5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】共産党創立100周年の2021年、中国が世界一の軍事費大国になる

1 :幽斎 ★@転載禁止:2014/04/09(水) 02:19:57.27 ID:???0
1921年、毛沢東(もうたくとう)ら57人によって上海で結党された中国共産党は、
今から7年後の2021年に創立100周年を迎える。現在の中国政府による多くの施策は、
この記念すべき年に一定の成果を挙げるよう“逆算”され、着々と進行している。

もちろん、軍事戦略もそのひとつだ。06年に当時の胡錦濤(こきんとう)国家主席が
「中国は海洋大国である」と宣言して以来、政府はすさまじい勢いで海軍を増強。
21年までには、軍艦の年間製造数がアメリカを抜いて世界一になるという予測もあるほどだ。

1989年以来、中国の軍事予算はほぼ毎年、ふたケタ成長を続け、現在では当時の約30倍。
3月に中国政府が発表した今年度の軍事予算も、前年比12.2%増の約13兆円と、高い伸び率をキープしている。

中国軍の動向に詳しいジャーナリストの古是三春氏は、その背景をこう解説する。
「中国の政治体制は、強大な人民解放軍という“武力支配レジーム”に支えられた一党独裁。
そのため、軍は市場経済システムのなかで最大の利権享受者となっているわけです。

近年は中国経済の成長鈍化が指摘されていますが、今年に入って共産党は国内の農業地帯を激しく収奪し、
大型公共事業によって経済成長を維持。こうして軍事予算の伸び率も高くキープされています。
この傾向は、中央軍事委員会という“党・軍合同司令部”を
頂点とする中国共産党政権が続く限り、拡大していくことになるでしょう」

(続きはリンク先にて)
http://wpb.shueisha.co.jp/2014/04/08/28779/

38 :名無しさん@13周年@転載禁止:2014/04/09(水) 19:26:41.08 ID:Z70W0uub0
本来は共産支那なんぞ
潰れてあたりまえの社会体制だが、
共産主義への妄信を捨てられない
日本のブサヨが存続させる危険性がある

靖国やら護憲やらのブサヨによる反日騒動は
日本を貶めると同時に
支那共産党独裁体制を保守する効果もある

そういったブサヨのサポートにより
支那共産党は安心してのびのびと
支那人民を弾圧殺戮、大気汚染、廃液たれ流しができる

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★