5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

高校数学の質問スレPART372

1 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 20:52:34.53
【質問者必読!!】
まず>>1-4をよく読んでね

数学@2ch掲示板用 掲示板での数学記号の書き方例と一般的な記号の使用例
http://mathmathmath.dotera.net/

・まずは教科書、参考書、web検索などで調べるようにしましょう。(特に基本的な公式など)
・問題の写し間違いには気をつけましょう。
・長い分母分子を含む分数はきちんと括弧でくくりましょう。
  (× x+1/x+2 ;  ○((x+1)/(x+2)) )
・丸文字、顔文字、その他は環境やブラウザによりうまく表示できない場合があります。
 どうしても画像を貼る場合はPCから直接見られるところに見やすい画像を貼ってください。
 ピクトはPCから見られないことがあるので避けてください。
・質問者は名前を騙られたくない場合、トリップを付けましょう。 (トリップの付け方は 名前(N)に 俺!#oretrip ←適当なトリ)
・質問者は回答者がわかるように問題を書くようにしましょう。でないと放置されることがあります。
  (変に省略するより全文書いた方がいい、また説明なく習慣的でない記号を使わないように)
・質問者は何が分からないのか、どこまで考えたのかを明記しましょう。それがない場合、放置されることがあります。
  (特に、自分でやってみたのにあわないので教えてほしい、みたいなときは必ず書くように)
・回答者も節度ある回答を心がけてください。
・970くらいになったら次スレを立ててください。

※前スレ
高校数学の質問スレPART371
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/math/1399548912/

2 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 20:54:09.33
主な公式と記載例

(a±b)^2=a^2±2ab+b^2
(a±b)^3=a^3±3a^2b+3ab^2±b^3
a^3±b^3=(a±b)(a^2干ab+b^2)

√a*√b=√(ab)、√a/√b=√(a/b)、 √(a^2b)=a√b [a > 0、b > 0]
√((a+b)±2√(ab))=√a±√b [a > b > 0]

ax^2+bx+c=a(x-α)(x-β)=0 [a≠0、α+β=-b/a、αβ=c/a]
(α,β)=(-b±√(b^2-4ac))/2a  [2次方程式の解の公式]

a/sin(A)=b/sin(B)=c/sin(C)=2R [正弦定理]
a^2=b^2+c^2-2bccos(A)      [余弦定理]

sin(a±b)=sin(a)cos(b)±cos(a)sin(b)  [加法定理]
cos(a±b)=cos(a)cos(b)干sin(a)sin(b)

log_{a}(xy)=log_{a}(x)+log_{a}(y)
log_{a}(x/y)=log_{a}(x)-log_{a}(y)
log_{a}(x^n)=n(log_{a}(x))
log_{a}(x)=(log_{b}(x))/(log_{b}(a))  [底の変換定理]

f'(x)=lim_[h→0] (f(x+h)-f(x))/h  [微分の定義]
(f±g)'=f'±g'、(fg)'=f'g+fg'、(f/g)'=(f'g-fg')/(g^2) [和差積商の微分]

3 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 20:54:56.18
基本的な記号の使い方は以下を参照してください。その他については>>1のサイトで。
■ 足し算/引き算/掛け算/割り算(加減乗除)
 a+b → a 足す b   (足し算)     a-b → a 引く b    (引き算)
 a*b → a 掛ける b  (掛け算)     a/b → a 割る b    (割り算)
■ 累乗 ^
 a^b     a の b乗
 a^(b+1)  a の b+1乗
 a^b + 1  (a の b乗) 足す 1
■ 括弧の使用
 a/(b + c) と a/b + c
 a/(b*c)  と a/b*c
 はそれぞれ、違う意味です。括弧を多用して、キチンと区別をつけてください。
■ 数列
 a[n] or a_(n)     → 数列aの第n項目
 a[n+1] = a[n] + 3  → 等差数列の一例
 Σ[k=1,n]a_(k)     → 数列の和
■ 積分 ( "∫"は「せきぶん」「いんてぐらる」「きごう」「すうがく」などで変換せよ(環境によって異なる)唐ヘ高校では使わない)
 ∫[0,1] x^2 dx = (x^3)/3|_[x=0,1]
■ 三角関数
 (sin(x))^2 + (cos(x))^2 = 1     cos(2x) = (cos(x))^2 - (sin(x))^2
■ ベクトル
 AB↑ a↑
 ベクトル:V=[V[1],V[2],...], |V>, V↑, vector(V)
 (混同しない場合はスカラーと同じ記号でいい.通常は縦ベクトルとして扱う.)
■行列
 (全成分表示):M=[[M[1,1],M[2,1],...],[M[1,2],M[2,2],...],...], I=[[1,0,0,...],[0,1,0,...],...]
 (行(または列ごと)に表示する. 例)M=[[1,-1],[3,2]])
■順列・組合せ
 P[n,k]=nPk, C[n.k]=nCk, H[n,k]=nHk
■共役複素数
 z=x+iy ( x , y は実数 ) に対し z~=x-iy

4 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 20:55:38.78
単純計算は質問の前に http://www.wolframalpha.com/ などで確認
入力例
・因数分解
factor x^2+3x+2
・定積分
integral[2/(3-sin(2x)),{x,0,2pi}]
・極限
limit(t*ln(1+(1/t^2))+2*arctan(t))) as t->infinity
・無限級数
sum (n^2)/(n!) , n=1 to infinity
・極方程式
PolarPlot[2/sqrt(3-sin(2t)), {t, 0, 2Pi}]

グラフ描画ソフトなど
・FunctionView
http://hp.vector.co.jp/authors/VA017172/
・GRAPES
http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~tomodak/grapes/
・GeoGebra
https://sites.google.com/site/geogebrajp/

入試問題集
http://www.densu.jp/index.htm
http://www.watana.be/ku/
http://www.toshin.com/nyushi/

参考書などの記述についての質問はその前に前後数ページを見直しましょう
またマルチポストは嫌われます

5 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 20:56:46.31
それではlogおじさん、珍説の続きをどうぞ

6 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 21:27:29.55
複素平面上の刄ソβγが正三角形であるための必要十分条件は

α^2 + β^2 + γ^2 - αβ - βγ - γα

であることを証明せよ。

という問題の解答に刄ソβγが正三角形であるための必要十分条件は刄ソβγと刄タγα
が同じ向きに相似であることである。

と書いてあるのですが、

刄ソβγと刄タγαが異なる向きに相似であることってあるんですか?

7 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 21:34:13.12
絶対値を場合わけする意味がわからない
何で文字式の場合だけ場合わけするんですか?

8 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 21:47:44.04
なんで文字がないのに場合わけする必要あんの?

9 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 21:59:32.27
>>6
あってもなくても関係ないから(ないけど)、証明するのに都合のよいようにしてるだけじゃないか?

10 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 22:03:23.17
文字がある時です

11 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 22:08:42.36
絶対値記号を外したいが、場合分けしないと絶対値記号を外せないから。

12 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 22:20:21.53
なぜ文字がある時だけ場合わけするんですか?
他のように-3≦x≦3とはできないのはなぜですか?

13 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 22:20:39.46
>>7
|-2|=-2(-2≧0のとき) -(-2) (-2≦0のとき) をみて
どう思う?

14 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 22:21:28.38
>>12
で切ると思うのならやってみたら?

15 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 22:25:16.25
またいつもの行き当たりばったり君?

16 :132人目の素数さん:2014/05/21(水) 22:40:59.21
文字があるときの文字ってなに?
x以外にも他にあるってこと?
とりあえずわかんない問題書いて

17 :7:2014/05/21(水) 22:57:36.44
自己解決しました

18 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 01:01:14.32
問題  y-(1/x)=1を x=に形に直しなさい

答え x=1/y-1

原式にxをかけてもx=のかたちに持ち込めません
どうしたらいいでしょうか

19 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 01:03:23.22
さぁどうだろうね

20 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 01:11:06.28
>>18
1/x=?

21 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 01:35:21.76
y-(1/x)=1
(xy/x)-(1/x)=1
(xy-1)/x=1
xy-1=x
xy-x=1
x(y-1)=1
x=1/(y-1)

22 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 03:15:01.53
>>21

ありがとうございました!!!

23 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 04:26:54.21
近年受動排ガスや車害が社会問題になり
嫌車家が増加傾向にあるが、
嫌車家をアルファベットにした「KENSHAKA」について
次の問に答えよ。

(1)8文字全部を並べて文字列を作る。文字列は
何個できるか。

(2)前問の文字列の中で、Aがはなられているものは何個
あるか。

(3)8文字から6文字を取り出し、それを並べて
文字列を作る。文字列は何個できるか。
-----------------------------------
学校の宿題です。途中式もあわせて
お願いしますm(--)m

24 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 05:26:59.43
>>23
マルチ
ttp://ai.2ch.net/test/read.cgi/math/1399953692/235

25 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 06:44:27.80
>>5
log(z)は「z<2のとき」の間違いだよ。
最初log(z)を単位円Cの円周上の1点Pを中心とする
テイラー展開で定義するとlog(z)は|z|≦2で収束するんじゃないかと思ったが、
Pの原点対称なC上のただ1点で発散するから、結局|z|<2になる。

26 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 06:54:41.82
例えば、前スレの>>681の一般化ね。

[命題]:n≧3を任意の自然数とする。n≧3個の正の実数を a_1、…、a_n とする。a_1、…、a_nの中から
何れも任意に有限個を選んで出来るような4つの有限個の実数の積をK、L、M、Nとする。
条件i≠jの下で共に或る a_i、a_j、i、j=1、…、n に対して (a_i)^{K/L}=(a_j)^{M/N} ……@
が成り立つとする。このとき a_i=a_j である。
証明]仮定から、4つの積K、L、M、N>0は何れも任意に固定された実数と仮定してよい。
そこで、以下そのように仮定して a_i=a_jを導く。@から (a_i)^{NK}=(a_j)^{LM} ……A。
M_1=max(NK、LM)、 M_2=min(NK、LM) とおく。a_i、a_jについて場合分けをする。
Case1)1≦a_i≦a_jのとき。このとき、指数関数(a_i)^x、(a_j)^xは共に単調非減少だから、1≦(a_i)^{M_2}≦(a_j)^{M_1}。
よって、Aから、M_2=NK=LM=M_1、であり、a_i=a_j。
Case2)1≦a_j≦a_iのとき。Case1と同様に考えれば、a_i=a_j を得る。

27 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 06:54:50.41
>>25
中心が原点じゃないのに何故|z|<2で収束するの?馬鹿なの?

28 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 06:55:43.98
(>>26の続き)
Case3)a_i≦1≦a_jのとき。このとき、指数関数(a_i)^xは単調非増加、(a_j)^xは単調非減少だから、
(a_i)^{M_1・M_2}≦1≦(a_j)^{M_1・M_2} ……B。ここにAから、
(a_i)^{M_1}=(a_j)^{M_2} ……C 、 (a_i)^{M_2}=(a_j)^{M_1} ……D
のどちらか一方は成り立つことに注意する。
Case3-1)Cが成り立つとき。このとき、Bから
(a_i)^{M_1・M_2}≦1≦(a_i)^{(M_1)^2}≦1、即ち (a_i)^{(M_1)^2}=1 だから、M_1>0から a_i=1。
よって、Cから (a_j)^{M_2}=1、故に、M_2>0 から a_j=1で、a_i=a_j。
Case3-2)Dが成り立つとき。Case3-1と同様に考えればa_i=a_jを得る。
Case3-1、Case3-2 から、a_i≦1≦a_jのときa_i=a_j。
Case4)a_j≦1≦a_iのとき。Case3と同様に考えれば、a_i=a_j を得る。
Case5)0<a_i≦a_j≦1のとき。このとき、m_1=1/(a_i)、m_2=1/(a_j) とおくと 1≦m_2≦m_1 であり、
Aから、(m_1)^{NK}=(m_2)^{LM} だから、Case1と同様に考えれば、m_1=m_2 であり、a_i=a_j を得る。
Case6)0<a_j≦a_i≦1のとき。このとき、m_1=1/(a_j)、m_2=1/(a_i) とおくと 1≦m_2≦m_1 であり、
Aから、(m_2)^{NK}=(m_1)^{LM} だから、Case1と同様に考えれば、m_1=m_2 であり、a_i=a_j を得る。
Case1〜6から、a_i=a_j であることが示された。

前スレの>>681ってこの系だろ。

29 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 06:57:24.10
>>27
原点中心の単位円と書くべきだったな。

30 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 06:58:39.18
>>27
いや、「点0中心の単位円」だったな。

31 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 07:06:11.55
>>26
>(a_i)^{NK}=(a_j)^{LM} ……A

>Case1)1≦a_i≦a_jのとき。このとき、指数関数(a_i)^x、(a_j)^xは共に単調非減少だから、1≦(a_i)^{M_2}≦(a_j)^{M_1}。
>よって、Aから、M_2=NK=LM=M_1、であり、a_i=a_j。

この論法は散々駄目と言われてると思うが
未だに使ってるのか?アホなのか?
2^6=4^3において2^xと4^xは共に単調増加なのに何故
6≠3なのかよく考え直せ

32 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 07:07:58.17
>>29-30
何言ってるの?

>最初log(z)を単位円Cの円周上の1点Pを中心とするテイラー展開

って自分で書いてるじゃん?Pを中心としたテイラー展開だから
収束円の中心はPだろ馬鹿
本当に最底辺の馬鹿は何やっても駄目なんだな

33 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 08:07:16.78
>>22
本気にすんな。>>20を信じて自分でやれ。

34 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 08:58:21.15
>>32
最底辺とか何度も書いているが、
ずいぶんと学歴コンプがありそうな書き込みだね。

35 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 09:01:47.78
最底辺という言葉を聞いて
それが学歴と直結してしまう奴の方が学歴コンプな気が
logおじさんについては
高校も大学もろくに勉強してこなくて
大人になって詳しい参考書を読んだものの
いろいろ勘違いしまくって今に至る感じの
学力最底辺の馬鹿ということじゃね

36 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 09:02:03.36
確かにマジメに式を書いたら、>>26のCase1の論法は通用しないね。

37 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 09:04:01.01
>>35
まあ、どうでもいいけどさ。

38 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 09:05:07.12
学歴で言ったら私文?
文系で数学苦手なのに無理して手を付けちゃったみたいな
これでもかっていうくらい基本から勘違いしてるあたりがなんともw

39 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 09:10:38.20
>>38
学歴の話はやめた方がいいな。
一般によくいわれることとして、学歴を持ち出す人程それしかとりえがないといわれている。

40 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 09:12:10.96
一般化する前の元の問題で失敗してるのに
一般化して同じ方法を使うなんて脳味噌沸いてるとしかいえんわな



 文 字 通 り の 馬 鹿

41 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 09:12:44.10
>>39
>>34に言ってね&hearts;

42 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 09:18:03.35
>>40
>>41
今マジメに式書いて考えている途中だよ。

43 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 09:22:39.99
バカの考え休むに似たり

を検証実験中です

44 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 12:44:55.35
ウンウン、>>26は確かに成り立たんな。
成り立たせるには何か条件を加えないとダメだが、
一般化出来たとしても汚くなって大した意味はなさそうだな。
しかし前スレの>681のきれいな一般化は何かありそうなんだよね。
>681の式は或る種の対称性があってきれいなことにはきれいんだよね。

45 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 12:47:05.43
普通の問題も解けない馬鹿が
一般化だとか自作問題とかやりたがるのは何故なんだろうな

46 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 12:47:15.05
爺さん昼飯は食べたかい?

47 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:01:12.51
>>46
食いながら色々考えたよ。

48 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:04:34.18
>>45
そのバカである私にバカにされることになるとは思うよ。

49 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:17:49.89
一応な、私が使った参考書には対称式の定義は
2つの文字a、bを含む式においてaとbを入れ替えても
変わらない式を「a、bの対称式」というと定義されているんだよね。
で、多項式の場合の対称式である基本対称式と区別して定義してある。
3文字以下も同様に定義してある。その定義に従えば、前スレの>681の式は対称式と見なせるんだよね。

50 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:21:34.85
>>49の最後の行の出だしは
>「3文字以上の文字の対称式」も同様に定義してある。
と訂正。

51 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:23:44.93
> 多項式の場合の対称式である基本対称式


52 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:24:29.89
お爺ちゃん昼間から飲みすぎですよ

53 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:25:11.86
いや、a^{b/c}=a^{c/b}ではないから対称式と見なせないのか。

54 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:26:17.27
>>48
実力の低さに見合わないそのプライドの高さはどこから来るんだろう?

>>49-50
参考書の定義も読み切れないほど馬鹿だと何やっても駄目だろwwwwww
そんなんじゃおまえはどんなに本読んでも馬鹿のままだわwwwww馬鹿wwww

55 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:28:39.29
>>54
お前さん、>>49-50は、参考書の定義をそのまま写したモノだぞ。

56 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:37:30.06
>>55
その定義がどういう意味の文章なのか分かっていないから

>>49
>その定義に従えば、前スレの>681の式は対称式と見なせるんだよね。

>>53
>いや、a^{b/c}=a^{c/b}ではないから対称式と見なせないのか。

対称式と見なせるといったり
見なせないといったりする
おまえが定義文の内容を理解していないということに他ならない

57 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:47:08.46
>>56
数学的には
a^{b/c}=a^{c/b}=b^{c/a}=b^{a/c}=c^{a/b}=c^{b/a} (=定数)
が成り立つなら、k^{m/n}においてどの2文字を入れ替えても
式k^{m/n}は変わらないから、上の各辺におけるa、b、cを
代数的文字の式と見なしたとき、上の各辺はa、b、cの対称式になる。

58 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:51:44.56
代数的文字ってなに?
非代数的文字とか解析的文字とかでもあるの?

59 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:52:46.21
バカバカ言ってるやつが不快だったが、退場するべきなのは爺さんの方だと確信した。
バカバカ言ってるやつは、バカバカ言わなければ退場しなくてもいい。
爺さんも、自己流で支離滅裂なことを言わなければいてもいいのだが、無理だろうと思わざるを得ない。
自治厨と言われることはわかっていても言わずにおれなかった。
この件からは以後手を引く。

60 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:53:03.09
幾何学的文字だろう

61 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:58:14.96
爺さん、X+Y=?

62 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 13:59:49.69
>>58
単に文字という表現でもいいが、それだと或る値を取る変数xを文字といったら紛らわしくなるだろ。
X=1 においてXを代数的に考えて扱ったとき、文字なのか定数項にあたるのか紛らわしくなるだろ。

63 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 14:18:19.84
>>57
そもそも、あなたはどういう人なんでしょうか?
学歴とか年齢、今何故数学の勉強をしているのか等を
明かした方がいいと思いますよ。
あなたが何故こんなちゃらんぽらんな発言をするのか
思っていたよりも遙かに前の段階で躓いているように見えます。

64 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 14:38:38.36
>>57
数学的でもなんでもないのに数学的にはとかフイタwwwwwwwwwwwwwwwwww
おまえはサル以下だろwwwwwwwwwwwwwwwwwww
子供の受験に合わせて数学を始めたか
定年後に数学を始めたか
どっちかだろうか?

65 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 14:42:27.74
>>63
>>49-50の参考書を挙げると、S氏著チャート式数学Aになる。
>>49-50はそれに書いてある。

66 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 14:43:55.35
やめてけろ

67 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 14:46:44.32
>>64
著者のプライバシーなどを考える意味も含めて正確には書かないが、
大体の発行年度を書くと1990年位のモノになる。

68 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 14:47:54.47
>>66
書いてしまった。
これはどうも失礼致しました。

69 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 14:58:04.32
>>65 >>67
書誌情報にプライバシーとか関係無いし
砂田利一が悪いわけではない。
おまえがそのチャートに書いてある定義を誤解している。
読み切れていないということなんだよ。

おまえがそれを使っているということは30台くらいか?
やはり子供の勉強に合わせて自分も数学やってみようと
思い立った感じかな?
で、全然できないと。

70 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:06:27.64
>>69
数学をする上では定義はそれに従って判断していくべき内容だろ。
元の出だし以外の何物でもない。

71 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:26:24.54
>>70
その判断がおまえにはできない。
チェスのルールブックを片手に
将棋の駒を動かすような感じ。

正直な話、おまえの学歴って高卒か
あるいは数学と無関係な私文じゃないの?

72 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:29:32.42
そろそろ国語厨が現れてもいい展開。

73 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:30:04.08
>>71
>その判断がおまえにはできない。
一番肝心要の出だしの定義をフニャフニャ扱い
しているから高校数学は…ってなるんだよ。

74 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:30:31.30
>>71←これかなりの人非人だな
精神病なのかい?
人身攻撃に特化しつつあるな
いやはや、病気だな

75 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:33:39.69
その人アグレッシブだけど、別にヘンなことは言ってないぞ

76 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:35:00.40
だから人非人、精神病といっている

77 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:37:19.73
もはやどれが誰だかわからず参加できない俺が勝ち組

78 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:39:26.35
全部自演でしょ

79 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:41:46.24
>>73-74
定義が悪いんじゃないよ。
定義の意味を理解できないおまえが悪いんだよ。
おまえの頭が悪いんだよ。

80 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:44:00.13
いつもと流れが違うな

81 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:45:11.31
>>79
>定義が悪いんじゃないよ。
定義に悪いも何もあるかw
定義は、文章通り解釈してそれに従って判断していくべき重要な内容だろ。

82 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:45:29.04
>>79
ほーら、精神病だ
誰が誰かなんて関係なくなってる

83 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:46:45.35
こういう時ってID欲しくなるよね

84 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:46:47.45
>>78
確かに>>71>>79は頭が変だよ。
自演ではない。

85 :今日の珍説:2014/05/22(木) 15:48:02.83
本日も珍説の時間がやってまいりました


↓これ笑った激しく笑ったwwwwwwwwwwww

>>57
57 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2014/05/22(木) 13:47:08.46
>>56
数学的には
a^{b/c}=a^{c/b}=b^{c/a}=b^{a/c}=c^{a/b}=c^{b/a} (=定数)
が成り立つなら、k^{m/n}においてどの2文字を入れ替えても
式k^{m/n}は変わらないから、上の各辺におけるa、b、cを
代数的文字の式と見なしたとき、上の各辺はa、b、cの対称式になる。


↑ここまで脳味噌足りないと何もできんなwwwwwwwwww

86 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:49:54.58
>>85
定義を文章通り解釈して判断しただけだが。

87 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:50:16.94
a^{b/c}=a^{c/b}=b^{c/a}=b^{a/c}=c^{a/b}=c^{b/a} (=定数)はa,b,cについての対称式だ

高校生の諸君
これを数学の授業中にドヤ顔で
黒板に書いてみろ
たちまちクラスの人気者だな

88 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:52:07.27
>>86
機械翻訳みたいな人だな

89 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:52:55.88
>>86
対称式というのは、ただの「式」に対しての名称
その式の内部で、いくつかの文字の入れ替えに対して不変である場合にのみ与えられる。

「式」ではなく、「等式」を形成する、式に対し、「等式」の性質を利用して、
同値変形を繰り返した結果、適当な文字の入れ替えについて不変だという性質があることが
分かったとしても、それは、「等式」が与えられていたからであり、
(等式では無い)「式」自体が持っている文字の対称性に由来しているわけでは無いので、
対称式とはいわない。

90 :今日の珍説:2014/05/22(木) 15:55:43.13
>>86
でもま、ここまで頭の悪さを恥も外聞も無く
ドヤ顔で晒すことができる高卒おじさんは尊敬するよ

これからも長生きして、馬鹿を晒して
笑い者として恥をさらし続けて欲しい

明日も おバカな珍説を期待してる

91 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 15:59:11.84
>>90
おまえは、その人非人な性格ではどうせリアル底辺なんだろ?
ま、せいぜい2chで暴れて生きていきな


92 :今日の珍説:2014/05/22(木) 16:03:20.38
>>91

高卒の期待の星みたいな
おじさんに敵わないよ
俺なんて本当にコモノだからね

俺はこんなバカを極めたレスできない
脳味噌が腐り切ってそうなこんなレス俺には無理だ
高卒おじさんの次回作のルアーをすっごい期待してるから
頑張って欲しい

俺、高卒おじさんのファンだから
めっちゃすきこういう頭の悪い人wwwwwwww
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


>>57 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2014/05/22(木) 13:47:08.46
>>56
数学的には
a^{b/c}=a^{c/b}=b^{c/a}=b^{a/c}=c^{a/b}=c^{b/a} (=定数)
が成り立つなら、k^{m/n}においてどの2文字を入れ替えても
式k^{m/n}は変わらないから、上の各辺におけるa、b、cを
代数的文字の式と見なしたとき、上の各辺はa、b、cの対称式になる。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

93 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 16:08:32.51
釣りだったらある意味天才

94 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 16:20:00.32
>>89
そこまで読めなかった。ためになった。サンクス。

95 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 16:29:19.30
頭が悪すぎるとこの程度も読めない。
定義を解釈できていると思い込んで突っ走るだけ。
このサルは何のために数学を勉強しているのだろう。

96 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 16:38:51.92
>>95
定義の文章は、本来それに従って考えて行くべき内容からなるのだが。
定義に反した判断は数学では出来ない。

97 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 16:43:34.67
文盲乙

98 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 16:48:06.97
そこまでなじるのもどうかと思うが、間違えていると指摘されているのに自分の解釈を言い張る方もどうかしてるわなあ。
言い張ったところで間違えているという事実に変わりはないのに。
なんの意味があるのかわからない。
間違えているという指摘は嘘だと思っていたってことなんだろうか?
それならそれで、もうここで質問しても意味がないと考えるものだと思うのだが。

99 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 16:57:40.34
>>98
国語が出来れば、例の対称式の定義の文章は普通の日本語になっていると思う筈だよ。
何も読みにくさとかなく普通に読める。
どう見てもk^{m/n}は、れっきとした1つの式だよ。
まあ、私の解釈が間違っていた訳だが。

100 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 17:24:55.32
つまりlogおじさんは数学だけでなく国語もできないわけだ。
高卒なら当然か。

101 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 17:27:16.92
みんな、違反申告よろしく↓

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/177923246

102 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 17:41:19.20
>>101
何がどう違反なのかわからん。
logおじさんて松坂本が好きな人だっけ?

103 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 17:42:12.13
>>102
pdfデータを出品するのは違反でしょ

104 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 17:50:36.75
しらんがな
ていうかこんなしょうもない本に4万円も払うバカいるんだな

105 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 17:52:49.28
どこがしょうもないの?

106 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 17:59:43.53
1円でもいらんな
読む価値も無い

107 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 18:04:53.33
松坂和夫最高!

108 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 18:07:16.08
所詮は頭の悪いユトリ向け()

109 :132人目の素数さん:2014/05/22(木) 20:41:07.92
>>94
それ以前に、定義の前半が目に入ってないか、
或いはどうでもいいと無視しているに違いない。
(エスパーだけどね)

それと前スレの>681はどんなにがんばっても文字の入れ替えに対する対称性はない。

110 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 01:26:05.83
↑需要あるじゃん

111 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 01:55:10.29
そうか?

112 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 02:58:53.45
どうでもいいからこの問題を普通に解いてくれる人はおらんのかね
分からないのやけど

113 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 03:02:42.74
>>109
群論や置換σを用いれば高校でいう「多項式」の対称式
f(x_1、…、x_n)=f(σ(x_1)、…、σ(x_n))
は、同様に「関数」でいう何かについても一般化出来るとは思うんだよね。
果たして可能かどうかはまだ知らないが。
だから、>>49-50の定義はまんざら嘘とはいい切れないとは思うよ。

114 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 03:12:31.31
まあ、普通に>>49-50を読んで扱ったら
ここではトンデモ解釈扱いになった訳だが。

115 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 05:33:06.48
「a-b=b-aのときa-bは対称式である」なんて解釈をしたら、ここでなくてもトンデモ解釈扱いだと思う。

116 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 06:44:52.15
>>113
高校であってもなくても、対称式というのは多項式に対して定義される概念だよ。

117 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 08:36:05.07
>>116
その定義に従うと、(x^2+y^2+z^2)/(x+y+z) は対称式でないことになるぞ。
分母の式はx、y、zの基本対称式であると同時に分子の式
x^2+y^2+z^2=(x+y+z)^2-2(xy+yz+zx)
はx、y、zの対称式なのだが。

118 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 08:40:16.88
言葉の定義にこだわってるうちは偉大な創造は不可能ですよ
言葉など所詮は観念を記述する道具にしかすぎないのだから

119 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 08:42:08.73
>>115
トンデモ呼ばわりのことは、どうでもいい。

120 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 08:44:04.37
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/対称式

121 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 09:01:13.39
√((x^2+y^2+z^2)/(x+y+z)) だとどうなるのだろうか。

122 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 09:12:23.55
>>113
>>49-50は定義が悪いわけではなく、解釈してる奴が救いようのないくらい馬鹿だっただけ

123 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 09:21:40.53
>>122
そのバカが私=>>113なのだが。
>>121のような式も>>49-50は満たす。

124 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 09:29:46.61
>>123
そもそもどうしてそんな馬鹿なおじさんが数学の勉強をしてるの?

125 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 09:32:45.96
「対称な方程式」という言葉を知らなくて
「対称式」と言い間違えたとしても、
そういつまでも指摘し続けるような
ネタでもない。

問題点は、もとの方程式が対称ではない
ことにあるのではないか。
巡回的ではあるけれども。

126 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 09:38:09.86
>>124
数学の研究といってくれないか。
abが2つの文字a、bの対称式なら、√(ab)は2つの文字a、bの対称式だ(a、bが取る値の話は別扱いにして)。

127 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 09:48:56.51
>>126
そこまで基礎の基礎から理解できない馬鹿が研究というのは無理がある
数学苦手なのは明らかだし背伸びが酷すぎる
醜悪なカッコツケマンにしかなってない

128 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 09:54:53.68
>>127
つぶさに物事を観察して
>abが2つの文字a、bの対称式なら、√(ab)は2つの文字a、bの対称式だ(a、bが取る値の話は別扱いにして)。
だと思わないのか?

129 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 10:15:25.17
日本人は臭い」「I hate Jap」「ドラえもんは韓国のアニメで日本がマネした」 アメリカで中国系韓国系から日系の子供がいじめられ差別されている
http://hosyusokuhou.jp/archives/38242712.html
https://www.youtube.com/watch?v=Hw0Wc6xzVeg

130 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 10:36:15.20
>>128
つぶさでもなんでもなく
ほとんど何も見ていないと思っていいだろう。
足下しか見ていないといっていい。

√(ab)はaとbについて対称な式ではあるが
対称式に入れる必要は無い。
一般化という作業を
単に扱う対象を広げればいいという意味と勘違いしてるんじゃないかな。
なんかものすごく本末転倒な一般化をしようとしてるだけにしか見えない。

131 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 10:42:55.54
>>130
下らん高校数学の範囲ではそのような解釈をしても構わん。
対称式の前の段階には不変式という概念がある。

132 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 10:45:56.78
本来対称式というのは不変式とセットになって出て来るんだよ。

133 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 10:55:14.22
>>131
>下らん高校数学の範囲ではそのような解釈をしても構わん。

高校数学を見下す割りに
高校数学の問題も解けない馬鹿なおっさんが何言っても無駄だろう。
どうせ、秋山仁とか松坂和夫とか藤原正彦あたりのバカ向け啓蒙書を読んで
頭がものすごく悪くて学生時代に数学苦手だった自分でも
数学できちゃいそうとか勘違いしてるだけのおっさんじゃないの?
おっさんみたいなバカは死ぬまでバカのままだということを分かっておいた方がいい

>対称式の前の段階には不変式という概念がある。

対称式の理論にあれもこれも突っ込むのではなく
不変式論で語ればいいということだよな
そういう状況で対称式の指す対象を広げる意味は無い。

134 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:02:46.18
>>133
>どうせ、秋山仁とか松坂和夫とか藤原正彦あたりのバカ向け啓蒙書現代数学概説Tなどだが。
私が読んでいるのは現代数学概説Tなどだが。
この書き方や内容は高校数学とは全く違うぞよ。

135 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:05:45.91
>>133
>どうせ、秋山仁とか松坂和夫とか藤原正彦あたりのバカ向け啓蒙書
私が読んでいるのは現代数学概説Tなどだが。
この書き方や内容は高校数学とは全く違うぞよ。

>>134何か変になっちゃったから書き直す。

136 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:07:55.40
>>134
そもそも高校数学も大学数学も全然できないおっさんが
現代数学概説Tを読み始めるまでの経緯があるんじゃね?
どういうきっかけでそれを読もうと思ったの?

137 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:11:13.51
>>136
大学数学の基本言語は素朴集合論にあり。
「大学数学も全然できない」は不要。

138 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:12:49.44
>>137
そういう断片的な受け売りはいいから
高校数学も大学数学も全然できなかった落ちこぼれのおっさんが
そういう本を読もうとした切っ掛けはなんだったの?
学生時代は数学は全然できなかった人だよね?

139 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:16:06.61
「任意の」とか「或る」という言葉を使った論理は、素朴集合論すれば身に付く。

140 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:16:59.60
きっかけなんか別に聞かんでもいい
高校数学の範囲を逸脱するような話題でいつまでもここに居座ろうとしていることが目障りだ
趣味でやってるならいちいち人に質問したりしないで自分で本を読んでわかるまで考えろ

141 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:22:27.35
>>139
本読んで覚えたことを一生懸命写してるだけって虚しくないかい?馬鹿っぽくないかい?

142 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:22:52.95
>>138
>学生時代は数学は全然できなかった人だよね?
数学が得意不得意はどうでもいい。
線型空間などのマトモな数学書を読むにあたり必要になった。
こういうのを読むときは、或る程度の集合論を知らないと、
最初で商集合が出て来たりして早速撃墜する。

143 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:25:57.61
>>141
>本読んで覚えたことを一生懸命写してるだけ
こういう作業も時には必要だが。

144 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:30:42.24
>>142
>数学が得意不得意はどうでもいい。

数学の本を読むときには重要な事だよ。
苦手な人が数学の本を読むと>>49のような馬鹿な事が起きる。
これはおまえだけの話ではなく
数学がとても苦手な人共通の現象。
繰り返し読み返しても必要な事をボロボロ見落とす。

>線型空間などのマトモな数学書を読むにあたり必要になった。

何故、線型空間を?
線型代数をやるにしても
真面目な数学書ではなく
理工系とか工学部の人のための本とかあるわけだけど
どうしてマトモな数学書に突入する必要があったの?

145 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:31:31.91
>>143
丸暗記には意味が無い。
写す時によく考えて
頭使ってやらないと。

146 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:39:14.08
>>142
なんで「高校数学」の質問スレに来るの?

147 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:42:42.44
>>141
おまえ、しょうもないほど性格悪いな
それじゃ仕事できんだろ?

無職か?

148 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:44:28.02
>>147
「任意の」とか「或る」とかを一生懸命丸暗記しないといけないような馬鹿がやる仕事ってどんな仕事?

149 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:47:08.62
これさ数1あたりで高校時代に身についてて当然の
センター試験でも最低限の言葉だよな?
素朴集合論とかいう言葉を知る前に普通の人達は身についてるわけだけど
この人はかなり後になるまで、こんな言葉も使えないほど悲惨な成績だったのかな?


>>139 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2014/05/23(金) 11:16:06.61
「任意の」とか「或る」という言葉を使った論理は、素朴集合論すれば身に付く。

150 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 11:50:11.02
世の中には何をやっても駄目な
サルみたいな>>139もいる・・・・・

151 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 12:00:40.19
>>148
え?、君のこと?
金にならないが2chで書き込むことじゃないか?
推論力もないようだし
(なんのことかわかるかね)
それとも恣意ゆえかな?
どっちにしても、君じゃダメだな
で、無職か?

152 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 12:09:08.83
すみません、この問題がどうしてもわからないので教えてください><

次の二次式が完全平方になるように定数bの値を求めよ

bx^2-4bx+(8b^2-4b+1)

153 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 12:10:46.14
>>144
>何故、線型空間を?
>線型代数をやるにしても
>真面目な数学書ではなく
>理工系とか工学部の人のための本とかあるわけだけど
>どうしてマトモな数学書に突入する必要があったの?
「線型空間」をよい線型代数の本と思えないならダメだわな。
演算子法とか、線型代数に限らず色々学べる。

>>149
高校数学では、集合と論理 が軽視されている感が否めない。

154 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 12:24:02.51
「任意の…」というのは何がしかの条件Pを満たすモノならご自由に選び考えてどうぞ、というのに対し、
「或る…」といったらPを満たすモノを1つ固定して考えることになる。

155 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 12:41:42.84
まだ痛い人が粘着してたのか

156 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 12:44:52.33
>>153
軽視したのはそんな基本的な言葉もほとんど身に付かなかったおまえ自身だろ馬鹿

157 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 12:49:25.89
>>153
>「線型空間」をよい線型代数の本と思えないならダメだわな。

線型空間って本の名前のつもりで言ったの?岩波?
何故、そんな基礎の基礎からズタボロのおまえがそれを読む必要があるの?
頭がものすごく悪いのに単にかっこ付けてるだけにしか見えないが
ミーハーなだけ?

なんか全裸なのに、靴だけ高いとかそんなノリだよね?

158 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 12:49:35.11
>>156
受験数学でこのようなことが出て来たことあったか?
他の単元の方が遥かに多いだろ。

159 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 12:53:29.52
>>152
判別式が0になるようなbを求めれば良い。

160 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 12:54:12.83
>>157
これ読むと最低でも高校のベクトルや行列、集合の内容は身に付く。
3次の正方行列とかは扱っている。

161 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 12:56:43.25
>>158
それが分からないと
他の単元の文章の解釈もできないが。
任意の実数に対して成り立つ話なのかどうかとかな。
おまえみたいに数学の勉強をほとんどしていない生徒は
全称や存在、必要条件や十分条件という話を
独立した単元だと誤解してる子が多い。

でも普通に勉強している生徒は、他の単元の中で
きちんと押さえていく。
問題の中で全てのxについて言うべきか
1つのxについて言うべきか
十分性を確認する必要があるかとか
様々な単元の中で触れてる筈だ。

高校時代に勉強をちゃんとしてるかどうかの違い。
おまえは遊び杉な生徒だったんだろうな。

162 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:02:21.34
>>161
高校数学が受験数学に特化されて教えられている
という事情もあって、>>139のようなことを書いたのだが。

163 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:08:49.20
>>162
受験数学であってもそういうポイントは勉強している筈。
ほとんど勉強しない馬鹿な生徒だと
十分性の確認とか聞いても
十分条件の話に結びつかないだろうけど。

独立した単元だと思い込んでるんだよな。おまえみたいに。

164 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:12:49.62
指導ガー指導ガーってwwwww

高校数学なんて自分で教科書読んで問題解くだけで
ほとんど全ての事が身につくのだが
先生が悪いとか、指導が悪いとか
そんな人任せな時点で終わってた人だから>>49のような馬鹿げた事を言い出すんだろうね

165 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:14:27.87
>>163
おやおや
精神病君必死のこき下ろしだな
滑稽だねえ

166 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:15:33.02
f(a,b,c)=(a-b)(b-c)(c-a)とすると、f(a,b,c)=f(b,c,a)=f(c,a,b)だがf(a,b,c)=-f(a,c,b)だ
それなのにf(a,b,c)はa,b,cに関して対称と言ってるのと同類

167 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:15:38.48
>>164
これは余りに馬鹿すぎ
とんでもなく頭悪いの?

168 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:16:02.42
>>163
高校数学と大学数学は違うぞよ。
大学数学だと高校数学のような証明の書き方は通用しないぞよ。

169 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:17:01.48
とんでもなく頭の悪い人
まさに最底辺の馬鹿
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

>>49 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2014/05/22(木) 13:17:49.89
一応な、私が使った参考書には対称式の定義は
2つの文字a、bを含む式においてaとbを入れ替えても
変わらない式を「a、bの対称式」というと定義されているんだよね。
で、多項式の場合の対称式である基本対称式と区別して定義してある。
3文字以下も同様に定義してある。その定義に従えば、前スレの>681の式は対称式と見なせるんだよね。

170 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:18:38.46
こっちの方が笑撃的だwwwwwwwwwwww

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>57 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2014/05/22(木) 13:47:08.46
>>56
数学的には
a^{b/c}=a^{c/b}=b^{c/a}=b^{a/c}=c^{a/b}=c^{b/a} (=定数)
が成り立つなら、k^{m/n}においてどの2文字を入れ替えても
式k^{m/n}は変わらないから、上の各辺におけるa、b、cを
代数的文字の式と見なしたとき、上の各辺はa、b、cの対称式になる。
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

文字通りの無能といっていいだろう

171 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:19:04.87
とりあえず、数式や数学用語の入ってないレスを手動であぼーんしたらスッキリした。

172 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:19:45.76
>>168
大学数学でも高校数学でも
>>49 >>57のような究極の馬鹿が
通用しないのは分かるよねw

173 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:23:09.26
>>172
或る意味、バカにならんと仕事は出来ないわな。

174 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:24:31.80
高校数学や受験数学がまるっきり駄目な人がね
大学の教科書を読んでできるとここまで勘違いするのは
模試とか試験が無いせいだろうなぁ。
受験ではそれを確認してくれる試験があったから
成績が無残だったけど
大学ではそんなに頻繁に試験があるわけでもないし
部分的に対策すれば乗り切れる試験ばかりだから
>>49>>57のようにボロボロで最底辺の理解でも
それを知らしめてくれる試験が無いから
自分は分かっているに違いないというような妙な自信が出て来るんじゃなかろうか。

175 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:26:26.46
新しい概念を定義して世に出すときは、その概念はまだ知られていないのだから、
場合によっては 何だバカか? 呼ばわりされる可能性はあるわな。

176 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:28:54.59
>>174
数学書を読むには、念入りに読む必要があるため時間がかかるのだが。

177 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:36:19.90
>>176
>>49>>57のような人の場合は
念入りには読まないし、読めないだろう
読む能力が無いのだし。
こういう人は文字を拾っただけで「読んだ」と言い張る。
その結果が>>49>>57という目を覆いたくなるような酷いレス。

178 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:44:36.73
>>177
マトモな数学書を読むには、定義を字義通り解釈し、行間を埋める必要がある。
「明らか」や「自明」なことが1つの証明すべきことになる。
どうやら、>>174
>大学ではそんなに頻繁に試験があるわけでもないし
>部分的に対策すれば乗り切れる試験ばかりだから
という部分を見る限りでは、遊び人の試験対策君である可能性があるようだが。

179 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:51:58.85
ここって高校数学の板なの?

180 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 13:57:24.69
数学板だよ

181 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 14:09:04.64
>>178
>>49>>57の人は定義を字義通り解釈し、行間を埋める事ができない人だから
馬鹿にされてるわけだよ。
こういう人はどんなに時間かけて読んでも何にも身につかない。

俺の知人にも、小学生時代についたあだ名が「自慢児」という奴がいる
自分は数学や物理は独学でなんでもできる人間で
自分は天才だとか言うことだけは大きいのに
そいつは関西大学に行くのが精一杯の落ちこぼれだった

そういうかっこ悪さに近い
>>49>>57の人は時間をかけても
定義を字義通り解釈し、行間を埋める事ができない落ちこぼれだと思っていい。

182 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 14:15:38.50
>>181
高校数学と大学の(数学専攻の人向けの)マトモな数学書は書き方からして違うぞよ。
自然と身に付いたブルバキ流で高校の本を読んだら、>>49-50>>57のようになったのだが。

183 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 14:18:14.83
これにはブルバキの中の人も苦笑

184 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 14:34:01.02
>>182
強烈な電波だな
>>49-50>>57のようになったら
もう数学ではないからな
未だに角の三等分の研究とかする人居るけど
そっち系のキチガイ路線

185 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 14:43:31.43
「積」の意味「かけ算の結果」の「結果」に注目し、
bcは積、積は計算の結果だから、すでに計算済み。
従って、a÷bcは、aを計算済みの積bcで割るから、a÷bc=a/(b*c)だ
という論理展開をしていた人を思い出したが、もしかして同一人物?

186 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 14:46:40.06
>>184
角の3等分問題はガロア理論で否定的に解決されただろ。

187 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 14:53:35.28
>>186
だからキチガイなんだよ。
数学の本に書いてある事を理解できない・誤解してしまう
>>49-50>>57のようにな。

「ブルバキの読み方に倣って
自分が読み解いた対称式の定義は正しい。
他の人達の指摘は間違い」

この感じのノリがもう少しパワーアップしたような人達が
角の三等分家

188 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 15:00:00.44
>>186
いいボケ役だね。これくらいやめたら?

189 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 15:01:03.72
>>187
普通、数学の定義はそれに従って考えて行くべき文章なのだが。
>>49-50はそのような定義の書き方をしているんだが。
感覚的に、x+y+zやxyzのような式を対称式という とかいうような書き方なら読み方も変わって来るが。

190 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 15:04:49.69
>>189
>>49-50は、定義に使われている言葉の意味を理解できなかったから
アホな結論に至ってしまった。
こういう勘違いの積み重ねがキチガイになっていくんだよ。

>感覚的に、x+y+zやxyzのような式を対称式という とかいうような書き方なら読み方も変わって来るが。

そういう書き方をしないと理解できないくらい
レベルの低い人ではあると思う。

191 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 15:12:25.65
>>188
ガロア理論では作図可能な数の条件も扱っていたと思ったが。

192 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 15:13:32.34
数学よりもまずは国語を勉強したほうがいいよね
>>49-50の定義がおかしいなんて誰も言ってないのに

193 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 15:24:26.65
>角の3等分問題はガロア理論で否定的に解決されただろ。
この書き方では、ガロア理論が登場して初めて角の3等分問題が解決されたかのようではないか

194 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 15:24:58.41
>>192
>>49-50は普通の日本語であるが故に字義通り解釈出来るのだが。
多項式に限って定義するなら、定義は
>2つの文字a、bを含む式においてaとbを入れ替えても
>変わらない「多項式」を「a、bの対称式」というと定義されているんだよね。
>で、多項式の場合の対称式である基本対称式と区別して定義してある。
>3文字以上も同様に定義してある。
となる。何故「多項式」の部分だけ「式」と書いたのか不思議ではある。

195 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 15:28:31.44
>>193
歴史的には、確かワンツェルが否定的に解決したんだったかな。

196 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 15:32:45.73
>>194
>>49-50はどういう言葉か意味を押さえることができていないから
>>57のようなアホ極まりない話になっていくわけだが。
君は>>57が違う事を既に認めたんじゃなかったか?
字義を間違えて捉えていたことを認めたんじゃなかったか?

>何故「多項式」の部分だけ「式」と書いたのか不思議ではある。

前後の文脈を追い切れていないということに他ならない。
字義を押さえたり、行間を読むことができていないから
こういう「不思議」が生まれてしまう。ただのアホ。

57 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2014/05/22(木) 13:47:08.46
>>56
数学的には
a^{b/c}=a^{c/b}=b^{c/a}=b^{a/c}=c^{a/b}=c^{b/a} (=定数)
が成り立つなら、k^{m/n}においてどの2文字を入れ替えても
式k^{m/n}は変わらないから、上の各辺におけるa、b、cを
代数的文字の式と見なしたとき、上の各辺はa、b、cの対称式になる。

197 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 15:40:30.62
>>194
多項式に限って定義するなら、定義は
>2つの文字a、bを含む多項式が、式においてaとbを入れ替えても
>変わらないとき、その「多項式」を「a、bの対称式」というと定義されているんだよね。
>で、多項式の場合の対称式である基本対称式と区別して定義してある。
>3文字以上も同様に定義してある。
となる。そうした方がまだ適切だな。

198 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 15:52:18.62
>>196
行間読んだりして解釈しろとなると、
>2つの文字a、bを含む式(f(a、b))においてaとbを入れ替えても
>変わらない(f(a、b)を構成する)式を「a、bの対称式」というと定義されているんだよね。
>で、多項式の場合の対称式である基本対称式と区別して定義してある。
>3文字以上も同様に定義してある。
のようになって、トンデモになりかねないから、
定義に間違いが生じたりしていない限り定義は字義通り解釈するのだが。
定義の解釈が人によって変わりかねないということが起こると、数学が数学ではなくなる。

199 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 16:58:03.50
>>198
前後の文脈を押さえ切れていないから
そんな変な事になるんだよ。
数学が苦手な人が自分勝手に省略しまくると
文章の意味が変わってしまうことは多々ある。
>>49-50の場合は意味が変わる程は歪んでいない。
ただ対称式について知っている人は前後の文脈を
補って読んでいる。
この定義はどういう「場所」で書かれたものか
その背景を補って読んでいる。それが行間の一部なんだよ。
>>49-50の場合は写した本人がそういう行間を読めていないことによって
誤解が生じてるんだよ。

200 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 21:09:12.93
お取り込み中質問させてください

log(x+2)/log(x+1) はx→∞で1に就職しそうですがどう示せばいいでしょうか

201 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 21:17:27.41
log(x+2)=log(x+1)+log(x+2)/(x+1)

202 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 21:19:23.16
>>200
log(x+2)/log(x+1)
={log(x+1)+log((x+2)/(x+1))}/log(x+1)
=1+log{((1+(2/x))/(1+(1/x))}/log(x+1)
→1(x→∞のとき)

203 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 21:29:23.42
>>200
|{log(x+2)/log(x+1)}-1|
=log((x+2)/(x+1))/log(x+1)→0

f(x)がaに収束しそうだというときに
|f(x)-a|を上から評価して(不等式で押さえる場合もある)
|f(x)-a|→0を示すのは常套手段

204 :200:2014/05/23(金) 22:08:41.76
勉強になりました

205 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 22:10:03.96
就職できてよかったね

206 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 23:37:59.84
数学向いてる人ってどんな人ですか?
数学でも分野がありますよね?
素数みたいに時間をかけたら絶対発見できる分野や
リーマン予想のように答えは分かってるけど証明はできない分野
N=NPクラスかのように物理の範囲にも及ぶ分野

天才性が強い、はたまた暗記性が強いなど分野によって違うんでしょうか?

207 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 23:41:21.85
>>206
そんな悩まなくても
おまえには向いていないから
安心していい

208 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 23:46:11.99
天才論というのは、論じるのも聴くのも恥ずかしい

209 :132人目の素数さん:2014/05/23(金) 23:55:48.91
2004の約数の個数を求めよ。またその中で偶数は何個あるか。


という問題で約数の個数は
2004=2^2 × 3^1 167^1より
(2+1)(1+1)(1+1)=12個

ここまでは分かるのですが偶数の場合が解説見てもイマイチピンときません。

解説には
偶数の約数は2か2^2を含むものだから
2(1+1)(1+1)=8個
と書いてあります。

2(1+1)(1+1)というのはどこから来てるのでしょうか。

210 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 00:02:41.32
("2の指数")("3の指数"+1)("167の指数"+1)

211 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 00:16:46.70
>>210
他の似たような問題で、
504の奇数の約数は
504=2^3 × 3^2 × 7^1

奇数の約数は3^2 × 7^1の約数だから
(2+1)(1+1)=6個

となってたのですがこれは(3の指数+1)(7の指数+1)ということですよね?

先に書いた偶数の問題と若干解き方が異なる気がするのですが奇数と偶数で違うものなのですか?

212 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 00:35:52.04
2004で2^0×〜のときは奇数じゃなくて、2^1×〜とか2^2×〜だったら偶数になる
2ってのは2^1と2^2が2個あるってこと

213 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 00:36:12.82
>>211
奇数の約数は2を含まないから
3^2×7^1の約数を数え
(2+1)(1+1)=6個

504の約数は全体では
(3+1)(2+1)(1+1)=24個
だから偶数の約数は
24-6=18個としてもいい。

>>209の方法では多分
252=2^2 × 3^2 × 7^1
の約数を数えてる。
(2+1)(2+1)(1+1)=18個

504の偶数の約数を全て2で割れば252の約数だから。

2004の偶数の約数の個数は1002の約数の個数と同じ。

214 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 00:37:32.42
>>211
前の問題で偶数の約数を考える場合、
2の指数は1または2の2通り。

後の問題で奇数の約数を考える場合。
2の指数は0だけで1通り
1通りは掛け算として書かなくても変わらないよね。

215 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 01:02:38.05
奇数の約数を求める場合、2の約数を省いて奇数の約数のみの個数を求めるのはわかりました。

偶数の解釈があっているか確認していただきたいです。
504の場合、2^3だから2の約数は2^1、2^2、2^3の3通り。
3(2+1)(1+1)=18
ということでしょうか?

216 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 02:12:17.74
>>215
それでいい

217 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 04:20:54.95
>>196
私=>>197=>>198で、今更だが、>>197は、>>194ではなく>>196宛てね。

218 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 04:32:36.12
>>199
>前後の文脈を押さえ切れていないから
>そんな変な事になるんだよ。
>>49-50は何の脈絡もなくいきなりポンって書いて出された定義なのだが。

>この定義はどういう「場所」で書かれたものか
>その背景を補って読んでいる。それが行間の一部なんだよ。
高校生でもないのに、チャートをマジメに最初っから読む訳ないだろw
最初からマジメに読んだら、内容が大学数学とはかけ離れる。
数列や関数の収束の定義とか、高校と大学では違うだろ。

219 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 06:04:27.98
高校数学と大学数学か
高等数学教育における世界の劣等国日本ならではの分類だな
このスレでも数学なんてやってないようだし
それをもって高校数学って、数学という言葉を使うのが恥ずかしい
乙です

220 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 09:26:27.25
>>218-219
少なくともおまえは高校生向けの
行間などほとんど無い易しい参考書でさえ
読み切れていない事を自白してるだけな。

そもそもそんなに大学数学が好きなら
何故、大学数学の教科書から定義を引っ張ってこなかったのかから謎。
チャートを選んだのはおまえ自身だろう。
アホすぎる。

221 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 09:57:41.33
対称式も全く分からない人が
大学数学を勉強したと思い込んでる不思議
大学数学を勉強したことがあるならこれは無いだろ・・・


>>49-50

>>57 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2014/05/22(木) 13:47:08.46
>>56
数学的には
a^{b/c}=a^{c/b}=b^{c/a}=b^{a/c}=c^{a/b}=c^{b/a} (=定数)
が成り立つなら、k^{m/n}においてどの2文字を入れ替えても
式k^{m/n}は変わらないから、上の各辺におけるa、b、cを
代数的文字の式と見なしたとき、上の各辺はa、b、cの対称式になる。

222 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 11:19:12.53
0.999...=1っておかしくないですか?
極限だ、とかいってよく誤魔化されてますけど、全ての小数点以下の桁が9になる普通の少数だと考えるとそれは極限ではないですよね?
1は1の位が1で全ての小数点以下の位が0の小数だと考えられますけど、これが極限だなんて聞いたことがありません
どうして0.999...の場合は極限なんてものを考える必要が出てくるのに1の場合は考えないのでしょうか?
それとも数は全て極限としてしか存在しないのですか?
それとも、やはり0.999..≠1なんでしょうか?

223 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 11:21:08.58
朝のお薬飲み忘れてるでしょ

224 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 11:24:34.59
>>222
0.000・・・・・・の不思議
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/math/1284547515/

225 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 11:26:08.50
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1324180992/723
  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

226 :222:2014/05/24(土) 11:44:42.59
例えばなんですけど、√2の小数点以下第n位の桁をanとすると、

小数点以下第n位がanの数

と書けば√2そのものを表します
しかし、
lim[n→∞]Σ[k=1,n]an/10^n
なんて書いてしまうと、確かに=√2になりますけど、これはあくまで級数Σ[k=1,n]an/10^nが収束して、その極限値が√2になる、と言っていることになるわけです

上と下では意味が全然違ってきますよね?

lim[n→∞]Σ[k=1,n]9/10^n=1と書かれれば、ああ、これは極限値を表してるんだな、ってことがちゃんと納得できます
でも0.999...は例の場合でいう上の表記の別表現なので、これが級数の極限を表してる、なんて解釈するのは誤魔化しだと思うんです

227 :222:2014/05/24(土) 11:49:58.31
訂正します

lim[n→∞]Σ[k=1,n]an/10^n
⇨lim[n→∞]Σ[k=1,n]ak/10^k

lim[n→∞]Σ[k=1,n]9/10^n=1
⇨lim[n→∞]Σ[k=1,n]9/10^k=1

228 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 11:53:51.92
いい加減、どっかいけよ。何が楽しいんだよ。

229 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 11:54:59.90
>>226
どうみても
lim[n→∞]Σ[k=1,n]an/10^n≠√2

230 :222:2014/05/24(土) 11:56:39.61
lim[n→∞]Σ[k=1,n]ak/10^k
⇨1+lim[n→∞]Σ[k=1,n]ak/10^k
でしたね!

231 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:18:37.69
>>226
じゃ...はどう解釈するの?

232 :222:2014/05/24(土) 12:20:33.56
俺が楽しければいいんだよ!!!!!!!

233 :222:2014/05/24(土) 12:27:55.86
>>232はニセモノです

>>231
全ての桁が9であることを示しています
桁は無限にあるので…と9が省略されています

234 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:31:35.10
>>220-221
定義は自由なのだが。
定義→(補題)→定理→証明→系
と進んで行くのが数学だが。

235 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:32:50.58
>>233
無限にあるとはどういう意味?

236 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:35:35.49
>>234
高校数学嫌いなのに
未だに古いチャートを大事に持っていて
単語の意味を調べるのにもチャートしか開かないおまえは何なの?
アホ?

大学数学を勉強した人は
↓こんなアホな発言はしないよ。

>>49-50
>>57 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2014/05/22(木) 13:47:08.46
>>56
数学的には
a^{b/c}=a^{c/b}=b^{c/a}=b^{a/c}=c^{a/b}=c^{b/a} (=定数)
が成り立つなら、k^{m/n}においてどの2文字を入れ替えても
式k^{m/n}は変わらないから、上の各辺におけるa、b、cを
代数的文字の式と見なしたとき、上の各辺はa、b、cの対称式になる。

237 :222:2014/05/24(土) 12:36:37.22
>>235
限りなく大きいってことです

238 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:42:27.43
それでは
 「『無限にある』とは『無限にある』という意味です」
と言っているのと同じだぞ

239 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:44:59.97
>>236
>>49-50の定義に則ればいえるのだが。
定数を表す文字が位相的な意味で使われている文字か
代数的な意味で使われている文字か考えたことはあるか?

240 :222:2014/05/24(土) 12:49:09.46
>>238
じゃあ、全ての桁を実際に表記するのは不可能なので代わりに…と書かれている、に訂正します

241 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:50:15.31
>>239
x^2+y^2=1ってどんな図形か分かる?

242 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:51:19.81
>>240
表記するのは不可能なら
何を指してる記述か分からないね。

243 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:53:04.80
>>222
> 0.999...=1っておかしくないですか?
おかしくないです。

> 極限だ、とかいってよく誤魔化されてますけど、全ての小数点以下の桁が9になる普通の少数だと考えるとそれは極限ではないですよね?
誤魔化してません。 小数点以下、無限個の数が並ぶとみなしている「0.999・・・」は数ではなくただの記号であり、ある極限を表すものとされています。

> 1は1の位が1で全ての小数点以下の位が0の小数だと考えられますけど、これが極限だなんて聞いたことがありません
たとえば、1.1、1.01、1.001、1.0001、・・・、1.000・・・0001、・・・の極限として1.000・・・と書くことは意味があります。

> どうして0.999...の場合は極限なんてものを考える必要が出てくるのに1の場合は考えないのでしょうか?
それはあなたが知らないだけです。

> それとも数は全て極限としてしか存在しないのですか?
すべて極限として表現することができる、というのが一つの見方です。

> それとも、やはり0.999..≠1なんでしょうか?
いいえ。

244 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:54:19.82
>>236
例えば、定数a、b≠0に付いてa、bを代数的意味で用いられている文字と考えればa/bの変形はこれで終了だが、
文字a、bを位相的扱いして考えればa/bの変形が更に出来るかも知れんぞ。

245 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:54:22.24
>>239
> >>49-50の定義に則ればいえるのだが。

言えないよね。

246 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:55:49.61
>>244
そもそも高校数学嫌いなおまえが
チャートを後生大事に持ち続けてて
高校数学のスレに居座ってるのは何故?

247 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:56:39.53
>>245
大学の観点からすれば間違いだが、チャートの定義に則れば論理的にはいえる。

248 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:57:43.06
>>247
残念ながら言えない。

おまえはx^2+y^2=1という式がどんな図形か分かるか?

249 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 12:59:30.51
>>246
高校数学の問題の中にはときには数学的に面白い問題がある。
大抵の問題は下らんが。

250 :222:2014/05/24(土) 13:06:09.89
>>242
0.999...は小数点以下の全ての桁が9になる小数の別表記です

>>243
>小数点以下、無限個の数が並ぶとみなしている「0.999・・・」は数ではなくただの記号であり、ある極限を表すものとされています。

0.999...が極限ではなく、ある数そのものを表しているとは考えないのは何故でしょうか?

251 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:06:21.04
文字a、bを位相的扱いして考えれ
 字余り

252 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:07:12.08
>>248
x=cosα、y=sinα αは実変数 としようか。
するとα≠mπ、mは奇数とすれば
y/x=cosα/(sinα)=tanα
とx、yとは代数的意味では異なる
tanαという表記が出て来て簡潔に表せる。

253 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:07:21.86
>>250
> >>242
> 0.999...は小数点以下の全ての桁が9になる
ものは小数ではありません。

254 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:11:23.72
>>248
>>252
>y/x=cosα/(sinα)=tanα

>y/x=sinα/(cosα)=tanα
の間違いな。

255 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:17:00.32
>>252
それでx^2+y^2=1という式はどんな図形を表現してるの?
y/xで何を簡潔に表したの?

256 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:21:57.71
y/x=sin(π/2)/(cos(π/2)) ?

257 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:23:38.10
>>255
xy平面上の原点(0、0)を中心とする半径1の円だろ。
>y/xで何を簡潔に表したの?
分からん人には何いっても意味が分からんだろ。

258 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:26:17.19
logおじさんも凄いけど、位相的扱いおじさんも負けない位くらい凄いね

259 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:27:14.96
記号列が数を表すには、記号法の取り決めが必要。
無限小数の場合、Σ[n→∞]an/(10のn乗) を表す
ことが、その取り決めとなっている。
これは、なぜって言っても、なぜ十進数を使うのか
とかと同様、慣習上の取り決めなんだから、しかたない。

その結果、「0,999…」という級数の極限そのものが
ある数を直接表すことになる。

260 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:27:39.90
>>256
この場合はx=0になって定義されませんよ〜。

261 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:28:35.10
>>257
> 分からん人には何いっても意味が分からんだろ。

とんでも系の人って、だいたいこう言うね

262 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:33:48.24
>>261
これ以上細かいことは、口が裂けてもいえない。

263 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:37:03.35
>>250
> >小数点以下、無限個の数が並ぶとみなしている「0.999・・・」は数ではなくただの記号であり、ある極限を表すものとされています。
>
> 0.999...が極限ではなく、ある数そのものを表しているとは考えないのは何故でしょうか?
「数」と「数字」は違うものだぞ
数字は数を表すために用いる記号

小数は有限小数だろうと無限小数だろうと、数字による記号列であって数ではない
もちろんその記号列は、約束事によって、ある数を表すとするが、
その約束事がなければ、ただの記号列でしかない

264 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:37:19.74
>>257
>xy平面上の原点(0、0)を中心とする半径1の円だろ。

x^2+y^2=1はxyz空間において
z軸と垂直な平面の切り口が半径1の円になり
z軸を軸として無限に伸びる円筒の式だ。

分かるかな?
こういうのが前後の文脈と呼ばれる部分だ。
xy平面の話なのか、xyz空間の話なのか
はたまた実数ではなく複素数まで考えての話なのか
そういった情報は前後の文脈が含んでいるんだよ。
おまえも今、勝手にxy平面の話だということにしてしまったわけだな。

>>49-50で式という言葉が何を表すかは前後の文脈が関わってくる。
それを押さえ切れていないから>>57のような馬鹿な結論に至る。
こういう人は高校数学だろうと大学数学だろうと
何やっても駄目。落ちこぼれのまま。

265 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 13:48:06.96
>>264
もはや、私をどう考えようがどうでもいいと思えて来て、
このスレに居座るのが虚しく感じて来た。
研究者の素質はなさそうだな。

それじゃあね。

266 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 14:08:35.95
>>265
対称式の定義を見て
行間もロクに読めずに>>57のような馬鹿な解釈をするトンデモさんには
研究なんて到底無理だから
安心して逝ってくれていい。
ここまで頭が悪いと
高校でも大学でも数学なんてやりようがない。

57 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2014/05/22(木) 13:47:08.46
>>56
数学的には
a^{b/c}=a^{c/b}=b^{c/a}=b^{a/c}=c^{a/b}=c^{b/a} (=定数)
が成り立つなら、k^{m/n}においてどの2文字を入れ替えても
式k^{m/n}は変わらないから、上の各辺におけるa、b、cを
代数的文字の式と見なしたとき、上の各辺はa、b、cの対称式になる。

267 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 14:08:45.03
負け犬の遠吠えか
バカはさっさと出てけよ
二度と近寄るな
臭いから

268 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 14:24:06.21
吉本新喜劇のギャグを見ているようだ。

269 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 15:05:58.41
普通は最初に実数体の定義があって、
そのあとに一般のb進法とその表記法の仕方を定義する。
特に、無限小数展開はある数列の極限値として定義される。

0.a_1a_2a_3… := Σ[k=0〜∞] a_k/b^k.

この流儀に従うと、10進法において 0.999…=1 が成り立つのは明らかであり、
なおかつ、「0.999…」という記号列は最初から極限値としての意味を持つ。
また、この定義のもとでは、「無限小数展開は実数そのものである」という
言い方は違和感がある。なぜなら、この定義のもとでは、無限小数展開は
実数の表記法の一種に過ぎず、実数そのものの定義は別にあるからである。

一方で、単なる文字列としての「 0.a_1a_2a_3… 」の間に適切な関係を
定義していくことで、実数体を定義する流儀が存在する↓

ttp://en.wikipedia.org/wiki/Construction_of_the_real_numbers
>It has been known since Simon Stevin[3] that real numbers can be represented by decimals.
>We can take the infinite decimal expansion to be the definition of a real number,
>defining expansions like 0.9999... and 1.0000... to be equivalent,
>and define the arithmetical operations formally.
>This is equivalent to the constructions by Cauchy sequences or Dedekind cuts and incorporates
>an explicit modulus of convergence. Similarly, another radix can be used.

(続く)

270 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 15:08:13.97
(続き)

"Similarly, another radix can be used." からも想像がつくと思うが、
基数は予め1つ固定しておく必要がある。
上の記述では、基数として10を採用しているつもりであろう。

この流儀では、「無限小数展開は実数の表記法の一種に過ぎない」という主張の方が違和感があり、
「無限小数展開は実数そのものである」という主張の方が しっくりくる(ただし、予め固定しておいた
基数についてのみ)。
これこそが、>>222 の求めていた流儀であろう。ただし、この流儀では、
"defining expansions like 0.9999... and 1.0000... to be equivalent,"
とあるように、0.9999… = 1.000… というたぐいの関係式を予め定義の中に埋め込んでしまう。
そうでなければ、実数体の構造が再現できないのである。


よって、どの流儀にせよ、結局は 0.9999… = 1 が成り立つ。

271 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 15:28:13.40
関数Aと関数Bがx=0で等しくて、x>0の任意のxでの関数Aの接線の「傾き」が
、関数Bの接線の「傾き」より大きい時、x>0の範囲で関数A>関数Bは成り立つで
しょうか?
グラフが交わってて、そこから一方の関数の傾きがずっと大きいと、その関数の値は
他方より大きいと思うのですがマチガイでしょうか?

272 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 15:40:28.46
とりあえず俺用語を使うのをやめることから始めましょう

273 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 15:41:17.74
>>271
そりゃそうだ

274 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 16:06:57.06
ゆるしたやったらどうや

275 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 16:12:47.52
誰を?

276 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 17:33:35.25
バカとかポエマーとか、そういう他愛もないものを

277 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 18:49:23.92
直線的な多項式とはどういうものでしょう

278 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 18:57:00.76
複素平面上の刄ソβγが正三角形であるための必要十分条件は

α^2 + β^2 + γ^2 - αβ - βγ - γα

であることを証明せよ。

という問題の解答に刄ソβγが正三角形であるための必要十分条件は刄ソβγと刄タγα
が同じ向きに相似であることである。

と書いてあります。

必要条件であることは明らかですが、十分条件であることは以下でOKですか?

刄ソβγ∽刄タγαだから、
∠αβγ=∠βγα
∠βγα=∠γαβ

よって、刄ソβγは正三角形である。

279 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 18:59:49.99
はい

280 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 20:04:12.62
どこで笑えばいいのか悩む
ってこと?

281 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 20:08:41.66
あれ?何が起こっている?
280 は 268 が新着だと思って書いた。

282 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 20:13:21.09
よろしくお願いします
http://i.imgur.com/z2cEfYv.jpg
書き込みで表すと見にくくなってしまうので自分で書いてupさせてもらいました
あと、できればこの問題のレベルを
@解けなければまずい標準問A解けなくてもokな微難問B大半が正解しない難問
のような感じで評価して頂けると嬉しいです
別にこの指標でなくても構いませんので

283 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 20:20:37.26
進研模試1年7月あたりによく出そうな問題。
1年生、しかも真剣模試を受けちゃうような学校だと解けたり解けなかったりでしょう。
3年生で解けないなら大学受験に数学使うのをあきらめたほうがいい。

284 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 20:41:32.56
4つの異なる複素数をα、β、γ、δとする。このとき一般にα、β、γ、δは複素平面上で
四角形を形作る。

みたいなことが書かれている本があるのですが、「一般に」とはどういう意味なんですか?

ランダムにα、β、γ、δを選んだとき、四角形を形作る確率が高い(100%?)という意味ですか?

285 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 20:48:18.39
4つの異なる複素数をα、β、γ、δとする。このとき一般にα、β、γ、δは複素平面上で
四角形を形作る。

これって全く数学的じゃないですよね。なんでこんなことを書いたのか不思議でなりません。

286 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 20:48:49.98
その後に書いてあることを読んで都合がいいように解釈すればいいよ。

287 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 20:51:36.44
>>284
楽しくって意味

288 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 20:56:21.81
>>286

っていうか、「4つの異なる複素数をα、β、γ、δとする。このとき一般にα、β、γ、δは複素平面上で
四角形を形作る。」っていうような文がなくてもその後には全く影響しないんです。

だからなんでこんなことを、しかも数学的でもないことを書いたのかと不思議でならないんです。

情報量ゼロの文じゃないですかぁー?

289 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 21:04:38.10
どれか三つか四つが同一線上にあると、四角形にはなりません

290 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 21:06:14.30
>>289
そうですよね。

4つの異なる複素数をα、β、γ、δとする。このとき一般にα、β、γ、δは複素平面上で
四角形を形作らない。

といっても全くおかしくないですよね。

291 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 21:14:01.78
一種の数学的失言ですかね。

292 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 21:23:39.51
念のためあとの文書いてみようか

293 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 21:26:47.25
「一般に」が解ってないんだろな。
数学で「一般に」と言ったら、
「例外なく常に」の意味。
「〜であることが比較的多い。」
の意味で使ったら、間違いなんだよ。
日常用語の「一般に」とは意味が違うから、
解って使わないとド素人だとバレてしまう。

294 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 21:28:34.14
複素平面上の異なる4点α、β、γ、δは一般には四角形をつくります。
どういうときにこの四角形が円に内接するか、すなわち4点α、β、γ、δ
が同一円周上に並ぶか、あるいはどういうときに4点α、β、γ、δが同一
直線上に並ぶか、それを判定することは興味ある問題です。

っていうのが引用です。

あー、気持ち的にやっぱり4角形になる場合が多いよねみたいな感じなんでしょうね。

平面状に4つの石を投げたら大抵(100%)四角形になるもんって感じてですかね?

295 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 21:31:53.48
今思ったんですけど、

複素平面上の異なる4点α、β、γ、δは一般には四角形をつくります。

どういうときにこの四角形が円に内接するか、すなわち4点α、β、γ、δ
が同一円周上に並ぶか、あるいはどういうときに4点α、β、γ、δが同一
直線上に並ぶか、それを判定することは興味ある問題です。

この↓の流れも不自然ですよね。
どういうときに四角形を作らないか興味ある問題ですっていう流れなら自然だけど。

296 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 21:35:48.89
>>283
7月の進研模試ですか
明日河合の模試があるので今日中に理解できるようにしておきます
ありがとうございました

297 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 21:39:36.68
http://ja.wikipedia.org/wiki/ほとんど_(数学)
http://ja.wikipedia.org/wiki/一般性を失わない
おそらく混ぜちゃいかんものが混ざっちまったんだな……

298 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 21:39:48.70
>>293
いや、有名な人ですよ。

299 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 21:50:58.51
>>295
答えにならないかも知れないが作成者の頭の中には複素平面上の異なる3点α、β、γに対する幾何学条件と代数的関係があって
その自然な拡張として4点を考えてみたら面白いでしょってのがあると思う

300 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 22:07:39.96
>>282
センター試験の小問の一つより簡単な位なので@です

301 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 22:51:10.03
>>285
>>294
もっと前後に何が書かれているか見ないとなんとも言えないが
おそらく「一般の位置にあるとき」という意味の事を書こうとしたのだろう。

誤字・脱字の類と思っていい。

302 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 23:49:47.23
前から気になってたのですが
y=sin(n)/n!とすると
n→∞Σyって発散しますか?それとも収束?それとも振動?

303 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 23:56:51.54
すいませんしませんね
挟みうちで分かりました

304 :132人目の素数さん:2014/05/24(土) 23:59:39.88
すげえ

305 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 00:00:37.22
どうやったの?

306 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 00:04:47.57
y=tan(n)/n!
Σy???????????????????????
これなら割と永遠のテーマじゃね?

-∞≦tan(n)≦∞

307 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 00:11:04.57
lim tan(n)/(n-π/2)
n→π/2

っていくらになりますか?

308 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 00:14:52.21
ざっくり-1/2か

309 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 00:16:27.73
発散じゃね?

310 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 00:19:58.59
lim(n→π) sin(n-π)/(π^n-n^n)
これは?

良く考えたら不定形って探せば色々あって不気味過ぎる
中3で三平方の定理は3,4,5 5,12,13だけですよーとかいいつつ
実はもっとあったみたいな凄い不気味な感じ

311 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 00:24:10.69
よくわかりません

312 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 00:29:15.35
極限計算できるサイトないの?

313 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 00:37:09.53
>>4

314 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 00:46:58.32
>>313
目からうろこ、有難う

315 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 00:50:33.93
極限はしっかり勉強しといた方がいい
関数が大体どのオーダーかを分かるようになるのが一番良い

316 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 02:35:45.12
(x+dx)(y+dy)-xy=xdy+ydx+dxdy
ですが積の微分公式だとxdy+ydxですよね
積の微分公式は近似式という認識でいいのですか?

317 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 02:53:14.31
>>316
微分自体が一次近似

318 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 02:53:42.25
積の微分ってのは昔から
d(xy)=dx・y+x・dy
だけどね。
近似式というのは何のことだい?

319 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 03:05:01.74
>>316
d(xy)
=x(t+dt)y(t+dt)-x(t)y(t)
=(x(t+dt)-x(t))y(t+dt)+x(t)(y(t+dt)-y(t))
=dx・y(t+dt)+x(t)・dy

320 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 06:27:26.29


321 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 06:34:23.29
http://i.imgur.com/dAWyhAB.jpg
http://i.imgur.com/d3Bd98a.jpg
http://i.imgur.com/sOyWaF0.jpg

上の2枚目と3枚目の画像で、

arg ε=±πみたいに、偏角が±πになっているのはなぜですか?

差が2πの偏角って同じですよね。意味不明です。

322 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 06:45:43.13
意味不明なのはお前の頭だ
もう一回中学校からやり直せアホ
ここには出てくるなks
さっさと失せろバカ

323 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 06:55:25.81
>>321
一般にっていうのもおかしいですし。
ちょっとやばいですよね?

324 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 07:06:28.03
でも結構評判のいい本なんですけどね。
書いている人も有名な数学者みたいなんですよね。

325 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 07:27:15.13
>>324
うーん偉そうに言うわけじゃないが君にはもっと基礎的な本があっていると思う
こういう数学を楽しもう的な本は基礎力がついてるとよく楽しめる

326 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 07:32:53.31
>>321
一般にではなく
一般にはと書いてあるように見えるが
正格に写すこともできない馬鹿だったどけか

327 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 07:35:35.22
ひらがなすらまともにかけないバカがいるな
プwwwwww
ゲラゲラwwwwwww

328 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 07:37:54.97
正確には「正確」な
それに、どちらにせよ彼の疑問は晴れないと思うけど

329 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 07:40:01.48
>>324
数学書なんか誤記や誤解を招く表現なんかザラにある
それでも良書は良書だしそんなことにキレてたらお話にならない
書いてある数学が良ければいいんだよ
高校生に言うのは酷かも知れないが

330 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 07:43:43.00
高校生に言うのは酷だと思うぞ
大人になれば分かる、で済ますのと本質的には変わらない

331 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 07:45:04.35
>>321
とりあえず、↓で嘘ついた理由は?


>>285 132人目の素数さん 2014/05/24(土) 20:48:18.39
4つの異なる複素数をα、β、γ、δとする。このとき一般にα、β、γ、δは複素平面上で
四角形を形作る。

これって全く数学的じゃないですよね。なんでこんなことを書いたのか不思議でなりません。

332 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 07:48:50.86
±πがおかしいっていうのはあっていますか?

いや有名な本なんでおかしなことなど書いていないと思っていたので
自分が何か勘違いしているのかなと思ったのですが。

どうなんですかぁ?

333 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 07:55:08.23
>>329
でも高校生用の本でおかしなことを書いたりしますか?
だってまず第一に簡単なことしか書いていないでしょうし、
誰か昔の数学者が得た結果をコピペしているだけですよね。
コピペの作業すら間違えるとはとても思えないんですよね。

で±πの件はどうなんですか?

334 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 07:56:22.23
おかしいよ
勘違いじゃないよ
あなたは正しいよ

だから教科書を気の済むまで書きなおせば?
そしてamazonとかで出版すりゃいいじゃん

そんときは見せてね

335 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 07:58:23.57
>>332
とりあえず、↓で嘘ついた理由はなんですかぁ?

>>285 132人目の素数さん 2014/05/24(土) 20:48:18.39
4つの異なる複素数をα、β、γ、δとする。このとき一般にα、β、γ、δは複素平面上で
四角形を形作る。

これって全く数学的じゃないですよね。なんでこんなことを書いたのか不思議でなりません。

336 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 07:59:07.64
>>334
ありがとうございました。
気になって先に読み進めなかったんですよね。

337 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 08:07:06.87
>>333
逆を考えてみたらいい
中学校の初等幾何学は簡単な概念しかありません
じゃあ中学生相手に楽しく分かりやすく伝えて下さいって言ったら結構難しいだろ?
それをコピペと言ってのける君はこの本には向いてない
受験テクニックだけの本を読んだ方がいい

338 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 08:09:04.58
例えば∠βγαがそれぞれの複素数の位置によって負になったり正になったりする
少し確かめたら分かることだが足して位置関係によって和が-πになることもπになることもあるから数学的に何一つ間違ってない
むしろ∠βγαの定義が分かってないのでは?

339 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 08:43:34.20
log(2x^2+1)/log(x^2+1) はx→0で2に収束するんでしょうか。

GRAPESというソフトでグラフを書かせて点(0,2)付近を拡大すると、激しく震動しているようなのですが

340 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 09:00:08.64
>>339
振動はしない
放物線の頂点に近づく感じで収束する

341 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 09:05:39.52
>>339
ロピタルの定理は知っておくと便利よ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%AE%9A%E7%90%86

342 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 09:09:39.81
ソフトウェアでお解析結果と実際の数学の現象がまるで同じだと思っちゃってる
真性のアマちゃんには何言っても無理だろ
確認とかいって数値の計算誤差とかまるで頭に入れてないような奴が
PC使ってグラフ書いただけで「振動する」とか言ってんだ、
そこにロピタルとかいう便利なモン見せても分からんやつにゃあ分からんだろ
数値計算の一番面倒なところも知らないような奴が拡大して振動してる!……とかだけ言うのはかなり怪しいよ
だから現実たるな数値解と理想的な解析解の違いも分からんのだろ

343 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 09:19:13.67
まあ中身知らずに使っちゃうのは問題だけど
グラフ書いてみて不思議だな面白いなって思うのも大事ですしね
一長一短ですね

344 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 09:34:25.54
ああ、たぶん、こういうのを見たのか……
https://www.wolframalpha.com/input/?i=ln%282x^2%2B1%29%2Fln%28x^2%2B1%29+%E3%80%80from+x%3D-0.0001+to+0.0001

345 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 09:42:01.94
昔は何も分からずGRAPES使ってたけど今や漸近展開まで分かるようになったし取っ掛かりとしては良かったと思う

346 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 09:44:07.21
ロピタルとかアホなこと考える前にt=x^2としないのが悪い

347 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 10:27:52.09
>>344のように振動して見えるのは誤差かなんかのせいで
実際のグラフは滑らかになっているってことなの?

348 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 10:39:01.69
>>347
Yes
http://ja.wikipedia.org/wiki/数値解析#.E8.AA.A4.E5.B7.AE.E3.81.AE.E7.99.BA.E7.94.9F.E3.81.A8.E4.BC.9D.E6.92.AD
http://ja.wikipedia.org/wiki/計算機イプシロン

349 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 11:57:07.27
数学得意な奴って人間的に終わってる人ばかりなんですけどなんでですか?
数学的に説明してください

350 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 11:58:40.49
>>349
まず、「人間的に終わってる」を定義してください。

351 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 12:17:41.90
d(xy) も、xdy+ydx も、どちらも
(x+dx)(y+dy) の一次近似だから
一致する。

352 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 12:55:17.71
>>349
劣等感に取り付かれて君の認識が歪んでるだけ

353 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 13:45:48.45
>>6>>278
「同じ向きに相似」の理由が直前(>>321の一つ目)に書いてあるじゃんか。

354 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 20:06:55.75
>>339
Grapesで描いてみたが、振動なんてしてない

355 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 20:10:34.35
ワインうめー

356 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 20:32:13.86
関数Fを正整数nについて
F(n)=log(p) (n=p^αのとき) ,0 (それ以外)
として(p:prime α≧1の整数)

n=Π(i=1,r)p(i)^α(i)の形のとき(pi:相異なる素数,α:正整数)

Σ(i=1,r)F(p(i)^α(i))=Σ(i=1,r)log(p(i)^α(i))となる理由が分かりません。

定義はn=p^αのとき
F(n)=log(p)なので、上の式の右辺、真数部分はp(i)なのでは?と思いました。

357 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 20:36:04.95
>>354
y切片あたりを2回3回と拡大してみ

358 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 20:55:32.42
>>356
r=1とすれば明らかに矛盾

359 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 21:17:04.23
>>358
あれF(2^3)=log2となるんじゃないんですか
F(2^3)=log(2^3)なんですか?定義の勘違いかな...。

360 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 22:14:50.53
log2=3 log 2になるんだから明らかに矛盾でしょ
問題が変だね

361 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 22:31:59.87
>>356
マルチうざい

362 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 22:34:10.03
数学できる人って頭の悪い人しかいないと思うんですけど、なんでですか?
日本史や世界史何も知らないくせして、問題の図形の面積求められただけでワイワイ言ってます
バカなんでしょうか?
現実では糞の役にも立たないのにこういうことに一生懸命になれる、まして歴史やその他の常識を蔑ろにしてまで打ち込む意味がわかりません
それとも理系ってのは図形の面積を求めるだけでお金もらえたりするんでしょうかw?

363 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 22:36:26.22
スレチ

364 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 22:38:50.79
>>357
0.01幅の範囲でもスムースです。ver 7.0を使っています。画像を見てください。
http://imgur.com/LxKvBS7.gif

365 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 22:43:54.29
微分係数の符号変化をどうして調べて見ないのかね

366 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 22:45:14.26
>>362
日本史や世界史を知ってるだけでお金がもらえるのかい?

367 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 22:48:22.00
>>364
>>344では-0.0001から0.0001までで
1目盛りは0.00001だから100倍違うようだが。
何を主張したいんだい?

368 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 22:50:04.90
0.000001幅だと振動してるな

369 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 22:50:42.28
マルチした奴が解決してもマルチしたとこ全部に解決したこと伝えない。
     ↓
解決したこと知らない回答者は時間を無駄にしてしまう。
     ↓
時間を無駄にした回答者のやる気が削がれる。
     ↓
まともに回答する人が減る。
     ↓
質問者の不利益に。

370 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 23:15:04.89
誤植だったことを伝えないのは最悪だな。

371 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 23:25:49.71
数値代入で対噛めれば一発だろ

372 :132人目の素数さん:2014/05/25(日) 23:26:50.49
>>367
2,3回と拡大とあってので3桁くらい拡大したまでで
単精度なら有効数字が7桁で当たり前のことだ
こんなことは普通やらないね

373 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 02:13:43.38
>>369
質問関係のまとめサイト作れば解決するんじゃね?
知恵袋とか2ちゃんねるとかまとめてクローリングして統合すれば。

374 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 03:29:54.99
>>373
まとめサイト作ってもやつらは読まない

375 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 08:55:44.08
>>374
違うよ。回答する側が自動まとめサイトを見るんだよ。
監視してるところのどれかで完結したことが
自動まとめサイトをチェックするだけで分かれば便利でしょ。

376 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 10:45:00.97
>>375
マルチだと指摘して止める今と大差無い。コスパ悪い。

377 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 11:44:36.10
「解答する側が努力する」と考える馬鹿

378 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 12:30:06.55
>>375
じゃあお前が作って未来永劫管理してくれ
個人が作ったサイトに皆が協力する保証なんてないけど頑張ってくれ

379 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 14:05:20.91
マルチ指摘が一番簡単で有効だ

380 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 21:23:33.09
極値ならば変更点ですよね。逆は成り立たないけど。
当たり前のことだから教科書には載ってないのかな?

381 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 21:42:54.35
違いますけど?

382 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 21:52:21.11
大体、変更点ってなんだよ!

383 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 21:54:58.41
変更点

384 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 22:09:25.38
変更点は変更点だろ

385 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 22:22:42.89
すいません
携帯からナンデlim n→π sin(n-π)/(π^n-n^n) おソフトに
かけることができません
答えはなにになりますか?
できれば簡潔に解法でもあれば。

386 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 22:24:06.46
すいません

387 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 22:24:10.90
ならPCでやればいいじゃん

388 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 22:29:59.31
>>386
パソコン今壊れてるので代わりにやってくれるとありがたいです
すいません、答えが気になります
n^nで割って変形したのですが意味はありませんでした

389 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 22:34:54.63
おことわりします

390 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 22:45:13.76
>>388
分母は(π-n)で括れるのだから因数分解したら。

391 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 22:52:37.46
なるほどー

392 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:06:06.33
数学できる人って論理的思考のできないアホばっかじゃないですか?
そういう人って決まって現代文の点数ボロボロで、しかもそれを自分は理系だからってのを言い訳にしているんですよ
理系だから文盲でいいってのはどういう理屈なんでしょうか?
やっぱり馬鹿だから理屈もなにも考えてないんでしょうか?
逆に心配になってきてしまいます

393 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:08:46.17
>>392
すれち
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/kinoko/1325849195/

394 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:09:02.63
>>390
わかりません
階乗がじゃまなんですが

395 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:10:00.95
わからない方が正常

396 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:11:08.24
おソフトにおねがいましす
別途料金がかかりますが

397 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:14:02.37
A(2,0,0), P(0,p,0), Q(0,0,q) (p>0, q>0) ∠PAQ=30℃とする。
(1) 三角形APQの面積を求めよ。
という問題で
 AP^2=4+p^2, AQ^2=4+q^2より △APQ=(1/2)*AP*AQ*sin(30)=(1/4)√(4+p^2)*√(4+q^2)
と解いたのですが×でした。どこがマズイのでしょうか。

398 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:21:40.32
30℃を30°と勘違いしたからでね

399 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:23:12.83
30℃じゃ凍死するね

400 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:33:50.18
>>388
nは実数なのでxに書き換えます。
limの中はf(x)=π^x-x^xとおいて、sin(x-π)/(x-π)・(x-π)/(f(x)-f(π))
答えは、1・1/f'(π)=-π^(-π)

401 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:36:46.05
>>400
ありがとうございます、結構面白い問題ですね
因数分解と聞いて二項定理か?と思って焦りました(笑)
かなりすっきりしました

402 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:37:41.80
0をf(π)に置換とかオシャレすぎる

403 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:37:45.34
1/(nπ^(n-1))

404 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:39:48.05
>>400
すげーw
滅多にみない解法だ

405 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:47:17.20
あれ?
x^xの微分ってlog含むんじゃないでしたっけ?
1/π^πであってますか?

406 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:48:46.85
>>403
訂正
1/(π^π(logπ/(π+1))

407 :132人目の素数さん:2014/05/26(月) 23:51:06.51
答えかっこよすぎワロタw
大学入試で出ないタイプかなー

408 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 01:10:32.44
>>405
400で略したところ。
f(x)=e^(xlog(π)) - e^(xlog(x)) なので f'(x)=log(π)π^x - (log(x)+1)x^x
よって、f'(π)=log(π)π^π-(log(π)+1)π^π=-π^π となります。

409 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 01:17:45.90
>>406
これはヒドイ

410 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 02:07:43.93
>>408
感動した
凄い綺麗になる問題だね

411 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 02:13:17.63
y=e^(xlog(π))
logy=xlog(π)
よってy=π^x=e^(xlog(π))

y=e^(xlog(x))
logy=xlogx
よってy=x^x=e^(xlog(x))
と思いきや

google電卓でグラフを描くと
y=x^x≠e^(xlog(x))
形が全然違う、何故なのか

412 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 02:13:56.66
自宴うぜえ

413 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 02:42:12.32
>>411
log は常用対数。自然対数は ln。あとは縦横軸合わせる。

414 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 02:58:53.71
n→∞のとき、数列の一般項の収束・発散を調べる問題が何に基づいて式を変形させていっているのかわかりません
コツなどあればご教授してもらえないでしょうか

415 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 03:15:21.72
1000問くらいやって全部暗記すれば

416 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 04:07:52.31
lim x→π (x^π^x-π^x^π)/(sin(x^π-π^x))は収束しますか?

417 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 04:14:31.84
(abc/d)^(1/1ーa)をbで偏微分するとどうなりますか?

418 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 04:17:26.09
感覚的にx^π^x-π^x^πはx^π-π^xでくくれそうだけど
さすがに無理かな

419 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 04:31:42.35
{(ac/d)^(1/(1ーa))}*{b^(a/(1-a))}/(1-a)

420 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 06:50:09.98
>>397 間違ってないけど不十分ってことかな
ベクトルAPとAQの内積を考えると4+0+0=√(4+p^2)√(4+q^2)*√3/2より√(4+p^2)√(4+q^2)=8/√3だから
三角形APQ=2/√3になる

421 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 07:08:31.69
>>404
ロピタルの定理そのものだが

422 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 09:53:25.57
>>409
えっ

423 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 10:59:54.00
>>421
ロピタルの定理にしても
f(x)=π^x-x^xと置く馬鹿はかなり珍種の類

424 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 11:07:12.19
>>423


425 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 11:13:26.58
>>423
おっ

426 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 11:42:01.04
>>414
問題による
いつでも同じ事をするわけではないので
問題を書いて質問せよ

427 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 12:15:02.71
>>421
sinのところはロピタルの定理を使ったらいけないね

428 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 12:15:29.88
log[2](4sin^2θ+3cosθ-4)
log[2](-2sin^2θ+3cosθ+1)
この二つの式がともに整数となるθの値を求めよ。「0≦θ<2π」

解き方じゃなく、何処の大学の問題か知りたいです。
問題元は東進の修了テストで、たぶんどこかの大学の入試から引っ張り出したものだと思ってます。
そうでない可能性藻ありますが、、、

もし、過去問なら何処の大学の問題か教えてほしいです。

429 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 12:17:20.37
いつ知りたいのですか?。今でしょう。

430 :428:2014/05/27(火) 12:19:58.10
うわ、「も」が「藻」になってしまった

431 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 12:42:11.03
>>428
このレベルの問題をどこかの大学入試からの出題と思い込める理由がわからない

432 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 12:44:50.97
俺も一億マソ稼ぎてー

433 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 15:02:46.17
一年女子大生の者です
16進法のAAAを10進法で表しなさい
答:2730
なのですがAっていくつなのですか?
全く意味がわかりません
数が決まっているものは普通に解けるのですが・・・
アルファベットが何を意味しているのかわかりません

434 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 15:07:06.64
ここロリコンしかいないから女子大生じゃ釣れないよ

435 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 15:11:53.40
おばさんでは
答える気にならんよな

436 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 15:43:02.53
>>433
教科書なら前の方に、授業なら先生が出題前に、からなず「A」の意味を説明しているはずだ

437 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 15:46:44.43
16進法なんもわかってないのになんで問題解こうとすんの?

438 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 15:48:29.26
>>433
16進法だから一桁に16個の数字がでる
10進法なら10個
2進法なら2個

439 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 15:49:31.50
エースってのは

440 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 15:49:51.91
>>397がバツっていうのは厳しくないか?一応間違っていはいないんだし。
問題文が「三角形APQの面積はpとqによらず一定であることを示し、その値を求めよ」とかならまだしも
この問題文だと397のように答えられても仕方ないんじゃないか?

441 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 16:05:44.11
間違いではないな

442 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 16:19:11.36
>>433
16進数の変換ができないとかさすがに頭悪すぎだろ
まず最初に二進数に変換しよう(笑)
二進数はわかるよね?(^-^)
A A A
↓ ↓ ↓
1010 1010 1010

これを10進数に変換しよう
2048+516+128+32+8+2
=2730

443 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 16:20:11.28
>>442
訂正
516→512

444 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 16:25:03.39
わざわざ遠回りする奴に言われたくはないだろうな

445 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 16:29:40.28
16進数わからない奴にはそうやって教えた方がいいのでは、とは思う
なぜ煽るのかはわからない

446 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 16:31:04.80
ネタかと思ったら天然の馬鹿か

447 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 16:34:04.54
質問に答えてもいない奴が偉そうにしていて滑稽
お前ら女子大生まんこを馬鹿にできるほど頭良くないだろ

448 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 16:44:57.10
いとこの女子高生からの質問です
16進法のAAAを10進法で表しなさい
よろしくお願いします

449 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 16:51:10.79
>>448
10*16^2+10^16+10=2730

450 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 16:58:27.70
>>442
おばさん相手だとやることがえげつないな

451 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 17:01:15.35
女子高生のおねえちゃんからの質問です
16進法のAAAを10進法で表しなさい
よろしくお願いします

452 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 17:10:55.80
女子小学生の妹からの質問です
16進法のAAAを10進法で表しなさい
よろしくお願いします

453 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 17:11:45.50
>>449
女子大生ですが、あなた足し算間違ってますよ(笑)
そんな人しかいないんですかこのスレは(笑)
ここで聞いた私がバカだった・・・

454 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 17:13:26.87
>>452
16進法では
0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,A,B,C,D,E,F
の16種類の数字を使う。
Aは10進法で言えば10の事。

16進法でのAAAは
10進法で言えば
10*16^2+10*16+10=2560+160+10=2730
となる。

455 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 17:13:27.24
おばさんが正しいけど、おばさん性格わるい

456 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 17:17:19.82
極限の問題で負の数に収束することってあるんですか?

457 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 17:17:54.77
x→-1のときのxとか

458 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 17:37:42.41
>>453
なりすましはだめです。水をはじきますか?
馬鹿なのは正しい。

459 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 19:29:59.92
6mmx6mmのヒノキ角棒(高さ15cm)があります。
これを削って多角形円柱で高さ15cmで内径で容積1.2Lを満たすには
6mm角棒は最低何本必要ですか?(底部は考えないこととします)

厚さ6mmの場合と厚さ4mmの場合を計算しなさい。

(6mm正方形角棒を2等辺にしていき、それを接着していくと多角形円柱ができるはずです)
厚さ6mm= 二等辺三角形は底部が6mmでh=3mm 厚さ4mm=h=2mmになります。

460 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 19:36:24.43
>>459
言ってることがさっぱりわからん。図をくれ

461 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:07:22.85
>>459
ヒノキの角棒でフルスイングして殴っても死にます

462 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:14:08.50
ヒノキ角棒は金属探知機にかかりません

463 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:26:05.39
n→∞のとき、一般項が次の式で表される数列の収束・発散を調べ、収束する場合はその極限値を求めよ

問1.(√2n+1)-2√n
問2.(√n^2+2n+3)-n

お願いします

464 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:33:42.26
>>463
問題が変な気もするが
どちらも分子の有理化

465 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:35:03.63
写し間違いに10ペリカ

466 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:39:17.52
写し間違いではないです
()をつけたのはルートの中身がここまでという意味なのですがそれ以外におかしいところがありますでしょうか?

467 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:41:05.37
とりあえず括弧のつけ方は変だ。
お前さんは(ab)^2のことを(ab^2)と書くのかい。

468 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:42:06.97
問1.√(2n+1)-2√n
問2.√(n^2+2n+3)-n

469 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:42:26.13
問1.√(2n+1)-2√n
問2.√(n^2+2n+3)-n
ってことなのか?

470 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:43:34.27
>>468,469
これでいいんですか
()をそのまま外して結局中身が分からなくなると思って・・・
すいませんでした

471 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:48:04.56
>>470
> ()をそのまま外して
そりゃ、そのまま外したらわからなくなるが、なぜそのまま外すと思うのかがわからん。

まあ、それはいいとして、いったい何がわからんのだ?
宿題は自分でやれよ。

472 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:49:33.34
>>470
()の優先順位、プログラムとかやんないとわからんかも

473 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:50:40.59
>>471
えw
ここって宿題の答えを聞く場所じゃないの?w
馬鹿かよお前w

474 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:51:44.81
問題、解けました
ここのバカどもに聞いたのが間違いだったみたいです

475 :463:2014/05/27(火) 20:52:40.78
まだ解けていません
ご教授願いたいです

476 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:53:02.34
気付くのが遅いぞカス

477 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:54:59.19
回答求めてマルチする奴より、わざわざ2ちゃんで解答者気取って気に入らないと
キレたりする奴のほうがわけわからんよな
だったらわざわざ来るなよっていう

478 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:55:27.50
>>473,474
自己紹介乙

479 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 20:56:11.12
教えることは学ぶことだよ
煽り合いはやめなはれ

480 :463:2014/05/27(火) 20:58:20.13
荒れてしまったみたいですいません
お前らバカは一生ここでオナニーと闘争を繰り返していればいいと思います

481 :463:2014/05/27(火) 20:59:39.75
最初の質問者は僕なんですけど・・・本当に荒れたみたいで申し訳ない
ここって傲慢な奴が多いんですね

482 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:02:15.77
数学できる人ってアスペみたいな気持ち悪い人しかいないんですけどなんでですか?
なんか浮世離れしてるってかなに考えてるかよくわからないような雰囲気でみていて気味が悪いです
しかも他の教科もからっきしで、数学だけできるのでやっぱり数学ってのは奇人変人しかできないんでしょうか?
そうであるならこんな無意味なアスペ教科を学校で学ばせる意味がわかりません
国は国民を全員アスペにしたいんですか?

483 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:04:02.84
>>481
成りすましやめろ
質問したのはあちし

484 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:04:03.49
>>482
すれちだって、何回言われれば分かるの
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/nissin/1285228112/

485 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:04:37.95
このスレ見ると文系の方が頭いいと思えてくる
でも文系を見るとやっぱり理系の方が優れていることがわかる

486 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:05:04.39
文系のが頭いいだろ
理系は専門分野以外は何もわからん

487 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:05:38.63
生計大学大勝利

488 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:11:16.24
あれはコネの大勝利だろ

489 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:12:43.82
第一次制憲は保守のスタッフを総動員したものらしーぞ

490 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:14:55.94
伽羅が通る額秀員

491 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:17:19.62
安倍なんて日の丸振ってるだけの売国奴じゃん
売国に有利になるなら喜んで日の丸を燃やすぞwww

492 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:20:00.15
お花畑よりまし

493 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:28:26.47
民主党は太極旗振ってたな

494 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:34:13.24
なるほど。高校数学の話題が続いているな。(薄笑

495 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 21:54:58.26
福一も文系の社長だろ

496 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 22:16:41.75
すみません、初歩的なことですが教えてください。
a+b+c=13
b=15-2a
c=a-2
a,b,cに入る整数の個数を求める問題なのですが、
この情報でどのようにして求めるのでしょうか?
解法みてもわかりませんでした・・お願いします。

497 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 22:20:25.48
解法を解説してやるから

その解法を一字一句間違えずに書き写すか
写してうpるか
どっちか選べ

498 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 22:23:28.87
問題を、ちゃんと写せ。
そのままでは、無限個ある。

499 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 22:24:20.63
>>496
b=15-2a
c=a-2
があれば一番上は自動的に成り立つのでこの二つの式とこれrは整数という条件を使って
(a,b,c)=(n,15-2n,n-2)
よって解は可算無限個

500 :132人目の素数さん:2014/05/27(火) 23:57:12.90
「自然数の個数」の間違いなんだろ?

501 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:06:15.64
>>496追記
問題原文
各位の数がそれぞれ異なる3桁の整数のうち、各位の数の和が13であり、
一の位の数と百の位の数とを入れ替えると入れ替える前の整数より198小さくなる
整数の数の個数として、正しいのはどれか。

ごめんなさい
よろしくお願いします。

502 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:09:08.89
問題原文もいいけど
参照したという解法は?
それ出してくれないことには何も言えないんだけどね
もしかすると全く同じような事いっちゃうかもしれないし
そうなると時間のムダだろ?

というわけで見たという解法をまず書いてくれ
写してうpでもいい

503 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:09:09.91
>>501
どうしてそういう事を隠してたの?悪質じゃん?

504 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:11:03.79
実際は解いてない(解けてない?)連中ばっか  m(~ω^;)m

505 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:13:23.69
見たという解法をまずうpるべきである
そうでなければまるで時間の無駄になることがあるかもしれない
労を厭わずに最初から解法の全てを書き写すかすべきだ
話はまずはそれからだ

506 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:16:15.66
こんくらい総当たりですぐ出るじゃん

507 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:19:51.70
いいから、499 を読んで、あとは、
「整数の個数」が「一桁の自然数の個数」の
間違いだったことを反省しろ。それで解決。

508 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:20:52.97
> 解法みてもわかりませんでした・・
とあるからにはその解法がどういうものだったのかが重要。
もしかすると万が一の可能性でその解法に誤植が含まれていて
だから分からなかったのかもしれない。

とすれば、真っ先にすべきことはその「解法」をここに出すことだ。
全部書き写してもいいし、写真で写してもいい。
そのどちらかをすべきで、ここは選択の余地がある。

で、どちらを選ぶのか?という話だ。

509 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:28:01.52
すみません、解法では
百の位の数をa,十の位の数をb,一の位の数をcとして
a+b+c=13・・・@
一の位の数と百の位の数を入れ替えると198より小さくなることから
100c+10b+a=100a+10b+c-198
99c=99a-198
c=a-2・・・A
Aを@に代入して
b=15-2a

ここで解説だと
b=15-2a c=a-2から
a=3,4,5,6,7 b=9,7,5,3,1 c=1,2,3,4,5
と答えを導きだしてます。

よろしくお願いします。

510 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:32:11.77
a,b,cは位取りの数だから1〜9のどれか
あとはb=15-2a c=a-2と1≦a,b,c≦9を満たすものを全部書き出すだけ
bとcはaで表せるからaを1,2,3...て適当にいれてけばいい

511 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:37:35.57
解法が出てきたな。
じゃあ次の段階だ。

その解法を読んで、一体どこが分からなかったのかという話になる
どこら辺が腑に落ちなかったのかがこちらには分からない、

それを説明してもらう必要がある

512 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:40:33.59
>>511
お前みたいなのがいるからスレが荒れるんだな。

513 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:42:11.56
>>511
言ってやるなよ・・・
本人は親切に答えているつもりだと思うんだ

514 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:44:00.80
>>512
本人が質問している方よりガキだよねw
浪人生が気取ってるのかなw

515 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:44:55.89
>>511
なんで正しいこと言ってるはずなのにこんなにうざく感じるんだろう

516 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:46:42.90
分かった
質問者には出し惜しみするなと命じる癖に自分は出し惜しみしまくりだからだ

517 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:46:53.40
カウンセラー気取りが、ね

518 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:47:11.26
idがないから答えてもらえなかった質問者がひねくれたレスをしているようにも見える

519 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:56:30.52
上の方にも解き方があるけれども、
その解法のどこでつまづいているのかが分からないと、
質問者の数学的な理解の度合いがこちらには窺い知ることができない

その理解度に合わせた解説をするためには
どのあたりで分からなくなっているのかをこちらが知る必要がある

でなければ、提示した解き方も理解できないかもしれない
その齟齬を無くすためにも、やはり、どこで分からなくなっているのかを説明してもらう必要がある

520 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:58:12.57
直角二等辺三角形の辺の長さの和が1のとき、とりうる面積の範囲はいくらか?

521 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 00:58:37.01
>チョコうめえ
まで読んだ

522 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 01:04:34.68
本の解法と自分の解法を書け、で終わりだろ
しかも実際は本の解法なんてなくてもとりあえずは自分の解法だけ書きゃいい話なのにわざわざ書かせてどうしようもない野郎だな

523 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 01:11:17.52
>>522
解答者が必要としている情報も人それぞれってことだろ
>>519氏がどの程度丁寧な解答をしてくれるのか期待したい

524 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 01:24:58.15
>>520
辺の長さをa,a,(√2)aとすると
a+a+(√2)a=(2+√2)a=1
a=1/(2+√2)で決まってしまうが

525 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 01:27:37.89
>>522
質問者は解法を見ているのだから
質問者が何が分からないのかわからない限り
これ以上やることないだろう。

つか、他の解法をどれだけ列挙しようとも
質問者が躓いている所が解消するとは限らない(きっと同じ所で躓く)

526 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 01:30:22.41
こんなところに来るやつはみんな回答者含めて馬鹿ばっかだからてきとーに答えておけばいいよ

527 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 01:32:03.06
だよね

528 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 06:44:41.52
>>496の文章を見る限り、自分では解いてない。
解いてないし分からないから解法を見た。
それでも分からないからここで聞いた。

自分の解法……というものは、おそらくは存在しない。
存在していたとすれば、それもやはり一緒に書くべきで、
また一つ書かねばならないことが増えた。

そして予想通りに自分の解放が無いのなら、
だからして次の段階である、その解法のどこが分からないのか、
というところをこちらに説明してくれねば、まるで話が進まない。

どういった分からなさがあの解法に潜んでいるのかは
質問者にしか感じることができない
そこまで察しろというのはあまりにも酷、
だからどこがどのように分からないのか、
最低限でも「どこが」という部分は、是非とも教えてほしい

なぜその部分が分からないのか自分でも分からない、
そして結果として解法全体が理解できないのだから、
そこを教えてくれねば話の進めようがない

529 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 08:32:42.34
>>496です。
すみません、わからなかった部分は>>509の下から5行目以降のところで、
a,b,cにどの順番でどの数字を入れるか、なぜこの2つの方程式から解説なしにa=3,4,5,6,7 b=9,7,....
と答えを導きだしているか理解できなかったです。
>>510さん
ありがとうございます。1≦a,b,c≦9とb,cをaで表すって思考がありませんでした。

ありがとうございました。回答者側の気遣いができず申し訳なかったです。

530 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 08:47:57.11
>>529
>>501の問題だと、「一の位と百の位を入れ替える」というところからaとcは1〜9の整数だけど、
bは0でもいいんじゃないか? 実際にb=0が解に出てくるかどうかは別だが。
a、b、cの設定の段階でいきなりb=0を除外するのはマズいと思う。

例題等、ちゃんと勉強してから問題にあたった方がいいよ。行き当たりばったりは結局遠回り。

531 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 08:58:36.29
ごめんなさい、さらに「正の整数」って部分も抜けてました・・。

各位の数がそれぞれ異なる3ケタの正の整数のうち、各位の数の和が13
であり、一の位の数と百の位の数とを入れ替えると入れ替える前の整数よ
り198小さくなる整数の個数として、正しいのはどれか。

でした。大変失礼しました・・

532 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 10:53:25.76
>>531
算数のほうが解きやすかった
入れ替えると198小さくなるので候補は、9*7, 8*6, 7*5
各位の数の和が13なので、715の1個

533 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 11:21:15.71
[1]
x^2 + 2xy + 2 y^2 -1 = 0 のグラフを描け。

楕円を回転させた図形、となるらしいのですが、どうしてそうなるのかが分かりません。

[2]
極座標表示 x = r cosθ、y = r sinθ としたときの 0 ≦ r ≦ sinθを満たす( x , y )全体を図示せよ。

手も足も出ません…

534 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 12:03:15.25
2 8 16 32・・・と並んでいる数列の一般項の求め方を教えて下さい。

535 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 12:12:47.35
>>532
なんでやねん

536 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 12:25:23.04
>>533
>>4 見て wolframalpha で確認せよ
最初の問題は与式が x,y に関して対称だから図形は直線 y=x に関して対称になるだろうと見当が付く
そこで原点中心に45°回転してみる
詳細は適当な参考書を見よ

537 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 12:31:53.34
>>535
*は任意の数字で?のほうがよかった。掛け算に見えたのだろうね。
198はだいたい200なので、百の位の数字は1の位の数字より2だけ大きい。
c=a-2ということと同じ。

538 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 12:32:28.62
>>537
そうじゃねえよ。6*4以下はどこ行っちゃったんだよ。

539 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 12:43:02.45
>>536
すまん y^2 の係数を見落としていた

540 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 12:47:09.21
>>533
楕円の主軸直交してる?
もっかい問題と回答見直してみて

もう一つはとりあえずrをsinθとしてみよう

541 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 12:47:28.00
>>534
a_n=2^(n+1) - 2*[1/x]

542 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 12:51:47.00
>>538
あれあれ、勘違いだった。7+5=12なのでこれまでと思ってしまった。
634, 553, 472, 391 がある。全部で5個ですね。

543 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 12:59:54.63
>>541
ごめんなさい
わかりません

544 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 13:02:50.41
>>534
問題あってる?

545 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 13:12:32.21
>>542
> 各位の数がそれぞれ異なる
553は除外。

546 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 13:14:10.30
>>544 数学B 数列の問題で
S=1*2 + 3*2^2 + 5*2^3 +・・・+(2n-1)*2^n (n=1,2,3,)から

S-2Sをして

S=2^(n+1) *(2n-1) - [1*2 + 2*2^2 + 2*2^3 +・・・+ 2*2^n ]
になりました

[ ]の一般項が 2{ 2^(n+1)-1 }-4
になるみたいですが、求め方がわかりません

547 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 13:17:08.21
>>533[1]
グラフを描くだけなら与式をyについて解けばいい
直線と半円のy座標を足した位置に点をプロットする
できた図形が楕円になることを示せといわれるとこの方針では困るが
ちゃんとやりたければ旧課程の標準問題精講に類題が出ているのでそれを見よ

548 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 13:33:54.29
>>546
1*2 はのけておく
残りは等比数列の和

549 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 13:45:43.65
>>540
おまえはアホなのか?

550 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 13:48:49.07
>>548
初項8 公比2 の和
8(1-2^n) / 1-2 より
8(2^n-1)

それに1項を足すと
8[2^(n-1)-1]+2
4*2^n -8+2
∴2{2(n+1)-3}

で合ってますか。

551 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 13:50:51.94
>>550
数列の問題はnに数値を順次代入すれば自分で検算できます

552 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 13:52:35.54
>>551
できてるみたいです
ありがとうございました。

553 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 14:48:33.42
>>540
楕円を一次変換すると短軸と長軸の像が直交すると限らないが、
軸の像が新たな楕円の軸になるというわけでもない。
新たな図形も楕円なのでその短軸・長軸は直交する。

554 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 14:59:47.03
何も分かってない最底辺の馬鹿(>>536>>540>>547)が回答していて
見苦しいことこの上ないな。

555 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 15:04:23.13
>>554
そういうレスするくらいなら洗練された解答を提示すればいいんじゃね?
それか黙って見ているか

556 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 15:11:25.00
>>555
そいつは相手しちゃダメ

557 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 15:12:54.25
馬鹿がドヤ顔で解答するスレwwwww

558 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 15:45:04.68
基本的な事もできないうちから
電卓を使うと計算がほとんどできなくなるようなもんだな
グラフを描画すればいいみたいな考えだと

>>536
>wolframalpha で確認せよ

計算する前から確認せよとか脳味噌沸きすぎ
こういう人は落ちこぼれる。

559 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 16:16:44.86
>>558
大した問題でもないんだし人に聞く前に自分で確認しろというつもりで書いただけ
“計算する前に”確認することを推奨しているわけではない
もっとも問題を見間違えたり他にもミスした俺が言っても説得力はないが

>>547 はこういうこと
y について解くと直線と楕円になるからここでは x について解いたものを図にした
直線上の点の x 座標に半円上の点の x 座標を足し引きして得られるのが
与式で表される図形上の点の x 座標になる
ttp://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org5089299.gif

560 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 16:56:14.59
>>533
(1/2+1/(2√5)))(x+(1/2+(√5)/2)y)^2+(1/2-1/(2√ 5))(x+(1/2-(√5)/2)y)^2=1

x^2 + 2xy + 2 y^2 -1 = 0

(1/2+√(5)/2)(1/2-√(5)/2)=-1 (直交)
1/2+1/(2√5) > 0 , 1/2-1/(2√ 5) > 0 (放物線、双曲線、二直線の否定)
1/2+1/(2√5) ≠ 1/2-1/(2√ 5) (正円の否定)

561 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 17:07:49.28
>>559
yについて解く必要ないのに
何バカやってんの?

562 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 17:30:05.14
>>559
>y について解くと直線と楕円になるからここでは x について解いたものを図にした
>直線上の点の x 座標に半円上の点の x 座標を足し引きして得られるのが
>与式で表される図形上の点の x 座標になる

そんなの二次方程式の解の公式を考えれば
自明過ぎるが、何のためにグラフを?アホ?

563 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 18:35:17.61
数学に向いてる人ってどんな人ですか?
小5の頃から塾に通ってましたが、同時に力の五千題などの参考書を買って
両親と勉強してました、公開模擬テストでは70以上でした。
今高1ですが、少し落ちて65くらいです。参考書やりまくれば80も可能でしょうか?

564 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 18:39:50.99
臭い話は巣でやれ

565 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 18:52:08.36
数学を極めたいという情熱が一番重要じゃないかな?

566 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 18:53:18.47
受験数学はパターン暗記の糞科目

567 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 19:02:11.52
受験数学はセンス、大学数学は忍耐と情熱、類まれなる向上心
これだろ

568 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 19:12:30.51
>>563
むしろ参考書無くても
教科書読んで問題集を解いていける人かな

569 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 19:16:00.95
私の学校の理系の人で数学が文系の私よりもできる人がいないんですけど、どういうことでしょうか?
文系よりも長く数学に時間を使っているはずなのになぜかと思って詳しく聞いてみたんですけど、なんと教師が同じ問題を何時間も考えることを勧めているらしいんです
意味不明じゃないですか?
そんなの無駄以外の何物でもありませんよね?
馬鹿がどんなに考えたってわからないものはわからないんですからとっとと解答をみてその解法を自分のものにするべきじゃないですか?
なのにこんな非効率的なことを教えているというのは驚きです
しかも、文系の私よりも点数は下で、本質的な内容もよくわかっていないようです
つまり、自分が本質もなにもわからない、解答丸暗記してるアホだってことを気づかずに瞑想(笑)なんてしてるわけですよ
本物の数学者なら瞑想するのもいいのかもしれないのですけど、凡人がそんなことしたって意味ないですよね?
でもそれに気づけない、気づかないのは理系が周りが全然みえていないナルシストだからじゃないでしょうか?
理系がナルシスト集団だと思うとなんか納得できてしまいました
生涯おだてられていいように使われるだけの道具、それが理系なんですね
私は文系選択していてよかったです

570 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 19:18:57.63
高校数学は全然できなくて無問題
あんなのは所詮公式と解法パターンの丸暗記競争だから
ルービックキューブと一緒でやり方知ってりゃ10秒で解法が組み上がる
大学行ったら数学や物理は勿論、化学だって高校数学なんか全く役に立たないよ
そうはいっても国公立の理系は少なくともセンター数学を受けないと入れない
国立、特に下位駅弁からは同レベルの理系単科私大等と比べて突出した才能が出ない一因でもある
俺も文系からの理系学部進学組みだけど高校で理系だった奴は暗記重視で本質を理解している奴はいなかった印象がある
何でも覚えようとしちゃうのね。理解しようとしないで
今でも私大なら理系学部で入試に数学を課してない所があるはず(理由は前述のとおり)
但し記述式の国語があるから地頭勝負になるけどね
数学や理科といった暗記科目で挽回の効く東大理系前期なんかよりある意味難関

571 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 19:29:05.67
数学の場合、受験偏差値が高いほど数学者として素質がある
逆に化学や物理の場合、それ以外のファクターもある

やっぱ数学は机上の理論だから受験数学得意な奴は大学入ってからも
伸びる、大学入っても青チャートは捨ててはいけない

572 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 19:36:16.95
>>569
自称進学校?

573 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 19:57:19.94
数学の受験偏差値が高い奴は数学者よりは暗記がものをいう分野に向いている
本物の数学は暗記では太刀打ちできないので指標にはならない
勘違いした人が転部転学科したのを何人も見てきた

574 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 19:57:48.59
嘘を教えないように

575 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 20:07:50.41
失敗をするのも大事な経験だと思う
最近は許されない風潮だが

576 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 20:08:25.33
大学数学は受験数学の延長だからな、だいたい論文は100ページ以上
数式ばかりだ、受験数学が早い人は、論文も早いだろ

577 :前スレ983:2014/05/28(水) 20:13:35.98
前スレ983です。
とんでもなくお礼が遅くなってしまいました。
前スレ>>991さんありがとうございました。

でもよく意味がわかりませんでした…。
せっかく教えていただいたのにすみません。

578 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 20:19:58.48
受検数学は時間制限もあるし暗記だけじゃ無理
発想力が無いと東大京大の問題は解けない

579 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 20:22:09.05
>>559
回答するなら、xyの項が消えるような回転を求める方法を書いたほうがよいと思うよ。

580 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 20:22:58.45
受検数学は時間制限もあるし発想(笑)だけじゃ無理
暗記力が無いと東大京大の問題は解けない

581 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 20:28:18.18
初見でも証明の糸口を見つけ出すのが東大京大の難問だからな
ある意味数学者としての登竜門みたいなもん

582 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 20:32:52.78
東大数学の問題ってレベル高すぎるよな、教授陣が優秀なんだろう

583 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 20:34:38.70
最近の京大は易化が酷いから東大だけだな
東大も他が酷いから仕方なく選んだだけだが

584 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 20:37:08.42
差が出るように作るんだろうから楽しんでるんだろうね。

585 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 20:37:11.32
東大数学は純粋文学といっていい、それくらい緻密で味わい深い

586 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 20:44:35.02
受験数学作製専門の数学の大学教授になりたい

587 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 21:02:43.13
教育学部だな

588 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 21:04:54.36
[ 1000000 / n ] - [ 1000000 / (n+1) ] = 1 となる正の整数nはいくつあるか。
但し、実数rに対してrを超えない最大の整数を[r]で表す。

500000、1000000は満たすなくらいしか思いつきませんでした。解き方の方針すら分かりません。

589 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 21:14:11.52
>>569
偏差値があまり高くない高校だとよくあることだが
文理ともに勉強しない人だらけなので
少し勉強すると理系なのに文系科目最強になったり
文系なのに理系科目最強になったりする。
数学にどれだけ授業時間を割いても
その時間真面目に勉強しているわけではないしな。
ハードな部活をやっている奴は
授業時間はほとんど夢の中だし
授業時間を長くしても無駄。

所詮は馬鹿高校だもの。

590 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 21:22:47.86
http://i.imgur.com/jggFhXQ.jpg
https://twitter.com/eternity110_a/status/471621502010290176
問題
http://i.imgur.com/2DsqmRS.jpg

591 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 21:38:05.08
賞金付きだからどんな難しい問題化と思ったら中学標準レベルじゃねえか
もっと難しい問題を持って来いよ

592 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 21:45:58.80
直角三角形の3辺の和が1のとき、その三角形の取りうる面積の範囲を求めよ

zを斜辺としても一般性を失わない
x^2+y^2=z^2
x+y+z=1

ここから何を消したらいいか分かりません

593 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:01:10.85
>>592
折角斜辺をzにしたんだからさ面積は xy/2 じゃん。
しかも、z=1-x-y なので x^2+y^2=(1-x-y)^2。
つまり、 x^2+y^2=(1-x-y)^2のとき xy/2の取りうる値を求めるわけだ。

594 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:02:22.74
だっせ

595 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:16:24.76
>>592
面積をAと記す。

最小面積≦A≦最大面積
いずれかの辺が0になると面積が0。
実際には0では三角形でなくなるので、

0<A≦最大の面積

最大の面積は二等辺直角三角形の場合(この証明必要?)。
x=y, z=x√2
x+x+x√2=1
x(2+√2)=1
よりxを求め、
A=x^2/2
でどうか。

596 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:24:29.21
30個の約数をもついちばん小さい自然数は720ですか?

597 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:27:00.26
ですね

598 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:27:32.18
ありがとうございます

599 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:27:43.39
>>596
720と求めた過程をそのまま検討すれば正しいか間違っているかは分るんじゃないの

600 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:28:45.37
F, G, H をそれぞれx,yの1次式として、F=0, G=0, H=0 が表す3本の直線(L_1, L_2, L_3とします)を考えます。
束の考え方で、例えば直線L_1とL_2の交点を通る直線が F+kG=0 と表されますが、
「L_1とL_2の交点、L_2とL_3の交点、L_3とL_1の交点」の3点を通る円の方程式を
F, G, Hを用いてうまく書くことはできないでしょうか。 

601 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:31:50.04
>>595
> 最大の面積は二等辺直角三角形の場合(この証明必要?)。
こういう問題の場合、当然証明が必要だろ。
マーク式で答えだけでいいのならそういうズルもアリだが。

602 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:39:18.61
有理化の逆ってなんて言いますか?
ぐぐったら無理化、逆有理化なんてのが
ありましたがソースが知恵袋なんで…

極限で出てくるあれです

603 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:42:47.41
x-y=1のとき
x^2-y^2の最小値はいくらか?

604 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:43:09.16
あれか

605 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:43:41.37
分母の有理化言うくらいだから分子の有理化か?
式変形でいいんじゃないのか

606 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 22:44:29.95
>>603
45

607 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 23:00:38.05
凄い疑問なんですが
成り立たない定義でも帰納法って成り立つんですか?

608 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 23:00:59.54
例えば、

609 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 23:03:27.22
凄い疑問だね

610 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 23:07:01.32
>>602
分子の有理化

611 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 23:07:46.23
>>605
分子の有理化、なるほど…
式変形といえばそうですけど
決まった言い方があるのかなと思いまして
ありがとうございます

612 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 23:10:01.81
いつものやつだって分母の有理化というしかないからな

613 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 23:12:46.68
ふつう分母の有理化しかしないから
有理化と言ったら分母の有理化だよね

あれは分子の有理化っていうのか考えたこともなかった
てか、あれで伝わるここの住民

614 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 23:30:19.93
任意の正なるεに対して,xについての次の2次方程式が異なる2つの実数解をもつとき,aの値の範囲を求めなさい。ただし,aは正の定数とする。

x^2-aεx+ε^2=0

615 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 23:34:24.70
>>603
ない

616 :132人目の素数さん:2014/05/28(水) 23:57:04.13
>>613
> ふつう分母の有理化しかしないから

経験値が足りないようだ。

> 有理化と言ったら分母の有理化だよね

いいえ。

617 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 00:36:34.69
次の二次式が完全平方になるように定数bの値を求めよ

bx^2-4bx+(8b^2-4b+1)

618 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 00:37:13.29
極限の意味がわかりません
x→0 x^2=0はxが0に近づくとき、x^2も0に近づくって意味らしいですけど、0.00000000...1にも近づいて行ってませんか?
あと近づけるってなんですか?
0の隣の数0.000....を代入するって意味だとすると、近づけるって言いませんよね?

619 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 00:37:58.79
>>614
a>2

620 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 00:45:01.16
>>618
> 極限の意味がわかりません
> x→0 x^2=0はxが0に近づくとき、x^2も0に近づくって意味らしいですけど、0.00000000...1にも近づいて行ってませんか?
残念ながら
0.00000000...1に現れる
...が有限個の0が続くことを表すのでない限り、
そのような数は存在しないのです。
従って、0.000...01が数ならば、0.000...009はその数よりも小さく、つまりxはどこまでもどこまでも小さくなれるのです。


> あと近づけるってなんですか?
> 0の隣の数0.000....を代入するって意味だとすると、近づけるって言いませんよね?

どんなに仕切りを設けても、それを超えて近づくということです。

621 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 00:59:52.09
>>618

「0.0000 0000 1 よりも0に近く?ならx=0.0000 09などをとってみればいい
0.0000 0000 0000 001 よりも0に近く?ならx=0.0000 00009などをとってみればいい
δ? なら関数εとして例えばε=ε(δ)=√δを示そう。0<x<εなるxは全て0<x^2<δを満たす

あなたが、0よりも大きい数である、どんなδを持ち込んできても
私はあなたのδを元にεを作って返答できる。そして0≦x<εの全てで0≦x^2<δを満たす
……ただしεより先にδを決めてもらわなくてはいけないがね」

大学以降で用いるε-δ(イプシロン=デルタ)と呼ばれるテクニックを物語風に書いてみた
高校では極限は正直ナアナアで済ませてる。文科省がそうしろだとさ。

622 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 01:37:10.42
εとδ逆

623 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 01:45:13.51
>>621
背伸びしすぎな落ちこぼれが回答とかwwwwwwww

624 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 01:54:58.23
なぜかεとδが普通とは逆の使われ方してるが言ってることは間違ってない
でも君のやり方だったらδ-ε論法だな

625 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 01:58:29.61
>>624
あ、ほんとだ逆だ

626 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 02:01:17.24
正直どうやったら間違えるか分からん

627 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 03:40:18.42
>>618
実数には「隣の数」なんて無い。
仮に0の「次の数」がaだとすると、
a/2が0とaの「間の数」になってaが「次の数」であることと矛盾する。

例えば「0以外で0に近い数を言った方の勝ち」というゲームをやったら
先ほどの隣の数が存在しない証明と同じ理屈で後手必勝だよな?
そのルールをちょっと変えて、
先手は言った数そのもので勝負するけれど、
後手は言った数xそのものではなくてx^2を0に近づけるというルールでも
やっぱり後手必勝。
そうやっていくらでも近づけることができることを厳密化したのが
621の言うεδ論法。

628 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 06:05:05.53
1対1新課程微分9番の三次関数の接線の本数の問題です
(a,b)を通りC:y=x^3+x に接する3本の直線が存在するa,bの条件を求めよ

x=tで接線の方程式を作ってx,yにa,bを代入、2t^3-3at^2+a+b=0
ここで、(a,b)を通るCの接線が3本ある⇔上の三次関数が異なる3実解をもつ

とあるのですが⇔の部分が指針を読んでも調べてもわかりません 
どうして⇔になるのですか?

629 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 08:10:05.48
>>628
> x=tで接線の方程式を作って

630 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 08:12:46.66
>>628
指針に何て書いてあるんだよ。それをここに書かないと答えられんだろが!

631 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 10:07:50.24
>>588
1172個ある。最小は721。数えるしかないようだ。

632 :◆2VB8wsVUoo :2014/05/29(木) 12:12:02.63


>論理性が欠如していようがなんだろうが、芳雄は『後世に語り継がれる秀逸な結果』を残しただろうが
>なのに何が科学者の敵だ
>芳雄は過程はどうであれ結果を残した、お前は科学者をなめるんじゃない
>お前は芳雄を妨害して芳雄の研究成果に悪い影響を与えている、お前こそ研究者の敵だろうが
>今からでもいいから素直になって芳雄に謝ってこい、それぐらいはできるだろうが
>

633 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 13:45:24.03
>>628
3次関数のグラフでは接点が異なれば接線も異なるから
これは相異なる2点で接すると仮定すれば不合理が生じることから示せる

634 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 15:16:07.96
>>633
なにそのアホな示し方。

635 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 15:35:46.88
三角関数がよくわかりません
90°以上の角やマイナスの角も使えるってことは内角の和が180°じゃない三角形も考えられるってことですか?
単位円なんて使って誤魔化してますけど、0°〜90°の間では三角比の定義と確かに同じにはなりますけど、単位円の定義がちゃんと三角比の一般化になってるなんて保証はどこにあるんでしょうか?

636 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 15:38:33.90
めんどくさそうな

637 :◆2VB8wsVUoo :2014/05/29(木) 15:39:07.75


>論理性が欠如していようがなんだろうが、芳雄は『後世に語り継がれる秀逸な結果』を残しただろうが
>なのに何が科学者の敵だ
>芳雄は過程はどうであれ結果を残した、お前は科学者をなめるんじゃない
>お前は芳雄を妨害して芳雄の研究成果に悪い影響を与えている、お前こそ研究者の敵だろうが
>今からでもいいから素直になって芳雄に謝ってこい、それぐらいはできるだろうが
>

638 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 15:42:01.75
>>629
y=x^3+xについて(t,t^3+t)での接線を求めて(a,b)代入です
端折ってすみません

>>630
2t^3-3at^2+a+b=0 はtについての方程式で、例えば実数解が2個あれば、
それらをx座標とする点において(a,b)を通る接線が2本引ける
2t^3-3at^2+a+b=0の異なる実数解の個数と(a,b)から曲線y=f(x)に引ける接線の本数は等しい

とありますが頭がこんがらがってよくわかりません
なぜtを求めているのでしょうか

639 :◆2VB8wsVUoo :2014/05/29(木) 15:46:14.43


>論理性が欠如していようがなんだろうが、芳雄は『後世に語り継がれる秀逸な結果』を残しただろうが
>なのに何が科学者の敵だ
>芳雄は過程はどうであれ結果を残した、お前は科学者をなめるんじゃない
>お前は芳雄を妨害して芳雄の研究成果に悪い影響を与えている、お前こそ研究者の敵だろうが
>今からでもいいから素直になって芳雄に謝ってこい、それぐらいはできるだろうが
>

640 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 15:48:30.31
>>635
いい練習問題だからやってみればいい

641 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 15:48:40.05
本当にそんなことが書いてあるなら捨てた方がいいな

642 :◆2VB8wsVUoo :2014/05/29(木) 15:50:19.98


>論理性が欠如していようがなんだろうが、芳雄は『後世に語り継がれる秀逸な結果』を残しただろうが
>なのに何が科学者の敵だ
>芳雄は過程はどうであれ結果を残した、お前は科学者をなめるんじゃない
>お前は芳雄を妨害して芳雄の研究成果に悪い影響を与えている、お前こそ研究者の敵だろうが
>今からでもいいから素直になって芳雄に謝ってこい、それぐらいはできるだろうが
>

643 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 16:00:43.99
>>638
t は接点の x 座標だろ
以下>>633に続く

644 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 16:01:19.07
>>638
三次関数の接線で点a,bを通るものが存在する条件
点a,bを通る直線で三次関数に接するものが存在する条件
は同値なんだけど
上の方が求めやすかった気がする

645 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 16:02:56.94
三次関数に接する()

646 :◆2VB8wsVUoo :2014/05/29(木) 17:29:20.66


>論理性が欠如していようがなんだろうが、芳雄は『後世に語り継がれる秀逸な結果』を残しただろうが
>なのに何が科学者の敵だ
>芳雄は過程はどうであれ結果を残した、お前は科学者をなめるんじゃない
>お前は芳雄を妨害して芳雄の研究成果に悪い影響を与えている、お前こそ研究者の敵だろうが
>今からでもいいから素直になって芳雄に謝ってこい、それぐらいはできるだろうが
>

647 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 18:32:21.81
>>644
どこがどう違うというのか?

648 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 19:07:31.99
>>647
求めるときの手順が違うってことじゃね?

649 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 19:15:28.84
数学できる人って結局解き方暗記してるだけですよね?
結構成績よくて数学は暗記じゃないと得意げに?言い張ってる人がいるんですけど、勉強法聞いても、公式を覚えるんじゃなくてちゃんと理解してから問題集を解くといった方法でした
でも問題集を使って数をこなすってのは結局暗記してるってことですよね?
だって暗記じゃないなら教科書の定義をちょっと読んだだけで出来るようになるはずじゃないですか?
結局は暗記してるだけなのに暗記じゃないという、暗記だと気づかないのはきっと暗記ばっかしてるせいで論理的に考えることができなくなってるからだと思うんです
数学は暗記じゃないってのはこれだけじゃなくてもいろんなところで聞きます
それで、数学ってのはある種の洗脳ではないかと思うんです
日常生活にはなんの役にも立たない無意味な知識を暗記させ、しかも本人にそれが特別なことだとでというように誤解させて、無意識のうちにひたすら暗記という単純作業を繰り返させることで思考力を無くさせてしまう
恐ろしい教科ですね

650 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 19:15:35.85
>>647
前者だと接点のx座標をパラメータとして動かす。
接するという条件はクリア済みだから、
定点を通る判定が必要だけど、それは定点の座標を代入するだけ。

後者だと直線の傾きをパラメータとして動かす。
そして、定点を通る条件はクリア済みだから、
接する判定が必要。
二次関数なら判別式で行けるけれど、三次関数の場合は…

651 :◆2VB8wsVUoo :2014/05/29(木) 19:19:15.57


>論理性が欠如していようがなんだろうが、芳雄は『後世に語り継がれる秀逸な結果』を残しただろうが
>なのに何が科学者の敵だ
>芳雄は過程はどうであれ結果を残した、お前は科学者をなめるんじゃない
>お前は芳雄を妨害して芳雄の研究成果に悪い影響を与えている、お前こそ研究者の敵だろうが
>今からでもいいから素直になって芳雄に謝ってこい、それぐらいはできるだろうが
>

652 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 20:07:33.31
>>649
暗記の必要がない学問なんてどこにもないよ。

653 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 20:13:15.98
>>635
一般化された三角関数とは
任意の実数に対して関数値が定義でき、特に0≦θ≦π/2なるθに対しては
直角三角形の辺の比で定まる原初の三角関数の値に一致している、ということ。
勿論三角関数に期待されるもろもろの性質はすべて満たしているように定義されている。

654 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 20:13:38.29
どの段階を暗記と言うか?
0.かけ算を知る
1.九九を覚える
2.筆算の仕方を知る
3.問題を多く解き素早く計算できるようになる

655 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 20:16:36.81
覚えなければいけないものはたくさんある
ただ英単語でもあるように文脈でわかるものがたくさんあるだけだ

656 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 20:27:24.54
>>649
暗記に関して言えば、数学のできる人が出来ない人と決定的に異なるのは、
暗記しなければならない概念を正確にかつ先入観(余分な思い込み)なく
暗記できることかもしれない。

657 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 21:05:23.18
すみまんせんが質問させてください

マグネチックシングルポールの存在が確認されたら
奇数完全数が存在する可能性が一気に上がるというのは本当ですか

658 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 21:19:27.19
次の二次式が完全平方になるように定数bの値を求めよ

bx^2-4bx+(8b^2-4b+1)

659 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 21:28:11.59
>>657
高校数学の問題ではありません

660 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 21:28:26.78
xy平面上に点P(cosθ、sinθ)があり、原点をOとする。線分OPをcosθ:sinθに内分する点をRとする。
点P(1,0)のとき点R(1,0)、点P(0,1)のとき点R(0,0)である。θが0≦θ≦π/2を満たしながら変化するとき点Rが動いて描く曲線をCとする。
このとき曲線Cとx軸によって囲まれた部分の面積を求めよ。

661 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 21:30:55.09
実際は解いてない(解けてない?)連中ばっか  m(~ω^;)m
実際は解いてない(解けてない?)連中ばっか  m(~ω^;)m
実際は解いてない(解けてない?)連中ばっか  m(~ω^;)m
実際は解いてない(解けてない?)連中ばっか  m(~ω^;)m
実際は解いてない(解けてない?)連中ばっか  m(~ω^;)m
実際は解いてない(解けてない?)連中ばっか  m(~ω^;)m
実際は解いてない(解けてない?)連中ばっか  m(~ω^;)m

662 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 22:12:35.67
a(n)をうまく定めてΣa(n)をn^a (a>0)にすることってできますか?

663 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 22:15:02.40
>>658
(2±√2)/4

664 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 22:19:55.78
>>662
a(k)=k^a-(k-1)^a k≧2
a(1)=1^a=1

665 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 22:23:29.23
>>664
ありがとうございます

666 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 22:27:31.96
>>665
S_n=Σ_[k=1,n]a_k とおけば a_n=S_n-S_(n-1) 

667 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 22:34:51.31
>>666
...!なるほど 感謝です

668 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 22:44:41.26
>>660
点Rを極座標を使って表し、S=∫[(r^2)/2]dθ の積分で面積を出す

グラフ
http://www.wolframalpha.com/input/?i=r+%3D+%28cos+theta+%2F+%28cos+theta%2B+sin+theta%29%29%2C+theta+%3D+0+to+%281%2F2%29+pi
積分結果
http://www.wolframalpha.com/input/?i=integrate+%28%28cos+t+%2F+%28cos+t+%2B+sin+t%29%29^2%29%2F2%2C+t%3D0+to+%281%2F2%29+pi

669 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 22:47:20.51
普通にお絵描きすれば10秒でわかるだろ

670 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 23:05:17.32
a(n)/{n^α-(n-1)^α}(n→∞)=1/αとなる数列a(n)ってどう求めればいいですか?

671 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 23:05:30.44
一辺が2で残りの2辺が整数の三角形は二等辺三角形以外有りえない事を示せ
正し、ベクトルを用いて証明せよ

672 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 23:11:38.75
>>671
ありえます、ポエマーさんお疲れさん

673 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 23:15:25.38
「〜せよ」止めはたいていポエムと言う法則

674 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 23:27:00.65
>>671
複素平面に-1,1,z=x+yi(x,y:実数, y>0)をとる
|z+1|=a,|z-1|=bが正の整数という条件から無限個の組が得られる

675 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 23:34:27.08
>>671
(2,2,2)正三角形

はい終了

676 :132人目の素数さん:2014/05/29(木) 23:39:46.40
>>675
アホ?

677 :◆2VB8wsVUoo :2014/05/29(木) 23:48:37.85


>論理性が欠如していようがなんだろうが、芳雄は『後世に語り継がれる秀逸な結果』を残しただろうが
>なのに何が科学者の敵だ
>芳雄は過程はどうであれ結果を残した、お前は科学者をなめるんじゃない
>お前は芳雄を妨害して芳雄の研究成果に悪い影響を与えている、お前こそ研究者の敵だろうが
>今からでもいいから素直になって芳雄に謝ってこい、それぐらいはできるだろうが
>

678 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 00:37:12.94
ここの板のバカどもって偉そうに講釈垂れるだけで実力がないよな

ネットでしか粋がれないの?

679 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 00:39:08.20
ここの人って悪口しか書けないんだねw
ネットでしか偉そうにできないんだw
質問に向かって答えないで罵倒するだけの人は荒らしと大差無い

680 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 00:43:16.12
(´・ω・`)

681 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 00:46:44.89
どうしたんだ...

682 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 00:53:34.16
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)

683 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 00:53:48.06
>>679
ちょっと待って欲しい
このスレの構成要件である1も満足に読まずに出題する人は批判を受けて当然だろう
罵倒の言葉は大凡理性的でなく人格を疑うが

684 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 00:54:16.42
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)

685 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 00:56:14.41
実際は解いてない(解けてない?)連中ばっか(´,,・ω・,,`)

686 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 01:00:53.36
とりあえず、(2,3,4)。
こんなことして、おもしろい?

687 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 01:04:17.68
徹底的に馬鹿にされた人というのは
見込みの無い人だらけなので
数学の勉強は打ち切って
受験も数学が無い所を受ければいい。

688 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 01:11:49.69
そういう考えは文化に対する挑戦じゃないか

689 :671:2014/05/30(金) 01:55:38.37
>>686
問題文見間違えたかもしれません、すいません
問題見てきます

690 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 06:58:35.81
>>671
三角不等式を満たしさえすれば任意の辺の長さで三角形が作れることから、
そんな整数問題はありえないって気づけよな。

691 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 07:29:24.80
F(f(x))=∫f(x)dxとするとき
F○F○F○....(f(x))=f(x)を満たすf(x)の条件を求めよ

692 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 07:55:59.17
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)

693 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 08:01:58.03
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`)

694 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 08:19:09.07
>>691
指数関数

695 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 08:30:12.94
>>671
有理点とか整数店しかとれない条件付け加えたらどうだろう

696 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 08:38:28.09
ここはエスパーしてポエムを改造するスレじゃないよ

697 :◆2VB8wsVUoo :2014/05/30(金) 11:59:36.91


>論理性が欠如していようがなんだろうが、芳雄は『後世に語り継がれる秀逸な結果』を残しただろうが
>なのに何が科学者の敵だ
>芳雄は過程はどうであれ結果を残した、お前は科学者をなめるんじゃない
>お前は芳雄を妨害して芳雄の研究成果に悪い影響を与えている、お前こそ研究者の敵だろうが
>今からでもいいから素直になって芳雄に謝ってこい、それぐらいはできるだろうが
>

698 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 18:50:29.80
がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)
がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)がうがう(´,,・ω・,,`) がうがう(´,,・ω・,,`)

699 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 19:51:08.56
>>600
aFG+bGH+cHF=0という方程式を考える。
これはL_1とL_2の交点、L_2とL_3の交点、L_3とL_1の交点を通る2次曲線を表す。
a,b,cを調節して、xyの項が死ぬようにかつx^2とy^2の係数が一致するようにすればよい。

700 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 20:36:07.75
cos^2x-4cosx+1=0 (0≦x<π)
この問題の解答が約1.2995と書いてあったのですが自分の答えと合いません
何度も見なおしたので見間違いはないと思います
どうすれば上の答えになるのでしょうか?

701 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 20:44:07.86
君の解答をまず書きたまえ

702 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 21:00:55.82
>>701
すみません自己解決しました

703 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 21:25:43.52
>>701-702
毎度の展開だな。

704 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 21:28:28.54
今日学校の授業で行列乗というのを先生が話していました
余談としてだったのですが、行列乗したらどんな数になるのでしょうか?
高校数学ではないかもしれないですが
おねがいしますm(_ _)m

705 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 21:47:21.36
マイナス×マイナスがプラスなのはなんでですか?

706 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 21:47:37.68
>>704
行列

707 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 23:05:51.34
低レベルな質問で申し訳ないんですが
例えば「y=(x-2a)^2-aで0<x<2のときの最大値最小値を求めよ」みたいな問題のグラフの書き方が分かりません
(0,4a^2-a)という座標になったとき、aがあるせいでy座標をどこに書けばいいのかサッパリです
なんとなくで書くしかないんですかね。

708 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 23:14:52.26
>>707
グラフを描く必要ないじゃん。
放物線の最大値や最小値は
軸の所か区間の端点のどちらかになるのだから
今回の場合は x = 2a, 0,2 を調べるだけ。

709 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 23:17:20.69
>>707
x^2の係数が正なので、頂点に近いほどyの値は小さい。
これを見やすくしたのがグラフ。yの値は相対的な大小がわかればいい。

710 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 23:21:55.98
>>708
グラフ書かないと減点対象なので・・・ありがとうございました!
>>709
ありがとうございました!なんとか頑張れそうです。

711 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 23:23:56.55
描いた方が良いとは思うが、減点対象とは馬鹿な話だな

712 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 23:27:55.49
>>704
行列の冪乗だろう。じゃなけりゃ、先生になにかあったのだろう。

713 :704:2014/05/30(金) 23:31:45.50
>>706
行列になるのですか…
いまいち実感がわきませんorz
>>712
eの右上にA(行列)と書いて説明してました

714 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 23:35:03.41
>>713
先生の話を聞いてやれ

715 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 23:45:42.72
>>713
行列の指数関数だろう。テイラー展開で定義できる。

716 :704:2014/05/30(金) 23:46:21.03
>>714
行列乗というものもあるということしか
言ってなかったのです
月曜日に効いてみようと思います
ありがとうございました!

717 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 23:46:39.43
>>713
xは実数のとき
e^x=1+x+1/2!*x^2+1/3!*x^3+....
って展開できる(マクローリン展開)
で、これと同じような感じで正方行列Aに対して
e^A=E+A+1/2!*A^2+1/3!*A^3...
と定義されてる

718 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 23:48:50.26
>>713
実数乗 e^x は
Σ_[k=0→∞](x^k)/(k!) と級数展開される。
この級数展開を使って行列Aに対し
Σ_[k=0,n](A^k)/(k!) の n→∞ としての収束が定義できるなら
その極限を e^A としよう、というのが行列乗。
この収束の定義は高校の域を超える。

719 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 23:50:03.90
俺の知識を披露したい

720 :132人目の素数さん:2014/05/30(金) 23:52:33.58
自演で知識披露か

721 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 00:14:06.38
披露する程の知識でもないのにね。簡単な初歩の初歩の話。

722 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 00:15:10.10
>>710
むしろ毎回グラフを描くから
何やってるのかいつまでたっても分からないままなんだろうな。
グラフとは全く無関係に最大値や最小値を考えられるようにすべき。

723 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 00:20:54.50
へー

724 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 00:29:36.86
ほー

725 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 00:31:03.30


726 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 00:33:25.11


727 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 00:33:38.33


728 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 00:35:13.08


729 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 00:44:48.95
2^(√2)てどうなるんですか?
2^(1/2)みたいに有理数ならわかりますけど、無理数乗ってどういう意味があるんでしょう?

730 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 00:51:26.02
>>729
一番直感的なのは2の有理数乗の極限
2^1.0、2^1.4、2^1.41、2^1.414、2^1.4142、2^1.41421、2^1.414213、2^1.4142135、2^1.41421356、・・・

731 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 00:56:34.12
>>729
次のように形式的に考えてみてもいい。

2^(√2)というものを一時的にxとおくと
 y:=log(x)=√2・log(2) ⇒ x=e^y=e^(√2・log(2))
となるはず。
e^(√2・log(2))はべき級数で定義できるから
 2^(√2):=e^(√2・log(2))
と定める

732 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 02:15:01.29
>>731
おまえはもう少し前提というものを考えないとな。
頭が悪すぎる。

733 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 02:47:36.51
でも実際、実数乗の定義もどっこいだよね。

734 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 05:23:55.29
ax^2+bx+b^2−b=0 (a≠0) の式が x=1 x=3を2解に持つとき aとb
の値を求めよという問題で
回答は a=-1/4 b=-1/2 になるようなのですが、xの値を代入してaとbの連立方程式を解いてみても、
(x-1)(x-3)=0を展開して問題の式にあてはめてみても解答が違ってしまいます
正しい解き方と、なぜ上の二つの解き方が違うのかを教えていただけるとありがたいです

735 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 05:35:35.16
a,bを元の式に代入すると
-1/4*x^2-1/2*x+1/4+1/2=0
x^2+2x+3=0
解答が間違ってる

736 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 05:49:06.30
代入して式変形したら(x-3)(x+1)=0になるね

737 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 05:56:13.93
ごめん間違えた なんでもない

738 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 08:11:50.73
>>734
2解が与えられているのだから解と係数の関係をつかう。
即ち、1+3=-b/a、 1+3=(b^2-b)/a から a、bを求める。

739 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 09:01:29.31
>>738
> 即ち、1+3=-b/a、 1+3=(b^2-b)/a から a、bを求める。
2番目の式は 1*3=・・・ 

740 :734:2014/05/31(土) 09:13:01.36
いろいろ試した結果、問題が間違ってるようです
x=-3だとうまくいきました
みなさんありがとうございました

741 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 09:27:26.01
>>740
こういうときは、「問題」が間違っているではなく「解答」が間違っているというべきだ。

742 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 09:29:06.61
>>741
どっちが誤植なのかわからんのじゃないか?

743 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 09:37:31.51
誤りの個数を比べれば

744 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 09:44:29.34
>>742
>ax^2+bx+b^2−b=0 (a≠0) の式が x=1 x=3を2解に持つとき aとb
>の値を求めよ
これに従ってx=1、3を代入すると、それぞれ
a+b^2=0、 9a+2b+b^2=0
が得られ、前式のa=-b^2からaを消去すると、-8b^2+2b=0が得られ、
これを解くとb=0、1/4。あとは、a≠0に注意してa=-b^2を使えば
b=0とするとa=0になるからb=0は不適で、答えはa=-1/16、b=1/4になる。
別に問題自体はおかしくない。

745 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 09:53:20.93
-3を3と間違えて組む方が起こり易いだろうという数学とはなんの関係もない指摘

746 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 09:58:31.06
>>744
それだと、誤植じゃなくて誤答を載せてることになるじゃんか。
誤植ではなく誤答であろうと考える根拠がよくわからない。
問題文の方に誤植があると考えた方がまだ説得力があるが、
実際のところはどちらであったのかは著者や出版社でなければ確定させようがないと思うよ。

747 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 10:06:09.76
>>746
問題集の問題を著者が一から全部解いて正しい解答を書いているとは思わない方がいいぞ。
著者からしたら、面倒臭いことだろうからな。
間違った問題も合わせてついでに解いていく方がいいな。

748 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 10:57:58.46
>>747
なんの話をしてるの?

749 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 12:26:30.68
黄チャートでも不思議な間違いがあった。
旧課程出た時には正しかった問題が
旧課程の改訂版を出した時に答えに無駄な事を付け加えて誤答になり以後何年も放置
新課程黄チャートになったら誤答が正しくなるように問題の方を変更しやがったwwwww
有名なチャートシリーズでもそういうアホな誤答というものがあるのだから
参考書でも気をつける事だね

750 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 12:34:49.84
>>748
沢山の問題が書かれた問題集のそれらの問題を片っ端から全部
正確に計算ミスをせずに解くことを行うには、時間、計算用紙、などなど多くが必要になり、
問題全部が正確に計算ミスせずに解答が書かれている可能性はかなり低い。
最低でも、1冊の問題集に問題は、100題以上は載っているだろ。
だから、基本的には、解答はあてにせず自分で問題を解く方がいい。
そして、解いた後は確認する。そうすれば解答は不要。
そういう姿勢が望ましいということ。

751 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 12:54:45.60
>>750
ただ、おまえの言ってることもアホだがな。
まるで一人の人が参考書の全てを書き
誰も校正してくれないとでも思ってるんじゃなかろうか。

752 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 13:02:02.53
>>751
問題載せるだけなら1人で出来るだろうね。本来解答は不要。
教科書の章末問題に答えなんか載ってないじゃん。それと同じこと。

753 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 13:31:52.73
>>750
誰がそんな話をしてんだよって指摘をされてるんだと思うぞ。

754 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 13:33:16.55
>>752
話をすり替えちゃだめだ。

755 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 13:46:22.30
>>753
>>754
>>744で書いたように、>>734
>ax^2+bx+b^2−b=0 (a≠0) の式が x=1 x=3を2解に持つとき aとb
>の値を求めよ
という問題文は解答と照らし合わせない限り誤植はなく、答えが求まる。
だから、解答ガン無視でそのまま解いちゃえって考えで、
こういうのも解答の間違いだか問題文の間違いだか知らんが、解いた方が学習姿勢としていい。
こういう類の間違いは、教科書の問題に解答が載っていないことと内容的面に変わりはない。

756 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 13:50:14.94
などと意味不明の供述をしており

757 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 13:50:59.83
>>755
で、誰がそんな話をしてんの?

758 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 13:52:47.25
頭の中で一人で会話をしてしまう人なのだろう。

759 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 13:55:22.24
P⇒Qの否定がP∧¬Qで、これを否定すると¬P∨Qとなるので、P⇒Q ⇔ ¬P∨Qであるので、Pが偽のときは常に命題全体が真になるらしいですが、よくわからなくなってしまいました

例えばx=1 ⇒ x^2=1の真偽を求める問題はx≠1の場合も考えてるんでしょうか?

760 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 13:58:43.01
>>757
>>740>>734が「問題が間違ってる」とか問題自体は解けるにもかかわらず
問題文がおかしいなどということを書いたから>>741を書いたまでで、
その後>>742-743から色々と話がズレた。

761 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:32:57.63
>>755
>問題全部が正確に計算ミスせずに解答が書かれている可能性はかなり低い。

この意味不明なアホ極まりない自説はどこへ?

762 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:33:53.19
>>760
>>741
>というべきだ。
が色々アホ臭い

763 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:39:41.50
>>759
P⇒Qは集合で言えば
{Pを満たす集合}⊂{Qを満たす集合}
という包含関係で、この包含関係が成り立っていれば
¬P∨Qは常に真ということ。
ベン図を描いてみればすぐ分かるだろう。
真というのは全空間を覆うことに対応する。
Pがはみ出していると、¬P∨Qでは全空間を覆えない。
P∧¬Qの部分が出てきてしまう。
逆に、¬P∨Qを満たす元が全空間を覆っている時は
{Pを満たす集合}⊂{Qを満たす集合}
という包含関係が成り立つ。

だから
x=1⇒x^2=1の真偽を求める問題ではx=1の場合だけ考えればいい。
{Pを満たす集合}⊂{Qを満たす集合}
を言えばいいだけだから。

764 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:40:34.41
>>761
フツーに考えてそうだと思うぞ。
計算ミスを完全になくせっていうことは難しいからな。

>>762
そういうのは、数学の基本姿勢だろ。

765 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:43:39.57
>>764
>>750
>沢山の問題が書かれた問題集のそれらの問題を片っ端から全部
>正確に計算ミスをせずに解くことを行うには、時間、計算用紙、などなど多くが必要になり、
>問題全部が正確に計算ミスせずに解答が書かれている可能性はかなり低い。
>最低でも、1冊の問題集に問題は、100題以上は載っているだろ。

例えば100題を10人で解いて互いにチェックした場合
計算ミスを完全に無くすのは難しいのかい?

766 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:43:51.27
>>760
「問題が間違っている」≠「問題が成立していない」だよ。
あんたは言葉遊びをして独りよがりをしているだけ。

767 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:45:30.70
問題文の誤植とみるのが妥当だろうなあ。
何が気に入らないのかわからない。

768 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:48:44.28
>>766
>正確に計算ミスをせずに解くことを行うには、時間、計算用紙、などなど多くが必要になり、

これなんか最底辺のアホしか思いつかない発想だと思うが
最近は長い計算は、pcでチェックする人も多いだろうし
計算用紙が多く必要になることもあんまないよな。
最底辺のおまえは計算用紙が多く必要になるのかもしれないが。

769 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:49:59.38
こいつはかなりのアホwwwwwww

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
750 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2014/05/31(土) 12:34:49.84
>>748
沢山の問題が書かれた問題集のそれらの問題を片っ端から全部
正確に計算ミスをせずに解くことを行うには、時間、計算用紙、などなど多くが必要になり、
問題全部が正確に計算ミスせずに解答が書かれている可能性はかなり低い。
最低でも、1冊の問題集に問題は、100題以上は載っているだろ。
だから、基本的には、解答はあてにせず自分で問題を解く方がいい。
そして、解いた後は確認する。そうすれば解答は不要。
そういう姿勢が望ましいということ。

770 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:50:13.24
アンカ、おかしくね? 専ブラ使えよ。

771 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:54:37.52
>>765
恐らく、難しいだろうな。
人間が確認することに変わりはなく、計算ミスの確認は
比較的単純な作業で何度も確認したりして色々と神経を使う。

>>766
問題文に国語的面での間違いは何もなく、問題自体は成立している。
普通の問題と変わらん。
問題文と解答は両方合ってないといけませんという方がおかしい。
問題が成立した時点で1つの問題は生じている。

772 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:55:29.33
>>763
>真というのは全空間を覆うことに対応する。

というのがわかりません
PかつQが真のときもPとQの共通部分は全体を覆うんでしょうか?

773 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:56:30.21
俺もわからん

774 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 14:57:50.46
>>771
「問題が間違い」ってのはそういう意味じゃないんだよ。
言葉遊びだと指摘してもまだそんなことを言うのかよ。

775 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:01:08.75
>>774
言葉遊びではない。
解答とは違って書かれた不正確な問題も解くというのが数オタだろ。

776 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:02:46.60
>>771
>人間が確認することに変わりはなく、

何故pcでやろうとしないんだ?

777 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:03:18.90
>>775
数オタなんて数学者にもなれない落ちこぼれの集まりじゃね?

778 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:05:19.86
わざと違う意味にとらえておいて言葉遊びではないとか言われてもなあ。
問題文に誤植があるのではないと言える根拠はいったいなんなんだ?

779 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:06:04.16
>>775
> 解答とは違って書かれた不正確な問題も解くというのが数オタだろ。
ちょっと何言ってるのかわからない。なんで数オタ限定なの?

780 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:06:31.52
>>772
PかつQが真ということは
考えている集合の元を任意に持ってきた時に
PもQも成り立つということだから
P∩Qが全空間を含まないといけない。
P∩Qの外に元がある場合
PかつQが成り立たないわけだから
その元はPかつQが成り立たない例(反例)になる。

781 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:06:39.59
また一人で頭の中で会話をしてるんじゃないか?

782 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:06:53.37
>>777
数学者の定義は?
昔の数学者は職業的数学者ではなく、貴族が支えたりしていてもはや数オタだぞ。

>>776
パソコンでそういう計算をすることに慣れていない。

783 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:07:47.78
>>782
>パソコンでそういう計算をすることに慣れていない。

それはおまえがアホなだけで
問題集を作る人が使えればいいだけじゃん?
何故、おまえが慣れていないかどうか関係あるの?

784 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:09:56.86
>>779
数学好きという表現の方が適切だったか。

785 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:11:30.19
試験の採点なんかでは最近
変わった答案に対しては
ちゃんとチェックする前に計算が合ってるかどうか
数式処理ソフトにやらせてみたりする事も
普通にあるし
>パソコンでそういう計算をすることに慣れていない。
↑こういう馬鹿はどこにも使えない

786 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:11:44.00
それはただのポエム愛好家だろ

787 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:12:43.82
>>783
そもそも、問題の計算確認にパソコンなんて使えるか?
パソコンで出来る計算には、限界があるだろうな。

788 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:14:33.11
また話を逸らしはじめたぞ

789 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:15:36.10
連続量をパソコンで扱うには、パソコンでするには限界があるな。

790 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:17:28.96
普通は、連続量は手計算だな。

791 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:30:28.35
>>780
なるほど!
集合のPかつQだけではただの集合を表すので、何が真か偽とかは何も言えませんもんね

全体集合Uとしてその部分集合A,P,Qがあったとき、PかつQが真であるというのは、Aの全ての元がPとQの共通部分に含まれているということ

P⇒Qの場合はP⊂Qが成り立っているということで、この場合はAが自動的にUだと考えられているので、A=Uの全ての元のうち、Pであるものは全てQであることを示している
だからそれと同値な¬P∨QもA=Uについて考えなければならなくて、¬PとQの和集合はA=Uにならなければならない

こんな感じですか?

792 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:31:22.19
>>787
計算ミスが無くせないっていうアホな主張に対して
計算のチェックにpcはとても有効と言ってるだけだが。
高校数学で扱われる計算程度なら
限界はほとんど関係無い。

使った事無いお前が想像だけで言うのはよくない。

793 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:36:15.88
>>759
本当に知りたいことは P⇒Qという命題の真偽を求める方法ではないようにも見えるので、ちょっと補足。

x=1 ⇒ x^2=1の真偽を考える時はもちろん、x≠1の場合も考えている。そしてその時、この命題は真だ。

ただし、 x≠1なら結論が何であっても真だから、
x=1 ⇒ x^2=1の真偽を判定せよ
という問題を解く時はx≠1の場合はどうでもいい。
>>763はこの説明をしてくれている。

794 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:39:41.87
>>791
何のためにAを持ち出したのかは知らないが
「Aの全ての元がPとQの共通部分に含まれている」は
A⊂(P∩Q)
つまり論理式ではA⇒(P∧Q)

単にP⇒Qと書かれている場合は、正確にはUにおいての話で
U⊂(¬P∪Q)
ここでUは全集合なので
U⊃(¬P∪Q)
でもあり
U=(¬P∪Q)
ということ。


ちなみに簡易的に条件Pと {条件Pを満たす集合}を同一視して書いてはいるが
細かい話をするときは区別しないといけないよ。

795 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:40:49.39
>>792
基本的には、パソコンの結果も信用しないというのが数学である。
パソコンが間違った答えを出した例がある。

796 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:41:39.47
詭弁のガイドライン

797 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:45:20.38
思考奔逸の具体例を見た気がした。

798 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:47:31.85
>>793
>x=1 ⇒ x^2=1の真偽を考える時はもちろん、x≠1の場合も考えている。そしてその時、この命題は真だ。

x≠1の場合は考えていない(あるいは考える必要が無い。)
x=1の場合だけ考えればいいのだから。

799 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:49:41.38
>>795
>パソコンが間違った答えを出した例がある。

ほとんど入力の間違いだろうな。
おまえみたいに使い慣れていない馬鹿がやるとよくある。
稀な例をどれだけ出しても、
数式処理ソフトが計算ミスの可能性をかなり低くしてくれることには変わりない。
おまえみたいな馬鹿が手計算でやるだけで解答書くなんて危険極まりない。

800 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:55:59.59
>>799
どうやら、数式処理ソフトのよって答えが異なって来たという、有名な例を知らないようだね。

801 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 15:58:32.87
>>800では
>数式処理ソフト「に」よって
ね。

802 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 16:02:19.57
>>800
おまえの頭にある有名な例ということは古い例ということだよな。
高校数学で使うような計算で答えが異なってくるとなると
すぐに修正されていくから、いつまでも気にすることでは無い。
少なくとも数式処理ソフトが計算ミスの可能性をかなり低くしてくれることには変わりないし
おまえに手計算でやらせるよりは遙かにミスの可能性は少ない。


おまえみたいな馬鹿はどんなに足掻いても馬鹿のままなんだな。

803 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 16:06:10.01
>>800
まだwindows95を使ってる人がいるなんて・・・・

804 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 17:51:49.17
重心であることを証明する時に、その点が三角形の二つの中線の交点→三角形の3つの中線(三角形の3つの中線は一交点で交わるより)→重心である
という証明の仕方で証明できてますでしょうか?

805 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 18:09:05.99
>>804
できてる。

806 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 19:14:46.93
{Pを満たす集合}が空集合なら
(空集合)={Pを満たす集合}⊂{Qを満たす集合}
は常に成り立つ

807 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 19:18:24.92
>>764
> >>762
> そういうのは、数学の基本姿勢だろ。
誤植、誤記であっても問題として成立しているなら受け入れる、なんて発想がとってもとんでも。

808 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 19:23:44.48
>>804-805

高校生が自作問題を世に問うスレ
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/math/1398450413/371

> 371 名前:132人目の素数さん[] 投稿日:2014/05/31(土) 18:08:51.55
> 重心であることを証明する時に、その点が三角形の二つの中線の交点→三角形の3つの中線(三角形の3つの中線は一交点で交わるより)→重心である
> という証明の仕方で証明できてますでしょうか?

> 372 名前:132人目の素数さん[] 投稿日:2014/05/31(土) 18:14:43.78
> できてない

マルチに齟齬回答、ネタのやりとりか

809 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 19:56:34.53
その質問したの自分ですけど、他のスレに書き込んだりしてないですよー
たぶん他の人が書き込んだのかと(目的はわからないですけど)
ところで、答えはどうなのでしょうか...?

810 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 20:00:27.29
死ね馬鹿

811 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 20:06:11.28
死にましたが何か?

812 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 21:57:00.76
極限が有限であるというのはある値に収束するということですか?

「極限が有限である」の意味、例を教えて下さい

813 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 22:00:15.63
あなたの教科書にはなんて書いてあるの

814 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 22:06:38.58
発散=極限は無限大
だから
極限は有限=収束
であってるのでは?

815 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 22:08:54.73
>>800
有名な例を知らないが、教えてください。検索してもなかなか出会えない。ペンティアムはCPUだし。

816 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 22:12:19.00
>>814
> 発散=極限は無限大
間違い

発散する=収束しない
だぞ

817 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 22:21:32.77
http://imgur.com/HdLWdJm.jpg
>814
>816

どっちも合ってると思うよ

818 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 22:24:14.78
「正の無限大に発散する」は
「発散する」に含まれてるといった方が正しい

819 :600:2014/05/31(土) 22:30:21.66
>>699
なるほど。ちょっと感動しました。ありがとうございます。

820 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 23:07:59.95
有限で発散する例
lim[x→0]sin(1/x)

821 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 23:12:48.67
(-1)^n

822 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 23:42:09.65
二項定理や微分をうまくやったらできるのらしいのですが、どなたか詳しく教えていたぢけないでしょうか?

823 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 23:44:14.89
それらをうまくやったら何ができるのか教えていたぢけないでしょうか?

824 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 23:53:30.48
0の0乗なら、隔離スレでやれ。
えんがちょ

825 :132人目の素数さん:2014/05/31(土) 23:58:15.12
エスパーすげえ

826 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 01:08:17.77
>>803
Windows95は使ってない。

>>807
それをトンデモと考えてたら、解答の載ってない参考書の問題なんて出来ないだろうな。

>>815
「6÷2(1+2)」の類の式は、ソフトによって答えが1になったり9になったりする。
プログラムが人の手で組まれる限り、パソコンでそういう答えを出すことは、人に計算やらせて答えを出すことと何ら変わりない。
>>802は、70年代から80年代以前はパソコンに計算をさせることが出来なかったということすら想像出来ない○○かも知れない。
昔はソロバンで手計算だ。

827 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 01:12:17.93
これはひどい

828 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 01:12:56.80
>>817
それは
「正の無限大に発散する」
であって
「発散する」
ではない

829 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 01:27:55.49
>>827
そもそも、問題というのは、人によって与えられて解くのではなく、自分で探して解くんだよ。
70年代から80年代以前はパソコンが現代のように普及していなかったことは確かだろ。

830 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 01:31:57.17
「6÷2(1+2)」を計算させようとすると、
機種によってはerrorという表示が出ることもある。

831 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 01:36:42.76
すごいねー

832 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 01:41:06.12
>>829
これはひどい

833 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 01:41:24.65
名前考えてあげた
「自分探しおじさん」、「6÷2(1+2)おじさん」、好きな方選んでいいいよ

834 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 01:47:56.63
>>832
昔のパソコンは大きい割に性能が現代程よくないから、民間には普及しにくい。
数学の問題の方については、>>829を否定したら終わりだな。

835 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 01:51:53.63
>>826
> >>807
> それをトンデモと考えてたら、解答の載ってない参考書の問題なんて出来ないだろうな。
過去の発言を正当化するとんでもな状況を持ち出してはいけません。
問題といわれているものとそれの解答といわれているものが明示されている状況で
何が起こっているかに対する判断力を話題にしているわけですから。

836 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 01:55:20.44
昔は、駅のキップ切りも手作業で現代のように機械仕掛けで手動化されてなかったろ。
今でも無人駅とか機械仕掛けになってないところはあるのだが。
そういうことと、原理的には変わりない。
小型化されて性能がよくなったから可能になったようなことだ。

837 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 02:01:42.18
>>835
そういうときは、答えに至る理屈が合っていればよい訳で、
答えが書かれていようがどうだろうが自分で解く。
答えなんかより、理屈の方が大事だ。
問題の細かい数値の間違い探しの方が難しいと思うぞ。

838 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 02:05:08.33
なんにせよ問題と解答がズレてる参考書は欠陥品

839 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 02:05:56.74
何やってんだと思ってたがやっとわかった
>>734から端を発し、「問題か回答かあるいは両方に誤りがあるように見える問題」に対し
どう考えるかでアホな論争してるのか

[1]回答を信用せず自ら解き確かめるという姿勢は重要だし
[2]特に過去の式解釈プログラムはそれぞれ挙動が異なっているし
[3]式6÷2(1+2)はプログラムどころか一般人だって解釈が異なりまくってる有り様だが

>>734に挙げられた問題の原典が「問題は誤っていないと断ずる要素」は、どこにもないし
[1]〜[3]は「問題は誤っていないと断ずる」説得そのものにも補強にもなってない

840 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 02:12:50.20
問題に間違いがあるとしたら、起こり易い間違いとして符号ミス以外に
「3」と「8」、「1」と「7」の誤植もあり得るだろうな。
目が悪い人だと、互いに見間違えを起こし易い形をしている。

841 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 02:14:43.38
>>837
これはひどい。

842 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 02:17:05.72
>>841
数学ではごくごく当たり前のこと。

843 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 02:18:45.84
根拠もなしに結論づけるのは数学では一番やってはいけないことです

844 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 02:22:44.77
>>839
そもそも、「問題は誤っていないと断ずる」説得は不要。
解答なきゃ解けないっていう姿勢じゃ、現実の数理問題は相手に出来ない。
現実の問題は、答えなんかなくどこからともなく生じる。
式6÷2(1+2)は、一般人の解釈が異なっている結果がプログラムに反映されている。

845 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 02:25:41.41
やっぱり6÷2(1+2)おじさんにしよう

846 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 02:33:09.68
>>842
これはひどい

847 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 02:47:44.98
>>826
「6÷2(1+2)」の類なんてのは処理ソフトの問題ではなく、入力する側の問題でしかない。
ソフトによって結果が違うのではなく、使う奴がバカすぎなだけ。

848 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 03:07:25.59
>>847
例えば、WolframAlphaだと、「6÷2(1+2)」は
6/2(1+2)=(6/2)(1+2)=9
という解釈をするそうだ。
どこまで信憑性があるかは知らんがな。

849 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 03:14:22.35
天然パーマ男死ね。バケモン。気色悪すぎ。天然パーマ男死ね。バケモン。気色悪すぎ。
天然パーマ男死ね。バケモン。気色悪すぎ。天然パーマ男死ね。バケモン。気色悪すぎ。
天然パーマ男死ね。バケモン。気色悪すぎ。天然パーマ男死ね。バケモン。気色悪すぎ。
天然パーマ男死ね。バケモン。気色悪すぎ。天然パーマ男死ね。バケモン。気色悪すぎ。
天然パーマ男死ね。バケモン。気色悪すぎ。天然パーマ男死ね。バケモン。気色悪すぎ。
天然パーマ男死ね。バケモン。気色悪すぎ。天然パーマ男死ね。バケモン。気色悪すぎ。

850 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 03:16:12.06
括弧の中の演算を処理し終わった時点で加減算記号に挟まれた乗算除算だけからなる項は
先頭の乗算除算記号から順に処理していく。
当該問題に関しては、乗算記号の省略規則による省略を排して書けば
6÷2×(1+2)=6÷2×3
得られた乗算除算だけが現れる演算項の演算結果は
6÷2×3=3×3=9

851 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 03:57:29.85
>>844(=>>741を前提として言うと)

出題者にどんなミスが起きていたかの類推が話題の中心だったところへ
コンテキスト変更の説明を全くせずに突然学習者の姿勢問題へ切り替えた
お前が悪い

「出題者の意図はともかく、学習者の姿勢としては〜」など
話題変更の断り書きは省略できなかったのに省略した
お前の勝手な省略でスレがやばい。宇宙ヤバイ

さて早朝散歩にでも行くか

852 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 07:24:21.95
6÷2(1+2)の話はウソだろう
構文解析の段階で間違うことはむしろ起こりにくい

853 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 07:36:21.78
そもそもそんなのは入力ミスと変わらんわ。

854 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 07:42:39.10
6÷2(1+2)を議論するのがアホらしい

855 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 08:22:15.54
>>822
http://i.imgur.com/pXZ6hW5.jpg
画像忘れてました。

856 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 08:47:40.00
>>855
(x+1)^n=ΣnCk*x^k+nC0*x^0
両辺微分
n(x+1)^[n-1]=Σk*nCk*x^[k-1]
x=1代入してn*2^[n-1]=Σk*nCk

857 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 09:38:13.34
>>848
数式の意味が一意になるように括弧を沢山使えというのは
こういう掲示板でも散々言われていることだが
それをできないのは馬鹿としか言いようがないし
それによってどのような結果になろうと、入力者が馬鹿なのが悪いとしか言えない

858 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 09:46:11.14
平行四辺形があるとき、その中心を通る直線は平行四辺形の面積を二等分しますが、
逆に平行四辺形の面積を二等分する直線は中心を通るということはいえますか。

859 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 09:46:27.67
>>857
WolframAlphaでは「6/2(1+2)」と入力すると
6/2(1+2)=(6/2)(1+2)=9
という解釈をする。日本では
6/2(1+2)=6/(2(1+2))=1
が一般的だがな。

860 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 09:52:38.96
>>859
そのように動作する日本の数式処理ソフトの名前は?

861 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 09:54:46.00
>>858
言える。
中心を通らず面積を二等分する直線があっとすると、
その直線と平行四辺形の辺との交点のどちらか1つと中心を結ぶ直線も面積を二等分することになり、明らかに矛盾する。

862 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 10:02:08.58
>>860
日本では「6/2(1+2)」と書いたらジョーシキ的には
6/2(1+2)=6/(2(1+2))=1
という解釈になるから、大抵の日本製ソフトはそのように動作する。
同じ「a÷bc」の計算でも、「a÷bc=a/bc」と表記する世代もいれば、「a÷bc=a/(bc)」と表記する世代もいる。

863 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 10:12:05.39
>>858
中心を通らずに面積を二等分する直線があったとすると、
それを平行移動して中心を通るようにしても面積を二等分することになるから矛盾。

864 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 10:31:04.85
>>862
> 日本では「6/2(1+2)」と書いたらジョーシキ的には
> 6/2(1+2)=6/(2(1+2))=1

これは嘘
6÷2(1+2)=1
なのはそうだがこれは÷に対する積記号が×だから2(1+2)が単項式に決まるだけ。
/の場合は*と省略と両方あるから記号の体系によって2通りの解釈
6/2(1+2)=6/(2(1+2))=1
6/2(1+2)=(6/2)(1+2)=9
があり得る。
÷と/を全く同じ記号だと思っている人は間違う。

>同じ「a÷bc」の計算でも、「a÷bc=a/bc」と表記する世代もいれば、「a÷bc=a/(bc)」と表記する世代もいる。

そもそも日本では分数の割線は横棒で/ではないから
世代の問題ではない。
インライン表記の場合に数式の意味を一意に確定できるかどうか能力の問題
最低限の常識を持つ人達は6/(2(1+2))や(6/2)(1+2)で確定させるが
どうしようもない馬鹿、何にも使えない最底辺の馬鹿は6/2(1+2)を愛用するってだけの話

865 :861:2014/06/01(日) 11:00:14.00
>>863
そっちのほうがええわ。

866 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:23:50.66
>>863
>最低限の常識を持つ人達は6/(2(1+2))や(6/2)(1+2)で確定させるが
>どうしようもない馬鹿、何にも使えない最底辺の馬鹿は6/2(1+2)を愛用する
「6/2(1+2)=6/(2(1+2))」の意味で「6/2(1+2)」とそのまま書いている本なんてゴマンとある。

867 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:26:33.98
>>866
具体的に教えてもらえる?
本なら、
  6
───
2(1+2)
とかって書かれてるんでないの?

868 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:37:40.89
>>864
>/の場合は*と省略と両方あるから記号の体系によって2通りの解釈
>6/2(1+2)=6/(2(1+2))=1
>6/2(1+2)=(6/2)(1+2)=9
>があり得る。
アンケートでも取ってみるんだな。
視覚的要素から判断する限り、普通に判断すれば「6/2(1+2)」の解釈は
6/2(1+2)=6/(2(1+2))=1
になる。
ちなみに、細かく考えたら
>6÷2(1+2)=1
>なのはそう
もウソ。
「6÷(2(1+2))」の意味か「(6÷2)(1+2)」の意味か括弧を用いて確定させるのが正解。

869 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:43:11.46
>>867
全然。解析の本だと、大文字横1行で「−」を使わずに
1+1/2(x+1)+…
のような書き方をしていることがある。

870 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:43:26.29
そんなアホらしい議論は今すぐやめろカスども

871 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:44:25.43
ageちゃった。

872 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:44:26.95
>>868
> 視覚的要素から判断する限り、普通に判断すれば「6/2(1+2)」の解釈は
> 6/2(1+2)=6/(2(1+2))=1

馬鹿なおまえが判断することに意味は無いだろう。

6
--------
2(1+2)
とあるなら視覚的要素というものが意味を成すが
6/2(1+2)であればそんなアホ的要素は意味が無い。

>ちなみに、細かく考えたら

÷に対して×を使わない記号体系なんてどこで習ったんだい?

873 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:47:09.21
>>868
>「6÷(2(1+2))」の意味か「(6÷2)(1+2)」の意味か括弧を用いて確定させるのが正解。

正解と言ったということは
こういった違いは数式処理ソフトのせいではなく
入力する奴の能力の問題であることを認めたわけね。
数式処理ソフトを使う事で計算ミスが起きる可能性が
確実に下がるということを認めたわけだ。

874 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:48:48.11
>>872
バカはそっちだと思うぞ。
||…||/|…|=…
(分母はノルム)のような書き方の数式を見たことないのか?

875 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:51:58.17
凄まじくあさっての方向に進んでるなw
思考本逸するやつに合わせてどうすんだよ。

876 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:53:10.31
>>874の「分母はノルム」の「分母」は「分子」の間違い。

877 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:55:08.19
>>874
||…||/|…|は分母も分子もノルムや絶対値が範囲を確定しているが
それがどうかしたのか?アホか?

878 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:57:24.02
>>874
思いっきり背伸びして大学の教科書を引っ張ってきただけなの?
どこまで頭悪いの?logおじさんだよね?
馬鹿は何やっても馬鹿だということだよね?

879 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 11:59:39.19
↓マジでサルみたいに無能wwwwwwwwwwwwww

>>787 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2014/05/31(土) 15:12:43.82
>>783
そもそも、問題の計算確認にパソコンなんて使えるか?
パソコンで出来る計算には、限界があるだろうな。

880 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:01:28.23
嵐のなかで質問させていただきますm(_ _)m
∫tan^n(x)dxを一般的に表す公式は存在するでしょうか?
漸化式が使おうと思うのですが
うまくいかずに困っています

881 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:01:28.90
||...||/|...|=|(|....| × |/| × ....)|

882 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:02:58.04
>>877
原理的には一見ノルムの記号に見える||…||を
||…||=|…|
という扱いにすることも出来る。

>>878
やはり、高校以下の教師ってバカだねw

883 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:13:25.14
>>880
nが偶数の時
∫tan(x)^ndx = x + Σ[k=1ton/2] (-1)^k {1/(2k-1)}tan(x)^(2k-1)

nが奇数の時
∫tan(x)^ndx = -(1/2)log(1+tan(x)^2) - Σ[k=1to(n-1)/2] (-1)^k {1/(2k)}tan(x)^(2k)

884 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:14:55.29
>>882
>原理的には一見ノルムの記号に見える||…||を
>||…||=|…|
>という扱いにすることも出来る。

ダカラナニー?
数式処理ソフトへの入力方法とどう関係させたいの?馬鹿なの?
その扱いと今回の話は全く無関係だよな?
話を逸らさないとどうにもならないということなのかい?

885 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:21:51.36
logおじさんって能無しユトリ向けの松坂本を一生懸命薦めてる人だっけ?

886 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:22:13.56
>>861 ありがとうございます

887 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:23:42.53
>>884
数学が出来る人にパソコンの出力結果をそのまま信用するか?
って尋ねてごらん。
大抵の人は、コンピュータは研究の補助用具に過ぎないと答えるであろう。
帰納的な推測をして予想を立てるための補助用具だって答えるであろう。
数学を応用する人なら、回答も少し変わって来るであろう。

888 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:25:15.24
>>885
松坂本は読んだことがない。

889 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:27:03.74
>>887
話ズレ過ぎwアホw

890 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:30:02.11
>>887
>数学が出来る人にパソコンの出力結果をそのまま信用するか?


この2つは全く別の話ということをまず理解しないと。


>大抵の人は、コンピュータは研究の補助用具に過ぎないと答えるであろう。


単純な計算の結果を信用することと
それを研究にどう生かすかは全く別の問題だということが
どうしてわからないの?
電卓の結果がどんなに正しくても
電卓叩くことが研究になるわけではないからな。

なんでおまえはそんなに馬鹿なの?
頭の悪さが異常すぎね?

891 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:31:12.84
>>889
パソコンの結果の信憑性も話になっているから、>>887はさほどズレていない。

892 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:32:53.43
>>891
> パソコンの結果の信憑性も話になっている
それがもうズレてんだよ。ちょっとずつずらしていけばどんだけズレてもOKなのかよw
まさに思考本逸。

893 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:33:34.69
>>855
図々しいのですが、紙に書いて教えてくれる方おられないでしょうか?

すみません。

894 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:35:10.80
>>890
崩れかい?

895 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:36:06.38
>>891
パソコンの結果に信憑性が無いなんて実例は今の所全く無いよな。

>>868にもあるとおり
「括弧を用いて確定させるのが正解。」

確定させない、入力方法が悪いから結果が揺らぐという
パソコンの能力ではなく、使う人間の馬鹿さの話しか出ていないよな。
そろそろパソコンの結果に信憑性が無いなんて実例を出したら?

896 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:36:13.02
aの多項式 1/2a と書くと(1/2)aの意味であり
aの式 1/2a なら 1/(2a)の意味であり
数式 1/2・3 なら1/6 の意味であり
aの多項式 1/2a の a に3 を代入した1/2・3 は3/2 の 意味になる。  
OK?アホの皆さん

897 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:37:35.80
俺も小さい頃、バス停を毎日数センチずつ動かして自分の家に近づけようとしたことがある。

898 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:39:13.39
>>893
何をする問題かよく分からない

899 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:39:58.94
>>892
数式処理ソフトや電卓は使用しないという立場なんでね。
基本的に、ソフトや電卓を使うという発想がこっちにはない。

900 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:41:25.45
>>899
発想が無いのではなく
頭が悪すぎてうまく使えないだけだよね

901 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:44:32.03
高校数学で出てくるような計算は
パソコンでのチェックで問題無いという話だったよな
それが何故か研究に使えるかどうかとか
話をズラしまくってなんとしてでも誤魔化さないと

数式処理ソフトや電卓もロクに使いこなせない
最底辺の馬鹿な自分を直視できないって感じかな

902 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:45:28.04
>>900
使う必要性がない。
ソフトに頼らないと計算が出来ません><っていう方がおかしい。
計算位手でしろよ。

903 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:48:07.41
誰もそんなこと言ってないよ

904 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:48:57.61
>>902
>ソフトに頼らないと計算が出来ません><っていう方がおかしい。
>計算位手でしろよ。
ほら、また勝手に話逸らして勝手に決めつけてる
自覚ないのか?

905 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:49:11.72
>>902
計算ミスを減らすのに有効という話だし
ソフトに頼らないと計算が出来ませんという話ではないが?

どうしてそう話をズラすんだろう?悪質過ぎる
数学ができる人達だって計算ミスはよくある

算盤の達人のような人は四則演算は得意だが数学は不向き
逆に言えば、数学が得意な人はそんなに四則演算も得意とかないしな

906 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:53:03.96
>>904
>>905
昔はパソコンで検算など出来なかった。
そういう時代のことを思えば、パソコンなど使わずに計算出来る筈。

907 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 12:57:36.88
>>906
昔はパソコンで検算など出来なかったが
とても高い精度の検算を素早く行えていたというのなら
使わなくてもいいという話になるがそうではないしな。

個人の能力がどんなに高かろうと時間がかかるのだし
実際はパソコンでの検算に正確さや時間の短さで遠く及ばない。
どんなに昔はできたといっても無駄に時間がかかり
人件費がかかっていた昔の事情を無視して何を主張したいのか謎過ぎる。

908 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:03:08.27
>>883
ありがとうございます
がんばって導出してみます!

909 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:06:17.63
>>907
そもそも、少子化の現代、問題集を発行する必要はないんじゃないか。
昔の問題集で十分間に合うだろ。

910 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:06:44.01
>>893
とりあえず(1)は等式が成り立つことを証明する問題として説明するね
左辺、右辺それぞれ(1+x)^nからスタートする
左辺はそのままxで微分したあとx=1を代入
右辺は(1+x)^nを展開(ここで二項定理を使う)したあとxで微分
(定数項が消える点に注意)
和記号の形に直したあとx=1を代入

911 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:09:52.46
>>909
またさらに話を逸らそうとするwwww
答えに詰まると話を逸らそうとする
わかりやすいなおまえwwwww
そういう逸らし方は、自分が馬鹿過ぎましたと言ってるようなもんだぜ?

912 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:16:21.49
>>911
>>909は否定しようのない事実だが。
問題集は、学校や予備校で使いまわしていくようにすれば殆ど問題はない。
問題が生じるとすれば、高校卒業の3月と予備校はじめの4月の間だが、
その期間は、必要なら卒業した高校にお願いして問題集を借りるようにすれば問題はない。
予備校が終わった2、3月は受験シーズンなので借りるようにすればいい。

913 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:18:00.52
>>912
事実かどうかは関係ないよ、話をそらせてるってこととは。

914 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:19:30.37
マジキチ

915 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:21:30.57
>>912
否定しようのない事実を出すことで
自分の吐いてきた嘘や誤りを棚に上げようってことだろう?

↓このアホ極まりない主張はどこに言ったの?

906 名前:132人目の素数さん[sage] 投稿日:2014/06/01(日) 12:53:03.96
>>904
>>905
昔はパソコンで検算など出来なかった。
そういう時代のことを思えば、パソコンなど使わずに計算出来る筈。

916 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:21:47.75
>>913
話そらす云々関係なく、>>912の案はどうだ?
問題集は、受験が終わって使い終わったら、大抵の人が捨てると思うぞ。

917 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:23:33.88
思いっきり資源リサイクルの話に逸らしてるじゃん

918 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:23:34.90
>>916
そもそも何のための案なの?
出版業界を全力で潰したいということなの?

919 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:26:33.11
今時、パソコンもロクに使えない馬鹿なおっさん…

920 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:30:09.97
>>918
フランスでは、使い古した教科書を再度大事に使っているようだ。
日本と大違いだろ。

921 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:32:34.25
>>919
パソコンより手計算の方が速い。
パソコン使うまでもない。

922 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:32:44.51
>>920
何を目的とした案なのか不明なままでは
大違いかどうかなんて関係無い。

外国に合わせればいいというものではないしな。アホか。

923 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:33:48.77
>>921
手から衝撃波が出そうな速さで
手が動くんだろうな(棒)

924 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:36:19.28
>>922
紙とかを以前のように大量生産大量消費してたら、地球温暖化に影響するぞ。
もはや、そういう時代ではなくなりつつある。

925 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:37:56.37
>>924
今度は、地球温暖化に話を逸らしたいわけね。
それによる影響の規模を計算してから言ってね。

926 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:38:50.70
>>916
スレチ

927 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 13:50:17.96
君らヒマジンすぎんだろ・・・
イマジン足りてる?

928 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 20:30:45.31
秋山仁 著

数学の計算回避のしかた (発見的教授法による数学シリーズ別巻2)

ヤフオクで6000円超え。
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g139765805

2014年7月19日に森北出版から再出版。
http://www.amazon.co.jp/dp/4627012713

929 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 20:45:09.05
秋山仁なんて何のために読むんだよ・・・・馬鹿になるだけだぜ

930 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 20:46:29.84
>>929
松坂和夫と志賀浩二と上野けんじと秋山仁

ましな順にソートしてください。

931 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 20:48:38.85
>>826
あらしか
http://uni.2ch.net/math/kako/1343/13435/1343554650/1
じゃね

932 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 20:48:49.21
そこらへんの凡才数学者よりははるかにまともでしょ>秋山仁。

文章も下手じゃない。

松坂和夫 > 秋山仁 > 上野健爾 > 志賀浩二

933 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 20:50:51.05
ふん

934 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 20:51:39.16
上野 健爾はなんであんなにいい加減な本を書くんだろう?

印税で藤原正彦にかなう数学者っている?

桜井進と竹内薫と吉永良正と瀬山士郎と野崎昭弘をましな順にソートしてください。

935 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 20:57:03.63
ゆとりか

936 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 21:06:57.95
お薬を飲み忘れた人だろ

937 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 21:13:13.45
藤原正彦は数学者として認められない

938 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 21:42:24.39
その4人だと上野健爾が数学者としてはダントツ過ぎて
他はゴミだろう

939 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 21:49:22.55
上野健爾>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
松坂和夫 > 志賀浩二 > 秋山仁

くらいの違い最後のオマケ三人は数学者とは違う別の職業の方々じゃね?

940 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 21:49:40.91
いくら技術者でも社長にあんたは無いわ

941 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 21:52:47.95
>>940
じゃあ、あんさんは何が言いたいの?

942 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 22:06:40.01
>>938
数学者としては優秀でも数学書の著者としてはどうなんだ?>上野。
ゴミみたいな本を乱造していないか?
説明もラフだし。文章も下手だし。

943 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 22:09:33.37
新課程のデータの整理って次には消えるのかね?

944 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 22:10:49.17
>>943
なんでデータの整理なんて教える必要があるんだろ?
あんなの時間の無駄遣い。

945 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 22:23:30.15
>>943
あれは高校の現場でも嫌われて教えていない学校が多い
予備校でも外野扱い
センターだけの対策でやるだけだろうね

946 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 22:41:01.75
数学論文なんて生まれてこの方一度も読んだことのない小僧が、テレビに出てる軽薄芸人という先入観で秋山を貶してるのは丸わかり

947 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 22:46:17.55
>>942
教科書じゃないなら説明なんてラフでいいんだよ。

948 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 22:48:29.00
上野健爾>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>(数学と関係ある人かどうかの壁)>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
(ここからほとんど数学に縁の無い人達)>
松坂和夫 > 志賀浩二 > 秋山仁  

949 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 22:50:07.03
>>947
いやいや。教科書の説明もラフ。

950 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 22:53:52.28
なんで藤原正彦は数学書を全く書かないの?
やっぱり金にならないから?

『名器の品格』も元をたどれば藤原正彦が名付け親みたいなもんだよね。

951 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 22:57:11.66
>>949
教科書は割と丁寧だけど。
もちろん丁寧というのは脳味噌が腐り切った勉強する気なんてないユトリまで分からせるという意味では無い。

952 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:12:06.85
丁寧っていうか泥臭いというか。
ページ数は使っているよね。
でも文章とか下手だし、論理的飛躍や間違いも多い。
3流の書き手。

953 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:21:03.99
想定する対象読者が頑張って読めば
それなりの力にはなる筈。
数学の場合、どんなものでもそうだけど
入口にも達していない人が教科書を読むのは危険。
高校生とか数学なんてほとんどやってこなかったおじさんが
遊びで読みたいだけなら
サイエンスライターの皆さんが書いた啓蒙書でも読んでれば。

954 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:23:34.07
数学系のさいえんすらいたー
・結城浩
・吉永良正
・松坂和夫
・志賀浩二
・秋山仁
ほか

955 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:26:55.89
それなりの力にはなるでしょ。
問題なのは教科書としてのクオリティ。
残念ながらそれが低いのが上野の教科書。

956 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:32:05.90
>なんで藤原正彦は数学書を全く書かないの?
書かないのではなく 書けない の

957 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:32:50.27
板違いウザ

958 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:42:42.88
>>955
教科書としてのクオリティってのは
最底辺の馬鹿な自分が読んで分かりませんでした><みたいな話だろうな。どうせ。

959 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:44:08.25
>>954
竹内薫
桜井進
瀬山士郎

が抜けている。

960 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:45:11.31
>>958
いやいや。類書と比べての話。もちろん上野の本でもいいたいことはわかる。

961 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:45:45.45
数学系のさいえんすらいたー
・竹内薫
・桜井進
・瀬山士郎
・結城浩
・吉永良正
・松坂和夫
・志賀浩二
・秋山仁
ほか

数学苦手な人は、この人達の本を買ってあげてね!!

962 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:46:50.48
>>960
全然比べた話を出していないような。
今頃とって付けたような類書ねぇ。
もしそこに問題があると主張したいなら
最初に具体的に出すもんだと思うんだけどね。
ラフだなんだというどうでもいい話の前にね。

963 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:47:09.31
秋山仁
8066円でしたー。
7月まで待てば新品が安く手に入るのに。
秋山仁の市場価値は高いといわざるを得ない。
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g139765805

964 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:47:40.30
急に伸びすぎ

965 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:49:12.24
上野の本って参考文献にも挙げられたりしないよね。
まあそういうことだわな。

966 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:49:26.91
>>963
終了間際はなんか自演くさい履歴だな。

967 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:49:58.59
>>964
データの整理に反応して統計学会のやっかみだな

968 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:50:43.93
値段吊り上げておいて
次のオークションで高く買わせるみたいな感じかな

969 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:52:18.22
[6月 1日 23時 30分] oga***** 自動入札。 8,066
[6月 1日 23時 30分] oga***** 入札。数量: 1 で 7,816
[6月 1日 23時 29分] xyz***** 自動入札。 7,816
[6月 1日 23時 29分] xyz***** 入札。数量: 1 で 7,566
[6月 1日 23時 28分] oga***** 自動入札。 7,566
[6月 1日 23時 28分] oga***** 入札。数量: 1 で 7,316
[6月 1日 23時 28分] xyz***** 自動入札。 7,316
[6月 1日 23時 28分] xyz***** 入札。数量: 1 で 7,066
[6月 1日 23時 27分] oga***** 自動入札。 7,066
[6月 1日 23時 27分] oga***** 入札。数量: 1 で 6,816
[6月 1日 23時 27分] oga***** 自動入札。 6,600
[6月 1日 23時 27分] xyz***** 自動入札。 6,816
[6月 1日 23時 27分] xyz***** 入札。数量: 1 で 6,566
[6月 1日 23時 9分] oga***** 自動入札。 6,566
[6月 1日 23時 9分] oga***** 入札。数量: 1 で 6,316

突然登場した捨て垢っぽい二人。。。。臭いな。

970 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:53:36.80
統計学会はチョンだよ

971 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:58:09.06
>>969
評価が100くらいついているんだから捨てアカじゃないでしょ。

秋山仁は説明うまいよね。認めたがらないやつが多いけど。

972 :132人目の素数さん:2014/06/01(日) 23:59:11.56
>>971
チョン乙

973 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 00:06:53.33
>>971
捨て垢というより工作用のidなんだろうね。
似たような事を繰り返してきて自分で評価してたと。

974 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 00:09:42.99
ヤフーに5%の手数料を取られるけど、それをはるかに上回るリターンがあるのかな?

975 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 00:29:13.64
万単位でうまく釣れた経験があるんだろうな

976 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 01:37:55.38
xyz空間でxy平面に描かれた放物線 y=x^2 のグラフを
z軸上の点(0,0,1)からy軸の正の方に向かって眺めると楕円に見えるというのは
どういうことですか。

977 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 01:45:55.27
逆に考えるんだ。
3次元空間で定点と楕円上の点を結んだ直線群は円錐の側面になる。
それをある平面で切ると断面が放物線になる。

978 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 01:48:39.18
頭の中に書いてみたが放物線のままだぞ

979 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 01:51:15.64
水平線に接する惰円に見えるだろ

980 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 02:05:44.36
見えねーよ

981 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 04:09:45.47
>>976
xyz空間でxy平面に描かれた放物線の一部 y=x^2、-a<x<a のグラフCの点と
点(0,a^2,b)を結んだとしよう(b>1は任意の定数)。そうすると、点(0,a^2,b')を通り(b' b>b'>1、は任意)
xy平面に平行な平面で切ったときに放物線の一部 y=x^2+a^2b'/b、-√(b-a^2b'/b)≦x≦√(b-a^2b'/b)
になるような、円錐を縦に切ったような立体Fが出来る。xyz空間で、点(0,0,1)からCを眺めるようにFを平面で切ると、
切り口は楕円になる。このとき、Fは視線を含む平面になる。以上のようなことはa>0、b>1を任意に取ると成り立つから、
a、b→+∞として考えたとき、z軸上の点(0,0,1)からy軸の正の方に向かって眺めると水平に接する楕円に見える。
水平に見えるのは、放物線y=x^2上の点(x,x^2)における傾き2xが、|x|→∞のときy軸平行になるように|2x|→∞と発散することによる。
幾何学的にはグラフの凸性による。

982 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 04:24:02.80
>>976
>>981
>放物線の一部 y=x^2+a^2b'/b、-√(b-a^2b'/b)≦x≦√(b-a^2b'/b)

>y=x^2+a^2b'/b、-a√(1-b'/b)≦x≦a√(1-b'/b)
と訂正。

983 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 05:06:54.31
∫dx/(a-x)(b-2x)ってどのようにして解けばよいのでしょうか?
部分分数に直して積分しようとしてもできないしいろいろ考えてもわかりませんでした。
どなたか教えてくださいお願いします。

984 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 05:32:56.53
部分分数に直せよw

985 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 06:08:06.30
>>984
すいませんでした。
なんか眠くて数列と勘違いしてました。
ありがとうございます。

986 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 10:21:45.77
数の表記のことを何といいますか?
12345は、一万二千三百四十五を10進数で表現したものですよね
その「N進数で表現された数」のことを何と呼びますか?

987 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 11:24:26.30
>>986
N進数だよ。
N進法で表した数がN進数。

988 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 12:32:07.64
ちがうぞ

989 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 12:40:17.70
自然数という言葉を習わなかったの??w

990 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 12:41:39.87
またこいつか。

991 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 12:42:41.58
n進法とn進数を混同するな

992 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 12:48:29.80
N進法で表した数を慣習的にN進数と呼ぶことはあるが、
進数というのは高校までではやらない別の概念らしい。
教科書とかどうなってんだ?

993 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 12:59:13.20
>>986
名称は、N進法で表記された数、略して
N進表示された(自然)数
でいいだろ。
数の表記は数の表記だろう。

994 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 13:58:19.22
>>992
「n進数」は、
「n進(法で表された整)数」の意味で、
「n進体」とは関係が無いよ。

995 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 14:21:51.00
p進体の元をp進数という事はあるよ。

996 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 15:44:20.79
そだっけ?
それは紛らわしいかも。

997 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 19:44:53.65
秋山仁って結構すごい数学者だよね。

ピーター・フランクルとかロヴァースとかグラハムとかと本出しているよね。

998 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 19:48:17.28
下の表は、ある学年の20日間の生徒の欠席日数をまとめたものである。

人数 │ 日数
 2 │ 1 
 3 │ 3
 4 │ 5 
 5 │ x 
 6 │ 4
 7 │ y 
 8 │ 2

(1)1日当たりの欠席人数の平均値が5人であるとき,xとyの値を求めよ。
(2)中央値が5人であるとき,xのとりうる値を求めよ。
(3)最頻値が4人であるとき,xのとりうる値を求めよ。

(1)については、合計100日間の欠席があったので、
5x + 7y = 100 - 71 = 29
これを満たす非負整数の組合せは(x,y)=(3,2)しかない
と解けます。
(3)についても「最頻値が4人である」と言えるためには
5人の日数が5日未満でなければならないので、
x=1,2,3,4 だろうと思います。

(2)は、
y=3のとき、xに関わらず中央値は5人であるので、
xはすべて自然数 だと思うのですが、間違っているのだそうです。

ちなみに解答には
(1)(x,y)=(3,2)
(2)x=2,3,4,5
(3)x=1,2,3,4
とだけ書いてあります。

999 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 19:55:03.61
一次元のファイバーバンドルの例を教えてください

1000 :132人目の素数さん:2014/06/02(月) 19:56:03.32
R over R

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

254 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)