.26 ID:YnMi3YfX
>>399
布施がビジネスモデルじゃないのはわかってるよw
日本に布施の習慣がなくなったから、仏教の経営がいびつになっていると言いたいの

199 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)