5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Osho,クリシュナムルティ,グルジェフetc.

1 :神も仏も名無しさん:2012/08/05(日) 14:56:29.93 ID:qITcCDuM
死んだ伝統よりも、現代に新しく蘇った悟り、教え、メッソド、について語る。

EOやフーマン、アジズの話題もOK。

伝統宗教に飽き足らない人々、集え!

2 :神も仏も名無しさん:2012/08/05(日) 14:56:57.33 ID:qITcCDuM
生における最大の神秘は生そのものではなくて、死だ。
死は生の絶頂であり、生の究極の開花だ。
死において、生のすべての総計が出され、死においてあなたは到着する。
生は死に向かう巡礼の旅だ。
生まれ落ちたその日から、死が近づきはじめている。
誕生の瞬間から、死はあなたのもとに近づきはじめ、あなたは死に向かって進んでゆく。

人間の心(マインド)に起こった最大の悲劇は、彼が死に対立するようになったことだ。
死に対立することで、あなたは最大の神秘を取り逃がしてしまう。
死に対立することはまた生そのものを取り逃がすことでもある。
なぜなら、それらは互いに深くかかわりあっているからだ。
それらは別々のものではない。
生は成長であり、死はその開花だ。
旅と目的地は別々のものではない。
旅は目的地において完結する。

死は高まりゆくものの頂点として受けとめられなければならない。
それによって異なった視野が開けてくる。
あなたは死を避けないようになり、死に対立しなくなる。
その神秘に身震いし、それを楽しむようになり、それについて黙想し、瞑想するようになる。




3 :神も仏も名無しさん:2012/08/05(日) 14:57:25.75 ID:qITcCDuM
死はさまざまな形でやってくる。
あなたが死ぬことは、死の多くの形のひとつにすぎない。
あなたの母親が死ぬとき、それはあなたの死でもある。
母親はあなたに深くかかわり、あなたの存在の大きな部分を占めていたからだ。
その母親が死ぬ。
あなたのなかのその部分も死ぬ。
あなたの父親、兄弟、姉妹、友人が死ぬ。
敵が死んだときですら、あなたのなかの何かが死んでしまう。
なぜなら、敵もあなたの一部と化していたからだ。
あなたは何かを失って、何かが欠けてしまい、もはや二度と同じではない。

だから、死はあなたが死ぬときだけに訪れるのでわない。
死は多くの道を通ってやってくる。
死は常にやってきている。
子どもの幼さが消えて、青年になるとき、あなたには見えないだろうか?
そこに死が起こる。
子どもの日々が終わり、子供の日々が死んで、その扉が閉ざされる。
後戻りすることはできないし、取り戻すこともdきない。
それは永久に去ってしまう。
子どもとしてのあなたは死んだ。
いつの日か青春は老年へと移り変わる。
またそこでも死が起こる。
数えきれないほどの死がある。

実際のところ、深く、貫くように見るなら、自分が刻一刻と死んでゆくのを見ることができる。
なぜなら、あなたは刻々と変化しているからだ。
何かがあなたの存在から抜け落ちてゆき、何かがあなたの存在の中に入ってくる。
一瞬一瞬が誕生と死だ。
あなたはこの二つの堤、誕生と死のあいだを流れている。
あなたの生の川は誕生と死があってはじめて流れることができる。
しかもそれは刻々と起こっている。


4 :神も仏も名無しさん:2012/08/05(日) 21:38:09.17 ID:O3YiI3jN
クリシュナムルティが多重人格だった可能性は多いにある
子どもの頃から神智学教団で虐待まがいの行為に晒されて、その間に解離することを身に付けたのかも知れない
幽体離脱してヒマラヤのマスターに会った話はあきらかに妄想だ
また悟ったとされるときの瞑想でも、伝記によれば釈迦の妄想を見ている
話の内容も当時の精神分析や心理学の知見を多いに利用していて、とくに条件付けがお気に入りのようだ
人格障害者は独特の魅力がある人が多いから見かけで騙された人も多かったことだろう

5 :ろん:2012/08/07(火) 00:11:10.68 ID:g5ApSoNf
>>4
要はカルトと一緒だよ。。
世間を批判、否定して、自分だけが正しい、自分の言うことの中にのみ真実があると言ってるわけだから。。

本来は、自分の中の世間を空じる、というだけであるのに。。

まあ空じなくてもいいというのもあるかもだけど、いったん卒業しないと使えないからね。。

仏法は、すべてを包摂する。

世俗を否定して、自分たちだけが正しいというのはカルトの始まりなのさ。。

6 :安堂 ◆3LK.0gZrV2 :2012/08/07(火) 02:06:55.77 ID:dzM1WQB3
カルトなどなくならないんや。
宗教と関係なく、手を変え品を変えのさばるものなんやねん・・。
目には目を、カルトにはカルトを・・・。かもしれへんな。
自分がカルトだなんて気づいてないカルトも仰山あるやろて・・・

7 :神も仏も名無しさん:2012/08/07(火) 15:13:35.19 ID:gGhonuqy
自分をカルトだと思っているカルトもはカルトじゃないでしょうね。
確信犯の場合はカルトというより、ビジネスですし。

悪意をを外部に投影し自分が正しいという側に立とうとするので。

例えば
「本来は、自分の中の世間を空じる、というだけであるのに。。
まあ空じなくてもいいというのもあるかもだけど、いったん卒業しないと使えないからね」

このロジック自体は近代宗教ではラーマクリシュナ以外はほとんどこのアプローチなのですが、
カルト的思考にとっては、自分がこういう場合、他は自分が否定する意見を述べているものでなければならないわけです。
他の宗教(考え方に対立が感じられる宗教)は、世間を否定し、包括していない、自分だけが正しく、他を批判していると、
そのようにみて相対的に自分が正しいのだと納得する作用が必要になります。

近代宗教はあるニュアンスで世間を批判することもありますが、全体の文脈で取れば、自身の心が全ての苦しみの原因であり、
外部に責任を求めても外部は変えられないからどうしようもないのだと述べています。
もちろんカルト的思考にあっては、その他者批判的な描写を部分だけ抜き取り全体の文脈は無視します。

カルトとは、外部への悪意の投影のことでしょう。それはなくなりません。
カルトだと自覚していないひとがみなカルトというわけではないですが、カルトはカルトであることの自覚がありません。
そしてカルトを冷静に描写できる人はカルトではないですが、カルトを強く批判する人ほどその人自身がカルトであることを示しています。
カルトは、外部に敵対するカルト集団を必要とするのです。

8 :神も仏も名無しさん:2012/08/07(火) 15:20:27.54 ID:gGhonuqy
そしてそういうカルト的な思考にあっては

「本来は、自分の中の世間を空じる、というだけであるのに。。
まあ空じなくてもいいというのもあるかもだけど、いったん卒業しないと使えないからね」

これは何を示しているかの理解はない。
カルト的思考にあっては、対立する考え方の投影−自分の正当性
という相対的な軸があるだけで、

絶対的な事実の、真実の描写、一元性というものは決して理解できない。
一元性を彼らが唱えるときは、彼らが2元性であると思ってるものを否定しているという意味でしかない。


言葉ではなく、ひとえにどのような精神構造かが、語る内容を示す。
精神構造が違うと、同じ言葉に全く想像もつかない意味がこめられている。

9 :神も仏も名無しさん:2012/08/07(火) 15:36:57.33 ID:gGhonuqy
ただ、カルト的思考はそれが強く出ているというだけに過ぎない。

これは良いがこれは悪い、というあるがままの世界を分割して認識するのが思考であり、
より強いものに目を取られてちゃっかり活動している自身のそれに無自覚になると目も当てられない。

相対的に自分がカルト的観念論者ではないと安心して、平凡な、もしくは瞑想によって静まりつつある思考も、
生きながらえ続ける。


10 :ベゲザン:2012/08/07(火) 16:40:22.63 ID:89mAb85m
コレを読んでからだ。
http://koledewa.blog57.fc2.com/blog-entry-91.html
http://koredewa.blog57.fc2.com/blog-entry-24.html

11 :ベゲザン:2012/08/07(火) 16:42:35.04 ID:89mAb85m
http://koledewa.blog57.fc2.com/blog-entry-24.html

12 :神も仏も名無しさん:2012/08/07(火) 16:56:04.11 ID:gGhonuqy
私は自ら認識した精神の作用について語るだけで、引用はメインではないのであまり関係はありません。
借り物の言葉同士で語り合いたい人にとっては引用先は深刻な問題かもしれませんね。

真相はわかりません。光明を得た人といわれる人同士の関係でそれが確定ならお粗末ですが、
なにせ周りの人は普通の人です。
クリシュナムルティーより進んだ認識をあなたが持っていれば、彼の講和を同じ延長上でより進歩させて述べることができるでしょう。
それができないのであれば他者批判はせず口をつむぐべきでしょう。

13 :神も仏も名無しさん:2012/08/07(火) 17:13:29.66 ID:inQYLXW8
おれはクリシュナムルティと同程度の光明を得ているが、おれの見るところやつは怪しいなw

14 :神も仏も名無しさん:2012/08/07(火) 17:28:33.60 ID:gGhonuqy
批判というのは実にお手軽に自分が何者かだと思える方法です。

批判の対象以上の創造、そして生きた対話、それこそが批判者の述べることが正しく
批判の対象がどこかで行き詰まっていることの証明になります。

創造も、生きた対話もできない、だが、批判はできる。
言いがかりをつければいい。
自分は何者かになった気になれる。
惨めで無知で混乱している自分を忘れられる。

創造4割、対話4割、批判賞賛2割、覚者の講話の分量ってこんなものじゃないかな。
それは仏陀のころからあまり変わらない。



15 :ベゲザン:2012/08/07(火) 18:06:18.98 ID:89mAb85m
>>14
覚者って覚せい剤上手に打ってんの?

16 :神も仏も名無しさん:2012/08/07(火) 18:13:51.42 ID:inQYLXW8
対象のいない言葉ほど空しいものは無いなw

17 :ベゲザン:2012/08/07(火) 18:50:10.46 ID:89mAb85m
覚者は子供が好き。責任が嫌いだがワールドワイドな責任については述べる。
その問題は結局個人に帰すると覚者は誰もが言う。一方先進国では責任は山積みで部分的にでも少しずつでも引き受けるのが
大人だという。あなたは子供の笑顔がすきですか?大人の笑顔がすきですか?

18 :神も仏も名無しさん:2012/08/07(火) 19:22:01.86 ID:gjcDKw37
ここは首から上の話ばかり。 

事実に参じないうちはわからんよ。

わかったも首から上の話。

ここで首から上のおもちゃ自慢でもしときなさい。

19 :神も仏も名無しさん:2012/08/07(火) 20:06:51.94 ID:inQYLXW8
首から上が無かったら光明を得るものもいないなからな
ソレはソレでアリかw

20 :神も仏も名無しさん:2012/08/08(水) 18:26:58.72 ID:Es/uQB4K
なんだかんだ、このスレ伸びてるな

21 :神も仏も名無しさん:2012/08/09(木) 13:05:01.11 ID:Q/dqWEaD
なんだかんだでろんはうまいこと473を封じこめたな。

22 :神も仏も名無しさん:2012/08/09(木) 14:31:24.53 ID:g/ULfH6t
ろんと473は拠り所にしてる教えが違うだけで
考え方は割りと似てる方だと思うよ

23 :神も仏も名無しさん:2012/08/09(木) 16:56:47.47 ID:owN2IdLa
473はクリシュナムルティというより大野純一のコピーだからな
ろんとは違うだろw

24 :神も仏も名無しさん:2012/08/09(木) 17:48:35.25 ID:g/ULfH6t
思考に対する囚われ方の性質が似てるって言ったほうがよかったかな

25 :神も仏も名無しさん:2012/08/09(木) 17:55:41.72 ID:Q/dqWEaD
大野純一? 知らないな〜。 あんな感じなのか気持ち悪い。

ろんは町野てやつのコピーだよ。
このおっさんブログちらっと読んだが、
「諸法無我  主張はないです 諸法無我 主張はないです」
の繰り返し。
主張してんじゃねーかwていう。 やたら否定ばっかだからろんそっくり。 いやろんがまねしてるだけか。

ttp://blogs.yahoo.co.jp/karupapa21sei/MYBLOG/yblog.html?m=lc&p=57

26 :神も仏も名無しさん:2012/08/09(木) 18:03:13.05 ID:owN2IdLa
大野純一はkuri本の大半を翻訳した人だ
473の文章は、ハルキストの書く文章がみんな“ぼく”になるようなもんだw

27 :安堂 ◆3LK.0gZrV2 :2012/08/10(金) 03:09:06.47 ID:zmkPwBdM
>>25

ろんは、せったんから破門された浪人だよ。
町野さんってのは文章が胡散臭すぎる。
ろんは歪なんだな・・・。
どっか変なの

28 :神も仏も名無しさん:2012/08/10(金) 07:31:19.52 ID:b7TMUHaK
>>26
一瞬なんの本かと思ったが kuriてクリシュナムルティってことか。
473は現代げんだいとよく伝統宗教を二元で悪にするために言うとるがoshoて昭和6年生まれじゃねえかw いま平成24年だぞ どこが現代だよ。
クリシュナムルティにいたっては明治28年生まれwww


>>27
そうなんか?  そういえば せったんのHPみてたら「アッハッハ」て書いてあったから ああ、ろんも真似してるなって思った。
あとあいつの。。。って町野の、、、の変形だろ。
影響がもろに出てるくせに偉そうに言うとるよなw
そんでナンパしたり仕事しながらオリンピックがどうのとか、
全然 禅が役に立ってない凡夫。


29 :神も仏も名無しさん:2012/08/10(金) 10:30:12.53 ID:s0MMqIfx
>>28
使い手の問題でしょう。
伝統宗教への批判ではなく、われわれへの自己批判です。
伝統宗教は悪くない。あれは素晴らし過ぎて使いこなせない。

>>24
その性向は似ていると思いますよ。
エニアグラムでいうと5番です。
どうせなら仏陀も5番なので彼も混ぜて欲しいですけどねw
クリシュナムルティーはもっと実直な6番ですので、より感覚的でいい加減な5番とは印象を異にします。

絶えず今できる最善を考えてしまう癖があります。
でもそうすると、今できること=今これしかできないという在り方
が固定されてしまう。

なんか批評や比較のレスばかりですが、外側から物事を評価すると眠りが深くなります。
自身のこととして内側から実感してゆければいいのですが、つまりそれは他者ではなく自身に力点がなければなりません。

30 :神も仏も名無しさん:2012/08/10(金) 12:24:02.71 ID:a33OjItn
と、他人を批判してみた

31 :神も仏も名無しさん:2012/08/10(金) 13:09:08.86 ID:b7TMUHaK
>>29
うんうん そうだね〜。 なんで批評や比較レスが多いんだろうね〜。 自身を力点に気づこうね〜。

32 :神も仏も名無しさん:2012/08/10(金) 13:19:28.76 ID:GeqdQyI+
>>28
クリシュナムルティが死んだのは確か80年代だろ
充分に現代じゃないか

33 :473:2012/08/10(金) 23:36:41.37 ID:s0MMqIfx
思考は物事を2分して、仮想敵を、問題を作ってから、「どうしよう」「こうしよう」と考える。
自分のルールで生きる障害を作り出してからどうやって生きようか考える。

死にたくないから働かないといけない。
宗教的、社会的、文化的理想のために活動したい。
物事を最適化、効率化したい。

この3つはそれぞれが争い主導権を争う。どれがいいかどれかひとつにできないか迷う。
しかし、各々の3つが在るがままと対立し、各々の苦しみを生んでいる。
どれか、ではなく、どれも苦しみを生んでいる。
だが、3つどうしが対立していると、3つとも苦しみの種だとは気づきにくい。


oshoは祝祭の生を唱える。自分自身を祝いなさいと。あふれ出る泉のような生でありなさいと。

この表現は全ての疑問に答える。
3つのどれにも囚われず、だが3つの方向全てにあふれ出る泉のような生。
祝祭の生。他者を必要とするのではなく、自らを祝い、それは歓喜となって、行為となって、無心の知恵となって広がる。
祝祭に在っては広がる。3つのうちどれかを選ぶという問題はない。

34 :473:2012/08/10(金) 23:40:14.46 ID:s0MMqIfx
知りたい、という欲は基本的に知りえないものに向かう。

何故なら、知りうることは、知ろうと欲するまでもなく直ちに知ることができるから。

知ることができるのは確定した過去の数値であり、過去に起こった2元性の概念である。

今である中心としてふさわしい広がりは知ることができない。
また未来も、他の人が知らないが自分が知っているとメリットがあるようなことは原則的に知りえない。
そしてそういうものに限って身の程知らずに知りたがる。

35 :473:2012/08/11(土) 00:12:26.25 ID:l911R1Q7
>>27

禅の方便がこれは悪いように働くと見て、彼の成長に役に立つ環境にゆくよう促したのでしょうか。
その人にとって良く働くもの、よく目覚め、感情が浄化されるような環境。それは正しい。
宗教組織は必要な時機ではないかもしれないし、場合によっては必要ないものかもしれない。

世間で基本的な意識や、また良心、を見出さなければ宗教は機能しない。
宗教は世間より、より多くのものを修行者に要求するところだから。
その用意がなければ宗教に為しうることは何もない。
動物に宗教が適用できないのと同じである。

また、その宗教組織が助けられる限界を超えた修行者だった場合も、また自然と離れるか、別の形で追い出されることになる。
人はしがみつかなければ今時分に必要なところに流れ着くのでしょう。

36 :ベゲザン:2012/08/11(土) 00:13:58.15 ID:5GzI8hoX
>>33
考える精神は誰のものでもない。
そして、
思考は物事を2分しない。<Cに聞かれてAはカフェにBが不在だったよと。Bがいるかいないか
考える(2分)するまでもなく不在を告げることができる。>

37 :473:2012/08/11(土) 01:54:19.91 ID:l911R1Q7
既に、いることと、いないことを区別している。

cにとって、またAにとってBがいることといないことは同じではない。

そこに区別がある。
それが認知を作る。

2分しないということは在と不在を2分しないということ。
2分しています。
2分していると、bが存在するかしないかに執着があります。
2分していなくば、bに対して全く執着がありません。ただ戯れとして個と個という夢を楽しんでいるのでしょう。

心ひとつで世界を作る。
そうブッダは言いましたが473が思考、というときもそのような意味で述べます。

ブッダは思考から離れて、一切の認知に巻き込まれず、生きた人と死んだ人を区別するという戯れをする。
しかし彼にとって生死は区別されないという。

しかし私が生死を区別するときは、認知がそれに巻き込まれている。
生があり死が在るように認知する。

33の意図は、生きるということはありのまま開示されているということ。
生き方を求める精神は、既に仮想的や自己創作の障害をつくっているということ。

38 :473:2012/08/11(土) 02:01:18.88 ID:l911R1Q7
精神は全て2元性の働きをする。

それに完全に目覚めていれば自由に夢に戯れることができるかもしれない。

しかし、完全な目覚めがなければ、あらゆる2元性に巻き込まれ深刻になる。
生死、美醜、効率非効率の無数の2元性とその内部葛藤。

そして、それらが作る認知は無意識的なものだ。
人は無意識の2元性が作る認知の世界に既に住んでいる。
思考というのはその後でどうこう考えるものだと人は思うのは自然なこと・

しかし瞑想者にとって思考は、無意識の2元性が作る認知そのものである。

39 :473:2012/08/11(土) 02:05:17.11 ID:l911R1Q7
完全に精神が静寂しない限り、普段私達が意思だと思っているもの、決定だと思っているものは、
「条件付けられた欲望の中で一番強いもの」でしかない。
基本的なことはわれわれは何一つ、何一つなすことはできず、無意識の欲望、外界の状況に左右されて
行為や思考や感情が起こるだけだということです。

何一つ自分の意思では行っておらず、行うこともできない。

できることは、起こることを見守ることだけです。
そして、起こすその主体の起源を理解する、それに目覚める、それを静めることによってのみ(悟り)為すことができるようになります。
それまで起こることを見守ることしかできません。
そして見守ることによって起こることそのものが変化してゆくでしょう。
何かしようとすることは起こることのメカニズムを抑圧したり分断したりしてより混乱を強めること意なるだけです。

そして、見守られていない心は宗教において戒められているような行いを起こしますし、見守られている心は
そうそう愚かな振る舞いを起こしません。
宗教における道徳というのはこうしなさい、ということではなく目覚め見守っているならこういう行為が起こるし、そうでないなら
ああいう行為が起こるという、ある種の科学的観察であり、善悪を述べているわけではないでのでしょう。

≫ノスさん ペケさん
というわけで、「あえてやったのです」などと、条件付けられた欲望や思考が起こしたに過ぎない言動と同化することはないと思います。
私達は何一つあえてすることなどできません。
できるのは心を見守り、一番ましなことが起こるように促すことぐらいのものです。

40 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 02:12:38.76 ID:xuOi4oPA
愚かだ、愚かでないの基準はどこから持ってきましたか?
具体的な経典を指すのですか?

41 :ろん:2012/08/11(土) 02:25:34.39 ID:GoSm2mdF
>>27
破門されてないし、弟子でもないし。。
彼は在家の人を弟子とか思ってないしな。。

町野さんは、雪渓師から、法を説くここと許されている。。
本の方が論理的にかっちりわかるけど、ブログでも同じだな、言ってることは。。

僕からすれば明快だと思うが、わからん人にはわからんのだろう。。

42 :ろん:2012/08/11(土) 02:26:23.09 ID:GoSm2mdF
>>28
。。は町野さんを知る前からやってるが。。w

43 :ろん:2012/08/11(土) 02:31:10.02 ID:GoSm2mdF
>>29
その分類はなんの役に立つんだ?

>>35
ぜんぜん違う、勘違い、思い込み100パーセント。。

意味ないの、言ってること。。

>>37-39
そのアタマの悪そうな悪文は、おまえの自己満足オナニー以外のなんなの?
何の意味があるんだ?ww

44 :473:2012/08/11(土) 02:38:31.81 ID:l911R1Q7
>>40
やりたいのだけど、苦しみにつながると自分でも分かっているようなどこかばかげたこと。

後は、仏教やキリスト教、ヒンドウのなになになかれ、の諸事を指しました。

45 :473:2012/08/11(土) 02:40:03.94 ID:l911R1Q7
自分は光明を得ているだろうか、得るまでは瞑想しよう、得るまでは何々できない。

などと監視していることに気づく。
しかしその監視者に光明の何が分かるというのだろう。
監視者はひとつの夢を見ているに過ぎない。

この監視者がいないということは、祝祭の生をただ生きるということなのでしょう。

46 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 02:40:52.33 ID:xuOi4oPA
>>44
それらの本を選んだ基準はどこから持ってきましたか?

47 :ろん:2012/08/11(土) 02:50:05.04 ID:GoSm2mdF
実体がない、無我と言うのが、仏法の根本で、これは悟らずともわかること。。

Aの実体がない、形、状態、静寂、混乱、善悪、こう言ったものには何の実体もない。。

議論したり、是非善悪する意味はない。。

是非善悪するものは、何にもわかっていない。。

錯覚、思い込みによって、踊らされている、惑っているだけである。。

オショーだろうが、クリだろうが、実体をあるもののようにして、論じているのは同じ。。

もっと頭の悪くて、マトモな論理的な文章が書けず、対話もできない473はもっと意味がない、ウンコ、妄想、公開オナニーやってるだけ。。

という、単純なこと。。

48 :473:2012/08/11(土) 02:56:56.77 ID:l911R1Q7
そういわれると39はあまり良い表現をしていませんね。
「そして、見守られていない心は宗教において戒められているような行いを起こしますし、見守られている心は
そうそう愚かな振る舞いを起こしません。」
あまり私らしくない。

やりたいのだけど、苦しみにつながると自分でも分かっているようなどこかばかげたこと。
見守られていなければ種種の欲望や怒りや恐怖が生まれる。
見守られていれば、自分の中で反発があるような欲望ではない行為が起こっている。
快活さと愛が花開く。

≫本
自分が何かを見出したらそこに既に書かれていたが気がついていなかった。
自分が自分の苦悩の正体をもう少し見極めたら、その苦悩について書かれていたが気がついていなかった。
自らの無知をあらわにする、そして自身の潜在性を既に体現している、そういう本。

自身の体験からこの本の正しさを証せられるという部分、そして、未だ分からないがこの本は絶えず自分の先を行っていた故の信頼という部分。
本との関わり方です。



49 :ろん:2012/08/11(土) 02:57:56.90 ID:GoSm2mdF
本を読んで、悟りがわかるということはあり得ない。。

恣意的なも思いつき、思考、論理も全く意味をなさない。。

思考はすべてゴミ、ウンコである。。

知識、思考、自分に都合のいいような思い付きで、他を否定する、批判する、これが473のやっていることのすべてである。。

根本的に怨念、ルサンチマンが根底にあるので、何に対しても批判的なのである。。

まともに対話せず、批判されても、批判内容自体を無視し、批判行為が投影だ自己表現だなんだ、必ずメタレベルに逃げる、対話にならない。。

自己の推測と事実が区別できない。。

他の人のことをさもわかったように論じるが、頭の中の妄想垂れ流していることに気づかない、すべては妄想、投影である、長文連投アラシである。。w

50 :ろん:2012/08/11(土) 02:59:39.72 ID:GoSm2mdF
要は、473のやっていることは、公開オナニー、妄想垂れ流し、思い込み、勘違い、アラシ以外の何物でもない。。

51 :473:2012/08/11(土) 03:04:19.71 ID:l911R1Q7
悟りが分かったら、それを示唆する内容が本に書いてある。
もしくは分かっていないのだということを教えてくれる本。
48はそんな内容。

49の一行目は誰に対する言葉か。
基本的に人が述べていないことに対して返答する。
自身の妄想を他人に投げかけてそれに反論している一人芝居。

ありもしないものがあると思い込んでいる。
あなたが何度も体現していること。

52 :473:2012/08/11(土) 03:05:45.39 ID:l911R1Q7
いや37、38、39のように私が日々引っかかっていることでもある。

濡れ衣は要らないけど、自分のやってることは自分もち。

53 :ろん:2012/08/11(土) 03:09:33.64 ID:GoSm2mdF
>>37-39
こういう風にアンカーつけろや、読みずらい。。

要は精神だ二元性だ、目覚めるだ、全体性だ、なんだかんだ、栗のモノマネ、可視光そうな風を装って、自己満足オナニーしているというだけ。。

クリ自体が、実体視、寂滅主義、の勘違い野郎だから、その劣化コピーのなりきりはもっと、意味がない、ウンコだということ。。

54 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 03:13:10.14 ID:U0dkI6Zb
>>53
アンカーがきちんと使えないのは自他が未分化な人にありがちなこと
自分だけわかってれば、他者がわかるかわからないかとか
相手の手間がどうとか考えられないんだからしょうがないw
普通に仕事ができればそういう自他の視点の移動はできるはずなんだけど
難しい人には難しい


55 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 03:16:07.12 ID:bvx18xCs
>>39
>完全に精神が静寂しない限り

こういう他人の翻訳文をそのまま自らの境地であるかのように書き込むことが恥ずかしくないのか?

56 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 03:18:29.35 ID:xuOi4oPA
そういう人は多々いるので本の影響は強大であったということでしょう。
即レスするときは自分もアンカー抜かします。

57 :473:2012/08/11(土) 03:24:14.61 ID:l911R1Q7
>>55
完全には精神が静まっていないという自らの境地を表明することに
いったいどんな恥ずかしさがあるでしょう。

あなたがやっても大丈夫ですよ。

58 :473:2012/08/11(土) 03:28:13.24 ID:l911R1Q7
執着があれば実体があるように感じられ、執着がなければそれらについては実体はない。

実体というのは実存的、認知的、意識的なものであり、言語的表明に意味はない。
実体はないという言葉を多用すると、実態があると思う主体=自我、は白昼夢を見ることになる。

実体があるように感じているというのはわれわれの出発点であるから、白昼夢ではなく、実存的に執着からの解放、実体という認識からの解放を促す。
それは昔から同じでした。
白昼夢として働き始めた方便は昔働いていたとしても捨てられた。

言葉は言葉に過ぎない。
実存的なものはただ在る。(ただ生きる)

59 :473:2012/08/11(土) 03:32:48.66 ID:l911R1Q7
>>55
静まったら多分物事は変わるのでしょう、というのは予測ですが、
その予測は予測としてとっておきましょう。

重点は精神の静寂という境地を目指すことではなく、見守ることしかできない。
が文脈の趣旨ですので特に問題ないとは思います。
めったに文脈をとったレスはこない。関係ないところをつつくだけ。

60 :ろん:2012/08/11(土) 03:36:12.48 ID:GoSm2mdF
>>58
ぜんぜん違う。。

何かがあると認識することが最初であって、それがなければ執着もできない。。

執着によって実体の認識が生じるなんてことがどうして言えるんだ?

全くの勘違い。。

誤った認識によって、ものがるように思う、が最初。。

その錯覚によって、執着が生じる、あるいは生じない、執着はどうでもよいこと。。

認識=実体があるように思うか思わないかもどうでもよいこと。。

そのような認識に実体がないとわかっていればよく、執着にも実体がないとわかっていればいいだけ。。

61 :ろん:2012/08/11(土) 03:37:06.59 ID:GoSm2mdF
>>55
そもそも静寂するって、日本語おかしいだろww

62 :ろん:2012/08/11(土) 03:39:37.39 ID:GoSm2mdF
そもそも認識せずに生きれるだろうか?

何でも実体のないものをあるかのごとく思うことで、生活は成立する。。

それはそれでいい。。。

その認識も含めて、全て夢と変わりがないとわかってれば位だけ。。

夢を消そうたって、消えるわけがないだろう。。

あっはっは、夢が消えなければならないと思っている=妄想、勘違い。。

もちろん、坐って、いったんは空じなければ、わからないが。。

63 :473:2012/08/11(土) 03:53:55.20 ID:l911R1Q7
執着がなければ区別そのものがない。
執着があってようやく実体が生まれる。
宇宙全体を区別せず執着すれば宇宙だけがあるし、それにすら執着しなければひとつである宇宙も認知できないのだから。

あると認識することが執着である。執着はあると認識すること。
同じ事を2つの角度で述べている。
金剛で(という思いがある)(執着がある)
と並べて連呼されていたでしょう。

ぜんぜん違うのはあなたの理解のしかた。
物事には文脈が在るのに単語で反応する。

64 :473:2012/08/11(土) 03:56:06.77 ID:l911R1Q7
真実は、人の最善の部分か最悪の部分を呼び起こす。

普通、最悪のものを呼び起こす。
(細部にこだわって自身が悪いと思うものを当てはめてそれを批判するというののその人なりの
精一杯露骨なもの)

だから、基本的に独り何も言わずに生きるというのが基底になければいけない。
基底にあれば自由に語るリスクも終えよう。基底になければ、振り回されるばかり。

65 :ろん:2012/08/11(土) 03:56:22.21 ID:GoSm2mdF
>>63
おまえアタマ悪いなー、ホントに。。

執着がなければ、山も川も区別がないのか?

バカもほどほどにしろ。。

66 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 03:57:05.26 ID:xuOi4oPA
心のあり方であったり無かったりするものを実体とはいいません。


67 :473:2012/08/11(土) 03:58:29.23 ID:l911R1Q7
執着ではなく、意図的にあると思えるのなら戯れなのでけど、

形態に、体に執着しているからこそ、そのあるという思い、実体という認識は
意図的なものではなくやすやすやめることもできない。

あるという認識は静的なものではない。これは全くの執着です。

68 :ろん:2012/08/11(土) 03:58:50.39 ID:GoSm2mdF
>>64
おまえみたいな妄想100パーの人間が、どうして真実なんて言える? ww

最悪とか最善とか妄想。。

一元とか二元とかも473の頭の中にしかない妄想ウンコ。

473の言うことは全て妄想ウンコ。。

69 :ろん:2012/08/11(土) 04:00:57.61 ID:GoSm2mdF
>>67
根拠はどこにあるの?

おまえの言うことは100パー根拠のないことの断定=妄想なんだよ。。ww

「執着があるがゆえに実体視が生じる」

はい、これを根拠を挙げて証明してくれ。。

できなければ妄想、思い込み決定な。。

70 :473:2012/08/11(土) 04:06:53.35 ID:l911R1Q7
>>69

@瞑想のうちに見出すでしょう。
個人的な認識です。

A金剛経にそのような記述があります。
それがあるというのなら、かの思いがあり、かの執着がある
というような。

執着がなかったら、体と外界の区別はない。
認識は変わるでしょう。
認識者と認識の区分がなくなり純粋な認識になると聞きます。
体に執着はしませんが、覚醒と認識は今まで以上なのでしょう。執着せずに大切に体を扱ったようです。

今の認識は消える。
消すのではない。
消えると、生まれるかもしれない。
生まれると先達は説く。

71 :ろん:2012/08/11(土) 04:11:52.32 ID:GoSm2mdF
>>70
www
根拠を挙げて証明しろって言ってんのに、〜でしょうって推測、憶測、妄想。。

@は証明でもなんでもないので却下。。

Aも、執着と関係く、実体視とも関係ない記述。
勝手に妄想で、自説につなげている。。
普通に読めば繋がりようがないのに。。

以下も実体視と関係ない話。。

実体、という言葉の意味がそもそもわかってないない模様。。

アタマが悪すぎ・・問題外です!以上。。ww

72 :473:2012/08/11(土) 04:12:55.74 ID:l911R1Q7
私には他者のことは分かりかねます。
自身のことすら分かりません。

一つ一つの心の考察をするのがやっとです。

私のことが分かるという人は自身のこともお分かりでそれは平安な境地にいるのでしょう。
その境地を祝福いたします。
私が何をしなくてもしなくても幸せなのでしょう。

もし不快なのでしたら自身を知らねばなりません。
そういう時は自身を知っているであろう人に、生きている人でも死んだ人でもいいから、
心から神戸をたれてみてください。

73 :473:2012/08/11(土) 04:20:44.34 ID:l911R1Q7
≫Aも、執着と関係く、実体視とも関係ない記述。

6 スブーティよ、これら求道者・すぐれた人々には、 <ものという思い>もおこらないし、
同じく、<ものでないものという思い> もおこらないからだ。

また、スブーティよ、かれらは、思うということも、思わない ということもおこらないからだ。
それはなぜかというと。 もしも、かれら求道者・すぐれた人々に、<ものという思い> がおこるならば、
かれらには、かの自我に対する執着がある だろうし、生きているものに対する執着、固体に対する執着、
個人に対する執着があるだろうから。

もしも、<ものでないものという思い> がおこるならば、かれらには、かの自我に対する執着がある だろうし、
生きているものに対する執着、固体に対する執着、 個人に対する執着があるだろうからだ。




74 :ろん:2012/08/11(土) 04:30:18.76 ID:GoSm2mdF
>>73
執着が先で、それによって実体視が起こるということの証明にはまったくなっていないぞ。。

おまえの恣意的な解釈以外何物でもない。。

まず、実体視と言う概念が、中観以降で、初期経典の話とはつながらない。。

ものと言う思いがあるなら、執着があるだろう、単に心の在り方、を言っているに過ぎない。。

75 :ろん:2012/08/11(土) 04:32:20.98 ID:GoSm2mdF
>>72
不快でもなんでもないが、見苦しい、ジャマ、言ってることに意味がない、アラシだから、要らない、と言ってるだけ。。

76 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 04:33:05.95 ID:xuOi4oPA
>>73
知らないということ。
観察者、眼耳鼻舌身意の六識に疑いを向けるのは仏教の初歩。
止めるべきは一方の見方に偏った哲学的断定。

77 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 04:41:02.39 ID:l911R1Q7
≪ものという思い≫、これを実体視として取りました。

既に
「ものという思い=執着」
なら

「ものに「実体がある」という思い=執着」
なのは避けがたい。

後先?
これは同じものの異なる側面なのでしょうね。
執着は実体視で実体視は執着。呼び方と、見方の違いぐらいかと。
執着しないと実体視は起きないともいえるし、実体視がないと執着もないといえる。
でもどちらも偏ってますね。同じものの異なる側面。

瞑想に熟達しないとものに実体があるという思いという粗雑なものしか認識でき
ませんが、進むほどに、ものという思い
という簡素で繊細なものが深層の執着であると見出されます。


しかし、こういった引用よりも、それをこの時代に実際に見出して自分の言葉で
語るほうが大切です。
これは証明することではなく各々見出すことです。私のことは私が見出すしあな
たのことはあなたが見出します。

わかってるひとは多分あまり語らないのでしょうね。というのも、誤解されると
分かっているから。
わかってなく知ったかぶっている部分があってこそ、目に見える誤解の可能性に
盲目だ。
このあたり自戒です。


78 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 04:45:02.89 ID:l911R1Q7
止めるべきといったというのがあなたの断定です。
相手が断定している、というのが断定する人の良く使う語法です。
相手が断定しているならこちらは被害者面して断定できます。

静まらない限り、、であると述べただけです。
静めるのが務めとブッダもダンマパダで述べています。
止める人も静める人もなく、心が静まることを説きます。

止めるべきというより、止めないと苦しみがやまないとそんな風に述べています。

79 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 04:50:45.03 ID:xuOi4oPA
>>78
経の内容について述べたに過ぎない


80 :ろん:2012/08/11(土) 04:54:00.98 ID:GoSm2mdF
>>77
どうしてそんなに頭が悪いのか?

まず、執着と認識、実体視は別物。。
それでおまえは、>>63で、執着によって実体視が生まれると言っている。。
ありえないよ。。

上の経典の引用は、実体視があるなら執着があるだろうと、言っている、と読めないことはない。。
が、これは、執着によって実体視が生まれる、とは別のこと、わかる?

経典では、実体視があるならば、執着がある。。

これは、執着が実体視を生み出している、とは言っていない。

むしろ、実体視が執着を生む、実体視が先であるという僕の理解を例証するものであって、
おまえの誤解、執着が実体視を生むなんてバカなことは言ってないのよ。。w

81 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 04:54:33.69 ID:xuOi4oPA
>>78
大乗経典である金剛経と上座の法句経ではアプローチがまるで違う

82 :ろん:2012/08/11(土) 04:59:52.28 ID:GoSm2mdF
>>78
あらあらまた始まった。。w

自分妄想、根拠なしの断定、これは事実。。

指摘は妥当・・これを断定だ、何だと非難し始める、被害妄想乙。。w

83 :473:2012/08/11(土) 05:03:19.74 ID:l911R1Q7
>>77
嘘ついてしまった。
確かに、瞑想、実存上のことなのでロジカルには説明しづらい。
しかし、執着なく実体視はありえない。

宇宙に執着、全体に執着しなかったら、空であるし、
体に執着しなかったら体はなく宇宙があるだけである。
執着が、つまり「ある部分を抜き出すこと」が実体視をつくる。(宇宙の場合は全体を抜き出して全体に執着しているが)

「<ものという思い> がおこるならば、
かれらには、かの自我に対する執着がある だろうし」

起こるならば、あるだろうし、なんですよ。
もしそれが起こるなら、これがあるだろう。

起こるならば、これができるだろう、じゃなくて、あるだろう。

もし、それが起きるなら、もともと執着があるんですよ。
そういう意味の文章ですし、そう理解しています。(誤訳って可能性もありますが)

もともと執着があってこそ、起こる。そういってますね。




84 :473:2012/08/11(土) 05:05:15.84 ID:l911R1Q7
>>78

では止めるべき、とはどこから?
73も止めるべきとは言っていません。



85 :473:2012/08/11(土) 05:07:59.85 ID:l911R1Q7
>>82

言ってないこと指摘されたら無条件に相手の断定だよねえ。
そういう隙を見せないようにね。ろんさん。

86 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 05:10:50.15 ID:xuOi4oPA
般若経と言われるものの特性から。
有無のような二項対立するような概念には2つとも否定がつけられる。

87 :473:2012/08/11(土) 05:12:17.48 ID:l911R1Q7
>>77

ものという思いがあるならば、執着があるなら同時です。

ものという思いが起こるならば、執着がある、というのは起こる前に執着があるので執着が先です。


経典より実際に見出すことが大切ですけれど。

88 :ろん:2012/08/11(土) 05:12:55.60 ID:GoSm2mdF
>>84
一人二役、自演なのか? ww

単にコテが抜けただけなのか?

自分に対して質問、大丈夫か?ww

89 :ろん:2012/08/11(土) 05:14:08.22 ID:GoSm2mdF
>>85
具体的に、執着が実体視を生む、がお前の根拠なしの断定、だというのは事実>>63

言ったことを言ってないと思う、妄想、アタマおかしいぞ。。

90 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 05:14:54.71 ID:xuOi4oPA
経典を引っ張り出してきてそりゃないよ。

91 :ろん:2012/08/11(土) 05:16:41.15 ID:GoSm2mdF
>>87
アタマ大丈夫か?

認識対象がないのに、執着だけがある?

だったら、その執着が何に対する執着なんだ?

対象が先でなく、執着が先なら、何に対する執着だ?

あり得ないだろ・・バカすぎる。。ww

92 :ベゲザン:2012/08/11(土) 05:18:38.65 ID:5GzI8hoX
>>39CヶBのことを告げずBの在不在の価値判断をAが知らされていない時、AはCに即座に聞かれて
Bの在不在を既に知りようがありません。Aは即座に聞かれてBの在不在ではなく、単にいなかった
と「不在」を告げているのです。つづく。

93 :473:2012/08/11(土) 05:18:41.05 ID:l911R1Q7
>>89
>>49>>76のことですね。

89に関しては言いましたし、根拠は>>87と金剛経ですね。

それに、自分自身だけを根拠にのべていけないわけではない。
同意するしないは自由ですが、妄想と決め付けるのはこれまた妄想。
多分、その通り、多分、違う。
そうとしか言えない。

94 :ベゲザン:2012/08/11(土) 05:23:58.99 ID:5GzI8hoX
92は>>37
この事例から判断は常に思考は精神を二分するというのは嘘だと考えます。


95 :473:2012/08/11(土) 05:25:24.01 ID:l911R1Q7
>>92

AはCの在不在に囚われている可能性があります。

A自身の存在、そしてCの存在に囚われている。
その上でBの在不在を認知するかどうかというのは非常に表面的な話です。
AにとってBは相当どうでもいいことですから、Bの在不在という思考にあまりつよく囚われないでしょうね。
Bが知り合いで執着していれば、Bがいるとうれしい、それは2元性です。

囚われていなければ、在不在も深刻にならない。

しかし、Aが自分自身の存在の在不在となるとパニックになります。

96 :473:2012/08/11(土) 05:28:16.23 ID:l911R1Q7
≫単にいなかった と「不在」を告げているのです。

いるかいないかをきかれて、いないと答えた。

2分がないなら、「いることといないことが区別できません」
ただ無限に広がる空間があり、Bがいてもいなくても区別つきません。

97 :ベゲザン:2012/08/11(土) 05:39:45.97 ID:5GzI8hoX
>>95,96全然読めてないですね。わかってないのに反論するって、こういうことか・・・
事例が見えない。抽象思考もできてない。

98 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 05:40:36.86 ID:o11OFPha
おまえらまたやってんのか〜!
amaスレ潰したんだからここでずっとやとけよ。
スレタイに禅も追加しとけ。
結局、おまえらそういう言い合いが好きなんだろ。
亡霊のように2chさまよって結局ここで書いてんだろ?
ループしてることに気づいてないだろ。
おまえらのループもう見たくないから誰もamaスレ立てようってやつがいないのがわからんのか。
結局あるないで言い合いしてるだけじゃねーかよ。
ろんにしたっておまえ見性したんか?お? 
したんならここでループしねえよな? 一回転してそれかおまえ?
お互いが「相手がいる(ある)」と思ってるからクソレスが続いてんじゃねーのかよ。
おまえこそクソみたいなレス続けてんじゃねーよ。
おまえは頭で分かったっておもっとるだけだろ。
473は精神病みたいに文脈よめだの思考が精神がどうのって
出もしない答えにグジグジしてるから心身症みたいになってんだろ。
だいたいおまえ人に文脈よめゆうておまえ自身が金剛経の文脈読めてねーじゃん。
あれは要するに「空」だっていいてえんだよ。
おまえがあるあるゆうてるもんは無いつってんだよバカ。
おまえが一番白痴だってことにきづけ。
とにかくおまえらここで好きにループしていいから他スレで迷惑かけんなよ。amaは迷惑したんだよ。

99 :ろん:2012/08/11(土) 05:40:50.01 ID:GoSm2mdF
>>97
そう、バカだから相手にしないようがいいよ。。ww

100 :ろん:2012/08/11(土) 05:43:26.22 ID:GoSm2mdF
>>98
だから、病識がないから、病気だよ、事実と妄想の区別つかないよって、教えてあげてるんじゃないか。。

amaさんが悟ってるかどうか、自分が悟ってなければわからないのに、妄想で、ブッダと同一化してるだなんだ、ケチつけてそれをおかしいだろ、とまともなことしか言ってないのが僕ね。。ww

101 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 05:57:15.82 ID:ckQzVL63
>>78
>静まらない限り、、であると述べただけです。
>静めるのが務めとブッダもダンマパダで述べています。
>止める人も静める人もなく、心が静まることを説きます。

能動態と受動態がごっちゃになってるし

102 :473:2012/08/11(土) 06:00:53.77 ID:l911R1Q7
>>98
空とブッダは言いたいのですが、私達自身の認識としてはそうではないですよね。

「無意識に」「無意識の本音」を偽ってきれいごとを言う人と議論するのが好きです。
amaさんも化けの皮がはがれましたし楽しかったです。

彼はまた同じことをいうでしょうか。
なら私も同じ事を言うでしょう。
彼が変われば全ては変わります。

悟りも何も、マインドのトリックと白昼夢はそれを見守っている人にとっては明らかですからね。
amaさんが自我のトリックにはまってるかどうかはわかります。
わからなければ、かれはより目覚めているのでしょうが、、。
いろいろな人に見透かされていましたね。



103 :473:2012/08/11(土) 06:01:25.06 ID:l911R1Q7
>>91
執着という限定化によって認識対象を作るのですね。また、物事が分化されます。
さまざまな執着が世界を分化し、これとあれを作り出します。

区別はなくとも人々の区別を認識はでき、人々の区別に合わせて生活することはできます。
周りにあわせるだけで本人は区別していない。いるように見せかけて不在であるような、多分。

無意識の執着によって作られた認識対象に対して、意識的に執着するしない。
ろんさんの言う執着はこっちの表層意識の2重目の執着ですね。

意識的にするしないが瞑想を見出していない人の境地かもしれませんが、瞑想者にあっては
無意識の執着によって作られた認識対象という認知そのものが課題になります。

表層意識での執着というのは2重の執着であってどうでもいいものです。

>>96補足
2分と同化していなければ、あえて2分するという夢を楽しめるのでしょう。
>>97
「Bである」「Bでない」という2元性がないと判別不可能です。
その2元性がなければ、いても風景に溶け込んで認知されません。

Bの不在を述べるためには
「Bはそれ以外のものと違って特別である」という2元的思考が必要となります。

104 :ろん:2012/08/11(土) 06:10:42.07 ID:GoSm2mdF
>>103
おい、まだこっちの言ってること理解できんのか?

執着が対象をつくる、生む、なら、執着以前に対象はないと言うことだよな。。ww

対象がないなら、どうして執着が生じるんだ?

あり得ないだろ、バカだろ、妄想だろ、と言ってんの。。ww

105 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 09:51:04.06 ID:GjHcPrd+
やっぱり、爆発がなけりゃあ、無理なんだろうな〜
結局、そこなんだよ〜
頭で分かったふりしても、意識の転換がなけりゃあ、深みにハマるだけか…

なんかしてあげたいけど、爆発してくださいとしか言えんねー
でも、分かったふりをしてる、自分が邪魔をするんだよな〜
無意識にねー
因果なもんだね〜

106 :473:2012/08/11(土) 10:15:37.47 ID:l911R1Q7
>>87>>103
で言うように仏陀はそのように語りました。

そして私の言う執着とあなたの言う執着は違うと103で述べています。
あなたの言う執着ももちろん理解していますよ。

対象がなく、限定がない無限の空間という認知だったところに、
この体は特別だと体を特別視し、執着する。
その無意識の執着によって、「体と外界」という認知、夢が生じます。

この無意識の執着、「こころひとつですべてをつくる。」「<ものという思い> がおこるならば、 かれらには、かの自我に対する執着がある だろうし」
これは普通の意味で人が捉える執着とは異なるものです。

あなたの言う執着は対象以後に生じます。それは間違いではない。

107 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 10:17:26.22 ID:o11OFPha
それ誰のこと?
ろんならどうせまくねんたはつしてないよ。
そんなもんないとか言い出すだろきっと。
おれ?ないなぁ。
で、あんたは爆発あったんかいな。

108 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 10:20:55.56 ID:GjHcPrd+
あったよ〜

109 :473:2012/08/11(土) 10:21:24.58 ID:l911R1Q7
>>105
>>49 のアプローチもあります。

監視者、自分に条件をつけるマインドがあるかぎり生は苦闘になってしまいます。

自らを見つめ、自らの深みからあふれる生、祝祭の生を生きましょう。
(この祝祭のアプローチも実は無意識も苦しみも内包しています。)

この瞬間、自分自身を祝って。



110 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 10:23:47.79 ID:GjHcPrd+
>>109
なんのアプローチだ?w

111 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 10:30:22.43 ID:GjHcPrd+
それっぽいことを言うのに何の意味があるんだ?
自分は、知ってますアピールか?w
そんなもん、合コンぐらいでしか役にたたんだろ

そういうもんが、爆発を妨げてるってんだよw
ロマンチストは、誰得か?ってこった

112 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 10:42:05.52 ID:GjHcPrd+
教わるべき人が教えようとする
これは、喜劇であり、悲劇だ
他人に間違いを教え、また、他人も他人で盲目であるから、耳触りのよい言葉を信じる
そうして、自分はグルだと信じる様になる
全く覚醒もしていないのに!

しかし、縁の力を忘れてはいけない
嘘で塗り固めてゆくことの愚かさは、結局、自分自身に帰着する
因果の力をなめてはいけない

113 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 10:55:31.53 ID:o11OFPha
ほんとにあったのか?
どんな感じか詳しく説明よろ。

114 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 11:05:57.72 ID:GjHcPrd+
>>113
ほんとだよ〜
まあ、簡単に言うと、自我の破壊だね
自分が誰だかわからないみたいなw
そっから、再構築が起こる
それからは、色々あるね〜w

まあ、実際、そーゆーのがないとわからんのだな〜
わからんのに語ってるのは、童貞が、エロ本読んで、セックスとは?って熱弁しているようなもん

115 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 11:15:57.83 ID:T10RQb6K
放てば手にみてり、持ってる悟りとか修業とか全部捨て去る蛮勇さがいる。

116 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 11:20:07.36 ID:GjHcPrd+
>>115
おれに言ってるんかわからんけど、一応答えとくねw

元々、悟りなんか持ってないし、修業もしてない

以上

でも、何らかの覚醒なしに、そんな事言ってるんなら、ただのビビりか、他者を認めたくないだけ

117 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 11:24:45.00 ID:o11OFPha
へ〜 そいつはすげぇや。
色々あるってなにがある?
あとそれどんくらい続いた? 時間

118 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 11:25:55.83 ID:T10RQb6K
認めるとかそんな手続きの話じゃないね。


119 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 11:31:21.99 ID:GjHcPrd+
>>117
時間というのは難しいけど、収まるまでに一ヶ月ぐらいかかったね〜

まあ、色々ってのは、そっから人生が変わったから、全てとも言えるけど、不思議な体験とかもそのひとつかな
でもねー、慣れちゃうと、不思議と不思議にも思わなくなるんだよね〜

120 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 11:32:20.56 ID:GjHcPrd+
>>118
ふーん…
で、あんたは悟ったのかね?

121 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 11:37:54.30 ID:T10RQb6K
悟った自分邪魔なことは悟ったよ。
世界が欠ける

122 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 11:42:12.80 ID:o11OFPha
>>119
それどうやったらそうなったんだ?
やっぱまくねんたはつってあるんだな。
あんたの言うことが本当ならだけどなw
坐ってたらどこにいるのかてか、何がなんだかわけわからんってことはあるけどまさかあれじゃないよな?

123 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 11:43:26.77 ID:GjHcPrd+
>>121
何を誤魔化してるんだ〜?w
あんたのやってることは、悟ってない人間が、悟った人に説教をしてるってことだぞw
わかってんのか?

全く、自分自慢しか考えれんから、そんな訳のわからん言い訳するんだよw
まずは、その自分、捨て去る勇気がいるんじゃね〜か〜?

124 :ベゲザン:2012/08/11(土) 11:45:43.63 ID:5GzI8hoX
>>103言葉は背景から生まれます。あなたの好きな「2元性」やあらゆる概念は個々人に独立して内包されていているわけではないのです。
 例えば、馬でもない犬でもない羊でもない他の何の動物でもないからそれを牛と呼んでる背景があるだけのことです。別にべこでもいい
んです。あんたのは背景のない言葉・概念のサラダ・羅列です。

125 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 11:47:27.21 ID:GjHcPrd+
>>122
それではないね〜
あんま言うと怒るやつがいるから、詳しくは言わんが、ヨガだよ

126 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 11:53:31.65 ID:T10RQb6K
>>123
特別なぶんだけ遠い。どうやら話が
かみあわんね。

127 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 11:57:58.61 ID:GjHcPrd+
>>126
何を言ってんの?

遠いもなにも、悟った人に言ってんでしょ?
それとも自分に言ってるのかな?

「自分」が噛み合わなくしてるだけじゃんw
噛み合うと都合わりーんだろw

だって、悟ってない人が、悟った人に偉そうに説教してんだからな〜w
大層なご身分だことw

128 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:03:26.80 ID:T10RQb6K
別に。何か不都合が?

129 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:06:31.68 ID:GjHcPrd+
しかしまー、ここもあっちも大したのがおらんね〜w
おれが、レベルアップしちゃったのかな?なんつってw

やっぱり、世界は閉じの方向へ向かってる
ね〜
自分一番みたいな社会が常識だもんねw
何が悪い?みたいに開き直ったりしてさw

まあ、あたまで悟りとはこんなもんだ、みたいに考えてんだろな
しかし、そうは問屋がおろさない
少しは見通せるようになってほしいもんだ

130 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:07:05.28 ID:GjHcPrd+
>>128
>>112

131 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:11:02.61 ID:T10RQb6K
レベルアップのぶんだけレベルダウンしとるんだわ。慢

132 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:16:19.97 ID:GjHcPrd+
>>131
だから、そう書いてるじゃんw
一般の常識から観ればレベルダウンだよ
自分一番じゃないんだからw

でもねー、一般の常識が破壊の方向を向いてんだよねーw

というか、勘違いばっかだな〜、おたくw
全部自分に返ってるよw
目を覚ましてねw

133 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:17:48.04 ID:GjHcPrd+
わかったフリしてもバレバレ〜w

134 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:18:29.53 ID:o11OFPha
おまえそれ本当に悟りか?
どうみても増上慢だろw
それがあったところでおまえ自身どうみても自我の塊だよな。
悟った人にむかってって言うか?
悟った人 悟ってない人ってあるんだろ?おまえの中に。
それって二元の概念が一個増えただけじゃねぇか?

135 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:23:19.40 ID:GjHcPrd+
>>134
あはは〜
それ、自分に言ってんの〜?w

いや〜、おれが悟ったとかどうとかじゃなく、彼が勝手に、悟った人という幻想に向かって唾吐いてるから教えたげてるだけなんだけどな〜

おれ、悟ったなんて言ってないし〜w
何勝手に妄想しちゃってんの?
お二人さんw

136 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:24:45.43 ID:T10RQb6K
>>132
逆転してないよ。
宗教的なレベルダウン

137 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:27:03.49 ID:efYenif0
>>102
>amaさんも化けの皮がはがれましたし楽しかったです。

これが貴方の本音だろうね。

>彼はまた同じことをいうでしょうか。
なら私も同じ事を言うでしょう。

何が貴方をそうさせるのか考えたことがあるかね?


138 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:31:48.14 ID:GjHcPrd+
>>136
何それ〜www
ごめん、おれ宗教してないんで〜w
どこかの、カルトの方ですか?
まじめ、なんか恐いっすw

139 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:35:32.70 ID:GjHcPrd+
もしかすると、473教かなんかかもしれんな…

相手の言う意図を読み取ろうとせず、勝手に解釈して、相手のせいにする

そ・れ・が、473教!

くわばら、くわばら

140 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:35:45.03 ID:T10RQb6K
めんご、めんご、逆転じゃなかった。
常識的にもレベルダウン変人度アップ

141 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:39:31.57 ID:o11OFPha
>>135
ああ、そうだったな 確かに悟ったなんて言ってないな。
んじゃこれどういう意味か教えてくれよ。
>>123
>あんたのやってることは、悟ってない人間が、悟った人に説教をしてるってことだぞw
>>127
>だって、悟ってない人が、悟った人に偉そうに説教してんだからな〜w

この悟った人ってのは具体的に誰のことなんだ?
後な、自分に言ってるわけないだろ。おれはそういう経験ないつってんだから。
明らかにおまえの爆発経験とやらの話してんだろ。
もしかして日本語読めない人間か? もしそうだったら俺が悪かったな。 早く病院いけよ。

142 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:42:20.95 ID:GjHcPrd+
>>140
結局、他人を批判したいだけじゃんw
そーゆーやつばっか増えて悟りを語り出すから、言ってんのに、一切聞こうともしないから、くんだらにーな〜って言ってんだけど、わっかんねーかな〜
そーゆーの、天に向かって唾を吐くってんだ
因果応報、思い知るがよい

143 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:45:38.73 ID:T10RQb6K
>>141
天罰当たるんだって、どこの宗教ですか、こっわーい

144 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:46:01.54 ID:GjHcPrd+
>>141
あんた、病人だったのか、そりゃ〜悪かったな

自分に言ってんのか?ってのは、自我の塊ってとこ
うまく、そーゆーの避けるよねw
それのことだよw

で、悟った人ってのは、カルトの彼に聞いてくれ、彼が勝手に説教しだしたんだ
おれにゃ〜、よくわからんw

145 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:47:03.48 ID:GjHcPrd+
>>143
天罰ではないよ
自分で自分を苦しめるんだよ
あんた、自分でわからんのか?

146 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:49:58.06 ID:T10RQb6K
>>142
早とちりだから

147 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 12:59:47.91 ID:o11OFPha
>>144
おまえのそれ多分まくねんたはつじゃねーわ。
自我の塊? おれか?あ〜そうだな〜。 おれってのが全然なくなってないからな。
んでおまえは爆発とやらがあったのにそのザマだろ?
いやいや悟った人に説教たれてるっておまえがいってんだから
おまえに聞くしかないだろ。 なに逃げてんだよ。
安心しろよ おまえも大したレベルじゃないから。
んで、悟ってない人ってのはT10RQb6Kのことだろ?
んじゃ、悟った人てのは誰のことなんだよ?

148 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 13:11:21.69 ID:T10RQb6K
誰なんだろな
473が悟りらしきものを振り回してたから奪ってやろうとしてたんだが
こんなとこで出しちまった

149 :473:2012/08/11(土) 13:44:20.03 ID:l911R1Q7
>>103
≫馬でもない犬でもない羊でもない他の何の動物でもないから
3回の2元性の分類

≫何の動物でもないからそれを牛
これも2元性

まず、動物と動物でないものという2元性があります。
この2元性がなければ動物と環境はひとつのものとして認識されます。

また馬でもない犬でもない羊でもないという3つの2元性と、何の動物でもないからそれを牛という2元性がないなら、
「動物」としか認識できません。
馬と牛を同じものとしてみるということになります。

≫別にべこでもいい んです。
当然です。どんな名前でもそれは音の羅列に過ぎず、実体としては概念上のこれである、これでないという2元性です。

≫背景があるから
その背景のことを無意識の思考といい、精神といい、2元性と呼んでいます。
意識して使われる2元性については私はあまり重きを置きません。

夢の中で何を考えるかということに人はこだわりますが、473は夢そのものに取り組みます。

150 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 13:53:31.67 ID:8DgJumOx
wwwwwwwww
これはひどいw

人間の認知の構造とコンピュータの演算の違いを勉強したほうがいいかもねw

151 :473:2012/08/11(土) 13:53:39.43 ID:l911R1Q7
>>137
自らをうまく偽る人が尊敬されるというあるがままの事実をうけとめられないで、
ありふれた事象に腹を立てて挑む。

もしくは個々の人が自らを偽り、無知を他者に投影しているという、ありふれたあるがままをうけとめられないで対立する。

外界への期待、理想が戦いを生む。
誰一人おかしな人はいない。
あるがまま思考と同化し、あるがまま目覚めている。

そのなかで求道者は自らの過ちを見て、自らを祝って独り歩むことができます。


152 :473:2012/08/11(土) 13:57:26.83 ID:l911R1Q7
>>137
もしくは、自身が行き詰まっていても、他者の咎を指摘すると、自分が何者かになった気ができるからです。
知ってるように振舞って、他者の尊敬を集めても同じ効果があります。(思えば同じですね。)

これは悪い癖ですね。
結局未解決の自分に直面する羽目になります。

後amaさんにしてみれば、473の指摘というより、会話のつながらなさと相手への責任転嫁の連続で、
特有の夢の中にあることを自白しています。
それが分かる人はよし分からなければご一緒に良い夢を。

153 :安堂 ◆3LK.0gZrV2 :2012/08/11(土) 13:58:58.47 ID:Qe4DYzy0
あいかわらず凄い自作自演臭ですね・・・。


154 :473:2012/08/11(土) 14:03:33.65 ID:l911R1Q7
>>150
>>ぺゲさん。
確かに、つきつめると怪しくなりますね。

そもそもが、思考は2元性以外でありえるかどうかという話です。

砂糖と塩は思考なしでも区別できます。
ただ、思考が砂糖と塩を区別すると別次元の問題ごとが起きます。

肉体は肉体自身の知恵で肉体と外界を区別します。
しかし、思考が肉体と外界を区別するとまったく別のことが起きます。

自我、固体、肉体への執着が。

思考なしに認識することはできるといえるかもしれません。
しかし2元性のない思考は経験上ありえませんし、またスレッドタイトルの諸氏もそういっておられるので、
それを否定するなら、彼らを包括的に否定してください。

なんにせよ、安易な断定は帰ってきて身を滅ぼします。それは自身を傷つけるでしょう。
知性の発達は知性の無力さを知ることです。
アインシュタインやソクラテスはいつもためらい、慎重です。

155 :473:2012/08/11(土) 14:04:32.20 ID:l911R1Q7
投影ばっかりで教訓は大抵自前になってしまいますw

156 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 14:06:50.66 ID:GjHcPrd+
ほんとに、自分の事だって気づかないのかな?
不思議だ〜w
自分の文章読みかえさないのかねw


157 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 14:07:22.92 ID:8DgJumOx
>>154
調べもせず、学びもせずに、何を言っているのw

158 :473:2012/08/11(土) 14:11:02.49 ID:l911R1Q7
>>ぺゲさん

思考によらない認知に害はなく、それは必要なものだと思います。
そして、それはいわゆる思考による2元性、執着、認知とは別のものではないでしょうか。

あなたは思考によってbさんがいないことを認知するといいました。
思考によって認知するならBさんbさんでないという2元性が働いています。
しかし、思考によって認知していないなら2元性はありませんし、そもそも思考はありません。
2元性ではない思考の存在の証明は別の話です。

むしろ、そういった思考が静まってこそ思考によらない認知が十全に働くのでしょう。

159 :473:2012/08/11(土) 14:13:35.76 ID:l911R1Q7
>>157

思考なき認知については、実践的なことですので、頼れるのは自身と、スレッドタイトルの諸氏ぐらいです。
あとはターシャムオルガヌムなどでしょうか。

学術的なものではなく瞑想の背景が不可欠ですので。

160 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 14:13:36.67 ID:o11OFPha
おい答えろよインチキヨガ師。
悟った人て誰なんだよ。
なんでも悟ったやつは俺もお前も他も全てか一つらしいじゃねえか。
じゃあ投影もへちまも全部お前だわな。
おれぁー悟ってねーが俺が判断してやるよ。
お前の爆発とかいうのは単なる気のせいだ。
それかヨガやり過ぎて意識が混濁しただけだわ。
んで一ヶ月くらいお前の記憶が残ってたぢけの話で、
相変わらず下らねークズのまんまだわおまえ。

161 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 14:18:37.40 ID:8DgJumOx
>>159
あんたがそういう進み方をするのなら、これ以上は何も言わないよw
道はいくらでもある

162 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 14:19:45.82 ID:GjHcPrd+
>>160
なにそれw
面白い妄想だねw

悟った人ってのは、それを書いた本人が分からん言うとるんだから、わからんのだろう

なんで、そんな自虐的な文章を書くんだ?
ここは、カウンセリングじゃないぞw

163 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 14:25:10.05 ID:+1EPIvxQ
473さんは瞑想が不可欠云々って言ってるけど言葉の世界の中で迷走していて、感情的にそれを良しとしているだけだと思う。

だから自己完結してるし、書けば書くほど痒くなってる。
ナルシシズムの披露欲求を中学生で卒業できなくてズルズルきてんだろうな。

何歳なんだろ。30代じゎないことを祈る

164 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 14:29:39.15 ID:GjHcPrd+
あとな、悟ったら俺もお前も他も全てがひとつになるのではないな

元々そうなんだが、自分という意識が邪魔をしてるだけ
あんただって、おれの文章に対して自分の中で葛藤してんだろ
473なんかを観りゃ、他人を観て自分の事を言ってるだけってわかるだろう?

自分が抜け落ちりゃ、何が残る?

165 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 14:30:41.34 ID:o11OFPha
その書いた本人て誰なんだ?
IDコピペしてくれよ。
自虐的?おまえ本当にそう見えるのか?
それ逃避ていうんだぜ。
牢屋にいる麻原もまともに対話できんそうだわ。
たぶんおまえみたいになってんだろうな。
ご愁傷さま。

166 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 14:34:42.99 ID:o11OFPha
473はただのキチガイだろ。
まぁ相手してるろんも同じ仲間だがな。
んでなんだ?えらい人が書いた文章を自分のことにしたがるな。
ほんならお前が今日書いたざれごとも全部おまえの話か?
一つになるて色んなお偉がたが言ってるだろ。
お前みたいなインチキヨガ師の言うことなんかひびかねーんだよ。
自分抜けたらてなんだ?
そんなことなったことねーからわからねーよ。

167 :473:2012/08/11(土) 14:37:34.58 ID:l911R1Q7
151続き

思考によって人々を認知すると、それは良く見えたり悪く見えたりしてそれに巻き込まれてしまいます。

無心に在るがままに受容すれば、それは「私達の言うところのつらい現実」かもしれませんが、無心のあるがままの
受容に合っては良しも悪しもなく、あるがままに受け止められ認識されます。

人をほめたりけなしたり、あるがままにうけとめられない。
それはわたしの、あなたの生にトラブルを作り出します。

>>163
他者完結もどうでしょうか。
あなたがその迷走から脱出していれば473がその中にいるかいないかは、「あなただけがあなたの脱出において」わかります。
そして、脱出できるよう働きかけられるでしょう。

168 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 14:40:37.67 ID:+1EPIvxQ
>>167

走ること(迷走すること)を辞めればいいだけだよ。

取り敢えず2chは書き込まない。
生活のリズムを整える。
自分を客観的に見つめる時間を持つ。

そこから再スタートすれば。
やるかやらないかだから基本個人のかってだけど

169 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 14:47:46.25 ID:o11OFPha
てゆーかこいつら脳内の事に必死だよな。
生きてりゃ色々あるだろうによ。
それとも現実がひど過ぎて直視できんのかな。
たとえ貧乏だろうがブサイクだろうが今生きてんだから今を楽しめばいいのにな。
なんだか哀れだわ。

170 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 14:50:17.23 ID:GjHcPrd+
そんなに、自分が正しいと思い込みたいのか?
それを逃避というんだが…
更に自虐的でもあるな

規制が厳しいんでこれぐらいで

171 :473:2012/08/11(土) 14:56:31.49 ID:l911R1Q7
≫どうでもいいことに必死

欲望は際限がなくむなしい。
肉体は滅び去る。
貧乏人には希望があるが、金持ちは希望がないので、贅沢を追い続けたり、
無意味な哲学論争もするでしょう。

でも、今自分自身を祝うこともできますね。

≫悟りとか
爆発、悟り、体験はなんでもいいのですが、
すさまじい体験というのは単に意識の領域が狭いのでそう感じるだけというのがあります。

より広い意識、覚醒にある人間にとっては限定された部分的な心理現象に過ぎないものが、
狭い意識と眠りにあっては偉大な体験に感じられてしまいます。

この意識の広さの差は各個人全く別であり、各々認知が異なり、話も通じません。


172 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 14:59:47.47 ID:o11OFPha
それもおまえ自分に言ってるんだよな?
おまえの論法だとよ。
俺はお前や473みたいにややこしいこと考えてねーぞ。
だいたい現実は考えた通りにいかねーもんだろ。
その時その時目の前のことに必死になってりゃいいだろ。
ところでおまえやっぱり規制されてるのに言い返すてことは自我がそうさせてんだよな?
大した爆発だったなおまえw
お前も俺もここみてる奴らは似たようなもんで、
お前だけ特別てことないから安心しろ。
さっさとその爆発忘れて修行するなり目の前の仕事に精出すこったな。


173 :473:2012/08/11(土) 15:00:40.20 ID:l911R1Q7
>>168
自身としましては
>>39の通り成り行き任せです。

自身の信条がどうかということではなく、トピックごとの議題に応答しているだけです。
そういうなら、こういえる、という仮の話であり、こういうのが私の信条ということではありません。

他者の混乱に付き合うのも程度物があるでしょうけど。


174 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:01:29.55 ID:GjHcPrd+
>>171
結局、ぐだぐだやってきたけど、知らんってだけやんw
凄まじい体験、してから語りましょうw
凄まじい体験が、狭い意識の心理現象としか捉えられん意識が狭いわ!

このこわっぱが〜w

175 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:03:35.06 ID:H0RWSyVD
呼吸についておもしろいことがあります。
人によっては自分の呼吸に注意を払えば払うほど、
呼吸が不規則になるのです。

身体にするべきことをさせてやりなさい。
もっと自分の身体を信じてやらなければダメです。
身体は間違ったことはしていません。
何といっても、生まれたときから身体は呼吸し続けているのですから。


176 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:06:03.46 ID:GjHcPrd+
>>172
まあ、常識的に考えるのなら、こんなとこはこんほうがええ
とにかく、あんたは、自分が一番だと、特別だと思い込みたいんだろ?
だから、他に特別な人や悟った人がいては困る
それぐらいのことしか言っとらんね〜w

その程度の意識でおれと戦おうなんざ100万年早いわw

177 :473:2012/08/11(土) 15:09:55.72 ID:l911R1Q7
>>174

だから最初はよく体験するのですが、意識が広がってゆくにつれ、体験はその重要性を失ってゆきます。

その当時そういう体験として認識されましたが、今となっては同じことも部分的な心理現象です。
そういう意味で、人が悟りや爆発だというときに何を指しているのかは見当がつきます。


ある種意識の障壁が破壊されるときすさまじい体験が起きますが、それそのものは副産物であり、
平常の意識の拡張の有無が、つまり普段の自分がどう変わったかです。

障壁が壊れるタイプの真正なものは、体験した人に変化が出てきます。
それでも古い自我が復権して台無しになることは多いです。

真正でないものはエネルギーが迷走で集まった際の、気合の入った自己逃避と白昼夢です。
悟りなり爆発なりをむかしからのその人が主張するだけです。より暗闇に落ちています。

178 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:14:55.75 ID:GjHcPrd+
>>177
で、どういう体験があったんだ?あんたは?

179 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:15:00.81 ID:o11OFPha
>>176
はぁ? おまえ本気で文盲か?w
オレもおまえもみんな一緒なようなもんって書いてるだろ。
んで困るなんていってねーぞ。
あ? また自分に書いてるのか?もしかして。ややこしいからそういうまねすんなよ。普通に対話しろよバカ。

最初本気で悟ってるのかとおもって聞いたらなんでもねー凡人のレスしかしない上に増上慢なレス書いてるから
ああ、こいつ違うなって思っただけだぜ。多分おれ以外のみんなもそう思ってるだろうよ。
それにもしお前が悟ってても何もお前から教わることないわ。
おまえ文盲みたいだからもう一回書いてやるけどオレはいたって普通の凡人だぞ。

180 :473:2012/08/11(土) 15:16:58.13 ID:l911R1Q7
>>174

真正な体験はそう何回も起きない。そうそう障壁は何度も簡単に壊されない。
真正なものが起き、意識が拡張されれば、もう同じ障壁も、同じ障壁が壊れる体験もない。
そういった体験はもはやなんでもなく重要性が薄れてしまいます。

真正なものですら終わってしまうと忘れられます。真正でない白昼夢などはその人にとってはわざとやるお遊びなのですが、
それを悟りだと思っている人にとっては自分全体を揺さぶる偉大な体験として認知されるのでしょう。

真正なものは体験者を巻き込みます。

人は今を生きています。

181 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:16:58.68 ID:o11OFPha
>>175
身体のこと信頼してるんだったら呼吸に注意なんていらねーだろ。
どういうボケかましてんだよ。 ツッコミづらいだろw

182 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:18:43.58 ID:o11OFPha
>>177
おいw 473がレス相手がいなくてヒマになったからおまえに話振ってることに気づけよw
キチガイだから相手したら疲れるぞ。

183 :473:2012/08/11(土) 15:19:56.57 ID:l911R1Q7
>>178

osho 体験

で、体験について否定的なニュアンスで述べている部分をお読みになっては。

体験という無意識の条件付けによる過去の認識という、無知と夢の産物についてのべるということに
お付き合いすることにメリットを感じません。


184 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:26:12.31 ID:zXScDh2o
真正でない体験しかなかったんだw

185 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:27:25.85 ID:GjHcPrd+
>>179
いや〜、既に教わってるけどね〜w

まあ、簡単に言うと、他人を批判することは、自分の正当化だ
お前はアホだって言うとき、自分は、お前よりアホじゃないって意味を含む
それをあんたが、必死こいてやってるから、指摘しとるだけw
逃避しながらねw

まあ、おれぁ〜、ただの観自在だわw

186 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:28:26.62 ID:H0RWSyVD
誰かを変えようとして時間を無駄にするのは止めましょう。
そんなことをしてもうまくいきません。
あなたが変えられるのはあなただけです。

187 :473:2012/08/11(土) 15:31:20.90 ID:l911R1Q7
ひとつの誤解を解消しても、同じ人の次の誤解、そして無数の人のそれがまっている。

これは私だけの状況ではなくあらゆる人の状況です。

誤解を解消しようという試みは終わることがない無益な試みです。それでもなぜか止められない。
他者が自信の鏡になりうるなら、必要とされる間、適当に、、。

他者との誤解を受け入れられる人は深刻さなく、目的なく、ひとと戯れるのかもしれませんね。

188 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:31:37.85 ID:GjHcPrd+
>>183
だからさ〜、あんたの体験を聞いてんだよ
あんたは、oshoか?w

更に言うと、体験の否定は、体験したものが、体験したものに言うこと
あんたは、それを逆手にとって、体験してなくても、悟ってるかも
なんて、思い違いを起こしてんだ

童貞が、二次元と空想でセックスしてるようなもん

189 :473:2012/08/11(土) 15:33:33.20 ID:l911R1Q7
>>184

真正なものでも体験は副産物であり、無意識による解釈、夢です。

真正な体験も体験という主観ゆえに人それぞれです。

いかにしてあなたのそれをあなたが見出すか。
いかにして偽りを避けるか。
それが正しい議題です。

またそれについて語れることが、真正さの体現になります。

oshoグルジェフに詳細は任せます。

190 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:34:48.34 ID:zXScDh2o
>>188
だから真正でない体験しかなかったんだってw 察しろよ

191 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:39:05.67 ID:zXScDh2o
>>189
障壁が壊れるタイプの真正なものは、体験した人に変化が出てきます

なんて言ってたのはなんなんだ?無意識による解釈、夢が障壁を壊すのか?
言ってることが支離滅裂なんだよw

192 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:40:07.82 ID:GjHcPrd+
>>190
そりゃ〜そうだが、真性の体験ってのはなんだ?w
真性じゃない体験ってのもな〜w

こりゃ〜、473の大好きな二元性じゃね〜かw
全く、おったまげるわw

193 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:40:39.52 ID:H0RWSyVD
腹式呼吸のやり方

1 背筋を伸ばして座る。鼻からゆっくり深く息を吸い込む。
息を吸い込むとお腹が少し出るはずです。そのまま4つ数える。

2 唇をすぼめ、ゆっくりと口から息を吐く。息を吐き出すにつれて
(これは重要なことです)、もも、ひざ、足首にかけて(いくぶん)ゆったりした
感じが伝わっていくのに気づくでしょう。その感じに集中するのです。


194 :473:2012/08/11(土) 15:41:59.21 ID:l911R1Q7
>>188

どう受け止められるかはおいて置くとして、


私は今の私を、あなたは今のあなたをもう十分に表現していますよね。
別に過去の体験について語らなくてもいいのではないですか。
今の私が見えないのでしょうか。


195 :473:2012/08/11(土) 15:43:09.44 ID:l911R1Q7
>>191

今までの障壁が壊れたら、さらに深い無意識が体験として認識します。



196 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:46:53.76 ID:GjHcPrd+
>>194
言えんのかいなw
過去の体験は語らんが、過去の知識は語るんかw
まあ、知識だって、読書という体験を語ってんじゃねーか?w

ええ加減、嘘を晒すのはやめにせんか?

197 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 15:57:14.82 ID:o11OFPha
>>185
はいはい。教えられてねーから。
オレも指摘しとるだけ。
なぜ同じレベルにいることに気づかん?
なにが観自在だよ。全然みえてねーじゃねえかw
おまえ473にも言われてんじゃん。 今だよいま。
過去の話はどーでもいいんだよ。
今のおまえは凡夫レベルな。 オレもな。 きづけよ。

>>186
んじゃおまえなんで腹式呼吸なんてはってんだよ?
てかそれこのバカん自在にってんのか?

198 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 16:04:55.41 ID:GjHcPrd+
>>197
何を指摘したの?

199 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 16:07:55.57 ID:o11OFPha
おまえのその爆発はなんでもねーただの勘違いだよって指摘してやっただろ。
んで悟ってもないただの凡夫だよって。 
忘れるなよ。

200 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 16:10:27.28 ID:GjHcPrd+
>>199
それ、指摘じゃなくて、思い込みだから…
ってか、もう帰っていい?

あんた、他人を否定して、自分を正当化してるだけ
何度言わせんだかw

201 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 16:13:52.21 ID:o11OFPha
もう一ついっといてやるけどお前、思い込みが激しいだけな。
他人を批判することが正当化だ〜?全部そうなのか?

たとえば大津のいじめ自殺問題で大津市の職員に批判が殺到してるわな〜。
あれはなんだ。 自分らもそうだから正当化してるのか?
ちがうだろ。明らかにいじめがあってそれを苦にして自殺した生徒がいて、
それを市ぐるみで隠蔽しようとしたから批判されてんだろ。ちがうか?
おまえはそうやって批判されたことを「こいつ正当化してるだけだ」って思い込もうとして逃げてんだよ。
第一、おまえも十分ひとのこと批判してんだろ。
まぁおれもおまえみたいなバカ相手しとるからどっちもどっちって言われそうだなw
バカいってないで目の前の事実と向き合え。
んで仏になりたいなら修行でもしてろ。
ここ見てると修行とやらの弊害だらけだぞ。

202 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 16:15:20.90 ID:o11OFPha
おう帰れよw んで二度とくんなバカ。
寝言は寝ていえ。
オレは思ったこと言ってるだけだぞ。
それを投影だの正当化だのややこしい事かんがえてねーよ。
おまえやキチガイと一緒にするな。
じゃーな本当に二度とくるなよ。


203 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 16:27:47.06 ID:GjHcPrd+
>>201
何を言ってんだかw

全く無明にもほどがあるんだわ
大津の批判も同じ原理じゃよ
寝言言ってんのはどっちだろ〜ね?w

そんなに、おれが恐いか〜?w

204 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 16:34:53.73 ID:B5hQyBpM
>>202
おまえ馬だろw

205 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 16:40:13.26 ID:NWQvL61x
くんだらねーらの事だったらアゴンのカスどもがカラクリねたばれしてたぞ。
ようするに麻原のようなカスでも伝授できるあほあほレベル。


206 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 17:36:35.28 ID:GjHcPrd+
>>205
カラクリって何の話をしてんだw

麻原とか、アゴンとかは知らん
しかし、そんなアホアホレベルにかすりもしとらんじゃないかw

207 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 17:39:13.50 ID:GjHcPrd+
>>204
馬の訳ないだろw
馬の真似してる餓鬼だよw

208 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 17:49:02.58 ID:NWQvL61x
>>206
くんだらねーな邪魔くさいから
暇な時遊びで体から出しとるよ。
水芸だなwもう秋田w

209 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 17:50:55.88 ID:GjHcPrd+
>>208
で?

210 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 17:55:30.23 ID:NWQvL61x
お前はただのチンカス

211 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 17:57:31.13 ID:GjHcPrd+
となるわけだなw
ほんと、おまえら、そんなんばっかだなw

そーやって、自分を苦しめて何が楽しいんだろ〜

212 :ろん:2012/08/11(土) 17:59:28.35 ID:GoSm2mdF
>>151
>自らをうまく偽る人

これはamaさんのことか?

自分のことか?

それともオショーか?

自らのことだったらいいが、amaさんのことだったら、酷いな。。

何の根拠もなしに、自分迷っているのに、amaさんを偽る人と決めつけている。。

悟っているか否かという事実、は473にはわかりようがないのに、わかったと決めつける。。
化けの皮がはがれたとか。。

事実と妄想の区別がつかない=糖質と言うやつだ。。

213 :ろん:2012/08/11(土) 18:03:34.32 ID:GoSm2mdF
>>152
>後amaさんにしてみれば、473の指摘というより、会話のつながらなさと相手への責任転嫁の連続で、
特有の夢の中にあることを自白しています。

アタマ大ジョブか?
「会話のつながらなさと相手への責任転嫁」とは、473おまえ自身にはものすごくよくあてはまる。。ww
アマさんにはまったく当てはまらない。。

単に473が自分で何言ってるのかわからんような、悪文、論理的に破たんしてる文を書くから、
アマさんがわからないだけだろう。根拠のない決めつけ、意味のない分類、飛躍ばっかりの文だからな。。
アタマの悪さ、オカシサをがそのまま473の文には出てるんだから。。

自分わかってもらえない責任転嫁じゃなくて何なのだろう?
473と話が繋がる人ってこの地球上にいるんだろうか? www
糖質の人とはだれもまともに話できないよ。。ww

214 :ろん:2012/08/11(土) 18:13:38.81 ID:GoSm2mdF
>観えもん

あなたはねー、クンダリに―昇華とかあったかもしれんけど、仏教的な意味では悟ってないかもしれんよ。。

クンダリーニの昇華あるいはクンダリニー的悟りと、仏教の悟りは全然別物だわな。。

共通点はあっても、基本別物。。

これがわからんと、こっちの人たちとは話がかみ合わんだろう。。

仏教の悟りにクンダリーニは不要。。

クンダリーニの悟りは、仏教からすればなんでもない、ただの現象、体験に過ぎんだろうな。。

215 :ろん:2012/08/11(土) 18:17:12.34 ID:GoSm2mdF
身心脱落底・・みんなそのままで身心を忘れきって生活してるんよ、基本は。。

自我があるからどうのって、あると思い込んでるだけなんだな。。

その思い込みが外れるまでのしばし修行と言うことに過ぎん。。

もともとない自我が、なくなることもないし。。

ただ気付くためには、自我を一時的に滅する必要があるかもしれん、というだけ。。

もともとないものを無くそうというのは、単なる勘違いだから。。

216 :ろん:2012/08/11(土) 18:20:23.79 ID:GoSm2mdF
>>199
そういうことだよ。。

ただの凡夫に落ち着けないのが問題なんだわさ。。

悟りがもともとないなら、凡夫という言葉もおかしいけど、自分は凡夫じゃないと思ってるやつがいたら、
それは、悟りどころか、酷い迷い、勘違いだ。。

217 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 18:44:03.75 ID:GjHcPrd+
なんでもない現象だけど、性欲から離れたり、洞察力がついたり、心が静まったりする現象
なんでもないけどね〜w

まあ、それが仏教とは違うってんならそれでもええが、このスレにはグルジェフってあるじゃねーかw
まあ、あのおっさんは、クンダリバッファなんたらって言ってたけどw
宇宙人に付けられたんだっけw

218 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 18:48:45.35 ID:xuOi4oPA
ちょっと覗いたけどあんなの過呼吸症候群になるじゃん。
有害。

219 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 19:00:20.75 ID:GjHcPrd+
ま、人間には、その様な機能がついてるってこった
目横鼻縦なんだろ〜?
それぞれは、それぞれの役割であるがままなんだろ〜?
なぜ、性欲という機能を厄介者にしてしまうんかの〜
仏教の悟りってのは、そんなちっこいもんなんかね〜

220 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 19:15:26.40 ID:xuOi4oPA
目横鼻縦ってのは自分の身体みたんじゃないよな。
かろうじて鼻先が見えるくらいかな。

221 :ろん:2012/08/11(土) 19:24:28.77 ID:GoSm2mdF
>>219
別に厄介者じゃないよ。。

道元は、禁欲した方がいいけど、しなければならないことはない、なんていってる、弁童話ね。。

煩悩即菩提だし。。

222 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 19:27:46.14 ID:xuOi4oPA
戒ってのは自分を守るためにあるとされる。
一元論的なとこもある。
まあ本屋に行っても山積みされてるのは精神世界の本さ。
世間じゃむしろ仏教はマイナー、
好きにすればいいさ。

223 :ろん:2012/08/11(土) 19:28:00.13 ID:GoSm2mdF
ホントを言うと悟ってない人間なんていないんだな〜。。

だから、他を迷ってると言って決めつけて、譲らないなら、それはその人が悟ってないことのあかしとなる。。

迷っていると言ってるやつが迷ってるわけ。。

これを曹洞宗では正と言う。。

すべてが平等であり、迷悟なし。。

しかし、それじゃあ誰も悟れないからww敢えて迷悟をわけて、説く、導く、これを偏と言う。。

宝鏡三昧には、偏正回互とあって、偏と正をうまく使い分けて説く、二つの見方で見る、だから、言ってることが時に矛盾して聞こえたりするけれど、
まあそれはしょうがないことなんだ。

224 :ろん:2012/08/11(土) 19:31:37.99 ID:GoSm2mdF
もともと迷っていないことに気づくだけなんだから、それによって、自分が別人になったりなんてことはない。。

元に戻るだけ。。

だから、amaさんの言ってることで正しいわけ。。

ただ自分に落ち着けるようになるというだけの話。。

迷悟があっては落ち着けん、悟りも迷いもなくなって、やっと収まるということだ。。

悟りがあるように思う、迷いがあるように思う、は勘違い、ということ。。

225 :ろん:2012/08/11(土) 19:34:24.76 ID:GoSm2mdF
>>217
どんな現象があってもいいが、自分がそうなってる、他とは違う、と思ってしまったら、それが邪魔になるんじゃないかなー?

収まらんでしょ、自分だけ他と違うってんじゃ。。w

んじゃなくて、同じだよ、凡夫と。。

226 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 19:40:41.43 ID:GjHcPrd+
>>225
それは、どうだろうね〜
みんな同じだし、みんな違う
みんな悟ってるし、みんな迷ってる
だと思うけどね〜
それを、全部一緒にするのは、悪平等だと思うよ

まあ、おれは特別だ!なんて言うつもりもないが、みんな特別だろう?
それぞれの役割だと思うがね〜

227 :ろん:2012/08/11(土) 19:44:10.96 ID:GoSm2mdF
>>226
役割って、誰のための役割?

228 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 19:46:58.98 ID:GjHcPrd+
>>227
さあ?全体かな〜

229 :473:2012/08/11(土) 19:51:17.88 ID:l911R1Q7
>>224
心配無用。あなたが間違っている場合、あなたが何を言っても間違ってる。
amaさんもそれは同じ。
何を言ってもこめられている意味、印象は、その人自身のあり方が浮きでる。

仮にあなたが私に賛成しても、それはあなたの理解による賛成。それは私の述べていることと全く違うことだ。
あなたが変わらない限り、何一つ交わらない。

230 :473:2012/08/11(土) 19:55:42.62 ID:l911R1Q7
みなそれぞれの根拠があって判断する。

自身の根拠に同化して眠りこけていたら、他者に異なる根拠があるということを認知できず、
自分の根拠で他者を攻め立てることも起きるだろう。

自身の根拠、夢、妄想への自覚があれば、他者の根拠も少しずつ把握できてゆく。

だけど、本当に相手とコミュニケーションをとろうとしたら、こちらにとっての相手の心の動きではなく、
その人の実感を共有して共通の土俵でコミュニケーションをとらなければいけない。

それは私にもできなかったか、したくなかった。怠けたのだ。
自分のパターンを一度白紙にしない限り他者の主観を自己内部で再現するのは難しい。
自分の固定化した精神のパターンが他のパターンの構築を邪魔する。当たり前のことだ。
だが、それができて初めて他人を理解できたとは言える。

231 :ろん:2012/08/11(土) 19:56:18.65 ID:GoSm2mdF
>>228
じゃあ、あなたは全体のためになっている、と思っている、と言うことか?

232 :ろん:2012/08/11(土) 19:59:05.83 ID:GoSm2mdF
>>229
言ってることが意味不明、だいじょうぶか?

乱心したか? ww

>>230
悟りはただの相対主義か?

法と言うものが根拠だ、悟りが証明だ。

それがなければ全て妄想だ。。ww

233 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 20:00:18.94 ID:GjHcPrd+
>>231
そうだろうね〜、おれに限らず
それらがいなけりゃ、今という世界は成り立たないからね

234 :ろん:2012/08/11(土) 20:01:30.88 ID:GoSm2mdF
迷いとは妄想である、頭の中にだけあって、頭の外にないものだ。。

迷いとか悟りとか頭の外にあるか?

一元とか二元とか、脳内以外に存在するか?

自分がどうだとか他がどうだとか言う判断、頭の外にあるか?

と言うだけの話。。ww

235 :ろん:2012/08/11(土) 20:02:05.36 ID:GoSm2mdF
>>233
おまえがいなければ、世界は滅ぶとでも?

236 :ろん:2012/08/11(土) 20:04:12.91 ID:GoSm2mdF
自分には自分だけのお役目があるとか、自分にしかできんことがある、なんて甘い話じゃないよ、悟りは。。

自分要らん、用無し、の世界が悟り。。

だから、為すべきことなどないの。。w

自分が死んでも、3年もすれば忘れられてしまう、その世界が悟りだよ、自分いなくなって、用無しの世界。。

おれがおれがじゃないの。。

237 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 20:04:48.75 ID:GjHcPrd+
>>235
いや、今の話だよ、未来ではなく

238 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 20:09:10.12 ID:GjHcPrd+
>>236
勘違いしてるよ
草には草の役割があり、犬には犬の役割がある、空気には空気の役割があり、もちろんおれにもおれの役割がある
それらは、完璧に繋がっている
それが今だから、どれかが欠けることなんてないって言ってんだ
自分を特別視することを言ってるんじゃない

239 :ろん:2012/08/11(土) 20:12:01.28 ID:GoSm2mdF
思考内容とか理解が正しいか間違ってるか、なんて話じゃないのよ、悟りは。。

思考の外、理解の外。。

理解、見解、あったら全て妄想。。ww

自己の思考、理解、判断に固執したら、自我の迷執そのもの。。

迷いの上にさらに迷いの上塗りだわさ。。

240 :473:2012/08/11(土) 20:17:11.99 ID:l911R1Q7
>>232

その悟りを判断するのは相手です。
コミュニケーションは相手の認知構造が共有されていない限り起こりえません。

あなたがあるから法や悟りもあります。
あなたがなければ法や悟りもない。

法や悟りとあなたがいい、あなたが意味をこめている。
なのに、それが絶対の客観的真実とのたまう。


241 :ろん:2012/08/11(土) 20:17:14.77 ID:GoSm2mdF
>>238
どれかが欠けるなんてこと言ってるじゃん、>>233で。。

何か一つでもなけりゃ成り立たんのだろ。

完璧に繋がってるから何なんだ?

おれは道端の草と繋がっとるのか?

なんか妄想ちっくな話だな。。

かけがえのない命とか言い出しそうだ。。w

鯨殺すなとか言い出さないといいが。。w

242 :ろん:2012/08/11(土) 20:18:19.87 ID:GoSm2mdF
>>240
判断を超えたものを悟りと言う。。

あるいは判断しないのが悟り。。

判断するのは、妄想、迷い。。w

243 :ろん:2012/08/11(土) 20:20:15.97 ID:GoSm2mdF
>>240
法や悟りってのは、人間と関係なしにあるものだよ。。

人間がつくったものでも、得るものでもない。。

ところで、法や悟りって何よ。。

おまえなんもわかってないだろう。。

244 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 20:23:58.14 ID:GjHcPrd+
>>241
何を寝言言ってんだ〜w
完璧に繋がっているから、自分を切り離すことができないんだろ〜が

あんたの吐く二酸化炭素を吸って道端の草は生きてんだ
科学じゃねーかw

ちなみに、おれはシーシェパードじゃねえw

245 :473:2012/08/11(土) 20:27:05.98 ID:l911R1Q7
>>242
じゃあ、まあ、あなたとは何の関係もないものですね。
>>243
ろんのいうところの、法や悟り?
主観がなんか客観のように感じる体験する。主観が主観と関係なしに在るものとふれたと錯覚する。
ろんの主観が自分は客観的だと言い張るための妄想として機能してますね。
(でも、これは外から見た動きであり、ろんさんの主観ではない)

それと、基本的に悟りに近いほうが相手の立場に立て、歩み寄るゆとりがあります。
結局相手の主観、実感と共通するものがないとコミュニケート取れないし、何も与えることはできない。
それができないということは私は未熟ですしその他の人も言わずもがなです。

246 :ろん:2012/08/11(土) 20:29:24.65 ID:GoSm2mdF
>>244
いや、おれが二酸化炭素吐かなくたって、草は生きるだろう。。

おれが死んだら、草が死ぬのが科学なのか?

どっちが寝言かわからんな。。w

シーシェパードにいそうなやつだ。。ww

247 :473:2012/08/11(土) 20:31:05.17 ID:l911R1Q7
主観がなんか客観のように感じる体験する。主観が主観と関係なしに在るものとふれたと錯覚する。
主観は主観として働いているのに客観気取り。
自我は自我として昔と全く変わらず活動しているのに非我気取り。

これがずっと言ってることですね。
これに嵌っているってるテンプレートのような書き込みが多かった。
amaさんから始まっていろいろ、多彩なようで、ここだけは同じ。

248 :ろん:2012/08/11(土) 20:32:16.82 ID:GoSm2mdF
>>245
法に触れたり触れなかったりなんてあるわけないだろう。。

なんもわかってないね、一昨日来なさい。。ww

主観とか客観とか関係ないし。。w

249 :473:2012/08/11(土) 20:35:49.58 ID:l911R1Q7
245続き。

悟った人が悟りを伝えようとしたら、相手の主観に共感し、共有できる主観から伝えてゆくほかない。
相手の主観がわからないと、意味不明といわれるか、誤解され利用される。

たとえ悟っていても他者の主観に共感できなければ、その他者にとってその悟った人は存在しないも同然。
結局、ここが、悟りを実践的に証する。
自分の考え方に閉じこもって相手を理解できないうちは悟っていないし、悟っていても実質他者にとって悟りはない。伝えられない。

これについては私もできない。悟っていないし。

私は精神、心理一般について論じるが、ある主観にとってのひとつの心理法則は、
他の主観にとっての同様の心理法則と違うように感じられる。
私は断片である思考や心理法則を扱うのがやっとで、各々の自我、主観を扱うなどとてもできない。

250 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 20:37:01.82 ID:GjHcPrd+
>>246
いやいや、極論すぎだろw
世界が繋がってる理由なだけで、あんたがいなくたって草は育つw
そらそーだw

何かが欠けたら今が成り立たないって言ってんだよ
世界は違う形で成り立つだろ〜

その二つをごっちゃにするから、訳わかんなくなってるじゃねーか〜

251 :473:2012/08/11(土) 20:37:09.54 ID:l911R1Q7
>>248
で、
あなたの判断と、法となんの関係が?


252 :ろん:2012/08/11(土) 20:40:28.89 ID:GoSm2mdF
>>249
だから、悟った人ならこうするだろうって、なんでお前にわかるんだ?www

100パーセント妄想。。wwww

253 :ろん:2012/08/11(土) 20:42:22.08 ID:GoSm2mdF
>>250
だから、なんなの?

何かが欠けたら違う形で成り立つ。そりゃそうだろう。。ww

結局お前は何が言いたいんだ?

結局すべてが特別でかけがえがない、だから俺も特別だ、これでいいんか?

254 :473:2012/08/11(土) 20:42:23.89 ID:l911R1Q7
249続き。

しかし、これも同じ夢を見てるだけなのを相手を理解していると混同する恐れがある。
一緒に白昼夢を見てるのを悟りと見誤り、他の夢や真実を狂気と見誤る。

おお、悟りを開いた人はそんな精神の錯綜する人類の中、独り自由に生きる。


255 :ろん:2012/08/11(土) 20:43:53.45 ID:GoSm2mdF
>>251
だから、法って何なの?

256 :ろん:2012/08/11(土) 20:44:45.67 ID:GoSm2mdF
>>254
だから、悟りって何なんだよ?

257 :473:2012/08/11(土) 20:46:41.61 ID:l911R1Q7
>>252

そうしないと既知外扱いか、誤解され利用される。

そうしないと、悟りは伝わらない。

実質いないようなもの。

そうしない人は役に立たないし、そうしない人は、そもそもなにもしないだろうね。無意味なことはしないだろうから。


それと
>>240
判断を超えたものを悟りと言う。。

あるいは判断しないのが悟り。。

判断するのは、妄想、迷い。。w

これあなたと何の関係があるんですか?あなたには無縁でしょう。その振る舞いを、その判断の数を見る限り。

258 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 20:47:52.07 ID:GjHcPrd+
>>253
全部が特別だったら、おれが特別になれね〜じゃねーか…

ま、いっか、そんなとこだw

259 :473:2012/08/11(土) 20:50:06.42 ID:l911R1Q7
判断を超えたものを悟りと聞きます。

あるいは判断しないのが悟りであるかもしれません。

判断するのは、妄想であり迷いです。


それゆえに、悟りは未知の、不可知の象徴ではないでしょうか。


260 :ろん:2012/08/11(土) 20:50:15.05 ID:GoSm2mdF
>>257
悟りなんて、言葉とか態度では伝わらんものだよ。。

悟ったものにしかわからないから、仏が仏に伝えるしかない。。

人が人に伝えるのではなく、人以外によって、伝達される。。

人の役にも立たない。。

仏のため、法のためにあるもの、人のためにあるに非ず。。

唯仏与仏、法華経、道元さんの言っている通り。。

>これはあなたと何の関係があるんですか?

関係がない。

おまえに関係がある。。ww

261 :473:2012/08/11(土) 20:52:28.06 ID:l911R1Q7
国語力がないというか、自分に都合のいいように受け取るというか。笑わせてもらえますね。

>>240
判断を超えたものを悟りと言う。。

あるいは判断しないのが悟り。。

判断するのは、妄想、迷い。。w

この悟りがあなたと何の関係があるんですか?あなたには無縁でしょう。その振る舞いを、その判断の数を見る限り。

262 :ろん:2012/08/11(土) 20:52:43.99 ID:GoSm2mdF
>>259
未知でも不可知でもないんだよ。。ww

わかったと言ったら、30棒。。

わからんと言っても30棒。。

町野さんのブログにも合った通り。。ww

263 :ろん:2012/08/11(土) 20:54:18.11 ID:GoSm2mdF
>>261
あっはっは、だから、法とは僕の振る舞いなんぞとか関係ないところにあるの。。

おれが何をするかなんて関係ない。。ww

それが法と言うもの。。

264 :473:2012/08/11(土) 20:54:35.52 ID:l911R1Q7
>>260

いや、混乱や葛藤や投影があるとそれが伝わるので、それがないという特徴なき特徴があるでしょうね。

265 :473:2012/08/11(土) 20:55:41.96 ID:l911R1Q7
>>240
判断を超えたものを悟りと言う。。

あるいは判断しないのが悟り。。

判断するのは、妄想、迷い。。w

この悟りがあなたと何の関係があるんですか?あなたには無縁でしょう。

その判断の数を見る限り

266 :ろん:2012/08/11(土) 20:56:47.40 ID:GoSm2mdF
>>264
ちがうよ、妄想だ。。

凡夫と別の特別な存在を妄想してるんだよ、あんたは。。

267 :ろん:2012/08/11(土) 20:58:14.49 ID:GoSm2mdF
>>265
だから、人格、振る舞いとは何の関係もないのよ、法も悟りも。。

それしか見てない、それを見て判断、妄想しまくってる=473ということ。。

268 :473:2012/08/11(土) 20:58:27.51 ID:l911R1Q7
>>240
判断を超えたものを悟りと言う。。

だが、だれもが判断の中で生きている。
自分の判断に眠りこけなければ、他の判断も見えてくる。

269 :ろん:2012/08/11(土) 20:59:31.81 ID:GoSm2mdF
>>258
おまえと言うものは存在しないということね、おまえの頭の外には。。

270 :ろん:2012/08/11(土) 21:00:32.97 ID:GoSm2mdF
>>268
うっふっふ、判断もないんだよ。。

わかる?

271 :473:2012/08/11(土) 21:01:46.13 ID:l911R1Q7
人格、振る舞いと
迷いには大きな関連性がある。それは不可分だ。

272 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 21:03:01.64 ID:xuOi4oPA
人の振り見てわが振り治せ。

273 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 21:05:20.01 ID:xuOi4oPA
しかし、万有引力の法則は誰が言おうとそのとおりだ。
知ったり知らなかったりすることでリンゴ宙に浮いたりすることはない。

274 :473:2012/08/11(土) 21:07:11.14 ID:l911R1Q7
>>267

法や悟りは、わざわざ誤解されるように表現はしない。
あなたの振る舞いに法や悟りを見出すことは無理だ。

法や悟りを宿したほうが妥協するしかない。
無知な側には期待できない。

275 :ろん:2012/08/11(土) 21:07:16.84 ID:GoSm2mdF
>>271
だから、それ、おまえの思い込み以外でなんなんだ?

悟った人はこうであるに違いないと。。ww

それだけだろう、おまえの妄想宇宙の中だけでの話。。w

276 :ろん:2012/08/11(土) 21:08:25.30 ID:GoSm2mdF
>>274
だから、法や悟りって何なのさ? ww

その根本が妄想だから、話が通じないんだと、何度言ったことか。。w

277 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 21:11:16.03 ID:xuOi4oPA
信用させるためには一般人の聖人のイメージに合わせるしかない。
しかし、一般人は聖人のことについてはイメージだけしかもっていない。
布教のためにプロは俗人向けのテクニックを磨くことがある。

278 :473:2012/08/11(土) 21:13:31.04 ID:l911R1Q7

「だから、人格、振る舞いとは何の関係もないのよ、法も悟りも。」


なるほどね。
これは一神、多神教のマインドだ。
自身の実際の意識無意識の精神の動きとは全く関係のない概念にすがり現実逃避する。
人格振る舞いは悟りとは関係がない。美しい瞑想のスートラだ。賞賛して止まない。

しかし、人格振る舞いは、あなたと関係があり、あなたそのものなのだ。
悟りはあなたと全く関係がない。

信仰していれば救われるというのと構造が似ている。
自身のあり方とかけ離れたものを信仰している。


議論は果てがない。むしろ、自我のトリックは強まるばかり。(悪いことをした)
人はいつか疲れ果て、全体に頭をたれる。
その時宗教性は始まる。

279 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 21:20:05.58 ID:xuOi4oPA
万有引力は信仰しろなどというだろうか?
太陽は感謝されることを望んでいるだろうか?
人と神との契約による一神教とは違うんです。

280 :473:2012/08/11(土) 21:43:59.97 ID:l911R1Q7
>>278補足
≫しかし、人格振る舞いは、あなたと関係があり、あなたそのものなのだ。
悟りはあなたと全く関係がない。

人格や振る舞いがその人そのものなのは、人が無意識に囚われて特有の夢の中に閉じこもっているからです。

そうでなければ、悟りとの障害はなく、その悟った人には人格はなく流れるような生があり苦闘はないでしょう。

心ひとつで全てをつくる、というよう、世界の認知はもちろん、人格や振る舞いもその人の心が作り出すものです。

しかし、例外として
心を静めて平安を見出したブッダは、無心であるがゆえに、その囚われぬ無人格と振る舞いはその無心と無関係のようです。


281 :ベゲザン:2012/08/11(土) 22:01:41.93 ID:5GzI8hoX
人格や振る舞いはその人のそのときの状態を顕す。人は多かれ少なかれ無意識の現われを自覚している。
悟りは障害ではなく究極のあり方そのもの。「悟った人」なぞいても間違ったことをすれば非難を浴びるだろう。
 心一つであなたの世界は表象化される。結果として人格や振る舞いも変ってくる。
例外は世に常にあるがわれわれの関知しないところであるが、変った人たちは気になる日常をしている。
関心を覚まされるひともいるが、だいたいは苦闘にあえいでいる。価値をひっくり返して自己安定を図ろうとするが、
やがて何かを契機に面にでてくる。そこで多くは諦めるが自らの狂気をひっくり返し人を説得するやからも少数いる。


282 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 22:04:37.89 ID:xuOi4oPA
一度心の作り出した世界を失い去る必要がある。
故にブッダは「全ては虚妄である」と説かれた。
しかる後に自分で作り出してない世界を直に見ればよい。

283 :ベゲザン:2012/08/11(土) 22:24:15.84 ID:5GzI8hoX
>>276
妄想は固定観念という言葉と類縁だとおもいます。
476は心性において自分は良だという固定観念があって故に
関心をもたれていると考えています。凡夫の妄想がその嫉妬ゆえにむかってくる
とこのことを投影ということばで顕しそれを解体してあげているという物語の
主人公としてこういったところに登場しているのです。

284 :ろん:2012/08/11(土) 22:25:36.95 ID:GoSm2mdF
人格もなく、振る舞いもなく、行為もなく、無意識もない。。

迷ったものの目にのみ映る。。w

285 :ろん:2012/08/11(土) 22:29:00.42 ID:GoSm2mdF
>>283
自分が凝り固まって、閉じ込められてんのに、人に何か教えてやってるつもりだから、お笑いだな。。

286 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 23:09:17.84 ID:BbmKPKeb
絶対神にそっくりな人がいるよ。476さんって人。
遊んでみたらいいよ。同族嫌悪だと思うけど。

Osho,クリシュナムルティ,グルジェフetc.
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1344146189/

287 :神も仏も名無しさん:2012/08/11(土) 23:10:59.22 ID:BbmKPKeb
あ、逆になってしまったw
誤爆すみませんw

288 :473:2012/08/11(土) 23:36:07.09 ID:l911R1Q7
>>151>>278続き

人は自分に嘘をついていかなければ生きてゆけない。
それは本質的に人間は全体性であり、そのつながりがハートに、良心にあり、
良心は自己中心的な在り方に痛みを覚えるからだとグルジェフは言います。
人は自らの良心を眠らすため、偽りの良いイメージを持つ必要があります。

そして、人は自分を美化した分と同じ分だけ他者を悪く見ることになります。
その認知の相対性が思考故なのでしょう。
なにかであることは、他者の認知を捻じ曲げませんが、自分が何かであると「思う」ことは、
他者がそっくりそのままそれではないと思うことと同一の現象のようです。
人は集まって互いを認め合うこともありますが、その場合、仮想敵のグループへの憎しみで集まります。

それゆえに、あなたは道行く人に非難されるでしょう。
何か問題があれば強く非難されるでしょう。
何の問題もなくても非難されるでしょう。
他者に戒めることを自分自身は事実上やっている普通の人々のその、そうせざるをえない振る舞いの邪魔をすれば最高に非難されるでしょう。

人の自己欺瞞の数だけ、人は架空のあなたを作ります。それは美しかったり、醜かったり。
でもそれは生の源泉にはなりません。

289 :カリスマ大好き!:2012/08/12(日) 01:36:45.17 ID:7AuZvWnC
グルジェフは言います。
Oshoは言います。
クリシュナムルティは言います。
だから正しいです。
その根拠は彼らの話す言葉は不思議な響きがあるからです。
悟った人は凡庸な話し方はしません。
その根拠は私が本を読んでそう思ったからです。

290 :ベゲザン:2012/08/12(日) 04:05:45.11 ID:Px51Yq6b
>>288
あなたの文章そのものが自己欺瞞でしょう。
一人ひとり生存するため悪戦苦闘しているのが人間の姿ですから。
一般論を述べるのは簡単なんですよ。よくグルというのは指揮者、将軍を
きどりますが、簡単に人は見抜きます。単に指揮者の生きる為であった言葉を
凡俗にかえるのはありふれています。ホンモノのエッセンスは本の中にありません。
それでもきちんと蔵書は整理するべきでしょう。役にたたないからです。
あなたの言葉に生が息づく日までいくらかかるのでしょうか。ネットではなにも興りません。
大活躍でございますね。まるで自己欺瞞の実況中継。精神世界であっても典拠はしっかりした
ほうが身のためではございませんか?

291 :神も仏も名無しさん:2012/08/12(日) 07:34:22.43 ID:7m6ve07E
>>203
なんだよおまえ帰ったんじゃねーのかよ。
いつまで粘着してんだよ。 することねーのかよ。
普通、家の用事とかあるだろ? もしかして夏休みのガキか?
大津の批判も同じ原理だ〜? おまえ本当の頭おかしいやつだな。
おまえの家族が自殺してみりゃわかるんか。
みんな共感してるから批判してんだろうが。
おまえそれ本気でいってたらかなりヤバいぞリアルでも。
おまえさ〜 ネットで怖いとか何いってるわけ?w 笑わすなよ。
>>204
誰が馬だよ じゃあおまえは鹿か? なに突然意味不明なこといってんだよ。
>>207
はぁ?なんでオレが馬のまねしなくちゃならねーの?w
おまえ真性のキチガイだな。 とっとと、病院いってしばらく入院してこい。
>>211
おまえさ〜そうやって人に言われたことまともに聞いたことねーんだろ?w 痛々しいな。
いじめてわるかったがな、おまえの爆発てのは本気でなんもねーわ。別になんか変わったわけじゃないだろ?
むしろお前それのおかげで感じ悪いやつになってるからな。
オレだけこのオモチャもってる〜!って自慢してるガキみてーだぞ。
大人気ないからやめとけよ。


292 :千手千眼観音:2012/08/12(日) 09:05:19.36 ID:lddUy//9
日々の修行これを悟りという!
修行から離れて信念体系を構築することもある!
その二元性の中に浸ればやがては菩薩は永遠に・・・

293 :473:2012/08/12(日) 12:18:28.38 ID:dQNonftk
>>289
その響きはあなたの生の源泉に響き渡るでしょう。
彼らはあなたがあなた自身に還るように導きます。


>>292
自然体でいれば、かつその時その時全一であれば、昼と夜は対立せず補い合うようです。

>>290
言い返せなくなるたびに、ただ押し黙って、自説を訂正したりもしくは無自覚な行為の指摘に感謝することもなく、
また次の断定的主張とレッテル張りをあなたは再開する。
そんなあなたが私についてなにか現実的な指摘をすることなどはない。
あなたの指摘は誇張されているし、それはあなた自身の前述の振る舞いの投影に過ぎない。

あなたの指摘と同じ事を私自身に述べている。しかし、同じような文言でも、指摘する人の数だけ473の像がある。


だが、時として私の精神はそれに影響される。
人から投げかけられたイメージに喜び、怒る。
その偽りの中心、自我に目覚め、生の源泉を見出せとグルジェフは言います。
またそれは困難なことであるとも言います。

偽りの中心に活動させては、気をとられて生の源泉を見失ってはいけない。
その偽りの各々の中心、自我を見つめることが瞑想であり、実践的なところです。
気にすまいと信念で思っていることを各思考はあっさり気にします。
そもそも気にするがゆえの、気にすまいという信念なのでしょう。

各々が、各々の他者からの賞賛や批判への執着という思考に目覚める。
これが最も実践的な核です。
一般論はその導入部、添え物です。


294 :神も仏も名無しさん:2012/08/12(日) 12:24:58.38 ID:DmuP6V6K
>>151
>自らをうまく偽る人が尊敬されるというあるがままの事実をうけとめられないで、
>ありふれた事象に腹を立てて挑む。

それは嫉妬だね。
嫉妬は人をとても盲目にする。
あらゆる言葉を悪意で捩曲げるからね。
それはとても自己破壊的な心理状態だよ。

295 :神も仏も名無しさん:2012/08/12(日) 12:55:15.01 ID:WkFRNPm8
めにうつる ものに とらはれること なかれ

296 :神も仏も名無しさん:2012/08/12(日) 13:13:48.50 ID:WkFRNPm8
みくさのたからはひとにやどるものぞ
あやわそれぞれにうへつけてあるわのう
もうにとらはれておるからわからんのざ
おおきこころでみてくだされよ
れんげのはなさくぞ

297 :神も仏も名無しさん:2012/08/12(日) 13:14:53.32 ID:7m6ve07E
てかさやっぱ473でただのバカだろ。
難しい言い回し使ってごまかしてんだぜ。
なんか書いてることも本の書き写しみたいじゃね?
ノスのがもしかしたらちょっと賢いかもな。
いやどっこいどっこいか。

298 :神も仏も名無しさん:2012/08/12(日) 13:18:29.82 ID:7m6ve07E
自分もグルナビだかコショーだか知らんけど
それにあこがれて似たような言い回しして喜んでるただのガキじゃねーか?

299 :ろん:2012/08/12(日) 15:05:25.13 ID:fkD0MC+A
>>293
そういう気取った文体、文語調で2ちゃんねらーやってること自体、自己欺瞞。。
頭悪いのによさそうに振る舞い、適切な指摘をレッテル貼りと断定して否定する、その繰り返し。。ww
何言われてもわからないバカ。。
ここに言い訳、自分語り、他の批判を書くことを止められないことが、自己欺瞞そのもの。。

生の源泉に還りたかったら、黙って冥想でもしてろよ。。

嘘にウソを重ねて、自分を偽り、他を否定せずにいられない、個々に書き続けることそのものが病気だって気付かないんだろうか?

覚醒覚醒と言うが、自分の文章、思考、マスターの言ってること、に騙され、酔っぱらってるうちは無意識、妄想そのものだぜ。。

覚醒ってのは、思考、論理に意味がないと気づくことなんだから。。
思考対象が在るように思うのが間違いだから、それをゴチャゴチャ妄想するのはもっと間違い。。

300 :ろん:2012/08/12(日) 15:08:00.90 ID:fkD0MC+A
>>298
何度もそう指摘されて、まったくその通りなんだが、言われてもわからんのよ・・病気だから。。w

301 :ベゲザン:2012/08/12(日) 17:06:44.60 ID:Px51Yq6b
>>293
よくいいものは良く言われたり悪く言われたりする。w
心配することない。w
怒りはある程度、原動力になるな。ただし偏狭な原動力にすぎない。
あとで後悔することが多い。それに加え
嫉妬は本能的なもので毒刺であるから抜くのに苦労するのに比べ
妄想は鎮めるのにたやすいはずだ。本当は自己で工夫できたらいいんだろうけど。
押して知るべきものもある。医者以外に病気いわれるなんていやだろ。俺医者にも特に
いわれないよ。見立てはあるけどw。


302 :ベゲザン:2012/08/12(日) 17:33:22.07 ID:Px51Yq6b
473はできないことをやろうとする勇気がある。
例えば英語にはちゃんとした覚え方があって我武者羅にやっても身につかないそうだ。
それと似てるんじゃないか。そもそもニューエイジ?なるものがどういうものか
下調べして先を見越して尚且つそれゆえに大目に見れる。そういうスタンスがないと
やってられない世界だとおもうけど・・・473にはどうなんだろうね。
伝統仏教はアスリートみたいだけどね。ボクの英語よりはずっとましだね。
Good luck for Mr.too shy shy boy.Do you like too fresh coffee

303 :神も仏も名無しさん:2012/08/12(日) 17:45:36.43 ID:cytXqCQA
>>297
ノスはただの病気だから治る可能性はあるが、
473は誤った信念を持って固まってしまったからもう気づくこともないだろう

304 :神も仏も名無しさん:2012/08/12(日) 21:05:11.25 ID:7m6ve07E
どうかな〜。 オレはそうは思わんけどな〜。
人は変われるだろ〜。
ノスは病気だったのかやっぱ。 こっちのが根が深い分、治療が遅れることあるだろ。
473は気づけばいいだけの話。
あんま考えごとばっかせずに現実に手足とか全身つかって、
そうだな〜 スポーツとかいいけどなぁ〜。 散歩でもいいかな。
そいえば白痴とかって心配してたからな。
バカゆえのコンプレックスだろうけど心配せんでもバカにはならんだろ。
信念なんて簡単に消し飛ぶだろ 気づけば。

305 :473:2012/08/12(日) 22:14:04.84 ID:dQNonftk
>>33続き

自分の場合は基本的になるべく安価に最低限の快楽を手に入れる方法を知りたい。
なるべく楽にお金を稼ぎたい。
なるべく世界がうまくまわるにはどうすればいいか。

快楽のため、お金のため、生存のため、理想のため、あらゆる分野における最適解を考え続けてしまう。
特に生存維持と金銭への最適解を考え続けるという基礎的な傾向がある。

それがあるがままなのだから、そうであるし、、

やめることができる。

やってないことはやめられないが、やり続けていることは休むこともできる。
どうせ金のことばっかり考えているのだからちょっとぐらい完全に忘れても大丈夫だ。

いつもうごいているところがとまれば、別の回路が動き出す。

こういう自分の精神の基本的な構造での葛藤に耐えられないから、他者の賞賛や批判への好悪に逃げ込んでしまう。
逆に、他者の賞賛や批判から自由になれば、大いなる生の源泉に近づくが、あるがままの自分とも直面する。

ひとりのちっぽけな人間、ありふれた欲望。
それが自分だし、それに目覚めればそれがそのまま、、。

306 :473:2012/08/12(日) 22:16:31.35 ID:dQNonftk
「原初の投影の構造」

人の無意識にはにはあらゆる他者の、ああいろこうしろという声や、非難の声があります。
人はそれゆえに、苦悩し、葛藤します。そして、それと闘おうともします。

そう。その戦いが外界に投影されます。
人は他者に批判されたとき、無意識にある全ての自己への批判の声を投影し深刻にとります。
また、自身の中にある他者の声と戦っているがゆえに、外界の他者の声にも過敏反応して戦ってしまいます。
(戦って勝てば敵は消えると錯覚しがちなのですが、本当の敵は外界の他人ではなく自身の無意識なので
決して敵は消え去らず永遠に戦うことになります。)
これが自己投影とはまた別の、原初的な投影の構造です。
これに対峙する程度の意識や良心があれば、心優しい人、公正な人でしょうし、この葛藤に覚めるだけの意識や良心がなければ、
自己投影の世界に落ちてしまうというわけです。

あくまで問題は無意識にある無数の他者の声が活動していることであり、
他者からの自己投影を深刻に取るのも、他者からの自己投影と戦うのもこの内部の構図があってのものです。
そして他者の言葉を真に受けても、他者と戦っても、この構造自体に気づく妨げになります。

自分の中に他人がいる以上、外界にも他人はいます。しかし、、内部にそれがなければ?
この先は概念にするのではなく各自見出し、それを生きることで表現することなのでしょう。

そういう無意識の無数の他人の声を静めた人は、外界の他者の要求を理解しつつ、かつそれに影響を受けないでしょう。
似ているようでシャットアウトして影響を受けない人は狂気に閉じこもっている人間です。
狂人と覚醒者はある意味に似ているのが紛らわしい。

307 :473:2012/08/12(日) 22:17:18.26 ID:dQNonftk

内部にある他者の声の死は、自我の死に他なりません。それを消すことはできないのです。
内部の他者の声、そして外部の他人の像の消滅も、それは自身の死であり、方法論を使う主体が静まらなければそれは起こりえません。
私自身が他者の声であり矛盾なのです。

もともとひとつであるものが2つに分かたれたら苦しいでしょう。痛いでしょう。
痛みを避け、安息を求める主体。
しかし主体と客体が分かれているということそのものがが、ひとつなるものである私達自身にとって痛みであるかもしれません。
私は苦しみと痛みでしかない。ひとつなるものであることが本性ならそれは自然なこと、痛みは祝福さるべきことかもしれません。


308 :473:2012/08/12(日) 22:23:25.90 ID:dQNonftk
306の前に当たります。305の補足記事です。


「自己投影」

今まで473が語ってきた投影はいわば自己投影であり、より無意識で、より粗雑なものです。

自己投影は自身の言動、行動、欲望、感情などを認知せず、責任を取らず、自己との接触を絶って、
自己にあるものを他者に投影することです。

そして、自己投影のメカニズムを描写したのは自己投影をする人のためではありません。
基本的にそれをする無意識な人がそれを理解するのは不可能ですから、全く別のルートで、つまり人生の辛酸において徐々に目覚めてゆくのでしょう。
タオでいう、下士。無責任で、攻撃的な人たち。やさしさ、温かみのない人たち。
基本的に宗教は彼らのために全く役に立ちません。笑われるか、彼らの自己正当化に利用されるかです。
世間において、タオでいう普通の気骨を持つ人間に育っていなければなりません。世間でやるべきことが終わっていないと宗教には入れないのです。
彼らに必要なのは宗教ではなく、生活において自身の言動を覚え、他者に責任転嫁しないということです。
しかし、世間では無責任であり攻撃的であるほうが成功するという成功のルートもあり、その方向性に進むと宗教から離れるばかりです。
世間で、宗教の方向につながる成熟を経ている必要があります。

自己投影をあまりしない、比較的意識的で、良心のある、やさしい人々に、世の中で横行する自己投影のメカニズムを提示しました。
それはそれに影響されない自衛策としてです。
タオでいう中士はある程度の意識や良心はあれど、精神を見通す覚醒があるわけではありません。それゆえに下士を客観的に見抜くことはできません。
それゆえに自己投影のメカニズムを理屈としてでも捉えておくことは助けになります。
結局は覚醒においてそれをあるがままに認識することにしか解放はありません。


309 :ろん:2012/08/12(日) 23:19:41.28 ID:fkD0MC+A
2ちゃんは対話の場。。

独り長文連騰アラシは、ブログかなんかでやれ。。w

310 :神も仏も名無しさん:2012/08/12(日) 23:25:53.00 ID:DAjVi6ws
まあでもここはもともと473の長文垂れ流し用に立てたスレでもあるんでしょw

311 :ろん:2012/08/12(日) 23:50:50.18 ID:fkD0MC+A
ま、隔離病棟みたいなもんだな。。w

312 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 00:02:20.13 ID:wwJXd9LM
自己投影なんて宗教に縁もゆかりもない言葉を使って何を言いたいんだかw

313 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 01:02:59.77 ID:Ng7is2MO
え、宗教ってなんなの?
ここって、宗教なの?

314 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 01:05:39.48 ID:Ng7is2MO
ってか、2ちゃんで宗教とか、はやんないでしょwww

315 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 01:14:28.60 ID:wwJXd9LM
>>313-314
>ここって、宗教なの
そうだよw

>はやんないでしょwww
そうでもないよw

316 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 01:18:26.16 ID:wwJXd9LM
Osho,クリシュナムルティ,グルジェフetc.

こいつらが宗教じゃなかったら何だと思ってたんだ
てか、そっちの方が聞いてみたいw

317 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 01:21:43.18 ID:Ng7is2MO
宗教ってなに?www
お盆の暇つぶし〜?www

318 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 01:31:43.91 ID:w4eXOfl+
>>313
心と宗教板ですがなにかwwwwwwwwwwww

319 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 01:37:38.37 ID:wwJXd9LM
やっとここにも夏が来たかw

320 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 01:39:42.92 ID:Ng7is2MO
ってか、アホがえらそーに語ってるだけじゃんwww
くらそ〜www
おじゃましましたー

321 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 02:04:38.64 ID:F09Rw8MK
>>473
で? 結局何がいいてぇんだ?
長すぎてなにが言いたいかようわからんぞ。
宗教の分かる優しく接してくれる人募集て書いたんか?

322 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 02:12:39.01 ID:F09Rw8MK
おまえさ、そんだけ次から次へと言葉が湧いてきてんのか書き写してんのか知らんけど、掃除とか料理でもいいけど家事してるか?
してないなら甘えてるだけだぞ。
別にプロ級にやる必要ねえけど、
部屋とっちらかってるわ台所はカビだらけにしてんだったらちゃんちゃらおかしいぞ。
今時、小学生でも家事手伝いするからな。
ちゃんとある程度片づいてるならいいけどよ。
そんだけ思考に依存してるからひょっとしてと思ってさ。
で、ちゃんと片づけとか自分でしてるか?


323 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 02:22:38.87 ID:F09Rw8MK
おれが言いてえのはな、もっとするべきことあんじゃねーかてことだ。
別に思考を無理して止めろとは言わねーけど、
お前それじゃーさっき湧いてた夏厨となんら変わらねーぞ。
その辺の最低限の現実ほったらかして甘えた事書いてんだったらまず掃除しろてこった。
あとお前、楽して金欲しいとかほざいてたけどまさか賭けごとみたいなことしてねーよな?
本人の勝手だほっとけてんならいいけど、
もしそうなら身滅ぼすからやめとけよ。
俺の連れは株だかSXだか知らねーけど、それで2000万くらい行かれていま昼夜も働いてるわ。
バカが欲かいたからそういう事になったんだな。


324 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 03:06:29.58 ID:cwxuBdQc
こんな板もある。

夢・独り言@2ch掲示板
http://kohada.2ch.net/yume/

325 :473:2012/08/13(月) 16:04:35.27 ID:I4iINOKd
宗教は行為の放擲ではなく思考の放擲を提示する。

思考は混乱し葛藤する精神が頼る、直感や無心や動機なき行為の代用品。
葛藤があれば思考に頼らざるを得ないが、葛藤がなければ思考を使うことができる。

考えることが自身を限定する。
考えることをやめれば直ちにほかの可能性が花開く。
意識していなければ、最初に出てくるのは生の源泉ではなく、あたらしい誘惑、悪魔なので注意が必要だけど。

考えることをやめる方法はありません。
それはひとえに自覚の問題です。

326 :473:2012/08/13(月) 16:08:32.97 ID:I4iINOKd
思考は混乱し葛藤する精神が頼る、直感や無心や動機なき行為の代用品。
葛藤があれば思考に頼らざるを得ないが、葛藤がなければ思考を使うことができる。

同じ思考でも思考に同化しているのか、同化せず覚醒しているかで、全く違うように感じられる。
前者は考えるということ、指針とするということ、後者は自身の指針とは無関係であり、ひとつの仮定として遊びとして2元性を使うだけのことであり、
そこに意味は見出されていない。

327 :473:2012/08/13(月) 16:13:13.98 ID:I4iINOKd
>>323

100円でも安く買い物をしようとすることや、
自身が望んでいないが割りのいい仕事を探すことや、
株やFXもそうですね。

それを望んでいる限り、私は金銭に動機付けられて、自身の可能性を抑圧しているというただそれだけの存在です。
死んだつもりでこの動機を手放せば別物になるのでしょうね。
その誘い、その声が聞こえないわけでもないですが、実際に手放して振り向かないという状態ではありません。

あらゆる形を取ります。
が、根本は計算や計画が好きだという性分です。
この根本がある限り、ひとつの事をやめても次のことに粘着してしまいます。

株も30年計画でシーゲル流の投資できっちり積み立てれば問題ないのですが、欲を抑えてそれに徹しきれる人は少数派のようです。
FX?それは単に戦場です。

328 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 19:49:02.58 ID:F09Rw8MK
>>327
え?

329 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 22:04:35.28 ID:F09Rw8MK
>>325-327

道は知にも非らず、不知にも非らず、知は是れ妄覚、不知は是れ無記。
若し至り得ば、廓然として明白、太虚の洞然としてものみな無きが如し。

330 :神も仏も名無しさん:2012/08/13(月) 22:08:38.51 ID:F09Rw8MK
まずはその握りしめてるものを放せ。


331 :安堂 ◆3LK.0gZrV2 :2012/08/14(火) 03:08:25.04 ID:2vGkQIxB
禁欲は無理にやらずともよい。
始めは無理にやっても、慣れれば意識しなくなる。
円満なる完成においては重要なことであるからして。

332 :神も仏も名無しさん:2012/08/14(火) 10:09:22.87 ID:0ZVuitVV
Osho はオカルトマニアだった
神智学協会の教義をかなり信じていた
キルリアン写真とかライヒのオルゴンボックスとかも
無条件で信じていた

333 :神も仏も名無しさん:2012/08/14(火) 14:34:00.53 ID:vRKZ53sG
>>amaスレの27
473はこっちには書き込もうとしない。
ここで書いたらろんにハメられたことになるからな。
あいつの自我はそれが我慢ならないはずだ。
あいつは最もらしいこと書いてるが中身は空っぽで要はamaスレを自分のログで埋めたいだけなんだよ。
たぶん統合失調症。しばらくあいつのレスを見てたら分かるよ。
だからできたらあっちではスルー推奨する。
書くならこっちで書けと持っていけばあいつは自分が縛った自我に自ら苦しめられる。
それはそもそも自分が作り出したもの。
スレ主のamaを追い出して有頂天になってるからなやつは。

334 :風名 ◆9lH1ccVj/6 :2012/08/14(火) 14:47:49.88 ID:PvLSfLQY
では始めよう

>批判というのは実にお手軽に自分が何者かだと思える方法です。

そうかもしれないね、ただ何を批判と受け取り、何を指摘と受け取るかは個人の器量によるだろうね。
ちなみに貴方は私のレスのどこに批判を感じたのかな?

335 :風名 ◆9lH1ccVj/6 :2012/08/14(火) 15:04:59.29 ID:PvLSfLQY
>批判の対象以上の創造、そして生きた対話、それこそが批判者の述べることが正しく
>批判の対象がどこかで行き詰まっていることの証明になります。

何故そう思うのだね?
その根拠は何だろう?
それは単に貴方が自分と話す相手に「こうあって欲しい」という願望ではないのかね?

336 :風名 ◆9lH1ccVj/6 :2012/08/14(火) 16:02:39.59 ID:PvLSfLQY
>創造も、生きた対話もできない、

創造や生きた対話を求めて2ちゃんに来ているのかね?
そんなマイルールを2ちゃんで押し通そうとしたらそりゃ軋轢を生むだろうね。
他人は貴方の内面の価値観や条件付けやマイルールに従う義務など微塵もないのだよ。

337 :風名 ◆9lH1ccVj/6 :2012/08/14(火) 16:50:02.59 ID:PvLSfLQY
>批判はできる。
言いがかりをつければいい。

言ったほうは指摘のつもり、言われたほうは批判ととる。
よくある話だね。
その落胆の背後には言葉で理解しあえるという期待があるのだろうね。
単純な誤解もあるだろうが。

338 :神も仏も名無しさん:2012/08/14(火) 17:17:02.30 ID:vRKZ53sG
な?4こっちには来ないだろ?w
俺の言った通りなんだよ。
あいつは既に自分が作り上げてしまった自我の罠にきづいてない。

339 :473:2012/08/14(火) 17:20:39.46 ID:LC1iiOTE
スレッド名に対応した真摯な質問があったら対応するかもしれません。
昔の延長はあちらで。

340 :神も仏も名無しさん:2012/08/14(火) 17:28:10.57 ID:vRKZ53sG
なーにがスレ名に対応しただよ!
どのツラ下げて言ってんだよ。

おまえ人が真剣に掃除してんのかどうか聞いても返事しねーだろうが。
だいたいなんだよ真摯て。
おまえの大好きな二元になってんじゃねーか。

341 :神も仏も名無しさん:2012/08/14(火) 17:31:25.43 ID:vRKZ53sG
おまえ聖人君子にでもなったつもりか知らねーが人の話聞かずにベラベラ持論展開してるだけじゃねーか。
そんなに投影とかてなが大事なら担いで現実に戻って周りに言えよバカ野郎。
現実では誰も相手してくれねーからここでタレ流してんだろうが。
とっくにみんなにバレてるぞ。

342 :風名 ◆9lH1ccVj/6 :2012/08/14(火) 17:52:30.46 ID:geO2Rj+3
>>338
>>339
アハハハ、見事に振られましたか。
まあamaスレがいろいろ良いのでしょうな。
いらぬ老婆心失礼いたしました。
ではご機嫌よう。

343 :神も仏も名無しさん:2012/08/14(火) 18:02:49.21 ID:vRKZ53sG
473はamaスレのが居心地いいんだろうな。
だがな、あそこが16から現スレの17になるまで空白が生まれたんだよ。
それはなんでかっていうとみんなもう473の心身症の長文見たくねんだよ。
だから誰も立てなかったんだよ。

344 :ろん:2012/08/14(火) 20:55:24.97 ID:9YG6PdIV
>>343
明らかに病的な文章だからな。。w

怨念と妄執と必死の自己アピールww

敏感な人は気分が悪くなるだろう。。

文字通りに汚染してるんだよ、あっちのスレを。。

345 :神も仏も名無しさん:2012/08/14(火) 22:22:34.10 ID:kz9nZvOD
>>344
473のは病人の文章じゃないな
でも、狂信者の文章ではある
なんかびっくり体験でもして思い込んじゃったんだろう
あはと同類だw

346 :ろん:2012/08/15(水) 03:35:03.60 ID:iyQzgMY1
ま、カルト信者、オウムの人と変わらんな。。

自我が肥大化したイカサマ師を信じると自分もそうなっちまうんだろう。。w

どうしてあそこまで盲信できるか不思議だけど。。w

347 :神も仏も名無しさん:2012/08/15(水) 08:39:47.84 ID:uWTHY6+w
>>346
おまえなにしにこっちとあっちのスレ立てたんだ?
オモチャ二つ与えたみたいなもんじゃねーか?

348 :ろん:2012/08/15(水) 08:54:57.39 ID:iyQzgMY1
公開オナニー場がふたつww

349 :風名 ◆9lH1ccVj/6 :2012/08/15(水) 13:00:23.99 ID:ZJWFTHAW
>>339
>スレッド名に対応した真摯な質問があったら対応するかもしれません。

>いつも特定のもしくは不特定の他者を批判したり、他者は無知であるとほのめかし、自分こそ例外であり知るものであると表明する。
そういう人は偽りを好む。

350 :神も仏も名無しさん:2012/08/15(水) 21:26:26.06 ID:uWTHY6+w
>>349
こっちはもう捨てたほうがいいよ。
こっちスレ立てたやつが捨ててるからね。
何がしたいんだか。

351 :風名 ◆9lH1ccVj/6 :2012/08/15(水) 22:40:15.73 ID:ZJWFTHAW
>>350
承知した。

352 ::2012/08/16(木) 01:28:10.87 ID:+GMp7V39
簡単に見えてこない、この世の勢力は人に対して、「全っき人間であるな、部品(パーツ)であれ」と人の精神を搾取しているのだ。

353 :神も仏も名無しさん:2012/08/16(木) 04:35:58.00 ID:+GMp7V39
占い師に金払って見てもらうレベル。

無様だ。

354 :ろん:2012/08/16(木) 11:47:48.66 ID:T0I3/119
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1344146189/

ほら見てみろ。。
おれがスレ立てたせいで、473が戻ってきたことに非難轟轟。。ww

473がまともで、いいこと言ってるとか誰も思ってないのよ。。ww

たいていの人が理解できる、無我と言う概念も理解できんし、オショーコショーを盲信して光明がどうたら妄想しまくりだし、誰も読みたいくないんだよ。。ww



355 :ろん:2012/08/16(木) 11:48:53.05 ID:T0I3/119
>>354
間違えた、誤爆。。
あっちに書きたかった。。

356 :神も仏も名無しさん:2012/08/16(木) 12:05:09.28 ID:YV3j8eOM
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

357 :ろん:2012/08/20(月) 07:52:12.37 ID:5zHlck/p
まあほんとに悟ってたら、あーだこーだ長々と屁理屈言わん。。

基本的に長々と語るやつは悟ってないんだろうな。。

空の一語でいい、平常心でもいい、自己を忘じるでいい、無心でいい。。

他は要らん、くどくど能書きばっか言ってるやつに限って、何もわかってないということだろう。。w

358 :神も仏も名無しさん:2012/08/20(月) 11:14:54.30 ID:Q735FQPu
>>357
釈迦や龍樹は、ほんとに悟っていたのだろうか?

359 :神も仏も名無しさん:2012/08/20(月) 13:05:33.93 ID:9Pdc6zso
>>357
おしゃべりクソ野郎がなんか呟いてますね

360 :神も仏も名無しさん:2012/08/20(月) 14:55:41.20 ID:vezHGdyf
>>358
キリストの再生や奇跡みたいなもんだと思うけどね
だからといってクリシュナムルティが悟ったとも思わないけどw

361 :神も仏も名無しさん:2012/08/21(火) 00:30:21.53 ID:jco5+3IE
おしゃべりクソ野郎わろたw

362 :神も仏も名無しさん:2012/08/21(火) 00:59:42.88 ID:jcFrtzBJ
完璧にブーメランだよねw

363 :神も仏も名無しさん:2012/08/21(火) 07:39:43.21 ID:jco5+3IE
「ウザイなおまえケンカ売ってるのか?ボディブローとか言ってる時点で相手にならないことは証明されたな
本当につよいやつは強さを口で説明したりはしないからな
口で説明するくらいならおれは牙をむくだろうな
おれパンチングマシンで100とか普通に出すし」

ブロント名言集より。

364 :神も仏も名無しさん:2012/08/21(火) 12:54:55.24 ID:KOSddOjU
「私の戦闘力は530000です…ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく…」

フリーザ名言集(ナメック星編)より

365 :473:2012/08/21(火) 22:58:58.92 ID:FkPjT6Fy
>>363
ブロントさんには、イスラムの聖者ムラナスルディンに通じるものがありますね。
口で説明したりしないといったその先にパンチングマシンの話をする。
その2重基準と無意識が人類の姿であり、それをあからさまにわざとすることで笑いを誘う。

PS
さんをつけろよデコ助野郎。




366 :神も仏も名無しさん:2012/08/22(水) 11:46:49.42 ID:zCf/T0Ic
そうだブロントさんは光属性のナイトでありモンクだったからさんづけしないと...
て、おまえもフリーザ様と呼ばんかい!
あからさまにわざと??おいィ?
あれ本気だろwwだからブロント様は面白い。

367 :473:2012/08/22(水) 17:18:51.88 ID:rOfJzQVA
もしリアルでヒーローのような美しさと優しさがある人がいたらそれはタオマスターだろうな。

ああいうのは架空の願望に過ぎない。

本当にこの世で、この競争社会で、美しさとやさしさを損なわない人間があるとすれば、
それはこの世にいながらこの世にいない人間。
完全な覚醒とともに流れ行く存在でしょう。

普通の人間が、普通に世の中に対処して行くそのかかわりの中でそういった人間は生まれ得ない。
なのにヒーローはそういう偽りの希望を与えてしまう。

だが、ヒーローは、美しくて優美な存在はありえない。
ありえるのは求道者とマスターだけ。
そしてマスターはブロントさんのようなふるまいをすることもあるだろう。
荘子やムラナスルディンのように。



368 :ろん:2012/08/29(水) 18:17:51.61 ID:f/AHGLi1
よーし今日の夕飯は、ナスとベーコンのペペロンチーノ作ろう♪

369 :神も仏も名無しさん:2012/08/30(木) 23:50:54.09 ID:j4J334p/
昨日の真言密教僧だけど、
ろんちゃん俺の間違いの指摘に全然答えてないじゃん。
自分が間違っていることに気付いてそれを無視してたら成長ないよ。

人のこと病気って言ってるけど俺からはろんが病気に見えているよ。

wwwwwwwwwwwwwww
http://shino44.exblog.jp/ 
これ読んで勉強しろ     
wwwwwwwwwwwwwww
              
wwwwwwwwwwwwwwww


370 :473:2012/08/31(金) 00:05:04.88 ID:vIMzU7rg
・人間が社会を、世界を作り出せたのは言葉のおかげだ。
だが言葉のせいで、自分自身を忘れ去ってしまった(OSHO)

言葉によって、分化によって社会は構築されている。
この次元において言葉は、思考は役に立つ。

しかし実在、全体性を見出すこと「には」使えない。
言葉は、すでにある自我が自らの観念を強化するためにしか使えず、
自我から脱出させるものではありえないから。

今日もさまざまなスートラが生まれた。
ありがとう。

371 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 02:48:37.53 ID:YDb7QwX2
人の為にどやこやゆうんやったらまず行動で示そう。
ここを人の為に消化しような。
スレが立つとサーバーに負担かかるんやで。
電気代とか色々人の為になるさかいな。

372 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 06:21:05.51 ID:iF4Pgshd
悟ってないのは黙って修行する、これが基本。。

てんで勘違い見当違いしか言えんのに、方便だとか覚性の契機だとか、ほんとお笑い。。ww

人のためと言って、全部自分のため、利己心以外何にもない。。ww

自分で自分を騙しているのに気付かない。

恥じ晒しのバカ晒し。。ww

みな呆れ返る。。

完全に自分は覚者と思い込んでいる狂人相手にすべきじゃなかったな。。www

つける薬なしだったんだ。。www

案山子に舟棹を与えようとするってこういうことだったんだな。。w

373 :ろん:2012/08/31(金) 06:21:56.26 ID:iF4Pgshd
悟りを得ればすべては終わり、きらきらしい悟りなどいう、
駒沢学者が老師との対談に噛み合わぬ説を振り回していたが、
痴人のまえに夢を説かず、山子の舟棹ですか、知らぬ未だ届かずというをもって、
まったく見当違いを云う、見当を付けるから過つ。もとこのとおりあり他なしなんです、
初心そのものを修し証するんです、自分というものに用事はない、
自分というよこしま架空体験を去ればまさにこれ、水のなかに氷の溶け行く如しです、
修行してついに得る、いまにきっとというんではないんです、遠くに見れば遠くになる
、遠くなんかないから決して届かないんです、ここを間違えないように、途中受用底という、
かまわないんです、まるっきりただ坐る、きはなくはじめなしです、手つかずを只管打坐という

http://tozanji.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_6aad_21.html


374 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 07:42:06.06 ID:YDb7QwX2
>>369
なぁ?なんでこれ全部写真がぼやけてるの?
全体写真はきれいなのにさ。 全体写真を引き伸ばしたんだろうけど
全体写真がきれいに撮れるならその霊の部分の写真もきれいにとれるのになんでしなかったんだろうね?
稲川淳二が言ってたけど怖い話するときもなにいってるかハッキリ分からないようにぼやーっと話すんだって。
怖がらせるテクニックとして。

これもそういうテクニックじゃない?
それにね、悟りスレで廃病院を怖れるのは霊を信じてる証拠とかいってたけどただの強弁だよ。
人であれ犬であれ暗いところは怖いんだよ。
おそらくだけど野生の本能で暗い所に何か(熊とか猛獣ね)潜んでて襲われたという経験(脳のR領域に本能があると言われてる)から、
自律神経の交感神経が優位になって緊張が高まって恐怖を覚えるんじゃないか。
簡単にいえば人間が本来、生得的に持ってる定型のパターンじゃないか?
虫でさえ危険を感じたら逃避行動をとるんだよ。
だから霊を信じてるからというのはとってつけた強弁という結論。

375 :ろん:2012/08/31(金) 07:45:11.04 ID:iF4Pgshd
無事禅と公案禅 二つとももとそんなものありっこないんです。
無事禅と云うとからにだめ男ですか。公案と云うとからに信用 ならんですか。
無事禅という、なんにもない自分を眺め暮らす、二分裂です、禅という単を示すにはならな い、担いで帰れと云われる所以です。
大悟十八っぺん小悟その数を知らずという、やっぱり二分裂です、悟っ たという自分がある、どこまで行っても本来のものにはならんのです。
見せるための座禅、売らんがための座 禅ですか、自分も救はれなければ、人も救い得ぬ、これ仏ではなく自閉症です、
笑うべき猿芝居をふりかざし て、とやこうという、自然に背くんです。
花のように知らないという、達磨さんを駆逐し毒殺しようという連 中。
そうではなく、なんにもないとは見る自分も見られる自分もないんです、このときはじめて禅です。無心 とは心が無いんです。無上楽これ、すべてを捨てて始めて得られます。
しかも日々新たです、だからこれでい いなんてものがこの世にあろうはずもないんです。座禅を履き違えないで下さい、白隠以来のあいまいを脱し て下さい。
獲得物質じゃない不識です。そりゃもう比較を絶するんです、他の演説を敷衍して安楽椅子じゃ 犬の糞にもならんですよ


376 :ろん:2012/08/31(金) 07:54:45.41 ID:iF4Pgshd
なぜ自分を覚者と思い込まずにいられないかって、病理学的に考えると面白い。。w

要は自我統合の失敗、妄想で以て自我を繕って、無意識下の劣等感、不安、恐怖を抑圧する、隠蔽するということだろう。。

要はリアル社会の中で、マトモな自我が成長できなかった。ww

よって、ガキにも劣るオレオレ主義で、自分覚者とおんなじだから、説法しなければならない、www他の批判全く聞く耳を持たないという醜悪になるんだろう。。ww

要は世間の中でいっぱし気取れないことの埋め合わせで、世間は狂ってると言って、妄想で以て否定して、自分未だ世間に未練たらたら、2ちゃんねるで、方便だww覚醒の契機だwwとか言って自分を慰める、言い聞かすと言うことだろう。。w

あるがままと言って、まったくあるがままじゃない、ww自分仏陀と同じの妄想の中・・ww自閉症晒して、まったく恥じがないと言う、鉄面皮ということか。。w

あーあ、かわいそうな奴・・こうなったらお終いだという見本だな。。ww

377 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 09:22:03.57 ID:YDb7QwX2
>>369
それにしても君よくこのスレみつけたね。
真言とここのスレタイってリンクするかな?
どうみても今まで居なかった新参の者の様相だけど、
本当によくこのスレ見つけたと思うよ。

正確にいうとろんがここに居るってよく見つけたね。
あとろんとパーピマンを混同してるようだけど(これも作為的と取れる向きもある)別人だよ。 てか、パーピマン本人がそういってたけどね。
その書き込みはスルーしてるほど文盲なのにこのスレは発見できる慧眼。
なんかおかしいよね。
きみ誰かの自演って思われてるからあれだよ。 君が暴れれば暴れるほどその人は苦しむよ。
ようは人のためになってない。 悟りスレで悟ってるっていってたけど、覚者てのはそういう二次災害的に他人を苦しめても平気なんかね?

378 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 09:40:56.84 ID:YDb7QwX2
悟りスレ >>715-716
電子? 量子じゃなくて?
オレも量子は仏じゃないかという推測はしてる。
たとえば諸行無常という三宝の一つがあるが、
一切のものごとは不変ではなく常に移ろい変わっていくというものだが、一切のものごとが不変であり続けるには常になんらかのものが干渉しないと常に不変は成立しないはずである。
ではそのなんらかのものとはなにか? 仏である。
神や霊界は分からないが仏ではないかという考えには同意する。
この諸行無常 と、すると、あらゆる一切の事象には中心になる不変なものは存在しないのではないか?
というものが諸法無我。
世にある一切は不変で中心と呼べるものは何一つない。
それを悟ることを涅槃寂静という。
この諸行無常 諸法無我 涅槃寂静をもって仏 法 僧の
三宝が成立するのではないか。
というのがオレの見解。

379 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 09:59:12.84 ID:YDb7QwX2
悟りスレ>>721
前半は概ね同意だが、
>結局のところ、会話というのは予測の連続で成り立っている。

認識を共有できてないというところも同意。
というか共有などできない。
悟りスレにも書いたが一生涯、本人の六官で感じたものは本人限定しかもそのとき限定である。
>誤解が生じることを加味して使ったほうがよいかなと

そうです。誤解ありき、たとえ正確に一致するケースが発生したとしてもそれを確認する術を現代人は持っていない。
あくまで言葉や思考は事象を指し示すものでしかありえない。
それと予想しながら思いながら人の話しを聞くということをするから余計に混乱するんですよ。
聞くなら聞くだけに徹する。
言葉も思考も現れては消えて行くものです。
パチンという弾指の現象も同じく現れては消えていくもの。同様に、
>>723のamaの発言も彼限定の発言で彼はそれを指し示すことしかできない。
>書き込んでいますし。
何やら勘違いしてるんじゃないですか?あなたのなかで何がしかのイメージがあり
それと一致しなければおかしいのでしょうか。
最も一般的な苦の発生のしかたです。




380 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 10:20:39.46 ID:YDb7QwX2
悟りスレ>>724
これも同じですね。あなたの中で覚者のイメージがあるんではないですか?
理解と言ってますが先程も書いたとおり、理解というのは本人限定です。 見解が一致するのはごくごく単純なことだけです。赤いものをみて赤いとか、
辛いものを食べて辛いとか。
ただ同じ赤いなのか同じ辛いなのかを確かめることはできません。
>>725
あなたは自演と思われてるので人に迷惑かけてますよ。 もし自演でないとすればね。
>>727
>この世界はすべての人が死に、すべての物質が滅ぶようにできています。物質的なものはなくなる
運命にある。輪 廻を続ける魂それこそが本当の意味で存在するのではとの考え

これもあなたの概念です。 何も滅んだり生まれたりしない としか書いてありません。
これは単純に空観、先程の諸法無我です。
釈尊が言ったかどうかは不明です。
なにせどんなに古い経典でも釈尊入滅後800〜900年経ています。
現代の日本でいえば鎌倉時代のことです。
本当かどうかなどは誰にも分かりません。
>>729
量子の段>>716でのあなたの説明でもそうですし、
先程の言葉による認識の段でも説明しましたが、
実在と認識が一致してると断ずることは誰にもできません。
>>735
ろんは観念悟りだから許してあげてください。
少しバカなだけです。これも彼の人間性。
>そのひとの悟りの意味で悟ったことになる

それを小悟と言います。
>ということはあなたがいっていることも妄想になる

そうです。ろんは記述されている事実にたいして妄想してるのです。

381 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 11:09:48.04 ID:YDb7QwX2
悟りスレ>>736 amaへのレスの段

amaの言ってることに概ね同意できます。
二元というのは単なるものの見方です。
しかしそれに現代人は(古代の人たちもそうであったかもしれないが)支配されていて好悪、是非でものを見てしまいがちです。
それが長ずるとその人を苦しめたり病気になります。
彼らは頭の中にだけになって事実を見ていません。
つまり中身がないのです。一元は即二元と言ってますが違います。
さらに、言葉をなくすことにより一元となるとかかれてますが、
言葉をなくすことはできません。それは蝉に鳴くな、犬に鳴くなと言ってるに等しいです。
言葉もまた一元です。 ただその言葉の中に分け入って意味がどうだ、誤解がどうだとやりだす。
これは二元に囚われてるんですね。 全ては一元の世界です。 それを分別して二元という見方をしてるだけ。
>>737
花があるだけなんですよ。 自分でコツコツとなにか叩いて聴いてみるだけになってください。
後になって「私がコツコツという音を聴いてる」になるはずです。
聴いてる時点では主体はないです。これは悟りに通ずる道です。
長く坐れば気づきますが、この世にある万法は自分自身の活動なんです。
その自身が事実は言葉にできるのはほんの部分的な所だけです。


382 :オレって名無しかよ!?:2012/08/31(金) 11:20:15.23 ID:TeE2fi7f
新スレ立つまで、こっちで厄介になります。

383 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 12:06:40.75 ID:YDb7QwX2
悟りスレ>>738
さきほども書いたとおり、人はその人限定の見方しかできません。 つまりすべての人が偏見と言ってもいいでしょう。
別の言い方すると我見。 あなたが我見を体現されてますね。
誰も言ってないのにろんは階級を持ち出しましたね。
冗談と言ってますが人によっては冗談にならないです。
これは彼がいかに平和で安穏と暮らしてるかを物語ってるかもしれません。
>>740
いいえ違います。
悟りは一つです。
>>741
先程もいったとおり言葉とはその人限定のもので
他の五根と同じく意から出たものでその人特有の感覚で述べられます。
このブッダという言葉はそれを端的に表しています。
ある宗派にとってはブッダとは釈尊唯一人のことを指し、
大乗に多くみられる宗派は悟りを開いた人という意味です。
仏教に詳しい人間たちに多いのは位ではなく「悟りを開いた人」という意味ではないでしょうか?(これも個人の見解です)
いずれにしても言葉を深追いするのが迷いの元です。
>>742
この胎内記憶または誕生記憶ですが、自分は幼いころ熱を出すとよくありました。
大人になってからも時々ありましたが初めて三昧に入ったときこれと同じ現象がおきました。
なんとも言葉では表しにくい気持ちいいような息苦しいような谷のようなものを真っ逆さまに落ちたり波のようなうねりに
上がったり下がったり、それがすぼまったり目が覚めても天井が波打ってました(幼いとき)
ただ、人間は都合の良い記憶の再生成や作話という心理現象もあるらしいですし、この記憶も記憶といういち現象ですのでこの記憶を誇るようでは迷いに落ちます。
これも現れては消えていく事実の一つに過ぎないのです。
自我というものは起きた事実に対し振り返る際に意が感じる現象です。

384 :ろん:2012/08/31(金) 13:22:07.12 ID:iF4Pgshd
隔離病棟スレにふさわしいスレになって来たな。。www

385 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 13:40:12.87 ID:YDb7QwX2
理趣経についてはコメント控えます。
しかし、これは空海が厳しい緘口令を引いたくらいのものなので気軽に書くべきではないかと考えます。
悟りスレ>>771
釈尊は苦行を否定されています。
>>773
お前は悟っているのかと聞いてるのであなたがどうか言う番です。彼の悟りの見解は問題ではないでしょう。
>殺人は煩悩、欲じゃないですよ
たとえば理趣経の一文に意滋澤C淨句是菩薩位とありますが、
お金が欲しいというのも欲なんですよね?
そのお金を得るために人を殺さなければならないとしたらどうなるんでしょうか?
たとえば好きな異性を奪うために恋敵を殺すなどはどうなるのでしょうか?
あるいは自分の家族が、国が信心する宗教を守るために人を殺さなければならないとしたらどうなんでしょうか?
>>786
人は人の考えで独自の想念世界を構築しています。他者はそれに影響を与えることしかできません。
味わいと同様にその人にはその人の味や法でしかないので本来はそれで完結しています。
これに迷えるものは真理を探し影響をうけやすく、
これを悟ったものはゆらぎがありません。

386 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 14:01:07.03 ID:YDb7QwX2
悟りスレ>>770
輪廻は方便です。 釈尊がおっしゃったという確証もありません。
これも先程から口説いほど書いてますが、ただの言葉です。 深く捉えるべきものはありません。
本当にあるのかもしれないですし、ただの幻想かもしれませんし、
我々の生き様を方便として捉えたものかもしれません。
おっと、このあたりからあなたの書き込みがだいぶ飛びますね。どうしたんでしょう。
16:22から22:07まで飛びましたか。
さすがに誰かさんのように長文連投は疲れましたか。
>>835
>アホか?wwww アホか?
wwww
↑子供が書いてるの?  ←これはあなたの>>738の書き込みです。
>>836
ほう。やっと肯定的な意見が出たね。
>>837
あなたは定義を探している。そして結論を書いている。
これを我見という。
>>845
認識は言語観念だけではありません。
人が五感で感じるすべてを認識作用といいます。
当然皮膚に触れてくるものは認識であって言語観念ではありません。
ということは以下の文はすべて間違ってます。
最後の五感で捉えたものが実在かどうかわからない、夢かもしれないというところで
あなたも同意していますが、
実在と認識が一致するかどうかは誰にも分かりえないのです。
これも先程述べさせてもらいました。

387 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 14:08:34.31 ID:ufKaq1N4
377 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 09:22:03.57 ID:YDb7QwX2
>>369
それにしても君よくこのスレみつけたね。
真言とここのスレタイってリンクするかな?
どうみても今まで居なかった新参の者の様相だけど、
本当によくこのスレ見つけたと思うよ。

ろんちゃん?あなたが前回のスレ
悟りを開いたことあるけど何か質問ある?18
これの最初でここをリンクしていたよ。覚えていてね。


正確にいうとろんがここに居るってよく見つけたね。
あとろんとパーピマンを混同してるようだけど(これも作為的と取れる向きもある)別人だよ。 てか、パーピマン本人がそういってたけどね。
その書き込みはスルーしてるほど文盲なのにこのスレは発見できる慧眼。
なんかおかしいよね。
きみ誰かの自演って思われてるからあれだよ。 君が暴れれば暴れるほどその人は苦しむよ。
ようは人のためになってない。 悟りスレで悟ってるっていってたけど、覚者てのはそういう二次災害的に他人を苦しめても平気なんかね?

ねぇろんちゃん。ろんとパーピマン混同していないよ。
二次災害的はあるかもしれないが、自分は総合でよくなればよいと考えている。

あと勉強してほしいサイトだけど写真は見なくても良いよ。
書いてあることが勉強になるから。
あと霊を見れないからわからないと思うんだけど、霊ってそういうあいまいなもんだよ。

388 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 14:18:12.01 ID:YDb7QwX2
悟りスレ>>862
>執着も煩悩もまだあるけど、月に6日は断食してるよ。肉食はやめて数年になる。

苦行をしたからといって悟れるわけではありません。
それは釈尊もおっしゃっています。
また肉食断食されてるとのことですが、なぜですか?
戒律ですか?
戒律である前提で言わせてもらいますが、
肉がだめで野菜が良い理由はなんでしょう?
野菜も生きてるんですよ。 
またあなたは手や身体を洗ったりしないのでしょうか?
そのとき細菌が死滅しているのはご存知ですか?
私たちが生きるということはなんらかの生きるものを殺してしまう必要があります。
不殺生戒を釈尊が作られたにしても当時の時代背景として戦乱や技術不足により食物が恒常的に不足していました。
そんな誰の家でも不足してるところに托鉢にいってたんですね。
どれほどのことか想像ができますか?
そして僧たちは当時、自給自足も禁じられていましたから托鉢でしか食べることができませんでした。
以上のことが相まって不殺生戒が生まれたとしてもなんら不思議はないのです。
>>865
これは今朝、冒頭に見解を述べました。
そして何度もいいますが釈尊は苦行を否定されています。

おっと>>866に突如として473が登場。
しかし次の書き込みは17時間後くらいか。
しかも>>866のトピックと同じ。 おかしいな彼なら連続して書くはずなんだが。パターンが変わったか?


389 :ろん:2012/08/31(金) 14:23:06.66 ID:iF4Pgshd
>>387
それはおれじゃないぞ。。w

誰でもおれと思うか。。ww

390 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 14:26:30.78 ID:YDb7QwX2
>>387
オレはろんではないよw 証明はできないがね〜。
あなたが誰かの自演かどうかは証明できないのと同じです。

>これの最初でここをリンクしていたよ。覚えていてね。

それは覚えていたけどパーピマンがろんじゃないと言ったことは気づかなかったんだ。それとも作為的にろんと呼んでるのかな?

あらら、総合でよくなればってことはよく昔の政治家たちが多少の犠牲はやむをえないって言ってるあれだよね。
それは修行者、覚者の態度ではないな。
あなたが信心してる宗教はあいまいなんですね〜。
オレが信心してるものはハッキリしてるよ。
そして一部の人間を救おうとしてない。
すべての人間が救われている、救われると説いています。


391 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 14:31:32.22 ID:ufKaq1N4
378 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 09:40:56.84 ID:YDb7QwX2
悟りスレ >>715-716
電子? 量子じゃなくて?
オレも量子は仏じゃないかという推測はしてる。
たとえば諸行無常という三宝の一つがあるが、
一切のものごとは不変ではなく常に移ろい変わっていくというものだが、一切のものごとが不変であり続けるには常になんらかのものが干渉しないと常に不変は成立しないはずである。
↑同じ意見です。
ではそのなんらかのものとはなにか? 仏である。
↑自分は仏もその瞬間に変わり続けていると考えている。
神や霊界は分からないが仏ではないかという考えには同意する。
この諸行無常 と、すると、あらゆる一切の事象には中心になる不変なものは存在しないのではないか?
というものが諸法無我。
世にある一切は不変で中心と呼べるものは何一つない。
それを悟ることを涅槃寂静という。
この諸行無常 諸法無我 涅槃寂静をもって仏 法 僧の
三宝が成立するのではないか。
というのがオレの見解。

ろんちゃん。すごく良い見解だと思う。
同感です。

392 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 14:36:56.16 ID:YDb7QwX2
そうやってあなたがろんとみなすには何がしかの私怨があるのかな?
執着してるように見えるがどうだろう。

393 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 14:46:08.78 ID:ufKaq1N4
379 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 09:59:12.84 ID:YDb7QwX2
悟りスレ>>721
前半は概ね同意だが、
>結局のところ、会話というのは予測の連続で成り立っている。

認識を共有できてないというところも同意。
というか共有などできない。
↑認識は共有できます。同じ場所にいれば認識は同じですが、その事象を認識後そのひとが言葉に変換する
ことによりその言葉の認識のずれが生じます。なので割合と書きました。

悟りスレにも書いたが一生涯、本人の六官で感じたものは本人限定しかもそのとき限定である。
>誤解が生じることを加味して使ったほうがよいかなと

そうです。誤解ありき、たとえ正確に一致するケースが発生したとしてもそれを確認する術を現代人は持っていない。
↑テレパシーが使えればできそうですね。
あくまで言葉や思考は事象を指し示すものでしかありえない。

それと予想しながら思いながら人の話しを聞くということをするから余計に混乱するんですよ。
聞くなら聞くだけに徹する。
↑徹しなくても良いかな。混乱は考えすぎだから起こるかなと。
言葉も思考も現れては消えて行くものです。

パチンという弾指の現象も同じく現れては消えていくもの。同様に、
>>723のamaの発言も彼限定の発言で彼はそれを指し示すことしかできない。
>書き込んでいますし。
何やら勘違いしてるんじゃないですか?あなたのなかで何がしかのイメージがあり
それと一致しなければおかしいのでしょうか。
最も一般的な苦の発生のしかたです。
↑自分が>>723で問題視しているのはamaさんが書いていることから、答えたくない、めんどくさいという
意思が感じられたからです。

394 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 14:46:20.63 ID:YDb7QwX2
このあなたが貼ったリンクの人はかなりの通力をもってるんだよね? あなたの師匠かな?
どうして元凶の大川隆法をなんとかしないの?
日本や世界を破滅に追い込むほどの霊ならば、
先程あなたがいったみたいに多少の犠牲はやむをえないから大川隆法をどうにかすればいいんじゃないの?
残念ながらはたからは力がなくて文句ばっかり書いてるように見えるけど?

395 :オレって名無しかよ!?:2012/08/31(金) 14:51:41.49 ID:TeE2fi7f
>>390 >>391

見にくい。
どれが誰の書き込みで、どれがレスなのか分からん。
もう少し判りやすくしてくれ。

396 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 14:52:28.97 ID:ufKaq1N4
>>394
人を殺すわけないじゃなーい。
真言密教は人に気付かせることしかやらない。
仏教もそうだけど。

397 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 14:55:42.55 ID:YDb7QwX2
>>393
認識は共有できませんよ。「共有してる気になる」だけです。
>その事象を認識後そのひとが言葉に変換する
ことによりその言葉の認識のずれが生じます

さぁ、どうやってこれを確認しましょうか?教えてください。たぶん発見したらノーベル賞もんですよ。
>テレパシーが使えればできそうですね。
笑いそうになりましたが以心伝心はテレパシーに近いでしょうね。
ただハッキリしないことは取り扱いません。迷いの元です。
>↑徹しなくても良いかな。混乱は考えすぎだから起こるかなと。

それはあなたがちゃんとした修行をしてないからです。
ろんは花といいましたが実相に触れるときそのものに集中せずに想念世界にいたり
あれこれちぐはぐに違うことをするのが迷いなんです。二重三重になるんですね。
たとえば車を運転するときは運転に集中です。
それだけで事故の危険性をだいぶ回避できます。
>amaさんが書いていることから、答えたくない、めんどくさいという意思が感じられたからです。

いずれにしてもあれがamaの言葉です。
彼が悟ってるか否かは別にして表現力はやや乏しいかもしれません。

398 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 14:57:56.59 ID:YDb7QwX2
>>396
殺すなんて言ってないでしょうw
世界を破滅させるほどの霊を封印できる道力なら大川隆法ひとりくらい封印できるでしょ?ってこと。

399 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 15:02:16.46 ID:YDb7QwX2
>>395
そうか すまんなw
>>390はおれだが、IDと文章で判断してくれ。
いちおう相手の文言を引用した場合は全角で大なり記号(>)を先頭につけてるんだが。
あと分かりにくいところはその引用から一行、行間をあけてる。
まぁもう少し分かり易くなるようがんばってみる。

400 :ろん:2012/08/31(金) 15:06:40.50 ID:iF4Pgshd
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1345641440/

この後ろにレス番号をつける。

例えば、アマさんスレ、10であれば、

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1345641440/10

で、ポップアップするはず・・専ブラであればね。。

401 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 15:11:44.10 ID:YDb7QwX2
>>400
まじか? chaikaでいつもそれ見ると普通にそのスレ飛ばされるだけだな。

この同じレスで悪いけどさ〜 真言宗の方よ〜。
この怨霊はどうして京都綾部にこんな1京ほどの霊があるの? 日本の人口は1億数千万だよね?
今まで死んだ人の数かな?
じゃあ東日本大震災や阪神大震災のときの死者とかそれまで死んだ人はその土地とちに腐るほどいるけどそれは怨霊化してないの?

402 :ろん:2012/08/31(金) 15:15:03.83 ID:iF4Pgshd
>>401
Jane Styleだとポップアップするよ、他は知らん。。

・・リンク先の最初の写真はどう見ても、植木にしか見えんかったが。。ww

それにしても変な奴が次から次へ湧いてくるもんだ。。ww

403 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 15:22:54.14 ID:YDb7QwX2
>ろん
ああ、ポップアップ禁止にしてるわ。
エロサイトとかみるとうざいんだよねw

>真言の人
これ2個目の記事さ、京都市だよね?
京都市って東寺なかったっけ?真言の。
あそこは結界はってくれないの?
それと幸福の科学と創価学会がオウム事件を起こしたの?
なんだか言ってることがすべて事実かどうか誰からも断定できないことばかりじゃないかな?

404 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 16:07:29.23 ID:YDb7QwX2
>罪を犯した幸福の科学信者に「死」の罰を与える

って、貼られたリンクに書いてあるけどこれって殺すってことじゃないの?直接的、間接的にぬきにしてこの殊慧さん?
の意思で人が死ぬってことだよね?
じゃあ大川隆法が大元だっていってんだから、まずは大川隆法に死の罰を与えるなり封印すればよくない?
おれいってることおかしいかな?

それと霊の話だけどなんで人間の霊ばかりなのかな?
ま〜たまに猫や犬の狐の霊ってTVでみるけどさ、
てことはアンモナイトや三葉虫の霊もいてもおかしくないよね?
または恐竜やマンモスとかの。 それらはどうして出てこないの? おかしくない?
まぁ、別に真言宗を否定する訳じゃないけどね。
俺も若い時、真言宗好きだったし田舎には空海が道力で作ったとされるお堂があって凄いなと思ってたし。
彼のあの時代の貢献度は計り知れないだろう。
それにしても一日、三回クリックしないと月に代わって祟るて
なんか脅しばっかりやな。
ちょっと朝からPC見てて疲れたからここらで休憩するわー。
本物のろんにバトンタッチw

405 :ろん:2012/08/31(金) 16:52:08.59 ID:iF4Pgshd
>>403
Jane Styleでエロサイトは見れないと思うが。。。w

専ブラって、2ちゃんねる専用ブラウザ。。

おれも偽和尚に教えてもらって、導入したのよ。。

シャア専用ザクみたいなもん。。ww

406 :神も仏も名無しさん:2012/08/31(金) 16:56:03.26 ID:YDb7QwX2
おいおいchaikaも専ブラだぜー。
Firefoxのアドオンだけどな。
ガンガンエロサイト見れる。
怪しいとこは見ないけど。

407 :ろん:2012/08/31(金) 17:27:58.41 ID:iF4Pgshd
エロサイトは最近見とらん。。ww

408 :ろん:2012/09/01(土) 07:29:44.59 ID:bC5RN4ye
禅友に贈る書「解らない」
http://blogs.yahoo.co.jp/karupapa21sei/65400351.html

何度申し上げて来ましたが「禅・仏法」は、難解です。

指導者に参じて本格的な指導を受けても、禅修行は一筋縄では行かないようです。
経験でもそうでしたので、禅友の皆様も同じように感じていることでしょう。

一筋縄では行かない禅修行を、さらに不可解にするものに、以下があります。

一つは、
「禅・仏法」を「社会科学、人文科学」的アプローチで解明しようとすることです。
「禅・仏法は、論理学的・文献学的に解明出来る」と考えることでもあります。
当Blogで批判しています曹洞宗・駒沢大学研究者に見られるアプローチです。
結果「思考」の世界を彷徨い歩くことになります。

何度も申し上げていますが、論理学的・文献学的に「禅・仏法」を解明することはありません。
なぜなら、
   「禅・仏法は、理解するものではない」
   「聞いたもの、知ったもの、解ったもの、も禅ではない」
   「そこに人の介在はない」
だからです。
  『 これが、すべての疑問への答えになります 』
このことに腑に落ちれば、疑問が無くなります。


409 :ろん:2012/09/01(土) 07:30:54.67 ID:bC5RN4ye
「知って、理解して、解った」とすることは、禅修行ではあり得ないのです。

従って厳しいですが、
禅修行で【私の帰結・・】【私の考え・・】【私の解釈・・】【私の意見・・】との「主張」の
ままでは、それが何であれ【子供のおとぎ話】として、突き放されるのです。
禅寺の山門から叩き出されることになります。

逆に「初歩的妄想・戯言・子供のおとぎ話」として、山門から叩き出さなければ、間違った方向に
行っている者に対しては、不親切なのです。
心優しい丁寧な指導には、ならないからです。
禅修行の特長です。


ですが、30棒を食らいますと、逆恨み状態になるのかもしれません。
当然、解らないとする方の中には、縁なく禅寺の山門からそのまま去る方もいます。
彼らは「答えていない」「話をそらしている」「教え方が悪い」とかになるのでしょうか。


二つが
「キリスト教神秘主義・イスラム教神秘主義・アドヴァイタ・不二一元論・ヨガ・道教、
その他派生した教え」に、代表されるいわゆる【神秘主義】です。

410 :ろん:2012/09/01(土) 07:31:34.39 ID:bC5RN4ye
神秘主義に親しみをお持ちの方は【神秘体験・霊的体験】に、強い関心を持っているようです。
「神秘的合一体験」とか、言われるところなのでしょうか。
歓喜が伴う【神秘体験・霊的体験】がなければならないと、考えているようです。

【神秘体験・霊的体験】により、その人の世界観、人生観に「根本的・決定的」な「何か」が起こり
「今までとは別人格・別主体となる」とか、言うのでしょうか。

【神秘体験・霊的体験】こそが「究極の単一」との「脱我的合一・融合・覚醒」とかと、考えているのでしょう。


困ったことですが、
神秘主義に親しみをお持ちの方々は、その【神秘体験・霊的体験】と「禅・仏法」の解脱を「同列・同等」と
恣意的に考えているようなのです。
結果、歓喜の【神秘体験・霊的体験】がないのは「悟り」ではない、になってしまいます。
これも【子供のおとぎ話】と言われる所以です。

さらに困ったことは、彼らは自身の主張の武装、補強の為に「禅・仏法」の教典・祖録を、
これも恣意的に引用することです。


411 :ろん:2012/09/01(土) 07:32:20.70 ID:bC5RN4ye
よく知られていますが、
人はランナーズハイやクライマーズパイとか、また極限状態ではよく【おかしな体験】をするものです。
当然、禅修行でも【おかしな体験】をします。
公案修行では意図的に参禅者を追い込みますので「寝不足、疲労、困窮」等も重なり、極限状態に
追い詰められた参禅者はよく【おかしな体験】をします。
経験でもそうでした。


しかしながら当Blogでは、そのような【おかしな体験】を
   『 よくあること、それも捨て置け 』
と、明確に突き放しています。


そこには「体験したもの」「歓喜したもの」が残っているからです。
仮に、その体験で「今までとは別人格・別主体となる」と、しても「今までとは別人格・別主体」が、
残っているのです。


412 :ろん:2012/09/01(土) 07:32:59.05 ID:bC5RN4ye
歓喜の【神秘体験・霊的体験】をした神秘主義者も、
   『 よくあること、それも捨て置け 』
と切り捨てられれば、身動きが取れないものが残ります
なぜなら、歓喜の【神秘体験・霊的体験】は、万人に共有されることはないからです。


何度も申し上げていますが、禅修行では、それすらも無くならないといけません。
なぜなら「諸法無我」とは、一切が消滅しているのですから。
言い方を換えれば、禅修行は「一切が消滅している」を究明することでもあります。
  『 これも、すべての疑問への答えになります 』

従って「一切が消滅している」に腑に落ちて頂けければ、疑問も無くなります。

上記の二つが「禅・仏法」を更に不可解なものにし、決着を遠ざける代表的な例となります。

結果、文献学的な研究者や、一神教・神秘主義に親しみをお持ちの方々には【サッパリ解らない】となり、
そして【答えていない、話をそらしている、教え方が悪い】とかになるのでしょう。


413 :ろん:2012/09/01(土) 07:38:31.61 ID:bC5RN4ye
先に書きました、
  論理学的に「禅・仏法」を解明することはない。
  なぜなら、
     「禅・仏法は、理解するものではない」
     「聞いたもの、知ったもの、解ったもの、も禅ではない」
     「そこに人の介在はない」
  だからです。
 
これは、
【解らない】は【解らないとしている人】に、あるということです。
  『 これも、すべての疑問への答えになります 』

意地悪く【解らない】ように接しているのでもなく、あえて【解らない】事柄を全面に出している
のでもありません。

厳しく言えば、
【解らないとしている人】は「一所懸命、一人で勝手に、恣意的に」自身の持てる過去の
「知識・経験・心情・信条・哲理」等々をフル動員させて、理解しようと頑張って、
結果【解らない】だけのことなのです。

100%、一人芝居です。
禅修行からすれば、一人芝居は単なる【思考の産物、子供のおとぎ話】なのです。

従って【解らないとしている人】が、その頭の中にある【解らない】を、自身で解決するしか術は
ないのです。
他に探し求めてたり、責任の転嫁をしても、ダメということです。
  『 これも、すべての疑問への答えになります 』


414 :神も仏も名無しさん:2012/09/01(土) 07:41:41.68 ID:LsFeRXIj
おい、ろん新スレ立ってるぞw
opeも久々にきとったで

415 :ろん:2012/09/01(土) 07:42:21.03 ID:bC5RN4ye
何度も申し上げていますが、禅修行は「己事究明」です。
言い方を換えれば『一切が消滅しているの究明』です。
一切が消滅しているのですら「己」も「事」も出てこられません。

なのに【私の・・】【解らないとする自分】は、どこから来て、いつ成立するか、です。

「己」が消滅すれば、、【私の・・】も【解らない】も、出てこられないのです。
  『 これも、すべての疑問への答えになります 』



驚かれることかもしれませんが「禅・仏法」は、隠しようがないのです。
疑問に答えていなのではなく、丸出しなのです。



416 :ろん:2012/09/01(土) 07:47:48.54 ID:bC5RN4ye
簡単な例で、
祖師方も、仏法とは何か、の質問に
 「庭前の柏樹子」と言い
 「指一本立てた」方もいて
明快に答えています。

「訳の解らないコンニャク問答」とかではありませんよ。
見事に、正確に、明確に、答えています。
仮に、100万の質問を並び立てても「指一本」で、そのすべてに答えることが出来るのです。

しかし、解る方は少ないようです。
結果【質問に答えていない】と叫ぶか、です。


解らない方は、疑問すべてが
 「 もしかしたら、、、想定外、、、なのかもしれない、、、」と、
多少なりとも、感じて頂ければ、うれしいです。


一切が消滅しているのですから、一切を認めることはありません。


417 :オレって名無しかよ!?:2012/09/01(土) 09:05:55.16 ID:FlM51Bim
言葉で説明しておいて、理解するなと言うのも無理な話だ。

理解するなと言うならば、最初から言葉で説明しないで

中指1本立てておけばイイ

418 :ろん:2012/09/01(土) 11:57:56.21 ID:bC5RN4ye
中指じゃないと思うがな。。ww

419 :ろん:2012/09/01(土) 12:02:19.59 ID:bC5RN4ye
そもそも認識が誤りなんだから、認識の外を示すしかない。。

解ったらウソですよ、解らないのがホントですよ。。

あるいは拈華微笑、庭前の柏樹子、一指頭と言うことになる。。

解ったらウソ、認識の中で説明したらウソを、老婆心説に説明してるんだよ。。w

蝉の鳴き声でもなんでもいいんだよ。。

420 :ろん:2012/09/01(土) 12:05:23.63 ID:bC5RN4ye
認識が誤りってミスリーディングか。。

悟りは認識の中にない、認識に囚われるのが迷いの元である、くらいかな。。

ほいで、坐ると実際において、認識の外のものと一つになっていくわけ。。

421 :神も仏も名無しさん:2012/09/01(土) 17:44:26.46 ID:tJUdm2Wb
上の方で神秘体験 神秘体験って 言ってるけど

このスレの人達は、パタンジャリを始めとする古典ヨーガと

ゴーラクナートに代表される中世期のヨーガを区別して

話しているのですか? 

これらを一緒の神秘体験として話しているなら、全く

的外れももいい所ですよw

422 :神も仏も名無しさん:2012/09/01(土) 21:44:19.82 ID:LsFeRXIj
本当だ〜。的外れだ〜。
ちゃんと文章よもうね。

禅、仏法の解脱と神秘体験は違うといってるんだよ。
んで区別してなくて一言で「神秘体験」にまとめちゃってるでしょw

禅や仏法での悟りに神秘体験はいらんといってるの。
ね?どっちが的外れかわかった?

423 :神も仏も名無しさん:2012/09/01(土) 22:19:30.69 ID:tJUdm2Wb
やっぱり、そうか 区?がついていないねw

禅、初期仏教の解脱は、パタンジャリの立場と同じようにエクスタシーに価値を

置くことはない。つまり、初期の仏教・ヨーガでは、解脱が説かれる時ですら

通常イメージするような神秘体験から程遠いものだという事が分かる。

具体的に、どう違うかというと、禅や初期のヨーガ・仏教の瞑想は、アルファ波を出して

所謂リラックス状態になると言うものだが、中世期のヨーガや一部の仏教の瞑想は、

大げさに言うと覚せい剤やセックス時のエクスタシーを神秘体験と言っている。

これらを、一緒に考えている間は、お話になりませんねw


424 :神も仏も名無しさん:2012/09/01(土) 22:39:38.47 ID:LsFeRXIj
>>396
@http://www2.atpages.jp/kjrshoji/ebi-kani/html/hanagumo8jinmen.htm
Ahttp://www.bycomet.com/2011/01/119.html
上に貼ったリンクは@が人面グモのURLでAが年間死亡者数の記事ね。
まず、@なんだけど
人は生得的に「人の顔」を認証する機能が備わってるようで、
それは大昔から敵か味方を瞬時に判断したり、
現代でも表情やしぐさからコミュニケーションをとりやすくする為のものなんだって。
だから全然違うものでも脳が勘違いして「人の顔があった」とか霊的なものと誤認してしまうんだってさ。
だからほら、ハナグモも人の顔に見えるでしょ?
で、Aなんだけど、おたくが貼ったしゅすいさんのHPに、
>日本は昨今怨霊塗れになり年間取り憑かれて死ぬ者が一気に300万人に達し更に増加中だ。

という記述があるんだけど3倍くらい死んでることになってるよね?
それに毎年死んでる日本人は全員怨霊に呪い殺されてるのかな?
あと悟りスレにも貼ったけど普通に考えてこの怨霊って一人一体だよね?
今まで死んだ人、空海(あ、死んでないんだっけw 奥の院に即身成仏されてるんだよね)も
釈尊も入れて全員怨霊化してたとしても世界で死んだ人は約3200億くらいらしいよ。
でも京ほどの怨霊が綾部にいるんだよね?
今まで世界で死んだ人の約3万1250倍もの怨霊が綾部にいるのはどうしてなのかな?
ここんとこちゃんと説明してくれないとね。



425 :神も仏も名無しさん:2012/09/01(土) 22:45:40.10 ID:LsFeRXIj
>>423
ほんとだお話にならないねw
もっかいろんの記述読んでごらん。
そういった「体験」と解脱は別物と書いてるけど、
あなたの記述に、
>禅や初期のヨーガ・仏教の瞑想は、アルファ波を出して
と、書いてあるよね。
ろんの記述には、
>>411-412と、書いてあるね。

ほんとお話にならないねw

426 :神も仏も名無しさん:2012/09/01(土) 22:54:05.43 ID:tJUdm2Wb
>>公案修行では意図的に参禅者を追い込みますので「寝不足、疲労、困窮」等も重なり、極限状態に
>>追い詰められた参禅者はよく【おかしな体験】をします。

回峰行的な修行と禅や初期のヨーガ・仏教の瞑想は、違うでしょ

こんな時間に笑わせないでw

427 :神も仏も名無しさん:2012/09/01(土) 23:33:14.66 ID:LsFeRXIj
>回峰行的な修行と禅や初期のヨーガ・仏教の瞑想は、違うでしょ

うん、違うよ。
んで禅とヨーガ、初期仏教もちがうよ。
だいたい禅に瞑想などない。
こんな時間に失笑させないでくれw

428 :神も仏も名無しさん:2012/09/01(土) 23:45:06.22 ID:tJUdm2Wb
違いが分かったなら、よかったw

禅とヨーガも初期仏教も違うが まずは、科学的な生理現象の区?が先立つ。

その次に初めて、細かい話。例えば、文献的な瞑想と禅・聖典や経典などの

話が出てくる。初めから、外道の神秘体験は、エクスタシーを得るとか単なる

極限状態の勘違いとしてしまうのは、それこそ大きな勘違いであり、繰り返すが、

まずは、諸法無我とか戯論寂静とかの主観的な理屈よりも、客観的な区?を

しなければならないw

429 :神も仏も名無しさん:2012/09/01(土) 23:51:36.67 ID:LsFeRXIj
ん?なんて書いてるの?
こっちのブラウザでは
「区?」てなってるよ。
区別かな?

どうも勘違いしてるようだけど他の教えはしらないが、禅は頭でするもんじゃないよ。
身体でするもんだ。

主観客観も哲学で色々と論争あるよね。
そういったもんを禅では一切扱わんよ。
主客などないっていってんだからね。

さ、夕方いけなかった犬の散歩いってくるわ。
じゃあね〜。

430 :神も仏も名無しさん:2012/09/01(土) 23:56:56.17 ID:tJUdm2Wb
禅と自称しつつも、やはり、理屈に縛られてたのか。
上で言ってるのは最初から、理屈じゃ無くて生理現象の話
理屈を拒否という形で、理屈に縛られてるようじゃ。的外れも納得だわw

>>さ、夕方いけなかった犬の散歩いってくるわ。
>>じゃあね〜。




(^_^)/~

431 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 01:24:09.29 ID:qS6AqBBY
ただいま〜。

ほほ〜、じゃあその生理現象ってのはなんの話?
ちょっと言ってることがイマイチ分かりづらいんだよね。
ちなみに禅てのも本来ないんだけどね。

432 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 06:18:14.55 ID:pkkpo9Y4
>>424
霊はそのままにしておくと何個にでも分割するんだよ。
仏像、マンダラ等の前で修行するのはその仏像等すべてににその仏の御霊が
入っているから。そんなこともわからないの?
ちょっとまずいなぁ。
感覚鍛えたほうがいいよ。最低でも肉食厳禁。
それで何年かすればわかるようになるよ。


433 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 06:36:14.56 ID:pkkpo9Y4
>>424
それが正しい情報だとなぜわかる?
今現在の公的なデータに信用できるものはないね。
知っていると思うけど。

434 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 07:32:16.59 ID:qS6AqBBY
>>432-433

等と、意味不明の供述をしており、動機は未だに不明。

435 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 07:41:36.52 ID:qS6AqBBY
>>432
やった〜!やっぱり分割か!
いやー、彼女に霊が分割するんじゃないか?て言ってたんだけど当たりだったわwww
んで君の言葉でレスしとくよw
それが正しい情報だとなぜわかる?←君の

>そんなこともわからないの?
うん、わかんないw 分かったらおれ病院行きだよw
肉食厳禁てだからなんでそんなことしてんの?不殺生戒じゃないのか?
何年か肉食厳禁にしたら病院行きなんだへーw


436 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 07:48:25.41 ID:qS6AqBBY
>>433
いやいや君の文章よりはるかに公的なデータのが信用できるよw
いい?300万人も毎年死んだら40年で日本に人がいなくなるよw
近年死者が増加してるのは猛暑と高齢化社会で
老人がたくさん死ぬというのが主な原因だよ、そんなことも知らないの?
中学生でも知ってるんだけどまずいなぁ...
それにね、毎年死んだ人、全員取り殺されとんの?
君の親はまだ生きてるかい?おじいちゃんおばあちゃん生きてる?親戚でもいいや友達でもね。
みんな取り殺されたんかい?w

437 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 08:27:31.29 ID:qS6AqBBY
公的なデータが信用できないなら君が悟りスレで引っ張り出してた量子論のwikiも信用ならないよねw
まぁ量子論自体まだまだ未発展で「論」だからね。
法則にまでなってないあくまで仮説にすぎないけどねw

だいたいそんな怨霊なんかよりね、飛行機事故で死ぬ確率と変わらんくらい、
人類というより地球上の生物が根絶やしになる確率があるんだよw
んなこと言ってる場合じゃねーんだよほんとは。
一応貼っとくけどこれは統計の科学の話だからおまえの真言のアフィリの為に利用すんなよ。
巨大隕石が衝突したら取り殺すどころか生物すべて瞬殺するんだからなw
真言宗もアフィリする時代か・・・
なんかさもしいよな。

http://www.youtube.com/watch?v=SWQaTOj1H4A

438 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 08:42:11.52 ID:pkkpo9Y4
>>435 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 07:41:36.52 ID:qS6AqBBY
>>432
やった〜!やっぱり分割か!
いやー、彼女に霊が分割するんじゃないか?て言ってたんだけど当たりだったわwww
んで君の言葉でレスしとくよw
↑なぜ分割は正しい情報と考える?

それが正しい情報だとなぜわかる?←君の←君の(qS6AqBBY)

>そんなこともわからないの?
うん、わかんないw 分かったらおれ病院行きだよw
肉食厳禁てだからなんでそんなことしてんの?不殺生戒じゃないのか?
何年か肉食厳禁にしたら病院行きなんだへーw

仏教語るなら当然。
もしかして肉食してんの?

439 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 08:48:23.46 ID:pkkpo9Y4
436 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 07:48:25.41 ID:qS6AqBBY
>>433
いやいや君の文章よりはるかに公的なデータのが信用できるよw
いい?300万人も毎年死んだら40年で日本に人がいなくなるよw
近年死者が増加してるのは猛暑と高齢化社会で
老人がたくさん死ぬというのが主な原因だよ、そんなことも知らないの?
中学生でも知ってるんだけどまずいなぁ...
それにね、毎年死んだ人、全員取り殺されとんの?
君の親はまだ生きてるかい?おじいちゃんおばあちゃん生きてる?親戚でもいいや友達でもね。
みんな取り殺されたんかい?w

なぜ公的データのない分割という自分の情報は信じて、
なぜ公的データのある情報は公的データを信じるの?
あなたの信じるものは公的データなんだ?それと自分の予想。それと昔から言われていること。
現在、日本は急激に人口が減っている。さらに世界も世界の環境破壊知らないの?

440 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 08:54:36.11 ID:pkkpo9Y4
437 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 08:27:31.29 ID:qS6AqBBY
公的なデータが信用できないなら君が悟りスレで引っ張り出してた量子論のwikiも信用ならないよねw
まぁ量子論自体まだまだ未発展で「論」だからね。
法則にまでなってないあくまで仮説にすぎないけどねw
↑学者だったら信じるんだ?自分で正しいかどうか判断できないの?
それが正しい情報かどうか自分で判断できたほうがいいよ。
だれかの情報を調べるのもいいけど自分で判断できないと大人とは言えないね。
君いくつ?

だいたいそんな怨霊なんかよりね、飛行機事故で死ぬ確率と変わらんくらい、
人類というより地球上の生物が根絶やしになる確率があるんだよw
んなこと言ってる場合じゃねーんだよほんとは。
↑意味がわからない。詳しく正しく誰にでもわかる書き方で書き直して。

一応貼っとくけどこれは統計の科学の話だからおまえの真言のアフィリの為に利用すんなよ。
巨大隕石が衝突したら取り殺すどころか生物すべて瞬殺するんだからなw
真言宗もアフィリする時代か・・・
なんかさもしいよな。

陰謀論好きなんだ。

441 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 08:57:54.78 ID:qS6AqBBY
>>438
正しい情報だー?
情報に正しいも間違いもねーよw
いいか?信じるというのは信じないと同じことなんだよ、わかるかな?
肉食どころか酒も呑んでるべ。
あの戒律を釈尊が作ったのは当時、出家した比丘たちや時代背景もあってのことだよ。
何度も言うがなぜ肉食禁止なんだ?
理由が分かってないならする意味ないよね。もしかして分かってないから返事しないのかw
あと動物がダメで植物や微生物が死滅するのはなぜOKなんだい?
んであんた出家してんの?


442 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 09:06:40.01 ID:qS6AqBBY
300万人も毎年死んでねーよw
4年で1200万人も死ぬことになるんだぞ全部取り殺されてなwありえねーわ。
判断?判断など最低限のことできてりゃ人並みの生活は送れるんだよ。

その動画みて意味分からないならもう分かんないんじゃない?w
おまえが人類全員、怨霊で取り殺されてる説を展開してるから
もっと凄い話引っ張りだしてきただけで普段からんなこと気にしてねーよ。
人間死ぬときが来たら死ぬ。それだけだ。
だいたい死ぬてのも人間が勝手に作り出した概念で、
諸行無常の一つに過ぎんからな。
三回クリックしないと祟るて書いてあったじゃねーかw
アフィリでなくてなんなんだよw

443 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 11:18:13.59 ID:zNNU+yQW
441 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 08:57:54.78 ID:qS6AqBBY
>>438
正しい情報だー?
情報に正しいも間違いもねーよw
いいか?信じるというのは信じないと同じことなんだよ、わかるかな?
肉食どころか酒も呑んでるべ。
↑だからそんな子供みたいな考えなんだね。

あの戒律を釈尊が作ったのは当時、出家した比丘たちや時代背景もあってのことだよ。
何度も言うがなぜ肉食禁止なんだ?
↑釈迦は戒律を作っていない。適当な情報を書かないようにしよう。

理由が分かってないならする意味ないよね。もしかして分かってないから返事しないのかw
あと動物がダメで植物や微生物が死滅するのはなぜOKなんだい?
んであんた出家してんの?

植物と動物と魂の種類が違う。動物と人間は同じ種類の魂を持っている仲間。
肉を食べるのは共食いと同じ。日本は仏教、神道の国。肉を食べ始めたのは明治以降。
肉食の歴史などない。

出家しているよ。
あとqS6AqBBYは酒飲んでるから大人なんだろうけど、子供みたいな文章でわかりにくい。
食べることをなんで死滅って書いてるの?



444 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 11:30:23.17 ID:zNNU+yQW
442 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 09:06:40.01 ID:qS6AqBBY
300万人も毎年死んでねーよw
↑なぜわかる?
4年で1200万人も死ぬことになるんだぞ全部取り殺されてなwありえねーわ。
↑4年前から急激に人が減り続けている。それと同時に人が生まれているの知ってる?

判断?判断など最低限のことできてりゃ人並みの生活は送れるんだよ。
↑???

その動画みて意味分からないならもう分かんないんじゃない?w
おまえが人類全員、怨霊で取り殺されてる説を展開してるから
もっと凄い話引っ張りだしてきただけで普段からんなこと気にしてねーよ。
↑その説おれじゃないよ。やはり文章の意味がわかってないね。読解力を身につけよう。(肉食やめよう。)もしかして勝ち負け気にしてる?文章なのに。おれのほうがすげぇみたいな。
人間死ぬときが来たら死ぬ。それだけだ。
↑そうだね。
だいたい死ぬてのも人間が勝手に作り出した概念で、
諸行無常の一つに過ぎんからな。
↑意味を理解してから使いましょう。
三回クリックしないと祟るて書いてあったじゃねーかw
アフィリでなくてなんなんだよw
↑ギャグだよ。だから読解力ないっていってんの。冗談と本当の判断もできていないよ。
ちゃんと生活できてる?人のギャグを理解できずに本気で怒ったりしてない?


445 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 12:05:22.95 ID:qS6AqBBY
>>443
考えなどではないよ。

はー?そもそもどんなお経でも釈尊入滅後800年以上経ってから出来たもので
本当かどうかなど誰にもわからんことだが、一応釈尊が説いたとされることを前提として、
たとえばダンマパダに、
「生き物を殺し、虚言(いつわり)を語り、世間において与えられていないものを取り、他人の妻を犯し、
穀酒・果実酒に耽溺(ふけりおぼれ)する人は、この世において自分の根本(ねもと)を掘りくずす人である」
とある。
さらに言えば釈尊は当時、サンガ(僧団)を率いてた。
どんな集団にせよ、統制をとるために戒律を設けるのは当然だろw
野生の動物にも一定のルールがあるのにおまえはあほかw



446 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 12:13:41.49 ID:qS6AqBBY
続き
>>443
www おまえさ〜 それでも子どものころ肉食っただろ?それどーすんだおまえ?
加持祈祷して浄霊したってか?w
あとさ、戦国時代の最も高級とされる料理が鴨鍋な。 はいこれ肉食ね。
明治以降は神戸に在住していたハンター卿が牛肉をステーキにして食べたことのことだろw
適当なウソを並べるなあほw

魂www おまえさ、一粒のお米にも八十八体もの仏がいるので大事に食べなさいという教えもあるんだよ。
あのね、お米(稲)もわらびも三つ葉も生きてるの。
なんだおまえんとこの真言は自然科学に基づいて植物と動物は魂が違うという種分けしとんのかw 
おまえさ、さっきから言ってることが誰にも本当かどうか分からんことばっかりいってるよ。
それにおまえこうやって言い合いすることは戒律に禁じられてないのか?え?
あとな、大事なことだが空海は「人の役に立て」という事を説いたと聞いたぞ。
今んとこおまえは人を怖がらせようとしてアフィリかランキングか知らんけど我利に走っとるようにしか見えんぞw

447 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 12:21:25.38 ID:qS6AqBBY
>>444
分かるわからないんじゃないんだよあほw
そんだけの人が先進国で死んでたら毎日そのニュース流れるわw
しかもおまえ肝心のことに答えてないが統計局発表の毎年死んでる人数の2倍もの日本人が死んでてそれ全部怨霊に取り殺されたんか?
全部死因はそれか? 笑わせんじゃねーよw

はい、誰もいってない勝ち負けという概念出してきたのお前の方ね。オレいってないぞw
単におまえがキチガイみたいなことばっか書いてるからおかしいんじゃねーのって突っ込んでるだけじゃんw

読解力?w あのな〜 人てのはな、自分自身の六識しかないんだよ。
わかるか? たとえばご飯食べたらおまえは一生おまえの味わいだし、おれが食べたら俺だけの味が一生するんだよ。
それと同じように理解だの読解だのはな、一生自分限定のものなんだよ。
だから悟りってのも自分で答えだすしかねーんだろ。
他人が悟っても自分が悟ったわけじゃねーんだよ。
ちなみにオレがおまえに突っ込んでるのも全部ギャグだけどおまえの読解力で気づけたか?w


448 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 12:31:28.55 ID:NjzStGJ5
>>431
>>ちなみに禅てのも本来ないんだけどね。
あなたは、すごく理屈に縛られてるね。なんでもかんでも、理屈をないって言いたい気持ちはわかるけど気が早すぎるw

そこまで、理屈に縛られてるようじゃ一回。禅や仏教から離れた方がわかりやすいかもしれない。

人間なら誰でもある(生理的な)体験として話すと、アナタは、お腹を壊した事あるでしょ。

ゴータマ・ブッダも下痢ピーで体調を壊したことは、有名な話。つまり、生理現象は、仏教信じてるとか

信じてないとか関係ない。ゴータマ・ブッダもお腹の痛みを感じただろうし、当然の様に悟ったとか悟ってない

とかは、ココでは関係ない。まだ、禅なら、そんな腹痛も本来ないんだよね(笑)とか言うなら、救いようが無いんだけど・・・

ここまでいいよねw

449 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 12:32:11.99 ID:NjzStGJ5
>>ほほ〜、じゃあその生理現象ってのはなんの話?

ここまで言ったら、さすがに分かると思うけど、人間なら誰でも起こりえる生理的な現象のこと。

神秘体験は、大きく分けて2つあることは、上で示したので、ココでは繰り返さないけど、簡単に

言うなら、アナタもセックスとかオナニーしたことあるでしょ。あと、仕事の後に自分の部屋とか実家とか

安心出来る場所に帰るとリラックスするでしょ。その限り無い延長線上に神秘体験と言うのがあるの。と言っても

簡単に独学で体験できるものではないし日常では考えられ無いほどの隔たりがあるから「神秘」と呼ばれるのだけどねw

同じ神秘でも、セックスの時の興奮と自分の部屋にいてリラックスしている状態は、違うでしょ。つまり、そこはちゃんと区別しないと

いけないわけ。その区別の先に、アナタが、禅を押すように宗教上の区別が出てくるわけ。私に、言わせれば、そんな区別ナンセンス

なんだけど、信教の自由は、認められてるんで、なんでもいいですわw

450 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 12:44:19.53 ID:zNNU+yQW
443 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 11:18:13.59 ID:zNNU+yQW
441 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 08:57:54.78 ID:qS6AqBBY
>>438
正しい情報だー?
情報に正しいも間違いもねーよw
↑どういうこと?
いいか?信じるというのは信じないと同じことなんだよ、わかるかな?
↑書いている意味の本質はわかるが、(主観のみの考え客観無視)上の文章は成立しない。わかるかな?
文章の意味、言葉の意味を理解していない。(なぜ釈迦が文章で残さなかったのか考えたほうが良い。)

さらにこちらですが
445 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 12:05:22.95 ID:qS6AqBBY
>>443
考えなどではないよ。

これは自分の状態を説明するのには適応できる。(その事象が主観のみであれば正しいも間違いもない)
しかし上の場合の情報というのが客観からできているものなので客観のものは正しい、間違いは存在する。
こうやって書けばわかるかな?


451 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 12:47:52.19 ID:zNNU+yQW
はー?そもそもどんなお経でも釈尊入滅後800年以上経ってから出来たもので
本当かどうかなど誰にもわからんことだが、一応釈尊が説いたとされることを前提として、
たとえばダンマパダに、
「生き物を殺し、虚言(いつわり)を語り、世間において与えられていないものを取り、他人の妻を犯し、
穀酒・果実酒に耽溺(ふけりおぼれ)する人は、この世において自分の根本(ねもと)を掘りくずす人である」
とある。
↑じゃー肉食やめたら。釈迦が説いたとするなら。

さらに言えば釈尊は当時、サンガ(僧団)を率いてた。
どんな集団にせよ、統制をとるために戒律を設けるのは当然だろw
野生の動物にも一定のルールがあるのにおまえはあほかw
↑意味がわからないから、もう少しわかりやすくもう一回書いて。

452 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 12:53:51.69 ID:qS6AqBBY
>>448-449
理屈いってんのあんただぜ?w
理屈じゃない身体でするもんだっていってるだろ。
というか身体はずっとそうしてるけどね。観念だけが一人歩きしてるんだよ。
うん、あんた離れた方がいいね。科学だの禅だのヨーガだのを一遍に考えとるからね。
ま〜それを生業としてるならそれが仕事だからしょうがないんだろうけどね。 悟れないよねそれじゃあ。
セックスは一年くらいしてないしオナニーは一週間くらいまえにしたなー? で、それと神秘体験を区別しろ?
区別もなんもいらんよ。 セックスはセックス オナニーはオナニー 立派そうな体験は立派そうな体験。
諸行無常の一つというだけ。
「〜しなくてはいけない」なんてことはこれっぽっちもないぜ。


453 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 13:00:50.30 ID:zNNU+yQW
446 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 12:13:41.49 ID:qS6AqBBY
続き
>>443
www おまえさ〜 それでも子どものころ肉食っただろ?それどーすんだおまえ?
加持祈祷して浄霊したってか?w
↑自分で加持祈祷しなくても浄霊できるから。
あとさ、戦国時代の最も高級とされる料理が鴨鍋な。 はいこれ肉食ね。
明治以降は神戸に在住していたハンター卿が牛肉をステーキにして食べたことのことだろw
適当なウソを並べるなあほw
↑狩猟民族のことね。自分は日本人は農耕民族として考えている。

魂www おまえさ、一粒のお米にも八十八体もの仏がいるので大事に食べなさいという教えもあるんだよ。
あのね、お米(稲)もわらびも三つ葉も生きてるの。
なんだおまえんとこの真言は自然科学に基づいて植物と動物は魂が違うという種分けしとんのかw 
おまえさ、さっきから言ってることが誰にも本当かどうか分からんことばっかりいってるよ。
それにおまえこうやって言い合いすることは戒律に禁じられてないのか?え?
あとな、大事なことだが空海は「人の役に立て」という事を説いたと聞いたぞ。
今んとこおまえは人を怖がらせようとしてアフィリかランキングか知らんけど我利に走っとるようにしか見えんぞw
↑自分は魂、霊、仏が見える。一粒のお米にも八十八体もの仏は入っていない。なんでその教えは信じてるの?間違いだよ。
そのサイトの文章全部読んで。qS6AqBBYまったく理解していないから。
写真とか、アフィリかランキングは見なくていいから。

ちなみに自分は仏教を完全に理解しているが、qS6AqBBYは理解しているとは感じられない。
なぜ釈迦がいったかどうかも確かでない情報を信じているのか教えてほしい。
さらになぜ釈迦ファンなの?釈迦が言ったことだったらなんでも信じるの?不思議。
教えてなんで釈迦ファンなの?
勝手に予想するがqS6AqBBYは現実に釈迦と出会っても、その人を釈迦とわからないどころか、
釈迦がおれ釈迦だよ。といってもおそらく釈迦にマジ切れだね。

454 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 13:12:14.09 ID:qS6AqBBY
>>450-451
やっぱ分からんかw
情報とはそれに触れたとき既に一つの完結体なんだよ。
それを認識した後にあれやこれや正しいや間違いかしてるのは二元的な見方をしてるだけ。

あら〜 ま〜主客二元論でググってみ。
哲学になるけど簡単にいうと、 主観と客観がある という説と、
主観だけで客観などというものは存在しない という説の支持者たちがずーーーっと論争してるのw
涅槃視点から見ればそんなもんないの。主観も客観も。

なぜ釈尊が文章に残さなかったか分かってるよ。
だから禅では以心伝心 拈華微笑というものが根本にあるんだろ。

客観も主観もないんだから情報というのも人間が作ったただの概念という便利なツールだよ。
ただそれだけのことをゴチャゴチャ考えるからおかしなことになるんだろ。

あのね〜、上にも書いたけど時代が違うの。さらにオレは釈尊みたいに集団を率いてる訳でもないし属してるわけでもないの。
あの時代の比丘だから意味があったんであって今の時代には意味をなさないの。
飯の当てが乞食行しか認められてなかったんだからああいう戒ができるのもごく自然なものなわけ わからんだろうけどなwここまで言ってわからんのだから。

www 中学生にも分かり易いように書いてるんだが分からんのか。 じゃあおまえ掃除だけしとけ。それだけで悟れるぞ。
集団でいるのに個人が好き勝手してたら統制がとれないのわかる?
サッカーとか野球したことある? それぞれのポジションがそれぞれの役割を果たさないとチームは成立しないの。
これたぶん小学生でもわかるな。
たとえばサッカーでな、全員がボールもって攻めたいからってそればっかりだったらどうなる?
誰かがドリブル突破されたら守ってんのキーパーだけになるぜ?
たとえば野球で全員ショートが守りたいっていったら他の守備位置にガンガン打たれたらどうする? 何らかのルールが必須なんだよ集団行動には。言ってることわからんか?
だから釈尊ご存命当時のサンガに戒律があってもなんら不思議ではないっていってんの。

455 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 13:15:15.62 ID:NjzStGJ5
>>452
>> 悟れないよねそれじゃあ。

悟りたいんですね わかります 

同じように天国に行きたい人は、沢山いますからね わかりますよw精々がんばって(^^ゞ

私は、禅宗の系統にいるんで、そもそも悟る必要などありませんけどw(それでも修行は、必要ですよ)

>>区別もなんもいらんよ。 セックスはセックス オナニーはオナニー 立派そうな体験は立派そうな体験。

よく分かってらっしゃる そういう区?が必要なんです。アナタは、上で、仏教(禅)とそれ以外という的はずれな分け方をしていたのが嘘のようです

諸行無常とか、実体験に基づかい言葉(理屈)を使うまでもなく。あなた自身で、腹痛とセックスの違いは分かるでしょうw

実体験に基づかない理屈による理解ではなく、自らの体験に基づく理解それが、本当にさとるということです。

お経をいくら読んでも、諸行無常について幾ら深い理解をしても「悟れないよねそれじゃあ。」となるのは、禅宗なら当然のことですよねw

まさに、赤肉団上に一無位の真人です。

456 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 13:33:32.87 ID:qS6AqBBY
>>453
おまえほんと一から勉強しなおしたほうがいいんじゃない?
人類ってのはねおよそ200〜300万年前が起源ではないのかと今の人類学ではされてるわけ。
お前みたいに適当に言ってなくて放射線を利用して年代を調べたりちゃんと研究してる分野なんだよ。
でね、 人類が農耕を始めたのはほんの2〜3万年なの。わかる?
残りのおよそ197〜297万年のふり幅でほっとんど狩猟してたの。分かる? もちろん虫や植物も食ってただろうさw
だからね、【有史以前から人類は存在していてほっとんどが肉食してたの】←わからんかったらここだけ読めばいいw

だからそういう教えもあるという事実を伝えてるだけ。
信じても信じてなくもないw どっちでもいい。
どこ読んだらいいんだ?一応写真の下のでかい字は読んだけど?
五蘊を持たずればって無茶なこと書いてたね。
これは人に生来備わってる機能なの。 現にお前にも備わってるからオレの文章を多少は理解して返事してるんだろ?
だいたい持たずればなんて無茶いってるから色々と生まれてくるんだよ。全部そのまんま手をつけずに放下しろ。
>なぜ釈迦がいったかどうかも確かでない情報を信じているのか教えてほしい。

おいおいそれを言い出したらなぜ空海が言ったかどうか確かでもないことをおまえは信じ込んでるの?
そうだな〜 もし釈尊に会ってもおまえみたいなこと言い出したらゲンコツくれてやるかな。
おまえが言ってること全部おまえにブーメランなんだけどわかるか?




457 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 13:43:22.94 ID:qS6AqBBY
>>455
そもそもは悟りたかったな。 悟りを知りたかった。
しかしここにあることに気づいたからもういいよ。
あんたみたいな概念にがんじがらめの宗教学者や仏陀やキリストの生まれ変わりが病院にたくさんいるから行くといいよw
仲間ができるぜ。
また「区?」かw  おれのブラウザでは読めないんだがひらがなでなんて書いたか書いてみてくれ。
区別? 妙観察智のことか? 無門禅師が悟っても差別っていってたことのことかな?
別に区別とかもしてないよ。いちいちあれは風鈴だ。あれはセックスだったとか振り返ってない。
見たら見たまんま。 感じたら感じたまんま。
あんたに伝えるのに言葉にしてるだけ。
諸行無常は常に実体験あるよ。 現に今もほら。
これが無常であり無心ね。 いまコーヒー飲んだけどこれも無常ね。 いま言葉にした幾万倍もの無常がそこかしこにあるよ。
無位の真人とか言い出すなら科学だのヨーガだの言い出すなよ。
的外れな分け方って元をたどってみ。その概念を持ち出したのが誰か。 ろんとかいうなよw ろんじゃオレじゃないからな


458 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 14:06:33.95 ID:qS6AqBBY
>>453
おまえさ、オウムの上祐がいまTV出てるけどおまえこんな風になるなよw
信じるも信じないも同じことだ。
そして悟った最後には仏法も悟りもすべて忘れてしまえ。
禅も真言も仏教も本当はありもしないもの。

悟りとはあるのでもないのでもない。
それを頭で扱えば観念になってしまってそれは違う。
じゃあ何がしかの立派な神秘体験したからといってそれが悟りといえばそれも違う。
パーピマンもいってたが何やら高次な存在になることを目指してるんだろうがそんなもんはない。
不動明王も虚空蔵菩薩もおらんし成れもせん。
おまえ自身がそれそのものであり、悟りであり仏なんだよ。
すべての人は既に問題解決済みの法体であり、涅槃に住してる。
唯一おまえの頭の中で夢みてる菩薩だの明王だの怨霊だのが見えておまえを苦しめてるだけだ。
風鈴をみてみろ。完璧な悟りを開いて法身を隠すことなくみせてるぞ。
壁でも山でもなんでもいい。 あらゆるものが成仏してるんだよ。
最後に大切なのは塩と味噌だよ。
おまえがここまでくるのに相当かかると思うが今までの教えを全て放下してひたすら打ち坐って実相に参じてみろ。
五蘊を持たずればなんてのは手をつけてる証拠。
そんなことできはしない。ありのままに自然にすればそれでいいんだよ。


459 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 14:16:01.78 ID:NjzStGJ5
>>457
>>無位の真人とか言い出すなら科学だのヨーガだの言い出すなよ。

実体験として、違う。科学やヨーガは、仮の例。客観的な認識論を語ることは、

主観客観を宗教上の理由から認めない仏教は、とても難しい問題だ。そこで、

そこで仮という形で主観を作り出して認識論を説いた唯識論ってのが出てきた。

科学やヨーガの例は、この類だと思えばいいさ。一無位の真人と言ったのは、あなたが

禅禅とくどいから。どちらにしても、初期と中世期のヨーガって言うのは、全く体験として

別なのにそれを「ヨーガ」と一括りにして語るのは、的外れだと言ってるだけw

これは、密教のタントラと禅宗の座禅を、仏教の同じ修行と言うようなもの。


あと、2chのような言語を媒体とするコミュニケーションで、言語を超えたものを語る時には、

科学など客観視できるものを挙げないと、反則だわ。言語から急に諸行無常とか言われても困る

三法印は、釈尊の悟りの内容なんだから、俗人に簡単に理解できるわけあるまいw

>諸行無常は常に実体験あるよ。 現に今もほら。

あなたは、釈尊のように理解できてるようだけどねw

460 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 15:00:40.45 ID:qS6AqBBY
>>457
まぁ言葉でそもそも語るのが無理なこと。
別に困らんでもいいがな。
達磨祖師も聖なるものなどなに一つないとおっしゃった。
趙州古仏は放下できぬなら担いどけと云われた。
生活舗はおもちゃだと云われた。

釈尊の様にかどうかは知らん。
今当たっている扇風機の風も無常。
陽の光が陰るのも無常。人の生死も、
うんこが出るのも無常。一切のものがそこにとどまってなどいない。
服きて腹減ったら食って疲れたら寝るだけだ。
諸行無常はいつも身近に溢れんばかり起こってる。

461 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 21:49:47.90 ID:qS6AqBBY
>>453
おまえにさ、ピッタリの友達がいるスレだよw
ノスタルジア 南無緑宇宙街とか エク・キリストだとか
名前ころころ変えるけど真宗の寺の息子らしくておまえみたいにわけわからんあちゃらの話ばっかしとるわw
たぶん気が合うとおもうよw

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1345170230/

462 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 22:28:39.62 ID:zNNU+yQW
端的に聞きたい。
何のために生きている?
どういう風に死にたい?


463 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 22:56:44.22 ID:zNNU+yQW
454 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 13:12:14.09 ID:qS6AqBBY
>>450-451
やっぱ分からんかw
情報とはそれに触れたとき既に一つの完結体なんだよ。
それを認識した後にあれやこれや正しいや間違いかしてるのは二元的な見方をしてるだけ。
↑これは世界にqS6AqBBY一人だけだった場合の話としては正しい。qS6AqBBYは50億人いる世界で生きている。仮に何かの情報があり49億999〜人がqS6AqBBYと逆の答えになった場合どうする。どちらが正しい?
それはqS6AqBBYの中では正しいが、この世界では間違っていることになると思わないか?

あら〜 ま〜主客二元論でググってみ。
哲学になるけど簡単にいうと、 主観と客観がある という説と、
主観だけで客観などというものは存在しない という説の支持者たちがずーーーっと論争してるのw
涅槃視点から見ればそんなもんないの。主観も客観も。
↑それの答えを上に書いた。
自分が死んだら世界が終わる。(主観のみ)
自分が死んでもほかの人の世界が続く(主観と客観)

なぜ釈尊が文章に残さなかったか分かってるよ。
だから禅では以心伝心 拈華微笑というものが根本にあるんだろ。
↑そういうのもあるが、文章にすると間違うやつが出るから。
言葉と文章と会話すべて違うのはわかるよね?

客観も主観もないんだから情報というのも人間が作ったただの概念という便利なツールだよ。
ただそれだけのことをゴチャゴチャ考えるからおかしなことになるんだろ。
↑客観も主観もないとqS6AqBBYは考えているがqS6AqBBYはなにか観じてるでしょ。それのことを主観といっているんだよ。言葉というのはなにかの事象を説明するためにある。言葉は設定なんだよ。さらにその人の言葉の意味に
依存するだから文章で残さなかったんだよ。悟りはすべての人に同じように感じられるがそれを言葉で説明した途端
にそれを悟った人の言葉の意味にその悟りは依存し、その悟りを聞いたものの言葉の意味に変換される。

464 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 22:57:16.01 ID:zNNU+yQW
あのね〜、上にも書いたけど時代が違うの。さらにオレは釈尊みたいに集団を率いてる訳でもないし属してるわけでもないの。
あの時代の比丘だから意味があったんであって今の時代には意味をなさないの。
飯の当てが乞食行しか認められてなかったんだからああいう戒ができるのもごく自然なものなわけ わからんだろうけどなwここまで言ってわからんのだから。
↑なぜ肉食しないかというと、魂が汚れるから、その動物の業がたまるのが理由。
なぜ原始時代に戻る必要がある。人間とは人と動物の間の生物。人になるために生まれてきている。
動物を食べることで、動物の魂に近づく。

www 中学生にも分かり易いように書いてるんだが分からんのか。 じゃあおまえ掃除だけしとけ。それだけで悟れるぞ。
↑???
集団でいるのに個人が好き勝手してたら統制がとれないのわかる?
サッカーとか野球したことある? それぞれのポジションがそれぞれの役割を果たさないとチームは成立しないの。
これたぶん小学生でもわかるな。
たとえばサッカーでな、全員がボールもって攻めたいからってそればっかりだったらどうなる?
誰かがドリブル突破されたら守ってんのキーパーだけになるぜ?
たとえば野球で全員ショートが守りたいっていったら他の守備位置にガンガン打たれたらどうする? 何らかのルールが必須なんだよ集団行動には。言ってることわからんか?
だから釈尊ご存命当時のサンガに戒律があってもなんら不思議ではないっていってんの。
↑たとえがへたでわからない。
すべての人がなんらかの制限のなかで生活しているということをいいたいのか?
すべての人がなんらかの役割をしているということをいいたいのか?であればどこに向かっていると思う?


465 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 23:06:33.68 ID:zNNU+yQW
452 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 12:53:51.69 ID:qS6AqBBY
>>448-449
理屈いってんのあんただぜ?w
理屈じゃない身体でするもんだっていってるだろ。
というか身体はずっとそうしてるけどね。観念だけが一人歩きしてるんだよ。
うん、あんた離れた方がいいね。科学だの禅だのヨーガだのを一遍に考えとるからね。
↑自分は科学、禅、ヨーガ、仏教、キリスト教等はひとつのことを違う視点で書いていると考えている。

ま〜それを生業としてるならそれが仕事だからしょうがないんだろうけどね。 悟れないよねそれじゃあ。
セックスは一年くらいしてないしオナニーは一週間くらいまえにしたなー? で、それと神秘体験を区別しろ?
区別もなんもいらんよ。 セックスはセックス オナニーはオナニー 立派そうな体験は立派そうな体験。
諸行無常の一つというだけ。
「〜しなくてはいけない」なんてことはこれっぽっちもないぜ。
↑正しい考えだと思う。
しかし自分はすべての人は得を積むために生まれていることを知っている。自分は魂が汚れる行為はしない。
魂が汚れる行為=得が減る。肉食は徳が減る。だれかの意見を否定するのは徳が減る。暴力行為は徳が減るのを
知っている。見えている。

466 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 23:17:25.07 ID:zNNU+yQW
458 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 14:06:33.95 ID:qS6AqBBY
>>453
おまえさ、オウムの上祐がいまTV出てるけどおまえこんな風になるなよw
信じるも信じないも同じことだ。
そして悟った最後には仏法も悟りもすべて忘れてしまえ。
禅も真言も仏教も本当はありもしないもの。

悟りとはあるのでもないのでもない。
それを頭で扱えば観念になってしまってそれは違う。
じゃあ何がしかの立派な神秘体験したからといってそれが悟りといえばそれも違う。
パーピマンもいってたが何やら高次な存在になることを目指してるんだろうがそんなもんはない。
不動明王も虚空蔵菩薩もおらんし成れもせん。
おまえ自身がそれそのものであり、悟りであり仏なんだよ。
すべての人は既に問題解決済みの法体であり、涅槃に住してる。
唯一おまえの頭の中で夢みてる菩薩だの明王だの怨霊だのが見えておまえを苦しめてるだけだ。
風鈴をみてみろ。完璧な悟りを開いて法身を隠すことなくみせてるぞ。
壁でも山でもなんでもいい。 あらゆるものが成仏してるんだよ。
↑立派なことをいっているが、これまでの文章から本人が理解しているとは感じられない。
最後に大切なのは塩と味噌だよ。
↑???
おまえがここまでくるのに相当かかると思うが今までの教えを全て放下してひたすら打ち坐って実相に参じてみろ。
五蘊を持たずればなんてのは手をつけてる証拠。
そんなことできはしない。ありのままに自然にすればそれでいいんだよ。
↑自分も実相を参じるが、 qS6AqBBYは自分よりがんばったほうが良い。


467 :神も仏も名無しさん:2012/09/02(日) 23:27:47.61 ID:zNNU+yQW
qS6AqBBYはなんで仏教おたくなの?
ほかのものにも目を向けると視野が広がりいろんなものの本質がわかるように
なってくるよ。
qS6AqBBYは自分が興味ないことはつまらないと思ってるタイプ?
仮に自分の趣味が編み物と書いたら、それに対し全力でバカにするタイプでしょ。
そんな女みてぇなことやってて悟り語るんじゃねぇよ。とか書きそう。

もう一回質問するけどなんで釈迦が言ったことがすべてだと思ってんの?
なんではるか昔の教えをいまだに正しいと思ってんの?
色即是空 空即是色は瞑想視点の話だよ。
現実(すべての人の世界)はすべて実在する。


468 :ベゲザン:2012/09/02(日) 23:34:39.69 ID:clDKDlqy
故障 クリティッシュ グルジェル

469 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 02:03:25.29 ID:CI6nShR6
>>462-467
いいからお前はノスと怨霊を緑の宇宙街に移動させる方法を相談しとけw

なんの為にも生きていない、死ぬときがくれば死にたい。

いま世界人口70億くらいだよな?
んじゃ残り20億くらいの賛成者がいるのか悪くないなw
なんの話かさっぱりわからんが残り50億が
お前みたいなこといったら今と同じ様なこと言うな。

あのなー、他人の世界なんか分かりっこねーんだよ。
客観なんか無い証拠にお前はおれのいう事が分からんのだろ?
お前の中で余計な知識や思い込みが邪魔しとんだろうな。
分かりっこねーから推測な。

うん、そうだな。釈尊は賢いから先々まで見通せたんだろう。
だから今伝わってる仏教のどれが本当に釈尊の教えで、
または全然違うのか誰にも証明は出来んのだよ。ということは要は自分次第だ。

お前からみてお前の観念で主観としてるだけだよ。
あるのは事象だけだ。
言葉に関してもな、全然重視してない。
その場限りの雨音みたいなもんだよ。
一粒ひとつぶ取り上げていちいち見解など持たん。

そのなんだ?動物占いだか魂だか業だか知らんから上のリンクから行ってノスと話し合ってくれ。
俺よりよっぽど真面目に答えてくれるぞ。

そうかw
たとえが下手で悪かった。要は集団で行動する場合戒律なりルールなりが必要だと言いたかった。


470 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 02:31:48.22 ID:CI6nShR6
>>465
なんかおまえアンカーみすってるだろ?
科学、禅、ヨーガ、仏教、キリスト教が一つの事を違う視点??www

誰かの意見を否定すると徳が減るのか?
大丈夫か?俺との絡みでだいぶ減ったなw

うん。理解なんぞいらんなー、あれば余計。
ほー、実相てのはなんのことだい?

んー?例えばなんだ?編み物いいんじゃないか。
オレは料理も洗濯も掃除も好きだぞ。
ゲームもするしなー。TVも好きだし、漫画も好きだぜ。
ギャンブルはうるさいから嫌いかな?
音楽もしてたし女も好きだし酒もあんま呑めんけど好きだな。
登山も好きだし、海泳ぐのも好きだし、
あー宗教と営業は嫌いかな?あとアムウェイみたいなんもな。
休みの日は弁当作って犬二匹と彼女とダム行って泳いだり車で600kmくらい遠く行ったり十分楽しんでるぞ?
彼女おるから女と遊べなくなったんはさみしいかなー?ま、なくても構わん。女にんか腐る程おるからな。たまにとてつもない女おるがだいたい似たようなもんだ。一回やったら冷める。
後は合間に坐るかな。
特に問題は何もないがなんか心配してくれてるのか?

瞑想視点とか考えるからそうなるんだろ。
ふつーに今も風がたゆたってて空だし、段々眠くなってきて空だしぜーんぶそうだぞ。
想念世界にばかり住する癖がつくとそういうおかしな考えになる。
今の自己の様子に参じていれば常に空と共にあるぞ。
今日の散歩はほんと透明な感じだったわ。
風が吹き笹や木々が揺れ、虫たちが鳴き、
月は光々として街のネオンは鈍い光、
信号機は点滅、公園で談笑する若いやつら。
どこもかしこも空だったよ。
さーねるわー、おやすみー。

471 :安堂:2012/09/03(月) 03:06:49.75 ID:w3GVhDZO
クズの妄言


472 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 03:22:25.66 ID:R9YtxKWq
>今日の散歩はほんと透明な感じだったわ。
>風が吹き笹や木々が揺れ、虫たちが鳴き、
>月は光々として街のネオンは鈍い光、
>信号機は点滅、公園で談笑する若いやつら。
>どこもかしこも空だったよ。
>さーねるわー、おやすみー。


ここは、日記帳かなにかか?

473 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 08:06:56.06 ID:CI6nShR6
んにゃ、

>色即是空 空即是色は瞑想視点の話だよ。
現実(すべての人の世界)はすべて実在する。

に対するレス。 
瞑想したときだけ空ではない。 それは常にそこかしこで起こってるってこと。 そしてそれがあらゆる実在の真相。

474 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 09:13:47.45 ID:43Uadzf1
470 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 02:31:48.22 ID:
>>465
なんかおまえアンカーみすってるだろ?
科学、禅、ヨーガ、仏教、キリスト教が一つの事を違う視点??www
↑わかんないかな?

誰かの意見を否定すると徳が減るのか?
大丈夫か?俺との絡みでだいぶ減ったなw
↑減るよ。
うん。理解なんぞいらんなー、あれば余計。
ほー、実相てのはなんのことだい?
↑現実世界。人生。生活。
んー?例えばなんだ?編み物いいんじゃないか。
オレは料理も洗濯も掃除も好きだぞ。
ゲームもするしなー。TVも好きだし、漫画も好きだぜ。
ギャンブルはうるさいから嫌いかな?
音楽もしてたし女も好きだし酒もあんま呑めんけど好きだな。
登山も好きだし、海泳ぐのも好きだし、
あー宗教と営業は嫌いかな?あとアムウェイみたいなんもな。
休みの日は弁当作って犬二匹と彼女とダム行って泳いだり車で600kmくらい遠く行ったり十分楽しんでるぞ?
↑良いと思う。
彼女おるから女と遊べなくなったんはさみしいかなー?ま、なくても構わん。女にんか腐る程おるからな。たまにとてつもない女おるがだいたい似たようなもんだ。一回やったら冷める。
↑ちょっと自慢入ってるね。
後は合間に坐るかな。
特に問題は何もないがなんか心配してくれてるのか?
↑していない。間違いを指摘しているだけ。

475 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 09:14:37.49 ID:43Uadzf1
瞑想視点とか考えるからそうなるんだろ。
↑CI6nShR6が瞑想視点のみになってるのを気付かないかな?
ふつーに今も風がたゆたってて空だし、段々眠くなってきて空だしぜーんぶそうだぞ。
↑文章が矛盾している。すべてが空であれば認識できない。風が存在し、空も存在している。瞑想視点では存在の概念が逆になる。物質は存在しないことになる(瞑想=魂視点=仏視点=死後の世界)

想念世界にばかり住する癖がつくとそういうおかしな考えになる。
↑逆。CI6nShR6が想念世界に住んでいる。
今の自己の様子に参じていれば常に空と共にあるぞ。
↑自分の文章を読み返せば矛盾していることに気付けると思う。
今日の散歩はほんと透明な感じだったわ。
風が吹き笹や木々が揺れ、虫たちが鳴き、
月は光々として街のネオンは鈍い光、
信号機は点滅、公園で談笑する若いやつら。
↑すべて存在している。
どこもかしこも空だったよ。
さーねるわー、おやすみー。
↑どこが空なんだよーー。すべて空だったらなにも感じないだろーーー。
空は言い換えると仏視点。CI6nShR6は仏じゃなく人間でしょ。
さらに瞑想もできないでしょ。瞑想やったほうがいいよ。それでわかることあるよ。

CI6nShR6に質問。空は物質(事象)として存在しないという意味で空を考えているか?

476 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 09:18:57.84 ID:43Uadzf1
473 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 08:06:56.06 ID:CI6nShR6
んにゃ、

>色即是空 空即是色は瞑想視点の話だよ。
現実(すべての人の世界)はすべて実在する。

に対するレス。 
瞑想したときだけ空ではない。 それは常にそこかしこで起こってるってこと。 
↑ということは空ではないということを言っていることにまだ気付かないのかな?
そしてそれがあらゆる実在の真相。
↑なにも説明できていないし、なにも証明できていない。のにまだ気付かないのかな。
だれか同じ考えのような人がいたが、CI6nShR6はみんなが存在すると思っているものを。空だといっているだけ。
まったく釈迦の意図をわかっていない。


477 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/03(月) 09:37:36.98 ID:y8VTizpn
>>476
>まったく釈迦の意図をわかっていない。

この場合、釈迦の意図ってどんなだ?

478 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 09:43:16.54 ID:43Uadzf1
>>477
囚われるな。

479 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/03(月) 09:55:55.16 ID:y8VTizpn
>>478
「囚われるな」だったら、素直に「囚われるな」って言えばイイと思うけど
どうして面倒くさい「空」とか「縁起」とか持ちだしてきたの?

480 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 09:58:24.31 ID:CI6nShR6
>>474
わからんな〜 そこまで科学もヨーガも仏教もキリスト教も知らんからな。 前までは知りたかったけど今は別にいいかな。

徳が減るのにいいのか?こんなことしてて。
オレはそんなもん自然でいいとおもうけどな。助けたい状況があれば助ければいいし、助けれないなら助けなければいいし。

そう。あらゆる目にする触ること、感受できる全てが実相。
そこに参じ続けて居れば怨霊なんておかしなもんみなくなる。

自慢になるのか? 普通だとおもうぞ。 ま〜経験だな。
たまにビックリするくらいいい女いる。あれは観音様だw

間違いなんかない。ひたすら坐ればこのことにいずれおまえも気づく。

はぁ?おまえ空ってなんだ? そこがまちがっとるんじゃないか。
そのなんちゃら視点はおまえの妄覚。

いや残念ながら上にも書いたとおり、ここに来たりTVや漫画を見入ってるとき以外はだいたい実相に居る。
もっと本来の自己に親しめということだ。
あとな、矛盾というのは想念世界そのものな。 実相に矛盾もへちまもない。ただあるがまま。
散歩の様子は存在の話じゃねーよw 空の話してるんだよ。
瞑想などしない。ただ打ち坐るのみ。 坐を組んでなにかを観想したり、呼吸をみたり、念仏や真言を唱えるほうがはるかに簡単。
ただ坐ってなにもしない。 これが一番むずかしい。 
ただ坐があるだけ。 自受用三昧。
おまえが答えてから質問に答えてやるよ。

いやおまえの瞑想してるだけってのは二元の始まりだ。
わからんだろうから簡単に、
「瞑想してる時点は空⇔瞑想してない時点は実相」という状態が生まれる。 これを二元という。
ちがう。諸法は実相にして無相 故に無我。

481 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 10:16:00.62 ID:CI6nShR6
>>479
オレムも気をつけんとこいつに取り憑かれるぞw
パーピマンにこいつ煩悩と執着をいつでも断てるって言ってた割りにずっと俺に執着しとんねんw
んなもん2chに来ておかしなこと言えば叩かれまくるの当たり前なのにな。
真言の修行とやらもずいぶんぬるいんだな。
オレの知り合いの真言の阿闍梨はこいつみたいなこと一切言わんからな。
5年くらい前で92歳だったからもう遷化されたかな〜。あの人は本当に悟ってたわ。迷いが一切ない。TV大好きだしw

482 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/03(月) 10:24:28.68 ID:y8VTizpn
>>480
>諸法は実相にして無相 故に無我。

諸法が実相にして無相なら、「無我」って呼んじゃうのはマズイよね。

483 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/03(月) 10:26:50.27 ID:y8VTizpn
>>481
>オレムも気をつけんとこいつに取り憑かれるぞw

アリガト、気を付けるよ。

484 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 15:41:06.64 ID:CI6nShR6
>>482
なにがマズイ?

無相というのは無我を示す。


485 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 15:43:48.91 ID:CI6nShR6
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1344146189/l50

おい、ノス おまえのお仲間がここにきとるぞ〜。
なんでも日本は世界を破滅できるほどの怨霊まみれだそうだ。
それを法力で除霊できるほどの実力があるそうな。
おまえのこと紹介したんだがどうしても天空寺いかんからおまえから行って相手してやってくれw
怨霊パワーが凄すぎてオレには相手できんわ。
ひょっとしたらノスより上かもしれんぞ?

486 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/03(月) 15:53:33.31 ID:y8VTizpn
>>484
>諸法は実相にして無相 故に無我

「無我」が余計だね。
一流シェフの完璧な料理に、醤油をダボダボ掛けるようなものだよ。

487 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 16:03:09.91 ID:CI6nShR6
>>485 ミスったw

>>486
ww 

諸法無我って聞いたことないんか?

前も言ったはずだが無我とは自我の反対じゃないぞ。
あれ?オレムじゃなかったっけ?

488 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 16:16:21.05 ID:/9cFkPkG
ハゲの寝言聞いてたら醤油うどんが食いたくなってきた。
香川県の醤油とウドンは最高だ。


489 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/03(月) 16:26:20.96 ID:y8VTizpn
>>487
オレ、オレム!!
気分転換にコテハン変えてみた。

>諸法無我って聞いたことないんか?

聞いたことあるよ。
別に「無我」がダメって言ってる訳じゃないよ。
「諸法は実相にして無相」ってキレイに韻踏んでるのに
わざわざの無我つけ足さなくてもイイじゃんって言ってるの。

490 :ノスタルジア:2012/09/03(月) 16:27:28.49 ID:wD8E9nzq
>>469 >>いいからお前はノスと怨霊を緑の宇宙街に移動させる方法を相談しとけw

いや俺の言う緑の宇宙街はそんな怨霊がいる場所じゃないから?俺の相手は怨霊しかできないとでも?

怨霊達は追いやられて死んだつまり善い人がいっぱい怨霊として日本にいるんじゃないかな。

491 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 16:31:46.17 ID:/9cFkPkG
>>490
肉食妻帯は浄土真宗の看板らしいじゃねえか。
ひよってねえでお互い看板背負ってやり合えよ。

492 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 16:37:32.20 ID:CI6nShR6
>>489
別にわしゃ詩書いとるんじゃないよ。
なぜ諸法が無我なのかわかっとらんバカに諸法は実相、実相は無相、だから諸法は無我と説明してあげたんだよ。
本当はこれらも無くして行くんだがオレはあと30年以上かかるだろうな。

>>491
ノス上の350付近にそいつがリンク貼ってるからみに行ってやってくれ。
それがな、なんと怨霊は1人一体ではなくいくつも分裂して最低でも一京(一兆の一万倍)にまでふくれあがってるそうだw
このままでは日本は破滅するからとりあえずノスと真言バカの法力で宇宙街に怨霊を引っ越しさせて降魔覆滅してくれんかw

493 :ノスタルジア:2012/09/03(月) 17:42:16.46 ID:wD8E9nzq
>>492 まあ僕は世俗を逸脱した僧侶ですので、最初から寺にいましたので、

世俗の厄介事には正直言って客観的に見れるし、それはもう僕に影響を及ぼさない

僕自体がもう怨霊の上を行っているので何をされても憑りつかれても全然平気であります。認識の問題でしょう。

494 :ノスタルジア:2012/09/03(月) 17:47:19.83 ID:wD8E9nzq
僕は無の論者であるので、無は鏡であるので、そして私は全部無とみるので、

鏡的にあなたたちは僕のことをどう思うでしょうか、すべて自分に返ってくる

というか最初から自分しかいないのが僕と僕たちですからね。だからだね。

495 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 18:22:30.48 ID:/9cFkPkG
>>494
でき損ないの詭弁で自己防御しようという意図が丸見え。
外界を無にしたいのは外界に怯えている心象の吐露。

496 :エク・キリスト:2012/09/03(月) 18:28:21.70 ID:wD8E9nzq
>>495 実はその上に善を見ていると他スレで言ったことがあります。

だからあなたの言うように外界におびえている、だが、実は二つの概念で

その心象を打ち消していること。自己防御という一側面は否定はしない。

497 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 18:40:13.36 ID:/9cFkPkG
>>496
自己防御が鏡となり恐怖の対象を映す。
その対象とは自分。
鏡を割れ。

498 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 18:42:58.19 ID:43Uadzf1
>>479
現代語で囚われるなという意味。
その当時の言葉で色即是空、空即是色。なぜめんどくさい書き方かというと受け取る人によって意味が変わるから。

みなさんに聞きたい。すべて空なんであればなぜ行為をする?

499 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/03(月) 18:52:06.90 ID:y8VTizpn
>>498
>みなさんに聞きたい。すべて空なんであればなぜ行為をする?

誰か行為してるの? 錯覚じゃなくて?

500 :ノスタルジア:2012/09/03(月) 18:52:23.35 ID:wD8E9nzq
>>479 鏡と無は本来別物。それなら最初から鏡が気にくわね〜といえばいい。

そしたら僕は訂正するかもしれないが。

鏡はもう割れているよ。そういう次元を超えているね。

501 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/03(月) 18:54:32.47 ID:y8VTizpn
>>498
昨日読んだ本によると、「空」は方便だって。

502 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 18:56:21.72 ID:/9cFkPkG
>>500
意味解ってるか?
鏡=自己弁護

503 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 19:01:14.15 ID:/9cFkPkG
>>498
空?だからどうしたくらいにしか思わない。

504 :ノスタルジア:2012/09/03(月) 19:01:24.53 ID:wD8E9nzq
>>502 俺の一つの目的は、自分の限界をできる範囲で知ること。

だからわかりきっていることは分かりきりたくないのである。

鏡についても、あなたの一側面の解釈でしょう?しかも僕の知っている何度も知りたくないこと。

505 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 19:04:38.79 ID:43Uadzf1
CI6nShR6へ
書いてあることは正しいのだが、本人が理解していない。
CI6nShR6はどこで生活している?すべて現実にあると思っている人たちの世界で生活している。

さらに言えば2500年前の仏教の教えだけなんだよ。すべてが空っていってんのは。
みんな空を理解してないし。仏教の色即是空、空即是色は間違い。すべて実在するのを見て、触って、感じて
知ってるのになぜ拒否する?
釈迦は死んだ後の世界のことを書いてる。(仏視点=瞑想視点)

釈迦の考え↓
この世界はすべての人が死に、すべての物質が滅ぶようにできています。物質的なものは
なくなる運命にある。輪廻を続ける魂それこそが本当の意味で存在するのではとの考えから、
色即是空、空即是色
現実から瞑想の世界に入ると物質はなにもない。(瞑想中は魂の状態が現実になる。)
でも瞑想をやめると現実に戻る。(魂視点のため現実が非現実になっている。)

上の考えは魂視点のためすべては無と感じている。
(注意。みんながいってるのは色即是空までの話、
空即是色に現実に生活している時は現実に実在するという内容が入っている。)
ここまでかけばわかるよね。

506 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 19:10:45.79 ID:/9cFkPkG
>>504
それも鏡。本来無いから逃げ場にはならん。
限界は固定された知る対象でなく、
自分で決めたもの。

507 :ノスタルジア:2012/09/03(月) 19:22:20.18 ID:wD8E9nzq
>>506 俺をその調子で混乱させてくれ!外界がないと混乱なんて起きないからな。

自分の静寂を願っている僕にとって当たり前な自分の混乱は一つも苦ではないが、

しかし一切皆苦は外にあるものだから、自分は情熱で苦を消滅させたいと願う者でもあるね。

508 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 19:31:49.75 ID:/9cFkPkG
>>507
静寂など願わなければ、混乱をさける作為など起こらない。
その作為は静寂を妨げる。

509 :ノスタルジア:2012/09/03(月) 19:40:11.55 ID:wD8E9nzq
>>508 南無阿弥陀仏を利用しているところがあるからな確か20願か19願だったな。

まあそのように南無阿弥陀仏に執着している僕にとって、涅槃寂静や静寂は願わなければ

ならないものであり、強迫観念まがいのものである。だから妨げる行為があっても関係ないのです。

510 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 19:47:03.95 ID:/9cFkPkG
>>509
誓願中で静寂される対象は何か?
誰が涅槃を願わなかったのか?

511 :ノスタルジア:2012/09/03(月) 19:56:12.65 ID:wD8E9nzq
>>510 >>誓願中で静寂される対象は何か?

僕は菩薩であると言い切りたい部分はあるが一人の凡夫であると確信したい。でも対象は自分。

>>誰が涅槃を願わなかったのか? ・・・根本原因はそこにはないとみる僕は願っていないのです。

512 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 20:01:10.68 ID:CI6nShR6
お〜い ノス >>498とか>>505がれいの真言のやつだよ。
ちなみにこいつも出家しとる真言の僧らしい。

>>505
普通に実相に生活してるよ? だからさ、おまえの空の理解が根本的に間違ってるんだってw ゆってみ?空ってなんだ。

死んだあと??はぁ? 実相は空だよ。 どういう理解してんだおまえw

いやそもそも空を間違えて捉えとるから全然わからんぞw
んでなに勝手に釈尊の考えとかいってんだよw
釈尊は考えて空即是色っていったんじゃねーよ。
俺らにわかりやすいようにそう書いてんだろ。そもそもが言葉では表せないもんなんだよ。


513 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 20:06:26.38 ID:/9cFkPkG
>>511
変わらない事は変わるということ。
後半は蛇足。
今日はこのへんで。

514 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 20:08:37.01 ID:43Uadzf1
だいたい仏教用語使ってるやつは人の言葉を借りて書いているだけで、
自分で理解していない。自分で理解してる分だけを書いたらいいのにね。
背伸びしすぎ。(理解してる人もいるけど。此処に書いてる人の内容の7割は意味わかって使ってないね。)

515 :ノスタルジア:2012/09/03(月) 20:12:55.02 ID:wD8E9nzq
>>513 僕の混乱の中から出てきたものと、お釈迦様のいう極楽との優劣を

つけるのですか?優劣をつけるところにはこのような娑婆しかないですよ。

それはあなたはいいところとみていますか?見ていないでしょう?それじゃあ戻るだけですよ。

516 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 20:24:11.51 ID:/9cFkPkG
>>515
自分は六道どこにでもいる地蔵が好きな者だ。

517 :ノスタルジア:2012/09/03(月) 20:36:03.68 ID:wD8E9nzq
>>516 な〜るほどそういうことでしたか。僕は夢を毎日見る利益を得たと思うほど

であまり地蔵とは関係ないと思っています。しかし僕の意見にあまり関連がないこと

が多かったみたいですね。でもこの文脈からは何も読み取れないですね〜。まあ。

518 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 20:46:02.17 ID:/9cFkPkG
>>517
やり方が逆なのさ。


519 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 21:00:15.66 ID:43Uadzf1
>>505の考えが間違っていると思う人がID:CI6nShR6以外にいたら書き込んで。


520 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 21:21:35.66 ID:/9cFkPkG
>>519
仏教のメソッドなら筏ということでしょ。

521 :ノスタルジア:2012/09/03(月) 21:41:10.53 ID:wD8E9nzq
>>513 遊煩悩林現神通と正信偈では言いますが僕は三願(18願19願20願)

を深読みしました。18願とは全部無とすることで、19願は全部善とすることで、

20願が緑の宇宙街ということです。転入の順番通り、私は遊びながら極楽に行きたいと思う。

522 :473:2012/09/03(月) 21:42:29.91 ID:0lhzEdFH
≫すべて実在するのを見て、触って、感じて知ってるのになぜ拒否する?

それを体得した、悟ったわけではないのですが、瞑想者として理解しているところ、
またブッダ達の述べたことを要約するなら、

「すべて実在するのを見て、触って、感じて知ってるの」を「拒否してはいけない」
「すべて実在するのを見て、触って、感じて知ってるの」ように認識するのは、主体と客体を分断する思考があるからである。
思考が完全に静まり、表層意識と無意識の隔てもなくなったとき、あなたは対象として世界を知覚せず、あなたは世界そのものだ。

肉体であるあなたは人々戸と同じように生まれ、死んでゆく。
しかしあなたは肉体が生きているときも死んでからも、自らが決して滅びること無い全体そのものでありつづける。



523 :ノスタルジア:2012/09/03(月) 21:44:50.40 ID:wD8E9nzq
521を理解してくれる人この世にいるのかな〜。

524 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/03(月) 21:54:03.41 ID:y8VTizpn
>>519
俺は見たままの世界が、そのまま「空」だと思って世界を眺めてる。
姿形は見えるけど「あるとも言えず」「ないとも言えず」
瞬間瞬間現れては消えるのを、ただボーっと見てる。

525 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/03(月) 21:55:37.44 ID:y8VTizpn
>>523
正信偈を読んだこと無いから、理解のしようがないよ。

526 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 22:06:32.71 ID:43Uadzf1
524 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/03(月) 21:54:03.41 ID:y8VTizpn
>>519
俺は見たままの世界が、そのまま「空」だと思って世界を眺めてる。
姿形は見えるけど「あるとも言えず」「ないとも言えず」
瞬間瞬間現れては消えるのを、ただボーっと見てる。

同感。だけどこの世界は言葉によって区別する世界になっていることは皆わかってるよね。
人になにか説明するときには言葉が必要。言葉を使ってここに書き込んでいる。
ということは人になにかを説明するときは区別が必要ということにならないかな?
どうすかみなさん。

527 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 22:08:30.85 ID:/9cFkPkG
aから離れる為にbに入り
bから離れる為にaに戻る。
がaはすでに離れてるため
aにもbにも入らない。
案外良く使われるパターンだったんだな。

528 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 22:15:24.09 ID:CI6nShR6
>>514
そうだなおまえ見てると本当そう思うわ。
で、空とはなんだ? なぜ答えない。 答えれないんだろ?
間違ってるといわれるのが怖くて。
何も怖くないぞ、しょせん言葉だ。弾指の音と同じようないち現象に過ぎん。
おまえと言うが俺もおまえも本当は存在しない。
あるのは思いだけだ。 その在る思いを感じ続けるから自分というものが存在してると勘違いしてるだけだ。
思いというものは本来一念に過ぎない。それを意根によって継ぐから実相から離れる。
本来、身心一如だ。 だが一念を継ぎ執着するから身と心が離れていく。
おまえが貼ったオカルト真言のブログにも書いてあっただろう。
五蘊を持たずれば・・・と。おまえの大好きな般若心経にも
照見五蘊皆空とあるだろう。
一度それが思い込みだと分かればいいんだよ。
オレもいなければおまえもいない。あるのはこの身とおまえの身という事象だけだ。それは風鈴の音のように現れては消えていくものだ。
さて、おまえの意は一体なにに執着してる?

529 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 22:41:36.77 ID:CI6nShR6
>>526
ちがう。 この世界は言葉を使わなくても十分、区別・分別がつく。
誰しもが風鈴の音は風鈴の音と聞き分け、セミが鳴いてるとは認識しない。 
言葉がなくとも雲を見て、車と区別できないものはいない。
だから誰もが救われてる、悟ってるということなんだよ。

言葉だけが人間のコミュケートする道具ではないが
ここでは言葉メイン、他にアスキーアートやリンクを貼るなどのことくらいしかできないかもしれないのは確かだ。
しかし、前も書いたがこの感受は本人限定だ。おまえがいくらがんばってもオレムやおれの味はしない。 
おまえとまったく同じように音をきくことはできない。 万が一、一致したとしてもそれを確かめる術はない。
一生本人限定。しかしそれで何も困らない。それなのにおまえは自分の意に同意してほしいとやっきになってる。
おまえの見解、考えというものはおまえだけのものであり、それは幻だ。
あるのは最初の一念だけだ。違う言い方をすれば五蘊があるだけだ。しかもそれはすぐに違うものに変わる。
たとえばおまえがこの文章を見て憤慨しても大好きな人から電話かかってくればおまえの意はすぐそちらに変わってしまう。
その程度のものだし、それでいいんだよ。


530 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 00:02:33.36 ID:RJ6qHELf
473さん、いいじゃん
いい事言ってんじゃん
相当鋭いでしょ

まぁここのみんな、頭いいよなーって思うわ
細かいとこまでよく観てなきゃ
こんな事気づかないし書けないでしょって思うもん
みんな好きだね〜
そこまでしてでも逝きたいのね〜

531 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/04(火) 00:08:13.34 ID:T6mfp+wP
>>526
言葉は仮に付けたもので、それ自体に区別はない
もし、区別があるとすれば、それは認識の中だろうね

532 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 00:13:44.90 ID:Z9wGDE75
おい真言バカ。おまえ料理や掃除、洗濯してるか?

533 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 02:24:27.57 ID:fmyVjJCq
>>531
同感。こういうことを言いたかった。

534 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 02:30:33.19 ID:fmyVjJCq
>>532
どれもしていない。なんで?

さらに自分は真言はひとつも書いていない。
空だけ、ちなみに色即是空〜は真言ではない。
空の概念はうどんさんと同じ考え。

535 :安堂:2012/09/04(火) 02:57:32.97 ID:r3pvW4xn
真言バカって俺のことかな・・・。
何か重箱の隅をつついて批判したいだけの
批判屋さんかもなあ・・・。
絶学無為閑道人とはちがうのか・・・。
学才有為弁道人かいな・・・。
ソフィスト嫌い・・・

536 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 04:43:48.46 ID:fmyVjJCq
499 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/03(月) 18:52:06.90 ID:y8VTizpn
>>498
>みなさんに聞きたい。すべて空なんであればなぜ行為をする?

誰か行為してるの? 錯覚じゃなくて?

自分はこうやって書き込んでいることを行為と書いてるね。
錯覚というのは誰視点なるのかな?
仮に答えが
視点がない。←これだと自分は仏視点と言う。

537 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 04:45:40.09 ID:fmyVjJCq
501 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/03(月) 18:54:32.47 ID:y8VTizpn
>>498
昨日読んだ本によると、「空」は方便だって。

その人が方便という言葉をどういう意味で使っているかわからないが、
それでも良いと思う。

538 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 04:50:57.68 ID:fmyVjJCq
521 :ノスタルジア:2012/09/03(月) 21:41:10.53 ID:wD8E9nzq
>>513 遊煩悩林現神通と正信偈では言いますが僕は三願(18願19願20願)
を深読みしました。18願とは全部無とすることで、19願は全部善とすることで、
20願が緑の宇宙街ということです。転入の順番通り、私は遊びながら極楽に行きたいと思う。

ノスタルジア現代語訳を書いてほしいな。

539 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 05:23:12.89 ID:c/MYbmHl
>>535
バカは頭もろくな事ねえから体使って解らせろって事だろ。
批判どころか親切に過ぎるぞ。

540 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 05:28:01.23 ID:c/MYbmHl
>>539
訂正
バカは頭もろくな事ねえから

バカは頭使ってもろくな事ねえから


541 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 05:41:26.79 ID:c/MYbmHl
>>530
自分が逝く前に相手を逝かせるのが男の矜持だろ。

542 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 07:25:34.71 ID:Z9wGDE75
>>534
やはりしてないか。 そういうことをするのが実相に触れるということだぞ。
他には坐るとかだな。 車の運転でいい。 キーワードは身心一如だ。
おまえの趣味の手芸でもいい。 手芸しながら他のことを考えてるならそれは心身一如になってない。 だが手をつけない。

http://shino44.exblog.jp/
これおまえが貼ったリンクな。 これ真言じゃないのか?
ちなみにオレは真言宗は別に批判してないぞ。勘違いしてるおまえを指摘してるだけ。

おまえはどうも釈尊を下にみてるが大日如来が一番か?
言っておくが釈尊がいなければ真言宗などというものもできなかったんだぞ。
>>505はどちらかというとヒンドゥーの真我 アートマンだな。
業論になると思うが俺は詳しくないから知らんがおそらくパーピマンがだまってないぞw おまえがろんと勘違いしてたやつだ。
今のおまえは二重になってる。 魂のおまえと現実に存在するおまえと。
ちがう。 すべてはひとつでありおまえなどというものは存在しない。
存在と感じるおまえの「思い」という現象が連続してる(させている)だけだ。

>>535
おい安堂まさかおまえの自演じゃあるまいな。
おれは別に真言のことはバカにしてない。昔好きだったしな。
絶学無為の閑道人なら透明になってここに書き込みしてもこんなことかかんだろうな。
残念ながらそんなところまでいってない。
ここを見るということすらしないだろうなそうであれば。 だが手をつけない。ありのままにする。 これが今のオレのありのままということだ。

543 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 08:04:29.90 ID:Z9wGDE75
>>505
>書いてあることは正しいのだが、本人が理解していない

おまえにわかるはずがないだろう。上にも散々書いたが眼耳鼻舌身意はすべて個人限定だ。
故にオレはおまえの感受を知りようもないし同じようにおまえも知りようがない。自分の経験のパターンに照らし合わせての推測しかできない。
後なにをどう勘違いしたらそうなったのか知らんが俺は現実をみてる。
だからおまえの貼った http://shino44.exblog.jp/ を批判してるのだろう。
なぜこの怨霊どやこや書いてるブログを貼ったおまえが現実だの実在だの言ってる?言ってることとしてることがあべこべではないか。
>仏教の色即是空、空即是色は間違い。すべて実在するのを見て、触って、感じて知ってるのになぜ拒否する?

誰が拒否してるといった? 色即是空はこの世の万象をすべて指し示してる。
寝言言ってないで実相に参じろ。 おまえは実相に参じ切ってないからあれこれと誤解ばかりしてる。

瞑想の世界などない。 おまえがそういう風に感じてるだけだ。
坐ってる人間でそういう初歩的な勘違いする人間が多い。
坐ったらいっぱい想念が沸いてくると、それが寂滅すると。寂滅したらそこには何もなかったと。
ちがう。 想念は常に沸いている。 普段活動していて気づかないだけだ。 そして思考ばかりしてるものはなかなかその根がとれない。
すべてを放下することによってやがて思考は断絶し寂滅が生まれる。
その時はじめてこの世界の真相を知る。
普段自分が騒がしかったことで気づかなかっただけだと。
この自分という思いが邪魔だったんだとな。 二つ世界があるわけではない。本来無一物だ。

544 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 08:46:22.93 ID:FwjDeoJP
2ちゃんに来てる坊主はほとんど
色界→無色界(精神世界)のみを主張するな。
識(精神世界)を越えるってのはあまり見ない。

545 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 09:36:42.50 ID:Z9wGDE75
安禅は必ずしも山水をもちいず、心頭滅却すれば火もまたおのずから涼し。

有名な快川国師の遺偈だが、禅はどこでもできる。
どこにいてもいかなる姿勢でもできる。
実体のない自我をあるとしてそれを中心に置いていればこのことが分からない。
自分があって他があるという考え方の世界にいるとこれがわからない。そうやって自分と他を離してモニターするというか、
そういうことをしてるといつまでも苦を感じ、煩悩に煩わせられる。
そうではなくて本来無一物で、自己というのは一つの現れた現象の一つに過ぎない。
苦があれば苦そのもの。 怒りがあれば怒りそのもの。 楽があれば楽そのものになりきる。坐があれば坐そのもの。
苦の最中や後になって振り返るからそれを「ある」と思ってしまう。
本当にそのものに参じて切っていれば苦を感じることも安心も何もない。
これが実相に参ずるということ。
料理でも掃除でもいいがそのものに集中すればそのときはそのものになってるのだから何もない。
本来はそういう何もない世界に生活してるんだから
「わかった」などということもありはしない。
道は知にも属せず不知にも属せず。
だからこそ分かったものはすべてを忘れて生活に勤しむ。
服を着て腹が減ったら飯を食い、疲れたら眠る。
どのように始めても塩と味噌は欠かせない。

546 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/04(火) 10:00:19.99 ID:T6mfp+wP
>>545
ウィキで快川国師を調べて略歴みたけど
ずいぶん娑婆っ気の強い人だね

547 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 11:48:23.24 ID:Z9wGDE75
>>546
そうか?詳しくは知らないがこの禅師は仏法僧をよく分かってると思うが。
俺もwiki読んでみたが人をかくまって寺ごと燃やされた人だよな。
僧とは人の役に立つ人、仲良くするということ。
この通りの人だなと感じたよ。


548 ::2012/09/04(火) 19:37:25.73 ID:ZkzlZs8U
522 :473:2012/09/03(月) 21:42:29.91 ID:0lhzEdFH
すべて実在するのを見て、触って、感じて知ってるのになぜ拒否する?
それを体得した、悟ったわけではないのですが、瞑想者として理解しているところ、
またブッダ達の述べたことを要約するなら、
「すべて実在するのを見て、触って、感じて知ってるの」を「拒否してはいけない」
「すべて実在するのを見て、触って、感じて知ってるの」ように認識するのは、
主体と客体を分断する思考があるからである。
↑一点だけ指摘させてもらいますと思考が先ではなく、認識が先ですね。それと認識は
主体と客体、この二つがなければ成立しないです。


549 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 19:38:16.10 ID:ZkzlZs8U
思考が完全に静まり、表層意識と無意識の隔てもなくなったとき、あなたは対象として世界を知覚せず、あなたは世界そのものだ。
↑すばらしい答えだと思いました。
肉体であるあなたは人々戸と同じように生まれ、死んでゆく。
しかしあなたは肉体が生きているときも死んでからも、自らが決して滅びること無い全体そのものでありつづける。
↑同感です。

550 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 19:43:16.37 ID:ZkzlZs8U
529 :神も仏も名無しさん:2012/09/03(月) 22:41:36.77 ID:CI6nShR6
>>526
ちがう。 この世界は言葉を使わなくても十分、区別・分別がつく。
誰しもが風鈴の音は風鈴の音と聞き分け、セミが鳴いてるとは認識しない。
↑先に風鈴を知っているから、セミの鳴き方を知っているからでしょ。さきに言葉を知っているからでしょ。 
言葉がなくとも雲を見て、車と区別できないものはいない。
だから誰もが救われてる、悟ってるということなんだよ。
↑区別という言葉を知っているからでしょ。さらに救われている。悟りという言葉を知っているからでしょ。
悟りはこういうもんだって。
自分の悟りの概念はこの世界の仕組みを知ること。わかること。
それは認識によってこの世界ができているということ。

言葉だけが人間のコミュケートする道具ではないが
ここでは言葉メイン、他にアスキーアートやリンクを貼るなどのことくらいしかできないかもしれないのは確かだ。
しかし、前も書いたがこの感受は本人限定だ。おまえがいくらがんばってもオレムやおれの味はしない。
↑仮に同じ料理を食べたら同じ味がするが、それを表現する言葉が違う。表現の仕方が違うだけ。

551 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 20:04:41.70 ID:ZkzlZs8U
>>550続き
万が一、一致したとしてもそれを確かめる術はない。
↑それは正しい。
一生本人限定。しかしそれで何も困らない。それなのにおまえは自分の意に同意してほしいとやっきになってる。
おまえの見解、考えというものはおまえだけのものであり、それは幻だ。
↑基本的に(事象)の概念がわかっていないと思う。
あるのは最初の一念だけだ。違う言い方をすれば五蘊があるだけだ。しかもそれはすぐに違うものに変わる。
たとえばおまえがこの文章を見て憤慨しても大好きな人から電話かかってくればおまえの意はすぐそちらに
変わってしまう。
↑自分には好きな人はいない。それにまったく憤慨していない。CI6nShR6が憤慨しているのは文章から
読み取れるが。できれば仏教用語を使わないで、CI6nShR6の言葉で書いて。

その程度のものだし、それでいいんだよ。
↑自分は間違いを指摘しているだけ。

ちなみにだが怨霊も霊も仏も神も念、思考、理論、空気、オーラ、電気、磁力、電波、感情、目に見えないと
思っているかもしれないが、すべて目に見えて実在する。
みなさん感覚が悪いため見えないだけ。すべて目に見えて存在する。まず感覚を良くするために肉食やめましょう。
CI6nShR6そんなんじゃ一生かかっても悟りは無理。

552 :473:2012/09/04(火) 21:30:26.04 ID:Nc7cUgVP
思考との同化が無ければ、主客というものの見方も無く、認識も存在し得ない。
思考(における覚醒の不在)が先と意識して述べております。

553 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 22:14:13.39 ID:FwjDeoJP
朱で朱を塗りつぶそうとしてるのか。
センスないねえ。

554 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 22:22:10.24 ID:FwjDeoJP
君見ずや絶学無為の関道人、
真を求めず妄を除かず。
つまりは見るもの(観察者)を殺すのさ。

555 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 22:46:06.51 ID:ZkzlZs8U
>>553
そうだね。みんな結局一緒なことを別な視点で書いているだけ。

556 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 22:48:34.53 ID:ZkzlZs8U
554 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 22:22:10.24 ID:FwjDeoJP
君見ずや絶学無為の関道人、
真を求めず妄を除かず。
つまりは見るもの(観察者)を殺すのさ。

ろんちゃん。上の文章は間違っているよ。
みなさん真を求めて意見を書いている。


557 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 22:53:01.21 ID:FwjDeoJP
>>556
さて、クイズです。
これは真である、これは偽である、
などと分別するのは何の作用でしょうか?
そしてその確からしさを何で保証するのでしょうか?
で、俺はろんじゃねえ。

558 :神も仏も名無しさん:2012/09/04(火) 23:58:39.06 ID:Z9wGDE75
>>550
知らなくても聞き分けれる。
おまえが勝手に言葉を知らないと区別、差別が出来ないと思い込んでるだけ。
赤ちゃんやうちの犬は他の人と親を見分けれる。
彼らはもちろん他人や親という言葉を知らない。
同様に区別と言う言葉も知らない。
悟りは概念ではないし、世界は認識でできてはいない。
何でできてるかは誰にも分からない。

同じ味はしない。本当の事を言うと同じ味か違う味なのか確認などできない。
ちなみに本人限定でもその時の調子や風邪を引いてたりで味は大きく左右される。

分かってないのはおまえの方。事象の概念などわかる必要ない。
概念がお好きなようだが悟りとは逆方向。
悟りとはあらゆる概念を否定する。
もっと言うと概念などない。
たとえばと書いてるのが読めないかな?
レスするなら一端落ち着いてからしなさい。
なぜ使ったらダメなんだ?
じゃあおまえはその読みにくいレスの仕方やめろ。

そうか。俺はおまえの迷いを指摘してるだけ。
なんだ?現実をなぜ否定するとか言った舌の乾かぬうちにまたオカルトの話か?
その中で見えるのは字におこした理論と電気くらいだな。
試しに見えるならいま俺がなに考えてるか見えるんだよな?なんだ?言ってみろ。
既に全員悟ってるから安心しろ。
おまえの観念は迷ってるがな。

559 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 00:04:05.00 ID:Z9wGDE75
>>556
>>554は間違ったこと書いていない。
むしろ悟りについて的確なことを書いてる。
なぜおまえにみなさんの考えてることが分かる? 今、俺が考えてることなんだ?当ててみ?
肉食やめてわかるとおまえが勝手に思い込んでるだけ。


560 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 01:31:22.61 ID:UIes3+xU
たとえばうちの犬は階段の段差を見分けて登り降りする。
いつもの散歩コースを率先して行く。
渓流で吊橋を渡る時ビビってほふく前進のような姿勢で歩いてた。
散歩から帰ってきたらお風呂だから自分から風呂場に入っていく。
ご飯で鶏肉が入ってない時のテンションの低さが尋常じゃない。
時に恨めしそうにこっちを見てなかなか食べようとしない。
フライパンを熱し出すと逃げる。
虫除けスプレーを持つと逃げ出す。

彼らは言葉を知らない。区別という言葉も知らない。
だが区別、分別してる。

561 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 03:25:40.31 ID:UIes3+xU
>>550
>仮に同じ料理を食べたら同じ味がするが、それを表現する言葉が違う。表現の仕方が違うだけ。

たとえば彼女が辛い!と言う料理をオレはわずかにしか辛くない。彼女はそれ以上食べれないが俺は平気で食べる。
だがおれ以上の友達はココイチのカレーを7辛でさらに唐辛子をかけて平気に食べる。
おれが「甘!!!」ってこれ以上食べれないくらいスイーツを彼女は平気でパクパク食べる。

>>551
>万が一、一致したとしてもそれを確かめる術はない。
↑それは正しい。
            ↑
はぁ?正しいとかいってるのに同じ味がするって言ってるけどどういうこと?         
            ↓
>>550 >仮に同じ料理を食べたら同じ味がするが、それを表現する言葉が違う。表現の仕方が違うだけ。

562 :473:2012/09/05(水) 09:28:23.48 ID:BnpeHP2w
思考の区別、感情の区別、これはしばしば宗教で束縛とされる。

感覚、肉体による区別はあるがままでよく、
そして、感覚や肉体に執着することが束縛といわれます。

体が問題なのではなく、体への執着が問題なのだと。

563 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 09:38:41.84 ID:UIes3+xU
おまえがいかに矛盾したりちぐはぐなこといったり都合の悪いことは指摘されてもスルーしてるかを俯瞰できるようにもう一回おさらいなw

> だいたいそんな怨霊なんかよりね、飛行機事故で死ぬ確率と変わらんくらい、
人類というより地球上の生物が根絶やしになる確率があるんだよw
んなこと言ってる場合じゃねーんだよほんとは。
↑意味がわからない。詳しく正しく誰にでもわかる書き方で書き直して。

レス どの口がいってんだ? 怨霊が誰にでも分かることなんか?
仏や神、電気 電波 思考 空気が見えるのは誰にでもできるのか? おまえこそ誰にでも間違いなく確認ができることを元にかけよw 隕石が落ちててき死ぬ確率と飛行機事故で死ぬ確率は同じくらいなんだよ。 統計の話な。 あとはググれカス。

>真言宗もアフィリする時代か・・・
なんかさもしいよな。

陰謀論好きなんだ。

レス 事実おまえの貼ったhttp://shino44.exblog.jp/ にはランキングとかアフィリみたいなのがあるがないっぱいw

> ↑釈迦は戒律を作っていない。適当な情報を書かないようにしよう。

レス ダンマパダを書いたよな? それも2500年前の釈尊のことだから分からないというなら1200年前の空海のことはなぜ信用できる?
また分からないというのならなぜおまえに釈尊が戒律を作ってないと言い切れる?
言い切れるのは誰にも本当のことは分からないということだよ。

>↑植物と動物と魂の種類が違う。動物と人間は同じ種類の魂を持っている仲間。
肉を食べるのは共食いと同じ。日本は仏教、神道の国。肉を食べ始めたのは明治以降。肉食の歴史などない。

レス おまえこれ指摘したのにスルーしたよな?自分の持ってる情報が間違ってると分かったらスルーなのか?
明治以降食べられたのは牛肉な。

>食べることをなんで死滅って書いてるの?

レス おまえはあほなのか? 肉にせよ野菜にせよ生きたまま食べるのか?(おどりぐいなどは別にして)たいてい殺してから調理して食べてるだろうが。

564 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 09:53:33.88 ID:UIes3+xU
>300万人も毎年死んでねーよw
↑なぜわかる?

レス 300万人も死んでたら今頃世間が大騒ぎだから分かる。
> ↑4年前から急激に人が減り続けている。それと同時に人が生まれているの知ってる?

レス 統計局の調べでは平成22年度の出生数は約107万人な。
300万人死んでたらおよそ200万人ずつ減るよな? 4年で800万人だぞ? しかもなんでおまえ4年前から急激に減り続けてるなんて分かるんだ? 確かに温暖化はここ4,5年の話だがそれが怨霊の力なんか?w 
>判断?判断など最低限のことできてりゃ人並みの生活は送れるんだよ。
↑???
レス わからんのか?最低限のことを判断してたらいいんだよ。
おまえみたいにありもしないものを判断するからどんどんおかしくなるんだろ。 怨霊なんか見えねーよ。 見間違い。

>その動画みて意味分からないならもう分かんないんじゃない?w
おまえが人類全員、怨霊で取り殺されてる説を展開してるから
もっと凄い話引っ張りだしてきただけで普段からんなこと気にしてねーよ。
↑その説おれじゃないよ。やはり文章の意味がわかってないね。読解力を身につけよう。(肉食やめよう。)もしかして勝ち負け気にしてる?文章なのに。おれのほうがすげぇみたいな。

レス これなんかそうだね。 誰も勝ち負けなんて言ってない、俺の方がすげえなんて言ってない。 ありもしないものをおまえは妄想して勝手に判断してる。その結果、おまえやおまえの信仰するオカルトブログの坊主はおかしなものが見える。
誰にも見えないのにw
肉食にくしょくっておまえバカか? おまえの中でそれが誇りになってるのか? 
もしそうならそういうものがあるからおまえ事実とズレが生じるんだよ。 思ったことは所詮、月を指す指で月そのものではない。
それに俺がおまえの文章をわかってないなら認識が違うということの証明だよな?自分が矛盾したこと言ってることにまだ気づかんか?
>だいたい死ぬてのも人間が勝手に作り出した概念で、
諸行無常の一つに過ぎんからな。
↑意味を理解してから使いましょう。

レス うん、おまえがね。

565 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 10:09:24.68 ID:UIes3+xU
> 三回クリックしないと祟るて書いてあったじゃねーかw
アフィリでなくてなんなんだよw
↑ギャグだよ。だから読解力ないっていってんの。冗談と本当の判断もできていないよ。
ちゃんと生活できてる?人のギャグを理解できずに本気で怒ったりしてない?

レス もう一回みたけどとてもギャグには見えんかったぞ。
彼女にも見せたら「こわ〜」っていってたぞ。少なくともあれをみた二人がギャグにとってないぞ。

>正しい情報だー?
情報に正しいも間違いもねーよw
↑どういうこと?

レス 正しいも間違いもないってことだよ。 情報は情報。
人が見聞することが情報それだけ。 中身は事象を指示してることだから中身は実相ではない。

>いいか?信じるというのは信じないと同じことなんだよ、わかるかな?
↑書いている意味の本質はわかるが、(主観のみの考え客観無視)上の文章は成立しない。わかるかな?
文章の意味、言葉の意味を理解していない。(なぜ釈迦が文章で残さなかったのか考えたほうが良い。)

レス 文章の成立うんぬん言い出すと主語述語修飾語の使い方が完璧か、句読点、助詞の使い方など出てくる。
その点でいえば2chでは誰もが文章は成立していない。
信じることは信じないことと同じ。 これの意味がわからんのなら修行が足りん証拠。

>考えなどではないよ。

これは自分の状態を説明するのには適応できる。(その事象が主観のみであれば正しいも間違いもない)
しかし上の場合の情報というのが客観からできているものなので客観のものは正しい、間違いは存在する。
こうやって書けばわかるかな?

レス 何度も言うが主観客観などない。 おまえは自分の意を感じてその中身も本物と勘違いしてるだけ。
たとえば急激な雷雨といっても口から急激な雷雨は飛び出さない。
言葉は形而上、形而下のものを指示しているだけ。言葉は人間がコミュニケートするための道具 以上。

566 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 10:28:52.13 ID:UIes3+xU
>↑狩猟民族のことね。自分は日本人は農耕民族として考えている。

レス なんべんでも指摘してやるが人間は有史以前からほとんど肉食な。 農耕文化のおよそ100倍もの長い歴史がそうなんだよ。

>↑自分は魂、霊、仏が見える。一粒のお米にも八十八体もの仏は入っていない。なんでその教えは信じてるの?
間違いだよ。そのサイトの文章全部読んで。qS6AqBBYまったく理解していないから。

レス おまえさ肉食やめて栄養失調起こしてるから幻覚みてるんじゃないか? 病院いったほうがいいぞ。 総合内科と精神科な。
一粒に八十八体の仏様が入ってるかどうかはわからんが、
俺も子どもの頃農家で散々苦労したから分かるけど八十八回以上の手間かかってんだよ!
お百姓様が丹念に精魂こめて作ったお米なんだよ。
一粒ひとつぶありがたく食べろ! 稲がどれだけ死にやすいかしらんだろ。
それにおまえ料理も掃除もしないんだろ? どうもおまえは報恩感謝ということが分かってない。自分で苦労してないからだろうな。
>ちなみに自分は仏教を完全に理解しているが、qS6AqBBYは理解しているとは感じられない。
なぜ釈迦がいったかどうかも確かでない情報を信じているのか教えてほしい。
さらになぜ釈迦ファンなの?釈迦が言ったことだったらなんでも信じるの?不思議。
教えてなんで釈迦ファンなの?
勝手に予想するがqS6AqBBYは現実に釈迦と出会っても、その人を釈迦とわからないどころか、
釈迦がおれ釈迦だよ。といってもおそらく釈迦にマジ切れだね。

レス うん。完全にまちがって理解してるね。
同じことをきく。なぜ空海がいったかどうかも確かでない情報を信じてるのか教えてほしい。
勝手な予想するなよw だから間違うんだよ。 

567 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 10:50:21.22 ID:UIes3+xU
>↑これは世界にqS6AqBBY一人だけだった場合の話としては正しい。qS6AqBBYは50億人いる世界で生きている。 
仮に何かの情報があり49億999〜人がqS6AqBBYと逆の答えになった場合どうする。どちらが正しい?
それはqS6AqBBYの中では正しいが、この世界では間違っていることになると思わないか?

レス おまえのその50億人ってのはどこから出てきた? いまだいたい70億人な。
それにまた勝手な予想だな。 おまえはずーーーっとありもしないことを元に勝手な判断してるだけだな。
怨霊だとか神、仏、電波が見えるとか言ってないで事実だけをみろ。
事実は誰にも見える触れる。
そしたらそんな勝手な予想も50億人とかも出てこない。

>↑それの答えを上に書いた。
自分が死んだら世界が終わる。(主観のみ)
自分が死んでもほかの人の世界が続く(主観と客観)

レス おまえの世界には人しかいないのか? 死というのは人間が勝手に作り出した概念。
実際にはすべてが諸行無常で一切はなんらかのものに変わるだけだ。 本当は生まれてもなければ死ぬこともない。

>↑そういうのもあるが、文章にすると間違うやつが出るから。言葉と文章と会話すべて違うのはわかるよね?

レス これは合ってる。だから以心伝心 不立文字 教外別伝という。

568 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 11:13:33.61 ID:UIes3+xU
>↑客観も主観もないとqS6AqBBYは考えているがqS6AqBBYはなにか観じてるでしょ。それのことを主観といっているんだよ。
言葉というのはなにかの事象を説明するためにある。言葉は設定なんだよ。
さらにその人の言葉の意味に依存するだから文章で残さなかったんだよ。
悟りはすべての人に同じように感じられるがそれを言葉で説明した途端にそれを悟った人の言葉の意味にその悟りは依存し、
その悟りを聞いたものの言葉の意味に変換される。

レス そう思ってるからいつまでも分からないんだよ。なにかを見てるとき、何かを触ってるとき、何かを聞いてるときは
それそのものになってるんだよ。
分かり易いからやってみろ 指をパチンと鳴らしてみろ。
何度も「パチンパチンパチン」と鳴らしてその音を聞くだけになってみろ。
その聞いてるまさにその瞬間、おまえもいなければその指もない。 自身の耳の活動に気づいただけだ。
後になって「あれは指をパチンと鳴らした音だ」と想念世界に行くから主客が生まれる。
事実は「パチンパチンパチン」という音があるだけだ。

おまえが書いてるその悟りのことは悟りという言葉に触れた人の頭の中にできる観念についてしか書いていない。
悟りは観念ではない事実だ。
おまえも頭の中の観念以外悟ってる。 おまえの眼は昨日みたもの一昨日みたもの一ヶ月前にみたものなにも残していない。
眼が何かに執着して残っていたら今頃おまえは何も見えない。
眼は一切執着せず今みたものしか見ない。
同様に耳鼻舌身すべてに執着はない。 だがおまえの意だけが執着をしている。
おまえが自我、主客など幻だったと気づけば、これは一念だけだったんだと気づけば執着しなくなる。そうすればおかしなものが見えたりしなくなる。

569 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 11:27:38.60 ID:UIes3+xU
>↑なぜ肉食しないかというと、魂が汚れるから、その動物の業がたまるのが理由。
なぜ原始時代に戻る必要がある。人間とは人と動物の間の生物。人になるために生まれてきている。
動物を食べることで、動物の魂に近づく。

レス なんだ結局理由は我利か。 自分が汚れるのがいやだ、動物の魂に近づくのはいやだということだろう。そんなことはないから安心しろ。
余り科学的な話はしたくないがたんぱく質というのは人体を構成する大事な要素だ。
新陳代謝により一週間程度でたんぱく質は入れ替わるそうだ。
だからどうしても人間はたんぱく質を摂取する必要がある。
大きな流れとして
植物を食べてエネルギーにかえる動物→その動物を食べる動物→その動物を分解する微生物→その微生物の働き、
または摂取により植物が生きるという食物連鎖を自然界は形成してる。
だから肉食をする動物も人間も自然の流れに沿ってるので何も間違っていない。
おまえまさか魚は肉じゃないからって食べてないよな?魚は魚肉だぞ。
>www 中学生にも分かり易いように書いてるんだが分からんのか。 じゃあおまえ掃除だけしとけ。それだけで悟れるぞ。
↑???

レス 釈尊のお弟子にしゅりはんどくという人がおられる。
この人は頭が悪くておまえみたいに釈尊の教えを聞いても反発してすねてばかりだったから釈尊に「もうおまえは掃除だけしとけ」と、
言われて掃除だけをしてた。 そして掃除だけをして悟って後に釈尊に誉められた。
掃除というのは実相に触れているからな。おまえみたいに口だけの実相じゃない。
掃除をしているしゅりはんどくだったのが掃除があるだけになったんだろう。 そのことに気づかれて悟ったのだろう。
>↑たとえがへたでわからない。
すべての人がなんらかの制限のなかで生活しているということをいいたいのか?
すべての人がなんらかの役割をしているということをいいたいのか?であればどこに向かっていると思う?

レス なぜ制限と思う? おまえは勝手な推測ばかりしてる。それぞれの役割があるからそれを果たすことで集団行動が成り立つと言ってるんだ。
制限などではない。 その見かた、その思考が余計なんだよ。
たとえば会社があって全員が社長やりたいって言って全員社長したらその会社はやっていけると思うか?

570 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 11:33:52.37 ID:eItauPSN
もうID変わってるだろうけど、ZkzlZs8Uさん
書き込み見づらいよ。
引用するなら短く引用するなり、頭に不等号つけるなりしてほしい。
てか、アンカー付けてくれりゃ表示されるから、長々した引用なんていらんのに。

571 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 11:35:44.45 ID:UIes3+xU
>↑自分は科学、禅、ヨーガ、仏教、キリスト教等はひとつのことを違う視点で書いていると考えている。

レス おまえそういうことは全てを熟知してからいえよ。 どこまでが熟知か分からんがな。
ちなみに禅では魂など認めていない。禅では全ての人間が確認できることしか扱わない。
>最後に大切なのは塩と味噌だよ。
↑???

レス な、わからんだろ。 他の言い方をすると服を着て飯食って寝る。 それが大切。
そんなことが悟りなのか??って誰もが納得しない。だから納得できるまで修行をする。
>五蘊を持たずればなんてのは手をつけてる証拠。
そんなことできはしない。ありのままに自然にすればそれでいいんだよ。
↑自分も実相を参じるが、 qS6AqBBYは自分よりがんばったほうが良い。

レス どう参じてるんだ? おまえの手芸はいいぞ。それは実相に触れている。 その糸、その編み棒どれもが悟って説法して止まない。
>もう一回質問するけどなんで釈迦が言ったことがすべてだと思ってんの?
なんではるか昔の教えをいまだに正しいと思ってんの?
色即是空 空即是色は瞑想視点の話だよ。
現実(すべての人の世界)はすべて実在する。

レス 仏教は釈尊を原点としている。 釈尊の教えがはるか昔なら空海の教えもはるか昔。 2500年前も1200年前もおなじはるか昔のこと。
確かだとは誰にもいえない。確認できない。
おまえここで現実といってるが現実とはなんだ?
先に言ってやろう。現実とは実際に我々が生活している世界であり、誰にも見て聞いて触れるものだ。
怨霊や電波が見えるだのは誰も確認できないこと。よって現実ではない。
>科学、禅、ヨーガ、仏教、キリスト教が一つの事を違う視点??www
↑わかんないかな?

レス なんだ?言ってみろ。 どうせすべてを熟知した訳でもないだろうが聞いてやろう。 魂といえば禅にも科学にも引っかかるからな、注意しろよ。

572 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 11:48:34.36 ID:UIes3+xU
>ほー、実相てのはなんのことだい?
↑現実世界。人生。生活。
レス ここは分かってるな。 ただ人生はどうかな。まぁ、人生の苦と楽はおまえに説法して止まないな確かに。
>大丈夫か?俺との絡みでだいぶ減ったなw
↑減るよ。
レス 徳が減るのになぜしてる? それはいいのか?自分の感情優先か?結局。
>瞑想視点とか考えるからそうなるんだろ。
↑CI6nShR6が瞑想視点のみになってるのを気付かないかな?
レス おまえのその瞑想視点というのは二元的な表現。
この世界、今は一つしかない。今のおまえは自我を中心に置いて二重の生活をしてる。だから迷う。
>↑文章が矛盾している。すべてが空であれば認識できない。風が存在し、空も存在している。瞑想視点では存在の概念が逆になる。物質は存在しないことになる(瞑想=魂視点=仏視点=死後の世界)

レス 空は認識や知識ではない。 存在の概念が逆になる??
本当のことが分かればすべてが外、または全てが内になる、自分なんか居ないと分かるんだがそのことか?
自分でもお前は書いてるが概念とかいって想念世界に戻るからそうなる。 何度も言うがおまえという自我は存在しない。
その時そのときの思いという事象があるだけだ。
おまえが以下に書いてる空のことは全然違う。
>みんな空を理解してないし。仏教の色即是空、空即是色は間違い。すべて実在するのを見て、触って、感じて
知ってるのになぜ拒否する?
レス 誰も拒否してないできない。色即是空は間違ってないおまえが間違ってる。おまえの空観はおかしい。だからズレる。


573 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 11:54:51.69 ID:UIes3+xU
>釈迦の考え↓
この世界はすべての人が死に、すべての物質が滅ぶようにできています。物質的なものは
なくなる運命にある。輪廻を続ける魂それこそが本当の意味で存在するのではとの考えから、
色即是空、空即是色
現実から瞑想の世界に入ると物質はなにもない。(瞑想中は魂の状態が現実になる。)
でも瞑想をやめると現実に戻る。(魂視点のため現実が非現実になっている。)

上の考えは魂視点のためすべては無と感じている。
(注意。みんながいってるのは色即是空までの話、
空即是色に現実に生活している時は現実に実在するという内容が入っている。)

レス なんでおまえ人だけなんだ? 生けるものも無情のものもすべて違うものに変わる これを諸行無常という。
そして諸行無情だからあらゆるものは実体と呼べるものがない。これを諸法無我という。

色即是空はあらゆる一切の形はこれ空であるということ。逆に空即是色は空とは形になって現れるということ。そのまんま。
>だいたい仏教用語使ってるやつは人の言葉を借りて書いているだけで、
自分で理解していない。自分で理解してる分だけを書いたらいいのにね。
背伸びしすぎ。(理解してる人もいるけど。此処に書いてる人の内容の7割は意味わかって使ってないね。)

レス それはおまえのこと。おまえの貼った真言オカルトブログは訳わからん仏教用語だらけだろう、なぜそんなことがいえる。
そしてその7割ってのもまたおまえの勝手な妄想。
おまえはまずこれは現実、誰もが見て聞いて触れるものと、
これは想念世界 自分だけしか見えてない、他人だけしか見えてないものと分けて見れるように修行しろ。

574 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 12:13:03.49 ID:UIes3+xU
>>519
俺は見たままの世界が、そのまま「空」だと思って世界を眺めてる。
姿形は見えるけど「あるとも言えず」「ないとも言えず」
瞬間瞬間現れては消えるのを、ただボーっと見てる。

同感。空の概念はうどんさんと同じ考え。

レス 違う。 空とは一切のものに実体がないということ。
人が現れて消えていくことも風鈴の音が現れて消えていくことも雲が流れていくことも萌えるような草木も肌を伝う風も飲んだお茶も
自分の眼がさっき見てたものを映さず今見てるものを映すのも髪の毛が抜けて落ちるのも
ご飯を食べてなくなるのもあらゆる全て、一切がそこに止まることなく変わっていく。
そこに実体を認めることができない。それが空だ。空は誰にも見える聴ける触れる感じれる。
それを思うのでもなく見てると気づくのでもなくそのものと一つになる。
本当は元々一つのものだったということ。それに気づく。そのものとなる。
空は別の言い方をすると無我 無心。
>↑自分はこうやって書き込んでいることを行為と書いてるね。
錯覚というのは誰視点なるのかな?
仮に答えが視点がない。←これだと自分は仏視点と言う。

レス 誰しもが仏視点であることに気づける。そのものになって行為だとか誰視点だとか振り返らない。それが余計。

575 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/05(水) 12:14:27.46 ID:lTCHcahO
文章がゴチャゴチャして読みにくい奴は
頭の中もゴチャゴチャしてる。

このスレはゴチャゴチャした奴が多いぞ。

576 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 12:25:38.07 ID:j7I/VQek
>>573

いいじゃん〜
相当気合入ってるじゃん
わかるわかる、言いたいことわかるよ

その文章のやり取り、ロックよりロック、パンクよりパンク、禅問答より禅問答!

577 :473:2012/09/05(水) 13:01:03.75 ID:BnpeHP2w
肉体を見るのは肉体への執着だし、神を見るのは神への執着。

ブッダは無執着を説いた。

執着は少ないほうがいい。たくさんあれば、その執着同士争う。

肉体以外の執着から解きほぐしていって身軽になるに越したことは無い。
また、肉体の執着はおそらく根が深い最後のものだから、肉体に執着しないぐらいなら
主体と客体の関係性はなく、肉体も神も何も見ないでしょう。

578 :473:2012/09/05(水) 13:08:39.94 ID:BnpeHP2w
≫同様に耳鼻舌身すべてに執着はない。 だがおまえの意だけが執着をしている。
これはあなたの言葉であり、実体験であり、それに触れるだけで私もそれにあやかれそうです。

≫何度も言うがおまえという自我は存在しない。その時そのときの思いという事象があるだけだ。
その時の思い(無意識表層含めた広大なものか)が刻々と死なず、続いてしまってから自我は固定したものだと勘違いしてしまう。
あえて継続するのでなければ存続できないもの。そうかもしれません。

≫実相
感覚の世界だけではなく、およそ社会を構成している観念も含めてでしょうか。
観念に染まると束縛になるし、反発すると葛藤になる。
その両方の苦しみを心底感じた人は自らの心から脱出しようと試みるのでしょうね。

579 :473:2012/09/05(水) 13:17:54.50 ID:BnpeHP2w
≫肉食
これも試して実感すればよいことだと覆いますが、肉食は肉体なのか精神なのかを一種の興奮状態にします。
気にしなければ問題ないのですが、瞑想において重荷になるとは思います。

肉食についての科学的見地は第2のマクガバン報告に詳しいです。
動物実験で肉は高エネルギー過ぎて病の元、穀物は持続型のエネルギーだということ。

肉を食べないと不足する栄養はビタミンdだったけな。のりにしかないのでそれが必須なようです。
このへんもですねー、、。
大体、舌が精神に巻き込まれていないなら舌はなにが体に必要か判別してくれるし、体は過去食べたことのある食べ物で
何が自分に必要か語ってくれるんです。
その舌の声、体の声こそ現実であり、一番頼りになります。食べ物にまつわる観念論は危険です。
体の声を鈍らすのが、ストレスから来る、嗜好性のある食べ物への好みです。

そして、自分もごく少量の背青の魚だけは取っています。4日に一回30グラムほどかな。
それも肉体が必要としているか、また精神が完全な菜食になじむような状態じゃなく何か刺激を求めているか、
そんなところなのでしょうね。

580 :473:2012/09/05(水) 13:25:50.98 ID:BnpeHP2w
人生経験を重ねても、そして瞑想に親しんでも、なお、迷信深く信じやすいマインドがいきのびていることはままある。

私がある側面において賢明でも、昔からの迷信深い未熟なマインドが生きていたら、そういう言説に影響を受けてしまう。
そうすると、普段の主体と、その迷信深いマインドの主導権争いが起きてしまう。

葛藤が起きるし、何が正しいのかわからなくなる。
すると、主体は、迷信を提示した相手と議論して屈服させようとしてしまう。
が、問題はあくまで自分の中で自覚されないで生き延びている無意識の迷信深いマインド。

それが静まってゆけば疑問は減ってゆき、すっきりとした意見が述べられるようになってゆきます。
そして、これは私もまだ知りませんが、そういう無意識の迷信深いマインドが完全に静まっていたら、全く違ったように人々が見えるでしょうね。

581 :473:2012/09/05(水) 18:54:59.73 ID:BnpeHP2w
死ぬことが恐ろしいのではなく
肉体が消えると、肉体に執着していた自我も消滅せざるを得ないということを
恐れているのかもしれない。

582 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 21:26:31.93 ID:VjSNI6lL
:


583 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 22:39:11.57 ID:LaofEsms
2ちゃんを見るのは2ちゃんへの執着だし、レスを見るのはレスへの執着。

584 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 22:40:52.58 ID:LaofEsms
たしかに2ちゃんをやめたら、何していいかわからない。

いや、わかっているが、向き合うのがおっくう。

585 :神も仏も名無しさん:2012/09/05(水) 23:34:07.49 ID:VjSNI6lL
ID:UIes3+xU
マジ切れ。

586 :神も仏も名無しさん:2012/09/06(木) 03:30:37.90 ID:JsZgg9/l
ID:UIes3+xU
どうもうさんくせぇ。彼女いるのうそだな。描写がほかに比べ妙に単純過ぎる。

587 :神も仏も名無しさん:2012/09/06(木) 05:51:35.09 ID:VjCRuZsW
ID:UIes3+xU
こいつアホすぎるな。書けば書くほど相手が正しいと思えてくる文章で泣けてくる。

588 :神も仏も名無しさん:2012/09/06(木) 05:57:01.93 ID:VjCRuZsW
ID:UIes3+xU
農家の話は勉強になった。でもお百姓様ってなんで百姓にだけ様つけなきゃいけねぇんだよ。
すべての人ががんばって仕事してんだよ。優越つけてんじゃねえよ。

589 :神も仏も名無しさん:2012/09/06(木) 06:17:57.62 ID:VjCRuZsW
ID:UIes3+xU
たしかにこいつ彼女いないな。なんでくだらねぇうそついてんだろ。

590 :神も仏も名無しさん:2012/09/06(木) 06:32:16.07 ID:VjCRuZsW
ID:UIes3+xUの相手は悟りについてまったく書いていないが、こいつは悟りという単語乱発。
おまえは悟っているとでもいいたいのか?人の仕事に優越つけるくせによぉ。お前のほうがよっぽど悟ってないぜ。

591 :神も仏も名無しさん:2012/09/06(木) 06:50:31.08 ID:VjCRuZsW
473の考え方暗いよ。
あとなにが正しいかわからなくなくなるとかいているが、それぐらいのことなんだからどうでもいいんじゃない。
おれはウソは駄目だし。否定をみるとむかつくは正しいと思うけど。。


592 :パーピマン:2012/09/06(木) 11:07:36.13 ID:S1dOU5ZU
呼んだ?wwwww

しかし、なんじゃ? このスレwwww
amaのスレに、度々、スレ名が書かれていて、目についたので覗いて見たら
oshoなんか全く関係なしか?www

オレムや安堂とか、見知ったコテがいるがww
んで、amaスレでオレにチャチャ入れてた真言バカもいるのかwwww





593 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/06(木) 11:57:17.14 ID:jBHXuE9e
>>592
ここは隔離スレだよ。
ホントは473を隔離するのに、ろんが立てたスレだけど
何書いてもイイみたいなんで、居心地がイイんだ。

594 :風名 ◆9lH1ccVj/6 :2012/09/06(木) 13:28:18.76 ID:8YQJou+I
>>593
>ここは隔離スレだよ。
ホントは473を隔離するのに、ろんが立てたスレだけど

その言い方は語弊があるな。
より正確に言うとこのスレは473さんがスレ主として、
Osho,クリシュナムルティ,グルジェフ等の言葉を引用したりしながら、
、瞑想をシェアして、人々に目覚めの契機を与えて人類の意識レベルを上げて
世界を救うという偉大にして崇高なる使命を持ったスレなのだよ。

私もこのスレの一員として偉大なるスピリチュアルリーダーの長文連投を楽しみにしているよ。

595 :神も仏も名無しさん:2012/09/06(木) 18:21:51.78 ID:88x1a7iO
>>592
お前ろんだろ。

596 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/06(木) 18:27:50.31 ID:jBHXuE9e
え〜〜、パーピマンって、ろんだったの?

597 :神も仏も名無しさん:2012/09/06(木) 19:09:05.46 ID:88x1a7iO
>>592
なんでなりすましてんだよ。

598 :神も仏も名無しさん:2012/09/06(木) 20:41:44.43 ID:88x1a7iO
>>592ろん、なんでなりすませたのか。理由を書けよ。おれはうそが嫌いなんだよ。
くだらねぇうそつきやがって。ばれんだよ。

599 :ろん:2012/09/06(木) 21:33:21.65 ID:NmQsAbXp
>>595
ちがうわ。。w

600 :安堂拓海 ◆3LK.0gZrV2 :2012/09/07(金) 03:05:38.02 ID:SLnNyXjW
自作自演ってあれだな。
やる人がミスってID同じでコテが違うというミスしたらバレルな。
それと同一人だと、どうしてもその人の言葉の癖があるから
長く見ているとどうしてもわかってしまうものだからね・・・どれだけ変装してても。

実際はこの安堂

601 :安堂拓海 ◆3LK.0gZrV2 :2012/09/07(金) 03:57:13.40 ID:SLnNyXjW

この安堂拓海がすべて、

 安堂・ろん・473・だいおう・ポッたん・コレって悟りかよ・うどん脳・名無し・その他
の全てのコテを自作自演しているのだ・・・。
入ってきた奴は周りが全部自作自演だと知らずに踊らされて、最後はボロボロにされてしまうのさ。

まあ、信じるか信じないかはあなた次第です!

602 ::2012/09/07(金) 06:34:22.45 ID:XiuQwgX6
全ては私の自作自演だ。

603 :ベゲザン:2012/09/07(金) 10:26:55.99 ID:c3Y2LvFq
>>602
おまえ名前なんていうねん。

604 :神も仏も名無しさん:2012/09/07(金) 12:26:25.72 ID:XiuQwgX6
>>603
様々な名前で呼ばれている。

605 :神も仏も名無しさん:2012/09/08(土) 23:45:53.16 ID:pIciJSnq
ドン・ファンの説く「戦士の道」もサタンの「生き様」もすべては皆さまを覚醒に導くのですが、
それには前提条件があるのです。
それがここで常に言い続けております「覚悟」なのですが、ほとんどの方にはそれがありません。
「何があっても、どんなことが起ころうが私はこの道を行く」
「誰に何をいわれようが、世界中が敵になろうとも、私はこれを信じて行く」
この覚悟がないのです。
あっちフラフラ、こっちフラフラで、軸が定まっていないため、
何かを少しでも成し遂げる前に台無しにしてしまいます。
だからこそせめて「祈り」という易しい道をお伝えしているのですが・・・

サタンもドン・ファンもはっきり申し上げてエネルギー量がけた違いに大きいのです。
それを手本とするには、皆さま方はあまりにもエゴにエネルギーを使い過ぎていますし、
覚悟がなさ過ぎるのです。

2012/5/22 No.1546
http://www.mandarake.co.jp/publish/space/

606 :神も仏も名無しさん:2012/09/09(日) 00:11:49.85 ID:snpmAEbd
ドンファンて岩タイプのポケモンだろ

607 :ろん:2012/09/10(月) 17:49:55.84 ID:xydTStLz
>>601-602
おまいら、多重人格障害か。。w

608 :安堂:2012/09/11(火) 01:01:05.11 ID:Skp1CoFW
>>607
演技力ない・・・・。orz

609 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/11(火) 01:22:08.52 ID:vQid6kds
>>608
そんな演技じゃ紅天女は任せられないわね

610 :安堂:2012/09/11(火) 01:49:21.27 ID:Skp1CoFW
>>609
紅天女がわからない・・・。
お仲間?私とあなたの心は同じですか?

611 :神も仏も名無しさん:2012/09/11(火) 08:21:41.58 ID:ygTN98cK
恐ろしい子!

612 :ろん:2012/09/11(火) 12:14:20.34 ID:5+eHv4Gl
>>610
『ガラスの仮面』を読むとわかるよ。。w

613 :悟り子 ◆AAyxyMDKw6 :2012/09/11(火) 15:43:21.83 ID:L6P9i4IB
虹の彼方へ・・・

614 :神も仏も名無しさん:2012/09/11(火) 18:40:55.80 ID:ctg/GIcq
うぉ〜〜〜ん

615 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/12(水) 00:36:13.37 ID:V8Eb9Aos
向こうのスレは、おかしな感じなのでこっちのスレに避難。

616 :塩と味噌:2012/09/12(水) 00:50:37.50 ID:L5LwaY2h
どうおかしいんだ?

617 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/12(水) 02:04:53.66 ID:V8Eb9Aos
>>616
会話の通じない妙なのに絡まれる。

618 :塩と味噌:2012/09/12(水) 07:42:03.90 ID:L5LwaY2h
あー、パーピマンが真言バカゆつてた?
前にやり合ったから怨まれてんじゃないの?
なんか否定ばっかするからどやこやて書いてるね。

619 :パーピマン:2012/09/12(水) 10:30:09.19 ID:CICBKyHz
>>618
>あー、パーピマンが真言バカゆつてた?

wwwww

ちょっと、オタクに聞きたいんだが、お前さん、以前、俺と絡んだことある人かな?
コテが新しいんで、スタンスがどういう人なのか、掴めないんでねw
以前、やりとりしたことがある人なら、思い出せば把握が容易なんでねw
(臨済系の匂いはするんだがww)
(書き込みも、まだ、二三しか読んでないしww)


620 :パーピマン:2012/09/12(水) 10:35:16.99 ID:CICBKyHz
>どうおかしいんだ?

ん〜?
もしかして、観自在か?
確か、この言い回しは、観自在とオペが好んで使ってたはずだがww


621 :塩と味噌:2012/09/12(水) 10:40:58.07 ID:L5LwaY2h
何度も絡んでるよ。前は鬼スレかな。
ま〜ろんと同じ部類て言えば把握が容易なのかな?
特に公案に参じたりはしない。
専ら坐ることばかりだよ。

622 :塩と味噌:2012/09/12(水) 10:42:06.48 ID:L5LwaY2h
観自在とopeではないよ。
名無しでずっとしてて最近コテつけた。
ところで馬はどこいった?

623 :パーピマン:2012/09/12(水) 10:42:54.08 ID:CICBKyHz
>何度も絡んでるよ。前は鬼スレかな。

え〜〜〜?www
コテ付けてたか?
まさか、名無しの「悟り萌え〜」じゃ、あるまいな?www

624 :パーピマン:2012/09/12(水) 10:45:02.00 ID:CICBKyHz
>>622
>ところで馬はどこいった?

おそらく、覗いてはいるんだろうが、書き込みする気は起きないだろ?
今のあの状態ではwwww

625 :塩と味噌:2012/09/12(水) 10:53:59.18 ID:L5LwaY2h
最近つけたんだよ。
なんだ悟り萌え〜!て?w
鬼のことかな?

さすがに馬でもノスとスペイスマンは手に余るのかw
鬼スレはなくなってもいいよなー。

626 :塩と味噌:2012/09/12(水) 10:55:22.13 ID:L5LwaY2h
おっと休憩が長くなった。
不思量底を思量してくる。

627 :神も仏も名無しさん:2012/09/12(水) 11:06:38.19 ID:20asepKY
悟り萌え〜だよ。

628 :パーピマン:2012/09/12(水) 11:12:26.73 ID:CICBKyHz
>>625 www
>なんだ悟り萌え〜!て?w

以前、鬼スレでよく、馬に絡んでた奴ww

ん?
>>627   お前が、「悟り萌え〜」か?  馬と絡んでた?


629 :悟り萌え〜:2012/09/12(水) 11:17:29.25 ID:20asepKY
パーピマンお前みたいなアホにスタンス掴めるわけねぇだろ。いい加減自分のレベルを把握しろよ。

630 :悟り萌え〜:2012/09/12(水) 11:19:57.57 ID:20asepKY
馬と絡んでた? そうだよ。

631 :パーピマン:2012/09/12(水) 11:24:12.62 ID:CICBKyHz
wwwwwwwwwwwwwww

リアルキチの真言バカ=「悟り萌え〜」  だったわけかwwwwwwwww

納得、納得www
そういえば、馬にボロクソにされてたなwww

「こいつは対話成立以前の馬鹿だ。」と、オレも途中で相手するの止めたの
思い出したわwwww
ちっとも、治ってねえなwww

とにかく、俺は、神様や仏さまが『見えちゃう』人とは対話したくないんで
もう、絡んでくるなよ、キチガイwwwwwwww


632 :悟り萌え〜:2012/09/12(水) 12:30:47.29 ID:uszcwlnV
>>631
わかったよ。今まで悪かったな。おれはキチガイだがおまえはほんとアホだったよ。
お前から絡んできたの思い出せよ。クソガキ。けんかに負けたらこれだよ。かわいそうなやつ。

633 :神も仏も名無しさん:2012/09/13(木) 01:26:17.11 ID:d9y2oiK0
>>105>>258に書いてる ID:GjHcPrd+ さんてもう来ないのかな?
もっと話が聞きたいと思うのは自分だけじゃないよね・・・

634 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/13(木) 01:35:22.03 ID:DVJU5ngv
>>633
俺は観自在の話はイイや

635 :神も仏も名無しさん:2012/09/13(木) 02:28:51.53 ID:d9y2oiK0
>>634
言葉は丁寧ではないけど・・・直感で読みたいと思ったので。
あの言い回しはエゴを誘発wするから注意が必要だけど、
言ってる意図自体はよく伝わってきて、常に自己を観るように
仕向けてるよね。
観自在って名前? ちょっと過去のを探してくるw

636 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/13(木) 10:21:21.99 ID:DVJU5ngv
最近、観自在と絡んでないな。
今日暇だから、来ないかな・・・・・・・・。

637 :安堂拓海 ◆3LK.0gZrV2 :2012/09/14(金) 02:10:25.87 ID:UJzGBiwk
質問者:神があるかどうか見出すために私はここにきました。そしてあなたは完全に私を混乱させてしまいました。

クリシュナムルティ:あなたは神があるかどうか尋ねるために来ました。私たちは言いました。
言葉は私たちが崇拝する思い違いにつながります。そしてこの思い違いのために私たちはお互いに進んで破壊するのです。
思い違いがないとき、‘あるがままのもの’が最も神聖です。さて、実際にいまあるものを見ましょう。
ある一定の瞬間には‘あるがままもの’は恐れかもしないし、または全くの絶望、またははかない喜びかもしれません。
これらのものは絶えず変化しています。そしてまた、‘私の周りのこれらのものはすべて変化します。
しかし私は不変のままです’と言う観察者があります。それは事実でしょうか? それは本当にあるがままのものでしょうか?
彼もまた変化していないでしょうか? 彼自身に加えそして減じて、彼自身を修正して、調節して、何かになろうとし、あるいはなろうとしないで。
それで、観察者と観察されるものは共に絶えず変化しています。{あるがままのもの}は変化なのです。
それは事実です。それがあるがままのもの{なのです}。

638 :神も仏も名無しさん:2012/09/14(金) 02:20:14.95 ID:2ETzqVAC
↑こんな厨房の詭弁みたいな説教にだまされるやつの気が知れんw

639 :473:2012/09/14(金) 05:43:03.08 ID:XvfGTNQM
事実の認識に言葉は必要ないし、事実は不断の変化なので刻々の目覚めがないと事実を見過ごすことになると。

640 :神も仏も名無しさん:2012/09/14(金) 06:11:15.42 ID:E4/Xe0c9
事実とは時間的、空間的に固定された出来事である
例えば、Aさんが殺されたのは何丁目何番地何時何分凶器は何で、という証拠がそろった時にのみ殺人は事実と認定される
さらにこれらの事実は、言語的に第三者に伝えられてこそ事実として認められる

言語を媒介としない事実など妄想幻想となんら変わるところがない
目覚めていようが眠っていようが刻々と変化するような事象は明らかに事実ではない
それは脳が生み出す幻想だ

641 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/14(金) 11:09:14.57 ID:OfSfD6ou
>>640
>言語を媒介としない事実など妄想幻想となんら変わるところがない
>目覚めていようが眠っていようが刻々と変化するような事象は明らかに事実ではない
>それは脳が生み出す幻想だ

変化する幻想を言語化して、「事実」という固定化したモノとして認識してるだけかもよ?

642 :473:2012/09/14(金) 13:22:31.21 ID:tzVeYZqH
それは人間存在が私であるという約束事の中でだけ通用するものであり、事実ではない。

事実とは、人間は形を超えた全宇宙そのものであり、全宇宙を生み出す意識そのものであるというようなニュアンスのことです。
宗教ですから。

という類の事実はただ事実が在ります。
言語を解する必要はないと思います。

生まれるものも死ぬものも無い。
それが宗教が言う類の事実です。

人間社会の事実は夢を夢と分かって楽しめといわれます。

643 :塩と味噌:2012/09/14(金) 13:42:07.88 ID:at8U0E1q
事実は誰もが見て聞いて味わったり触ったりできるが誰もが知らないこと。

644 :神も仏も名無しさん:2012/09/14(金) 15:34:14.46 ID:fPCGuPaJ
事実とは人それぞれってことかw

645 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/09/14(金) 16:31:32.54 ID:OfSfD6ou
>>644
オレは、竹島が日本の領土だっていうのは事実だと思うけど
そうじゃない人もいるのだ。

646 :神も仏も名無しさん:2012/09/17(月) 04:39:33.84 ID:cghwyKrC
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね 
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね 
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね
創価死ね


647 :神も仏も名無しさん:2012/09/17(月) 13:21:01.35 ID:QWnhqlnN
>>637のクリシュナムルティがいう事実って言葉は、実相とかの日常で使わない言葉に
訳したほうがいいんじゃない。そうすれば>>640の証拠とか第三者への言語伝達とか
余計な(ごめんね)話に展開しなくてすむのでは。

648 :ろん:2012/09/17(月) 15:09:22.68 ID:1y7jvTMa
>>647
英語でfactと引くと、理論や空想に対する、事実や現実とある。。

現実と訳した方がいいのかもね。。

649 :神も仏も名無しさん:2012/09/17(月) 15:37:18.68 ID:581i7EnD
>>647
クリシュナムルティの言う事実はまさに現実のことだろうな
一般人は妄想、幻想の世界におり、自分はそういう世界を脱した現実、つまり自然そのものにあるってことだろう
だからコメンタリーでは必ず自然描写から文章が始まる

650 :神も仏も名無しさん:2012/09/17(月) 19:17:11.74 ID:QWnhqlnN
>>648>>649
わかった。その事実って言葉で誤解する人が少ないなら、特に言うことない。
>>640が誤解してるように感じたのも自分のエゴからくる勘違いかも。

651 :神も仏も名無しさん:2012/09/18(火) 01:32:31.14 ID:EUUbTDnU
>>647
>第三者への言語伝達とか余計な(ごめんね)話に展開しなくてすむのでは

なぜクリシュナムルティは多くの著作を残したのか?
クリシュナムルティの著作に限らず、どの宗教も経典には言葉があふれている
そしてそれらが指し示しているのは、これこそ事実であり真実だというメッセージである
言葉による第三者ヘの伝達という行為こそ宗教の存在意義なのだろう
そこに何が書かれていようが大した意味はあるまい

652 :神も仏も名無しさん:2012/09/18(火) 14:55:36.77 ID:X516LeMX
事象ってやくしたほうがいいね

653 :安堂:2012/10/02(火) 02:52:33.55 ID:IiW9ayDP
EOやフーマン、アジズはどうなってますか?

654 :神も仏も名無しさん:2012/10/12(金) 00:54:19.63 ID:3stHe97x
EOが「焦点機能の損壊」といったのが
最も的を得ている。


655 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/10/12(金) 01:32:09.26 ID:IJ/4q3mu
>>654
「集点機能の損壊」だなんてカッコつけすぎ。
ただ単純に「頭がボ〜〜」ってしてるだけだよ。

656 :庵憧 ◆3LK.0gZrV2 :2012/10/22(月) 00:08:35.42 ID:aO5gTZO8
頭がぼーっとしてたら日常生活は送れませんよ・・・。
焦点機能が損壊したら脳死みたいなもんですよ。
そんなものは仏教ではありません。
あたかもインドの聖者や上座部仏教のヨギが崇められるようなものです。
日常衆生のただ中にいて和光同塵になれる。


657 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/10/22(月) 02:20:45.07 ID:w1ODfNOP
>>656
>頭がぼーっとしてたら日常生活は送れませんよ・・・。

みんな雑多な想念の中で混乱しながら日常生活を送ってるんだから
逆に、ぼーっとしてても日常生活は送れるよ。

658 :神も仏も名無しさん:2012/10/30(火) 00:11:00.70 ID:HFj776YL
書き込みテスト


659 :神も仏も名無しさん:2012/10/30(火) 00:13:32.51 ID:HFj776YL
LVは書き込むと上がるのでしょうか?

660 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2012/10/30(火) 00:17:38.21 ID:XPgQKnFO
>>659
毎日書き込むと1日に1レベルずつ上がるよ

661 :神も仏も名無しさん:2012/11/17(土) 19:22:25.18 ID:fkaazJqA
愛という奇蹟―ニーム・カロリ・ババ物語を読んでいたら
ニーム・カロリ・ババはクリシュナムルティをラーマ・ムルティと呼んでいたらしい
弟子達を講演会に行かせたそうな。
ラーマの化身と観ていたのだろうか。

662 :ノスタルジア:2013/01/13(日) 15:10:52.44 ID:+jCHOSGM
473さんの書き込んだ読んでないやついっぱいある。
だから読もうと思う。
>>33>>死にたくないから働かないといけない。
これは絶対思うことだけど、俺はそれは思考の外に追い出しています。
思考の外に追い出していると書いたけど本当に思考の外に追い出しているかと
言われれば疑問が残る。なぜなら都合によりただ思考の外に追い出しているからだ。
私はでも思考の外に追い出しているという理由を作ることが出来る。
なぜなら、自分の思想があるからだ。それは今は出てこないのでまた今度紹介します。
>>宗教的、社会的、文化的理想のために活動したい。
その紹介の内容はたぶんこの項目に当てはまります。
確かに宗教的な理想はある。極楽国がそれです。社会的理想もある、そういう社会を想像したこともある。
文化って私の場合何なんでしょうね。私には文化の意味が分からないので文化を、言葉の羅列に
すすんで組み入れることは出来ない。
>>物事を最適化、効率化したい。
ふと思ったんですけど、これは三つの項目ではなくて、同じ項目に感じるのですが・・・。
だからそれをわざと分解したように見えるのですが・・・。なんか誘導されている気が
する。
>>3つのどれにも囚われず、だが3つの方向全てにあふれ出る泉のような生。
言いうるとしたら、それは私の生そのもののような気がするのですが・・・。
なぜならまあ文化ってのがよくわからないけど、だいたいは私の生に似通っているからです。
だからあなたはそれを知っていて、私達に方便を見せただけではないでしょうか?
違いますか?それとも無意識で?

663 :ノスタルジア:2013/01/13(日) 15:34:04.73 ID:+jCHOSGM
>>39
>>できることは、起こることを見守ることだけです。
そして、起こすその主体の起源を理解する、それに目覚める、
それを静めることによってのみ(悟り)為すことができるようになります。

↑やっぱり理想ですか?起こす主体の起源ってやっぱり理想ですか?
しかしそれを静めるというのはどういうことでしょうか?目覚めるってのはわかりますが、
静めるってのはちょっと理解しがたいところですね。

>>何かしようとすることは起こることのメカニズムを抑圧したり分断したりして
より混乱を強めること意なるだけです。

↑何かしようとも私はしています。なぜなら言葉の羅列で極楽国に行けるんだと
思っているからです。もちろん思考の外と思考の内の間と言ったらいいのでしょうが、
そこでは確かに黙っている節もあります。人は行動する生き物です。何かしようと
することは必然ではないでしょうか?まあ言い訳に聞こえるかもしれませんが・・・。

>>見守られていない心は宗教において戒められているような行いを起こしますし

↑言い訳に感じると思うし私も言い訳に感じていますが、その指摘は親鸞聖人は無戒論で
押さえています。つまり親鸞聖人は戒についても律についてもしないと言っています。
その親鸞聖人の思想は私の下地にならざるをえず、まあ思考の外の話なのですが、
しかし親鸞聖人は私にとって大切な人なので、もともとその指摘は、私には乗り越えられる
ものだと提示しておきますよ。

664 :ノスタルジア:2013/01/13(日) 15:51:18.31 ID:+jCHOSGM
結局473さんは執着のことをどう思っているのですか?いろいろ言っているので
分かりませんし、ABCなどの使い方がよくわかりません。
取り敢えず今日はここまで。

665 :ノスタルジア:2013/01/13(日) 15:52:01.84 ID:+jCHOSGM
473さんは別世界についてどう思いますか?

666 :神も仏も名無しさん:2013/01/13(日) 15:52:36.11 ID:+jCHOSGM
666wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
弥勒の世が来るぜーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

667 :神も仏も名無しさん:2013/01/13(日) 20:56:14.31 ID:Jd0Q+X5m
関心のある人は参考にして下さい。

地球界における覚醒・解脱・卒業の在り様@〜D
2012/8/27 No.233〜2012/11/10 No.237
http://www.mandarake.co.jp/publish/space/

668 :473:2013/01/14(月) 16:34:02.42 ID:kE3zhGMn
>>662
グルジェフスレッドなので、この内容は
体センター 感情センター 知性センターの各センターの好むところを自分なりに書き出してあります。
無理に未知の方便を解釈しようとすることもないと思います。

≫死にたくないから働かないといけない。
「私は死につつある、金は減りつつある。
そして今私は働いていないし、金儲けの算段を考えてもいない。」

この現状に覚めるのは非常に難しい。
しかし、無意識になって食べ物や性欲や都合のいい金銭の夢や、悟りなどを夢見て現実逃避することはできる。
しかし、要は死につつあり、金が減りつつあるのにそれに対して何もしないでいるどころか、現実との対応力を失わすような夢を見ている。

なんという自殺的な行為。なんという勇敢な行為。
無意識になって夢想するとき永遠を夢見てはいるが、事実としては実に自殺的だ。

どうせ夢想して自殺行為をするぐらいなら、死につつあり金が減りつつあり今この瞬間は働いていないという事実に覚めていた方がいいように思う。

669 :473:2013/01/14(月) 16:40:10.89 ID:kE3zhGMn
>>662
≫≫これは絶対思うことだけど、俺はそれは思考の外に追い出しています。

追い出すとはどういうことだろう。
別のことを考えて抑圧しているに過ぎないのではないだろうか。

これを本当に思っていなかったら体への執着は消滅していることを意味すると思う。
この場合は追い出すのではなく単にそういう思考が存在しない。

できることは死につつあり、金が減りつつあり、今は金稼ぎをしていない。
その事実に覚めていることだけだと思う。

今私は生に執着している。欲望と恐怖がある。
しかし、生に体に全く執着しないでいても、自由な意志において体を保持する在り方もありはしないだろうか。

欲は意志ではない。恐怖は意志ではない。執着は意志ではない。
執着は生存に必須のものではない。
執着がなくても意志において愛において生は紡がれるのではないだろうか。

670 :473:2013/01/14(月) 16:45:08.08 ID:kE3zhGMn
できることは死につつあり、金が減りつつあり、今は金稼ぎをしていない。
その事実に覚めていることだけだと思う。

覚めていられれば
未来への算段ではない今即時に行いうることのビジョンが生まれ、そのためのエネルギーも湧いてきます。

あるがままに減り、あるがままに死に向かい、
あるがままに増え、あるがままに生が湧いてくる。

そんな今。

671 :神も仏も名無しさん:2013/01/14(月) 19:04:12.61 ID:+/yT4W/C
>>668
> 「私は死につつある、金は減りつつある。
> そして今私は働いていないし、金儲けの算段を考えてもいない。」

俺は今偶然これだな。そうであるしかない。不思議な安堵がある。

672 :神も仏も名無しさん:2013/01/14(月) 19:06:40.75 ID:+/yT4W/C
安堵と自由な感覚だな。どうでもいいわと思う。
自暴自棄や無気力のそれとは違う感覚はあるが
同じと言えば同じ。まぁどうでもいいわ。

673 :神も仏も名無しさん:2013/02/03(日) 14:08:15.27 ID:O2wvy8en
ほんまでっか。情況が変わればまた心境も変わるんでないですか。
それともあらゆる情況で「どうでもええわ」といえまっか。

674 :神も仏も名無しさん:2013/02/04(月) 18:39:59.62 ID:gLGKJg6D
>473
 人とのつながりってないのか?
取り敢えず嫁を食わせるために働いてる。それが無かったらどうなんだろなと
思う。俺も何もしないかもしれない。

675 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2013/02/14(木) 09:54:11.59 ID:GUY/Kcr/
ここも過疎ったね〜〜

676 :神も仏も名無しさん:2013/02/14(木) 21:29:57.19 ID:88BRiAxd
カルトですもの

677 :ろん:2013/03/05(火) 20:26:40.11 ID:Qjpc50PJ
スレタイに、トールとか入れればよかったかな。。

トールは偽物じゃないと思うし。。

678 :「うどん脳」の実態〜ある朝目覚めたら、『脳みそがうどん』に:2013/03/05(火) 21:00:02.74 ID:ZSlnsGBc
>>677
トールって誰?

679 :ろん:2013/03/05(火) 22:45:53.95 ID:Qjpc50PJ
>>678
エックハルト・トール。。

680 :ベゲザン:2013/03/06(水) 03:51:15.72 ID:c7mPpSOw
他 ウェインW・ダイアー
  リチャード・カールソン
  ケン・ウィルパー

681 :神も仏も名無しさん:2013/03/16(土) 22:50:27.38 ID:iX2+meUY
セドナプラス
http://sedonaplus.info/

「人生を変える一番シンプルな方法-世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド-」(主婦の友社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4072584258/

エックハルト・トール〜「ニューアース」ウェブクラス1-2
http://www.youtube.com/watch?v=OL-LvCBkO2Q

682 :神も仏も名無しさん:2013/04/12(金) 09:44:56.25 ID:EQTE9P04
>>677
トール彼は覚者じゃない。
まだ自我が残っている。

ムージ彼は紛れもない賢者だね。

683 :神も仏も名無しさん:2013/04/25(木) 00:34:01.71 ID:7lDtGX1W
Coliwiki
http://www.wikihouse.com/coliwiki/index.php?Coliwiki

684 :神も仏も名無しさん:2013/04/27(土) 12:03:27.35 ID:v418Tupf
小森健太朗
http://twilog.org/komorikentarou

685 :神も仏も名無しさん:2013/04/27(土) 18:13:28.35 ID:EAYC+Jx9
いやOSHOはカルトではないよ
カルトというのは、マジックの種明かしをしないもの
つまり詐欺
彼らは,彼の生前から富裕であることや
その裏の裏まで種明かしをしていたので
メンタルトレーナー集団なんだよ。
カルトとは、教祖の私生活を嘘まみれにして,偶像視させること
つまり集団催眠(はっきりゆうと信者妄想を最大に利用したシステム)
彼らは,全部開けっぴろげ、だから催眠をかけるのは無理。洗脳も無理
ましてやあれだけの瞑想を教えたら
あるていどいるだけで悟るわな。

686 :神も仏も名無しさん:2013/05/01(水) 20:15:23.03 ID:8QLS41qG
クリシュナムルティ・禅・ヴィパッサナー実践スレ5
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1289182908/

ルドルフ・シュタイナーと人智学 8
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1359388921/

エックハルト・トールはもっと評価されるべき
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1284656664/

687 :ろん:2013/05/03(金) 11:12:52.39 ID:PRt3YD/r
>>682
まあどっちでもいいけどね。。

ムージって誰?

688 :ろん:2013/05/03(金) 11:13:48.99 ID:PRt3YD/r
>>685
いや、ウソばっかついてんだから詐欺じゃん。。

誰も悟るわけないし。。w

689 :神も仏も名無しさん:2013/05/03(金) 11:25:56.18 ID:SZNwpAY6
@kousakusha
『タオ自然学』や『新ターニング・ポイント』の翻訳者であり、ハワイ転居後も日本でワークショップや講演活動をつづけてきた
吉福伸逸さんが肝臓がんのため他界されました(現地時間4月29日午後5時頃)。訳出した本はいまなお多くの読者の意識の変容をうながしつづけています。合掌。

@komorikentarou
吉福さんがお亡くなりに。私にとっては日本での精神世界の師匠的存在として、吉福さんがいて、星川淳がいて、おおえまさのりがいて、
それぞれに巨星な方たちでした。ニューエイジ思想の評価をめぐって吉福さんと論争めいたことをしたこともありまが、精神世界の偉大な先達として尊敬していた方でした。

@komorikentarou

吉福伸逸さんは、トランスパーソナル心理学と精神世界・瞑想の分野で、先駆的に見取り図を提示できた方でした。
ライヒ、アサジョーリ、ライアル・ワトスン、カプラなど、第三心理学の系譜に関しては、日本での第一人者。アカデミズム界は吉福さんの功績を公正に評価しなかったのが惜しまれる。

690 :神も仏も名無しさん:2013/05/05(日) 20:16:19.63 ID:RoNRbKDg
本だけ読んでるなら、覚醒しにくいかもな.論くん
めーそーも好いし、やぱどんなことも
じかに,覚者に遭うのが良いと想う、
すべては、波動でできてる、マスターは
名前が有名だろうが,無名だろうが,波動がちゃうよ

691 :ろん:2013/05/07(火) 23:31:09.99 ID:AXPDnDFF
覚者も覚醒も、波動もマスターもどうでもいい。。

ゆっくり風呂入って、よく寝ることの方が大事。。ww

692 :神も仏も名無しさん:2013/05/11(土) 02:07:45.06 ID:x0ODo+xc
逆に本の総合スレッドも作って欲しいな。
最近の精神世界の名著とか知りたい。
俺立てられないし・・・

693 :オレって名無しかよ!?:2013/05/11(土) 18:26:16.97 ID:uZUik117
>>691
ろんは何かを得たようだね

694 :ろん:2013/05/11(土) 23:46:06.94 ID:rfAW6T8p
オレムはおかしなこと言ってるようだ。。w

695 :オレって名無しかよ!?:2013/05/12(日) 00:42:45.54 ID:VCW43+Gz
>>694
せっかく、褒めたのに・・・・・

696 :ろん:2013/05/14(火) 20:33:56.55 ID:2OrZkBgI
寝言言ってるんでないつーの。。

697 :神も仏も名無しさん:2013/05/26(日) 10:14:44.65 ID:4H1Ph033
osho

698 :神も仏も名無しさん:2013/05/29(水) 19:43:32.24 ID:d0o8u4b6
oshodakedo,shitumonn aruyatsu iru?

699 :神も仏も名無しさん:2013/05/31(金) 16:25:35.24 ID:pUP9VWgW
お勧め自己啓発書 パート39
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/books/1341425242/

700 :神も仏も名無しさん:2013/06/09(日) 00:59:21.57 ID:85xs/Jjq
こっちのほうがいいのか。
www.youtube.com/watch?v=logXI-nA57c
この人は、今は移転してるけど結構web初期からいろいろHPでupして
活動されてたけど、どういうひとなの?
ramanayabysw.blogspot.jp/

701 :神も仏も名無しさん:2013/06/11(火) 00:37:22.35 ID:V/kVbGdV
あげだべぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。

702 :神も仏も名無しさん:2013/06/12(水) 23:15:11.16 ID:ZCbS/Mqn
obe.jugem.jp/?cid=2

703 :神も仏も名無しさん:2013/06/13(木) 12:28:40.80 ID:/8s0ACsS
あげだべぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。

704 :神も仏も名無しさん:2013/06/14(金) 12:54:12.58 ID:yZQBv7H5
あげだべぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。

705 :神も仏も名無しさん:2013/06/14(金) 17:11:29.44 ID:pR8AwGPi
推薦書リスト(1)ヨーガ・スートラ関連
http://mito.blogzine.jp/blog/2011/06/post_8995.html

推薦書リスト(2)宗教/スピリチュアリティの古典
http://mito.blogzine.jp/blog/2011/06/post_1e6c.html

推薦書リスト(3)近現代の聖者たち/スピリチュアル・マスターおよび瞑想技法
http://mito.blogzine.jp/blog/2011/06/post_77a2.html

推薦書リスト(4)「精神世界」の名著
http://mito.blogzine.jp/blog/2011/06/post_a9af.html

エックハルト・トールの経歴と思想
http://mito.blogzine.jp/blog/2011/06/post_ff29.html

706 :神も仏も名無しさん:2013/06/15(土) 21:54:02.17 ID:tnFbMEZu
ブログ見たけど、選んでる本とかちょっとセンスないぞ。
やはりtopに そうなんだけれど がry

707 :神も仏も名無しさん:2013/06/16(日) 22:13:15.58 ID:MVqokUB3
ジョン・ディー(1527年〜1608年/1609年)

エリファス・レヴィ(1810年〜1875年)

ヘレナ・P・ブラヴァツキー(1831年〜1891年)

マグレガー・メイザース(1854年〜1918年)
アーサー・エドワード・ウェイト(1857年〜1942年)

ゲオルギイ・グルジエフ(1866年〜1949年)
カール・グスタフ・ユング(1875年〜1961年)

ジェラルド・ガードナー(,1884年〜1964年)
オースティン・オスマン・スパー(1886年〜1956年)
ハワード・フィリップス・ラヴクラフト(1890年〜1937年)
ダイアン・フォーチュン(1890年〜1946年)

イスラエル・リガルディー(1907年〜1985年)
L・ロン・ハバード(1911年〜1986年)

ティモシー・リアリー(1920年〜1996年)
ケネス・グラント(1924年〜2011年)
ケネス・アンガー(1927年〜)
アントン・ラヴェイ(1930年〜1997年)
ロバート・アントン・ウィルソン(1932年〜2007年)

ジミー・ペイジ(1944年〜)
ロン・ミロ・ドゥケット(1948年〜)

708 :神も仏も名無しさん:2013/06/25(火) 12:54:14.69 ID:PkwwZfVg
スレが輝く魔法の言葉、
あげだべぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。

709 :神も仏も名無しさん:2013/06/26(水) 22:56:37.46 ID:ceuik3i9
たたかれてるのね。

626 :神も仏も名無しさん:2013/06/25(火) 12:15:00.67 ID:Gxn/OgOS
本町コミュニティセンターと御殿山コミュニティセンターのある吉祥寺は武蔵野市。
一昨日の都議会選では自民党候補が当選、民主党候補は落選しました。
岩城さん、あなたが、額に印がある仏像を彷彿とさせる、と推していた菅直人が、
民主党候補を何度も応援演説していたにも関わらず、民主党候補は落選しました。
さぞや悔しいでしょうね。

そんなことより、伊豆に住んでいるのに武蔵野市の公共施設を頻繁に利用する、
ということに道義的責任は感じないのですか?

貰えるものなら何でも貰っとき〜の河本顔負けの税金泥棒根性ですか?
そんなことだからマーもあなたのところから離れていくしかないんでしょうね。
今やもぬけの殻なのに悟った人を演じ続けるのはさぞやご苦労も多いことかと思います。

ご愁傷様。

710 :神も仏も名無しさん:2013/06/30(日) 10:05:02.06 ID:Jy77iB6t
スレが輝く魔法の言葉、
あげだべぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。

711 :神も仏も名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:1L7JS/ri
あげだべぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。

712 :神も仏も名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:EOd+tgxg
あげだべぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。

713 :神も仏も名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:tHUy2MxO
サクシンセンターに行ってみたいのですが、整髪料をつけちゃいけないのと、エイズ検査をしなきゃ
いけない理由はなんですか。

714 :神も仏も名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:n9JODB+S
瞑想中は、整髪料とかオーデコロンの匂いが無いほうがいいからね。
無香ならつけてもいいんでないの?
あと、エイズ検査は必要無くなったんじゃなかったかな。
てか、センターに聞いてちょ。

715 :神も仏も名無しさん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:eLjc6L7i
youtube.com/watch?v=nqwebTmlocw
Annamalai Swami

なんかいいこといってるのかなぁ

716 :神も仏も名無しさん:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:/gjF13iZ
あげだべぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。

717 :神も仏も名無しさん:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:BLHJq359
stop

718 :神も仏も名無しさん:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:LFjNnikU
sage

719 :神も仏も名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:RjgBPdZ4
ほしゅ

720 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:428f+dX5
.

721 :神も仏も名無しさん:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:Zw4s9LMM
h

722 :はひふ:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:cfHM2cX1
瞑想に関してOSHOはヘミシングとか音源を外部から聞いて波動や次元を上げることを
良くないと警告してたんですが。
実際自分は音源使ったことないしなんとも体験ではないのですが
周りに数人いるヘミシング体験者は口を揃えて古代譜のよみがえりや
宇宙人との対話その割には定まらない人間性、攻撃よくの強い発言や
特権意識がないと言いながらの、お立ち台願望丸出し
ヘミシングはやぱ罠なのか知りたいのですが、場違いでしたらお許し
ただあまりにも、みんな安易に流されてるよう見え
ヘミで得た特殊能力は悪用しやすいのかなあと。知ってる人いたら教えてほしいのです、

723 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:WdJzWpBw
twitter.com/metabuddha

724 :神も仏も名無しさん:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:EY9eKQzb
あげだべぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。

725 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:+hC9/B6M
.

726 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:xUrUB6sF
://www.kitaoka.co/
://www.creativity.co.uk/creativity/jp/kitaoka/005.htm

727 :神も仏も名無しさん:2013/09/16(月) 23:22:02.49 ID:tkte02wa
ネオ・スピリチュアリズム
http://www.neo-spiritualism.jp/

728 :神も仏も名無しさん:2013/09/19(木) 19:05:05.95 ID:Ix3lkfoA
Spiritual books
http://www.bookclubkai.jp/books/books.html

729 :はひふ:2013/10/02(水) 16:35:36.62 ID:EDCA9FWS
ありがとうございます。

730 :神も仏も名無しさん:2013/10/03(木) 16:44:36.28 ID:fQIJD9gO
U. G. Krishnamurti ってどういうひと?

731 :神も仏も名無しさん:2013/10/09(水) 20:10:22.59 ID:/JeJmGIg
なんでラーマクリシュナとかラマナマハルシは入ってないの?
どちらとも解脱してるし、近代聖者の中ではダントツだと思うんだけど

732 :神も仏も名無しさん:2013/10/09(水) 23:41:48.14 ID:wLCjWIs+
何がダントツなんだよw
別スレあるからじゃない?

733 :神も仏も名無しさん:2013/10/16(水) 20:14:23.88 ID:8nkdh73C
初osho、joyというのを読んでるんだけど感化されるわ。見た目が強烈だから避けてたけどすばらしいわ

734 :神も仏も名無しさん:2013/10/24(木) 11:38:26.23 ID:2z2R7KQX
ラーマクリシュナ(1836年2月18日 - 1886年8月16日)ヨーガ 神秘思想家 インドの宗教家

ゲオルギイ・イヴァノヴィチ・グルジエフ(1866年1月13日? − 1949年10月29日)神秘思想家 ギリシャ系人 アルメニア系人

シュリー・ラマナ・マハルシ'(1879年12月30日 - 1950年4月14日)ヨーガ 神秘思想家

ジッドゥ・クリシュナムルティ(1895年5月12日 - 1986年2月17日)実存主義者 思想家 インドの哲学者

バグワン・シュリ・ラジニーシ(和尚/オショウ;Osho、1931年12月11日 - 1990年1月19日)神秘思想家 インドの宗教家

735 :神も仏も名無しさん:2013/10/29(火) 17:09:13.06 ID:qjUlbpdw
精神世界
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E4%B8%96%E7%95%8C

736 :神も仏も名無しさん:2013/11/08(金) 00:04:36.95 ID:QEZUQDZu
>>733
おお、私も初osho初joyで感銘を受けてます
過激な言葉も多いけど、あえて断定口調で強く揺さぶりをかけてるんだろうなと思う
他のoshoも読んでみたいけど多すぎてどれから手を出そう
もしお薦めあれば教えて下さい

737 :神も仏も名無しさん:2013/11/10(日) 19:46:47.13 ID:MGkykAHh
joyって角川からなんだね

738 :神も仏も名無しさん:2013/11/11(月) 02:14:24.65 ID:xyAoXKnp
春樹はぶっ飛んでるからなぁ

739 :神も仏も名無しさん:2013/11/22(金) 15:17:20.07 ID:OoGHlD82
どこで相談すればいいのかわからないので、スレチだったらすみません。
てか完全にスレチの気もするんですが、どこ行ってもスレチの気がするのでここにします。

ある日、自分の信じてた事を否定?されて、何かが落ちたんですけど
色々なものへの期待や結果を手放す感じでしょうか。そういう風になりまして。
今まで怖がりだったのが、怖いもの無しの状態になりまして。
生死に関する執着も薄くなって。
でも、変な充実感があって、いろんな事が尊く感じて、自分は世界の一部なんだけど、
何もできないんだけど、何から何まで、あーー尊い!って感じで。

740 :神も仏も名無しさん:2013/11/22(金) 15:19:42.58 ID:OoGHlD82
日常を送ってる間に、その感覚はだいぶ無くなったんですけど、
それを体験した時の新鮮な感じを持続させたいって思って
っていうか、これ持続できるんですか??わかる人教えてください。

それから、この一連の体験はなんなんだろうって知りたくなって・・・色々調べて
ここに辿り着く間と、ここに辿りついてから、よくわからないけど
答え的なものは十分貰った気がしてるんです。よくわからないけどw
でも、もっと探求して何者かになろうとしてる自分がいて。
そうする事自体が道を踏み外してるんじゃないかと思う自分もいて。
どうせ何も変わらないし普通に生きればいいと思う自分もいるんですけど
一回変わっちゃった自分を知ってるだけに、制止が効かなくて、こんな所まできちゃって。

こんな自分に何か助言的なものを頂きたいのですが・・・

741 :神も仏も名無しさん:2013/11/22(金) 18:45:46.00 ID:qsjDoF5U
エゴの依存先が否定されたので次の依存先を求めようとしている状態。
一時的なものなのでまたもとに戻る。

742 :神も仏も名無しさん:2013/11/22(金) 19:49:42.82 ID:RixtJLlD
一瞥の類だろうな
持続できるものはなくなったりしないだろう
何かを求める気持ちが残っているならまだ先があるのだろう
この先どう進むかは自分で決めるしかないだろう

743 :神も仏も名無しさん:2013/11/22(金) 23:56:46.41 ID:OoGHlD82
>>741
レスありがとうございます。
うわぁ〜そんな感じですね〜。正にそうだと思いました。
あと、完全に否定しきれなくて戻ったのかもしれません。

>>742
レスありがとうございます。
知りたい気持ちはあるんですけど・・・
この先なにかあっても、自分は勘違いしそうなので、やっぱりやめようかと思ってきましたw

744 :神も仏も名無しさん:2013/11/23(土) 00:46:33.72 ID:QO9Phvsr
あーでもちょっと悲しくなってきた。
あの時は心から思ってた事が、今だと上っ面になってしまう。
こんなんでいいのかな。

745 :神も仏も名無しさん:2013/11/23(土) 17:07:24.94 ID:xr1Tr8CA


746 :神も仏も名無しさん:2013/11/24(日) 12:38:34.73 ID:2zk4uIh2
それが本物の体験だとしても時間が経つと消えてくよ。
維持・持続なんか出来ないし、する意味も無い。
むしろ体験に執着すると狂うよ。

>もっと探求して何者かになろうとしてる自分がいて、
>そうする事自体が道を踏み外してるんじゃないかと・・・

よくわかってるじゃん。
何か他の者になろうとするのではなく、
より深く自己を掘り下げて、悟りを表現してみ。
どのみち外に答えは無いよ。

747 :神も仏も名無しさん:2013/11/26(火) 00:06:00.76 ID:9F8GgbAI
最近、無明庵が話題にならんな。
自我復元やってる人も少ないみたいだし。

748 :神も仏も名無しさん:2013/11/26(火) 00:53:46.27 ID:GNZod2aR
>>746

悟り・・・だと・・・??

こんなエゴまみれで悟りとか言い出したら怒られそうなんですが・・・
あと先生!自己の掘り下げ方がわかりません!自己分析ってことかしら。
ちょっと自己流に掘り下げてみたんですけど何も出てこない・・・愛とか出てきたら素敵なのに!!
でもなんか気分的に楽になりました。ありがとうございます。

749 :神も仏も名無しさん:2013/11/26(火) 23:13:46.21 ID:9F8GgbAI
エゴ塗れで何が悪いんだか。
悟ったら聖人君子になるとでもいうのか、バカバカしい。

あと、自己分析じゃなくて、自分で自分に相談するって感じ。
これはある種のチューニングみたいなもので、やればやるほど上手くなる。
この時に感じたものを言語で表現する事で、段々調整されていく。
でも残念ながら、愛は出て来ないと思うw

750 :神も仏も名無しさん:2013/11/30(土) 20:00:12.38 ID:Q83O+0Wo
この前、いきなり「生きてていいんだ・・」って思ったんだけど
その後「ああ、死んでてもいいんだ・・」って思ったんですよね。
そんな感じかなー。でもちょっと不自然かもー。
無明庵って人んとこ少し読んだんだけど、この人優しいなって思った。

751 :神も仏も名無しさん:2013/11/30(土) 23:49:25.75 ID:uHZ/wP1v
>>749
愛が出てこないなんて簡単にいうけど・・・IDをみてごらん。ほら、こんなに身近じゃないか。

752 :神も仏も名無しさん:2013/11/30(土) 23:52:15.78 ID:Q83O+0Wo
やっぱり不自然になってしまうーー・・・ま、いっか。

753 :神も仏も名無しさん:2013/11/30(土) 23:55:01.79 ID:Q83O+0Wo
>>751
ワロタwwwww

754 :神も仏も名無しさん:2013/12/01(日) 00:53:04.02 ID:vHhB6Xi7
>>739-740

アジャシャンティの「あなたの世界の終わり―「目覚め」とその“あと"のプロセス― 」
って本が、あなたの例に当てはまると思う。アマゾンのレビューですずらんって人が
書いてあるのがそっくり。

まあ、俺はそんな体験すらないので、何も言えませんが。

755 :ボーディ ダーマ:2013/12/01(日) 05:09:50.28 ID:vi/Oy6BH
>>740
考える必要がない。
忘れてしまえばいいだらう。

756 :神も仏も名無しさん:2013/12/01(日) 12:44:19.49 ID:rGsTmKME
言語で表現しないと、何も伝えられない。
言語で表現すると、何かが歪む。

言語によらず、指一本立てるだけで、法を伝えた人が居る。
言語を使いまくり、本を出しまくった人も居る。

757 :神も仏も名無しさん:2013/12/01(日) 13:55:15.46 ID:ZvXVNKBs
ありがとう
すずらんって人のレビュー読んだ。この人優しいなって思ったw
てか、みんな優しい。
レスくれる人みんな愛あるわー。愛みつけたわー。

758 :ボーディ ダーマ:2013/12/02(月) 06:47:29.80 ID:yNjDXYzb
そんなことも全部忘れてしまえ。
考える必要ない。
ハッキリ知らないからあれこれと理屈をつけたがる。理屈が複雑になるから益々分からないようになる。
純になれ純になれ。
このことは考える必要ない。
何をどうする必要も無い。
何も大切な事が無いということが大事なのだ。
一切何も気にせず過ごせ求道のものよ。

759 :神も仏も名無しさん:2013/12/02(月) 13:49:52.49 ID:+3NYmGMc
アジャシャンティの本は、
目覚めはじめたけどそれが定着していない人に良いというね

760 :神も仏も名無しさん:2013/12/02(月) 15:55:47.59 ID:N7kAh0mp
>>758
もっとリラックスしろよ。そんなガッチガチにりきんでないでさ。
なにもするななんて自分を型にはめず、なんかしたっていいだろ。
君にしたって2ちゃんでのやり取り、こうしてやめられないんだからさ。さあ、レス待ってます。

761 :神も仏も名無しさん:2013/12/03(火) 17:11:51.07 ID:9+ip25ew
ごめんねーー。みんなに心配かけたかな。
ほんとだね。忘れてしまえればいいのにね。

気にしないで普通に生きようと思うんだけどさ
あの時は心からやれた行為も
やってあげてる感がでちゃうんだよね。
そんな自分にイラっとしてたんだ。
だから、心からやれる状態にもっていきたかったんだ。
教えてくれた人に近づきたいって気持ちも大きかったしね。

だから色々してみようとするんだけど、なんか疲れるんだ。
やる気も起きないんだ。
当たり前の事だけど、できることしかできないだw
だから大丈夫だよ。ありがとう。

762 :神も仏も名無しさん:2013/12/04(水) 10:46:16.56 ID:2rUobcuz
まあ「やってあげたい」ってトコからして欲なんだけどね。
欲には必ず理由があって、それが自我に由来するものなら、落とした方が良い。
これをキッチリやってくと、次に進める様になる。
本当は進むのではなく、留まるとか停止するって感じなんだけど、
これを直接、文章にすると意味不明になるから、敢えて進歩と表現する訳だ。

あと、疲れるのは、まだ色々と慣れてないからだと思う。
何せ生まれ直した赤ん坊みたいなものだからね。
時には失敗する事もあるだろうけど、
自分と相談しながら思いつく限り色々やって、
学ぶ事を楽しむといいんでない?

763 :神も仏も名無しさん:2013/12/10(火) 12:12:58.18 ID:90CcOoVF
コリン・ウィルソン氏=英国の著述家

 コリン・ウィルソン氏 82歳(英国の著述家)5日、英南西部コーンウォール州の病院で死去。

 英中部レスターで労働者階級の家庭に生まれた。16歳で学業を放棄。
哲学書などを読みあさり、昼はロンドンの大英博物館図書室で執筆し、夜は野宿した。
1956年に発表した小説「アウトサイダー」がベストセラーとなった。
犯罪・心理小説、戯曲も手がける多作の著述家として知られた。(ロンドン)

YOMIURI ONLINE (2013年12月10日09時10分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/obit/news/20131210-OYT1T00219.htm

764 :神も仏も名無しさん:2013/12/11(水) 13:22:19.30 ID:c7lO1jcu
祝、OSHOバースデー!
日本語字幕版のOSHO講話が2本アップされとるね。 以下、拾い物。
「OSHO 垂直の次元を語る(日本語字幕版)」も掲載しています。パスワードは同じく osho の4文字です。 vimeo.com/46357529
「OSHO 悟りを語る(日本語字幕版) 」も掲載しています。パスワードは同じく osho の4文字です。 → vimeo.com/80052249

765 :神も仏も名無しさん:2013/12/11(水) 14:18:15.70 ID:3tBNKA4l
ありがとう。
感謝します。

766 :神も仏も名無しさん:2013/12/13(金) 23:34:06.57 ID:q79ZS+Cr
>>762
ぼやぼやしてたら日にち経ってたけどレスありがとう
慣れてないからこんな疲れるのか・・・だったらいいんですけど
赤ん坊というより老人みたいだと思った・・
こんだけ話聞いてもらって脳の病気でしたっていうオチだったらごめんなさい。

767 :神も仏も名無しさん:2013/12/14(土) 15:10:54.04 ID:6FVCpA9Y
>>764
亀レスですがありがとうございます。
特に悟りを語るは心に沁みました。

768 :神も仏も名無しさん:2013/12/15(日) 14:29:15.64 ID:cthjQGod
脳が病気の人にレスなんかしないよw
その程度の見分けはつくし。

769 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】(2+0:3) :2014/01/19(日) 09:31:15.25 ID:HLWuvhMl
わすはニンジャジャよ

770 :神も仏も名無しさん:2014/01/29(水) 07:11:55.03 ID:NbGznWKb
OSHOの本で一番のお薦めは何?
出来れは3000円以内でお願いします。

771 :神も仏も名無しさん:2014/01/29(水) 23:51:29.64 ID:F+X+V44k
>>770

JOYだと思う。

772 :神も仏も名無しさん:2014/01/30(木) 18:27:25.84 ID:tjC5NESc
>>771
俺770じゃないですけれど(同じこと聞きたかった)
それってOSHO氏の本をいろいろ読んでみての結論ですか?

773 :神も仏も名無しさん:2014/01/30(木) 22:17:33.23 ID:SfFBpLtr
>>772

うん。
「英知の辞典」もおすすめ。

774 :神も仏も名無しさん:2014/01/31(金) 04:54:42.36 ID:BOkuCyQT
>>773
サンクスです。
JOYは読んだ事あるので
機会があったら英知の辞典も読んでみます。

775 :神も仏も名無しさん:2014/01/31(金) 08:11:11.50 ID:n1WycE44
>>771
ありがとう。
JOY読んでみます。

776 :神も仏も名無しさん:2014/02/03(月) 10:38:51.24 ID:6/55I71o
グルジェフって三國連太郎に似てるよねw

777 :神も仏も名無しさん:2014/02/07(金) 10:05:57.93 ID:vSVK361M
>>771
Joy読み終わりました。
OSHOほ著作は初めて読みましたが凄く分かりやすかったです。
また、これ一冊を繰り返し読めば十分だとも感じました。
ありがとうございました。

778 :神も仏も名無しさん:2014/02/09(日) 00:03:00.80 ID:EXhMv+Lb
グルジェフスレがあっという間に落ちたな

779 :オレって名無しかよ!?:2014/02/09(日) 01:36:23.43 ID:vplvLNZC
今さらグルジェフでも無いからな

780 :神も仏も名無しさん:2014/03/11(火) 18:29:20.56 ID:+xtGt4vq
>>773
英知の辞典紹介ありがとう!
もったいなくて読み進められないw
他にもおすすめあれば是非教えてください
今は禅宣言が気になってる

781 :神も仏も名無しさん:2014/03/16(日) 16:08:56.52 ID:eLwv/ys4
 いつまでたってもなんか全然わからないが、楽しいことは増えてきた。
水に浮かぶのがひたすら楽しいし、走るのが楽しい。散歩が楽しいし、月を
見るのが楽しい。ふっと緩む感じがして心がダンスする。静かになるのも好き。
4時間も5時間も走り続けて足が棒になり疲れ切ってゴールしてその後に入ってくる
ものも好き。この静かなものは何なのだろう。でも瞑想なんてしてるんじゃない。
ただ感じているだけ、ただ見つめているだけ。

782 :神も仏も名無しさん:2014/03/17(月) 09:00:33.77 ID:ODXOGV5S
それが瞑想

783 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 17:32:03.96 ID:lFRPaom+
グルジエフの本を1冊読むとしたらどれがおすすめですか?

784 :神も仏も名無しさん:2014/03/19(水) 19:52:47.56 ID:ySnyAj7f
ベルゼバブです。
本人もそう言ってます。

785 :神も仏も名無しさん:2014/03/20(木) 03:36:59.87 ID:Ov76Ng1P
>>784
ありがとうございます、読んでみます。

786 :神も仏も名無しさん:2014/03/22(土) 10:48:38.33 ID:fsRhES19
ベルゼバブ高いんだよな。
図書館で借りて読むってのも何か違うような気もするし。

787 :神も仏も名無しさん:2014/03/25(火) 15:32:51.08 ID:ThUe9gqu
テス

788 :神も仏も名無しさん:2014/03/27(木) 00:35:02.23 ID:Koz4f6SD
>>783
読んでないならウスペンスキーの「奇蹟を求めて」。絶対にこれが最初。

>>784
鬼かお前はw

789 :神も仏も名無しさん:2014/03/27(木) 00:54:05.06 ID:jZYcF6KU
グルジェフ初でベルゼバブ読み進めてる俺が通りますよっと。

今ちょうど半分くらいだけど、
最初は「何コレ(^_^;)???」って状態だったのがなんとなく
少しずつグルジェフの教え方がわかってきたと思う。

すごく絞ってベルゼバブ~の本質を取り上げると、
心の哲学や心理療法の分野で言われる「自己距離化」の
能力を、人の精神構造の中に真剣に取り入れようと
いう試みなんじゃないかな、と思う。

読み終わったら感想が変わるかもしれないけど、
今のとこそんな感じ。

790 :神も仏も名無しさん:2014/03/27(木) 05:01:09.42 ID:jc8XB/zM
783です。
>>788
ベルゼバブ買っちゃいました。今読んでいます。
奇蹟を求めても読んでみようと思います、ありがとうございます。

791 :神も仏も名無しさん:2014/03/28(金) 18:00:18.68 ID:xIY0njX1
和尚が面白いと思うけど和尚の本はこの間捨てた。W
邪魔になるんでしかたない。
 クリシュナムルティの本も随分あったが全部捨てた。また読みたくなることが
あるだろうか? そうしたら図書館で借りて読むだろうな。
 うすペンスキーのターシャムオルガヌムって本は随分前に買って読めなくて
悔しいからまだ残している。

792 :神も仏も名無しさん:2014/03/28(金) 20:13:06.09 ID:ovM3VHHJ
>>790
読み終わったら感想求む

793 :神も仏も名無しさん:2014/03/29(土) 06:25:23.86 ID:mJISkevh
790です。
>>792
ベルゼバブの感想ですか?
途中まで読みましたが(今の感想としては土星人の名前面白い)
先に奇蹟を求めてを読んでから続きを読もうと思います。
ベルゼバブ、いつ読み終わるかわからないので
読み終わったときこのレスを覚えていれば感想書こうと思います。

794 :神も仏も名無しさん:2014/03/30(日) 22:00:55.66 ID:oGho05gs
OSHOの本とOSHOの瞑想法でいい。

それがグルジェフを内包している。
日本でグルジェフをやるならOSHOの瞑想法がそれを内包している。

グルジェフに最初に振れてグルジェフを理解するのはほぼ不可能に近いからOSHOを最初の意リグニチして
その後グルジェフでも(仏教でもどの道にでも行けばいいかと。

グルジェフはグルジェフ自身が指導してごく少数のまともな弟子しか残せなかったし、
自分がいないことを前提としていない。

OSHOはいきなり多くを求めないで段階的に進めるように細心の注意を払っている。
グルジェフの失敗を見ているから、、。
OSHOは自分がいないことを前提に講和をして瞑想法も作っている。
シンプルで、今の弟子が曲げようとしても曲げようがない。

今の弟子が教えを改ざんしようにも、矛盾するすべてをODHOは語ってるので
教義として固定化しようがない。

もし、グルジェフをいきなり読んで読み解けるような人がいれば、
むしろ私の言うことに同意するだろう。
ほぼ不可能なことだ。

795 :神も仏も名無しさん:2014/03/30(日) 22:52:13.68 ID:fIuFE6HF
 和尚はかなり昔に本でしか読んだことはないが、そのご色々ぶち当たる。
マラソンをやった後にしばしば強烈な恍惚感に襲われる。瞑想体験があるからだろう。
これは和尚のダイナミック瞑想の原理と同じだろうなと思いあたる。
 ほかにも即興ダンスで恍惚状態になったりダイナミックセックスという面白い遊びを
思いついたりと和尚の影響は大きい。

796 :神も仏も名無しさん:2014/03/31(月) 10:19:42.62 ID:U0kkeQqM
>795
>和尚の影響は大きい。

主に余計な方面に影響してるじゃねーかw

797 :神も仏も名無しさん:2014/03/31(月) 11:19:09.91 ID:m8WR+lwS
>>794
「新瞑想法入門―和尚の瞑想法集大成」って本を読めばいいの?

798 :神も仏も名無しさん:2014/03/31(月) 11:27:29.19 ID:m8WR+lwS
OSHOの瞑想っていっぱいあり過ぎでどれを読んだり実践すれば良いのか
よく分からないんだよね。
単純で続けられるのが良いし、時間を掛けて徐々にレベルが上げられれば尚いい。

799 :神も仏も名無しさん:2014/03/31(月) 14:57:07.38 ID:sVB17QjS
>>794
そうそう。グルジェフは自分がいないことを前提としていないんだよね。
彼は3部作を残したけど、3つ目の本は最初の予定と違ったものになってるし、なんか一貫していない。
しかも3つ目の本は出さなくてもいいと言っていた。すると1つ目の「ベルゼバブ〜」と2つ目の「注目すべき〜」
だけで読者組には理解と実践ができるようになってなきゃいけないのに、この2つには実践については触れていないんだよね。
ウスペンスキーの本でようやく「自己想起」すればいいのかとか、色んなワークやってたんだと分かる。
けどグルジェフはそれぞれの人の段階ごとにやることを示さないと良くないと考えてたみたいだから、それで実践的なことは書かなかったのかな。
まあ何にしても俺は自己想起できなかった。
OSHOの瞑想かー。ダイナミック瞑想は家でできないなw大声出すとか。
あと瞑想カードの奴は見てみたけどあれって本当に効果あるの?できればなんかヴィジョンが見える瞑想をしたい。

800 :神も仏も名無しさん:2014/03/31(月) 20:38:46.85 ID:LPkoEcM4
和尚は「JOY」って本が面白そうだが、単純な瞑想法ないかな。
たしかにグルジェフやシュタイナーは難しくてなぁ

801 :神も仏も名無しさん:2014/03/31(月) 20:55:22.44 ID:LPkoEcM4
最近QEっていうのやってるんだけど、知ってる人いる?

あれで治癒が起こるとか本当にあるんだろうか。

802 :神も仏も名無しさん:2014/04/01(火) 07:02:44.16 ID:/Q8AQVzv
>OSHOの瞑想かー。ダイナミック瞑想は家でできないなw大声出すとか。

 無理に声を出さなくてもいいよ。20kくらい走った後で坐禅をすると瞑想の
コツが掴みやすいと思うよ。実際にアメリカの禅道場では25k走らせて坐禅をするところ
があるらしい。
 これはダイナミック瞑想と同じ原理だ。
要するに静まるには単に静まる方法と、激しく揺さぶった反動で静まる方法があるということ。
正攻法と反動法だな。気持ちが高ぶって落ち着きがない時は反動法がよい。
和尚は激しく揺さぶることで浄化が起こり雑な現代人も瞑想を掴みやすくなるといっている。
 でも体力があると20kくらい走っても全然平気なので、100kくらい走った方がいい
かもしれない。WWW

 自分の場合は15kほど離れた山中の温泉まで走って水風呂に20分浸かる。水風呂は瞑想
には凄く効果がある。これでくそ忙しい日常から完全にスイッチが切れる。そのあと河原で
1時間ほど坐禅をする。
 エベレストの頂上から、深海10000メートルにズドーーーーンと降りていく感じだ。

瞑想はQEとか小細工をしない方がいいと思う。自分の場合は只管打坐。只座るだけ。
その代わりに微動だにしない。
 和尚も小細工し過ぎ。WWW 間違いじゃないが、しない方がいい。

803 :神も仏も名無しさん:2014/04/01(火) 07:09:01.65 ID:/Q8AQVzv
>801
 瞑想とは集中のことともいえる。だからお金を払うとだめ。これで集中が切れる。
お金を取られると気が散るだろ。貧乏人だから。WWW

804 :神も仏も名無しさん:2014/04/01(火) 07:12:39.96 ID:/Q8AQVzv
>801
 QEもお金を取る側に立てば効果抜群。金儲けしながら瞑想する。
これがベスト。取られる側はカモ。
 和尚の場合も同じだな。ボッタクリながら瞑想をするから効果がある。
ぼったくられる方は瞑想のカモだな。

805 :799:2014/04/01(火) 09:41:24.90 ID:OOvgBYho
>>802
レスサンクス。反動で静まるか、なるほどね。これは画期的かと思う。

806 :神も仏も名無しさん:2014/04/01(火) 09:48:30.66 ID:Bl1xWfDH
彼のは瞑想というより普通の健康法だね。
あたまの饒舌はますます盛んだ。

807 :神も仏も名無しさん:2014/04/02(水) 06:02:38.77 ID:0fAHQ7dF
 瞑想環境を作るのが重要だ。劣悪な環境では瞑想は難しい。
伝統的な座禅の摂心はよくできていると思う。
 1週間は日常を遮断する。会話は禁止。食事も量を極端に抑える。そしてひたすら座り続ける。
だから心が静まる。
よい環境に生まれればよい人間になる。悪い環境に生まれても身近によいことを教えてくれる人
がいればそれはよい環境だといえる。
よい環境を作るために細心の注意を払ったほうがいい。瞑想は複雑なものでは
ない。シンプルになることが重要だ。シンプルだから集中できる。生活を
シンプルにすると集中できるようになるのが分かる。机の上を綺麗にするだけでも集中度が変わる。
食事もシンプルにする。メッソッドもシンプルにする。多くのメッソッドは
不要だ。それは人を引き付けるためのオカズだ。オカズはそんなにいらない。
豪華なオカズに慣れるとシンプルな瞑想が「単なる健康法」くらいにしか見え
ない。しかし「単なる健康法」でもまだまだ豪華すぎる。それ以下のほうが
望ましい。

808 :神も仏も名無しさん:2014/04/02(水) 11:38:40.28 ID:judwb4z2
結局何をすれば良いんだよw

809 :神も仏も名無しさん:2014/04/02(水) 14:49:35.52 ID:xmMcaGtK
OSHO氏のCD「ソングス・オブ・アウェイクニング」と「Basho's Pond」を
持っているんですけれどこれらってどういうものなんですか?
OSHO氏が作詞作曲したものなんですか?

810 :神も仏も名無しさん:2014/04/03(木) 07:05:43.57 ID:fveFsKVC
グルジェフがやりたかったのは要するにダンス瞑想だね。瞑想の装置としてダンスを活用しようとした。現代的には装置としていいダンスはたくさんあるのでグルジェフを参考にする必要はない。
>結局何をすれば良いんだよw
 装置は何でもいいんだよ。ダンスでも呼吸でもマントラでもランニングでも。それが瞑想と結びつくことを理解というか体得する必要がある。三昧の感覚を体得するには坐禅の接心がベストだと思う。10人参加したら多分3人くらいは確実に体得できる。
 瞑想には和尚系、坐禅系、武術系がある。
和尚系(ボディワーク、トランスパーソナル、スピリチュアル、、、、、)
坐禅系(坐禅)
武術系(ヨガ、気功、太極拳、立禅、、、、、、)
 まあ適当な分類だが。
全部体験したが結局最後に坐禅をやって初めて瞑想が分かった。
なんでだろう? 坐禅トレーニングは単調なトレーニング時間が圧倒的に長い。1週間坐り続ける。
これだけ坐ると馬鹿でも分かる。WWW
 いろいろやりすぎると単につまみ食いになって、本質が理解できにくい。

811 :神も仏も名無しさん:2014/04/04(金) 08:09:53.99 ID:t1uTQo86
俺は腰が悪くて坐禅出来ないからタントウコウしてるよ

812 :神も仏も名無しさん:2014/04/05(土) 17:49:06.66 ID:A+J2Sikf
ウンコタントウ

813 :神も仏も名無しさん:2014/04/06(日) 21:22:38.41 ID:He3bmrD3
 タントウ功も瞑想だけど、坐禅とは少し出来上がりの回路が違う。
坐禅はニミッタ(光)が見えるようになるけどタントウはチャクラが抜ける。

814 :神も仏も名無しさん:2014/04/06(日) 21:40:10.89 ID:N0EG078c
ミニッタなんて見なくて良いから早く悟りたい 頭良くなりたい

815 :神も仏も名無しさん:2014/04/07(月) 03:49:11.13 ID:iNGy73wp
悟って頭良くなんかならねーよw
馬鹿になるんだよ

816 :神も仏も名無しさん:2014/04/07(月) 04:44:23.39 ID:XO1xVEqB
 瞑想をしても頭はよくならないよ。たとえば普通の人が悟りを開いても人前で説法
できるようになるためには訓練が必要になる。だから悟りを開いた後10年くらいは
説法の修行をしてそれで始めて一人前になる。
 悟りという状態は詩人同士が深いレベルで通じ合えるように悟りを開いた人同士
でなければ分かり合えないという独特の境地なのだが必ずしも頭のよさとは関係ない。
悟りを開いても凡庸なまま終わる人は多い。
 悟りを開いて頭がよくなりたいのであれば、悟りを開く訓練と同時に頭のよくなる
訓練をしなければならない。悟りは無執着、集中力、快感の三つの特徴があるの
でこれが頭のよさに関係するといえばいえる。同時に頭の破壊とも関係がある。
異常な集中力はアスペルガー症候群のそれと似ている。異常な無執着、異常な
快感は狂人の一歩手前とも言える。脳はギンギンな状態なのだが静けさによって
平常を保っている。なので悟りに静寂が必須なのだ。
 若いうちは悟りは難しい。なぜなら若い脳は強靭な正常さ(凡庸さ)を持っている。
異常を寄せ付けない。年をとって壊れかけた脳は異常を受け入れやすい。
凡庸とは驚異的な抑制であり正常さなのだ。それを壊すために無理やり叩き込む
過程が修行だ。

817 :神も仏も名無しさん:2014/04/07(月) 11:04:02.70 ID:erMRqn/9
悟ってから言えw

818 :神も仏も名無しさん:2014/04/07(月) 12:01:21.34 ID:XO1xVEqB
テンカンだとか事故による後天的なサバン症候群というのもあってやはり脅威的な
記憶力を持つようになる。知人にも高いところから落ちた後急に頭がよくなって東大に
いったのもいる。この種の特殊な能力は訓練によって積み上げて到達するというよりは
脳の一部の機能の停止(破壊)と関係があるようだ。それを安全な方法でやろうとする
のが瞑想だ。過激なことをすると失敗して鬱病になったりする。
  さいしょにハーフマラソンを走ったときはもう限界で二度と走りたくないと思ったもの
だが一度フルマラソンを経験すると、ハーフはレジャー感覚で走れるようになる。瞑想
もこれと同じでアナパナサティを1週間徹底的にやると1時間の集中くらいは苦もなく
できるようになる。最初は5分だって我慢できない。 マラソンでは5分はたったの1キロだ。
でも普通の人は1キロでもしんどい。
 さて1時間の集中力が身につくと別次元といっていいほど見え方が変わる。同時に
快感(三昧)も分かるようになる。

819 :神も仏も名無しさん:2014/04/07(月) 14:26:05.14 ID:XOAExRFL
>>816
じゃあ頭が良くなりたい
今の科学技術の後追いではなく、新しいロジックを創り出せるくらいの創造性とか意欲とか
そのためには既存の知識で「とある魔術の禁書目録(インデックス)」の十分の一の知識量とそれを引き出せる能力が欲しい
最低そのくらいは欲しい 最低書籍1000冊読破してそこに書かれているエッセンスを活用できるようになればそれで良いと思う

悟りで頭がぶっ壊れるなんて聞かされたら悟りたくなくなるよ
お釈迦様の境地は一体なんだったのか?っていろんな方面の人達に聞きたくなる
キリスト様とは違うのけ?ってね

820 :神も仏も名無しさん:2014/04/07(月) 18:59:07.12 ID:PUgdYsu7
>>814
同じ目標の人発見
私はお釈迦様の天才的な詭弁と、
悟ったとされる人達の自分を度外視できる客観性に憧れる。
劣等感や保身に囚われずにあまりに身軽に自由でいられるのが
私には智慧の顕れに見えて、憧れる。

悟りで頭がぶっ壊れるっていうのは、
悟ると俗世に興味がなくなるのか
傍目には廃人のように見えることもあるらしいってことが一つと、
本当かどうか知らないけど、
瞑想による激しい快感を伴う脳内麻薬の分泌(クンダリニーのようなもの?)で、
実際に麻薬をやるのと同じようなダメージを脳に受けたって人の
体験談を読んだことある。
でも仏教では悟るためにそういう瞑想状態は必ずしも必要じゃないって言ってる。

821 :神も仏も名無しさん:2014/04/07(月) 20:59:51.93 ID:6xwHHqwK
俺は恐怖と苦痛をどうにかしたいから悟りたいです。

822 :神も仏も名無しさん:2014/04/08(火) 18:20:00.62 ID:No/XnY8S
まあ欲まみれで興味持った人じゃ無ければ、苦しみから開放されたくて
悟りたいと思う人だよね。

823 :神も仏も名無しさん:2014/04/09(水) 20:08:20.90 ID:/hoGWP7d
死にたくないのに必ず死ぬ、この恐怖を解決したいから悟りたい。

824 :神も仏も名無しさん:2014/04/09(水) 20:29:25.17 ID:JF08yIx5
>>823
悟れなくても禅定体験するだけでも
死ぬことは怖くなくなるよ
死を克服したいだけなら
座禅や哲学や芸術に没頭して
三昧に至ることマジお薦め

825 :神も仏も名無しさん:2014/04/10(木) 05:06:39.61 ID:ctradYZc
>>824
禅ってそんなに凄いものだったんですか、ありがとうございます。

826 :神も仏も名無しさん:2014/04/12(土) 12:43:57.76 ID:IU1ymS/5
座禅してるとちょっとした音にびくっとなってしまう。なんかそんな風に精神状態が悪くなるんだよね。
これはグルジェフの自己想起してる時も同じ。

827 :神も仏も名無しさん:2014/04/12(土) 13:23:49.86 ID:zvtpd0Pl
やっぱしちゃんとした先生のところで教わらないからだろうね
昔からよく言うじゃん
「生兵法は怪我の元」
うちの町にも禅寺や瞑想道場は見当たらないよ 葬式仏教たるお寺さえも少ない
こんな日本に誰がしたって感じ

828 :神も仏も名無しさん:2014/04/15(火) 05:53:31.54 ID:ESLcXGQV
>826
それはいいことじゃない。生起する事はそれがなんであれ本当はよい事でも悪いこと
でもないのだがとりあえずは「よい事」として考えたほうがいいだろう。

829 :神も仏も名無しさん:2014/05/07(水) 13:58:38.51 ID:/vVT1koL
レス止まったな

830 :神も仏も名無しさん:2014/05/16(金) 14:53:47.39 ID:x0wy9cbm
最近死のアート読破した。
最後の話でOSHOの陽気さに感動して泣いてしまった。
本当に楽しい人なんだな。

831 :神も仏も名無しさん:2014/05/16(金) 18:31:25.76 ID:ej5FgwvX
グルジェフの、ベルゼバブの孫への話、を読み終わりました。

最終的な感想としては、読む必要はなかったかなと思います。
こんなに分厚い本を読む必要はなくて、ルイス・キャロルの
アリスシリーズとか、夢野久作のドグラ・マグラでも読めば
十分だし、そっちのが面白いんでないかな、と。

少なくとも、私がこれを他人に勧めることはないかなぁ。

832 :神も仏も名無しさん:2014/05/16(金) 19:18:13.31 ID:5IbxfkOo
作者も書いていますが3回は読むと良いです。

833 :神も仏も名無しさん:2014/05/18(日) 12:44:53.44 ID:YWaxR37d
793ですが、>>831は自分じゃないです、念のため。
自分はまだ読み終わっていないです。積み本になりそうな感じです。

834 :神も仏も名無しさん:2014/05/19(月) 23:14:57.09 ID:HLyYXsGS
>832
3回も読めるモチベーション凄いわ
時間が惜しい

835 :神も仏も名無しさん:2014/05/24(土) 11:47:41.16 ID:a4YUYboc
OSHOのDVD(ブルーレイでもOK)に興味があるのですが、
これがオススメとかこれはやめとけというのがあったら教えて下さい。
日本語訳があるものでお願いします。

836 :神も仏も名無しさん:2014/05/27(火) 00:35:35.38 ID:3b/9i4Xb
出会って3秒シリーズオヌヌメ

837 :神も仏も名無しさん:2014/05/27(火) 06:04:20.24 ID:kbYf9Lrb
>>836
OSHOのDVDにそういうものがあるのですか?
調べてみたらAVしかみつからなかったのですが。

838 :神も仏も名無しさん:2014/05/28(水) 18:35:49.76 ID:7oiM5jq1
avじゃないのか
早とちりスマソ

839 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 15:57:07.56 ID:euYUuOfD
アジャシャンティの本に悟りに酔っているのはまだ自我がある証拠、
完全に覚醒しているわけではないみたいなことが書いてあった記憶があるのですが、
OSHOは自分は酔っていると何かの本で言っていたと思います。
このことでOSHOは完全な覚者ではなかったのではないか、
アジャ>OSHOなのではないかと思いました。
自分が今まで読んだ覚者の話で一番心をとらえられたのはOSHOだと思いますけれど。

840 :神も仏も名無しさん:2014/05/30(金) 16:19:24.32 ID:B80qkqqX
誰がどーしたとかのーがき垂れてるうちはわかんないんじゃね
ドカーンと来れば一発だよなw
だけどその時ホントに実際なんかしらの音は発生するよなw
オイラの時は近所で車が事故って文字通りドカーンだったけどw

841 :神も仏も名無しさん:2014/06/07(土) 11:10:26.04 ID:71OmLg/o
グルジェフがアストラル体や魂は誰でももっているわけではないといったのは他の霊的書物と異なるね。
ダスカロスは実力者っぽいし、その彼が魂やアストラル体に相当するものを既に持ってるって書いてるんだけど。
実際どうなんだろ?

842 :神も仏も名無しさん:2014/06/07(土) 18:38:03.02 ID:G04MnSDx
グルジェフさんは人間には自我が無く機械だと言い。
アストラル体や魂は、機械には属さないと言う意味で、誰しも持っていないと言う。

843 :神も仏も名無しさん:2014/06/11(水) 22:30:38.40 ID:movqdaQU
スライブ

http://www.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI&feature=player_detailpage

844 :神も仏も名無しさん:2014/06/14(土) 10:35:49.79 ID:7Ch+Zsbi
oshoがグルジェフの父はグルジェフが9歳のときに死んだと書いてるけど、
これ間違ってるよね?

845 :844:2014/06/15(日) 17:50:37.90 ID:lRODfF/n
自己解決した。グルジェフの父に死が迫ったのが、グルジェフが9歳の頃で、
その父が死んだのはまたその後みたいだった。OSHOの本の文脈的に。

361 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)