5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

キリスト教神学とは何だったのか

1 :神も仏も名無しさん:2012/02/08(水) 03:25:49.69 ID:As4hMdnT
自分達を客観視できない精神病者の言葉遊びでしたね。
神の実在を前提として話をするからいきなり理論が破綻する。

逆にキリスト教の影響を離れたところからキリスト教その他アブラハムの諸宗教の教義に対し民俗学・人類学的な理由付けを求めるような研究アプローチはないものなのでしょうか?

64 :(-人-):2012/12/14(金) 22:59:04.67 ID:d17scmI4
スコラ主義における「アプリオリ(先験的)」という概念は、
ぶっちゃけ「アリストテレスの権威」くらいな意味で。

65 :(-人-):2012/12/14(金) 23:34:34.34 ID:d17scmI4
権威は信仰に似ている。しかし我々が信じ得るのは疑い得る
ものだけであって、疑い得るものは権威ではない。

66 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/15(土) 00:40:39.81 ID:I/f/vX7J
―山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい―(コリント)
―もし、からし種一粒ほどの信仰があるなら、この桑の木に、「抜け出して海に植われ」と言ったとしても、その言葉どおりになるであろう―(ルカ)
―わたしはこの世の者ではない―(ヨハネ) 
―この山にむかって『ここからあそこに移れ』と言えば、移るであろう。このように、あなたがたにできない事は、何もないであろう―(マタイ)
 
  この世の者ではない、決して死を味わう境地に至ったなら、私たちは何でもできる唯一の神とともに在る。
   神々といわれる人格は、神の右に座し、地上のものに心を引かれず、一切の悩みや苦しみから離れて存在しているだけ。
  私たちは何も信じないまま、自分たちのことは自分たちでやっていかねばなりません。

67 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/15(土) 00:42:28.36 ID:I/f/vX7J
―あなたがたのだれにも負担をかけまいと、日夜、労苦して努力し働き続けた―(テサロニケ)
―貧しい人々に分け与えるようになるためにも、自分の手で正当な働きをしなさい。悪い言葉をいっさい、あなたがたの口から出してはいけない―(エペソ)
―空腹のときに食べさせ、かわいていたときに飲ませ、旅人であったときに宿を貸し〜正しい者たちは答えて言うであろう、「主よ、いつ、わたしたちは―
(マタイ)
―律法を持たない異邦人が、自然のままで、律法の命じる事を行うなら〜彼らは律法の要求が心にしるされていることを現し、そのことを彼らの良心とともにあかしを
して―(ローマ)

  人類は自然のままでも知っているようなことで、何でもできる霊力とつながる益がある。たとえばおいしい物を食べる、肉欲を満たす時に誰も偉いとしない。
  他者への配慮もある人々により、その益がもたらされている。神にとっては「愛・良識」で、何ひとつ迷わなくてよいと。

68 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/15(土) 00:45:10.35 ID:I/f/vX7J
―主にあっていつも喜びなさい〜あなたがたの寛容を、みんなの人に示しなさい。主は近い。何事も思い煩ってはならない〜人知ではとうてい測り知るこ
 とのできない神の平安が、あなたの心と思いとを―(ピリピ)
神を信じても、地上のものに心を引かれない存在としているだけで、衣食があれば足り、何事も思い煩わないよう求めるだけ。
 ―イエスは聖霊に満ちて〜荒野を〜そのあいだ何も食べず―(ルカ)でこの世の者ではなくなったら神の義で(信仰ありとされる)

―神の国は、見られるかたちで来るものではない。また『見よ、ここにある』『あそこにある』などとも言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ
 ―(ルカ)この世の者は人の良心により救われることを人々に言い聞かせる。そのことが重要なのであって、宗教学は全くの無意味。世で必要な物を得て暮らす限り、
 神は何も信仰のない人類としていてほしいと願っているからです。

69 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/15(土) 10:20:50.96 ID:I/f/vX7J
神は人格として存在していらっしゃる。からし種一粒ほどの信仰のない(信仰ができない存在)の法に反し、信じる者が地上のものに心を引かれず、衣食があれば足
りるような暮らしで、何事も思い煩わないようにしないから、敵意・怒りを抱いていらっしゃる。

―この世で自分の命を憎む者は、それを保って永遠の命に至るであろう―(ヨハネ)―自分自身を憎んだ者は、いまだかって、ひとりもいない―(エペソ)
 イエスの救いは、この世の者ではなかったら、慈悲深くあなたがたは何でもできる・山を移すほどの者をわからせるためであり(唯一の神)

神はたとえ―父は子を殺すために渡し、子は両親に逆らって立ち、彼らを殺させるであろう〜山へ逃げよ―(マルコ)
 人類に善悪のはからいなき存在。苦しみから逃れる=聖霊に満ち、荒野の者のようにするしかないという存在。

70 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/15(土) 10:23:02.76 ID:I/f/vX7J
―帰ってあなたの持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい―(マタイ)
 だれにも負担をかけまいと働こう。人々に誠実に仕えれば益がもたらされる。自然災害などで、衣食住がない人々に衣食住をといって施したり、肉の欲・目の欲・
 持ち物の誇りが得られなくとも暴動や失望で悲しんでばかりいる人々がいないため世に益がもたらされる。格差是正なども何でもできる霊力(唯一の神)と共に
 在る。

―神と富とに兼ね仕えることはできない〜一日の苦労は、その日一日だけで十分である―(マタイ)
 経済の拡大といって大借金。何を食べようか、何を楽しもうかという人々の気ままな欲求にあくせく仕えても(過労)、地の奴隷・悪魔の者どもとして、喜ばれ
 ることは一切ない。

71 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/15(土) 10:25:13.04 ID:I/f/vX7J
神も「あるがまま」ですので、金や物を優先せず、人の心の内にあるもの=人々が悩み苦しんでいることは悪い、他者への配慮もある人 がこの世で何でもできる霊
力(唯一の神)と共に在ることを人々に知らせることが宗教の役割であり、肉体ありの状態(人間)は何も信じない人々のように、それらに従って益をもたらさねば
いけない。

イエスはこの世の者ではなかったら、慈悲深くあなたがたは何でもできるという救い。神は霊で、地上のものに心を一切引かれない者しか信仰をゆるさない。
自分自身を憎んだ者がいないように、山を移すほどの者から自立したのです。この世の者となった知らないでなく、他者への配慮ある人々・愛・良心・良識があれば、
そのまま正直な者であれば世は救われるという知識を与えた。迷うことをゆるさず、神をして論じ合うことは一切ゆるさない方。 

72 :(-人-):2012/12/15(土) 11:47:16.64 ID:lwf3aXGr
疑い得ることを忘れることなく、然も疑わず、かな。

73 :(-人-):2012/12/15(土) 11:50:14.62 ID:lwf3aXGr
「不実な時代は証を求める」とか「見ないで信じる者は幸い」とか
言われなかったかな?

74 :(-人-):2012/12/15(土) 11:58:46.47 ID:lwf3aXGr
スコラ主義以前に「神学」という概念がなかったわけではない
ようだが、アリストテレスがイスラム経由で持ち込まれるまでは
ギリシャ的影響は新プラトン主義が主で、ここからはあんまり
「神学」というイメージは出てこない。

75 :(-人-):2012/12/15(土) 12:33:29.21 ID:lwf3aXGr
信仰なしにやる神学に意味あるのかって突っ込むと猛然と食って
かかられるからな。

「自然の光」による神の探求って奴だ。

来年は赤旗の可愛い動物カレンダーを使います。
(-人-)

76 :(-人-):2012/12/15(土) 12:44:57.67 ID:lwf3aXGr
もうすぐ日本はサンタさん祭りであります。

77 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/16(日) 00:20:43.63 ID:q/swR6ck
イエスは善神。―多くの神〜わたしたちには、父なる唯一の神のみがいますのである。万物はこの神から出て、わたしたちもこの神に帰する―(コリント)
 
 人格のある神々は存在する。―山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい―(コリント)
 神の言葉は、他人(神々 或いはただひとりの神)が慈悲深く人類に教えたのではなく、私たちはこの世の者ではなかったら、慈悲に満ち、何でもできる存在であ
 ったこと、そして苦しみを楽しみとして生きる愚かな人間ではあるが、自分の思ったことに従うことなく、正直に「あるがまま」なら益があるということ。

 この世の者ではなかったら慈悲深く、あなたがたは何でもできるという救いしかできないのである。

78 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/16(日) 00:22:24.02 ID:q/swR6ck
たとえば―肉の欲、目の欲、持ち物の誇り―(ヨハネの第一)を離れて、何でもできる霊力と共に在る。人であることの喜びから離れて、何事も思い煩わないように
努め(安静にし)、その人の思い煩いを取り除こうと誠実に努める医者により命(肉体の命)が救われることが多い。
―イエスは聖霊に満ちて〜荒野を〜そのあいだ何も食べず―(ルカ)世の中の欲得のことなどに思い煩い、暗く落ち込んでいる人よりも、持ち物が少なとも肉の欲、
目の欲にこだわることなく、何事も思い煩うことなくしている人のほうが健康的と感じる。

富だ、金だと言っている人よりも、誠実に仕える人がいるから益がある。蓄財よりも、何かを得たいが得られない貧しい人々も使えるようになれば金や物も動く。

79 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/16(日) 00:38:49.67 ID:q/swR6ck
優れた霊の者から、恥ずかしい肉体を得たから、情欲を抱いて女を見るよりも、まず、その人を尊重してあげることができるなら、相手もその人を理解する。
正しいことをして自分を偉い(善人だ)と自任するために肉体を得たのでなく、「苦しみもある世界で何かしたいことがあるから」生まれてきたとされ、金や持ち物
の誇り、おいしいものを食べ自分を勝れた者とするよりも、ただ楽しんでいると思われるようにすれば、多くの人々がその人を受け入れる。

 霊になれば「何でもできる」というものが在るが、この世でも霊に従えば益をもたらすことができる。無意識に在るものを科学的に良いと証明することが、
 真の神学。益をもたらすことのできる唯一の神は偶像ではなく、霊に従えばこの世でも益をもたらすことができると科学的に証明すること。

 神々といわれる人格は地上のものに心を引かれず存在し、わたしたちは自立して生まれてきたのであるから、偶像礼拝は誰に対しても大きな過ち。
 聖霊に満ち荒野の者のように、肉の欲などを一切捨てるように努める者だけがよしとされるだけ。

80 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2012/12/16(日) 06:58:18.84 ID:tpX/FvUW
一度聞いてみたかったのですが、どなたか教えてください。

1.ミサでワインに入れているのは水ですか。
  もしそうならなぜ水を入れるのですか。

2.なぜ、ワインは信徒にくれないのですか?

81 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/16(日) 22:33:33.17 ID:q/swR6ck
人格神に直接聞いたことしか言えないけど、人格は地上のものに心を引かれないで存在しているだけ。「ぼくと神様」という信仰関係ができないのが人間。
―イエスは聖霊に満ちて〜荒野を四十日のあいだ〜何も食べず―(ルカ)
 「ぼくと神様」という人々よりも、たとえ全てを失っても、物質的に豊かな国々の人でなくとも、世の快楽から離れ貪らず、大自然に喜びを得ている
 人のほうが、健康的だと思うのはなぜか、科学的に究明すること。
         ―山へ逃げよ〜夜には出て行ってオリブという山で夜をすごしておられた―(ルカ)

82 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/16(日) 22:34:38.65 ID:q/swR6ck
―敵を愛し、人によくしてやり、また何も当てにしないで貸してやれ〜人を罪に定めるな〜ゆるしてやれ〜主よ、主よ、と呼びながら、なぜわたしの言葉を
行わないのか―(ルカ)
―神を信じなさい〜だれでもこの山に、動き出して、海の中にはいれと言い、その言ったことは必ず成ると、心に疑わないで信じるなら、そのとおりに成る
であろう―(マルコ)
 
 地上のものに心を引かれない国を嫌がり、生まれたい強い意思により生まれた。他人を戒め見下している人々よりも、人はそれぞれだと尊重してあげる
 人のほうが好かれるのはなぜか。全ての人々が敵意や憎しみといった心に従わないなら、平和になるのはなぜか。

83 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/16(日) 22:35:57.08 ID:q/swR6ck
イエスは地上のものに心を引かれないなら、あなたがたは何でもできる唯一の神と共に在るを現そうとされたので、
 この世でも、全ての者が思い煩わないよう、それぞれの人々が努めるなら、何でもできる霊力とともに在る。
 金や物という思いに従うよりも、私利私欲に生きることに執着するよりも、他者への配慮もある人間となって、益をもたらす。
  心の中にある私たち自身のことなのである。

 神にとっても人にとっても実は簡単なことですから、肉に従わず、人々の思い煩いを取り除こうと努めるなら益をもたらすことを、科学的に追及する
 こと。

84 :神も仏も名無しさん:2012/12/17(月) 12:21:19.96 ID:R7BkNWVU
信仰を持っているものにとっては神学なんて無用だろうね。
だって初代教会の人たちは三位一体論なんてことを言わないまでも
それを普通に体験として知っていたんだからね。
まあ、異端を打つための剣としては必要だけど。
しかしその剣の長さがあまりにも長すぎるのがねえ・・・m
バルト神学のあの著作群はいったい何事なのか・・・

85 :小さなヨハネ ◆1oKmZSIAF. :2012/12/17(月) 17:53:31.71 ID:VO3H7Aq3
ブルネルス、父と子の同質性と非対称性の説明をまだしてもらっていないけど。

86 :神も仏も名無しさん:2012/12/17(月) 18:39:03.36 ID:R7BkNWVU
>>85
体験すれば言葉なしで分かるぞ。

87 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/17(月) 20:54:09.94 ID:+Db7HT8f
―わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである―(マタイ)
神にとって―肉の欲、目の欲、持ち物の誇りは、父から出たものではなく、世から出たものである―(ヨハネの第一)絶対命令であり、全世界この世でも、そ
れらが入手できない人々のほうが、何も信じなくとも信仰深く、神はその人々を何も問題ないとされている。何ひとつ持たず喜んでいる人でないと、信仰深い
と認めて下さらないほどの存在。

地上のものに心を引かれず、何事も思い煩いなく、上下関係もなく、霊の者として存在している。
  ―この世で自分の命を憎む者は、それを保って永遠の命に至るであろう―(ヨハネ)というくらい、自己愛による神への信仰はできない。人がその他の
  宗教をつくっても全て偽り。

88 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/17(月) 20:56:31.52 ID:+Db7HT8f
―自分自身を憎んだ者は、いまだかって、ひとりもいない―(エペソ)どんな状態にせよ、苦難があろうと、生まれたいという意思が隠されている。そのように、
それぞれの人が自己を愛しいものと思っている。しかし、もう神への信仰ができないはずの人間の状態なのに、

―すべての燔祭や犠牲よりも、はるかに大事なことです〜イエスは、彼が適切な答えをしたのを見て言われた、「あなたは神の国から遠くはない」―(マルコ)

―イエスは聖霊に満ちて〜荒野を四十日のあいだ〜何も食べず―(ルカ)―わたしが空腹のときに食べさせ〜正しい者たちは答えて言うであろう、『主よ、いつ、
わたしたちは〜マタイ)

89 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/17(月) 21:00:03.11 ID:+Db7HT8f
知らぬ間に行っている人々のように、私たちは、聖霊に満ち荒野の者のように、地上のものに心を引かれないなら何事も思い煩うことがなかった、大自然を喜ぶ
ような清々しい心で、世の中と自己とに思い煩うことがなかった。一切のものが思い煩うことなく、悩みなく、苦難もなく、喜びに満ちていた。
この世でも衣食住のない人々に衣食住をといって、人々の悩み苦しみを取り除こうとする行為や、くどくどと祈り求めることなく、「足る」心は、清浄なものと
つながっている。自己を愛しいと思って生まれてくる人々に対し、宗教の教えとして、自分を愛するようにあなたの隣人を愛せと戒めるのは自然な教えである。

燔祭や犠牲・供え物・くどくど祈る・誓い、そういったことは何ひとつ清浄なものとつながっていない。地上で罪をゆるす権威で天にあるものを受け入れさせ、
何でもできるものと在った状態をよしとさせる・・・しか信仰はない、イエスは教え主。地上で山を動かす力と一つになった。

90 :神も仏も名無しさん:2012/12/18(火) 19:30:25.93 ID:EuM58bwR
神学の最高峰はカトリック教会だよ。
2000年の長い歴史によって洗練されている。
啓示を授かった聖人も多く、
人間の知恵だけでは作れない神学。

分派(プロテスタント)の神学は
人間が作った論理にすぎない。

91 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/19(水) 20:01:01.49 ID:gtHHFJYB
私の言っていることは、理論ではなく直接聞いたから。

人格神は地上のものに心を引かれないで存在している。信仰深いと自任しようとする人々は、衣食があれば足りるような暮らしに努め、何事も思い煩わない
よう努めねばならない。そうしないで信仰深いと自任しようとしている人々に敵意・怒りを抱いていらっしゃる。

―山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい―(コリント)
 私たちは、地上のものに心を引かれず思い煩いもない国から、地上を望んで生まれてきた。

92 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/19(水) 20:02:10.22 ID:gtHHFJYB
―もし、からし種一粒ほどの信仰があるなら、この桑の木に、「抜け出して海に植われ」と言ったとしても、その言葉どおりになるであろう―(ルカ)
 この言葉は真実である。イエスの弟子もこのことを体験している『愛がなければ無に等しい』

私たちは、そういった状態を捨て、自分自身(肉体)を望んで生まれた。地上の全ての人々が肉体を望んで生まれてきた。

93 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/19(水) 20:03:12.77 ID:gtHHFJYB
―すべての燔祭や犠牲よりも―(マルコ)そういったことは、神とも無関係で、人間が勝手につくってやったこと。それにつられて信じる者のことを、悪い者を
「獲る」と神は言われた。しかし、地上で山を動かすほどの霊力と一つになって、話せばいつかはわかるだろうと人々を尊重したのがイエス。「この世の君」

地は天と比べて苦しみもあることに耐え、生ける人々全てを尊重し、衣食住のない人々に衣食住をといって分け与えたりして助け合うこと。
 天のものは「地上のものに心を引かれない」地の者は「愛・良識」で、神にとっても神頼みできず、自立しなければいけないこと。
 信仰深いと自任したい人々は、衣食があれば足り、世の中と自己とに思い煩わないことを、強く望まれている。

94 :神も仏も名無しさん:2012/12/19(水) 22:26:34.35 ID:5AU9cKOq
>>91
カトリック教会の聖人たちも啓示を授かっています。
聖ファウスティナが受けた御出現は有名です。

95 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/19(水) 23:02:12.82 ID:gtHHFJYB
神はただひとりで存在する のではない。 神が善悪を説教するのではない。

   ―敵を愛し、人によくしてやり、また何も当てにしないで貸してやれ〜という言葉は、
       ―山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい―(コリント) 愛情深い神が存在するのではなく、

 あなたがたは神の右の国で喜んでいるばかりではなく、足りず肉体を望んだ。肉体の状態でも、肉に従わず霊に従えば何でもできる益をもたらすというメッ
 セージ。地上でどんな善いことをしても、神様のために尽くせることはない。
 霊を内に宿しているので、何も信じなくとも善い行いをする人々もいる。そして、地上に益をもたらしている。

96 :思慮 ◆AIOdk12HhuOj :2012/12/19(水) 23:04:22.38 ID:gtHHFJYB
神への善も御利益も

 ―イエスは聖霊に満ちて〜荒野を四十日のあいだ〜何も食べず―(ルカ) その者のように、ただ衣食があれば足りるような暮らしをし、何事も思い煩わず
 暮らすことと言われた。
 
 肉の欲、目の欲、持ち物の誇りを生み出す原因により『山を移すほどの強い霊力』を失ったのであるが、衣食があれば足りて暮らさない者は、愚か者だそうで
 す。自分たち(人間)の益のために教えがある。教えでその人に益があっても、神に尽くしましたと言える人は誰も存在しない。

97 :神も仏も名無しさん:2012/12/20(木) 08:40:46.27 ID:sXlk9MMC
キリスト教神学の原著はラテン語で書かれているのだから、
ラテン語も勉強するべきだね。

カトリックの司祭はラテン語を習得するのが当然だけど、
プロテスタントの牧師でも、トマス・アクィナスやアウグスティヌスの名を
挙げるならラテン語くらいは理解しておいたほうがいい。

「ドイツ語が重要」とか言ってる分派(プロテスタント)の連中には笑ったねw
ルターとカルヴァンへ影響を与えた欧州の神学は、ラテン語で記されているのに。

98 :神も仏も名無しさん:2012/12/20(木) 16:20:08.70 ID:rVsyccsu
>>97
テクストは全て元の原著で理解しろと?仕事が忙しくてそんな暇ない俺には無理だ。

99 :神も仏も名無しさん:2012/12/22(土) 09:21:02.98 ID:LqjWE5Dd
キリスト教とは共産党の規約のパロディーです。

100 :神も仏も名無しさん:2012/12/22(土) 10:14:30.02 ID:suO6f3ud
>>99
真逆だから。

101 :神も仏も名無しさん:2012/12/24(月) 01:26:17.76 ID:RqhcnESn
宗教とは、唯物論なのです

102 :神も仏も名無しさん:2012/12/27(木) 11:28:03.44 ID:Afx3MWAZ
>>101
いえ、受肉論です

103 :聖信徒:2013/02/02(土) 13:12:25.97 ID:vQE3iIg0
みなさん固定観念が強いように思いました

神学は広汎なものであり、プロテスタント神学も存在する通り、
単に教会のドグマを繰り返すものではありません

聖書を中心に神と神的なるものへ向かおうとする、
真摯な知の体系であればそれは神学といえると思います

イスラーム神学も学んでいますが、各法学派の神学はカルヴァン主義に近く、とても学ぶところがあります

104 :聖信徒:2013/02/02(土) 13:14:28.48 ID:Fwr3E19z
またナチス支配下のドイツにおいて、聖書神学者がもっとも頑強に体制に抵抗したことも、
神学的な知の営みの与える力のあらわれとして覚えておかれると良いかもしれません。

偏狭な批判精神でなく、教え合い学び合う精神を持った対話ができることを祈りこのレスをいたします

105 :神も仏も名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:G8Ab/6b5
神学とは?

106 :神も仏も名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:MyNaG8eV
ネ申を研究する学問

107 :神も仏も名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:Y6V7AIu8
ミサのワインには神父のザーメンと修道女のオマンコ汁のミックスを入れます。
これは、現代カトリック教のやり方です。

108 :オマイら:2013/09/08(日) 18:30:29.58 ID:t59eH857
ユーチューブで検索しろ

ΤΑ ΠΕΝΤΟΧΙΛΙΑΡΑ -ΓΛΥΚΕΡΙΑ

109 :神も仏も名無しさん:2013/10/08(火) 21:42:19.84 ID:OpC1VOMq
教会は左傾化しイルミナティの軍門に下った
>教会は、GHQのもとで統制され、そのまま戦後「東京裁判史観」を持ち続けてきましたので当然でしょう。
>しかし、GHQとマッカーサーは、イルミナティです。
>教会が信じてきた、米国(善)対 日本(悪)という構造は根本的にイルミナティの世界観です。
>戦前から戦中にかけて日本がやったことを精査すれば、どちらが悪かはっきりします。
>私たちの耳には、イルミナティのフィルタを通してしか情報が入らなかったので、中韓というイルミナティの手先の
>訴えだけがアジアの声、世界の声であるかのように伝わり、それを反日マスコミが大きくして報道するので、誤解
>してきました。
ttp://www.millnm.net/cgi-bin/wwwboard.cgi

110 :神も仏も名無しさん:2014/04/13(日) 01:57:21.20 ID:t6ixoWGL
重度神経症患者の自己慰撫。

111 :神も仏も名無しさん:2014/04/16(水) 01:37:20.69 ID:pzMktc2K
被告人が裁判に提出した偽証の塊の答弁書。

112 :神も仏も名無しさん:2014/04/16(水) 04:29:53.25 ID:1cqfm1pD
キリスト教神額とは、強姦進学のことと見たり

113 :神も仏も名無しさん:2014/05/04(日) 09:34:53.65 ID:4hQ7bxid
あげ

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)